Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イタリア



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    イタリア代表監督が本命視されるも断り 「アーセナルの仕事を受ける見込みがある」

     今季途中にバイエルン・ミュンヘンの監督を解任されたカルロ・アンチェロッティ氏は、イタリア代表監督就任が噂されていたが、そのオファーを断ったことが判明した。これにより英メディアは「まだアーセナルの見込みがある」とし、同氏がアーセン・ベンゲル監督の後継者となる可能性について報じた。

     アンチェロッティ氏はロシア・ワールドカップ欧州予選で敗退し、再始動となるイタリア代表の新監督就任が近づいていると見られていた。残すは金銭面など契約の詳細を詰めるだけとも噂されていたが、イタリアメディアは29日に同氏がイタリアサッカー連盟に断りを入れたと報じた。

     これにより沸き立っているのが英メディアだ。今季限りでベンゲル監督が退任するアーセナルの新監督としてアンチェロッティ氏に注目。英紙「デイリー・ミラー」は「カルロ・アンチェロッティは、まだアーセナルの仕事を受ける見込みがある。元チェルシーのボスはイタリア代表を率いるチャンスを断った」と報じた。

     イタリア代表の監督選びに関しては、アンチェロッティ氏の離脱によりロベルト・マンチーニ氏とクラウディオ・ラニエリ氏が筆頭候補になったとされている。

     アンチェロッティ氏はACミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリード、バイエルンと欧州トップクラスのビッグクラブを渡り歩いてきた。イタリアが誇る知将は新天地として、アーセナルを選ぶことになるのだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    英メディアはアーセナルの新監督として、アンチェロッティ氏に注目【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】アンチェロッティの新天地はアーセナル!? 伊代表監督への就任拒否で英紙が予想…】の続きを読む



    (出典 sport-japanese.com)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/04/29(日) 16:55:59.89 ID:CAP_USER9.net

    アンチェロッティ氏がイタリア代表監督就任要請を断る 年俸などで折り合いつかず
    4/29(日) 16:45配信 デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/soccer/2018/04/29/0011210012.shtml
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000102-dal-socc

    カルロス・アンチェロッティ氏(撮影・PIKO=2003年12月11日)

    (出典 www.nikkansports.com)


    バイエルン・ミュンヘンなどの監督を務めていたカルロ・アンチェロッティ氏が、イタリアサッカー協会からの代表監督就任要請を断ったことが28日、分かった。29日のコリエレ・デロ・スポルトなどイタリア主要スポーツ紙が報じた。

    各紙によると、23日に協会側とローマ市内のホテルで話し合いをした同氏だったが、協会側から明確なプロジェクトが伝わらなかったという。自身がまだクラブでの指導をしたいことや、年俸など金銭面での折り合いがつかず、最終的な結論を出した。

    候補はロシア・ゼニットのロベルト・マンチーニ監督か、仏ナンツのクラウディオ・ラニエリ監督に絞られた。


    【【海外サッカー】アンチェロッティ氏がイタリア代表監督就任要請を断る 年俸などで折り合いつかず…】の続きを読む



    (出典 www.1101.com)



    1 Egg ★ :2018/04/07(土) 18:55:32.98 ID:CAP_USER9.net

    イタリア代表の次期監督候補に挙げられていたアンチェロッティ氏はプレミアリーグのクラブを指揮することを望んでいるとされ、
    現時点でロベルト・マンチーニ氏の代表監督就任の可能性が高くなってきたと、7日の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

    ただし、現在はゼニト(ロシア)の監督であるため、同クラブが契約解除を認めるかどうかによるだろう。
    マンチーニ氏はロシアリーグ終了後、5月中旬にクラブ側に辞任を申し出る見込み。

    イタリア代表は5月28日にサウジアラビアと、6月にフランス、オランダと親善試合を行う予定で、それまでに新監督を決めたいという。

    4/7(土) 17:17配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00172651-nksports-socc


    【【海外サッカー】<マンチーニ氏>イタリア代表監督就任が濃厚に…】の続きを読む



    (出典 calcio-sportivo.com)



     イタリア代表は国際Aマッチデーでアルゼンチン代表、イングランド代表と対戦した。そこで浮かび上がってきたのが、攻撃面での課題である。イタリアサッカー協会入りしたアレッサンドロ・コスタクルタ氏が「5月20日に新監督を発表する」と明言したことで、いよいよ新生アッズーリを本格的に始動させる指揮官が重要になってくる。依然として候補に挙がっているのはカルロ・アンチェロッティ氏、ゼニトのロベルト・マンチーニ監督、そしてチェルシーのアントニオ・コンテ監督で、また“橋渡し役”とも呼ばれるルイジ・ディ・ビアジョ監督が続投する可能性も全くないわけではない。その新監督の最初の仕事が得点できるアッズーリ作りとなる。

     昨年のFIFAワールドカップ ロシア・欧州予選のスウェーデン戦2試合と今回のアルゼンチン戦の計3試合で、イタリアは無得点と敗因ははっきりしていた。セリエAでは24ゴールと得点ランキング首位のチーロ・インモービレ(ラツィオ)だが、代表では11試合1得点と全くいいところがない。イングランド戦でも前半にアントニオ・カンドレーヴァからのクロスを頭で合わせたり、エリア外からシュートを狙ったものの、ゴールには結びつかなかった。

     試合のキーマンとなったのは、フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ)だった。アルゼンチン戦では先発出場し、インクランド戦は56分からプレー。インモービレにチャンスボールを供給したり、エリア内で相手のファウルを受けるなどポイントを押さえていた。特にPKのきっかけとなったシーンは強い印象を残した。このシーンではイングランドの選手たちが苛立ったように3人掛かりでキエーザをマークし、抑えに行っている。

     そしてロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)がPKを決めてドローに持ち込んだ。79にはジョルジーニョからのパスから左足で狙ったいいコンビネーションもあった。しかし、中盤でゲームメイクをする役割は、ジョルジーニョにはまだ荷が重すぎる感がある。それではロベルト・ガリアルディーニ(インテル)はどうか。マルコ・ヴェラッティ(パリ・サンジェルマン)やロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)らサイドハーフの選手を生かせるシステム作りが必須だ。

     次の国際Aマッチは6月1日にフランス、4日にオランダとの対戦が決定している。それに加えてイタリアサッカー協会はもう1試合、サウジアラビアとの親善試合を5月28日に組み込もうと試みているようで、場所はオーストリアかスイスになりそうだ。攻撃的MFやFWに駒が足りないわけでもない。20歳のキエーザやアンドレア・ベロッティ(トリノ)らを機能させられる、経験値が高く国際経験豊かな新監督ができるだけ早く決まるよう望む。

    文=赤星敬子

    新生アッズーリが始動した [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【注目】新指揮官は5月20日に発表へ…新生アッズーリ、課題は得点力!】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    当初は就任に否定的も、キャリア初の代表監督就任に前進か

     再出発の一戦でアルゼンチン代表に完敗したイタリア代表だが、正式な指揮官の決定が5月20日になる見通しだという。そして、これまでノーチャンスと見られていたカルロ・アンチェロッティ氏に新指揮官就任の可能性が浮上している。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

     イタリア代表は昨年11月のロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフでスウェーデンに敗れ、60年ぶりに本大会への出場権を逃した。ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督がチームを去った後は正式な代表監督の座が空位のままで、23日に行われた国際親善試合アルゼンチン戦はルイジ・ディ・ビアッジョ暫定監督で臨み、0-2と完敗した。

     その正式な指揮官決定は欧州の今シーズンが終わるのを待っている状態だったが、5月20日に発表されるという。そして、これまでディ・ビアッジョ暫定監督の昇格、チェルシーのアントニオ・コンテ監督の復帰、ゼニトのロベルト・マンチーニ監督の就任の3つの選択肢に絞られていたとされていたが、欧州の“優勝請負人”が代表を率いるという新たな可能性が生まれているという。

     イタリア、スペイン、ドイツ、フランスのビッグクラブでタイトルを勝ち取ってきたカルロ・アンチェロッティ氏は、当初は代表監督就任に否定的だとされていた。しかし、来季に就任する可能性のあるビッグクラブはアーセナルのみとなり、アンチェロッティ氏側が方向転換の姿勢を見せているという。

     一時は、イタリアメディアのアンケートで過半数がアンチェロッティ氏の代表監督就任を望んでいるという結果も出ていた。実現すれば代表チームの指揮は初めてになるが、母国イタリア代表の復活に名将が一肌脱ぐことになるのだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    イタリア代表新監督に名将アンチェロッティ浮上!【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【仰天】名将アンチェロッティが就任へ… イタリア代表新監督に“本命”浮上!】の続きを読む

    このページのトップヘ