Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イタリア



    (出典 www.football-zone.net)



    Corriere della Sera』は1日、PSGの元イタリア代表GKジャンルイージ・ブッフォンインタビューを掲載した。

    昨年夏にユヴェントスとの契約を終え、自身初めて国外のクラブとなるPSGに加入したブッフォン。40歳になってもそれを感じさせないようなプレーを見せている。

    彼はフランスから見たイタリアについて聞かれると以下のように話し、人々の反応が時に衝動的すぎると評したという。

    ジャンルイージ・ブッフォン

    イタリア以外でプレーするのは初めてだね。外から故郷を見てどうか?)

    「我々は、自分たちの欠点を見る目に『ムラ』がある。美しい人々だが、矛盾があり、衝動的で、時には無意味だ。

    ランペトゥーザ島で船が沈没し、300人の難民が死亡した。我々はそれに心を痛め、孤児を養子にすることさえ考える。

    ところが移民がうまく行かなかった場合、300人の受け入れについて文句を言い、イタリアではこうするべきだと文句をぶつけたりする」
    (先日はインテルナポリで人種差別事件があった)

    サン・シーロでの人種差別も卑劣なものだ。ミラノの人々がどうかというわけではない。

    しかし、あのような憎悪は人々の中に根ざしていて、スタジアムで応援する時にそれを表出させる。

    デマゴーグを撒き散らす必要はない。しかし、我々はゼロ・トレランス(わずかにでも容認をしないこと)を必要とするか、あるいはもっと悪い人々に囲まれていることに気づくことになるだろう。

    サッカーはこれら全てのことと無関係であり、それよりももっと深刻で複雑な問題だ。憎しみの種はどこにでも撒かれており、それはスタジアムにもある」

    (政治の世界に入りたい?)

    「私は『あり得ないなんてことは存在しない』ということを学んできたよ。政治家は無私であらなければならない。私はこれまでそうしてきた。

    夢を応援する、あるいは人を助けられる何かを切り開いて行きたい。しかし、それがどういうものであるかはまだわからないんだ」
    ブッフォンがイタリア社会に物申す…政治家になる可能性も示唆


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元イタリア代表】ブッフォンがイタリア社会に物申す…政治家になる可能性も示唆】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/12(月) 08:10:03.02 ID:CAP_USER9.net

    フランス1部ニースでプレーするイタリア代表のFWマリオ・バロテッリが自身のSNSで人種差別に対して怒りを露わにしている。

     バロテッリはインスタグラムを通じて「人種差別主義者、君たちは孤独の中で生きているだけだ。君たちはこの世の病気だ」と綴り「愚か者はパソコンの後ろに隠れているだけだ。俺について考えている事があるのなら直接目を見て言いに来い」と抗議している。

     ガーナ出身の両親の元に生まれたバロテッリはこれまでも人種差別的なヤジを受けてきた今年5月には約4年ぶりにイタリア代表に復帰するも一部のサポーターが「我々のキャプテンはイタリア人の血がなければならない」と侮辱するようなバナーが掲げられていた。

    11/12(月) 8:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00296748-footballc-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【海外サッカー】<バロテッリ>人種差別を非難!「愚か者はパソコンの後ろに隠れているだけ」】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    『L'Équipe Sport&Style』は8日、PSGに所属している元イタリア代表GKジャンルイージ・ブッフォンインタビューを掲載した。

    40歳になった彼は昨季限りでユヴェントスを離れ、引退を延期してフランスでの新しい挑戦に身を投じた。

    彼はそのインタビューの中で、引退の時期についてはもはや考えても仕方ないとったとのこと。

    ジャンルイージ・ブッフォン

    (いつまでプレーする?)

    「近頃、限界を設定するのは間違いだということを知ったんだ。

    32歳のときは、35歳までプレーすると言った。しかしその後、まだ続けることを決めた。

    それから『よし、38歳までプレーしよう』と自分自身に言い聞かせた。しかし38歳になった時には、『40歳までやろう』と言っていたよ。

    人生毎日進んでいく。辞めるのは6ヶ後なのか、1年後なのか、10年後なのか。どれだってあり得る。聞きたくもないし、知りたくもないよ」

    ユヴェントスが2部に降格処分を受けたときにも、君はチームに残ったね。その理由は?)

    サッカーにおいては、忠心をもって外にメッセージを送ることができる。ファンに伝えた。『難しい時にこそ、ここにいるぞ』と。

    々は名のため、のため、トロフィーのため、様々なもののために戦った。しかしまた、所属感を得るためにプレーしているんだ」
    フランス代表との試合でイタリアのファンがフランス国歌にブーイングした。それを君は拍手で止めたね

    「自分の行動を計算したことはない。だからこそ時にトラブルも起こす。あれは特別な間だった。自分の直感、心、そして魂に触れた。

    バーリでの試合でイタリアファンラ・マルセイエーズフランス国歌)をかき消そうとした。そして、私はあのようにする必要性を感じた。

    それは、フランスやそのファンに敬意を表するだけでなく、イタリアを守るためでもあった。私のの人は、他の国歌を吹くような存在ではないと。

    イタリア歴史を知っている。悲劇の記憶も、イタリアのために死んでいった人々の価値も知っている。私も第一次世界大戦では祖を亡くしている。

    しかし『イタリア歴史や記憶を視し他国歌をかき消そうとするだ』とは、にも思われたくないんだ」

    (それはサッカー界のベテランとして、政治的な役割を担ったということ?)

    過去10年間はそうだね。イタリアキャプテンユヴェントスキャプテンだったし、チームでより大きな責任を得た。それは論理的なことだし、30歳から40歳になるまでのキャリアでは普通進化だよ。

    若い頃は違っていた。自分の望むことをやっていたよ。それは美しくて簡単なことだったし、ルールにも従っていなかった。

    しかし、40歳になって20歳の頃と同じように行動していれば、なんらかの問題を抱えてしまうものだからね」
    40歳ブッフォン、いつまでプレーする?その答えは「知りたくもない」だった


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】40歳ブッフォン、いつまでプレーする?その答えは「知りたくもない」だった】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    Mediaset』など各メディアは14日、「再び引退を決めたアントニオ・カッサーノは、今の選手はみんなヘタクソだとった」と報じた。

    現役復帰を宣言し、セリエCのヴィルトゥス・エンテッラ練習生として加入したものの、わずか2週間の練習を経て再び引退を表明したカッサーノ

    彼は今回TV番組でインタビューに応え、以下のように話したという。

    アントニオ・カッサーノ

    サッカー1999年のほうが優れていたね。今の選手はみんなヘタクソだ。有らばかりだよ」

    インテル時代にアンドレア・ストラマッチョーニ監督と殴り合った?)

    「そんなことはないよ。々は互いに押しあっただけさ。それだけだ。

    ファビオ・カペッロはキャリアで最高のコーチだ。アドリアーノ・ガッリアーニは最高のディレクターだ。フランチェスコ・トッティイタリアサッカー歴史上最高の選手だ。ロベルト・バッジョパオロ・マルディーニと並んでね。

    そして最悪のコーチはストラマッチョーニだね。最悪の選手はたくさんいた。名前を挙げられないくらいにね。
    ユヴェントスイタリアで最も強いチームだ。ヨーロッパでも屈だ。

    しかしながら、オレはそのチームには合わないね。彼らは3日でオレを追い出すだろう。

    最初の日にサインをして、2日練習をして、3日にはクビになるさ」

    イタリア2018年ワールドカップに出られなかったことについては?)

    「いいことだよ。まともなチームじゃなかったからな。間違いなく選手達の失敗だ。

    世界最高の監督であるジョゼップ・グアルディオラでも、正しい選手なくして奇跡を起こすことなどできやしないものさ」

    ロベルト・マンチーニ監督については?)

    「彼は偉大なチームを率いるのに適した男だよ。普通チームを率いるには?それは疑わしいところだな」
    再び引退のカッサーノがぶっちゃけ!「今の選手はヘタクソだらけ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元イタリア代表】再び引退のカッサーノがぶっちゃけ!「今の選手はヘタクソだらけ」】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    Gazzetta dello Sport』は10日、「フランス代表監督のディディエ・デシャン氏は、イタリアの育成における問題点をった」と報じた。

    かつてユヴェントス監督を務めた経験を持っているデシャン氏。先日はフランス代表の指揮官としてワールドカップを戦い、世界王者に上り詰めた。

    彼はセリエAについて以下のように話し、フランスべると若手にチャンスが乏しすぎるとったという。

    ディディエ・デシャン

    「12年前、ユヴェントス監督だったころにも(セリエAの問題については)話していた。イングランドでも同じような問題を抱えているよ。

    それは育成の問題でもある。そして、それは々のフランスでは本当にうまく行っていることだ。

    Bチームでキャリアスタートして、それから中位のクラブに行って、おそらく23~24歳になったらビッグクラブへとステップアップする。

    フランスの若手選手は、まともなレベルでの出場機会を得ることができている。
    イタリアワールドカップに出場しないという事実は、普通のことではない。悪い時を迎えたなら、それを変化のためのきっかけにするべきだ。

    ロベルト・マンチーニ監督は、ゼロから出発したわけではない。しかし今、彼には僅かな数の上質な選手と、野心的なプロジェクトがあるだけだ。

    時間が必要になるよ。ただ、私は6月の親善試合でも彼に言ったんだ。サッカー界では十分な時間を与えられることはないとね…」

    (現役時代に対戦したブッフォンが、40歳でフランスに渡ってプレーしている)

    トップレベルに留まり続けるために、彼がどれだけの努をしているか。それを見なければならないよ。

    おそらく、ユヴェントスでの長い年を経験して、新しいチャレンジが必要になったんだろう。そして、パリは住むには素晴らしいだよ」
    フランスのデシャン監督が指摘「12年以上変わらないイタリアの問題」とは


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】フランスのデシャン監督が指摘「12年以上変わらないイタリアの問題」とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ