Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イタリア



    (出典 calcio-sportivo.com)



     イタリア代表は国際Aマッチデーでアルゼンチン代表、イングランド代表と対戦した。そこで浮かび上がってきたのが、攻撃面での課題である。イタリアサッカー協会入りしたアレッサンドロ・コスタクルタ氏が「5月20日に新監督を発表する」と明言したことで、いよいよ新生アッズーリを本格的に始動させる指揮官が重要になってくる。依然として候補に挙がっているのはカルロ・アンチェロッティ氏、ゼニトのロベルト・マンチーニ監督、そしてチェルシーのアントニオ・コンテ監督で、また“橋渡し役”とも呼ばれるルイジ・ディ・ビアジョ監督が続投する可能性も全くないわけではない。その新監督の最初の仕事が得点できるアッズーリ作りとなる。

     昨年のFIFAワールドカップ ロシア・欧州予選のスウェーデン戦2試合と今回のアルゼンチン戦の計3試合で、イタリアは無得点と敗因ははっきりしていた。セリエAでは24ゴールと得点ランキング首位のチーロ・インモービレ(ラツィオ)だが、代表では11試合1得点と全くいいところがない。イングランド戦でも前半にアントニオ・カンドレーヴァからのクロスを頭で合わせたり、エリア外からシュートを狙ったものの、ゴールには結びつかなかった。

     試合のキーマンとなったのは、フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ)だった。アルゼンチン戦では先発出場し、インクランド戦は56分からプレー。インモービレにチャンスボールを供給したり、エリア内で相手のファウルを受けるなどポイントを押さえていた。特にPKのきっかけとなったシーンは強い印象を残した。このシーンではイングランドの選手たちが苛立ったように3人掛かりでキエーザをマークし、抑えに行っている。

     そしてロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)がPKを決めてドローに持ち込んだ。79にはジョルジーニョからのパスから左足で狙ったいいコンビネーションもあった。しかし、中盤でゲームメイクをする役割は、ジョルジーニョにはまだ荷が重すぎる感がある。それではロベルト・ガリアルディーニ(インテル)はどうか。マルコ・ヴェラッティ(パリ・サンジェルマン)やロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)らサイドハーフの選手を生かせるシステム作りが必須だ。

     次の国際Aマッチは6月1日にフランス、4日にオランダとの対戦が決定している。それに加えてイタリアサッカー協会はもう1試合、サウジアラビアとの親善試合を5月28日に組み込もうと試みているようで、場所はオーストリアかスイスになりそうだ。攻撃的MFやFWに駒が足りないわけでもない。20歳のキエーザやアンドレア・ベロッティ(トリノ)らを機能させられる、経験値が高く国際経験豊かな新監督ができるだけ早く決まるよう望む。

    文=赤星敬子

    新生アッズーリが始動した [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【注目】新指揮官は5月20日に発表へ…新生アッズーリ、課題は得点力!】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    当初は就任に否定的も、キャリア初の代表監督就任に前進か

     再出発の一戦でアルゼンチン代表に完敗したイタリア代表だが、正式な指揮官の決定が5月20日になる見通しだという。そして、これまでノーチャンスと見られていたカルロ・アンチェロッティ氏に新指揮官就任の可能性が浮上している。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

     イタリア代表は昨年11月のロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフでスウェーデンに敗れ、60年ぶりに本大会への出場権を逃した。ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督がチームを去った後は正式な代表監督の座が空位のままで、23日に行われた国際親善試合アルゼンチン戦はルイジ・ディ・ビアッジョ暫定監督で臨み、0-2と完敗した。

     その正式な指揮官決定は欧州の今シーズンが終わるのを待っている状態だったが、5月20日に発表されるという。そして、これまでディ・ビアッジョ暫定監督の昇格、チェルシーのアントニオ・コンテ監督の復帰、ゼニトのロベルト・マンチーニ監督の就任の3つの選択肢に絞られていたとされていたが、欧州の“優勝請負人”が代表を率いるという新たな可能性が生まれているという。

     イタリア、スペイン、ドイツ、フランスのビッグクラブでタイトルを勝ち取ってきたカルロ・アンチェロッティ氏は、当初は代表監督就任に否定的だとされていた。しかし、来季に就任する可能性のあるビッグクラブはアーセナルのみとなり、アンチェロッティ氏側が方向転換の姿勢を見せているという。

     一時は、イタリアメディアのアンケートで過半数がアンチェロッティ氏の代表監督就任を望んでいるという結果も出ていた。実現すれば代表チームの指揮は初めてになるが、母国イタリア代表の復活に名将が一肌脱ぐことになるのだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    イタリア代表新監督に名将アンチェロッティ浮上!【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【仰天】名将アンチェロッティが就任へ… イタリア代表新監督に“本命”浮上!】の続きを読む



    (出典 dcdn.cdn.nimg.jp)



    二大巨頭と対峙してきた世界屈指のGKは「彼らは全く異なる選手」と分析

     イタリア代表の“生ける伝説”、ユベントスのGKジャンルイジ・ブッフォンはサッカー界の二大巨頭をどう見ているのか。23日の国際親善試合アルゼンチン戦前の記者会見で、守護神は対戦相手であるバルセロナのFWリオネル・メッシとレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの比較論について語った。

     メッシとロナウド、どちらが世界最高の選手か――。この問題は現代サッカーにおいては常に議論が繰り広げられている永遠のテーマとなっている。プレースタイルも、歩んできたキャリアも全く異なるだけに選出は好みの問題とも言えるが、この定番の質問を受けたブッフォンは「彼らは全く異なる選手だ」と前置きし、独自の「メッシ・ロナウド論」を展開している。

    「メッシはより完璧だ。彼はより低い位置からプレーを開始し、よりテクニカルのクオリティー、ゲームのビジョンを持っている。フィニッシャーというよりはトレクアルティスタ(トップ下)だ。クリスティアーノ・ロナウドは年を取っているからこそ、ペナルティーエリア内のキラーになったんだろう」

     世界屈指のGKとして二人のシュートを受けてきたブッフォンは、どちらが優れているかという点については明言せず、メッシはゴール以外にも味方を生かすなど幅広いプレーができ、ロナウドはよりゴールに特化したアタッカーだと評した。

     なお、マンチェスターのエティハド・スタジアムで行われた23日のイタリア対アルゼンチンの一戦でブッフォンは先発出場し、代表キャップを176に伸ばした。メッシは急きょ欠場が決まり、スタンドから観戦した。

     試合はMFエベル・バネガ(セビージャ)とMFマヌエル・ランシーニ(ウェストハム)がゴールを決めたアルゼンチンが2-0で快勝。60年ぶりにワールドカップ出場を逃したイタリアは、ルイジ・ディ・ビアッジョ暫定監督の下で行われた初のゲームも黒星となった。(Football ZONE web編集部)

    ユベントスのGKジャンルイジ・ブッフォン【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】伊代表GKブッフォン、“世界最高選手論”に持論 「メッシはより完璧。C・ロナウドは…」】の続きを読む



    (出典 www.sun-hoken.com)



    1 Egg ★ :2018/03/18(日) 07:30:32.08 ID:CAP_USER9.net

    イギリスとのロシアとの外国関係悪化により、イングランド代表がロシア・ワールドカップ出場をボイコットすることになったとすれば、代替チームとしてイタリア代表が出場する可能性もあるという見方を伊紙『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。

     今月4日にイギリス国内で、ロシアの元スパイであるセルゲイ・スクリパリ氏とその娘が意識不明の重体で発見された。2人に対しては旧ソ連軍が開発した神経剤が用いられたと判明し、英国はロシアが関与したとして説明を求めているが、ロシア側は関与を否定している。

     これにより、両国間には緊張関係が漂っている。英国のテリーザ・メイ首相はロシア外交官に国外退去を要請するとともに、今年夏のロシア・ワールドカップには英国の閣僚および王室関係者が出席しないことも明らかにした。

     今後事態がさらに悪化した場合、イングランド代表が出場をボイコットするという話も再浮上してくるかもしれない。その場合、イタリア代表が代替出場することもあり得ると伊紙は伝えている。

     イタリア代表は昨年11月に行われた欧州予選プレーオフでスウェーデン代表に敗れ、ロシア大会出場を逃すことになった。だがその後、ペルー代表やスペイン代表などが政治問題により出場権を剥奪される可能性があるという話が出てくるたびに、代替出場の可能性が噂されていた。

     もしワールドカップ本大会に出場しないチームが出てきた場合は、国際サッカー連盟(FIFA)が代替チームを決定すると定められている。予選での成績やランキングなどによる明確な基準は定められてないため、FIFAの判断次第でどのチームが出場する可能性もあるということになる。

    3/18(日) 7:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180318-00261172-footballc-socc

    【サッカー】<イングランド>W杯ボイコットなら次のW杯から予選排除される可能性...
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1521284587/


    【【海外サッカー】<イタリア代表>またもW杯「代替出場」の噂…イングランドがボイコットなら…?】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 数の子 ★ :2018/03/16(金) 18:16:11.05 ID:CAP_USER9.net

    元イタリア代表FWで、ローマ幹部のフランチェスコ・トッティが、セリエAの公式フェイスブックページでインタビューに応じた。

    ローマのレジェンドであるトッティは、昨シーズン限りで現役を引退。今シーズンからクラブの幹部として任務を全うしている。元イタリア代表FWは、Jリーグの東京ヴェルディなどから「天文学的な額のオファー」を受け取りながらも、引退を決断した理由を明かした。

    「ローマ、そしてセリエAを離れなかったのは、僕の小さい頃からの夢である“たった1つのユニフォームを着ること”を実現したかったからだよ。僕は最高のキャリアを送れたと思う」

    続いてトッティは、ローマでの現役生活を通して、最高の瞬間を問われると、「当然、スクデットを獲得したときだよ」と返答。元日本代表の中田英寿氏も貢献した2000-2001シーズンのリーグ優勝を挙げた。

    ■シューズを履かない違和感

    現役ラストマッチとなった昨年5月のジェノア戦から約10カ月が経ち、レジェンドは寂しさも感じている。

    「今は別の形だけど、選手の頃と同じように生活できて僕は恵まれている。ロッカールームにもピッチにも入れるし、監督とも話をする。チームと一緒に遠征して、合宿にも帯同する。唯一、違うことは、着替えたりシューズを履いたりしなくなったことかな。シューズを履かなくなったのは、寂しい感じがする」

    またトップ選手になることを夢見る世界中のサッカー少年に対し、自らの経験を踏まえ、アドバイスを送った。

    「カンピオーネを目指す少年たちへ? 小さい頃は楽しむことだけを考えないとダメだよ。それから少しずつだけど、自分に上りつめるチャンスはあるのか分かるようになる。僕にそれが分かったのは、トップチームにたどり着いた頃だよ」

    最後にトッティは、「“ザ・キング・オブ・ローム(ローマの王)”と呼ばれた時は、言葉に表せないほど感動したよ」と語り、ローマ一筋を貫き、クラブの王様として君臨したことに胸を張った。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000021-goal-socc


    【【海外サッカー】トッティ、東京Vなどのオファー断り引退を決断した理由を告白「小さい頃の夢のため」】の続きを読む

    このページのトップヘ