Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イタリア



    (出典 www.chunichi.co.jp)



    1 3倍理論 ★ :2018/06/16(土) 17:51:45.37 ID:CAP_USER9.net

    元イタリア代表のアンドレア・ピルロ氏は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシにとってのワールドカップ制覇の重要性についてを『Goal』のインタビューで語った。

    全国にはこんなにカワイイ“美女サポ”たちが…スタジアム、行こうぜ!総集編【88枚】

    バロンドールを5度受賞しているメッシだが、母国の英雄ディエゴ・マラドーナ氏に肩を並べるにはW杯優勝が絶対条件であるとピルロ氏は主張する。

    「メッシにとっても、アルゼンチンにとっても、ロシアW杯を優勝することが重要だと思うよ。彼はいつもマラドーナと比べられてきたが、彼にはW杯優勝が必要なんだ。もしW杯で優勝できなければ、本当に最高の選手に肩を並べることはできないさ」

    アルゼンチン代表は3月に行われたスペイン代表との親善試合で1-6と大敗。本大会に向けて不安が残る結果となっていたが、心配はないと主張した。

    「アルゼンチンにはW杯に向けて改善し、正しい選手を選ぶ時間があった。確かにスペインには大敗したけど、ロシアではいい結果を残すと思うよ。アルゼンチンは多くの素晴らしい選手がいて、もし彼らが本来の力を発揮すれば素晴らしいプレーをするはずさ」

    さらに自身最後のW杯となった2014年のブラジル大会では、ウルグアイに敗れグループリーグ敗退。この試合ではFWルイス・スアレスがDFジョルジョ・キエッリーニに噛み付いたことが大きな注目を集めた。しかし大した出来事ではないと感じていたようだ。

    「試合後、私も含めたイタリアの選手は結果にとても落ち込んでいた。噛みつき事件よりもW杯敗退が決まったことにショックを受けていたよ。あのような事件はピッチ内では起こり得ることさ。そして、あのときは審判が見ていなかった。それだけさ」

    最後に、ピルロ氏にとって2002年日韓大会以来となるファンとして迎えるW杯。その楽しみ方を明かしてくれた。

    「イタリアは出場しないから特定のチームを応援することはないね。すべての試合を見るけど、どのチームも応援はしないよ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00010013-goal-socc


    【【W杯】ピルロ氏が語るロシアW杯「メッシがマラドーナを超えるには優勝が必要」】の続きを読む



    (出典 www.bettingtop10.com)



    CL準々決勝レアル戦で主審のPK判定に激しく抗議し退場

     今季限りでユベントスを退団するGKジャンルイジ・ブッフォンは、現役引退かパリ・サンジェルマン(PSG)での現役続行かを選択すると見られているが、現役続行の場合はUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で3試合出場停止になることが決まった。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

     ブッフォンは今季のCL準々決勝レアル・マドリードとの第2戦で、初戦の0-3ビハインドから敵地で3-0と追いついていた終了間際に、チームがPKを取られた場面で激昂。マイケル・オリバー主審に激しく詰め寄りレッドカードを提示されていた。

     欧州サッカー連盟(UEFA)はこの行為に対し、ブッフォンが欧州カップ戦で3試合の出場停止になることを決定したという。このため、PSGで現役続行となった場合でもグループステージの半分を出場停止になることが決まった。

     一方で、ブッフォンとPSGの契約に関しては、この出場停止問題に結論が出た時点で契約の詳細が決まるとイタリアメディアでは報じられていた。そのため、PSGと2年契約で年俸が約10億円というオファーを受けるかどうか、その決定と発表が間もなくになる可能性もある。

     果たして、キャリアの中で獲得できていないビッグイヤー制覇の野望を共有するPSGと、鉄壁守護神のコラボレーションは実現するのか。ブッフォンの決断に注目が集まる。


    (Football ZONE web編集部)

    今季限りでユベントスを退団するブッフォン【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ブッフォンがUEFA主催大会で3試合出場停止 PSG移籍実現でも来季CL序盤戦は欠場…】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/05/29(火) 11:18:33.97 ID:CAP_USER9.net

    2018.5.29 07:02
    http://www.sanspo.com/smp/soccer/news/20180529/ser18052907020001-s.html

    (出典 www.sanspo.com)


     ちょうど1年前、現役生活にピリオドを打った元イタリア代表のフランチェスコ・トッティ氏について、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が27日、特集を組んだ。

     ローマのレジェンド、トッティ氏は昨年、40歳で現役引退を決断。昨年5月28日に行われたセリエA最終節ジェノア戦がラストマッチとなった。その後、トッティ氏は古巣の幹部に転身し、元同僚で指揮官のエウゼビオ・ディ・フランチェスコらをサポートし、活躍を続けている。

     ■引退後も変わらないトッティ

     トッティ氏の妻でタレントのイラリー・ブラージさんは、引退後の夫の様子について、「すべてが変わったようで変わっていない。彼はいつもチームに同行していて、ルーティンはほぼ一緒。ただスパイクを履いていないだけ」と明*が、ローマ全体を見ても、トッティの引退前とほぼ変わらない状況であると特集では指摘されている。

     「今シーズンもずば抜けて売り上げが多かったのは、背番号10番のユニフォーム。トッティはスポンサーやメディアからのリクエストも最も多く、今も世界においてクラブを代表する顔であり続けている」

     なおローマの練習場があるトリゴリアでのトッティの活動についても紹介されている。ロッカールーム内において、重要な役割を担っていることが綴られている。

     「トッティは9月から毎日、トリゴリアに通い、チームとともに過ごす。(スポーツディレクターの)モンチと密に連絡を取り、ディ・フランチェスコには貴重な手助けをする。SNSを通じて(パトリック)シックにローマ入団を決意させ、(ジェンギズ)ウンデルには自身のロッカーを譲った。冬に(ラジャ)ナインゴランや(ブルーノ)ペレスの問題が生じるとコミュニケーションをとり、(会長のジェームズ)パロッタに面会し、様々なイベントに顔を出した」

     ローマ会長らの下で様々な活動に携わるトッティだが、昨年、監督ライセンス取得へ向けて講習に参加したものの、1カ月足らずで断念している。これについては、「監督業は彼に向いていなかったのだろう」と締めくくっている。

     ■トッティは6キロのダイエットに成功

     一方、私生活については、トッティがダイエットに成功したことが紹介されている。

     「フランチェスコは夕食のパスタが大好きで、デザートのティラミスは絶対断らないタイプだが、食事メニューについて専門家の指導を受けている。ここ数カ月において6キロ以上の減量に成功した」

     現役引退から1年が経ったが、ローマのレジェンドの動向は以前と変わらず、世界中の注目を集めているようだ。(Goal.com)


    【【海外サッカー】現役引退から1年…トッティの現在を伊紙が特集「ユニの売上は今も抜群」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ブッフォン、ネスタ、ガットゥーゾ、ロナウドの4人を軸に指名

     元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏が、GKからFWまで各ポジションのベストプレーヤーを選出。自身にとっての最高の監督、小ネタのある監督の思い出も語った。

     2017年に現役を引退したピルロは、若き日にイタリア国内の地元ブレシアでデビューを果たし、その後名門インテルに加入。そこでは芽が出ずに期限付き移籍を繰り返したが、ACミランでは黄金期の中心メンバーとして活躍し、ユベントスでは中盤の“マエストロ”として君臨。現役生活の最後は、米MLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティで過ごしていた。

     そんなピルロはアメリカ誌「ヴァニティ・フェア」のインタビューに応じ、自身が選ぶ各ポジションのベストプレーヤーについて触れている。

    「もし私のベストチームを組むなら、GKは(ジャンルイジ・)ブッフォンにいてもらうよ。最終ラインには(アレッサンドロ・)ネスタがいて、中盤には(ジェンナーロ・)ガットゥーゾだ。FWには“怪物”の方のロナウドを指名するよ」

     奇しくも、イタリア勢で“北の3強”と呼ばれるインテル、ミラン、ユベントスでチームメイトとしてプレーした選手から選出。しかし、「そのチームを率いる監督をどうするのか」という質問に対しては、ピルロは「特別な存在がたくさんいるね」と切り出した。


    マッツォーネとアンチェロッティは「兄弟のような存在」

    「まず、(カルロ・)マッツォーネが僕のポジションをトップ下から最終ラインの前に変えてくれた。そして、(カルロ・)アンチェロッティもそれを認めてくれた、ある意味では兄弟のような存在だ。彼らがいなければ、今の僕はないだろう。ただし、(アントニオ・)コンテは全ての監督を超える。選手としても最適な瞬間に彼から指導を受けたのだろう。ミランを離れてユーベに加入した時から、彼からは多くのことを学んだ」

     インテルからの期限付き移籍で戻った地元ブレシアを率いていたのがマッツォーネ監督だった。元イタリア代表FWロベルト・バッジョを擁したチームで、元日本代表MF中田英寿も指導した指揮官はピルロのポジションを一列下げた。これにより、ピルロは過度のプレッシャーに晒されることなくゲームメーク能力を開花させた。ユベントス戦でピルロの美しいパスから、バッジョがキックフェイントをしながらトラップしてGKをかわして決めたゴールは、今でもサッカー史に残るビューティフルゴールと記憶される。

     その後、アンチェロッティ監督にもミランでそのポジションを認められた。その時に支えたのが、ピルロの後方に構えたネスタと脇を固めたガットゥーゾだった。そして、コンテのユベントスでは完全な“ピルロ・システム”でタイトルを積み重ねた。


    ホジソン監督は「僕のことをピルラと呼んできた」

     そうした名将たちの名前を挙げたが、唯一の笑い話にしたのがインテル時代のロイ・ホジソン監督だった。ピルロは「彼は僕のことを『ピルラ(イタリア語で間抜けな奴の意味)』と呼んできたんだ。まあ、わざとではなくイタリア語が上手くなかっただけだと思うけどね」と、ちょっとしたエピソードを語った。

     イタリアが生んだ稀代のプレーメーカーは、チームメイトとしてプレーした超一流レベルの選手たちと監督に囲まれたサッカー人生を、幸せな時間として振り返っていた。


    (Football ZONE web編集部)

    自身が選ぶ各ポジションのベストプレーヤーについて触れた(左から)ブッフォン、ネスタ、ガットゥーゾ、ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】名手ピルロが選ぶ「ベストチーム」 中核を託す“戦友”と「特別な存在」の監督は?】の続きを読む



    (出典 images.performgroup.com)



     イタリアサッカー連盟(FIGC)は19日、国際親善試合に臨むイタリア代表の招集メンバー30人を発表した。

     60年ぶりにW杯出場権を逃したイタリアは、昨年11月にジャンピエロ・ベントゥーラ監督を解任。後任探しに難航していたが、今月14日、ロベルト・マンチーニ新監督が就任することが決定していた。

     マンチーニ監督は、ミランに所属するレオナルド・ボヌッチやユヴェントスのフェデリコ・ベルナルデスキ、ナポリのチーロ・インモービレらを選出。また、マンチェスター・C指揮官時代の“愛弟子”マリオ・バロテッリを約4年ぶりにイタリア代表に復帰させた。一方で先日ユベントス退団を発表した守護神ジャンルイジ・ブッフォンや、ジョルジョ・キエッリーニがメンバーから外れている。

     イタリアは、5月28日にサウジアラビア、6月1日にフランス、同4日にオランダと国際親善試合を行う予定。2年後の2020欧州選手権と、4年後のカタールW杯を目指して新たなスタートを切る。

     イタリア代表メンバー39名は以下の通り

    ▼GK
    ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)
    マッティア・ペリン(ジェノア)
    サルバトーレ・シリグ(トリノ)

    ▼DF
    レオナルド・ボヌッチ(ミラン)
    マッティア・カルダーラ(アタランタ)
    ドメニコ・クリシート(ゼニト/ロシア)
    ダニーロ・ダンブロージオ(インテル)
    マッティア・デ・シーリョ(ユヴェントス)
    エメルソン・パルミエリ(チェルシー/イングランド)
    アレッシオ・ロマニョーリ(ミラン)
    ダニエレ・ルガーニ(ユヴェントス)
    ダビデ・ザッパコスタ(チェルシー/イングランド)

    ▼MF
    ダニエレ・バゼッリ(トリノ)
    ジャコモ・ボナベントゥーラ(ミラン)
    ブライアン・クリスタンテ(アタランタ)
    アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)
    ジョルジーニョ(ナポリ)
    ロランド・マンドラゴラ(クロトーネ)
    クラウディオ・マルキージオ(ユヴェントス)
    ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)

    ▼FW
    マリオ・バロテッリ(ニース)
    アンドレア・ベロッティ(トリノ)
    ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)
    フェデリコ・ベルナルデスキ(ユヴェントス)
    フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ)
    チーロ・インモービレ(ラツィオ)
    ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)
    マッテオ・ポリターノ(サッスオーロ)
    シモーネ・ベルディ(ボローニャ)
    シモーネ・ザザ(バレンシア/スペイン)

    2014年代表選出時のバロテッリ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】バロテッリが復帰! W杯逃したイタリア代表、再スタートに30人を招集…】の続きを読む

    このページのトップヘ