Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イタリア



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ブッフォン、ネスタ、ガットゥーゾ、ロナウドの4人を軸に指名

     元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏が、GKからFWまで各ポジションのベストプレーヤーを選出。自身にとっての最高の監督、小ネタのある監督の思い出も語った。

     2017年に現役を引退したピルロは、若き日にイタリア国内の地元ブレシアでデビューを果たし、その後名門インテルに加入。そこでは芽が出ずに期限付き移籍を繰り返したが、ACミランでは黄金期の中心メンバーとして活躍し、ユベントスでは中盤の“マエストロ”として君臨。現役生活の最後は、米MLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティで過ごしていた。

     そんなピルロはアメリカ誌「ヴァニティ・フェア」のインタビューに応じ、自身が選ぶ各ポジションのベストプレーヤーについて触れている。

    「もし私のベストチームを組むなら、GKは(ジャンルイジ・)ブッフォンにいてもらうよ。最終ラインには(アレッサンドロ・)ネスタがいて、中盤には(ジェンナーロ・)ガットゥーゾだ。FWには“怪物”の方のロナウドを指名するよ」

     奇しくも、イタリア勢で“北の3強”と呼ばれるインテル、ミラン、ユベントスでチームメイトとしてプレーした選手から選出。しかし、「そのチームを率いる監督をどうするのか」という質問に対しては、ピルロは「特別な存在がたくさんいるね」と切り出した。


    マッツォーネとアンチェロッティは「兄弟のような存在」

    「まず、(カルロ・)マッツォーネが僕のポジションをトップ下から最終ラインの前に変えてくれた。そして、(カルロ・)アンチェロッティもそれを認めてくれた、ある意味では兄弟のような存在だ。彼らがいなければ、今の僕はないだろう。ただし、(アントニオ・)コンテは全ての監督を超える。選手としても最適な瞬間に彼から指導を受けたのだろう。ミランを離れてユーベに加入した時から、彼からは多くのことを学んだ」

     インテルからの期限付き移籍で戻った地元ブレシアを率いていたのがマッツォーネ監督だった。元イタリア代表FWロベルト・バッジョを擁したチームで、元日本代表MF中田英寿も指導した指揮官はピルロのポジションを一列下げた。これにより、ピルロは過度のプレッシャーに晒されることなくゲームメーク能力を開花させた。ユベントス戦でピルロの美しいパスから、バッジョがキックフェイントをしながらトラップしてGKをかわして決めたゴールは、今でもサッカー史に残るビューティフルゴールと記憶される。

     その後、アンチェロッティ監督にもミランでそのポジションを認められた。その時に支えたのが、ピルロの後方に構えたネスタと脇を固めたガットゥーゾだった。そして、コンテのユベントスでは完全な“ピルロ・システム”でタイトルを積み重ねた。


    ホジソン監督は「僕のことをピルラと呼んできた」

     そうした名将たちの名前を挙げたが、唯一の笑い話にしたのがインテル時代のロイ・ホジソン監督だった。ピルロは「彼は僕のことを『ピルラ(イタリア語で間抜けな奴の意味)』と呼んできたんだ。まあ、わざとではなくイタリア語が上手くなかっただけだと思うけどね」と、ちょっとしたエピソードを語った。

     イタリアが生んだ稀代のプレーメーカーは、チームメイトとしてプレーした超一流レベルの選手たちと監督に囲まれたサッカー人生を、幸せな時間として振り返っていた。


    (Football ZONE web編集部)

    自身が選ぶ各ポジションのベストプレーヤーについて触れた(左から)ブッフォン、ネスタ、ガットゥーゾ、ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】名手ピルロが選ぶ「ベストチーム」 中核を託す“戦友”と「特別な存在」の監督は?】の続きを読む



    (出典 images.performgroup.com)



     イタリアサッカー連盟(FIGC)は19日、国際親善試合に臨むイタリア代表の招集メンバー30人を発表した。

     60年ぶりにW杯出場権を逃したイタリアは、昨年11月にジャンピエロ・ベントゥーラ監督を解任。後任探しに難航していたが、今月14日、ロベルト・マンチーニ新監督が就任することが決定していた。

     マンチーニ監督は、ミランに所属するレオナルド・ボヌッチやユヴェントスのフェデリコ・ベルナルデスキ、ナポリのチーロ・インモービレらを選出。また、マンチェスター・C指揮官時代の“愛弟子”マリオ・バロテッリを約4年ぶりにイタリア代表に復帰させた。一方で先日ユベントス退団を発表した守護神ジャンルイジ・ブッフォンや、ジョルジョ・キエッリーニがメンバーから外れている。

     イタリアは、5月28日にサウジアラビア、6月1日にフランス、同4日にオランダと国際親善試合を行う予定。2年後の2020欧州選手権と、4年後のカタールW杯を目指して新たなスタートを切る。

     イタリア代表メンバー39名は以下の通り

    ▼GK
    ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)
    マッティア・ペリン(ジェノア)
    サルバトーレ・シリグ(トリノ)

    ▼DF
    レオナルド・ボヌッチ(ミラン)
    マッティア・カルダーラ(アタランタ)
    ドメニコ・クリシート(ゼニト/ロシア)
    ダニーロ・ダンブロージオ(インテル)
    マッティア・デ・シーリョ(ユヴェントス)
    エメルソン・パルミエリ(チェルシー/イングランド)
    アレッシオ・ロマニョーリ(ミラン)
    ダニエレ・ルガーニ(ユヴェントス)
    ダビデ・ザッパコスタ(チェルシー/イングランド)

    ▼MF
    ダニエレ・バゼッリ(トリノ)
    ジャコモ・ボナベントゥーラ(ミラン)
    ブライアン・クリスタンテ(アタランタ)
    アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)
    ジョルジーニョ(ナポリ)
    ロランド・マンドラゴラ(クロトーネ)
    クラウディオ・マルキージオ(ユヴェントス)
    ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)

    ▼FW
    マリオ・バロテッリ(ニース)
    アンドレア・ベロッティ(トリノ)
    ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)
    フェデリコ・ベルナルデスキ(ユヴェントス)
    フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ)
    チーロ・インモービレ(ラツィオ)
    ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)
    マッテオ・ポリターノ(サッスオーロ)
    シモーネ・ベルディ(ボローニャ)
    シモーネ・ザザ(バレンシア/スペイン)

    2014年代表選出時のバロテッリ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】バロテッリが復帰! W杯逃したイタリア代表、再スタートに30人を招集…】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    17日に今季限りでの退団を発表 今後の去就については来週決定の見込み

     イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、2001年からプレーしてきたユベントスを今季限りで退団することが決まった。偉大なレジェンドの発表に、海外メディアも反応。英公共放送「BBC」は、「“ゴールキーパーのマラドーナ”がユベントスに別れ」と報じた。

     ブッフォンは現地時間17日に会見を開き、「土曜日がユベントスでプレーする最後の試合になる」とコメントし、今季限りでクラブを去ると発表した。19日に予定されているヴェローナとのセリエA最終節が“ビアンコネロ”(ユベントスの愛称)の一員として戦うラストゲームとなる。

     この会見では引退という表現はしておらず、今後の去就については来週決定するとした。

    「BBC」ではかつての同胞ファビオ・カンバーロ氏がブッフォンをそう呼んでいるとした上で、「“ゴールキーパーのマラドーナ”がユベントスに別れを告げた。次はどうする?」とイタリアが誇る守護神の退団をレポートした。

     記事では、GKがフィールドプレーヤーに比べて息の長いポジションであることを指摘し、1982年のスペイン・ワールドカップ(W杯)で元イタリア代表GKディノ・ゾフ氏がブッフォンと同じ40歳で出場したことを紹介。「彼は今でも最高レベルで活躍できる」と太鼓判を押している。

     同局のデータによれば、ブッフォンは現役生活23年間で通算1050試合に出場。獲得したタイトルはセリエA9回、コッパ・イタリア5回、W杯とUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)を1度ずつ獲得するなど輝かしいキャリアを歩んできた。

     世界最高GKの退団はユベントス、そしてイタリアサッカー界全体として大きな転換期を意味することになるだろう。


    (Football ZONE web編集部)

    ユベントスを今季限りで退団することが決まったブッフォン【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】「“GKのマラドーナ”が別れ」 ブッフォンのユベントス退団に英メディアも反応…】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    今季限りでの現役引退を示唆、17日会見は去就に関する発表と伊メディア予想

     イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、現地時間17日に記者会見を行うことが所属するユベントスから発表された。サッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」などのイタリアメディアでは、去就に関する発表と予想されている。

     ブッフォンは1978年生まれの40歳。セリエAのパルマで17歳9カ月にしてデビューを飾ると、2001年夏にユベントスへ移籍。それ以来、カルチョ・スキャンダルによってセリエBに降格したシーズンも含めてプレーを続けてきた。今季もリーグ優勝を果たして7連覇を飾ると、イタリア杯も4連覇を記録している。また、イタリア代表としては2006年のワールドカップ(W杯)優勝の中心メンバーとして活躍するなど、鉄壁の守護神としてキャリアを築いてきた。

     ブッフォンは今季限りでの現役引退を示唆しており、6月に開幕するワールドカップがキャリアの集大成になると見られていたが、イタリア代表は60年ぶりに出場権を逃した。ユベントスが欧州チャンピオンズリーグ(CL)を優勝した場合には、年末のFIFAクラブワールドカップまで現役を続行するとの見方もあったが、ユベントスはベスト8で敗退している。

     一時代を築いた名GKは、記者会見で何を語るのか。サッカーファンにとって、寂しい別れが明らかになるのだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    ブッフォンが、現地時間17日に記者会見を行うことが所属するユベントスから発表された【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【伊代表】GKブッフォン、17日に記者会見へ 40歳の名手が現役引退を発表か!?】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 Egg ★ :2018/05/02(水) 13:05:53.98 ID:CAP_USER9.net

    イタリアサッカー連盟コミッショナーのロベルト・ファブリチーニ氏は1日、同国代表の新監督に、現在ロシア・プレミアリーグのFCゼニトを指揮するロベルト・マンチーニ氏が就任することで基本合意したと発表した。

     ガゼッタ・デロ・スポルト紙は「きのう(4月30日)、ローマでロベルト・マンチーニと会談した。ゼニトとの関係を終了し、代表チームの監督になる準備ができたと言っていた」「ロシアリーグが終わる5月13日から金額や詳細について話し合うことで合意している。何も決定していないと言っておく。マンチーニに対しては、FIGCには予算があるとはっきり伝えた」とするファブリチーニ氏の言葉を伝えている。

     先日にカルロ・アンチェロッティ氏が新監督就任を固辞したと報じられた中、現在53歳のマンチーニ氏は先月30日夜、副コミッショナーのアレッサンドロ・コスタクルタ氏、チームマネジャーのガブリエレ・オリアリ氏とローマで2時間以上にわたり会談したとされており、ガゼッタ・デロ・スポルトは、FIGCが同氏に2020年までの2年契約、年俸400万ユーロ(約5億3000万円)を提示したと伝えた。FIGCの新監督とスタッフの予算は、年500万ユーロ(約6億7000万円)と定められている。

     マンチーニ氏は同日にラジオで「イタリアは世界で最も重要な国の一つなので、代表チームを指揮するのは名誉であり誇りに思う」とコメントしている。

     指導者としての17年間でマンチーニ氏は、イタリア・セリエAのインテル(Inter Milan)でリーグ3連覇を達成すると、2012年にはイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シテに44年ぶりのリーグタイトルをもたらした。また、インテル、フィオレンティーナ、ラツィオの3クラブでイタリア杯制覇を果たしている。

     現役時代はラツィオやサンプドリアで活躍したマンチーニ氏は、イタリア代表ではレギュラーの座を勝ち取ることはできなかったものの、10年間で36試合に出場し、4得点を記録している。

     昨年11月にスウェーデンとのプレーオフに敗れて60年ぶりにW杯出場権を逃し、ジャンピエロ・ヴェントゥーラ前監督を解任して以来、指揮官の座が空位となっているイタリア代表は現在、U-21代表監督のルイジ・ディ・ビアジョ氏が暫定的に指揮を執っている

    5/2(水) 12:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00000019-jij_afp-socc


    【【イタリア代表】新監督はマンチーニ氏、基本合意と連盟発表!2020年までの2年契約、年俸約5億3000万円を提示】の続きを読む

    このページのトップヘ