Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イタリア


    ピルロが今季限りで引退を表明!!



    ニューヨーク・シティFCのアンドレア・ピルロ【写真:Getty Images】
    フットボールチャンネル

     メジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティFCに所属する元イタリア代表MFアンドレア・ピルロは、クラブとの現在の契約が満了する今年12月をもって現役を引退する意向を明らかにした。

     今年5月で38歳となったピルロは、2015年夏からニューヨーク・シティに所属。昨シーズンまではレギュラーとしてプレーしていたが、今季は出場機会が減少していた。

    「その瞬間が来たということは自然に分かるものだ」とピルロは、伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで引退の意志を述べた。「毎日フィジカルの問題を抱えていて、もう望んでいる通りには練習できない。この年齢なら『もういい』と言うのも普通だ。無理やり50歳までやれるわけではない」

     引退後の去就については、「まだ分からない。12月にはイタリアに戻る」とピルロは語る。イタリア代表でアントニオ・コンテ監督の副官を務めるのではないかとの噂に対しては、「色々言われるが、時間をかけて決めたい」と返答している。

     ピルロはブレッシアやインテルでキャリア初期を過ごしたあと、2001年に加入したミランで“レジスタ”として開花し、10年間の在籍でセリエA優勝2回やチャンピオンズリーグ優勝2回などに大きく貢献した。2011年に移籍したユベントスでも4年間で4度のリーグ優勝などを成し遂げた。

     フリーキックやPKなどセットプレーの名手としても知られる。イタリア代表としても歴代4位の116試合に出場し、2006年ワールドカップで優勝を飾った際にも重要な役割を果たした。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ピルロが今季限りで引退を表明!!】の続きを読む


    【コラム】負傷者続出のイタリア代表…期待がかかるのは新戦力と絶好調FW 



    トレーニングを行うイタリア代表 [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     いよいよ来年に迫ったロシア・ワールドカップの欧州予選もあと2試合となった。グループGのイタリアは現在2位で、このままなら本大会出場決定は11月9日と14日に行われるプレーオフまでもつれ込む。0-3とスペインに惨敗したこともありFIFAランキングは17位に下がっており、6日のマケドニア代表戦と9日のアルバニア代表戦に連勝し、何とか12位程度まで順位を上げたいものだ。

     しかし、代表にショックなニュースが飛び込んできた。FWアンドレア・ベロッティ(トリノ)が10月1日のヴェローナ戦で負傷退場。2日にローマで診察を受けたところ、右ひざ側副じん帯の損傷で全治4週間と公式発表された。トリノにとってはもちろんだが、代表にとっても大きな痛手で、大一番となるプレーオフの2試合に間に合うかどうかというところだ。それに加えて、今回のアッズーリは中盤の常連組が揃って“欠席”する。

     マルコ・ヴェラッティ(パリ・サンジェルマン)が屈曲筋の浮腫でアウト。軸となるベテランのダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)はここ1年ほど悩まされている半月板の問題で招集外となった。今年のサンマリノ戦でA代表デビューした期待の若手、ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)もふくらはぎ痛で見送られた。この他、クラウディオ・マルキージオ(ユヴェントス)やリッカルド・モントリーヴォ(ミラン)もメンバーに入っていない。

     そこで、ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督が初招集したのが、ニコロ・バレッラ(カリアリ)、ブライアン・クリスタンテ(アタランタ)、そしてロベルト・イングレーゼ(キエーヴォ)だ。同監督が今回採用するフォーメーションは「3-4-3」、もしくは「3-4-1-2」ではないかとみられる。中盤の4人はマルコ・パローロ(ラツィオ)、サイドのダビデ・ザッパコスタ(チェルシー)を軸に、バレッラにもチャンスがあるかもしれない。昨シーズンはカリアリで28試合に出場し、今シーズンも「4-3-1-2」で左サイドハーフのレギュラーを務めている。まだ20歳の選手だ。

     また、イングレーゼも注目されているプレーヤーで、ペスカーラやカルビなどセリエC1、セリエBで過ごしたシーズンが多かったが、昨シーズン、キエーヴォでセリエAデビューを果たし、34試合出場10得点と開花した。今シーズンもすでに2ゴールを挙げている。

     25人の招集メンバーの中で、ポジティブな存在がFWチーロ・インモービレ(ラツィオ)だ。プレシーズンマッチからのゴールラッシュはシーズン開幕後も続いており、セリエA7試合で9ゴールと得点王ランキング2位につけている。3日にフィレンツェ郊外の合宿地、コヴェルチャーノで会見したチームメイトのパローロも「彼は最強だ。最良の時期を迎えている。ゴール力の高さは素晴らしい」とべた褒めだった。

     6日のマケドニア戦が行われるのは、ヴェントゥーラ監督が2011-12シーズンから15-16シーズンまで指揮した“トーロ(牛の意味でトリノの愛称)”のホームグラウンドだ。指揮官は、古巣のサポーターと教え子ベロッティのためにも勝利を飾りたいことだろう。

    文=赤星敬子



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【コラム】負傷者続出のイタリア代表…期待がかかるのは新戦力と絶好調FW】の続きを読む


    イタリア代表の新しいロゴ決定! 新トレーニングウェアも公開 



    イタリア代表の新たなロゴが発表された [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     イタリアサッカー連盟(FIGC)は3日、代表チームの新たなロゴを発表した。

     前回の角ばったイメージから、丸みを帯びたデザインに刷新している。また、新ロゴの上部にはワールドカップ優勝回数を表す4つの星が並んだ。全体的な色味は、前回に比べて薄くなっている。

     代表に招集された選手たちはすでに、新たなロゴをあしらったトレーニングウェアを着用している。

     イタリア代表は、10月6日に5位のマケドニア代表と、9日に3位のアルバニア代表と2018 FIFAワールドカップロシア 欧州予選を戦う。

    ■イタリア代表メンバー

    ▼GK
    ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)
    ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)
    マッティア・ペリン(ジェノア)

    ▼DF
    ダビデ・アストーリ(フィオレンティーナ)
    アンドレア・バルザーリ(ユヴェントス)
    レオナルド・ボヌッチ(ミラン)
    ジョルジョ・キエッリーニ(ユヴェントス)
    マッテオ・ダルミアン(マンチェスター・U/イングランド)
    ダニーロ・ダンブロージオ(インテル)
    ダニエレ・ルガーニ(ユヴェントス)
    レオナルド・スピナッツォーラ(アタランタ)
    ダビデ・ザッパコスタ(チェルシー/イングランド)

    ▼MF
    ダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)
    マルコ・パローロ(ラツィオ)
    ロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)
    フェデリコ・ベルナルデスキ(ユヴェントス)
    アントニオ・カンドレーバ(インテル)
    ニコロ・バレッラ(カリアリ)

    ▼FW
    ステファン・エル・シャーラウィ(ローマ)
    ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)
    シモーネ・ヴェルディ(ボローニャ)
    エデル(インテル)
    マノロ・ガッビアディーニ(サウサンプトン/イングランド)
    チーロ・インモービレ(ラツィオ)
    ロベルト・イングレーゼ(キエーヴォ)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【イタリア代表の新しいロゴ決定! 新トレーニングウェアも公開】の続きを読む


    イタリア代表、ヴェラッティなどが欠場…初選出の2選手が追加招集 



    イタリア代表に初選出された(左)イングレーゼと(右)バレッラ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     イタリアサッカー協会(FIGC)は10月1日、欠場の2選手に代わって追加招集する選手を発表した。

     イタリア代表は既に、トリノのFWアンドレア・ベロッティをマケドニアとアルバニアとの2018 FIFAワールドカップロシア 欧州予選で招集していたが、1日のセリエA第7節、ヴェローナ戦で負傷し、代表戦2試合の欠場が決まった。これによりベロッティに代わってキエーヴォに所属するFWロベルト・イングレーゼが招集されている。イングレーゼにとっては、各年代の代表も含め、これが代表初招集となった。

     また、パリ・サンジェルマンのMFマルコ・ヴェラッティも欠場となり、U-21イタリア代表に招集されていたカリアリのMFニコロ・バレッラが、その代役として合流することとなった。バレッラはイングレーゼとは対照的に、U-15イタリア代表以降、各世代の代表を経験しているが、フル代表は同じく初めての招集となっている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【イタリア代表、ヴェラッティなどが欠場…初選出の2選手が追加招集】の続きを読む


    フリーの悪童カッサーノ、今度こそ引退宣言? 「サッカーはもう終わった」 



    元サンプドリアのアントニオ・カッサーノ【写真:Getty Images】
    フットボールチャンネル

     元イタリア代表のFWアントニオ・カッサーノは、やはりこのままスパイクを脱ぐことになるのだろうか。同選手が現役引退に言及したコメントを27日付の伊紙『トゥットスポルト』などが伝えている。

     現在35歳のカッサーノは、昨シーズンの後半を無所属の状態で過ごしたあと、今年夏にセリエAのエラス・ヴェローナに加入。だがそのわずか8日後には現役引退を検討しているとして騒ぎを引き起こした。

     結局ヴェローナを退団することにはなったが、現役続行には意欲を見せていた。夏の移籍期間が終了しても、フリーのカッサーノは9月末まではクラブに加入することが可能であり、セリエB(2部)などのクラブと交渉を行っていることが報じられていた。

     だが26日にジェノヴァでイベントに出席したカッサーノは、「サッカーのことはもう終わった。終わったよ」と報道陣に向けてコメントしたという。正式な形での発表ではないが、引退宣言の可能性もあるかもしれない。

     一方で『トゥットスポルト』は、カッサーノがセリエBのスペツィアへの加入に向けた交渉を行っているとも伝えている。「再びカッサーノがピッチ上で魔法を見せるには、おそらくこれが最後の可能性」だとみなされている交渉は成立するのだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【フリーの悪童カッサーノ、今度こそ引退宣言? 「サッカーはもう終わった」】の続きを読む

    このページのトップヘ