Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イタリア

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    歯に衣着せぬ発言で物議を醸してきた元イタリア代表アントニオ・カッサーノ

    先日、ローマ時代に同僚だったガブリエル・バティストゥータマルコ・デルヴェッキオのことが嫌いだったとぶちまけた。

    「あの2人にはめちゃくちゃムカついた。特にバティストゥータは練習場でコーヒー代を支払わず、ウェイターに挨拶もしない。あいつは1000ユーロ(14億円)も稼いでいたのにコーヒー代を請求してたのさ」などとスラング交じりに酷評したのだ。

    カッサーノ2010年に出版した自書でも、バティストゥータが嫌いだったと綴っているそう。「あいつは欠点だらけ。ケチで嫉妬深く、批判的。陰口を叩きつつ、前の前ではニコニコしてやがる。俺は鼻持ちならないやつには我慢ならない」などと批判しているとか。

    そうしたなか、バティストゥータカッサーノからの批判に反応。

    『La Nazione』で「カッサーノに嫌われるのは、誉められているように思えるね。彼がローマに加入した時、戸惑っているように見えたので、妻と話して自宅に招待したことがあるんだ。で、今の彼がああいう話をしているのを聞くのはとても残念だね。憐れみを感じる。彼はサッカーがくれた人間として成長するチャンスを生かせなかった」と述べたそう。

    【関連】天才だったのに…才能をムダした10名のサッカー選手

    バティストゥータ2000年に、カッサーノ2001年ローマに加入している。

    カッサーノに嫌われるのは光栄…どケチ野郎と酷評されたバティストゥータが反撃


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】カッサーノに嫌われるのは光栄…どケチ野郎と酷評されたバティストゥータが反撃】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    イタリア代表が26日にUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ3最終節のハンガリー代表に臨み、2-0で勝利した。

    2位イタリアからみて、2ポイント差で追いかける首位のハンガリーとの直接対決。敵地戦だったが、FWジャコモ・ラスパドーリの2戦連発弾にDFフェデリコ・ディマルコの追加点で勝利を収め、逆転での4強入りを決めている。

    UEFA.com』によれば、ロベルト・マンチーニ監督は「70分間は素晴らしかった。最後の20分間は好ましいものじゃなかったがね。嬉しいよ。このネーションズリーグで2度目の準決勝に勝ち進めたのが大事だ」とコメントした。

    そんなイタリアだが、今年11月に迫るカタールワールドカップ(W杯)は2大会連続の不出場。ユーロでは王者に返り咲いたが、前回3位のUNLで完全復活の足がかりにしようと優勝を期した。

    「このマイルストーンに再び到達できたのは重要だが、前回の結果は残念ながら残っていて、リスタートを切り、価値のあるグループを作れたというところ。目標? まずは12月をまたぐことだね」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イタリア代表】指揮官マンチーニ、逆転でのUNL4強入りに「嬉しいよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ユベントスパベル・ネドベド副会長はマッシミリアーノ・アッレグリ監督の解任を主張していたようだ。イタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』が報じている。

    今季ここまでセリエA7試合で2勝4分け1敗、チャンピオンズリーグ2連敗と、大きく出だしに躓いたユベントス

    16日には首脳会議が行われていたようでアンドレア・アニェッリ会長、パベル・ネドベド副会長、マウリツィオ・アリバベーネCEOらが集ってアッレグリ監督の進退問題について話し合いを行ったという。

    その場でネドベド氏はアッレグリ監督の解任を主張したとのことだが、会長が拒否したと『コリエレ・デッラ・セーラ』は伝えている。

    そしてモンツァセリエA初勝利の金星を献上した翌日、会長はアッレグリ監督に電話を入れ、続投の意思を告げたとのことだ。

    代表ウィーク明け、会長の判断が正しかったのか、試されることになりそうだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ネドベド副会長はアッレグリ解任主張も会長は拒否…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     元イタリア代表DFファビオ・カンナヴァーロ氏が、セリエBのベネヴェントの新監督に就任する可能性があるようだ。20日、イタリアメディアジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えている。

     現在49歳のカンナヴァーロ氏は、現役時代にパルマインテルユヴェントスレアル・マドリードなどでプレー。世界屈指の実力を誇るDFとして活躍し、2006年にはバロンドールFIFA最優秀選手賞を獲得した。また、イタリア代表では公式戦通算136試合に出場。FIFAワールドカップドイツ2006の優勝にも大きく貢献した。

     2011年に現役を退いてからは指導者に転身。アル・アハリ(UAE)のアシスタントコーチを務めた後、2014年に就任した広州恒大(現在の広州FC)で監督としてのキャリアをスタートさせた。その後はアル・ナスル(サウジアラビア)や天津天海(中国)、中国代表の監督を歴任。昨年9月、2017年から再び指揮を執っていた広州FCの監督を退任していた。

     そんなカンナヴァーロ氏が、セリエBのベネヴェントの新監督に就任する可能性があるようだ。報道によると、現在セリエBで2勝1分3敗の13位に位置しているベネヴェント指揮官の交代を検討しており、カンナヴァーロ氏が後任の最有力候補となっているという。すでに同氏とクラブ側との交渉は進行しており、近日中にも合意に達する可能性が高いとも伝えられている。

     かつてイタリア代表の主将として活躍したカンナヴァーロ氏。母国で監督としてのキャリアを再びスタートさせることになるのだろうか。

    カンナヴァーロ氏がセリエBで監督復帰? [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元イタリア代表】カンナヴァーロ氏、母国で監督業を再開?…セリエBのベネヴェントと合意間近か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     ラツィオイタリア代表FWチーロ・インモービレが、同国代表を率いるロベルト・マンチーニ監督との秘話を明かした。19日、イタリアメディアフットボールイタリア』が伝えている。

     現在32歳のインモービレはユヴェントスの下部組織出身で、トップチームデビュー後はトリノやドルトムントなどを渡り歩き、2016年夏にラツィオへと加入した。これまでに4度のセリエA得点王に輝いている同選手は、2014年イタリア代表デビューFIFAワールドカップブラジル2014やEURO2020にも出場するなど、イタリア代表として通算55試合に出場し15得点を記録している。

     EURO2020王者に輝いたイタリア代表だったが、W杯・欧州予選プレーオフの末に、2大会連続となる予選敗退の憂き目に遭った。同試合後から“イタリア代表引退”の可能性も報じられていたインモービレは「あの時、僕は去りたかった」と告白しつつ、「このような形で失望した時、結論の出し方は千差万別だ。でも僕は、冷静になってマンチーニと話したことで、イタリアがまだ僕を必要としてくれていることに気づいた」とマンチーニ監督との秘話を明かした。

     今年6月にDFジョルジョ・キエッリーニイタリア代表から引退した一方で、FWジャンルカ・スカマッカやFWウィルフリード・ニョントら若手選手が頭角を現している。そんな中、チーム内でもベテランの域に達したインモービレは自身の役割について「若手選手の成長を促し、代表チーム世代交代をよりスムーズに行うためにも、僕たちベテラン選手はまだ必要な存在。監督が言っていたね。これから始まるのは、EUROや次のワールドカップへ戻るためのものと」と意欲を示している。

     2年後のEURO2024、4年後のFIFAワールドカップ2024に向けてスタートを切ったイタリア代表。W杯・欧州予選プレーオフ敗退後、“アズーリ”のシャツを脱ぐつもりだったことを明かしたインモービレはこの先、チームを引っ張る存在として、どのような活躍を見せてくれるのだろうか。

    マンチーニ監督との秘話を明かしたFWインモービレ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イタリア代表】「僕を必要としている」 一時は代表引退の噂も…FWインモービレ、マンチーニ監督との秘話明かす】の続きを読む

    このページのトップヘ