Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イタリア



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    前回のロシアW杯は60年ぶりに出場を逃した

     イタリア代表は来年の欧州選手権(EURO)予選を突破して本大会への出場を決めたが、それにより“リベンジ”を狙う2022年カタールワールドカップ(W杯)までロベルト・マンチーニ監督が指揮を執ることになった。イタリアサッカー専門メディアカルチョメルカート・コム」が報じている。

     イタリアは昨年のロシアW杯に向けた予選でスペインと同組に入り2位でプレーオフに進んだが、スウェーデンとのホーム&アウェーに敗れ60年ぶりに出場を逃した。ジャンピエロヴェントゥーラ監督が大バッシングを受けた後、二転三転した監督人事はマンチーニ監督の招聘で決着。このEURO予選は再出発の舞台になっていた。

     若手選手たちを恐れることなく招集してチームを作ったマンチーニ監督は、このEURO予選を7連勝で3試合を残して突破を決定。記事では、EURO予選を突破した場合は2022年カタールW杯まで契約が自動更新される条項が盛り込まれていたとして、指揮の継続が確実になったとしている。

     イタリアEURO出場は7大会連続の10回目。前回大会では現在インテルを指揮するアントニオ・コンテ監督の下でベスト8まで進出も、ドイツを相手にPK戦で敗れた。若いイタリアにとっては、ここでどこまでの戦いを見せられるかがカタールW杯への試金石になる。

     まさかのW杯予選の敗退劇から約2年、マンチーニ監督率いる“アッズーリ”は、カタールで世界最高峰の戦いの舞台に戻ってくることができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    イタリア代表のマンチーニ監督が契約更新【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イタリア代表】マンチーニ監督がカタールW杯まで指揮 EURO予選突破で契約更新】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     元イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオが、自身の公式インスタグラムで現役引退を報告した。

     マルキージオは現役引退を決断したことをファンサポーターに報告するとともに、以下のように感謝のメッセージを送った。

    「僕はサッカー選手になることを夢見ていた1人の少年に約束した。ピッチに立つことで夢の素晴らしさを実感するまではプレーを続けると。ここ数カ月の間に僕は複雑な気持ちになり、約束を果たすことはできないと実感した。感情だけでは正しい判断を下すことはできない。だから、引退を決断した」

    「後悔は全くない。恐れることなく未来を見据える大切さを教えてくれた家族に感謝する。そして、夢よありがとう。君は僕に勇気、強さ、成功、そして幸せを与えてくれた」

     現在33歳のマルキージオはユヴェントスの下部組織出身。2007-08シーズンはエンポリへレンタル移籍したが、同シーズンを除くとユヴェントスに計25年間に渡って在籍した。同クラブでは7シーズン連続のセリエA制覇など多くのタイトル獲得の原動力となった。

     マルキージオは2017-18シーズン終了後にゼニトへ加入。しかし、同クラブではひざの負傷に苦しみ、7月1日に双方同意の上で契約を解除し退団することを発表していた。

    現役引退を決断したマルキジーオ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「後悔はない」…マルキージオ、現役引退をSNSで報告「夢よありがとう」】の続きを読む



    (出典 footballbuzz.org)



    昨季限りでロシアプレミアリーグゼニト・サンクトペテルブルクとの契約を解除し、フリーエージェントとなったマルキージオ。

    33歳ながらも継続的な負傷によってこのところはピッチを離れざるを得ない時間が長くなっていた。

    そして今回『Gazzetta dello Sport』などが伝えたところによれば、彼は3日にユヴェントス・スタジアムで記者会見を開き、現役引退を発表する予定であるそう。

    マルキージオは今夏ブラジルや中国のクラブ、そしてモナコやグラスゴー・レンジャーズからオファーが届いていたものの、それを拒否したという。

    なお、マルキージオはおそらくアンドレア・バルザーリのようにスタッフや大使としてユヴェントスに関わっていくのではないかと考えられている。

    【関連記事】サッカー界で今季を最後に引退するスター選手、10名

    彼は以前から自身の和風レストランチェーン『Legami』を経営しており、すでにトリノ、サルディーニャ、そしてローマと3店舗を構えてきた。そのビジネスもさらに本格化していく可能性も。

    33愛マルキージオ、本日引退へ!和風レストラン経営も本格化か


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】33愛マルキージオ、本日引退へ!和風レストラン経営も本格化か】の続きを読む



    (出典 lifepicture.co.jp)



    EURO2012準決勝ドイツ戦、2点目を決めてピッチ上で仁王立ち

     マルセイユの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリは10代の頃から凄まじいサッカーセンスとともに“悪童”として名を馳せてきたが、本格的にその名を世界に知られるようになったのは、2012年の欧州選手権(EURO)準決勝ドイツ戦(2-1)での衝撃的な2ゴールだろう。約7年が経ち、その際に見せた異色のゴールパフォーマンスに英メディアが再脚光を当てている。

     バロテッリインテル時代の2007年17歳セリエAデビューを果たした。その後はマンチェスター・シティミランリバプールビッグクラブを渡り歩き、16年からはニースに所属。今年1月には日本代表DF酒井宏樹も所属するマルセイユに移籍している。

     その波乱万丈なキャリアのなか、現在でもハイライトの一つと言えるのがEURO2012準決勝ドイツ戦での2ゴールだ。前半20分にヘディングで先制ゴールを挙げると、同36分にはカウンターから抜け出して衝撃的な弾丸シュートを叩き込んだ。2点目はドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが一歩も動けない強烈な一撃だったが、ゴール以上のインパクトを残したのが、そのゴールパフォーマンスだろう。

     バロテッリゴールを確認すると、ユニフォームを脱ぎながら走り出すかのように見えたが、脱ぎ終わった途端にストップ。鍛え上げられた肉体美を誇示するかのように仁王立ちし、祝福のために抱きつくチームメートたちを受け入れた。ピッチのど真ん中で直立不動となるパフォーマンスは異例かつ新鮮で、世界中で話題を呼んだ。

     英サッカー専門メディア「Squawka」は「2012年6月28日バロテッリドイツ戦で2得点を挙げてイタリアEURO決勝に導いた。そして象徴的かつ現代的なセレブレーションが生まれた」と記し、バロテッリの“仁王立ち”パフォーマンスの写真を投稿。返信欄には「この画像も加工されているように見えるほど、何回も見た写真だ」「現代文化となった男」「ここ10年で最高のセレブレーション」と7年前の“事件”に対するノスタルジーも含めた反応が寄せられた。

     キャリア的にベテランの域に達しつつあるバロテッリだが、まだまだ老け込むような年齢ではない。マルセイユでは酒井らを巻き込んでスマートフォンを使った“自撮りセレブレーション”を敢行するなど、プレー以外でのキレも抜群。来季以降の活躍にも期待したいところだ。(Football ZONE web編集部)

    EURO2012準決勝ドイツ戦でみせたイタリア代表FWバロテッリのゴールパフォーマンスに再脚光【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】バロテッリ、衝撃の“仁王立ち”から7年… 異色セレブレーションに英メディアが再脚光】の続きを読む

    このページのトップヘ