Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イタリア



    (出典 football-tribe.com)



     2019年はアッズーリにとって、捲土重来を期す一年だ。

     2018年FIFAワールドカップ出場を1958年大会以来、60年ぶりに逃し、イタリア国民は大会期間中の32日間を抜け殻のように過ごしながら、隣国フランスの優勝を傍観するしかなかった。

     昨年5月14日指揮官に任命されたロベルト・マンチーニ監督の下、初開催のUEFAネーションズリーグでは、ポルトガルポーランドと同組のグループ3で、1勝2分け1敗の2位。かろうじて、リーグAからBへの降格を逃れたものの、勝利はホームで挙げたポーランド戦のみ。クリスティアーノ・ビラーギフィオレンティーナ)が後半アディショナルタイムに奪ったゴールが決勝点となった薄氷の勝利だった。しかし、ワールドカップグループステージ敗退の醜態をさらしドイツリーグBへの降格を強いられたことを考えると、リーグAに踏みとどまれたことだけでもポジティブにとらえなければならないのかもしれない。イタリアと並び、ワールドカップ4度の優勝を誇るあの強国ドイツが、1勝も挙げられないまま降格してしまうのだから、一度躓いた者が再び立ち上がることがどれほど難しいことかと思い知らされる。

     イタリアは昨年、ルイージ・ディ・ビアージョ暫定監督の体制で3月に再スタートを切り、アルゼンチンイングランドとのテストマッチを経て(1分け1敗)、マンチーニを招へい。新体制では5月28 日のサウジアラビア戦を皮切りに、11月20日アメリカ戦まで9試合を戦い、3勝4分け2敗の成績に終わった。サウジアラビア戦を2-1で勝利した以外は、白星を得た6試合で最小得点にとどまった。ただ、そんな中でも光明は見えてきた。

     11月17日に行われたポルトガル戦(0-0)では、ユーロ2016王者を相手に66パーセントのポゼッションで圧倒。パスの成功数も相手の262に対して721と、技術力の高さを見せた。マニチーニが目指すスタイルが垣間見えた一戦だった。しかし、兎にも角にも決定力が物足りない。ポゼッションを高めることは比較的容易な作業なのだろうが、最後のフィニッシュ、得点力の向上はどのチームにとっても永遠の課題のようだ。昨年一年で11試合を戦い、総得点は9。しかも2得点以上をマークした選手が一人もいない。マンチーニがFWの選考に頭を抱えるのもうなずける内容だ。

     ポジション別に現在のアッズーリのレギュラー候補を見ていきたい。

    ◆■エース不在のCF。サイドアタッカーは人材豊富

     まずは、懸念されるストライカーポジション。17-18シーズンセリエAで得点王に輝いたチーロ・インモービレラツィオ)は、代表に限っては不振を極める。2017年9月5日イスラエル戦を最後に9試合で不発。今シーズンも所属クラブで11得点をマークしているのだから、コンディションではなくメンタル面に問題があるのかもしれない。となるとインモービレ以上に得点を挙げている選手を見なければならない。今シーズンセリエAで14得点を挙げているファビオ・クアリャレッラだ。第20節を終えてクリスティアーノ・ロナウドユヴェントス)、ドゥバン・サパタ(アタランタ)と並び堂々の得点ランキングトップに立つ。ただ、ネックとなるのが年齢だ。1月31日には36歳の誕生日を迎える。仮にユーロ2020に出場するとなると、その時は37歳。2022年ワールドカップ時には39歳となる。ワールドカップ出場については非現実的だ。マンチーニは招へいを検討していると聞くが、一筋縄でいかない選考となりそうだ。アンドレア・ベロッティ(トリノ)も一時の勢いを失っている。パトリック・クトローネミラン)やピエトロ・ペッレグリモナコ)といった将来を嘱望される選手も現れつつあるが、絶対的ストライカーの不在はしばらく続くことになりそうな課題だ。

     一方、サイドアタッカーや攻撃的MFの選手には豊富な人材が集まっている。サイドアタッカーでは、2人の“フェデリコ”がアッズーリにとって不可欠な存在となった。キエーザフィオレンティーナ)とベルナルデスキユヴェントス)だ。また、ステファン・エル・シャーラウィローマ)はミラン時代のベストフォームを取り戻しつつあり、マッテオ・ポリターノインテル)はビッグクラブへの移籍1年目でレギュラーポジションを自らのものとしている。ロレンツォ・インシーニェナポリ)はこのところ調子を落としているが、すぐに復調してくるはずだ。ただし、彼らもポジションが確約されたわけではない。2000年まれのモイーズ・キーンユヴェントス)がすでに2018年の最終戦、アメリカ戦でデビュー。最前線だけでなくウイングトップ下でもプレーできるこの有望株はユヴェントスでも徐々に出場機会を増やしつつあり、良い意味で代表に刺激をもたらすことができるだろう。

    ◆■激戦区

     中盤は、最も競争力が高いポジションと言える。ジョルジーニョチェルシー)、マルコ・ヴェラッティパリ・サンジェルマン)の海外組に加え、ニコロ・バレッラ(カリアリ)、ロレンツォ・ペッレグリーニローマ)といった若手も擁し、クオリティの高いメンバーで形成されている。さらに、ここに10代の有望株が割り込んでくることになりそうだ。稀代のレジスタアンドレア・ピルロと見紛うほどにプレースタイルが酷似するサンドロ・トナーリ(ブレシア)は、セリエBから異例の招集を受けた。18歳での代表入りは大きな話題を呼び、今夏の移籍市場でユヴェントスへの移籍が噂されている。

     そして今、イタリアで最大の発見と言われる選手が、ニコロ・ザニオーロローマ)だ。1月19日のトリノ戦で今シーズン2点目となるスーパーゴールを決めると、ロマニスタの間では19歳のトレクアルティスタ(トップ下)の話題で持ち切り。マンチーニは「アスリートとしての能力が高く、至るところに顔を出せる。ポール・ポグバマンチェスター・U)を彷彿とさせる」と称賛するほどだ。すでに代表入りも果たしており、早い時期にデビューが実現することになるに違いない。

    ◆■最終ラインは選手層に不安

     ディフェンス面はどうだろう。かつては「守備の国・イタリア」と畏敬の念を抱かれたが、近年はセンターバックの人材難に陥っている。ジョルジョ・キエッリーニレオナルド・ボヌッチユヴェントス組は言うまでもなく、アンタッチャブルコンビだ。そこにダニエレ・ルガーニ(ユーヴェ)とアレッシオ・ロマニョーリローマ)の2人がレギュラー候補として続くのだろうが、まだまだ怖さもなければ狡猾さにも欠ける。同世代のマッティア・カルダラミランに移籍後、ポジション確保に苦しみ、現在は負傷離脱中だ。そんな中、若手で勢いがあるのはアタランタの22歳、ジャンルカ・マンチーニだろう。高さ、強さ、速さの三拍子を揃えた1メートル90センチの長身DF。今シーズンリーグ戦で5得点。得点力の高さも大きな魅力の一つである。

     サイドバックもやはり、人材に物足りなさがある。ファーストチョイスは攻撃力が売りのアレッサンドロ・フロレンツィローマ)が右に入り、パワフルなビラーギが左、そして相手の攻撃力に応じて、左右をこなす守備力の高いマッティア・デ・シリオユヴェントス)が起用されることになりそうだが、競争力の低さが気がかりだ。長期負傷していたアンドレア・コンティミラン)が復帰したことは、マンチーニにとって朗報だろう。

    ◆■高水準の正守護神争い

     最後にイタリア代表で最多出場記録を誇るジャンルイジ・ブッフォンが退いたGKのポジションだ。ミランジャンルイジ・ドンナルンマが、これからもブッフォンの後継者としてアッズーリの歴史を作っていくことになるだろう。しかし、ライバルは数多く存在する。マッティア・ペリンユヴェントスで第2GKの座に甘んじるが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の信頼も厚く、代表レベルのGKであることに異論はないだろう。サルヴァトーレ・シリグ(トリノ)はパリ・サンジェルマン時代にリーグ・アンの最優秀GKに2度輝いた実力者だ。ほかにも、アレッシオ・クラーニョ(カリアリ)、エミル・アウデロサンプドリア)、シモーネ・スクフェット(カスムパシャ)、アレッサンドロ・プリッツァーリミラン)といった有望株が顔をそろえる。中でも注目はナポリアレックス・メレトだ。今シーズンは左腕の骨折で出遅れたものの、復帰後はコロンビア代表のダビド・オスピナギリシャ代表のオレスティス・カルネジスを隅に追いやり、レギュラーの座を奪取。ドンナルンマの存在を脅かすポテンシャルを備えるスーパーなGKであり、マンチーニ監督はこのポジションの選考に良い意味で頭を悩ませることになるだろう。

     2019年ユーロ予選がスタートする。イタリアは、グループJに入り、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、フィンランドギリシャアルメニアリヒテンシュタインと同組となった。ローマエディン・ジェコユヴェントスミラレム・ピアニッチが中心となるボスニア・ヘルツェゴヴィナが最大のライバルとなるだろうが、ローマコスタス・マノラスを擁するギリシャも侮れない相手だ。

     現在のところ、3月23日に行われるホーム(ウディネ)でのユーロ予選・フィンランド戦が2019年最初の試合と予定されている。アッズーリはこのグループトップで通過し、ユーロで好成績を残すことが当面の目標だ。けれども、やはりワールドカップの注目度はユーロのそれ以上で、ワールドカップの出場権を取り戻し、優勝を狙えるチームに仕上げることがマンチーニの使命になる。中盤やGKにはそれを狙えるだけの人材が揃いつつあり、そのほかのポジションでも有望な若手が台頭しはじめている。まず求められるのは、18位のFIFAランキングを少しでも上位に押し上げること。2018年ワールドカップ欧州予選では、FIFAランキングを落としたことが影響し、スペインと同組となったことが予選敗退という悲劇を招いた。今年はユーロ予選突破を最大の目標に置きながら、FIFAランキングの上昇も考慮して戦わなければならない。

    文=佐藤徳和

    2019年はイタリア代表にとって勝負の年となりそうだ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】悪夢のW杯予選敗退を糧に…捲土重来を期すアッズーリ、注目すべき選手達は?】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    Corriere della Sera』は1日、PSGの元イタリア代表GKジャンルイージ・ブッフォンインタビューを掲載した。

    昨年夏にユヴェントスとの契約を終え、自身初めて国外のクラブとなるPSGに加入したブッフォン。40歳になってもそれを感じさせないようなプレーを見せている。

    彼はフランスから見たイタリアについて聞かれると以下のように話し、人々の反応が時に衝動的すぎると評したという。

    ジャンルイージ・ブッフォン

    イタリア以外でプレーするのは初めてだね。外から故郷を見てどうか?)

    「我々は、自分たちの欠点を見る目に『ムラ』がある。美しい人々だが、矛盾があり、衝動的で、時には無意味だ。

    ランペトゥーザ島で船が沈没し、300人の難民が死亡した。我々はそれに心を痛め、孤児を養子にすることさえ考える。

    ところが移民がうまく行かなかった場合、300人の受け入れについて文句を言い、イタリアではこうするべきだと文句をぶつけたりする」
    (先日はインテルナポリで人種差別事件があった)

    サン・シーロでの人種差別も卑劣なものだ。ミラノの人々がどうかというわけではない。

    しかし、あのような憎悪は人々の中に根ざしていて、スタジアムで応援する時にそれを表出させる。

    デマゴーグを撒き散らす必要はない。しかし、我々はゼロ・トレランス(わずかにでも容認をしないこと)を必要とするか、あるいはもっと悪い人々に囲まれていることに気づくことになるだろう。

    サッカーはこれら全てのことと無関係であり、それよりももっと深刻で複雑な問題だ。憎しみの種はどこにでも撒かれており、それはスタジアムにもある」

    (政治の世界に入りたい?)

    「私は『あり得ないなんてことは存在しない』ということを学んできたよ。政治家は無私であらなければならない。私はこれまでそうしてきた。

    夢を応援する、あるいは人を助けられる何かを切り開いて行きたい。しかし、それがどういうものであるかはまだわからないんだ」
    ブッフォンがイタリア社会に物申す…政治家になる可能性も示唆


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元イタリア代表】ブッフォンがイタリア社会に物申す…政治家になる可能性も示唆】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/12(月) 08:10:03.02 ID:CAP_USER9.net

    フランス1部ニースでプレーするイタリア代表のFWマリオ・バロテッリが自身のSNSで人種差別に対して怒りを露わにしている。

     バロテッリはインスタグラムを通じて「人種差別主義者、君たちは孤独の中で生きているだけだ。君たちはこの世の病気だ」と綴り「愚か者はパソコンの後ろに隠れているだけだ。俺について考えている事があるのなら直接目を見て言いに来い」と抗議している。

     ガーナ出身の両親の元に生まれたバロテッリはこれまでも人種差別的なヤジを受けてきた今年5月には約4年ぶりにイタリア代表に復帰するも一部のサポーターが「我々のキャプテンはイタリア人の血がなければならない」と侮辱するようなバナーが掲げられていた。

    11/12(月) 8:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00296748-footballc-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【海外サッカー】<バロテッリ>人種差別を非難!「愚か者はパソコンの後ろに隠れているだけ」】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    『L'Équipe Sport&Style』は8日、PSGに所属している元イタリア代表GKジャンルイージ・ブッフォンインタビューを掲載した。

    40歳になった彼は昨季限りでユヴェントスを離れ、引退を延期してフランスでの新しい挑戦に身を投じた。

    彼はそのインタビューの中で、引退の時期についてはもはや考えても仕方ないとったとのこと。

    ジャンルイージ・ブッフォン

    (いつまでプレーする?)

    「近頃、限界を設定するのは間違いだということを知ったんだ。

    32歳のときは、35歳までプレーすると言った。しかしその後、まだ続けることを決めた。

    それから『よし、38歳までプレーしよう』と自分自身に言い聞かせた。しかし38歳になった時には、『40歳までやろう』と言っていたよ。

    人生毎日進んでいく。辞めるのは6ヶ後なのか、1年後なのか、10年後なのか。どれだってあり得る。聞きたくもないし、知りたくもないよ」

    ユヴェントスが2部に降格処分を受けたときにも、君はチームに残ったね。その理由は?)

    サッカーにおいては、忠心をもって外にメッセージを送ることができる。ファンに伝えた。『難しい時にこそ、ここにいるぞ』と。

    々は名のため、のため、トロフィーのため、様々なもののために戦った。しかしまた、所属感を得るためにプレーしているんだ」
    フランス代表との試合でイタリアのファンがフランス国歌にブーイングした。それを君は拍手で止めたね

    「自分の行動を計算したことはない。だからこそ時にトラブルも起こす。あれは特別な間だった。自分の直感、心、そして魂に触れた。

    バーリでの試合でイタリアファンラ・マルセイエーズフランス国歌)をかき消そうとした。そして、私はあのようにする必要性を感じた。

    それは、フランスやそのファンに敬意を表するだけでなく、イタリアを守るためでもあった。私のの人は、他の国歌を吹くような存在ではないと。

    イタリア歴史を知っている。悲劇の記憶も、イタリアのために死んでいった人々の価値も知っている。私も第一次世界大戦では祖を亡くしている。

    しかし『イタリア歴史や記憶を視し他国歌をかき消そうとするだ』とは、にも思われたくないんだ」

    (それはサッカー界のベテランとして、政治的な役割を担ったということ?)

    過去10年間はそうだね。イタリアキャプテンユヴェントスキャプテンだったし、チームでより大きな責任を得た。それは論理的なことだし、30歳から40歳になるまでのキャリアでは普通進化だよ。

    若い頃は違っていた。自分の望むことをやっていたよ。それは美しくて簡単なことだったし、ルールにも従っていなかった。

    しかし、40歳になって20歳の頃と同じように行動していれば、なんらかの問題を抱えてしまうものだからね」
    40歳ブッフォン、いつまでプレーする?その答えは「知りたくもない」だった


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】40歳ブッフォン、いつまでプレーする?その答えは「知りたくもない」だった】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    Mediaset』など各メディアは14日、「再び引退を決めたアントニオ・カッサーノは、今の選手はみんなヘタクソだとった」と報じた。

    現役復帰を宣言し、セリエCのヴィルトゥス・エンテッラ練習生として加入したものの、わずか2週間の練習を経て再び引退を表明したカッサーノ

    彼は今回TV番組でインタビューに応え、以下のように話したという。

    アントニオ・カッサーノ

    サッカー1999年のほうが優れていたね。今の選手はみんなヘタクソだ。有らばかりだよ」

    インテル時代にアンドレア・ストラマッチョーニ監督と殴り合った?)

    「そんなことはないよ。々は互いに押しあっただけさ。それだけだ。

    ファビオ・カペッロはキャリアで最高のコーチだ。アドリアーノ・ガッリアーニは最高のディレクターだ。フランチェスコ・トッティイタリアサッカー歴史上最高の選手だ。ロベルト・バッジョパオロ・マルディーニと並んでね。

    そして最悪のコーチはストラマッチョーニだね。最悪の選手はたくさんいた。名前を挙げられないくらいにね。
    ユヴェントスイタリアで最も強いチームだ。ヨーロッパでも屈だ。

    しかしながら、オレはそのチームには合わないね。彼らは3日でオレを追い出すだろう。

    最初の日にサインをして、2日練習をして、3日にはクビになるさ」

    イタリア2018年ワールドカップに出られなかったことについては?)

    「いいことだよ。まともなチームじゃなかったからな。間違いなく選手達の失敗だ。

    世界最高の監督であるジョゼップ・グアルディオラでも、正しい選手なくして奇跡を起こすことなどできやしないものさ」

    ロベルト・マンチーニ監督については?)

    「彼は偉大なチームを率いるのに適した男だよ。普通チームを率いるには?それは疑わしいところだな」
    再び引退のカッサーノがぶっちゃけ!「今の選手はヘタクソだらけ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元イタリア代表】再び引退のカッサーノがぶっちゃけ!「今の選手はヘタクソだらけ」】の続きを読む

    このページのトップヘ