Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イタリア


    写真提供: Gettyimages

    ようやく、イタリア国民は再びサッカーを楽しむことができる!この数年パッとしなかったイタリア代表が素晴らしい結果を残しつつあって、観戦する方は半端なく現在のチームパフォーマンスを楽しんでいる。

    ロベルト・マンチーニが指揮するアズーリ(イタリア代表)が、ユーロ2020予選で圧倒的な力を見せつけたのは素晴らしいこと。しかし、イタリア代表が残しているのは短期的な結果だけではない。イタリアが再びサッカー界の頂点に立つ強さを取り戻すための長期的な計画もはっきり考えられている。

    写真提供: Gettyimages

    データ上で見るイタリア代表

    まずは最近の歴史に残る成績をみましょう。まずイタリアは、2018年11月20日アメリカ代表戦(1-0)から今年11月18日アルメニア代表との圧倒的な勝利(9-1)を通して11連勝をした。この素晴らしい成績は1938年と1939年の間のポッツォ監督時代のイタリア代表の9連勝を上回る、新記録となっている。

    また、 ユーロの予選の長い道のりでイタリア代表は37得点を獲得し、4失点しかしていません。特にこのチームは泥臭くても、苦手にしていたアウェー戦でも勝利を掴むようになった。(現在のアウェー6連勝で1963年の記録も更新)

    そして一番重要な結果的なこととして、予選試合が3戦まだ残っていたにも関わらず、ギリシア戦の勝利で1ヶ月の余裕を持って、イタリア代表はユーロ出場を決めた。この出来事もイタリア代表の歴史には初めてのことである。

    写真提供: Gettyimages

    イタリア代表は生き生きしていて、情熱が伝わる

    数年前までのイタリア代表は、天才選手のレベルの高い個人プレーに頼りすぎていた。2006年FIFAワールドカップ優勝まで、ピルロ、デル・ピエーロトッティなど、世界のトップレベルの選手がイタリア代表を強くし、いい結果が残せた。しかし、ゴールデンジェネレーションと呼ばれていた選手たちは一人も残らず引退し、昔のようなサッカースタイルを今もやり続けるのは無理な話。

    現在、イタリア代表は「天才の集まり」のチームから「メンタリティと動力」のチームに変わった。攻撃的に試合に挑む時も、守備的になる時も、メンバー全員が集中して、勝ちのみにこだわっていることがすごく伝わっている。

    これはおそらく、マンチーニがすべての選手からベストを引き出しているからだと思う。すべての選手がやりたいポジションでやりたいサッカーをしている印象が強い。

    写真提供: Gettyimages

    マンチーニは選手に合わせてサッカースタイルを再考した

    現在イタリア代表のメンバーで勝敗に大きく影響する選手はボヌッチ、ジョルジーニョ、ヴェッラッティ、ベルナルデスキ、そしてインシーニェです。彼らは高いクオリティがあり、ボールを触ることが大好きなタイプの選手。そのためにマンチーニはポッセションを中心にしたイタリア代表を立ち上げた。

    確かに、それだと守備的にリスキーな部分もあるかもしれないが、チームの全員はゲームを支配できることで、生き生きしたプレーができる。サポーターも久しぶりに代表戦でワクワクを感じて、異常に楽しんでいると言われている。

    選ばれている若手選手もフィジカルより、ポッセション・サッカーができるクオリティが高い選手ばかり。その中で一番目立っているのはインテル所属の二人の新星、ニコロ・バレッラ(22歳・176cm)とステファノ・センシ(24歳・168cm)です。彼らはクラブではコンテ監督の下で素晴らしい成長を見せていて、代表の中心選手になるに違いない。そして、忘れちゃいけないのはフィオレンティーナのフェデリコ・キエーザです。22歳の若い年齢で、既に欠かせないスタメンになっている。

    ミスは未だにたくさん見られるが、選ばれているすべての若手選手はボールを足元で扱い、ファンタジーのある面白いプレーをするのが好き。そして怖がらずに、前へ前へというアグレッシブスタンスイタリアを輝かせている。

    写真提供: Gettyimages

    これから課題が出てくるのであれば…

    最近マンチーニはインタビューでこんなことを口にした。「2020のユーロに向けて、これから新しいメンバーを加えることは考えてない。大会までそんなに時間はないし、選ばれたことのない選手をこれからこのチームフィットさせるには時間が足りない」と…。

    確かに、私もその通りだと思います。しかし、代表はクラブではありません。国の最強の選手を選ぶのは最優先ではありませんか?これからイタリアで輝く選手が出てきたら、代表に呼ばれないというのは根本的に間違っていると思う。また、ユーロという大会は選手のやる気に繋がる大会である。このスタンスイタリア国内でプレーしている選手の活躍に悪い影響を与える選択でもある。

    しかし、代表をクラブ扱いしている監督はマンチーニだけではない。これはスペイン代表やドイツ代表を強くしたシステムでもあるので、結果の面だけで考えると、悪いチョイスではない。

    写真提供: Gettyimages

    マンチーニ率いるイタリア代表に期待できる理由

    マンチーニは新しいイタリアの発明者と考えてもいいと思う。彼の現在の目標は結果を出すことではない。長い間イタリア代表を支える選手を教育し、新しいスタイルを生み出すことです。結果がすぐついてきたことは喜ばしいことだけど、プラスの一つに過ぎない。楽しいのはこれからだ。

    マンチーニはイタリアの監督になった時に選手の前でこう語った。「私たちは昔と違うことをやらなければならない。試合を支配して、ボールを奪われたらすぐ切り替えて、奪い戻すのが重要。最初の目標は勝つことではない、イタリア代表がなくしたサポーターの信用を可能性のあるプレーで取り戻すことです」

    そして最近「私は選手たちに驚かされてばっかり…まさかこんなに早く私の頭の中にあったサッカーイメージを実現させるとは…素晴らしいプロの集まりです」と発言。

    いい素材と腕の良いシェフが揃えば、とても美味しい料理が出来上がる。同じように、今のイタリア代表には無限の可能性を感じさせられる選手、そして最強の指導者が揃っている。世界の頂点にもう一度立つ日はそんなに遠くない。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イタリア代表】再び頂点に立つ理由!マンチーニ監督の新スタイルに期待】の続きを読む

    no title


     アッズーリがミッションを成し遂げた。10月12日イタリア代表はローマのオリンピコ・スタジアムでギリシャを迎え撃ち、2-0と快勝した。これで7大会連続、通算10度目となるユーロ本大会出場が決定。ユーロ誕生から60年記念を祝う、12カ国で開催される2020年大会の出場権をつかんだ。強敵不在の予選とはいえ、2018年ロシアワールドカップや、U-21代表が2019年東京オリンピックの出場権を逃していただけに、イタリアサッカー連盟(FIGC)の関係者は胸をなでおろしたに違いない。

     フィンランドアルメニア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、ギリシャリヒテンシュタインと同組のグループJを戦ったイタリアは、予選突破を決めたギリシャ戦を終えて7戦全勝。さらに15日のリヒテンシュタイン戦にも5-0と大勝した。これでユーロ予選は無傷の8連勝、昨年11月20日に行われたテストマッチアメリカ戦を含めれば9連勝となり、1934年、1938年と史上初のワールドカップ2連覇を成し遂げた時代の大記録に肩を並べた。フランスブラジルを倒し、さらには1938年ワールドカップ決勝でハンガリーを破って達成した80年前の9連勝と比較するには物足りなさが残るが、イタリアメディアロベルト・マンチーニ監督率いる現イタリア代表の記録を評価した。

     ギリシャ戦では、1954年アルゼンチン戦以来となるマッリャ・ヴェルデ(緑色のユニフォーム)を着用して臨んだ。前半こそゴール前を固める若手主体の相手に苦しみながらも、63分にジョルジーニョがPKでゴールをこじ開けて先制。78分にはフェデリコ・ベルナルデスキがミドルシュートをねじ込み、2-0で勝利した。5万7000人の大観衆の声援に勝利で応えたマンチーニ監督は試合終了後にインタビューで、「ギリシャが守備を固めてくることはわかっていた。しかし、我々はこのような戦い方に慣れなければいけない。これからもこういった自陣に引きこもるチームと戦うことになるのだから。正しい突破口を待てず、見出すこともできなかった。あまりにプレーに夢中になってしまった。今日のような雨で水浸しになったグラウンドで戦うには、こういった戦い方は褒められるべきではない」とプレーの内容に不満を示したものの、「先制点を奪ってからは、チャンスも作ったし、戦い方は確実に良くなった」と評価するところもあった。

     ワールドカップで4度優勝の実績を誇るイタリアだが、ユーロでの優勝は地元開催の1968年大会一度だけと相性は良くない。51年前の本大会出場国は4。しかも旧ソ連との準決勝は、延長戦を終わっても決着がつかず、グラウンド上で審判によってコイントスが行われ、その結果イタリアが決勝に駒を進めた。さらに、ユーゴスラビアとの決勝は延長戦を1-1で終えて試合終了。2日後の再戦を2-0で制したとはいえ、諸手を挙げて「優勝した!」とは言い難いものだ。それ以来、今日まででもっとも優勝に近づいたのは2000年大会。アレッサンドロ・デル・ピエロフランチェスコ・トッティら多くのタレントを擁して臨んだ大会は、フランスとの決勝でダヴィド・トレゼゲにゴールデンゴールを奪われ涙をのんだ。長く優勝から遠ざかっているだけに、来年の大会制覇を望む声は少なくない。その思いは、代表の再建を託されたマンチーニ監督も同じだろう。

     イタリアは本大会で、グループリーグ3試合をローマのオリンピコで戦うことが確実となった。ワールドカップユーロといったビッグイベントを首都ローマで戦うのは1990年ワールドカップイタリア大会以来。この大会では、グループリーグから準々決勝までの5試合をオリンピコで戦った。当時、選手として招集されながらもピッチに立つことは一度も叶わなかったマンチーニ監督だが、「“ノッティ・マジケ(魔法の夜)”が戻ってくるように願っている」と、イタリア中が熱狂した1990年ワールドカップの再現を欲していることを明言した。

     マンチーニ監督の最大の功績は、若手の積極採用だろう。筆頭は、ニコロ・ザニオーロ(ローマ)だ。セリエAの出場がなかった当時19歳の若者を昨年9月に大抜擢。この招集は一時は批判を浴びたが、今のローマでのザニオーロの活躍を見れば、マンチーニの目利きの良さが光るばかり。来年の本大会では攻撃の中心を司ることが期待される。また、26日のジェノア戦でセリエAゴールマークしたサンドロ・トナーリ(ブレシア)も19歳ながら期待が高まる。昨年11月に初招集し、15日のリヒテンシュタイン戦ではフル代表デビューも経験した。さらに、フィオレンティーナで非凡なテクニックを披露しているガエターノ・カストロヴェッリも年内の代表戦で招集されると予想される。これで、マルコ・ヴェッラッティ(パリ・サンジェルマン)、ステファノ・センシ、ニコロ・バレッラ(ともにインテル)といった能力の高い選手が揃う中盤のレギュラー争いはさらに熾烈になる。マンチーニ監督にとっては新たな悩みの種となりそうだ。

     また、ユーロ予選では格下の相手が多かったとはいえ、8試合3失点はかなり評価できる数字だ。ジャンルイジ・ブッフォンユヴェントス)に代わって新守護神となった“もう一人のジャンルイジ”、ドンナルンマ(ミラン)は20歳とは思えない風格を表し、レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)がリーダーとしての存在感を発揮している。ただ、やはりジョルジョ・キエッリーニユヴェントス)の復活が待たれる。35歳とはいえ、世界屈指の対人能力を持つ“守備のエース”で、欧州制覇を目標とするならば不可欠な存在だ。

     一方、懸念されるのが絶対的な点取り屋の不在だ。予選ではチームとして25得点を記録しているが、最多得点はアンドレア・ベロッティの3ゴール。その内訳は、アルメニアから1得点、リヒテンシュタインから2得点と弱小国からのもの。セリエA第11節終了時で得点ランキングトップに立つチーロ・インモービレ(ラツィオ)は、9月8日フィンランド戦でゴールを記録しただけ。セリエAで2度得点王に輝いたストライカーだが、代表ではこれが2年ぶりの得点と、国際舞台で実力を発揮できずにいる。3月のフィンランド戦でイタリア代表史上2番目の若さでゴールを決めたモイーズ・キーンは、今夏に移籍したエヴァートンゴールを奪えずにいる。今のままでは代表復帰は難しいだろう。

     そんななか、昨シーズン、カリアリで16ゴールマークしたレオナルド・パヴォレッティがじん帯損傷からの復帰に近づいているのは朗報だ。大型FWが不在なだけに、復帰後のパフォーマンスが良ければ、すぐに声がかかるに違いない。今夏からブレシアでプレーするマリオ・バロテッリも当然、マンチーニ監督によって注視されているはずだ。5試合で1ゴールとまだ全快とはいかないが、内容自体は悪くない。ゴールを量産できれば、今の代表にはないタレントだけに必要な存在となろう。

     そして、この17歳もすでに招集候補に入っているだろう。インテルセバスティアーノ・エスポージトだ。アントニオ・コンテ監督によって今夏のプレシーズンマッチから多くのプレー機会が与えられ、高い評価を得た。10月23日チャンピオンズリーググループステージ第3節、ドルトムント戦では百戦錬磨のマッツ・フンメルススピードで競り勝ち、PKを誘発する狡猾さも見せた。その3日後にはパルマ戦でセリエAデビューを実現し、臆することなくポテンシャルを発揮している。今後もコンスタントピッチに立つ機会を得て、1度でもネットを揺らすことがあれば、マニチー二監督から招集の連絡を得ることとなるかもしれない。コンテ監督は、経験値の低い10代の起用について「私は年齢を考えない」と語った。それはマンチーニ監督にとっても全く同意見であるに違いない。来年のユーロでは、若く勢いのあるアッズーリが見れそうだ。

    文=佐藤徳和/Norikazu Sato

    ユーロ2020の出場権を獲得したイタリア代表 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】80年前の記録に並んだイタリア代表…悲願のユーロ制覇へ向けた“課題”と“希望”】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     元イタリア代表MFのクラウディオ・マルキージオ氏が、被害に遭った強盗事件を振り返った。イタリア紙『コリエレ・デラ・セラ』が報じている。

     28日、在宅中のマルキージオ夫妻が強盗に襲われる事件が発生。両者は無事だったが、脅迫され金品を盗まれ、犯人は未だ逃亡中だという。

     強盗被害に遭ったマルキージオ氏は次のようにコメントし、事件を振り返っている。

    「彼らは銃を頭に突き付けてきたんだ。初めて本物の銃を2丁見たから、本当に大変な思いをした。今回はなんとか無事だったね」

    「(火曜日に)5人の男が私たちの家に入ってきて、金庫について尋ねてきた。金庫はないと答えたけど信じなかったんだ。実際に金庫はなかったしね。それから強盗はできる限りのものを持ち去ろうとした」

    「子供たちが留守にしていたことを天に感謝したよ。子供たちはサッカーをしていて、祖父とともに帰ってくる予定だった。そしてコーチが、私たちが電話に出なかったことを不審に思ってくれたんだ。強盗はそれに気づいてすぐに逃げ去ったよ。それは運がよかった」

    強盗被害を振り返ったマルキージオ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】強盗被害に遭ったマルキージオが事件を振り返る「大変な思いをした」】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    クラウディオ・マルキジオ 写真提供:Gettyimages

     在宅中に強盗被害にあった元イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオ氏が、事件当時のことを振り返りコメントを残した。イタリア紙『コリエーレ・デラ・セラ』が報じている。

     現地時間28日の午後9時半頃に、強盗に襲われたマルキジオ氏。不幸中の幸い、マルキジオ夫妻にケガはなかったが、拳銃で脅され金目の物を盗まれる被害に遭っている。マルキジオ氏は「初めて本物の銃を見た」と、事件を振り返っている。

     外出中に強盗被害に遭うサッカー関係者が多い中、在宅中に襲われてしまったマルキジオ氏。事件のことを以下のように語っている。

    クラウディオ・マルキジオ

     

    「彼らは銃を頭に向けていたよ。2丁の本物の銃を見たのは初めてだったから、本当にタフなことだった。

     幸運なことに、僕たちは頭をクリアに保つことができた。5人の男がヴィノーヴォの家に侵入し、金庫はどこだと聞いてきた。金庫はないと伝えたけど、彼らは信じなかった。本当になかったんだけどね。

     彼らは見渡す限りのものをすべて奪い、去っていったよ。自分のこと、妻のことを思っておびえていたよ。子供たちが家にいなくてよかった。サッカーをしに出掛けていたんだ。祖父もまだ、連れて帰ってきていなかった」



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】マルキジオ、事件当時を語る「初めて本物の銃を見た…」】の続きを読む



    (出典 sakaneta.com)



    1 久太郎 ★ :2019/10/30(水) 20:36:56.64 ID:IcLY1koP9.net

    元イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオが強盗に襲われていたようだ。イタリア『ラ・レプッブリカ』が報じている。

    記事によると、現地時間29日の夜9時半頃、トリノのヴィノーヴォにある別荘に強盗が侵入。マスクを被った4人組でピストルとドライバーを装備。彼らはマルキジオ夫妻を脅して、家の金庫から現金や宝石類を持ち去ったという。

    別荘のあるヴィノーヴォは防犯カメラが整備された地域であるようで、イタリア警察はその情報をもとに調査を進めているとのこと。幸い、マルキジオ夫妻にケガはなかったようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00363654-usoccer-socc


    【【海外サッカー】元イタリア代表MFマルキジオ、在宅中に強盗被害…金品や宝石奪われる】の続きを読む

    このページのトップヘ