Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イタリア

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ユーロ2020を見事に制したイタリア代表。そのチームを優勝に導く活躍を見せたユベントスのDFレオナルド・ボヌッチが、再び煽りを見せた。

    ボヌッチは、ユベントスの同僚であり、長年最終ラインを支えたDFジョルジョ・キエッリーニとともにユーロ2020でも躍動。チームの守備を支えた他、イングランド代表との決勝戦では同点ゴールを記録。スター・オブ・ザ・マッチを受賞していた。

    受賞後の会見では、今大会注目を集めていたコカ・コーラハイネケンのボトルを持ち込み、記者会見場で飲み出し、スポンサーのボトルをどかしたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやMFポール・ポグバを挑発していた。

    さらに、優勝を決めた後のピッチでは「パスタをもっと食べろ」と叫んでいたが、このフレーズイタリアスポーツ界で「もっと経験を積め」という意味でよく使われている。

    初優勝を逃したイングランドは若手選手も多く、ベテランとしてチームを支えたイタリアに及ばなかったことで使ったとされるが、ボヌッチはユーロが終わってからも煽っていた。

    ボヌッチは、自身のツイッターキエッリーニとの2ショットを投稿。2人で仲良く笑顔でパスタを食べる写真だった。

    写真とともにボヌッチは「僕たちはパスタを食べ続けるけど…あなたは?」と綴り、改めて優勝を祝っていた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イタリア代表】「僕たちは食べ続けるけど…」ユーロ制覇のボヌッチがキエッリーニと仲良くパスタを食べる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ユーロ2020で53年ぶり2度目の優勝を果たしたイタリア代表。その立役者が、思い出を体に残した。

    ユーロ2020決勝は、イタリア代表とイングランド代表の対戦に。53年ぶりの優勝を目指したイタリアと、初優勝を目指したイングランドロンドンのウェンブリー・スタジアムで激突した。

    試合は開始2分にイングランドが先制するも、後半にイタリアが追いつくという展開に。延長戦でも決着がつかず、PK戦にもつれ込んだ。

    そのPK戦で気を吐いたのがイタリア代表の守護神、ジャンルイジ・ドンナルンマ。あまり騒がれないが、22歳と若手に部類される選手だが、2本のPKをストップイタリアユーロトロフィーをもたらせていた。

    ユーロ終了後は、パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が完了し、活躍の場をイタリアからフランスへと移す事が決まったドンナルンマイタリアタイトルをもたらせたその左腕には、思い出を残していた。

    ドンナルンマは、そのPKを止めた左腕に、ユーロトロフィータトゥーを彫ることを決め、そのトロフィーは緑、白、赤のイタリアカラーリボンで装飾されていた。

    また、トロフィーの下にはユーロ決勝の日付が刻まれている。

    タトゥーアーティストステファノ・レイノソさんがインスタグラムドンナルンマタトゥーを彫る動画をアップ。この先もタイトルを獲得したらトロフィーを彫っていくのかにも注目だ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】ドンナルンマがトロフィーのタトゥー! ユーロ制覇を呼び込んだPKストップの左腕に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ユーロ2020の覇者はプライベートでも幸せを手にした。

    パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティは、先日行われたユーロ2020でアッズーリの一員として活躍。イタリアの53年ぶりの優勝に貢献していた。

    タイトル獲得の喜びも冷めやらぬ中、プライベートでも嬉しい知らせが。決勝から5日後の16日には、グラビアモデルジェシカ・アイディさんと結婚式を挙げた。

    2012年夏にPSGに加入し、リーグアンでは通算223試合に出場しているヴェッラッティ。幼馴染ローラ・ザザーラさんと結婚し、2人の男の子を授かっていたが、2019年の頭に離婚していた。

    イギリスデイリーメール』などによると、ジェシカ・アイディさんはアメリカSports Illustrated』を中心に活躍するトップモデル。2人は2019年の夏にF1のモナコグランプリへ一緒に訪れた様子が目撃されていた。

    披露宴は豪華な装飾に彩られ、さすがはスター同士の式といった様子。パリの郊外にあるこのホテルは1泊最大7千ユーロ(約90万円)もするのだとか。

    参列者の面々も負けず劣らず超豪華。フランス代表FWキリアン・ムバッペユーロを共に戦ったGKサルバトーレ・シリグ、さらには、元PSGチームメイトスウェーデン代表FWのズラタン・イブラヒモビッチの姿も見られた。

    公私共に絶好調のヴェッラッティ。新シーズンに向けて充実のときを過ごしているに違いない。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イタリア代表】超豪華な披露宴! ユーロ王者・ヴェッラッティがトップモデルと2度目のゴールイン、元PSGのイブラヒモビッチも祝福!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    先日行われたEURO2020の決勝戦でイングランドを撃破したイタリア。その原動力となったのは強靭な守備で、それを構築した選手の一人がジョルジョ・キエッリーニだった。

    8月には37歳になる彼であるが、EURO2020を通して1度もドリブル突破を許すことがなかった。実力を改めて証明した格好だった。

    【動画】キエッリーニ、キャリア最大の勝利!イングランド相手の超絶ディフェンス

    しかし、ユヴェントスとの契約が昨シーズン限りで満了となったため、現在の状態はフリーエージェント。所属するクラブがない立場である。

    キエッリーニ自身は来年冬に行われるカタールW杯への出場も視野に入れているため現役続行を決めているが…。『Eurosport』によれば、キエッリーニの代理人ダヴィデ・リッピは以下のようにコメントしたという。

    ダヴィデ・リッピ

    「まずはオファーが必要だ。今日の時点では誰もいない。ユヴェントスが対話できる時期を教えてくれるのを待っているよ。

    現時点でキエッリーニサッカーから遠ざけようと考えるのは狂気の沙汰だよ。

    前十字靭帯を断裂したあとに彼がやったことは、まるで信じられないようなものだ。彼を刺激しているのは情熱だ。EURO2020では彼がまだ強い熱意を持っているところを見られたはずだ。

    彼は長年ユヴェントスシンボルである。クラブの反応を待っている。

    誰も電話をかけてきてはいないが、彼は現在イタリア代表の中で唯一のフリーエージェントだ。オファーがあっても驚きではないだろう」
    無所属のキエッリーニ代理人「まだ誰からもオファーなし」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】無所属のキエッリーニ代理人「まだ誰からもオファーなし」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ナポリは15日、イタリア代表人DFジョバンニ・ディ・ロレンツォ(27)との契約を2026年6月30日まで延長したことを発表した。

    ディ・ロレンツォはレッジーナの下部組織出身。イタリア下部リーグクラブへのレンタルや移籍を経て、2017年夏に加入したエンポリでクラブのセリエB優勝に貢献。

    自身にとってセリエA初挑戦となった2018-19シーズンは、リーグ戦37試合に出場し5ゴール3アシストの成績を残すと、この活躍が認められて2019年の夏にナポリへ完全移籍。

    2シーズンを過ごしたナポリでは、これまで公式戦95試合に出場。昨季も本職の右サイドバックリーグ戦36試合を含む公式戦49試合に出場し4ゴール8アシストを記録していた。

    また、イタリア代表でも主力として活躍するディ・ロレンツォは、先日まで行われたユーロ2020でも6試合に出場し、53年ぶり2度目のイタリアユーロ制覇に貢献した。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ナポリ、イタリアのユーロ優勝に貢献したDFディ・ロレンツォとの契約を2026年まで延長】の続きを読む

    このページのトップヘ