Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イタリア



    (出典 www.soccer-king.jp)



     14日に開幕したロシア・ワールドカップの公式スポンサーであるマクドナルドは、デリバリーサービスのUber Eatsと提携し、大会期間中に日本を含む26カ国でマックデリバリーのサービス『MacDelivery from Uber Eats』を提供。これに際し、2017年で現役を退いた元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏とコラボレーションを展開している。

     60年ぶりにワールドカップ出場を逃したイタリア代表ということで、母国の応援ができないピルロのために、出場国各国のレジェンド選手が、自国を応援してもらうために、ピルロへプレゼンしていくというもので、マルセル・デサイー氏(フランス)や、カフー氏(ブラジル)、福田正博氏(日本)らが参加している。

     今回のキャンペーンに合わせて、ピルロにメールインタビューを実施。現役を退いてからの心境や、現在開催中のW杯についてなどを聞いた。

     キャンペーンムービーで演技に挑戦しているピルロにイタリアがW杯に出場しない少し“奇妙な”状況での撮影を振り返ってもらうと、「素晴らしい経験だったし、演技は楽しめたよ」と話す一方で、「W杯に出場しない母国についてすべてのシーンで話すから、少し悲しくもあったね」と正直な心境を回答。

     動画内では日本を代表して福田氏がピルロにサポーターのマナーの良さなどをプレゼンしているが、「選手として何回か日本を訪れたけど、伝統や習慣は少しだけど知っている。とても魅力的だし、興味深い国だよ。礼儀正しくて、気品がある人たちだよね」と日本の印象についても答えてくれた。

     現役を退いて半年ほど経ったが、「今はゆっくり過ごし、毎朝『トレーニングをしなくちゃ』と考えずに起きていいということを学んだね。選手時代からの喪失感は今のところ、まったくないよ。正しいタイミングで現役を退いたと思っているからだ」、と今を楽しんでいる様子のピルロは、イタリアでコーチングライセンス取得の勉強中。「勉強を始めようと思っているけど、それは将来監督になるという意味ではないんだ」と、あくまで学びを求めるために行っていると強調。

     一方で「今までたくさんの素晴らしいコーチ達に出会い、過ごし、多くを学んできた。もしコーチになるということがあるのであれば、学んできたすべてのことを自分のスタイルに合わせて発揮していくよ」と、監督としてサッカー界に戻ってくる可能性も示唆している。

     多くのタイトルと名声を得た現役時代を振り返ってもらうと、「一番印象的だった試合は2006年のW杯準決勝のドイツ戦(延長終了間際の2得点で2-0と勝利)だよ。僕たち全員にとってエキサイティングな試合だったし、試合の終わり方は“エピック(叙事詩)”なものだったからね。サッカーの歴史を作ったと言えるよ」と、記憶に残る激闘を挙げてくれた。

     改めてイタリアのいないW杯について「少しい悲しい」と話すピルロにW杯の展望を聞くと「お気に入りはブラジルだ。でもドイツ、フランス、スペインもいいね。ダークホースとしてはベルギーとアフリカ勢のセネガルとナイジェリアに注目している」と回答。選手個人としては「リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドといったスター選手は普段通りの活躍をするだろうとみんなわかっている」と話すのに続け、「W杯では予測できないサプライズを起こしてくれる選手が1、2人はいるものだよね」と、新たなスター候補の登場を期待している。

     今回のW杯は出場しないイタリア代表はロベルト・マンチーニ新体制への移行が決定。新たな船出を迎える。「マンチーニに必要なのは、正しい選手を見つけるための時間だけだ。新シーズンはチーム作りのためのベストな選手をリサーチするための確かな助けになる時間となる。彼は経験豊富だし、今後数年間でいい仕事をしてくれると確信しているよ」と、ピルロ自身も入閣するのでは?と一時騒がれた新チームの活躍を期待している。

     最後に、家族で日本を訪れてみたいと以前話していたことについて質問してみると、「文化や習慣は魅力的なんだ。家族で日本へと旅行することはみんなで長い間、計画していることだし、近いうちに訪れたいね」と、嬉しい一言で締めくくってくれている。

    構成=小松春生

    Uber Eatsのキャンペーンに参加しているピルロ ©Uber Eats


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】アンドレア・ピルロに聞いたW杯展望、引退後の生活、新生イタリア代表…】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     屈辱の2018 FIFAワールドカップ ロシア欠場となったイタリアは、バカンスを楽しむ選手たちでいっぱいだ。この期間を利用して、十分な休息を取り、新しいシーズンに備えてほしいところ。夏の移籍市場も本格的に動き出すのはW杯終了後と見られている。ミランのジャンルイジ・ドンナルンマ、フィオレンティーナのフェデリコ・キエーザら、アッズーリの若手選手の動向も気になるところだ。そのドンナルンマと同じ代理人、ミノ・ライオラ氏が担当するマリオ・バロテッリ(ニース)の自伝本『サタン』が出版された。有料放送SKYのジャーナリスト、アレッサンドロ・アリチャートがバロテッリの生い立ちから現在まで、特に人種差別に遭い苦しんだ部分に焦点を当てたストーリーとなっている。

     ガーナ系移民の両親を持つマリオが、北イタリアの街ブレシアのバロテッリ家の養子として迎えられたことは有名だ。黒人の外見から、幼い頃から周囲の厳しい視線と態度に悩まされてきたという。小学校の時の二つのエピソードをこの本の中で語っている。「学校で机の中のおやつがなくなった時、クラスメイトたちは真っ先に俺がやっただろうと思っていた。調べることもなく……。それともう一つ、思い出すだけで涙がこみ上げてくることが起こった」

     サッカーが文化として馴染んでいるイタリアでは、子どもたちの人気の遊びもサッカーだ。マリオも放課後、宿題を済ませて近所の子どもたちが集まるところへ行った。「チャオ! サッカーしようぜ!」と声をかけると、子どもたちからはこんな言葉が返ってきた。「ノー! マリオはダメだよ」。それに対し「えっ? 宿題ならやってきたよ」とマリオが答えると、その理由は残酷なものだった。

    「ノー、お前は黒人だから」

    「俺が黒人だから、他の奴らの目には違うものとして映っていたんだ。それから数年後、また新たな真実を知ることになった」とマリオは当時を振り返った。

     サッカー選手としての才能が認められ、インテルの一員としてピッチに立っていた2009年4月、ユヴェントスとの試合中に「猿!」「黒人!」「アフリカに帰れ!」という罵声が飛んだ。当時のマッシモ・モラッティ会長はこの一件に断固として抗議した。

     同じ年の6月、事件はローマで起こった。U-21イタリア代表の遠征中だったマリオは、チームメイトたちとテラス席でくつろいでいた。「遠くからバイクに乗って近づいてきた二人組が『黒人はムカつくぜ! クソ野郎!』って怒鳴ってきた。それからバナナの皮を投げてきた」。それは的を外れたが、『お前はバナナを食べる猿と同じ』。あからさまな侮辱行為に、マリオは再びショックを受けたのだった。

    「時代は変わりつつある。次の世代にこれらの問題についてバトンタッチしていかなけれはならない。子どもたちに、人間はみんな同じなんだということを教えていかなけれはならない」とマリオ。我が子のピアちゃんとリオンくんに父親として伝えていく使命がある。2012年のある日、マリオが着ていたTシャツには、次のフレーズがあった。

    『Not only am I Perfect.I’am Italian Too!』完璧な人間なんていない。俺だってそんなイタリア人さ!

    文=赤星敬子


    人種差別撲滅を願うバロテッリ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イタリア代表】「人間はみんな同じ」…壮絶な幼少期を送ったバロテッリが世界中に伝えたいこと…】の続きを読む



    (出典 www.chunichi.co.jp)



    1 3倍理論 ★ :2018/06/16(土) 17:51:45.37 ID:CAP_USER9.net

    元イタリア代表のアンドレア・ピルロ氏は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシにとってのワールドカップ制覇の重要性についてを『Goal』のインタビューで語った。

    全国にはこんなにカワイイ“美女サポ”たちが…スタジアム、行こうぜ!総集編【88枚】

    バロンドールを5度受賞しているメッシだが、母国の英雄ディエゴ・マラドーナ氏に肩を並べるにはW杯優勝が絶対条件であるとピルロ氏は主張する。

    「メッシにとっても、アルゼンチンにとっても、ロシアW杯を優勝することが重要だと思うよ。彼はいつもマラドーナと比べられてきたが、彼にはW杯優勝が必要なんだ。もしW杯で優勝できなければ、本当に最高の選手に肩を並べることはできないさ」

    アルゼンチン代表は3月に行われたスペイン代表との親善試合で1-6と大敗。本大会に向けて不安が残る結果となっていたが、心配はないと主張した。

    「アルゼンチンにはW杯に向けて改善し、正しい選手を選ぶ時間があった。確かにスペインには大敗したけど、ロシアではいい結果を残すと思うよ。アルゼンチンは多くの素晴らしい選手がいて、もし彼らが本来の力を発揮すれば素晴らしいプレーをするはずさ」

    さらに自身最後のW杯となった2014年のブラジル大会では、ウルグアイに敗れグループリーグ敗退。この試合ではFWルイス・スアレスがDFジョルジョ・キエッリーニに噛み付いたことが大きな注目を集めた。しかし大した出来事ではないと感じていたようだ。

    「試合後、私も含めたイタリアの選手は結果にとても落ち込んでいた。噛みつき事件よりもW杯敗退が決まったことにショックを受けていたよ。あのような事件はピッチ内では起こり得ることさ。そして、あのときは審判が見ていなかった。それだけさ」

    最後に、ピルロ氏にとって2002年日韓大会以来となるファンとして迎えるW杯。その楽しみ方を明かしてくれた。

    「イタリアは出場しないから特定のチームを応援することはないね。すべての試合を見るけど、どのチームも応援はしないよ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00010013-goal-socc


    【【W杯】ピルロ氏が語るロシアW杯「メッシがマラドーナを超えるには優勝が必要」】の続きを読む



    (出典 www.bettingtop10.com)



    CL準々決勝レアル戦で主審のPK判定に激しく抗議し退場

     今季限りでユベントスを退団するGKジャンルイジ・ブッフォンは、現役引退かパリ・サンジェルマン(PSG)での現役続行かを選択すると見られているが、現役続行の場合はUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で3試合出場停止になることが決まった。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

     ブッフォンは今季のCL準々決勝レアル・マドリードとの第2戦で、初戦の0-3ビハインドから敵地で3-0と追いついていた終了間際に、チームがPKを取られた場面で激昂。マイケル・オリバー主審に激しく詰め寄りレッドカードを提示されていた。

     欧州サッカー連盟(UEFA)はこの行為に対し、ブッフォンが欧州カップ戦で3試合の出場停止になることを決定したという。このため、PSGで現役続行となった場合でもグループステージの半分を出場停止になることが決まった。

     一方で、ブッフォンとPSGの契約に関しては、この出場停止問題に結論が出た時点で契約の詳細が決まるとイタリアメディアでは報じられていた。そのため、PSGと2年契約で年俸が約10億円というオファーを受けるかどうか、その決定と発表が間もなくになる可能性もある。

     果たして、キャリアの中で獲得できていないビッグイヤー制覇の野望を共有するPSGと、鉄壁守護神のコラボレーションは実現するのか。ブッフォンの決断に注目が集まる。


    (Football ZONE web編集部)

    今季限りでユベントスを退団するブッフォン【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ブッフォンがUEFA主催大会で3試合出場停止 PSG移籍実現でも来季CL序盤戦は欠場…】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/05/29(火) 11:18:33.97 ID:CAP_USER9.net

    2018.5.29 07:02
    http://www.sanspo.com/smp/soccer/news/20180529/ser18052907020001-s.html

    (出典 www.sanspo.com)


     ちょうど1年前、現役生活にピリオドを打った元イタリア代表のフランチェスコ・トッティ氏について、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が27日、特集を組んだ。

     ローマのレジェンド、トッティ氏は昨年、40歳で現役引退を決断。昨年5月28日に行われたセリエA最終節ジェノア戦がラストマッチとなった。その後、トッティ氏は古巣の幹部に転身し、元同僚で指揮官のエウゼビオ・ディ・フランチェスコらをサポートし、活躍を続けている。

     ■引退後も変わらないトッティ

     トッティ氏の妻でタレントのイラリー・ブラージさんは、引退後の夫の様子について、「すべてが変わったようで変わっていない。彼はいつもチームに同行していて、ルーティンはほぼ一緒。ただスパイクを履いていないだけ」と明*が、ローマ全体を見ても、トッティの引退前とほぼ変わらない状況であると特集では指摘されている。

     「今シーズンもずば抜けて売り上げが多かったのは、背番号10番のユニフォーム。トッティはスポンサーやメディアからのリクエストも最も多く、今も世界においてクラブを代表する顔であり続けている」

     なおローマの練習場があるトリゴリアでのトッティの活動についても紹介されている。ロッカールーム内において、重要な役割を担っていることが綴られている。

     「トッティは9月から毎日、トリゴリアに通い、チームとともに過ごす。(スポーツディレクターの)モンチと密に連絡を取り、ディ・フランチェスコには貴重な手助けをする。SNSを通じて(パトリック)シックにローマ入団を決意させ、(ジェンギズ)ウンデルには自身のロッカーを譲った。冬に(ラジャ)ナインゴランや(ブルーノ)ペレスの問題が生じるとコミュニケーションをとり、(会長のジェームズ)パロッタに面会し、様々なイベントに顔を出した」

     ローマ会長らの下で様々な活動に携わるトッティだが、昨年、監督ライセンス取得へ向けて講習に参加したものの、1カ月足らずで断念している。これについては、「監督業は彼に向いていなかったのだろう」と締めくくっている。

     ■トッティは6キロのダイエットに成功

     一方、私生活については、トッティがダイエットに成功したことが紹介されている。

     「フランチェスコは夕食のパスタが大好きで、デザートのティラミスは絶対断らないタイプだが、食事メニューについて専門家の指導を受けている。ここ数カ月において6キロ以上の減量に成功した」

     現役引退から1年が経ったが、ローマのレジェンドの動向は以前と変わらず、世界中の注目を集めているようだ。(Goal.com)


    【【海外サッカー】現役引退から1年…トッティの現在を伊紙が特集「ユニの売上は今も抜群」】の続きを読む

    このページのトップヘ