Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > フランス


    フランスがW杯予選で格下に失態も指揮官動じず 「オランダと対照的に上手くいっている」 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    FIFAランク136位のルクセンブルクにホームで0-0ドロー デシャン監督「私はポジティブな性格だ」

     

     ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選が現地時間3日、各地で行われた。フランス、スウェーデン、オランダと強豪国が居並ぶグループAでは、首位に立つフランスがFIFAランキング136位のルクセンブルクにホームで引き分ける波乱が起きた。

     

     FIFAランキング10位で、昨年行われた欧州選手権で準優勝したチームがホームでまさかの結果に終わった。フランスはエースFWアントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ・マドリード)、MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)にMFエンゴロ・カンテ(チェルシー)、そしてモナコからパリ・サンジェルマンへの期限付き移籍が決まったFWキリアン・ムバッペと各ポジションにワールドクラスの選手を並べ、勝ち点3は当然の一戦かと思われた。

     

     前半から一方的に攻め立てるフランスは前半12分、14分にグリーズマン、同21分にはムバッペのドリブル突破から迎えた決定機を生かしきれず。それでも得点は時間の問題と思われたが、同39分にはグリーズマンの無回転FKがクロスバーに弾かれ、相手GKシュベールのビッグセーブや相手DFの身体を張ったクリアの前に不穏な空気が漂い始める。

     

     後半31分にポグバが放った打点の高いヘッドもクロスバーに弾かれると、その数分後にはルクセンブルクのカウンターからのシュートがポストに当たるなど、冷や汗をかかされた。試合はこのままゴールが生まれず、0-0のドロー。タイムアップの笛が鳴り響いた瞬間、ルクセンブルクイレブンは予選突破を決めたかのように大喜び。会場に詰めかけたフランスのファンからは、大ブーイングが起きた。

     

    2位と勝ち点1差「残り2戦を勝てば…」

     

     フランス紙「レキップ」によると、試合後ディディエ・デシャン監督は予選で苦しむオランダを引き合いに出して、こう語っている。

     

     「ルクセンブルク戦は勝ち点3を取りたかったというのは明らかだ。ただ私はポジティブな性格だ。オランダとは対照的に、物事は上手くいっている。幸福になることはなかったけどね。ルクセンブルク戦は良い戦いをしたし、スウェーデンに対して勝ち点1差を保っている。他国の結果次第にならず、我々は残り2戦を勝つのがより良いだろう」

     

    指揮官も触れた通りフランスはまだ2位スウェーデンと勝ち点1差で首位に立っており、自力で予選突破を決められる状況だ。しかしアジアで言えばすでに予選敗退しているタイ(130位)よりも順位が下のルクセンブルク相手に勝ち点3を奪えない難しさ。W杯予選の恐ろしさを思い知らされる結果となった。

     

    ■欧州予選グループA順位表(第8節終了時点)
    1位 フランス 勝ち点17 5勝2分1敗(15得点5失点/得失差10)
    2位 スウェーデン 勝ち点16 5勝1分2敗(18得点7失点/得失差11)
    3位 オランダ 勝ち点13 4勝1分3敗(16得点11失点/得失差5)
    4位 ブルガリア 勝ち点12 4勝0分4敗(13得点17失点/得失差-4)
    5位 ルクセンブルク 勝ち点5 1勝2分5敗(7得点17失点/得失差-10)
    6位 ベラルーシ 勝ち点5 1勝2分5敗(4得点16失点/得失差-12)

     

    ■欧州予選グループAの対戦日程
    10月7日
    ブルガリア vs フランス
    ベラルーシ vs オランダ
    スウェーデン vs ルクセンブルク
    10月10日
    オランダ vs スウェーデン
    フランス vs ベラルーシ
    ルクセンブルク vs ブルガリア

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【フランスがW杯予選で格下に失態も指揮官動じず 「オランダと対照的に上手くいっている」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    ジダンが現役最後の瞬間を語る…あの“頭突き”は「誇りに思わない」 | ニコニコニュース



    ジダン監督は現役最後の試合となったドイツW杯決勝で思わぬ形で退場となってしまったことを後悔しているようだ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     現在、指揮官を務めるレアル・マドリードやフランス代表で一時代を築いた元同代表MFジネディーヌ・ジダン監督が現役最後の瞬間を振り返った。3日付でフランスメディア『TeleFoot』がそのインタビュー内容を報じている。

     現役最後の大会として臨んだ2006 FIFAワールドカップ ドイツ大会では主将としてチームを牽引し、フランス代表を準優勝に導いたジダン監督。しかし、決勝では延長後半に元イタリア代表DFマルコ・マテラッツィ氏の挑発を受け、同選手に“頭突き”を見舞い、退場処分となってしまった。

     その輝かしいキャリアに反して、やや後味の悪いものとして今もサッカーファンの脳裏に焼きついている光景だが、本人も受け入れがたい気持ちが残っているようだ。

    「あのジェスチャーは誇りに思わないよ。若者たち、コーチたち、サッカーを別のものにする全ての有志たちのためにね。しかし、あれも私のキャリア、人生の一部だ。決して楽しむことではないが、私たちが受け入れなければならないものだ」

     結果として、決勝戦終盤で能力的にも精神的にも支柱であったジダン監督を失ったフランス代表はその後のPK戦の末、イタリア代表に敗れ準優勝となってしまった。このことも本人の“後悔”に少なからず影響しているのだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ジダンが現役最後の瞬間を語る…あの“頭突き”は「誇りに思わない」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    A組首位フランス、最下位相手にホームで痛恨ドロー…スウェーデンと1差に | ニコニコニュース



    ルクセンブルクを相手に痛恨の引き分けに終わったフランス代表 [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選第8節が3日に行われ、グループAではフランス代表とルクセンブルク代表が対戦した。

     予選7試合を終えて、5勝1分け1敗で勝ち点「16」を記録しているフランス。8月31日のオランダ代表戦では4-0と快勝し、グループAの首位に浮上した。今節はグループ最下位のルクセンブルクをホームに迎え、しっかりと勝利を収めたいところ。先発メンバーには、ポール・ポグバやエンゴロ・カンテ、キリアン・ムバペ、アントワーヌ・グリーズマン、オリヴィエ・ジルーらが名を連ねた。

     フランスは12分、敵陣左サイドでボールを奪い、トマ・ルマルがペナルティーエリア左奥から折り返す。グリーズマンがフリーで左足シュートを放ったが、枠を越えてしまった。22分にはムバペが敵陣右サイドを1人で突破。ペナルティーエリアに差し掛かって2人の間を割って入り、シュートを放ったものの、得点には至らなかった。

     猛攻を仕掛けるフランスは37分にもポグバが右足ミドルシュートを放ったが、相手GKに阻まれる。直後にはグリーズマンが直接FKで枠を捉えたものの、クロスバーを直撃してしまった。前半はスコアレスで終了した。

     均衡を破れずにいたフランスは59分、キングスレイ・コマンやアレクサンドル・ラカゼットを投入して打開を図る。なおもフランスは攻め続け、ルクセンブルクのゴールに迫っていった。しかし、相手GKの好守もあってゴールネットを揺らせず。79運にはカウンターから右サイドを突破され、相手のシュートが左ポストを直撃する大ピンチもあった。

     試合は0-0で終了。フランスがホームで痛恨のスコアレスドローに終わり、勝ち点を「17」に伸ばすにとどまった。グループ2位のスウェーデンが今節でベラルーシ代表に4-0と快勝したため、勝ち点差は「1」に縮まっている。

     フランスは次節、10月7日にブルガリア代表とアウェイで対戦。ルクセンブルクはアウェイでのスウェーデン戦に臨む。

    【スコア】
    フランス代表 0-0 ルクセンブルク代表



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【A組首位フランス、最下位相手にホームで痛恨ドロー…スウェーデンと1差に | ニコニコニュース】の続きを読む


    名門オランダが仏代表によもやの0-4惨敗 02年日韓共催W杯以来の予選落ち危機迫る | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    盤石のフランス、新星レマル2発、ムバッペもゴール 中盤の要退場でオランダ万事休す

     

     ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のビッグマッチはトリコロール軍団に軍配が上がった。フランスが本拠地でオランダに4-0の完勝を収め、来年のロシア本大会へ大きく前進した。

     

     試合前の時点で勝ち点13のフランスと勝ち点10のオランダにとって、大一番だった。しかし、試合が始まってみれば力の差は歴然だった。前半のゴールこそ14分にFWアントワーヌ・グリーズマンがFWオリビエ・ジルーとの鮮やかなワンツーで抜け出して決めた1点のみだったが、オランダに攻撃のシーンはほとんどなくフランスの一方的な展開で前半を終えた。

     

     オランダは後半17分にMFケビン・ストロートマンが2枚目の警告で退場し、数的不利の劣勢を強いられる結果になった。こうなるとフランスの攻勢を止めることができず、同28分にはクロスボールのこぼれ球をMFトマス・レマルが左足の強烈なボレーシュートで叩き込んで追加点。さらに同44分にはレマルが2点目を決め、アディショナルタイムには試合直前にパリ・サンジェルマンへの移籍が発表されたFWキリアン・ムバッペがゴール。昨年の欧州選手権準優勝のフランスが4-0の大勝となった。

     

     同日の対戦では、勝ち点13だったスウェーデンが敵地でブルガリアに2-3の敗戦。ブルガリアが勝ち点を12に伸ばした。この結果、勝ち点を16に伸ばしたフランスは本大会への自動出場となる1位通過へ大きな前進となったが、4位に転落のオランダはかなり厳しい状況になった。

     

     

     

    4位オランダ、最終節の相手は…

     

     欧州予選は6チームずつ9グループに分かれた各組1位が本大会への出場権を確保し、2位のうち上位8チームがプレーオフに進出して出場権を得る残りの4チームが決まる。グループ3位以下には救済措置がなく、オランダは崖っぷちに立たされた。

     

     オランダの救いは最終節にスウェーデンとの直接対決を迎えることだが、この日の4失点の敗北で得失点差でも厳しい状況に突入した。スウェーデンはオランダ以外の対戦カードとして、5位ベラルーシと6位ルクセンブルクと比較的に楽な相手で、スウェーデンの取りこぼしを期待するにも厳しい日程になっている。前回のブラジル大会で3位、前々回の南アフリカ大会で準優勝と直近の本大会では存在感を示しているオレンジ軍団だが、世代交代に失敗し、昨年の欧州選手権は予選落ちしていた。

     

     欧州サッカー界の名門に、2002年の日韓大会以来となる予選敗退の悪夢が近づいている。

     

     欧州予選グループAの状況は以下の通り。

     

    1位 フランス 勝ち点16 +10

    2位 スウェーデン 勝ち点13 +7

    3位 ブルガリア 勝ち点12 -2

    4位 オランダ 勝ち点10 +3

    5位 ベラルーシ 勝ち点5 -8

    6位 ルクセンブルク 勝ち点4 -10

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【名門オランダが仏代表によもやの0-4惨敗 02年日韓共催W杯以来の予選落ち危機迫る | ニコニコニュース】の続きを読む


    蘭と対戦のフランスに痛手、ヴァランが負傷離脱…ズマを追加招集 | ニコニコニュース



    今季からストークでプレーしているズマがフランス代表に招集 [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     フランスサッカー連盟(FFF)は27日、2018 FIFAワールドカップ(W杯)ロシア 欧州予選のオランダ代表戦とルクセンブルク代表戦に臨むフランス代表メンバーの変更を発表した。

     今回の発表では、DFラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード/スペイン)がハムストリングを痛めて負傷離脱を強いられ、DFクル・ズマ(ストーク/イングランド)を追加招集することとなった。

     フランス代表は予選6試合を終えて、4勝1分け1敗の勝ち点「13」。スウェーデン代表と同勝ち点でグループAの2位につけている。8月31日の第7節では勝ち点差「3」で3位のオランダ代表と対戦し、9月3日にはルクセンブルク代表と激突。ホームゲーム2連戦に臨む。

     発表されたフランス代表メンバー24名は以下のとおり。

    ▼GK
    ユーゴ・ロリス(トッテナム/イングランド)
    スティーヴ・マンダンダ(マルセイユ)
    アルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン)

    ▼DF
    クリストフ・ジャレ(ニース)
    プレスネル・キンペンベ(パリ・サンジェルマン)
    レイヴァン・クルザワ(パリ・サンジェルマン)
    ジブリル・シディベ(モナコ)
    ローラン・コシェルニー(アーセナル/イングランド)
    サミュエル・ユムティティ(バルセロナ/スペイン)
    リュカ・ディニュ(バルセロナ/スペイン)
    クル・ズマ(ストーク/イングランド)※ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード/スペイン)に代わって追加招集

    ▼MF
    アドリアン・ラビオ(パリ・サンジェルマン)
    トマ・ルマル(モナコ)
    ブレーズ・マテュイディ(ユヴェントス/イタリア)
    コランタン・トリソ(バイエルン/ドイツ)
    エンゴロ・カンテ(チェルシー/イングランド)
    ポール・ポグバ(マンチェスター・U/イングランド)

    ▼FW
    アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード/スペイン)
    オリヴィエ・ジルー(アーセナル/イングランド)
    アレクサンドル・ラカゼット(アーセナル/イングランド)
    キングスレイ・コマン(バイエルン/ドイツ)
    フロリアン・トヴァン(マルセイユ)
    ナビル・フェキル(リヨン)
    キリアン・ムバペ(モナコ)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【蘭と対戦のフランスに痛手、ヴァランが負傷離脱…ズマを追加招集 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ