Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > フランス



    (出典 homz.rgr.jp)



    1 動物園φ ★ :2018/07/16(月) 19:41:22.78 ID:CAP_USER9.net

    2018年7月16日 19時0分
    Qoly

    19歳にしてフランス代表の10番を背負い、ワールドカップ優勝に貢献したキリアン・エンバペ。

    最優秀若手選手にも選出された彼は、今大会7試合に出場し4ゴールを記録した。

    彼はワールドカップで得られるボーナスを全額寄付すると伝えられている。

    フランス代表は1試合出場につき2万ユーロ(263万円)のボーナス、さらに優勝した場合には30万ユーロ(3948万円)を選手に支給するとされていた。

    見事優勝となった結果、ボーナスの総額は4400万ユーロ(5790万円)になると思われる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15019986/


    【【フランス代表】エンバペ、ボーナス総額5,000万円以上を寄付へ!】の続きを読む



    (出典 rpr.c.yimg.jp)



    1 数の子 ★ :2018/07/16(月) 18:05:36.50 ID:CAP_USER9.net

    ▽チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)とパリ・サンジェルマン(PSG)は相思相愛なのかもしれない。イギリス『エクスプレス』が伝えた。

    ▽レスター・シティで評価を高めたカンテは2016年夏、プレミアリーグ初優勝を置き土産にチェルシー入り。まるで2人いるかのような無尽蔵のスタミナを武器に守備的MFとしてより存在感を際立たせ、フランス代表の一員としてロシア・ワールドカップでも1998年以来の優勝に貢献した。

    ▽新シーズンのチェルシーでも活躍に期待が集まるカンテだが、フランスフットボール界に精通するジュリアン・ローレンス氏の証言によれば、フランスの絶対的王者PSGが目を光らせている模様。さらに、パリ育ちのカンテ自身もPSG入りに前向きだという。

    ▽ローレンス氏は、カンテとPSGについて次のような見解を示している。

    「高い買い物になる。だが、彼はパリっ子。いつの日かあそこに行きたいといつも思っている。今がそのタイミングだ」

    「それに、彼ら(PSG)も彼のようなタイプの選手を欲しがっている。(トーマス・)トゥヘルも彼を気に入っていて、獲得を考慮している」

    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=320881


    【【フランス代表】パリっ子カンテ、“念願”のPSG移籍を視野!?】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 3倍理論 ★ :2018/07/16(月) 18:24:05.15 ID:CAP_USER9.net

    元ドイツ代表MF*・マテウス氏は、ロシア・ワールドカップはフランスの優勝で幕を閉じたものの、フランスの時代が来るとは考えていないようだ。ドイツ紙『ビルト』のコラムで綴っている。

    フランスはロシアW杯決勝でクロアチアと対戦し、4-2で勝利を収めて20年ぶり2度目の優勝を果たした。フランスはグループリーグから無敗で優勝まで到達。メンバーを落としたGL3戦目デンマーク戦を除き、全て90分間で勝利を収めた。

    しかし、マテウス氏はアントワーヌ・グリーズマンやキリアン・ムバッペを擁したチームについて「素晴らしいタレントがいた」と評した一方で、チームに対してはそれほど高い評価を下していないようだ。

    「フランスにはしっかりとした自分たちの形や魅力的なフットボールのスタイルというものがない。壁を作り、相手にプレーさせなかっただけだ」

    また、最優秀若手選手賞を獲得したムバッペに関しては「若く、とても簡単そうにプレーしているが、しっかりと地に足が着いている。世界王者というタイトルを獲得し、ワールドクラスの選手となるための大きなチャンスを得た」と述べている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000019-goal-socc


    【【W杯】フランスの時代は来ない?W杯優勝も厳しい評価が…「スタイルがない」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2018/07/16(月) 12:34:18.55 ID:CAP_USER9.net

    【フランス 4-2 クロアチア ロシアワールドカップ決勝】

    現地時間15日に行われたロシアワールドカップ決勝戦、フランス対クロアチアの一戦は4-2で前者が勝利を収めた。この結果、フランスが5大会ぶり2度目のワールドカップ王者に輝いている。

    キリアン・エムバペやアントワーヌ・グリーズマンといった攻撃陣が躍動する中で、結果を残すことができなかったのがFWオリビエ・ジルーである。
    同選手は今大会すべての試合に出場し、計546分プレーしているが無得点に終わった。さらに、7試合の合計シュート数14本に対し枠内シュートが0本という不甲斐ない成績を残してしまった。

    決勝トーナメント1回戦のアルゼンチン戦ではアシストを記録したものの、それ以外に目に見える結果を残せてはいない。FWとして、このような結果は受け入れ難いだろう。

    しかし、ディディエ・デシャン監督が信頼を寄せていることも確か。ピッチ内で身体を張って味方を生*プレーはジルーが持つ最大の特徴であることは間違いない。
    さらに、フランスが初優勝を遂げた98年大会に背番号9を付けたFWステファヌ・ギヴァルシュは、同大会で合計268分間プレーし、シュート16本を放って無得点だった。

    そのため、ジルー自身はあまり気にしていないかもしれない。

    フットボールチャンネル 7/16(月) 4:43配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180716-00281741-footballc-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【サッカー】<フランス代表から干されたベンゼマ>母国のW杯優勝を祝福!「みんな、おめでとう!よくやった。ワールドチャンピオンだ」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531695920/


    【【W杯】<フランス代表FWジルー>計546分間プレーも得点なし!7試合の合計シュート数14本に対し枠内シュートが0本・・・】の続きを読む



    (出典 static.hokkaido-np.co.jp)



     クロアチア代表MFルカ・モドリッチは、2018 FIFAワールドカップ ロシアの大会最優秀選手(MVP)に選ばれ、「誇りに思う。チームメイトにも感謝したい。彼らがいなければMVPにも選ばれなかった」と語った。FIFA(国際サッカー連盟)の公式サイトが伝えた。

     クロアチア代表は15日の決勝でフランス代表に2-4で敗れ、惜しくも初優勝を逃した。主将としてチームをけん引したモドリッチは「僕らは勇敢に闘い、勝つために全力を尽くしたが、運がなかった。試合のほとんどの時間で僕らのほうがいいチームだった。だけど、残念ながら不運とひどいゴールによって大きなビハインドを背負ってしまい、フランスを有利にさせてしまった」と試合を振り返り、悔しさを明かした。

    「W杯優勝まであと少しだった。(準優勝に終わったことを)間違いなく引きずってしまうだろう。でも僕らは誇りに思う。試合後のファンのサポートは、僕らを確実にハッピーにしてくれる。この大会で大きなことをやったと思っている。だけど、優勝が近づいた時、それを成し遂げるのは簡単ではなかった」

    ロシアW杯のMVPに選ばれるも、準優勝を悔やむモドリッチ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】初制覇あと一歩で無念…準優勝を悔やむモドリッチ「間違いなく引きずる」】の続きを読む

    このページのトップヘ