Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > フランス



    (出典 dot.asahi.com)



    レジェンドマッチに参加したジダンが圧巻のFK弾を叩き込む

     ロシア・ワールドカップ(W杯)がまもなく開幕するが、フランスでは1998年の自国開催W杯優勝の20周年を祝ったレジェンドマッチが開催された。レアル・マドリードを電撃辞任したばかりのジネディーヌ・ジダン前監督も、当時のフランス代表メンバーの一員としてイベントに参加したが、その試合で見せた圧巻の直接FK弾が話題を呼んでいる。フランスメディア「RMC SPORT」が報じた。

     ジダン氏は、1998年の自国開催W杯で初優勝した当時のフランス代表選手が集結した「フランス98」で、当時と同じ背番号10のユニフォームを着てプレー。同年に世界で名を馳せたビッグネームらが集結した「FIFA98」と対戦した。

     試合は3-2で「フランス98」の勝利。見応えのある一戦となったが、そのなかでも話題を呼んでいるのがジダン氏が決めた直接FKだ。

     1-1で迎えた後半4分、ペナルティーエリア手前でFKを得ると、ジダン氏がボールをセット。勢い良く右足を振り抜くと、ファーサイドを狙った鋭いボールはポストの内側を叩き、ネットへと吸い込まれた。その後、PKも決めて2得点の活躍を見せ勝利に貢献した。

     記事ではチーム2得点目となるジダンの勝ち越しゴールを「ジズーのマジカルFK」と見出しを打って特集し、「ジダンは並外れたFKを突き刺し、フランス代表W杯制覇の20周年記念を祝福した。ジズーは永遠に!」と興奮気味に紹介した。

     フランスのラジオ局「Skyrock FM」では、「我々にビューティフルゴールを置いていった」というメッセージとともに、ジダンの直接FK弾の動画を公開。現役選手顔負けの一撃を見せたジダン氏の右足は、衰えることを知らないようだ。


    (Football ZONE web編集部)

    フランス代表のレジェンドマッチに参加したジダン氏が圧巻のFK弾を叩き込んだ【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】フランスの英雄ジダン、現役顔負けの“マジカルFK弾”を決め話題 「ジズーは永遠に!」】の続きを読む



    (出典 sport-japanese.com)



    仏誌のアンケートでは73%がフランス代表の先発落ちを支持

     フランス代表のマンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバは1日にニースで行われた国際親善試合イタリア戦(3-1)で不甲斐ないパフォーマンスに終わり、母国サポーターから大ブーイングを浴びた。地元誌の調査では、サポーターの73%が先発落ちを希望するなど評価を落とすポグバだが、自らを史上最高の天才と比較したことで、冷たい視線を向けられている。

     2年前の夏に、当時の世界最高額でマンチェスター・ユナイテッドに移籍したポグバは、フランスサポーターからの信頼を失ってしまったようだ。サッカー専門誌の「フランス・フットボール」が緊急アンケートを実施。すると7000人のサポーターのうち、73%が不甲斐ないパフォーマンスに終わったポグバのスタメン剥奪を支持した。

     そうしたなか同誌によると、ポグバは物議を醸す発言に出たという。

    「オレはいつだってこうだった。勝っている時もこうやって勝ってきた。これが自分のスタイルなんだ。メッシがピッチを歩いている時だって、批判しないだろう。もしも彼が3ゴールを決めていたら、でも、みんなは彼がピッチを歩いていただろうと言うのかい? どんなプレーをするべきかなんて、意見できないはずだ」

     ポグバが比較対象として挙げたのは、バルセロナの天才FWリオネル・メッシで、普段は戦況を見ながら歩く場面が多い史上最高の名手を引き合いに出していた。今季はユナイテッドでもベンチを温める試合もあったポグバ。ツイッター上ではメッシをたとえに出したことで、「メッシと比較するなんて片腹痛い」など世界中から批判の声が上がっている。


    (Football ZONE web編集部)

    メッシ(右)と自身を比較したポグバだが、不甲斐ないパフォーマンスで批判を浴びている【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「メッシがピッチを歩いていても…」 逆風の仏代表MFポグバ、“天才”と比較し物議…】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    フランス代表がW杯23人を発表、ワールドクラスの実力たちが落選

     フランス代表はロシア・ワールドカップ(W杯)に臨む本登録メンバー23名を発表した。しかし、その枠から漏れたメンバーも豪華だと話題になっており、英紙「デイリー・メール」は「衝撃の417億円イレブン」と特集している。

     フランスサッカー協会(FFF)は17日にロシアW杯に臨む23名を発表。MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)やFWアントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ・マドリード)などビッグクラブでプレーする選手が順当に選出された。

     その一方で外れたメンバーも豪華だと話題になっている。

     GKベノワ・コスティル(ボルドー)を筆頭に、最終ラインはMFマテュー・ドゥビュシー(サンテティエンヌ)、DFアイメリク・ラポルテ(マンチェスター・シティ)、DFママドゥ・サコ(クリスタル・パレス)、DFルカ・ディーニュ(バルセロナ)らが選外となった。

     中盤では、フランス王者でプレーするMFアドリアン・ラビオ(パリ・サンジェルマン)、日本代表DF酒井宏樹と同僚で負傷によってメンバー外となったMFディミトリ・パイェ(マルセイユ)、ドリブラーのMFキングスレイ・コマン(バイエルン・ミュンヘン)といった実力者が揃う。


    前線には“メガクラブ三銃士”、他国が羨む豪華タレント布陣

     さらに前線では、スピードスターFWアレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)、恐喝事件以降代表から遠ざかるFWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)、史上最高額のティーンエイジャーFWアンソニー・マルシアル(マンチェスター・ユナイテッド)というメガクラブ三銃士となった。

     驚愕なのは、その11人選手の移籍金合計額だ。コスティルやドゥビュシーなどフリートランスファーの移籍もあるが、5700万ポンド(約85億円)でシティへ移籍したラポルテら高額移籍選手が揃うため、総計2億8000万ポンド(約417億円)に及ぶという。

     優勝候補の一角である“レ・ブルー”は、他国が羨むほどのタレントを揃えている。


    (Football ZONE web編集部)

    フランス代表、W杯落選メンバーが豪華と話題になっている【画像:Football ZONE web】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【フランス代表】W杯落選メンバーが豪華と話題 英特集「衝撃の417億円イレブン」】の続きを読む



    (出典 rr.img.naver.jp)



     アトレティコ・マドリードに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは2018 FIFAワールドカップ ロシア開催前に自身の移籍事情を明確化したいとの見解を示した。23日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

     複数メディアによると、グリーズマンは今シーズン限りでアトレティコ・マドリードを退団し、バルセロナへ移籍する可能性があるようだ。しかしその一方で、アトレティコ・マドリードはグリーズマンに新契約を提示するとも報道されている。いずれにせよ同選手の移籍事情は現段階では不透明である。

     グリーズマンはそんな自身の将来について次のように話した。

    「ワールドカップに集中することが僕の使命だよ。ロシア行きの飛行機に乗るときはもうすでにクラブサッカーの話は解決済みであって欲しいね。移籍するか否かはまだわからないよ」

     グリーズマンは今シーズン公式戦38試合に出場し23ゴール13アシストを記録している。

    バルセロナ移籍が噂されているグリーズマン[写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】仏代表FWグリーズマン、W杯前の移籍を希望か「集中してプレーしたい」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



     国際親善試合が23日に行われ、フランス代表とコロンビア代表が対戦した。

     フランスはFWアントワーヌ・グリーズマンやFWオリヴィエ・ジルー、FWキリアン・ムバッペらが先発。一方、2018 FIFAワールドカップロシアで日本代表と同じグループHに入るコロンビアはDFダビンソン・サンチェスやMFハメス・ロドリゲス、FWラダメル・ファルカオらが起用された。

     立ち上がりから試合の主導権を握ったフランスは11分、左サイドから仕掛けると、リュカ・ディニュが上げたクロスのこぼれ球をジルーが押し込み、幸先よく先制した。

     26分には豪華攻撃陣が魅せる。カウンターでディフェンスラインの裏に抜け出したグリーズマンがヒールで落とすと、これを受けたムバッペがドリブルでDFをかわし、エリア内左へ走り込んだトマ・レマルにラストパス。最後はレマルが左足のシュートをゴール右に突き刺し、リードが広がった。

     2点ビハインドとなったコロンビアは直後の28分、左サイドからルイス・ムリエルが右足でゴールへ向かうクロスを供給。中央の選手は合わせることができなかったが、ボールはそのままネットを揺らし、1点を返した。

     後半立ち上がりはコロンビアが試合の主導権を握ると、62分に同点ゴールが生まれる。高い位置で奪ったボールを素早く攻撃につなげ、J・ロドリゲスがエリア内右に抜け出す。J・ロドリゲスがグラウンダーで折り返したボールをゴール前のファルカオがダイレクトで流し込み、スコアをタイに戻した。

     追い付かれたフランスは65分、ブレーズ・マテュイディとムバッペを下げ、ポール・ポグバとウスマン・デンベレをピッチへ送り出す。

     しかし、次のゴールを奪ったのはコロンビアだった。85分、エリア内でホセ・イスキエルドが倒されてPKを得ると、これをフアン・フェルナンド・キンテロが確実に決め、試合をひっくり返した。

     試合はこのまま終了し、コロンビアが3-2でフランスを下した。

    【スコア】
    フランス代表 2-3 コロンビア代表

    【得点者】
    1-0 11分 オリヴィエ・ジルー(フランス)
    2-0 26分 トマ・レマル(フランス)
    2-1 28分 ルイス・ムリエル(コロンビア)
    2-2 62分 ラダメル・ファルカオ(コロンビア)
    2-3 85分 フアン・フェルナンド・キンテロ(コロンビア)

    ファルカオのゴールなどでコロンビアが勝利 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】恐るべしコロンビア、敵地でフランス撃破…2点差をひっくり返す逆転劇…】の続きを読む

    このページのトップヘ