Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > フランス



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    [23日 ロイター] - サッカーイングランドプレミアリーグチェルシーは23日、フランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)と新たに5年契約を結んだと発表した。

    カンテは声明で、「ここに来てから選手として成長し、自分自身に挑み、想像もしていなかった賞も獲得した。この街、クラブが好きで、今後もここにいられることを幸せに思う」と述べた。

    2015─16年シーズンレスタープレミアリーグ初優勝を果たしたカンテは、16年にチェルシーに加入。同シーズンに自身2回目のリーグ制覇を飾り、17年にはイングランド・プロサッカー選手協会(PFA)とイングランドサッカー記者協会(FWA)の年間最優秀選手賞に選出された。

    代表では今夏に行われたワールドカップ(W杯)ロシア大会の全7試合で先発し、フランスの優勝に貢献した。

     11月23日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーは、フランス代表MFエンゴロ・カンテ(右)と新たに5年契約を結んだと発表した。ロンドンで2017年8月撮影(2018年 ロイター)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】仏代表カンテ、チェルシーと新たに5年契約】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    1 久太郎 ★ :2018/11/22(木) 12:45:02.55 ID:CAP_USER9.net

    イタリアのスポーツ専門誌『トゥット・スポルト』が主催する最優秀若手選手賞「ゴールデンボーイ」は20日、中間発表が行われ、上位5人からフランス代表FWキリアン・ムバッペ(パリSG)の名前が外れたようだ。同選手は昨季の受賞者だが、今月上旬に発表されたノミネート20人の中には入っていた。

     同賞はヨーロッパでプレーする21歳以下の選手を対象とした賞。欧州各国の大手記者による投票で選ばれる。

     中間発表の上位5人は19歳のローマFWジャスティン・クライファート、19歳のアヤックスDFマタイス・デ・リフト、20歳のミランFWパトリック・クトローネ、20歳のリバプールDFトレント・アレクサンダー・アーノルド(リバプール)、レアル・マドリーFWビニシウス・ジュニオールという。

     なお、同誌は21日、年間最優秀選手にあたる「バロンドール」の最終候補3人において、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ(R・マドリー)、DFラファエル・バラン(R・マドリー)に並んでムバッペが入ったとスクープ。“飛び級”受賞の可能性を指摘している。

     なお同誌によると、ここまで10年間にわたって年間最優秀選手を独占してきたFWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とFWリオネル・メッシ(アルゼンチン)はノミネート漏れ。バロンドールは12月3日、ゴールデンボーイは同20日に発表される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-06088531-gekisaka-socc


    【【リーグアン】19歳ムバッペ、最優秀若手選手賞ゴールデンボーイ上位5人から外れる…バロンドール候補に“飛び級”へ】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 久太郎 ★ :2018/11/15(木) 13:45:06.23 ID:CAP_USER9.net

    「彼は普通の給与で良いと思っている」カンテ、税金逃れでの収入アップの道を完全に閉ざしたと報道

    フランス代表MFエンゴロ・カンテは、タックスヘイブン(租税回避地)を利用した報酬アップの道を閉ざしていたようだ。複数メディアが『Mediapart』の情報を基に報じている。

    これまで数々の暴露で世界を驚かせてきた『フットボール・リークス』の調査によれば、カンテは2016年、チェルシーに加入する直前に税金逃れでの報酬アップの道を打診されたもよう。『NKプロモーション』と呼ばれる会社が、タックスヘイブンとして知られるジャージー島に設立されたとのことだ。この会社を設立したのがチェルシー側かカンテの関係者かは不明だという。

    カンテはこのタックスヘイブンを利用して税金の支払いを逃れる道を打診されていたが、これを断ったという。当初、カンテの弁護士さえも、このシステムを利用することを問題視していなかったようだが、選手本人は拒否。カンテは、自身で税に関する情報を調べたうえで、お金を得るためにリスクを冒すことを拒んだようだ。

    カンテのアドバイザーは、「エンゴロは意思の強い人間だ。彼はただ単に、通常の給与を得ることができれば良いと思っている。肖像権や税務調査に関するたくさんの記事などで情報を仕入れ、提案されたシステムが問題視されることを懸念した。カンテは少しのリスクも冒す必要はないと判断した」とコメントしたという。

    大物になれば10代の頃から高額給与を受け取るようになる現在の欧州フットボール界。しかし、謙虚かつシャイな性格で知られる世界王者フランス代表の屋台骨は、大事なことを忘れることなくボールを追い続けているようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00010000-goal-socc


    【【サッカー】カンテ、タックスヘイブン利用での収入UP打診を断る「彼は普通の給与で良いと思っている」】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    [12日 ロイター] - フランスサッカー連盟は12日、イングランドプレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドに所属するポール・ポグバとアントニー・マルシャルらがけがで離脱したと明かした。

    ポグバとマルシャルはフランス代表の練習施設でチームドクターの診察を受けた後、離脱が決まった。

    ルシャルの代わりにアーセナルイングランド)のアレクサンドル・ラカゼットが招集されたが、数時間後にけがを理由に離脱となった。マンチェスター・シティー(イングランド)のベンジャマン・メンディも負傷離脱している。

    フランスは16日にUEFAネーションズリーグオランダと対戦。20日にウルグアイと親善試合を行う。

     11月12日、フランス・サッカー連盟は、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに所属するポール・ポグバ(写真)とアントニー・マルシャルらがけがで離脱したと明かした。トリノで7日撮影(2018年 ロイター/Massimo Pinca)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【フランス代表】ポグバとマルシャルらが離脱】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     フランス代表のディディエ・デシャン監督が、約8カ月ぶりに招集したFWアントニー・マルシャル(マンチェスター・Uイングランド)に期待を寄せていることを明かした。9日、イギリス誌『FourFourTwo』が伝えている。

     フランスサッカー連盟(FFF)は8日、UEFAネーションズリーグと国際親善試合に臨む同国代表メンバー23名を発表。マルシャルは今年の3月以来、約8カ月ぶりのメンバー入りとなった。

     現在22歳のマルシャルは、今シーズンここまで公式戦13試合に出場し、6ゴールを記録。リーグ戦直近4試合連続得点中で調子を上げているマルシャルについて、デシャン監督は次のようにコメントした。

    「アントニーは久しぶりの代表チームとなる。所属クラブの影響が大きいが、彼は調子の良いときと悪いときの両方を経験した。マンチェスター・Uでの最近のパフォーマンスは、彼ができる通常の状態に近づいている。私が話しているのは、ゴール前での決断や効果的な動きのことだ」

    「彼はまだ若い選手で、もっと成熟した選手になるのを期待している。すでに、ここ数週間はマンチェスター・Uにとって、彼がどれほど重要な選手であるかというのをピッチの上で示しているけどね。それはジョゼ・モウリーニョの決断(先発起用)と彼がピッチの上で見せるパフォーマンスによって明らかとなった」

     フランス代表は、16日にUEFAネーションズリーグオランダ代表と、20日に国際親善試合でウルグアイ代表と対戦する。

    約8カ月ぶりに代表復帰を果たしたマルシャル [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【フランス代表】デシャン監督、約8カ月ぶり招集のマルシャルには「期待している」】の続きを読む

    このページのトップヘ