Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > フランス

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

    今回は元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏が決めたスーパーゴールだ。



    ボルドーで頭角を現したジダンは、ユベントスブレイクスターダムを駆け上がると、2001年に“銀河系軍団”の一員として、レアル・マドリーに加入し、現役を引退するまで同クラブプレーした。

    攻撃的MFとして、味方のチャンスを演出する天才的なパスと自らも得点を挙げる決定力を武器に、芸術的プレーファンを魅了したジダンだが、2005年2月5日に行われた、ラ・リーガ第22節、エスパニョール戦では、相手を翻弄するプレーから豪快なゴールを決めている。

    ホームにエスパニョールを迎えた、レアル・マドリー。序盤からジダンがいきなり魅せる。

    自陣からMFデイビッド・ベッカムの正確なサイドチェンジボールを、敵陣の左サイドに張っていたジダンが受ける。

    完璧なトラップで簡単にボールコントロールすると、ドリブルで相手ボックス左端まで侵入。細かいカットインで、ハーフスぺースを得ると、シュート体勢に入った。

    しかし、相手DFがブロックしようと足を伸ばした絶妙のタイミングキックフェイントによるキレのあるターン。完全にバランスを崩された相手DFは尻モチを突き、フリーになったジダンが左足で豪快なシュートを放つ。強烈なシュートはGKのニアポストを抜き、見事なゴールとなった。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】ジダンの鋭すぎるターンで相手DFを破壊!相手を翻弄するターンからの豪快なゴール】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


     テレビゲームの開発・販売などを手掛けるエレクトロニック・アーツ社(EA)は22日、人気サッカーゲームシリーズ最新作『FIFA 21』のパッケージビジュアルに、パリ・サンジェルマン所属のフランス代表FWキリアン・エンバペを起用したことを発表した。

     これまで、ウェイン・ルーニーリオネル・メッシマルコ・ロイスクリスティアーノ・ロナウドエデン・アザールなどがパッケージモデルを務めてきた同作。エンバペは初の表紙となる。EA公式サイトを通じて、「FIFAの表紙になれて、夢のひとつが叶ったよ。(故郷の)ボンディからクレールフォンテーヌ、そしてワールドカップへとつながってきた中で、これはもうひとつの大きなマイルストーンになった。幼い頃からプレイしていたゲームだし、次世代の選手を代表できることは名誉なことで、この名誉を共有してきたたくさんの素晴らしい選手たちの仲間に入れることができた」と喜びのコメントを寄せている。

    FIFA 21』は10月9日PlayStation4Xbox One、PCで発売。特典が付く「アルティメットエディション」「チャンピオンズ・エディション」は10月6日からプレイできる。また、次々作となる『FIFA 22』が発売される前にPlayStation5本体がリリースされた場合、PS5発売時までに『FIFA 21』を持っているとPS5で『FIFA 21』が無料で使用可能となる。

    公開された3種類のビジュアル(左からスタンダード、チャンピオンズ、アルティメット)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】『FIFA 21』の表紙はエンバペに決定!「夢のひとつが叶った」 歴代はメッシやC・ロナウドら】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



    パリ・サンジェルマン(PSG)は11日、フランス代表DFプレスネル・キンペンベ(24)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2024年6月30日までとなる。

    PSG下部組織出身のキンペンベは2014年10月トップチームデビュー以降、公式戦通算136試合に出場して、5度のリーグ・アン優勝など数々の国内タイトル獲得を経験。2016-17シーズンからセンターバックとして出番を増やしていき、8月にチャンピオンズリーグ(CL)の戦いを残している今季はここまで公式戦24試合でプレーしている。

    そのキンペンベは2018年に新契約を締結。2023年6月30日まで契約を残すなかで、新たに1年延長に至った格好だ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】フランス代表DFキンペンベ、PSGとの新契約にサイン!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    トレセゲ氏がアルゼンチン紙のインタビュームバッペに賛辞

     元フランス代表FWダビド・トレセゲ氏が、アルゼンチン紙「クラリン」のインタビューに応じ、パリ・サンジェルマンPSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペを「新世代のプロトタイプ」と絶賛している。

     トレセゲ氏は、「僕らの世代にとってのアイコンディエゴ・マラドーナだった」と、インタビューしたメディアの国を代表するレジェンドに敬意を払いつつ、現在のサッカー界で最高峰と評価を二分する“レオ”ことアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについてこう語った。

    「私たちは常にレオとクリスティアーノについての論争を抱えている。過去12年間、バロンドールタイトルを共有してきた2人だ(2018年ルカ・モドリッチが獲得)。すでにサッカー界では他に類を見ない歴史を作っている。1人のファンとしては、レオにワールドカップ(W杯)を勝ち取ってもらいたい」

     そのうえで、「レオにとっては次のW杯はラストチャンスだろう」と話し、次世代に目を向ける。そのなかで、強烈なスターとして指名したのがムバッペだった。

    「彼は未来のフットボールにおけるプロトタイプだ。特に欧州でプレーする選手にとって、フィジカル的に新世代のプロトタイプだと言える。背が高く、テクニックがあり、爆発的なスピードがあり、両足でシュートを決める。信じられないほどのフィジカルを持つクリスティアーノよりも優れている。彼が20歳(実際は21歳)であることを忘れないでほしい。各世代には従うべきモデルがある。一つ前の世代はレオとクリスティアーノだった。今度はムバッペがそのモデルとなり、従うべきものになる」

     トレセゲ氏は、フランス代表の“後輩”であるムバッペこそが次世代における最強のモデルになるとの考えを示した。すでに18年ロシアW杯の優勝メンバーに名を連ねているムバッペだが、元フランス代表FWの期待通り、今後10年、15年とサッカー界を象徴する存在になっていくだろうか。(Football ZONE web編集部)

    キリアン・ムバッペ(左)とダビド・トレセゲ氏【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】元仏代表FW、ムバッペを新時代のスターに指名 「未来のプロトタイプ」と絶賛】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



    ボーンマス戦で「Black Lives Matter」運動の“シンボル”を剃りこんだ髪型を披露

     マンチェスター・ユナイテッドフランス代表MFポール・ボグバは、現地時間4日に行われたプレミアリーグ第33節ボーンマス戦にフル出場した。ユナイテッドが5-2と勝利を収めたなか、海外メディアはこの試合でポグバがお披露目した新たなヘアスタイルに注目している。

     ポグバはユナイテッドの下部組織で育ち、2011年トップチームへ昇格。翌12年にユベントスに移籍すると、4年間にわたってレギュラーとして活躍し世界トップクラスの選手として評価を高め、16年夏に当時の史上最高額となる1億500ユーロ(約127億円)の移籍金でユナイテッドに復帰した。

     ユナイテッドでは負傷などの影響で満足のいくキャリアを送れず、昨夏には移籍希望を公にしたとも伝えられていたが、シーズン再開後の試合では高度なスキル存在感を発揮。第30節のトッテナム戦(1-1)では華麗なドリブル突破からPKを獲得し、ポルトガル代表MFブルーノフェルナンデスの同点弾につなげている。

     そんなポグバユニークなヘアスタイルを披露することでも知られるが、4日に行われたボーンマス戦では、側頭部に握り拳があしらわれたヘアスタイルで出場。これはアメリカ・ミネソタ州ミネアポリスで白人警官によって黒人男性が殺害された事件をきっかけに広がった「Black Lives Matter」運動のシンボルとされるもので、英紙「デイリーメール」は「マンチェスター・ユナイテッドポール・ポグバは、新しい髪型でBlack Lives Matter運動への支持を示した。そこには、Black Lives Matterのシンボルである握り拳を剃りこんでいる」などと伝えている。

     ポグバ自身も公式インスタグラムを更新し、右手で握り拳を作りながら新ヘアスタイルを披露する2枚の写真を投稿。「no justice no peace」と綴り、改めて反人種差別を訴えていた。(Football ZONE web編集部)

    マンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバが新ヘアスタイルを披露【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】反人種差別を訴えたポグバの “新ヘアスタイル”に海外脚光 「髪型で支持を示した」】の続きを読む

    このページのトップヘ