Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > フランス



    (出典 nordot-res.cloudinary.com)



    1 3倍理論 ★ :2018/06/22(金) 19:24:03.97 ID:CAP_USER9.net

    【AFP=時事】サッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)に出場しているフランス代表のポール・ポグバ(Paul Pogba)は21日、同日にチームが16強入りを確定させた試合後、チームメートのヌゴロ・カンテ(N'Golo Kante)について「彼には肺が15個ある」と称賛した。

    【写真特集】ロシアW杯グループC、フランス対ペルー

     ロシア・エカテリンブルク(Yekaterinburg)で行われたペルー戦で1-0で勝利を収め、1試合を残して決勝トーナメント進出を決めたフランスは、試合の後半は守備一辺倒になったものの、イングランド・プレミアリーグのチェルシー(Chelsea)でボールゲッターとして活躍するカンテが、重労働を強いられる4バックの前で自在に仕事をこなした。

     自身はマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)のスター選手で、フランス代表としてプレーする際には常に良いムードを保っているようにはみえないポグバだが、この日は「チーム全員の調子が良かったし、よくまとまっていた。だけど、NG(カンテ)が試合をやりやすくしてくれていた。彼はどこにでも走り込める。肺が15個あるんだ」と冗談を交えながらコメントした。

    「サッカーは、あのような選手がいてくれると助かる。素晴らしいチームパフォーマンスだった」と報道陣に話した25歳のポグバは、「僕たちはここまで2戦2勝。強豪チームの中には、そこまでの結果を出せていないところもある」と付け加えた。フランスは26日に行われるグループ最終戦でデンマークと対戦する。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00000032-jij_afp-socc


    【【フランス代表】カンテには「肺が15個ある」、ポグバが無尽蔵のチームメート称賛!!】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     16日にフランスが2-1でオーストラリアを破った1次リーグC組の試合で、フランスの2点目がポグバの得点からオウンゴールに訂正された。国際サッカー連盟が発表した。ポグバのシュートが、オーストラリアのDFベヒッチに当たっていた。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ロシアW杯】フランスの得点記録が訂正に!】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    浮き球シュートがクロスバー直撃、ゴールラインテクノロジーで得点が認められる

     フランス代表MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)は、16日のロシア・ワールドカップ(W杯)のオーストラリア戦(2-1)でFWオリビエ・ジルーとのコンビネーションから浮き球シュートで決勝ゴールを奪って勝利に貢献。同国のレジェンドである“将軍”ミシェル・プラティニ氏以来となる記録のゴールで、白星発進の立役者となった。

     試合は後半10分に今大会から採用されたVAR(ビデオ・アシスタントレフェリー)で判定された初のPKを、FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ・マドリード)が決めてフランスが先制。しかし、オーストラリアも同16分に主将MFミル・ジェディナクがPKを成功させて同点とした。

     勝負を分ける1点が決まったのは、後半36分だった。途中出場のFWジルーの巧みなポストプレーからパスを受けたポグバが右足でループシュート。これはクロスバーを叩き、バウンドしたところでゴールラインを越えた。ゴールラインテクノロジーにより際どい判定で得点が認められ、フランスに決勝点がもたらされた。

     ポグバは14年のブラジルW杯ナイジェリア戦に続いてのゴールで、W杯2大会連続の得点となった。英サッカー情報サイト「Squawka」によれば、フランス代表選手でこれを達成したのは1986年のプラティニ氏以来のことだという。

     90分を通して高いパフォーマンスだったとは言い難いポグバだが、ここぞという場面での勝負強さはさすがの一言。ゴールラインテクノロジーによるゴール認定と“持っている”ところも見せつけた。

     苦しみながらも勝利を飾ったフランスだが、やはり中盤に君臨するポグバの活躍がチームの浮沈を左右することになるかもしれない。


    (Football ZONE web編集部)

    白星発進の立役者となったポグバ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】ポグバがフランスの“将軍”プラティニ以来の記録 豪州戦で決勝弾、W杯2大会連続ゴール】の続きを読む



    (出典 spread-sports.jp)



    1 数の子 ★ :2018/06/14(木) 17:12:00.63 ID:CAP_USER9.net

    ロシアワールドカップに臨むフランス代表。招集された23人のうち、その半数以上に当たる14人がアフリカにルーツを持っている。

    パリ・サンジェルマンでプレーする19歳のフランス代表FWキリアン・ムバッペはカメルーン出身の父を持つ。母親はアルジェリア出身だ。マンチェスター・ユナイテッドに所属するポール・ポグバはギニアにルーツがあり、チェルシーのエヌゴロ・カンテはマリにルーツがある。

     また、GKスティーブ・マンダンダやプレスネル・キンペンベ、スティーブン・エンゾンジの3人はコンゴ民主共和国にルーツを持っている。その他の「アフリカにルーツを持つフランス代表メンバー」は以下の通り。

    【アフリカにルーツを持つフランス代表メンバー14人】
    GKスティーブ・マンダンダ(コンゴ民主共和国)
    DFプレスネル・キンペンベ(コンゴ民主共和国)
    DFジブリル・シディベ(マリ)
    DFバンジャマン・メンディ(セネガル)
    DFアディル・ラミ(モロッコ)
    DFサミュエル・ウンティティ(カメルーン)
    MFナビル・フェキル(アルジェリア)
    MFコランタン・トリソ(トーゴ)
    MFスティーブン・エンゾンジ(コンゴ民主共和国)
    MFブレーズ・マテュイディ(アンゴラ)
    MFエヌゴロ・カンテ(マリ)
    MFポール・ポグバ(ギニア)
    FWキリアン・ムバッペ(カメルーン/アルジェリア)
    FWウスマン・デンベレ(モーリタニア)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180614-00274282-footballc-socc

    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1528948693/


    【【W杯】フランス代表14人はアフリカ系!?ポグバやムバッペなど半数以上が主力…】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    カリスマFWが名前を挙げたのは、フランス代表のポグバとムバッペ

     ロシア・ワールドカップ(W杯)が現地時間14日に開幕した。元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(LAギャラクシー)はFIFA公式サイトのインタビューに応じ、今大会でインパクトを残すと予想している2選手の名前を挙げている。

     スウェーデン代表は欧州予選プレーオフでイタリア代表を破り、今大会の出場権を獲得。2016年の欧州選手権を最後に代表引退を表明していた36歳のイブラヒモビッチは、代表復帰をほのめかす発言をしていたが、最終的にメンバー23人に選出されることはなかった。

     自身は出場こそしないが、今大会の行方には興味を抱いており、FIFA公式サイトのインタビューで記者からロシアで“インパクトを残す選手”について尋ねられると、2選手の名前を挙げている。

     一人目は、フランス代表MFポール・ポグバだ。代理人が同じで、マンチェスター・ユナイテッド時代の同僚でもあることから、二人はプライベートでも親交が深い。そんな“親友”について「注目すべきは、まず間違いなくポグバだね。彼が俊敏でスキルも備えていることは誰もが分かっている」と、その実力に疑いの余地がないことを強調した。


    19歳のムバッペは「トップの領域に到達できる」

     二人目には、同じくフランス代表の神童FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)の名を挙げた。「ムバッペは近い未来のスターだ。トップに辿り着くにはまだ多くのことを得る必要があるが、彼ならその領域に到達することができるだろう」と、19歳のポテンシャルに賛辞を送っていた。

     これまで欧州5大リーグでリーグ優勝4回を経験し、5度の得点王に輝いたイブラヒモビッチ。歴代屈指のカリスマストライカーから太鼓判を押されたフランス代表の二人から目が離せない。


    (Football ZONE web編集部)

    イブラヒモビッチが、ロシアW杯でインパクトを残す選手に指名した天才2人とは?【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】不参戦イブラヒモビッチ、ロシアW杯でインパクトを残す選手に指名した天才2人とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ