Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > フランス

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    近年もレアル・マドリーで活躍を続けてきたカリム・ベンゼマだが、フランス代表からは遠ざかったままだ。

    彼はマテュー・ヴァルブエナに対するセックステープ脅迫事件に関与した疑いがあり、2015年以降は代表から事実上追放されている。

    そうしたなか、ディディエ・デシャン監督がベンゼマのある発言について言及した。指揮官は『RTL』でこう述べたという。

    ディディエ・デシャンフランス代表監督)

    「あれは傷痕を残した。時間の経過によって少し薄れたとしても、私は忘れることができない」

    カリム・ベンゼマだけではない。私の家族に対する暴力を実行した人間たちからのコメントもある」

    ベンゼマ2016年に『Marca』のインタビューで「デシャンフランスの人種差別主義者からの圧力に屈した」と発言。この発言をきっかけに家族が脅迫されるなど指揮官は大きな影響を受けたという。

    【写真】「フランス代表のブラックリストに入っている5人のスター」

    シャンにとっては、4年以上が経っても忘れられない言葉になっているようだ。

    「あの発言は忘れない」ベンゼマを干すデシャン監督が苦言


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【フランス代表】「あの発言は忘れない」ベンゼマを干すデシャン監督が苦言】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    無観客試合の開催や各大会の延期や中止など、特別のシーズンとなった2020年サッカー界。それでも、フットボーラーたちはピッチ内外で思わず唸るようなスーパープレーの他、クスッとさせてくれる小ネタも提供してくれた。

    今回は、2020年に生まれた珍プレーを1月から順に紹介!2020年10月珍プレーは、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペと、チェルシーの同胞FWオリヴィエ・ジルーのやり取りだ。

    フランスサッカー連盟(FFF)は、10月11日に行われたUEFAネーションズリーグポルトガル代表戦(0-0)の舞台裏を映した『YouTube』の公式動画を公開。その中でムバッペと、ジルーのやり取りを切り取ったSNSユーザー(Baba O'Rhum)の投稿が大きな話題を集めた。

    ユーザーが注目したのは、ロッカールームで同世代のMFフセム・アワールと談笑するムバッペに対するジルーの行動だ。

    試合前に短く刈り込まれた自身の頭髪に櫛を通して身だしなみを整えていたムバッペに対して、チームメイトと握手しに来ていたジルーは親愛の印か、ペットを可愛がるような形で頭をワシワシと撫でまわした。

    すると、ムバッペは先輩が相手ということもあり、直接不満を示すことはなかったが、以前からファンとの記念撮影時のオンとオフの切り替えの凄まじさからフットボール界屈指の“フェイクスマイル”の使い手として知られる21歳は、ジルーが去った直後に氷のような冷酷な表情で、隣のアワールに先輩への不満を伝えた。

    そして、直後にはジルーに大いに乱された頭髪に再び櫛を入れて、イラッとした気持ちも含め、再び身だしなみを整えてポルトガル戦に臨むことになった。

    映像の流れを見る限り、ジルーに悪気がなかったことは明白だが、ムバッペにあんな表情をさせてしまうのであれば、今後試合前に頭をワシワシとすることは避けた方がよさそうだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】ムバッペがジルーにイラッ! 代表ロッカールームでのやり取りが話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    無観客試合の開催や各大会の延期や中止など、特別のシーズンとなった2020年サッカー界。それでも、フットボーラーたちはピッチ内外で思わず唸るようなスーパープレーの他、クスッとさせてくれる小ネタも提供してくれた。

    今回は、2020年に生まれた珍プレーを1月から順に紹介!2020年2月の珍プレーは、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペピッチの外で見せた“ある才能”だ。


    22歳ながら、すでにスーパースターの仲間入りを果たしているムバッペのキャリア初期の写真対応の様子がSNS上で改めて話題を集めていた。

    SNS上に投稿された短い動画は、ムバッペモナコ時代に撮られたファンサービスの様子をまとめたもの。一連の動画には試合後のスタジアムと思われる場所で移動中のムバッペファンたちと記念撮影する場面が映されていた。

    その中でムバッペは撮影時に満点スマイルを披露し、ファン思い出の1枚に見事な彩を添えたが、そこからの顔の切り替えが凄まじい…。

    写真を撮り終えると、満点スマイルから一転、氷のような冷酷な表情や悪巧みの表情に瞬く間に切り替わっていた。

    “0”か“100”かの切り替えの凄まじさに多くのSNSユーザーが驚きを見せた一方、当時10代後半のムバッペがすでに高度に使いこなしていた“フェイクスマイル(作り笑顔)”のテクニックを絶賛する声も上がっていた。


    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】ムバッペの“作り笑顔”が再脚光! その切り替えが凄まじい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    フランス代表のディディエ・デシャン監督が、逆転勝利を収めたチームを称えている。フランスサッカー協会(FFF)が伝えた。

    フランスは17日、UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ3最終節でスウェーデン代表と対戦。試合はいきなりスウェーデンに先制を許す展開となったが、前半のうちに逆転に成功すると、後半にも着実に追加点を挙げ、4-2のスコアで勝利を収めている。

    この結果、フランスグループステージ6試合で5勝1分けと、無敗のままプレーオフ準決勝に進出することになった。試合後のインタビューに応じたデシャン監督は試合を振り返り、不運な失点にも気落ちしなかったチームを称えている。

    「(開始早々の失点は)スウェーデンにとっては嬉しかっただろう。ボールラファエルヴァランがブロックしたのに、ディフレクトしてしまい残念だった。あれはスウェーデンにとって前半唯一のチャンスだったし、効果的だったと思う」

    「失点によって我々は目を覚まし、正しい方向に進むことができた。ハーフタイムの前にリードの状態を作れたしね。このチームには経験があり、それは我々にとって役立っていると思うよ」

    また、デシャン監督はポルトガル代表やクロアチア代表などと同居する難しいグループでありながら、無敗で終えたチームを誇った。

    「(1-0で勝利した14日の)ポルトガル戦では、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたし、今夜はリーグBへの降格を回避するため、全力を尽くす相手と対峙した。残念なことに、スウェーデンBリーグに落ちてしまったが、我々の目標は達成することができたね」

    マックスの勝ち点が「18」のなかで、我々は「16」を獲得できた。ヨーロッパでこれ以上のチームはいないだろう。ユーロ王者とワールドカップ準優勝のチームがいる、難しいグループだったにもかかわらずだ。それから、3カ月間で8試合を行い、異なる選手やシステムを用いながら試合をこなしてきたことも評価したい」

    「今日の試合の前、選手たちには『ポルトガル戦は素晴らしかったが、結局最後に行う試合がそのチームの印象になる』と言った。選手たちはしっかりと意気込みを見せ、4点を奪ってくれた。失点はもう少し少なくても良かったがね。ポルトガルに勝利した時のレベルをしっかり維持できたよ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【フランス代表】無敗でグループステージ突破のフランス、指揮官も「これ以上のチームはいない」と歓喜】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



    かつてチェルシープレーした元フランス代表DFフランク・ルブーフ氏が同胞であるマンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバの発言に忠告を送っている。イギリスミラー』が伝えた。

    昨季、ケガの影響で試合出場数が減少し、少なくない批判を浴びていたポグバは今季開幕前に新型コロナウイルスに感染。いきなり出鼻をくじかれる形となった後はコンディションがなかなか上がらず、低調なパフォーマンスに終始している。

    オーレ・グンナー・スールシャール監督の評価も確実に低下しており、今季出場した公式戦11試合のうち、スタメン出場は5回のみ。本人も苦しい時期を過ごしていると自覚しており、フランス『RTL』にて、「キャリアで今ほど難しい時期はなかった。フランス代表にはフレッシュな空気があるし、ここに来られてハッピーだ」とコメントしている。

    ポグバ本人の真意は定かではないが、こうしたクラブ批判とも受け取られかねないコメントに対して、『ESPN』に出演したルブーフ氏は、不用意な発言は控えた方が良いとアドバイスを送った。

    「自分の発言には常に慎重でなければならない。ユナイテッドにとって、あの発言があまり良い方向で解釈されていないのは事実だ」

    「彼はフランス代表では友人だと感じるグループに所属しているのかもしれない。だが、ユナイテッドではそうではないのだろう」

    ポグバプレミアリーグ第7節のアーセナル戦で敗戦のきっかけとなるPKを献上し、ファンからも批判を浴びている。今回の発言でファンからの感情がさらに悪化することが懸念されるが、ここからプレーで見返すことができるか。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】不用意発言のポグバをたしなめるフランス代表OB「常に慎重になるべき」】の続きを読む

    このページのトップヘ