Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > フランス



    (出典 www.football-zone.net)



    先日、破格の待遇でチェルシーとの契約を延長したフランス代表MFエンゴロ・カンテ

    サッカー界屈指の愛されキャラとして知られるが、本人の思いはちょっと違うようだ。チーム公式のインタビューでこう明かした。

    エンゴロ・カンテチェルシーMF)

    「僕はフットボールプレーしているし、フットボーラーとして見られたい。

    人々にはピッチ外での自分に注目し過ぎて欲しくないんだ」

    「僕は僕だよ。

    うまく説明できないけれど、自分が最高の人間だとは思わない。ピッチ上でも人生においても、僕は僕さ。

    勝つときは勝つし、負けるときは負ける。ただ、どんな大会でも常にベストを尽くそうとしている。

    それは、僕がいい人間だからとかそういう理由じゃない。僕は自分自身でしかない」

    あくまで自然体なだけで、自分ではいい人だとは思っていないという。そして、選手としての自分を見て欲しいとも。

    カンテ「自分がいい人だとは思わない」と吐露


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】カンテ「自分がいい人だとは思わない」と吐露】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    1 Egg ★ :2018/12/04(火) 07:52:33.10 ID:CAP_USER9.net

    フランス代表のアントワーヌ・グリーズマンとキリアン・ムバッペが、2018年度バロンドール授賞式の後でコメントを残した。

    フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が主催する、その年最も活躍した選手へと送られるバロンドール。1956年に創設され、世界中のジャーナリストによる投票で、年間最優秀選手が選出される。最終候補者30名の中から、その年最も輝いた選手1人に名誉ある賞が授与されることになる。

    2018年度のバロンドールは、レアル・マドリーMFルカ・モドリッチが栄冠に。ロシア・ワールドカップ王者に輝いたグリーズマンは3位、ムバッペは4位となった。

    グリーズマンはフランス代表としてW杯王者を勝ち取った他に、昨年のヨーロッパリーグでも優勝。しかし、初のバロンドール受賞とはならなかった。

    授賞式前には「フランス人が勝ち取らなければ悲しいね。おそらく、欧州カップ戦はワールドカップよりも重要なんだろう。でも、どうなるか見てみよう……」と悲観的に見ていたグリーズマン。そして式典終了後には、悔しさをにじませている。

    「世界王者として表彰台に上がるのは本当に誇らしいことだ……。将来ルカのポジションになれるように、クラブと代表のチームメイトとともに続けていくよ」

    「僕はヨーロッパリーグとW杯を勝ち取った。それ以外に何をしなければいけないかはわからないかな」

    一方ムバッペは、「失望? 問題はないよ。短期間で7位から4位となった。前には3人がいるけど、僕よりも値するよ。将来受賞できるよう、働き続けないとね」とコメントしている。

    12/4(火) 7:43配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000045-goal-socc


    【【海外サッカー】<グリーズマン>W杯&EL優勝もバロンドール受賞ならず…「それ以外に何をしなければいけないのか」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    [23日 ロイター] - サッカーイングランドプレミアリーグチェルシーは23日、フランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)と新たに5年契約を結んだと発表した。

    カンテは声明で、「ここに来てから選手として成長し、自分自身に挑み、想像もしていなかった賞も獲得した。この街、クラブが好きで、今後もここにいられることを幸せに思う」と述べた。

    2015─16年シーズンレスタープレミアリーグ初優勝を果たしたカンテは、16年にチェルシーに加入。同シーズンに自身2回目のリーグ制覇を飾り、17年にはイングランド・プロサッカー選手協会(PFA)とイングランドサッカー記者協会(FWA)の年間最優秀選手賞に選出された。

    代表では今夏に行われたワールドカップ(W杯)ロシア大会の全7試合で先発し、フランスの優勝に貢献した。

     11月23日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーは、フランス代表MFエンゴロ・カンテ(右)と新たに5年契約を結んだと発表した。ロンドンで2017年8月撮影(2018年 ロイター)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】仏代表カンテ、チェルシーと新たに5年契約】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    1 久太郎 ★ :2018/11/22(木) 12:45:02.55 ID:CAP_USER9.net

    イタリアのスポーツ専門誌『トゥット・スポルト』が主催する最優秀若手選手賞「ゴールデンボーイ」は20日、中間発表が行われ、上位5人からフランス代表FWキリアン・ムバッペ(パリSG)の名前が外れたようだ。同選手は昨季の受賞者だが、今月上旬に発表されたノミネート20人の中には入っていた。

     同賞はヨーロッパでプレーする21歳以下の選手を対象とした賞。欧州各国の大手記者による投票で選ばれる。

     中間発表の上位5人は19歳のローマFWジャスティン・クライファート、19歳のアヤックスDFマタイス・デ・リフト、20歳のミランFWパトリック・クトローネ、20歳のリバプールDFトレント・アレクサンダー・アーノルド(リバプール)、レアル・マドリーFWビニシウス・ジュニオールという。

     なお、同誌は21日、年間最優秀選手にあたる「バロンドール」の最終候補3人において、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ(R・マドリー)、DFラファエル・バラン(R・マドリー)に並んでムバッペが入ったとスクープ。“飛び級”受賞の可能性を指摘している。

     なお同誌によると、ここまで10年間にわたって年間最優秀選手を独占してきたFWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とFWリオネル・メッシ(アルゼンチン)はノミネート漏れ。バロンドールは12月3日、ゴールデンボーイは同20日に発表される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-06088531-gekisaka-socc


    【【リーグアン】19歳ムバッペ、最優秀若手選手賞ゴールデンボーイ上位5人から外れる…バロンドール候補に“飛び級”へ】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 久太郎 ★ :2018/11/15(木) 13:45:06.23 ID:CAP_USER9.net

    「彼は普通の給与で良いと思っている」カンテ、税金逃れでの収入アップの道を完全に閉ざしたと報道

    フランス代表MFエンゴロ・カンテは、タックスヘイブン(租税回避地)を利用した報酬アップの道を閉ざしていたようだ。複数メディアが『Mediapart』の情報を基に報じている。

    これまで数々の暴露で世界を驚かせてきた『フットボール・リークス』の調査によれば、カンテは2016年、チェルシーに加入する直前に税金逃れでの報酬アップの道を打診されたもよう。『NKプロモーション』と呼ばれる会社が、タックスヘイブンとして知られるジャージー島に設立されたとのことだ。この会社を設立したのがチェルシー側かカンテの関係者かは不明だという。

    カンテはこのタックスヘイブンを利用して税金の支払いを逃れる道を打診されていたが、これを断ったという。当初、カンテの弁護士さえも、このシステムを利用することを問題視していなかったようだが、選手本人は拒否。カンテは、自身で税に関する情報を調べたうえで、お金を得るためにリスクを冒すことを拒んだようだ。

    カンテのアドバイザーは、「エンゴロは意思の強い人間だ。彼はただ単に、通常の給与を得ることができれば良いと思っている。肖像権や税務調査に関するたくさんの記事などで情報を仕入れ、提案されたシステムが問題視されることを懸念した。カンテは少しのリスクも冒す必要はないと判断した」とコメントしたという。

    大物になれば10代の頃から高額給与を受け取るようになる現在の欧州フットボール界。しかし、謙虚かつシャイな性格で知られる世界王者フランス代表の屋台骨は、大事なことを忘れることなくボールを追い続けているようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00010000-goal-socc


    【【サッカー】カンテ、タックスヘイブン利用での収入UP打診を断る「彼は普通の給与で良いと思っている」】の続きを読む

    このページのトップヘ