Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > フランス



    (出典 rr.img.naver.jp)



     アトレティコ・マドリードに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは2018 FIFAワールドカップ ロシア開催前に自身の移籍事情を明確化したいとの見解を示した。23日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

     複数メディアによると、グリーズマンは今シーズン限りでアトレティコ・マドリードを退団し、バルセロナへ移籍する可能性があるようだ。しかしその一方で、アトレティコ・マドリードはグリーズマンに新契約を提示するとも報道されている。いずれにせよ同選手の移籍事情は現段階では不透明である。

     グリーズマンはそんな自身の将来について次のように話した。

    「ワールドカップに集中することが僕の使命だよ。ロシア行きの飛行機に乗るときはもうすでにクラブサッカーの話は解決済みであって欲しいね。移籍するか否かはまだわからないよ」

     グリーズマンは今シーズン公式戦38試合に出場し23ゴール13アシストを記録している。

    バルセロナ移籍が噂されているグリーズマン[写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】仏代表FWグリーズマン、W杯前の移籍を希望か「集中してプレーしたい」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



     国際親善試合が23日に行われ、フランス代表とコロンビア代表が対戦した。

     フランスはFWアントワーヌ・グリーズマンやFWオリヴィエ・ジルー、FWキリアン・ムバッペらが先発。一方、2018 FIFAワールドカップロシアで日本代表と同じグループHに入るコロンビアはDFダビンソン・サンチェスやMFハメス・ロドリゲス、FWラダメル・ファルカオらが起用された。

     立ち上がりから試合の主導権を握ったフランスは11分、左サイドから仕掛けると、リュカ・ディニュが上げたクロスのこぼれ球をジルーが押し込み、幸先よく先制した。

     26分には豪華攻撃陣が魅せる。カウンターでディフェンスラインの裏に抜け出したグリーズマンがヒールで落とすと、これを受けたムバッペがドリブルでDFをかわし、エリア内左へ走り込んだトマ・レマルにラストパス。最後はレマルが左足のシュートをゴール右に突き刺し、リードが広がった。

     2点ビハインドとなったコロンビアは直後の28分、左サイドからルイス・ムリエルが右足でゴールへ向かうクロスを供給。中央の選手は合わせることができなかったが、ボールはそのままネットを揺らし、1点を返した。

     後半立ち上がりはコロンビアが試合の主導権を握ると、62分に同点ゴールが生まれる。高い位置で奪ったボールを素早く攻撃につなげ、J・ロドリゲスがエリア内右に抜け出す。J・ロドリゲスがグラウンダーで折り返したボールをゴール前のファルカオがダイレクトで流し込み、スコアをタイに戻した。

     追い付かれたフランスは65分、ブレーズ・マテュイディとムバッペを下げ、ポール・ポグバとウスマン・デンベレをピッチへ送り出す。

     しかし、次のゴールを奪ったのはコロンビアだった。85分、エリア内でホセ・イスキエルドが倒されてPKを得ると、これをフアン・フェルナンド・キンテロが確実に決め、試合をひっくり返した。

     試合はこのまま終了し、コロンビアが3-2でフランスを下した。

    【スコア】
    フランス代表 2-3 コロンビア代表

    【得点者】
    1-0 11分 オリヴィエ・ジルー(フランス)
    2-0 26分 トマ・レマル(フランス)
    2-1 28分 ルイス・ムリエル(コロンビア)
    2-2 62分 ラダメル・ファルカオ(コロンビア)
    2-3 85分 フアン・フェルナンド・キンテロ(コロンビア)

    ファルカオのゴールなどでコロンビアが勝利 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】恐るべしコロンビア、敵地でフランス撃破…2点差をひっくり返す逆転劇…】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    アトレチコと2022年まで契約もマンUやバルサが獲得に関心

     昨夏に続いて、今夏も残留か移籍かで去就が注目されているアトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは、自身の未来がワールドカップ(W杯)前に決まることを語ったと、フランス紙「レキップ」が報じている。

     アトレチコの絶対的エースとして君臨するグリーズマンは、今季序盤こそ不振に見舞われたものの、チームの復調とともにパフォーマンスが向上。現地時間2月25日に行われた第25節セビージャ戦(5-2)で今季初のハットトリックを達成すると、その翌節のレガネス戦(4-0)では4点を奪取するなど、直近のリーグ戦5試合で9ゴールと大爆発している。

     そんなグリーズマンは昨年、アトレチコと2022年まで契約を結んだが、現在はマンチェスター・ユナイテッドやバルセロナが関心を寄せていると報じられており、今後の去就に注目が集まっている。ただ、グリーズマン自身は、昨夏のように不確実な状況になることを繰り返したくないと考えているようだ。

    「僕の未来はワールドカップ前には決まるだろう。ロシアには懸念を解放して行きたい。それは他の人たちも望んでいると思う。私がどこでプレーすることが最も面倒なのかを知ることが、問題ではないんだよ」

     加えて、今季序盤になかなか活躍できなかったことを振り返りながら、「昨夏以降、僕が言ったことに対する反響を考えてしまい、サッカーについて考え、ピッチで楽しむことは難しいと確信している」と度重なる移籍報道などによって、自らのプレーを見失ったことを明かしたグリーズマン。その過去を繰り返さないためにも、今夏は去就を決めて、すっきりした気持ちでW杯に向かいたいようだ。(Football ZONE web編集部)

    去就が注目されているアトレチコ・マドリードのFWアントワーヌ・グリーズマン【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】「未来はW杯前に決まる」 グリーズマンが移籍問題に言及「懸念を解放して行きたい」】の続きを読む



    (出典 syuri.biz)



     レアル・マドリードのフランス代表DFラファエル・ヴァランが、自身の右ひざについて衝撃の事実を告白した。16日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

     ヴァランは2013年5月11日に行われたリーガ・エスパニョーラ第35節エスパニョール戦で負傷。診断の結果、右ひざ半月板の損傷と診断された。後日受けた手術は成功したものの、ある代償を支払うことになったという。

     半月板は膝内部の内側と外側に1枚ずつあり、ひざを安定させる役割と、ひざの関節にかかる衝撃を分散させるクッションの役割を担っている。だが、手術で外側半月板の大半を除去したそうだ。ヴァランは当時の状況を以下のように振り返った。

    「(手術で)外側半月板のおよそ72パーセントを取り除いた。内側半月板よりも回復までに時間がかかる。完治して違和感がなくなるまでに、1年くらいかかった。当初は全治3カ月と診断されていたから、少し傷ついたよ。違和感や腫れがあるのは当たり前だったけれど、周りの人間はそのことを知らなかった。それをうまく説明できるほど、僕のスペイン語が上手じゃなかったのもあるかもしれない」

     その後も長らく、ひざの問題を引きずってきたヴァラン。現在も、連続出場は最大で4、5試合程度となっている。だが、同選手は何の支障もなくプレーできていることを強調した。

    「今、僕の膝は完璧な状態だ。たしかにオフシーズンは、毎日のように強化トレーニングをしなければいけないけれど、ウィークポイントでもなければ、それで憂鬱になるようなこともない」

     そして、ケガのリスクを避けるためにも、ローテーションを活用することが必要不可欠だと語った。

    「今シーズンは何試合プレーしてきた? 32試合だ。シーズンが終わっていない段階では、良い数字だ。こういうことを知るのは重要なことだ。そのために、僕らは多くの選手を抱えている。試合に100パーセントの状態で臨めるよう、多くの選手がいるわけで、監督は全員を戦力として考えている」

    「無理をしてケガをする前に、選手を入れ替えた方が良い。それは優れたマネジメント術だと思う。これだけ選手を抱えているのなら、それをうまく活用すべきだ。身体が限界に達するまで待たない方が良い」

    (記事/Footmedia)

    衝撃の事実を告白したヴァラン [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【レアル】ヴァラン、衝撃の事実を告白「外側半月板の約72%を取り除いた」】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



     欧州サッカー連盟(UEFA)はドーピング違反で元フランス代表MFサミル・ナスリに対して期限付きの追放処分を下したようだ。25日、イギリス紙『BBC』やスペイン紙『マルカ』など多数メディアが報じている。

     ナスリはセビージャに所属していた2016年冬の休暇中、12月26日に滞在先のロサンゼルスのホテルで500ミリリットルのビタミンを多く含む栄養剤を静脈注射したとされる。

     静脈注射という行為自体は問題ではないが、世界アンチドーピング機構はその許容範囲を6時間あたりで50ミリリットルまでと定めている。また、同機構は医療目的や救急における治療に関してはドーピングに当てはまらないと定めている。しかし、ナスリの場合は体調向上や疲労回復の為でありこれに当てはまらないと判断された。

     当時所属していたセビージャは2017年に治療目的使用に関わる除外措置申請を行ったが、これはUEFAに却下されている。当初2年間の出場停止処分が下される予定だったが、スポーツ仲裁裁判所にナスリ側が提訴し6カ月間に軽減される見通し。今回下される最終決定は26日に公式発表されるようだ。

     同選手はトルコのアンタルヤスポルと昨夏に2年間の契約を結ぶも、先月の31日に契約を破棄し無所属となっている。最近ではスペインのラス・パルマス入団が近いとの報道がでていた。かつてはマンチェスター・Cやアーセナルで活躍したナスリの処分はどうなるのだろうか。

    ナスリの処分はどうなるのだろうか [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃!】元フランス代表ナスリ、“ドーピング”により6カ月間の出場停止処分へ…】の続きを読む

    このページのトップヘ