Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > オランダ



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    ▽元オランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールト(35)が5日、現役引退を発表した。オランダ『De Telegraaf』に語った。

    ファン・デル・ファールトは、2000年アヤックスでプロキャリアをスタート後、ハンブルガーSVやレアル・マドリートッテナム、ベティス、FCミッティランでプレー。今年8月からデンマークのエスビャウfBに活躍の場を移していた。

    ▽代表キャリアにおいては、2001年オランダ代表デビューして以降、109試合25得点をマークワールドカップ(W杯)とユーロで2度ずつの出場歴を誇り、2010年南アフリカW杯オランダ代表の準優勝に貢献した。

    ▽現役引退を決断したファン・デル・ファールトは次のように話している。

    「現役を引退しようと思う。リハビリをするためにエスビャウにいるわけではないからね。歳を取ってもサッカーを続けていきたかったけど、それはできないね。とはいえ、クラブと代表で多くの勝利を掴めた。そして多くの素晴らしいスタジアムでプレーさせてもらえた。これまで関わったチームメート、スタッフファンには感謝しかないよ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】オランダ代表で一時代を築いたファン・デル・ファールトが現役引退】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    フェイエノールトに所属する元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシ(35)は、今シーズン限りで引退する意向のようだ。オランダ『AD』が伝えている。

    な左足を武器に一線級の選手としてアーセナルマンチェスター・ユナイテッド、フェネルバフチェを渡り歩いたファン・ペルシ2017年に1年半契約で古巣フェイエノールトに約14年ぶりに復帰した。不本意な状況から今契約満了と共に引退する可性を口にしてきたが、2018年5月に1年間契約を延長。そして迎えた今シーズンはここまでエールディビジで9試合6ゴール2アシストを記録している。

    将としてチームをけん引し、復調を見せているファン・ペルシだが、今シーズン終了後の契約満了と共に現役を退く考えを持っているようだ。

    「いつ引退するかかい? このままいけば今シーズン終了時になるだろうね。その時は近づいているよ」

    「私はその頃には36歳になる。5歳からサッカーを始め、18年間のプロ生活を送ってきた。のフェイエノールト復帰が成功かどうかは、単にエールディビジに優勝したかどうかではわからない。全体像を見れば、成功はすでにしている。は喜びを失っていた。そのままでは終われなかったんだ」

    「その喜びはフェイエノールトにあった。フットボール選手として勝利を掴みたい。そして恩返しし、経験を共有したいんだ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ファン・ペルシ、今季終了と共に現役引退の意向】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 Egg ★ :2018/10/14(日) 06:30:36.00 ID:CAP_USER9.net

    3失点目ではドリブルでの中央突破を許す…


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    10月13日(現地時間)、UEFAネーションズ・リーグ(NL)が行なわれ、リーグAのグループ1では、オランダが3-0でドイツを下した。
     
     オランダが1敗、ドイツが1分けで迎えたアムステルダムでの一戦、開始3分でベルフバインのスルーパスにデパイが反応し、ホームチームがチャンスを掴みかけるが、ドイツは飛び出したGKノイアーが先にボールに追いついてこれを防ぐ。
     
     その後は互いにボールを回してチャンスを窺う時間が続いたが、15分、ドイツは左サイドの連係プレーからヴェルナーがDFラインの裏に抜け出す。しかし、GKシレッセンにコースを塞がれ、シュートはゴールマウスを捉えられない。
     
     これをきっかけにドイツは攻勢を強め、17分にもヴェルナーが左からペナルティーエリアに侵入し、その1分後にはCKからクロースの横パスを受けたミュラーが枠内へのダイレクトシュート、その直後にもウートがフィニッシュまで持ち込む。
     
     オランダは20分にFKからデリフトがファーストシュートを放つが、その直後にはDF陣がボールの処理にもたついてウートに奪われてシュートを許すという、危ない場面を迎えた。
     
     しかし、ホームチームはここから攻勢に転じ、30分、CKでバベルが競り勝ってヘディングシュート。これはクロスバーにはね返されるも、ファン・ダイクが詰めて先制ゴールを奪う。
     
     これで勢いを得たオランダは、選手の動きが良くなり、今ひとつプレーのスピードが上がらないドイツにプレッシャーをかけて奪い、良いかたちで次々に攻撃を仕掛ける。34分に右サイドを抜け出したダンフリーズが高速クロスでドイツDF陣を慌てさせ、38分にはベルフバインがきわどいミドルを放つ。
     
     さらに42、45分にもデパイが得点機を迎えたオランダは、攻勢のまま前半を終えた。
     
     一方のドイツは守備に難があり、前を向いてドリブルできるだけの時間とスペースをオランダに与え続け、多くのピンチを迎える羽目となった。攻撃では、38分にミュラーがエリア内でシュートチャンスを得るもボールはサイドネット外、42分のウートのヘディングシュートも力なくシレッセンにキャッチされた。
     
     後半、先に決定機を迎えたのはアウェーチーム。53分、左からのクロスがウートの頭に合うも、前にいたバベルにブロックされる。左サイドから攻撃を仕掛けるドイツは、その後も交代出場のドラクスラー、そしてウートがクロスからダイレクトシュートを放つも、ゴールネットを揺らすことはできない。
     
     57分にミュラーからザネが投入されたことで攻撃が活性化され、ドイツはオランダを押し込む。左から積極的にドリブルで勝負を仕掛けたり、ミドルを狙ったザネは65分、キミッヒのスルーパスを受けてエリアに侵入するが、決定的なシュートはゴール前を通過してしまう。
     
     70分にはエリア外でのパス回しから、キミッヒの浮き球のパスをドラクスラーがダイレクトボレーで叩くも、わずかにクロスバーの上。72分には、ザネが技巧的なドリブルで複数の相手DFを翻弄する。74分のクロースのFKは、ゴール左外に逸れていった。
     
     時折、オランダの高速ドリブルによるカウンターを受け、76分にはデパイに危ないシュートを浴びたドイツだが、これをしのぎながら、後半は大部分の時間をオランダ陣内で過ごす。78分にはブラントがエリア内でダイレクトシュートを放つも、DFにブロックされた。
     
     集中してドイツの攻撃をはね返し続けるオランダは80分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛け、ヴァイナルダムがフリーでの得点機を迎えたが、シュートは大きく浮いてしまい、ドイツを引き離す絶好のチャンスを逃す。
     
    つづく

    10/14(日) 6:07配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181014-00048660-sdigestw-socc


    【【サッカー】<ドイツ>オランダに3点差の敗北は史上初!ボールは保持するも守備の脆さを突かれて失点重ねる...】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     オランダサッカー協会(KNVB)は23日、オランダ代表チームの新キャプテンにリヴァプール所属のDFフィルジル・ファン・ダイクが就任したことを発表した。

     現在26歳のファン・ダイクはフローニンゲンでプロとしてのキャリアをスタートさせると、セルティック、サウサンプトンでのプレーを経て今年1月にリヴァプールへ加わった。今季のプレミアリーグでは19試合に出場している。オランダ代表には2015年に初招集され、10月のユーロ2016予選カザフスタン戦でデビューを飾った。これまでオランダ代表として16試合に出場している。

     オランダ代表は2018 FIFAワールドカップ(W杯)ロシア 欧州予選のグループAを3位で終え、4大会ぶりとなるW杯予選敗退を喫していた。キャプテンを務めていたバイエルン所属のMFアリエン・ロッベンが代表から引退したため、ファン・ダイクが後を引き継いで主将を務めることとなった。

     新指揮官としてロナルド・クーマン監督を迎え、新たな道のりを歩むオランダ代表。その初陣となるイングランド代表戦は、23日にオランダのアムステルダムで行われる。

    オランダ代表の新キャプテンに就任したファン・ダイク [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【オランダ代表】新主将はファン・ダイクに…ロッベンの後を引き継ぐ…】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    1 久太郎 ★ :2018/03/04(日) 23:05:03.97 ID:CAP_USER9.net

    スナイデルがオランダ代表からの引退を表明…通算133試合出場は同国歴代最多

    カタール1部リーグのアル・ガラファに所属しているオランダ代表MFウェズレイ・スナイデルが、代表からの引退を表明した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が、4日付で報じている。

     同メディアによると、オランダ代表の新指揮官に就任したロナルド・クーマン監督がカタールへ向かい、スナイデル本人と代表での将来についての話し合いを行ったとのこと。その後、同選手は以下のように語っており、不振に陥ったオランダ代表の改革を進める同監督の決断を受け入れた様子だ。

    「僕がカタールへ出発したとき、この動きが僕の代表でのキャリアに影響を与えることはもちろんわかっていた。そして、僕はクーマン監督が他の若い選手たちと新たなスタートを切っていることも理解しているよ。彼との対話はとてもオープンで快適なものだった。僕は彼の選択を尊重するよ」

     クーマン監督はスナイデルについて次のように話し、同選手の実力と功績に対して高いリスペクトを示しながらも、世代交代のために今回の決断を下す必要があったと語った。

    「ウェズレイは近年最高のオランダ人サッカー選手のうちのひとりだ。卓越した視野を持った、素晴らしい選手だ。だが、私は新しいオランイェ(オランダ代表の愛称)を選び、作り上げていかなければならない。だから、決断をする必要があったんだ」

     インテルで主力として3冠達成に大きく貢献したスナイデルは、オランダ代表としても2003年のデビュー以降長年にわたって活躍を続け、2010 FIFAワールドカップ 南アフリカでは大会得点ランキングトップタイの5得点を挙げる大活躍を見せて、母国を準優勝へと導いている。

     2014 FIFA ワールドカップ ブラジルでもレギュラーとして奮闘し、決して前評判の高くなかったオランダ代表の3位躍進に貢献したスナイデル。同国歴代最多となる133試合に出場して31ゴールを記録し、得点力のある中盤の選手として一時代を築いたといえる存在だった。

    https://twitter.com/onsoranje/status/970214764776513536?s=21

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00723741-soccerk-socc


    【【海外サッカー】スナイデルがオランダ代表からの引退を表明…通算133試合出場は同国歴代最多…】の続きを読む

    このページのトップヘ