Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > オランダ



    (出典 lfclab.jp)



    シーズンの戦いを終え、リバプールに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、自身のツイッター(@VirgilvDijk)に思いを綴った。

    シーズンファン・ダイクは輝かしい活躍を見せた。プレミアリーグでは惜しくも勝ち点1差で優勝を逃したものの、わずか1敗という驚異的な成績を残した。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では14年ぶりの優勝。個人としてもこの1年間、一度もドリブル突破を許さない鉄壁ぶりを披露し、チームの守備の柱としてけん引した。この活躍が認められ、プレミアリーグ年間最優秀選手賞、イングランドサッカー選手協会(PFA)年間最優秀選手賞を受賞した。

    また、その活躍ぶりは主将を務めるオランダ代表でも。2016年ユーロ2018年ロシアワールドカップ(W杯)では予選敗退で本戦出場を逃していた“オランイェ”。今年、UEFAネーションズリーグでは惜しくも決勝戦でポルトガル代表に敗れたものの、準優勝という好成績を残し、復活を予感させた。

    クラブ、代表ともに輝きを放ったファン・ダイクには、バロンドール獲得の期待も高まっている。そんな同選手が充実の1年を総括し、ファンサポーターに感謝を告げた。

    「信じられないシーズンを終え、整理するのに数日、必要だった」

    「僕らは今シーズンリバプールというチームとして素晴らしいことを成し遂げた。そして、僕はこのようなグループ、選手たちを持つチームの一員でいられることをとても誇りに思う」

    ヨーロッパチャンピオンになるという夢が実現したんだ!」

    「僕ら全員は今、より多くの成功に飢えている。そして、それを成し遂げ続けるために全てを出し続けていくよ」

    オランダ代表の将来にも興奮している。将来が楽しみとなった今シーズンの戦いに上積みをしていくつもりだ。この数か月間、本当にありがとう。ブレークの後に再び突き進む準備をして、また会おう!」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】充実の1年を終え…ファン・ダイク、思いを綴る「整理するのに数日、必要だった」】の続きを読む

    no title


    今季のプレミアリーグで最も活躍した選手といえば、オランダ代表DFフィルヒル・ファン・ダイクとイングランド代表FWラヒーム・スターリングだろう。

    その2人が7日に行われたUEFAネーションズリーグファイナルズ準決勝で激突。こんな激しいぶつかり合いが話題になっているぞ!

    これは熱いオランダが同点に追いついた直後の後半28分の場面。

    この映像だと途中からになっているが、最終ラインから持ち上がろうとしたファン・ダイクからスターリングボール奪取。

    実に見事な“狩り方”だったのだが、ファン・ダイクはあっという間に追いつくと強引に潰し返した(判定はノーファウル)。

    170cm69kgと華奢なスターリングだが、リヴァプール時代にはヴァンサン・コンパニを弾き飛ばしたこともあった。193cm92kgのファン・ダイクとは圧倒的な体格差があるが、体幹やボディバランスが優れているゆえのプレーだっただろうか。

    【関連記事】「ふとももがヤバい、8人のサッカー選手」

    なお、試合は1-3でオランダが勝利している。

    ファン・ダイクvsスターリング!体格差23cmの「ガチバトル」 がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ファン・ダイクvsスターリング!体格差23cmの「ガチバトル」 がこれ】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 久太郎 ★ :2019/06/10(月) 10:17:08.54 ID:/aPgIgAP9.net

    [6.9 UNL決勝 ポルトガル1-0オランダ]

     UEFAネーションズリーグは9日、決勝を行った。ポルトガル代表とオランダ代表の対戦は、ポルトガルが1ー0で勝利。ネーションズリーグ初代王者に輝いた。

     今季からスタートしたネーションズリーグは、リーグAの各グループ首位4チームが決勝トーナメントに進出。準決勝ではポルトガルがスイスに、オランダがイングランドにそれぞれ勝利し、決勝へと駒を進めていた。

     ポルトガルは4-4-2の布陣。GKルイ・パトリシオ、DFネウソン・セメド、DFジョゼ・フォンテ、DFルベン・ディアス、DFラファエル・ゲレイロが後方に配置され、中盤はMFブルーノ・フェルナンデス、MFダニーロ・ペレイラ、MFウィリアム・カルバーリョが起用された。トップ下にFWベルナルド・シウバが入り、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWゴンサロ・ゲデスが前線に配置された。

     オランダは4-3-3の布陣を敷く。守備陣はGKヤスパー・シレッセン、DFダレイ・ブリント、DFフィルヒル・ファン・ダイク、DFマタイス・デ・リフト、DFデンゼル・ダンフリース。中盤にはMFジョルジニオ・ワイナルドゥム、MFフレンキー・デ・ヨング、MFマルテン・デ・ローンが起用され、前線はFWライアン・バベル、FWメンフィス・デパイ、MFスティーブン・ベルフワインが配置された。

     前半は圧倒的なポルトガルペース。C・ロナウドやB・シウバ、B・フェルナンデスらが中心となり、PA内外からシュートを連発させる。しかしオランダもファン・ダイクやデ・リフトを中心に跳ね返し続ける。前半はポルトガルがシュート12本、オランダはシュート0本という対照的な内容となった。

     オランダは後半からバベルに代えてMFクインシー・プロメスを投入。少しずつ勢いを取り戻しつつ、さらに後半15分にはベルフワインに代えてMFドニー・ファン・デ・ベークも入れる。

     しかし先に均衡を崩したのはポルトガル。同15分に左サイドを突破し、B・シウバがPA左に進入する。体をゴール方向に向けたままノールックでPA手前に折り返すと、パスを受けたG・ゲデスが右足ミドル。コースは甘くシレッセンの左手に触れられるが、凄まじい勢いとスピードでゴールに突き刺した。

     オランダはFWルーク・デ・ヨングなどを投入し、前線からゴールを狙うも攻撃は単発に終わる。そのままポルトガルが手堅く守り切り、1-0で終了。新たな欧州大会の歴史に名を刻んだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-43468070-gekisaka-socc


    【【サッカー】ポルトガルがネーションズリーグ初代王者に! オランダは堅守光るも攻撃不発…ゲデス豪快弾に沈む】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



     UEFAネーションズリーグ決勝ラウンドに臨むオランダ代表に、心強い味方が合流した。

     3日、リヴァプールに所属するフィルジル・ファン・ダイクとジョルジニオ・ワイナルドゥムが、オランダ代表の合宿地に到着。1日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝を制し、欧州王者となったばかりの2人だが、6日に行われるネーションズリーグに向けて本拠地があるマージーサイドを後にしていた。すると、宿舎で2人を待っていたのは、オランダ代表のチームメイトたちだった。

     マタイス・デ・リフトやフレンキー・デ・ヨング、メンフィス・デパイらは2人を拍手で出迎えると、抱擁をかわしてCL優勝を祝福。一連の模様はオランダサッカー協会の公式ツイッターアップされ話題となっている。

     オランダ6月6日に準決勝でイングランドと対戦。前日には準決勝もう1試合、ポルトガルvsスイスが行われ、6月9日に3位決定戦と決勝戦が行われる。

    ワイナルドゥムとファン・ダイクをオランダ代表のチームメイトたちが祝福した [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】オランダ代表に“欧州王者”が合流…チームメイトたちが拍手で優勝を祝福】の続きを読む



    (出典 static.goal.com)



    オランダ代表MFが、CL1回戦の古巣対決を予想「レアルが優位だが…」

     スペインの強豪レアル・マドリードは4連覇を目指すUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦で、オランダの名門アヤックスと対戦する。スペイン紙「マルカ」は、アヤックスの下部組織出身でレアルでのプレー経験も持つアル・ガラファの元オランダ代表MFウェスレイ・スナイデルインタビューを実施。その展望についてスナイデルは「レアルは多くをロナウドに依存してきた」と語り、アヤックスにも勝機があるとしている。

     CL決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選の結果、レアルアヤックスと対戦することが決定した。今季のアヤックスグループステージで、ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンと同じグループEに入った。そのグループを3勝3分の無敗で通過し、決勝ラウンド進出を決めている。大会3連覇を達成しているレアルにとっても、優勝経験も持つ名門との対戦は簡単なものではないはずだと、スナイデルは指摘する。

     アヤックスCL1回戦を突破できる要因としてスナイデルが挙げたのは、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの不在だ。今季開幕前、ロナウドユベントスへ移籍し、レアルはその穴埋めに苦しんでいる。

    アヤックスは、最高のタイミングレアルと対戦することができる。ここ数シーズンと比較して、レアルの強さには陰りが出ていることが見て取れるからだ。知ってのとおり、レアルは多くを(クリスティアーノ・)ロナウドに依存してきた。だから、今季のレアルが困難に陥っていることは驚きではない。ロナウドチームを背負い、難しい時は、いつもクラブ助けてきた。もしロナウドレアルに残っていたなら、アヤックスが突破する可能性はかなり低くなるだろう」

     スナイデルが話したとおり、レアルは今季序盤に不振に陥り、フレン・ロペテギ監督を解任。サンティアゴ・ソラーリ監督が就任するに至った。その原因をスナイデルロナウドの不在だと断言している。ロナウドが去ったレアルならアヤックスチャンスがあるというのがその見解だ。

    レアルが突破の本命なのは事実だが、簡単にはならないだろう」

     そして元オランダ代表MFは、1回戦の見どころを解説している。「アヤックスは若いチームだが、ホームではいつも良いプレーができている。レアルが突破の本命なのは事実だが、簡単にはならないだろう。かなりのことが、初戦の結果によって左右される」と、アヤックスホームで行われる第1戦がポイントになると話した。

     “ロナウド依存症”に苦しんでいるレアルであれば、アヤックスにも勝つチャンスがあると語ったスナイデル。両チームは、2月13日に第1戦を行う。4連覇を目指すレアルが、それまでに課題を克服できるか。それとも勢いに乗るアヤックスが、欧州中を驚かせることになるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    元オランダ代表MFスナイデル【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「レアルはロナウドに依存してきた」 スナイデルが古巣のCL4連覇に否定的「強さに陰り」】の続きを読む

    このページのトップヘ