Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > オランダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

    今回は元オランダ代表FWアリエン・ロッベン氏が、バイエルン時代に決めたゴールだ。



    世界最高峰のウィンガーとしてレアル・マドリーチェルシー、そしてバイエルンで活躍したロッベン。圧倒的なスピードと分かっていても止められないカットインからのシュートを得意とするが、2017年5月13日に行われたブンデスリーガ第33節のRBライプツィヒ戦では、95分に劇的なソロゴールを決めている。

    前半から激しい打ち合いになったこの試合は、83分が経過し、ライプツィヒが4-2とリード。このままライプツィヒが勝利するかと思いきや、84分からドラマが待っていた。

    84分と91分にそれぞれFWロベルト・レヴァンドフスキとDFダビド・アラバの得点で4-4に追いつくと、95分、カウンター気味にハーフウェイライン付近でボールを受けたロッベンが、ドリブルで相手ディフェンスの裏に抜ける。

    90分を超え、どちらとも疲労が蓄積している中でロッベンは圧倒的な走力を見せ、相手を寄せ付けずにボックス内へ侵入。相手DFとGKの間に挟まれた絶秒のタイミングで、GKの上を越すループシュートを放ち劇的な逆転ゴールを決めた。

    これでバイエルンは84分から立て続けに3得点で、5-4と試合をひっくり返して勝利。急速に力を付け、勢いに乗っていたライプツィヒに対し、バイエルンが王者の維持と貫禄を見せつけた試合となった。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ロッベンが劇的な試合の最後の最後でみせた長距離単独突破ゴール】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    母国メディアが報道、盟友ロッベンに続く現役復帰を検討か

     元オランダ代表MFウェスレイ・スナイデルが、現役復帰に向けてオランダ5部のアマチュアクラブ、DHSCの練習に参加することが分かった。スナイデルオランダ1部フローニンヘンでの復帰が決まった盟友MFアリエン・ロッベンに続く現役復帰を真剣に考えているという。オランダ地元メディア「RTVユトレヒト」が報じた。

     スナイデルカタールのアル・ガラファでのプレーを最後に昨季限りで現役を引退。引退からわずか2週間後には、激太りした姿をメディアに報じられて話題にもなった。

     オランダの名門アヤックスでキャリアをスタートさせ、レアル・マドリードインテルなど名門クラブを渡り歩いてきたスナイデルは先日、現役復帰を目指していると報じられた。生まれ故郷のユトレヒトに本拠地を置くFCユトレヒトでの現役復帰を真剣に考えており、コンディションを取り戻すためにまずはアマチュアクラブでの練習に参加するという。

     地元メディアによれば、スナイデルは同じくユトレヒトが本拠地の5部DHSCというクラブで、練習に参加するようだ。練習は今月27日からスタートするという。

     スナイデルの復帰については、もはやトップレベルでは通用しないという厳しい批判の声も挙がっている。しかしその一方で、元サッカー選手で現在はパフォーマンスコーチとして活動するイワン・レダン氏は4、5カ月あれば試合に出られるまでフィットできると語っているという。

     その復帰については賛否両論あるようだが、インテル時代の2010年にはバロンドール受賞確実とまで言われたスター選手。1年間のブランクを克服し、再びプロのピッチに戻ることができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    元オランダ代表MFスナイデルがFWロッベンに続き現役復帰へ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元オランダ代表】スナイデルが現役復帰に“本気”、オランダ5部の練習参加へ “激太り”報道を払拭できるか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    ヴェスレイ・スナイデル 写真提供: Gettyimages

     インテルレアル・マドリードなどで活躍した元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルは現役復帰に向けてトレーニングを再開するようだ。13日、オランダメディア『RTV Utrecht』が報じている。

     同メディアによるとスナイデルは現役復帰を本格的に検討しており、5部リーグのDHSCユトレヒトでの練習に参加する模様。また、スナイデルオランダ1部のエールディビジのユトレヒトでの現役復帰を目指しているようだ。

     また、ユトレヒトでテクニカルディレクターを務めるジョーディー・ズイダム氏はスナイデルに対してオファーを提示したことを明かし、スナイデルの現役復帰は「彼の選択次第」としている。

     現役引退後は激太りで注目を集めたスナイデル。最近では自身の自伝を出版しレアル時代の苦悩などを明かしていたが、はたしてスナイデルはコンディションを戻し、ロッベンに続き現役復帰を果たすことになるのだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ロッベンに続きスナイデルも…現役復帰目指しトレーニングを再開!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 football-tribe.com)



    サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。

    今回は元オランダ代表MFのヴェスレイ・スナイデル氏だ。



    ユトレヒトで父親もサッカー選手だったサッカー一家に生まれたスナイデル氏は、名門アヤックスアカデミーへと加入。2002年12月22日エクセルオール戦にてトップチームデビューを果たすと、翌シーズンからは主力として活躍した。

    アヤックスでの活躍後、2007年夏にレアル・マドリーへと移籍。背番号は元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が着けていた「23」だった。

    加入直後から活躍を見せ、チームリーガ制覇に貢献していたものの、背番号「10」を背負って迎えた2シーズン目は、ケガに苦しむと共に、リハビリ中の不倫発覚や、それに伴う離婚と慰謝料関連で裁判沙汰になるなどピッチ外の問題が顕著化し、2009年インテルへ移籍している。

    なお、現役引退後に出版した自伝では、「気付かぬうちにウォッカが親友になっていた」とマドリー時代に酒に溺れていたことも明かしている。

    インテルでは2009-10シーズンイタリア史上初の3冠(チャンピオンズリーグセリエAコッパ・イタリア優勝)獲得に貢献。バロンドール級の活躍を見せた。また、2011年1月にインテルに加入した日本代表DF長友佑都と2年間共にプレー。長友がガラタサライへ移籍する際には、加入の後押しをしていた。

    その後は、ガラタサライ、ニースと移籍し、2018年1月からアル・ガラファでプレーし、昨シーズン限りで現役を引退することを発表した。

    オランダ代表として共に活躍し、一時代を築いたFWアリエン・ロッベン(2020年6月に現役復帰を発表)、FWロビン・ファン・ペルシ、MFラファエルファン・デル・ファールトら、盟友たちに続く現役引退となったが、先日には地元クラブであるユトレヒトが現役復帰オファーを出したことが報じられている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ロッベンに続き現役復帰なるか! オランダ代表歴代最多出場、ヴェスレイ・スナイデル】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



    アリエン・ロッベン 写真提供: Gettyimages

    2019年7月に現役引退を発表したバイエルン・ミュンヘンレジェンドアリエン・ロッベンが、36歳にして再びサッカー選手として復帰することになった。

    ピッチが恋しくなった彼はデビューしたオランダフローニンゲンに戻り、2020/2021シーズンに向けてコンディションを上げるために、数週間の特殊トレーニングを行っているという。6月27日フローニンゲン公式サイトが明らかにしている。

    引退後にサッカー選手としての人生が恋しくなり、再びプロの世界に戻った選手は大勢いる。今回はロッベンのように復活したサッカーレジェンドをまとめよう。


    パブロ・オスバルド 写真提供: Gettyimages

    オスバルド

    かつてインテルローマユベントスなどで活躍したパブロ・オスバルドは、アルゼンチンのボカ・ジュニアーズでの最後の試合からすでに3年が経っていたにもかかわらず、2020年1月に復帰を発表した。

    引退してからの3年間、彼はバンドを作って音楽活動を行い、ダンサーとしてもブレイクを試みたが、最終的には「大嫌い」と発言してしまったサッカーというスポーツのもとに戻ることとなった。

    スバルドが現在プレーしているクラブアルゼンチンのバンフィエルドだが、落ちた体力と新型コロナウイルスの影響によって現時点までには1試合にしか出場してない。


    アントニオ・カッサーノ 写真提供: Gettyimages

    カッサーノ

    引退に関する考えが最も曖昧な選手は、間違いなくアントニオ・カッサーノだ。2015年1月26日パルマの財政難による給料未払いのため契約解除となり、そのまま引退すると思ったサポーターも多いが、同年8月9日サンプドリアの選手として再びピッチに立った。

    サンプドリア時代は彼にとって最悪な時期と言ってもおかしくない。クラブとの関係がうまく行かず、カッサーノトップチームから追放され、プリマヴェーラ(ユースチーム)で練習することを命じられた時期もあった。2017年1月25日に彼は自らクラブと解約し、引退を発表した。

    カッサーノドラマはまだまだ続く。2017年7月10日にエラス・ベローナと1年契約を結び復活をした。しかし、それは一瞬のことだった。彼の活躍を楽しみに街が盛り上がっていたところ、練習にさえついていけなかったカッサーノは同じ月の18日にベローナ退団と同時に再び現役引退を発表した。


    ポール・スコールズ 写真提供: Gettyimages

    スコールズ

    2011年5月31日チャンピオンズリーグの決勝戦。マンチスター ・ユナイテッドバルセロナに敗れ、優勝を逃した。しかし、サポーターを苦しめたのは試合結果だけではなかった。試合後、レッドデビルズのレジェンドポール・スコールズが引退を発表した。

    引退後、スコールズアレックス・ファーガソン監督のコーチングスタッフとしてクラブに残った。しかし、ファーガソンがずっと彼の選手としての復活を強く求めていたことは、あまり知られていない。

    引退から約半年後の2012年1月8日スコールズが現役復帰することが発表されると、同日に行われたFAカップマンチェスター・シティとのダービー戦でベンチ入りし、64分から出場した。

    現在45歳になるスコールズは、たまに息子アーロンの所属クラブ(ロイトン・タウンイングランド11部相当)の試合に出場していると言われている。

    リバウド 写真提供: Gettyimages

    リバウド

    多くの怪我で何度も引退しそうになったブラジル代表レジェンドのリバウド。2014年ブラジルのモジミリンでプレーした際の膝の怪我が原因で、自身のインスタグラム内で引退を発表した。

    しかし発表から15ヶ月後の2015年6月、再び同じクラブプレーすることを決心し、同じユニフォームを着ていた息子リバウジーニョと同時に試合に出場すると、得点まで決めている。

    リバウドの最終的な現役引退は翌年の8月となった。複数のクラブから監督としてのオファーがあったが、指導者としてはまだスタートを切っていない。


    ベロン 写真提供: Gettyimages

    ベロン

    1999/2000シーズン中にラツィオで大活躍し、セリエAコッパ・イタリア、スーペルコッパ・イタリアーナの3冠を手に入れたフアンセバスティアン・ベロンも、サポーターを驚かせるのが得意だった。

    ブルヒータ(ベロンの愛称で小さな魔法使いという意味)は、2006年6月にキャリアをスタートしたエストゥディアンテスに戻り、23年ぶりの国内リーグ優勝を果たしている。

    2012年4月にプロのキャリアを引退し、クラブスポーツディレクターに就任したが、同年の6月29日にとんでもないことが起きた。彼はアルゼンチン6部のアマチュアクラブブランドセンからの出場オファーを受け、2012年リーグ優勝を果たしたのだ。

    年齢の積み重ねによってキャリアを諦めたくないベロンは、再び選手としてエストゥディアンテスに復帰し、21試合に出場してから2014年5月19日に2度目の引退を表明した。


    マルコ・マテラッツィ 写真提供: Gettyimages

    マテラッツィ

    忘れてはならないのは、2006年FIFAワールドカップ優勝を果たした元イタリア代表のマルコ・マテラッツィだ。2011年インテルで多くのタイトルを獲得したあと自らクラブとの契約を解消し、監督になるための勉強を始めた。

    しかし、2014年に思いもしなかったところからオファーを受ける。それはインドだった。マテラッツィはインディアンスーパーリーグチェンナイインで監督を務めながら、同時にプレイヤーとしても登録され、7試合に出場した。

    2015年に公式に選手引退を発表したマテラッツィは、監督としてチェンナイインをリーグ優勝に導いている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ロッベンが現役復帰!引退後に復活したサッカーレジェンドたち】の続きを読む

    このページのトップヘ