Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > オランダ



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



     アヤックスオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングが、2016年に亡くなった元オランダ代表のヨハン・クライフ氏と比較されることについて語った。オランダメディア『De Telegraaf』を引用し、イギリスサッカー誌『FourFourTwo』が25日に伝えている。

     1997年生まれで現在21歳のデ・ヨングは、次世代のクライフとして注目を集めている。なかでも、マンチェスター・Cクラブ史上最高額となる移籍金7500万ポンド(約109億円)で獲得を狙っていると報じられている。

     デ・ヨングはオランダの“レジェンド”と比較されていることに「比べられることは嬉しい。しかし、クライフ氏には遠く及ばない。決して追いつけないだろう」コメント。また、自身のプレースタイルについて「人を魅了することではなく、自分がやるべきことをするだけだよ」と語った。

    クライフ氏との比較に言及したオランダ代表MFデ・ヨング [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】若手有望株デ・ヨング、“レジェンド”クライフ氏との比較に「遠く及ばない」】の続きを読む



    (出典 calciomatome.up.seesaa.net)



     冬の移籍市場オープンまで1カ月以上あるなか、ひとりの若者が各国メディアを賑わせている。フレンキー・デ・ヨング、21歳。今年9月にオランダ代表デビューを果たしたばかりのMFについては、バルセロナマンチェスター・Cが争奪戦を繰り広げ、所属先のアヤックスは移籍金7500万ポンド(約108億円)を要求していると報じられている。ここ数カ月で急速に知名度を高め、今や移籍市場最大の注目銘柄となった同選手について、7つの情報を紹介する。

    東京五輪世代

    1997年5月12日オランダの南ホラント州アルケルで生まれた。いわゆる“東京五輪世代”であり、ハンブルガーSVに所属する伊藤達哉やジュビロ磐田に所属する小川航基とは同学年にあたる。アヤックスクラブ公式サイトによると、身長は181センチ。なお、名前(Frenkie)の由来は、1980年代に世界中を席巻したリヴァプール発のバンドフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド(Frankie Goes To Hollywood)」にあるという。

    ▼OBのスカウトでアヤックス

    サッカー好きの家族のもとで育ったデ・ヨングは、8歳でヴィレムⅡの下部組織に入団した。それから10年後の2015年5月にトップチームデビュー。2日後に18歳誕生日を迎えると、数カ月後には名門アヤックスへの移籍が決定した。ヴィレムⅡのOBで、現在アヤックススポーツディレクターを務める元オランダ代表FWマルク・オーフェルマルス氏は、「自分が彼をスカウトした」と主張しているようだ。同氏も選手時代にヴィレムⅡからアヤックスへと移籍。その後、アーセナルバルセロナプレーし、世界的なウインガーとして活躍した。自身と同じようにワールドクラスの選手になって欲しいという期待があるのだろう。

    ▼今年9月にA代表デビュー

    U-15から各年代別代表に名を連ねるエリートで、今年9月に行われたペルーとの国際親善試合でA代表デビューを飾った。すると、10月11月に行われたUEFAネーションズリーグでは全4試合に先発出場。ドイツフランスの“新旧世界王者”を相手に素晴らしいパフォーマンスを見せて、グループ首位通過の原動力となった。2-0で勝利した今月16日のフランス戦後には、敵将のディディエ・デシャン監督もデ・ヨングを称賛。「選手を1人挙げるのは難しいが、フレンキー・デ・ヨングには好印象を持っている。知的なプレーと彼のテクニックが勝敗を分けた」と称えた。

    ▼頑固な一面も

    優れた才能の持ち主であることは昔から明らかだったが、頑固な一面もある。アヤックス入団直後は、ボールタッチを少なく、とにかくシンプルプレーを求める、当時のクラブスタイルと相容れず、“自己流”を貫いていたという。オランダ誌『Voetball International』のインタビューでは、「僕の良さは直感にある。それは無視できないだろう?そうでなければ、僕は同世代の何千という選手と何も変わらない。『監督の要求は分かりました』と言っておいて、ピッチ上では自分の思ったようにやることもある」とコメント。ドリブルやリスクの高いパスなど、“自分の思ったこと”をやり通していた。そのため、ピーター・ボス監督から「自チームボールを失ったのに、あまりに歩いている時間が長い」と批判されたこともある。

    ▼万能プレーヤー

    アヤックスでは背番号21をつけ、普段は4-3-3のアンカーポジションダブルボランチの一角でプレーすることが多い。その他、インサイドMFやセンターバックを務めることもできるユーティリティープレーヤーだ。プレーぶりも“万能”そのもの。正確なフィードでゲームを落ち着かせることができ、なおかつ鋭い縦パスで攻撃のスイッチを入れることもできる。また、後方からのドリブル突破も大きな特徴。右足を巧みに操り、緩急の変化と鋭い反転で相手のプレスをいなす。一見、リスクの高いプレーに見えるが、リーチが長く、何より姿勢が良いため、選択に迷いや無駄がない。

    ▼デコとシャビを掛け合わせた選手!?

    かつてバルセロナアシスタントコーチを務めたこともあるヘンク・テン・カーテ氏は、デ・ヨングについて「デコとシャビエルナンデス)を掛け合わせたような選手」とコメントシャビ本人も「バルセロナに必要なタイプの選手」とし、「セルヒオ・ブスケツに似ている」と自身の見解を述べている。またオランダテレビ局Nos』の著名な司会者、トム・エグバーズ氏は「ルカ・モドリッチに似ていて、プレーぶりはヨハン・クライフに通ずる」と話す。ヴィレムⅡの下部組織でコーチを務めるヨス・ボヘルス氏も、オランダレジェンドを比較対象に挙げる1人だ。「デ・ヨングは子供のようで、笑顔がかわいいんだけど、ピッチに立つとリーダーに変貌する。チームメイトたちは常に彼の言うことを聞くから、言葉1つ、表情1つで十分なんだ。クライフが選手のときもそうだったよ。彼も17歳のときには年上のチームメイトたちを従えていて、それが認められていた。フレンキーと重なる部分は多い」

    ▼パス成功率は90%を記録

    シーズンエールディヴィジで22試合に出場。パス成功率(91.5%)とドリブル成功率(93.5%)はリーグトップだった。今シーズンリーグ戦10試合に出場し、1ゴールを記録している。予選2回戦からの登場となったチャンピオンズリーグ(CL)では、9試合でピッチに立ち、決勝トーナメント進出まであと1勝と迫っている。今季はリーグ戦、CL、UEFAネーションズリーグと、どの大会でも90%以上のパス成功率を記録。大舞台でもハイレベルパフォーマンスを披露し続けている。

    (記事/Footmedia

    移籍市場最大の注目銘柄となっているフレンキー・デ・ヨング [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【オランダ代表】今冬最大の注目銘柄…フレンキー・デ・ヨングについて知っておきたい7つのこと】の続きを読む



    (出典 public0.potaufeu.asahi.com)



     オランダ代表とドイツ代表の試合後、ルーマニア人審判オヴィディウ・ハツェガン氏が涙を流した理由について、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(リヴァプール)が明かした。『BBC』が20日に伝えている。

     UEFAネーションズリーグ リーグA・グループ1の最終戦が19日に行われ、オランダ代表はドイツ代表と対戦。ファン・ダイクが土壇場ゴールを決め、試合は2-2ドローで終わっていた。そして、劇的な幕切れとなった試合の後、38歳の主審の目には涙が浮かんでいた。

    BBC』によると、ハツェガン氏の母親が試合中に死亡。同氏は試合中にそれを伝えられたが、そのまま笛を吹き続け、最後のホイッスルまで動揺を隠した。ただ、試合が終了すると、それまで我慢していた涙が自然と落ちてしまったという。

     涙の審判と試合後抱擁を交わしていたファン・ダイクは次のように話している。

    「彼は母親を失ったんだ。だから彼は動揺していて、目に涙を浮かべていた。僕は彼の幸せを強く願い、『素晴らしい審判だった』と言ったよ。僕がしたことは小さなことだが、彼の助けになることを願っている」

     ハツェガン氏は、11月6日チャンピオンズリーグ(CL)インテルバルセロナや、昨季のヨーロッパリーグ(EL)準決勝マンチェスター・U対セルタの試合などをこれまで担当してきた。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【オランダ代表】試合後に審判が涙…そのワケは? 蘭代表DFファン・ダイクが言及】の続きを読む

    EF7D59C4-D998-4CA5-8662-E59EC9D52ED3


    1 久太郎 ★ :2018/11/17(土) 11:00:26.89 ID:CAP_USER9.net

    オランダが世界王者撃破! ドイツの降格決定…フランスはW杯制覇後初の黒星


    UEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ1第5節が16日に行われ、オランダ代表はホームでフランス代表に2-0で勝利した。

     試合はオランダが先に主導権を握り、2分にメンフィス・デパイがペナルティエリア右へ抜け出すと、折り返しを中央フリーのジョルジニオ・ワイナルドゥムが合わせるが、シュートはGKウーゴ・ロリスにセーブされる。一方のフランスは10分、左サイドのリュカ・ディニュのピンポイントクロスにアントワーヌ・グリーズマンが頭で合わせたが、GKヤスパー・シレッセンにキャッチされた。スコアが動いたのは44分、ライアン・バベルがクロスのこぼれ球をダイレクトで叩き、GKにセーブされたところをワイナルドゥムが押し込んで、オランダが先制に成功した。

     1点リードで折り返したオランダは62分、デイリー・ブリントのクロスにファーへ走り込んだデンゼル・ダンフリースが頭で叩きつけ、こぼれ球にも詰めたが、どちらもGKロリスに阻まれる。73分にはエリア手前中央のFKでデパイが右足で直接ゴール右下隅を狙うが、ここもGKロリスにセーブされた。フランスはその後も反撃できず、逆にオランダは後半アディショナルタイム6分にデパイがPKを沈め勝負を決めた。

     2位のオランダは2勝1敗で勝ち点「6」に伸ばしたため、ドイツ代表が1分2敗の勝ち点「1」で最下位が確定し、1試合を残してリーグBへの降格が決まった。なお、W杯王者のフランスは大会後初の黒星で、2勝1分1敗の勝ち点「7」で全4試合を消化。2位のオランダは最終節でドイツに引き分け以上で首位に浮上し決勝トーナメント進出が決まる。

     オランダは次節、19日にアウェイでドイツと対戦。フランス20日の国際親善試合でウルグアイ代表をホームに迎える。

    【スコア】
    オランダ代表 2-0 フランス代表

    【得点者】
    1-0 44分 ジョルジニオ・ワイナルドゥム(オランダ)
    2-0 90+6分 メンフィス・デパイ(オランダ)

    【スターティングメンバー】
    オランダ代表(4-3-3)
    シレッセン;ダンフリース、デ・リフト、ファン・ダイク、ブリント;デ・ローン、ワイナルドゥム(89分 ヴィリェナ)、F・デ・ヨング;ベルフワイン(86分 プロメス)、デパイ、バベル(90+2分 アケ)

    フランス代表(4-3-3)
    ロリス;パヴァール、ヴァラン、キンペンベ、ディニュ;カンテ、エンゾンジ(81分 エンドンベレ)、マテュイディ(65分 シソコ);グリーズマン、ジルー(65分 デンベレ)、ムバッペ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00864270-soccerk-socc


    【【海外サッカー】オランダ、世界王者フランスを撃破!ドイツのリーグB降格が決定!UEFAネーションズリーグ第5節】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    ▽元オランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールト(35)が5日、現役引退を発表した。オランダ『De Telegraaf』に語った。

    ファン・デル・ファールトは、2000年アヤックスでプロキャリアをスタート後、ハンブルガーSVやレアル・マドリートッテナム、ベティス、FCミッティランでプレー。今年8月からデンマークのエスビャウfBに活躍の場を移していた。

    ▽代表キャリアにおいては、2001年オランダ代表デビューして以降、109試合25得点をマークワールドカップ(W杯)とユーロで2度ずつの出場歴を誇り、2010年南アフリカW杯オランダ代表の準優勝に貢献した。

    ▽現役引退を決断したファン・デル・ファールトは次のように話している。

    「現役を引退しようと思う。リハビリをするためにエスビャウにいるわけではないからね。歳を取ってもサッカーを続けていきたかったけど、それはできないね。とはいえ、クラブと代表で多くの勝利を掴めた。そして多くの素晴らしいスタジアムでプレーさせてもらえた。これまで関わったチームメート、スタッフファンには感謝しかないよ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】オランダ代表で一時代を築いたファン・デル・ファールトが現役引退】の続きを読む

    このページのトップヘ