Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 それ以外にも、芸能やネットニュース、ギャンブルetcなどまとめています。 覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > オランダ


    オランダ代表、低迷の要因。W杯予選敗退の危機…伝統国が囚われた「攻撃サッカー」のジレンマ 



    今年8月に行われたフランス戦のオランダ代表スターティングメンバー【写真:Getty Images】
    フットボールチャンネル
    スター軍団だった90年台後半。華麗なサッカーでファンを魅了

     オランダ代表がロシアW杯予選敗退の危機に瀕している。前回のブラジル大会で3位に入った伝統国は、なぜここまで低迷してしまったのだろうか。単純にタレントが枯渇しているのか、あるいはたび重なる監督交代に問題があるのか、はたまた別のところに原因があるのだろうか。(取材・文:中田徹)

    ——

     私が初めてオランダ代表の試合をスタジアムで観戦したのは1999年3月、アルゼンチンとの親善試合だった。クライファルトとベルカンプが2トップを組み、オーフェルマルスとゼンデンがサイドハーフを務めていた。

     最終ラインにはコクー、フランク・デ・ブール、ライツィハ―に混じり、ケース・ファン・ウォンデレン(フェイエノールト)がいた。ファン・ウォンデレンは世界的には無名のセンターバックだったが、私は彼の洞察眼に秀でた守備とビルドアップが大好きだった。守護神はもちろんファン・デル・サールだった。

     何より私を驚かせたのはダービッツとセードルフのドイスボランチ(ダブルボランチ)だった。この2人の攻守に渡る闘争力の高さに「“フレンドリーマッチ”とは本当に“フレンドリー”なのだろうか」と自問しながら興奮していた。

     試合が終わって、大観衆とともにアムステルダム・アレーナ(現ヨハン・クライフ・アレーナ)を後にしながら、「オランダは、スーパースターたちによるサッカーのアンサンブルを身近に楽しめる環境なんだ」と夢心地に浸っていた。

     そんなオランダも2002年のW杯予選で敗れてしまい、2004年のEURO予選でも、スコットランドとのプレーオフの1stレグを落とす危機を迎えた。そこで世論に押されるような形でディック・アドフォカート監督が2ndレグで抜擢したのがスナイデルだった。この時まだ19歳だった天才MFは1ゴール3アシストと大暴れ。チームの6-0の大勝に貢献し、オランダ代表の救世主となった。

    オランダはなぜW杯で結果を残せたのか。伝統だった「攻撃」は…

     オランダサッカー界は今、1980年代以来と言われる暗黒の時代を迎えている。24ヶ国に拡大された2016年のEUROですら本大会に出場できず、2018年ロシアW杯本大会出場を果たすために「2連勝」「大量得点」「グループ2位のスウェーデンの取りこぼし」といったミラクルに恵まれた上で、プレーオフに進出しなければならない。そんな折に救世主として名前を挙げられるのが34歳のストライカー、フンテラールというところに、オランダの勢いのなさを肌身に感じる。

     ここ20年間、オランダのW杯における成功を振り返ってみると、1998年フランス大会はフース・ヒディンク監督の下、超攻撃的なサッカーで4位になった。2010年南アフリカ大会はベルト・ファン・マルワイク監督による“現実的なサッカー”で2位になった。2014年ブラジル大会はルイ・ファン・ハール監督が5-3-2フォーメーションにチームを作り変えてリアクションサッカーで3位になった。

     オランダがW杯で成功するためには、国民のアイデンティティでもある「攻撃サッカー」を「結果」とトレードオフし、守備へのアクセントを強めていったのだ。そこに美しいサッカーを愛するオランダ人のジレンマがある。

     オランダサッカー界には「攻撃サッカー」「ポゼッションサッカー」「ハイプレッシング」「4-3-3フォーメーション」などから構成される「ホーラント・スホール(オランダ派)」というサッカーの共通理解がある。

     1995年にアヤックスをCL制覇、そしてトヨタカップで世界チャンピオンに導いたファン・ハールもまた、ホーラント・スホールの信奉者だった。しかし、2014年3月、パリでフランスと親善試合(0-2でオランダの負け)を行った際に「今のオランダのメンバーではW杯では通用しない」とファン・ハールは悟り、5バック戦術への変換を図った。

     ファン・ハールの跡を継いだヒディンクはリアクションサッカーを潔しとせず、「“ホーラント・スホール2.0”を作る」と宣言した。しかし、初采配のイタリア戦(2014年9月の親善試合。0-2でオランダの負け)で現実を知ると、以降、確固たるスタイルを示せないままEURO予選半ばで解雇されてしまった。それからオランダはデニー・ブリント(2015年8月〜2016年3月)、フレット・フリム(暫定。2016年3月〜6月)、ディック・アドフォカート(2016年6月〜)と指揮官が矢継ぎ早に代わる非常事態に陥っている。

    フランスに0-4の完敗。オランダ代表低迷の理由

     8月末のロシアW杯予選、オランダはフランスに0-4と完膚なきまでに叩き潰された。大ベテランになったロッベンやスナイデルが先発し、ファン・ペルシが後半途中から投入されたことから、世代交代に悩むオランダの姿が如実に表れた。「代表チームが3つ作れる」と言われるフランスの選手層とは大違いである。かつてのような「ホーラント・スホール」にこだわって強国と試合をやっていては、今のオランダはあっさり負けてしまう確率が高いだろう。

     とはいえ、今のオランダが“サッカー中堅国”の地位さえ危ないのは、どうもおかしい。EUROの予選ではアイスランドがチームとしてピークを迎えていたから、当時のオランダが敗れたのも仕方ないと思う。

     しかし、EURO予選のチェコ、トルコ、W杯予選のスウェーデン、ブルガリアに対して、オランダのメンバーが劣るとはどうしても思えないのだ。例えば、ワイナルドゥム(リバプール)やストロートマン(ローマ)はビッグクラブの中心選手だ。ドスト(スポルティング・リスボン)は昨季のポルトガルリーグ得点王。クインシー・プロメス(スパルタク・モスクワ)は昨季のロシアリーグMVPだ。ファン・ダイクはサウサンプトンと移籍に関して揉めた影響で直近の代表から外れてしまったが、プレミアリーグ屈指のCBである。

     今の世代のオランダ代表はスーパースターこそ皆無だが、24ヶ国に拡大されたEUROの予選で敗退するほどのメンバーでもない。代表チームの指揮官たちが、自分たちの抱える選手の力量を読み誤り、間違ったコンセプトでチームビルディングをしているとしか思えないのだ。

    伝統に囚われた現実。かつての輝きを取り戻すために

     その象徴がMFだ。このポジションにはワイナルドゥム、ストロートマン、クラーセン(エバートン)、フィルヘナ(フェイエノールト)、プレッパー(ブライトン)、ファン・ヒンケル(PSV)といった攻守に真面目な、ダイナミックな動きをする選手がいるものの、クリエイティブなタイプとは言えない。

     彼らを組み合わせても、手数をかけたビルドアップからチャンスメイクはできない。それでもオランダはボールを大事に回そうとするから「右ウィング→右SB→CB→CB→左SB→左ウィング→左SB→CB→CB→右SB→右ウィング」とボールが回り、「オランダのビルドアップはまるで“U字型”だ」という酷評を受けるのである。

     本来、オランダの強みであった後方からのビルドアップは、今や相手にとって読みやすいものであり、敵は虎視眈々とショートカウンターを狙っている。「ホーラント・スホール」のドグマに囚われ、選手の能力に応じた柔軟な戦術を採用できないーー。それが今のオランダ代表だろう。

     オランダ代表史上最高齢の監督は70歳のアドフォカート。2位が68歳だったヒディンク。66歳のファン・ハールには「代表の監督に再々就任して欲しい」という待望論がまだある。サウジアラビアをW杯へ導いた監督、ベルト・ファン・マルワイクが契約を延長しなかったので、ロシアW杯では“オランダ人指揮官ゼロ”という事態も十分ありえる。オランダ代表は「世界で戦える監督の人材難」という難題も解決しなければならない。

     フットボール・インターナショナル誌の編集長、クリスチャーン・ルーシンクはクリスタル・パレスを解雇されたフランク・デ・ブールを「アドフォカート後の新監督」として見ている。しかし、先の代表監督探しで候補に上がったホルヘ・サンパオリ(現アルゼンチン代表)のように、外国のトップ指導者招聘というカンフル剤も今のオランダ代表には必要なのかもしれない。

    (取材・文:中田徹)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【オランダ代表、低迷の要因。W杯予選敗退の危機…伝統国が囚われた「攻撃サッカー」のジレンマ】の続きを読む


    ファン・ペルシーが左膝靭帯断裂で最大1年離脱か W杯出場危機のオランダに激震 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    フランス戦後の練習で負傷 34歳の名FW、キャリア存続危機も…

     

     ワールドカップ予選で苦戦中のオランダ代表にさらなる衝撃が走った。2年ぶりに代表復帰を果たしたばかりのベテランFWロビン・ファン・ペルシー(フェネルバフチェ)が、練習中に左膝の十字靭帯断裂の重傷を負ったと、スポーツ専門放送局「beIN Sport」のトルコ版が報じている。

     

     ファン・ペルシーは0-4で敗れた現地時間8月31日のフランス戦に途中出場し、およそ2年ぶりに代表復帰を果たしていた。その後の練習で膝を負傷したため、3日のブルガリア戦は欠場した。オランダはこの試合に3-1で勝利し、グループA3位に浮上。W杯出場に望みをつないだものの、依然として厳しい状況にあることには変わりがない。

     

     そうした状況で、代表チームに呼び戻された34歳のベテランFWの重傷というニュースが飛び込んだ。「beIN Sport」トルコ版は「フェネルバフチェのファン・ペルシーにショック!」とストライカーの負傷を報じており、崖っぷちのオランダにさらなる衝撃が走っている。

     

     元アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドのレフティーに訪れた悲劇を英国メディアも続報。英紙「サン」は最大1年の離脱になると報じ、34歳のベテランFWのキャリア存続危機ともなりかねない重傷だとしている。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ファン・ペルシーが左膝靭帯断裂で最大1年離脱か W杯出場危機のオランダに激震 | ニコニコニュース】の続きを読む


    オランダ、W杯出場に望み…ロッベン決勝弾で勝利、A組2位と3差に | ニコニコニュース



    決勝ゴールを挙げたロッベン [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選第8節が3日に各地で行われ、グループAではオランダ代表とブルガリア代表が対戦した。

     予選7試合を終えて、3勝1分け3敗で勝ち点「10」を記録するにとどまっているオランダ。4日前の前節ではグループ首位のフランス代表に0-4と大敗し、6ポイント差をつけられた。グループ4位に転落し、予選敗退の危機に陥っている。

     ホームゲームに臨むオランダの先発メンバーには、ウェスレイ・スナイデルやアリエン・ロッベン、ダヴィ・プレパー、フィンチェント・ヤンセンらが先発出場している。

     前半立ち上がり、オランダが均衡を破った。左サイドをワンツーで突破したデイリー・ブリントの折り返しにプレパーが合わせ、ゴールネットを揺らした。

     欲しかった先制ゴールを挙げたオランダは16分、左サイドを破られてピンチを迎えたが、エミル・コスタディノフのヘディングシュートは左ポストを直撃。事なきを得て、前半を1-0で終えた。

     後半、次の得点はオランダのものだった。67分、オーバーラップしたブリントがペナルティーエリア左奥でパスを受け、グラウンダーのクロスを供給。ゴール前に飛び込んだロッベンがスライディングで押し込み、追加点を記録した。

     しかし、ブルガリアも直後に反撃。左サイドでのFKからコスタディノフがヘディングシュートを決めて1点差に詰め寄った。

     それでもオランダは80分、ペナルティーエリア左側でボールを持ったクインシー・プロメスがクロスを送り、ファーサイドのプレパーがヘディングシュートを決めてリードを広げた。

     試合は3-1で終了。オランダが勝利を収め、勝ち点を「13」に伸ばした。今節で首位のフランスが引き分けに終わったため、勝ち点差は「4」に。プレーオフ進出の可能性がある2位のスウェーデン代表とは3ポイント差となり、W杯出場へ望みをつないだ。

     オランダは次節、10月7日にベラルーシ代表とアウェイで対戦。同10日には2位スウェーデンとのホームゲームを控えている。一方のブルガリアは次節、首位のフランスをホームに迎える。

    【スコア】
    オランダ代表 3-1 ブルガリア代表

    【得点者】
    1-0 7分 ダヴィ・プレパー(オランダ代表)
    2-0 67分 アリエン・ロッベン(オランダ代表)
    2-1 69分 エミル・コスタディノフ(ブルガリア代表)
    3-1 80分 ダヴィ・プレパー(オランダ代表)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【オランダ、W杯出場に望み…ロッベン決勝弾で勝利、A組2位と3差に | ニコニコニュース】の続きを読む


    名門オランダが仏代表によもやの0-4惨敗 02年日韓共催W杯以来の予選落ち危機迫る | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    盤石のフランス、新星レマル2発、ムバッペもゴール 中盤の要退場でオランダ万事休す

     

     ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のビッグマッチはトリコロール軍団に軍配が上がった。フランスが本拠地でオランダに4-0の完勝を収め、来年のロシア本大会へ大きく前進した。

     

     試合前の時点で勝ち点13のフランスと勝ち点10のオランダにとって、大一番だった。しかし、試合が始まってみれば力の差は歴然だった。前半のゴールこそ14分にFWアントワーヌ・グリーズマンがFWオリビエ・ジルーとの鮮やかなワンツーで抜け出して決めた1点のみだったが、オランダに攻撃のシーンはほとんどなくフランスの一方的な展開で前半を終えた。

     

     オランダは後半17分にMFケビン・ストロートマンが2枚目の警告で退場し、数的不利の劣勢を強いられる結果になった。こうなるとフランスの攻勢を止めることができず、同28分にはクロスボールのこぼれ球をMFトマス・レマルが左足の強烈なボレーシュートで叩き込んで追加点。さらに同44分にはレマルが2点目を決め、アディショナルタイムには試合直前にパリ・サンジェルマンへの移籍が発表されたFWキリアン・ムバッペがゴール。昨年の欧州選手権準優勝のフランスが4-0の大勝となった。

     

     同日の対戦では、勝ち点13だったスウェーデンが敵地でブルガリアに2-3の敗戦。ブルガリアが勝ち点を12に伸ばした。この結果、勝ち点を16に伸ばしたフランスは本大会への自動出場となる1位通過へ大きな前進となったが、4位に転落のオランダはかなり厳しい状況になった。

     

     

     

    4位オランダ、最終節の相手は…

     

     欧州予選は6チームずつ9グループに分かれた各組1位が本大会への出場権を確保し、2位のうち上位8チームがプレーオフに進出して出場権を得る残りの4チームが決まる。グループ3位以下には救済措置がなく、オランダは崖っぷちに立たされた。

     

     オランダの救いは最終節にスウェーデンとの直接対決を迎えることだが、この日の4失点の敗北で得失点差でも厳しい状況に突入した。スウェーデンはオランダ以外の対戦カードとして、5位ベラルーシと6位ルクセンブルクと比較的に楽な相手で、スウェーデンの取りこぼしを期待するにも厳しい日程になっている。前回のブラジル大会で3位、前々回の南アフリカ大会で準優勝と直近の本大会では存在感を示しているオレンジ軍団だが、世代交代に失敗し、昨年の欧州選手権は予選落ちしていた。

     

     欧州サッカー界の名門に、2002年の日韓大会以来となる予選敗退の悪夢が近づいている。

     

     欧州予選グループAの状況は以下の通り。

     

    1位 フランス 勝ち点16 +10

    2位 スウェーデン 勝ち点13 +7

    3位 ブルガリア 勝ち点12 -2

    4位 オランダ 勝ち点10 +3

    5位 ベラルーシ 勝ち点5 -8

    6位 ルクセンブルク 勝ち点4 -10

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【名門オランダが仏代表によもやの0-4惨敗 02年日韓共催W杯以来の予選落ち危機迫る | ニコニコニュース】の続きを読む


    2年ぶり代表復帰の34歳ファン・ペルシー、得意のボレーで好調ぶりアピール | ニコニコニュース



    2年ぶりの代表復帰で活躍が期待されるファン・ペルシー [写真]=VI Images via Getty Images
    サッカーキング

     2018 FIFAワールドカップ ロシア欧州予選に挑むオランダ代表に2年ぶりに選出されたフェネルバフチェ所属のFWロビン・ファン・ペルシーが、早速代表のトレーニングで好パフォーマンスを見せているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

     現在34歳のファン・ペルシーは、フェイエノールトやアーセナル、マンチェスター・Uでプレー。2015年7月からはフェネルバフチェに加入し、これまでに同クラブでは公式戦91試合に出場、40得点を挙げている。

     オランダ代表としては2005年6月にA代表デビューを果たすと、2006年のドイツW杯、2010年の南アフリカW杯、2014年のブラジルW杯に出場。これまでに101試合に出場して、50得点、20アシストを記録している。

     同選手は2015年10月以来、代表から遠ざかっていたが、今回2年ぶりに招集。そしてそのトレーニングで鮮やかなボレーシュートを何本も決めるなど、好調ぶりを披露しているようだ。オランダ代表の公式アカウントがツイッターで動画を投稿している。

     オランダ代表は欧州予選のグループAで6試合を終え、勝ち点「10」。W杯出場権圏外の3位という厳しい立場に立たされている。31日には勝ち点「13」で2位につける最大の“ライバル”フランス代表と敵地で、さらに来月3日には勝ち点「9」で4位のブルガリア代表とホームでの試合が控えており、重要な2連戦となる。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【2年ぶり代表復帰の34歳ファン・ペルシー、得意のボレーで好調ぶりアピール | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ