Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > オランダ



    (出典 img.footballchannel.jp)



    2010年バロンドール受賞が確実視されるもまさかの4位に終わり、物議を醸す

     元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルが、現地時間12日に現役引退を発表した。レアル・マドリードインテルで活躍したスターは、35歳でスパイクを脱ぐことになった。

     スナイデルは数々の名選手を輩出してきたオランダの名門アヤックスの下部組織で育ち、2002年にプロデビューを果たした。03年には代表デビューも飾り、EURO2004の出場が懸かった予選プレーオフのスコットランド戦ではチームを勝利に導く活躍を見せ、一躍世界に名を轟かせた。

     2007年スペインの名門レアルへ加入し、リーガ制覇を経験。インテルに移籍した09-10シーズンには3冠(セリエA、コパ・イタリアUEFAチャンピオンズリーグ)達成の立役者となった。

     オランダ代表歴代最多の134試合に出場したスナイデルは、ガラタサライ(13~17年)、ニース(17~18年)を経て、昨季からカタールのアル・ガラファでプレーしていたが、ついに現役引退を決断した。オランダの英雄の幕引きを各国メディアは一斉に報じている。

     スナイデルと言えば、インテル時代の同僚だった日本代表DF長友佑都ガラタサライ)と親友であることも有名だ。そして、常に話題にされるのが2010年バロンドールだろう。その年はインテルで3冠を成し遂げ、南アフリカワールドカップでもチームを準優勝に導いた。その圧巻の活躍からバロンドール受賞の最有力候補に挙がっていたが、投票ではまさかの4位に終わり、その結果が物議を醸した。

     引退するスナイデルは故郷ユトレヒトのFCユトレヒト・ビジネス部門と契約したことも同クラブ公式サイトで発表されている。セットプレーの名手としても知られる司令塔は、新たなステップを踏み始めた。(Football ZONE web編集部)

    現役引退を表明した元オランダ代表MFスナイデル【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】元オランダ代表MFスナイデル、現役引退を発表 故郷ユトレヒトのビジネス部門と契約】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    アル・ガラファの元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデル(35)が12日、現役引退を発表した。なお、引退後は生まれ故郷のユトレヒトの経営に携わるとのことだ。

    アヤックスでキャリアをスタートさせたスナイデルは、2007年レアル・マドリーへ移籍。移籍初年度にリーガエスパニョーラ優勝に貢献すると、2009年インテルへ移籍。インテルでは2009-10シーズンイタリア史上初の3冠(チャンピオンズリーグセリエAコッパ・イタリア優勝)獲得に貢献していた。

    その後はガラタサライ、ニースと移籍し、2018年1月からアル・ガラファでプレーしていた。

    オランダ代表としては歴代最多の134試合に出場。2010年南アフリカワールドカップ(W杯)で準優勝、2014年ブラジルW杯で3位に輝いていた。

    オランダ代表として共に活躍し、一時代を築いたFWアリエン・ロッベン、FWロビン・ファン・ペルシ、MFラファエル・ファン・デル・ファールトら、盟友たちに続く現役引退となった。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】オランダ代表歴代最多出場のスナイデルが35歳で現役引退、インテルでは3冠に貢献】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2019/07/13(土) 22:11:04.30 ID:FZJei9ul9.net

    毎年、この時期になると世界のサッカー界から、名プレーヤー引退のニュースが飛び込んでくる。今年特にショックだったのは、元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の現役引退。昨年12月には10年間在籍したバイエルンからの退団を発表し、Jリーグへの加入もうわさされていたが…。バイエルンでのラストゲームでも盟友・リベリーとともにゴールも決めた35歳での引退には「まだやれるやん…」と残念な思いを抱いたファンも多いと思う。

     私もその一人で、担当するガンバ大阪関係者(と言っても広報担当の方だが)に「神戸がイニエスタ取ったんやから、ガンバもロッベン取ってくださいよ」とお願いしたりもしていた。そんなロッベンの引退に際し、彼との思い出話を聞きたくて、かつてバイエルンに所属し、今夏G大阪に復帰した宇佐美に話を聞いた。11―12年シーズンのバイエルン在籍時、チームメートとして接したレフティーについて「努力を結果に変えられる姿勢は、1年だけですけど近くで見られて本当によかった。やっぱり印象に残っているのはカットインから左足のシュート。もちろんそれだけじゃないですけど、主にあの一本をあそこまで研ぎ澄ませた。すごいし、あの形のみで世界を渡り歩いた。あそこのゾーンでは本当に強かった」と当時の衝撃を語ってくれた。

     当時、宇佐美はロッベンと紅白戦などで幾度となくマッチアップしたという。そこでずっと疑問に思っていたことを聞いてみた。ロッベンと言えば、右サイドから中に仕掛けて、左足でシュート。言い方は悪いが、ほぼこのワンパターンだ。確かに速いし、うまい。でも、なぜあそこまで止められなかったのか。

     「止められないです。何回も対戦しましたけど、分かっていてもやっぱり(足が)出えへんし、止められなかった。カットインしてシュートだとわかっているんですけど、今回だけは縦なんじゃないかって思ったりもするし…」。爆発的なスピード、急停止、細かいタッチ…それに加えて、ロッベンの場合は他の選手よりも縦への恐怖感が強かったという。

     「中を警戒しすぎたら、もちろん縦にもいかれる。すごいのは、縦に突破しても(利き足と逆の)右足でシュート、じゃないんですよ。左足なんですよ。縦に突破したら、普通おれみたいに右利きなら、(左サイドで)縦に行けば左で打つじゃないですか。あの人は縦に突破しても、突破しきれているから、左に持ち替えて打てるんですよね。そういうのも見ているから、縦のほうが怖いって。で、結局中にいかれるっていう」

     左利きの選手が右サイドでプレーする場合、縦に突破すればシュートは精度は落ちる右足で、となる場面は多い。しかしロッベンはその一瞬のキレで完全に相手を抜き去ることで、左足に持ち替えてシュートを打つ時間を作り出していたという。これが『中はこわい→でも縦はもっと怖い→結局中でやられる』という無限ループの正体だった。

     そんなロッベンの引退に、宇佐美も少し寂しそうだった。「ストイックでしたね。練習はめちゃくちゃやる。性格は一匹狼がゆえに、勘違いされやすいタイプに見えました。でもしゃべったら、めちゃめちゃいい人やった。まだやるかなと思ってましたけど。最後、バイエルンでリベリーと2人で点を取って。ロッベンらしいな、と言えるほど仲良くはないですけど、あのまま引退って、きれいすぎる終わり方やなと」。確かに10年間在籍したクラブで、トップクラスのパフォーマンスを維持したまま引退したロッベンの最後は美しかった。しかし日本のいちファンとして、あのカットインをJリーグで見てみたかった。(G大阪担当・金川誉)

    7/13(土) 18:07配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00000151-sph-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【海外サッカー】<元チームメート・宇佐美貴史に聞いた!>なぜロッベンのカットインは止められないのか?…】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     日本時間5日に現役引退を発表したアリエン・ロッベン。現役続行の噂が流れる中、サッカー史屈指のドリブラーは大きな決断を下した。クラブシーン、代表シーンで数々の栄光に輝いてきたロッベン。大舞台での印象的な活躍を覚えている方も多いだろう。今回は、そんなロッベンの輝かしいキャリアを振り返る。


    オランダ時代

    地元クラブ、VVベドゥムでサッカーを始めたロッベン1996年フローニンゲンの下部組織に入団する。それから4年後の2000年、弱冠16歳でプロデビューを飾った。フローニンゲンレギュラーとして活躍したロッベンは、2002年に名門PSVアイントホーフェンに移籍。1年目から12得点を挙げる活躍をみせ、2002/2003シーズンヨハン・クライフ賞(年間最優秀タレント賞)に輝いた。PSVでの活躍により、ロッベンビッグクラブから注目を集める存在となる。

    タイトル

    エールディビジ優勝:1回

    ヨハン・クライフ・シャール(国内カップ戦):1回


    チェルシー時代

    PSVで結果を残したロッベン2004年チェルシーへと移籍。欧州4大リーグ初挑戦となった。しかし、移籍後は精巣腫瘍患い、回復後は負傷に襲われるなど前途多難なスタートとなった。しかし、11月に少し遅れてプレミアリーグデビューを果たすと、同月の月間最優秀選手に選ばれる大活躍。チームプレミアリーグ2連覇に大きく貢献した。

    タイトル

    プレミアリーグ優勝:2回

    FAカップ優勝:1回

    リーグカップ優勝:2回

    コミュニティシールド優勝:1回


    レアル・マドリード時代

    チェルシーでも活躍を見せたロッベン2007年に世界屈指のメガクラブレアル・マドリードへ移籍を果たす。チェルシー入団時同様、負傷により出遅れたが、9月のチャンピオンズリーグ(CL)ベルダー・プレー免染で移籍後初出場を果たすと、その後も結果を残し続けスタメンに定着。ただ、マドリード時代は度重なる負傷に苦しめられた時期でもあった。

    ケガがちながらも、主力選手として活躍していたロッベン。しかし、2009年クラブが大型補強を行いクリスティアーノ・ロナウドらを獲得すると、補強資金補填のために放出されることとなった。

    タイトル

    ラ・リーガ優勝:1回



    バイエルン・ミュンヘン時代

    前述したとおり、マドリードからの退団が決定的となったロッベンバイエルン・ミュンヘンに移籍。クラブからの期待値は高く、1シーズン目から背番号「10」を背負うこととなった。バイエルン加入後のロッベンは獅子奮迅の活躍。マドリード時代ほどではないが、負傷に苦しめられていたものの、多くのゴールアシストで貢献している。

    2012/2013シーズンクラブにとってもロッベンにとっても特別なシーズンとなっただろう。ブンデスリーガ最速優勝を果たすと、DFBポカール(国内カップ戦)を制覇。2年連続で決勝に進出したCLではボルシア・ドルトムントを下して優勝し、3冠を達成した。この年はこれだけでなく、UEFAスーパーカップFIFAクラブワールドカップも制し、5冠を達成している。

    20014/2015シーズンバイエルンでの100ゴール目を記録したロッベンは、その後も順調にゴールを重ね、2017年にはクラブの外国籍選手、リーグ戦最多ゴール記録(93ゴール)を更新した。

    2018年12月バイエルン退団を発表したロッベン5月18日ブンデスリーガ最終節、フランクフルト戦で得点を挙げ、サポーターとの別れをゴールで飾った。ロッベンブンデスリーガ最後のゴールは、通算99点目。100得点には惜しくも届かなかった。

    タイトル

    FIFAクラブワールドカップ:1回 (2013)

    UEFAチャンピオンズリーグ:1回 (2012-13)

    UEFAスーパーカップ:1回 (2013)

    ブンデスリーガ:8回 

    DFBポカール:5回 

    DFLスーパーカップ:5回


    オランダ代表

    2003年4月30日に行われた、ポルトガル代表との国際親善試合でオランダ代表デビューを飾ったロッベン。その後も代表に定着したロッベン2006年ドイツワールドカップ(W杯)でW杯デビュー。初戦のセルビア戦では18分に決勝点となるゴールを挙げている。

    EURO2008ではグループステージを全勝したものの、ベスト8に終わったオランダ代表。しかし、2010年南アフリカW杯では準決勝に進出した。ロッベンは負傷により出遅れたものの、決勝トーナメント1回戦のスロバキア戦、準決勝のウルグアイ戦でゴールを挙げる活躍。優勝こそ逃したものの、決勝進出に大きく貢献している。

    EURO2012は死のグループで苦戦し、グループリーグ3連敗。しかし、2014年ブラジルW杯では2大会連続の準決勝進出を達成。ロッベンは3ゴールを挙げる活躍を見せている。しかし、2018年ロシアW杯予選で敗退が決定すると、代表からの引退を表明した。


     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】引退発表のロッベン。輝かしいキャリアを振り返る】の続きを読む



    (出典 kicker.town)



    [アムステルダム 4日 ロイター] - サッカードイツ1部、ブンデスリーガバイエルン・ミュンヘンなどで活躍した元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)は4日、現役引退を発表した。

    ロッベンは声明で「この数週間、いろんなことを考えてきた。バイエルンでの最後の試合から将来に関する決断に時間をかけてきた。そして今、私はプロサッカー選手としてのキャリアに終止符を打つことを決めた」と語った。

    ロッベンバイエルンリーグ優勝8回、チェルシーイングランド)で2回、PSVアイントホーフェンオランダ)とレアル・マドリードスペイン)でそれぞれ1回という実績を誇る。

    また、オランダ代表としては96試合に出場し、2010年ワールドカップ(W杯)では準優勝に輝いた。

    最終年は特にケガに苦しんだロッベンは「私のサッカーへの愛情、まだこの世界で戦えるという確信は、自分の願う形で常に物事を進められるわけではなく、もう私は負傷がどういった影響を与えるか知らない16歳の若手ではないという現実と衝突した」と決断の理由を話した。

    サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガ、バイエルン・ミュンヘンなどで活躍した元オランダ代表FWアリエン・ロッベンは4日、現役引退を発表した。ベルリンで5月撮影(2019年 ロイター/Andreas Gebert)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ロッベンが現役引退「もう16歳の若手ではない」】の続きを読む

    このページのトップヘ