Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > オランダ




    (出典 gs-files.spaia.jp)



    リバプールに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクがバロンドールコメントした。イギリス『テレグラフ』が報じている。

    10月22日2019年のノミネート者30名が開示された『フランスフットボール』紙主催のバロンドール。2日にフランスのパリで行われる式典で、ついに授賞者が決まる。

    その有力候補に挙がるのが、リバプールの14年ぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)の原動力となり、今年8月に欧州サッカー連盟(UEFA)の最優秀選手賞に輝いたファン・ダイクだ。

    そうしたなかで、史上最多6度目のバロンドール受賞に期待がかかるバルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシも有力候補に挙がり、ファン・ダイクと一騎打ちの見方が強い。

    だが、10日付のスペインマルカ』など複数メディアで、バロンドールの行方が決まる投票結果が漏洩したとして、メッシファン・ダイクを2位に抑えて受賞するとの報道も浮上している。

    しかしながら2006年の元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ以来となる守備者としての受賞になる可能性を秘めているファン・ダイクは、そうした一報も気にかけていないようだ。

    リバプールの選手としてバロンドール受賞となれば、2001年の元イングランド代表FWマイケル・オーウェン以来となるファン・ダイクは、その行方が決まる瞬間が迫るなか、こう述べたという。

    「昨シーズンクラブと代表チームでのパフォーマンスにより、候補に選ばれて、すごく誇らしい思いだ。ただただ名誉さ」

    「こういう機会はそう多くの選手が経験できるものじゃないからね。あの夜に敗者なんていない。何が起こるのか見守ろう」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ファン・ダイク、いざバロンドール授賞式典へ! 「敗者なんていない」】の続きを読む

    no title


    欧州サッカー界で問題になっている人種差別。EURO予選に続き、オランダ2部リーグでも問題が起きた。

    エクセルオールWFアフメド・メンデス・モレイラがデン・ボスサポーターから人種差別的罵声を浴びせられたことで試合が一時中断されたのだ。

    そうした中、オランダ代表FWメンフィス・デパイがSNSで激しく反応。メンデス・モレイラの写真をポストしつつ、こう綴ったのだ。

    メンフィス・デパイ

    「こういうシーンを何度も何度も目にするのはうんざりだ!

    いつ終わるんだ!?

    オランダサッカー協会、オランダ代表、UEFA、どうするつもりだ?

    特にEURO2020はもうすぐだぞ」

    反人種差別のハッシュタグも使いつつ、いつまでこんな差別が続いているのかと怒りのメッセージを発信していた。

    オランダ代表FWデパイ、人種差別に怒る!「いつ終わるんだよ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【オランダ代表】FWデパイ、人種差別に怒る!「いつ終わるんだよ」】の続きを読む



    (出典 liverpool.tokyo)



     オランダサッカー協会(KNVB)は17日、DFフィルジル・ファン・ダイク(リヴァプール)がオランダ代表から離脱したことを発表した。

     オランダ代表は、16日に敵地で行われたEURO2020予選グループC第9節で北アイルランド代表と対戦し、スコアレスドローで終わったが、2位以上が確定して2大会ぶり10回目のEURO出場を決めた。オランダにとって、2014年ブラジルワールドカップ以来、6年ぶりの主要国際大会となる。

     キャプテンを務めるファン・ダイクも同試合にフル出場していたが、19日にホームで行われる最終節のエストニア戦は欠場が決まった。KNVBの公式サイトによると、「個人的な事情」により、チームトレーニングキャンプから離脱したという。詳細は明かされていないが、負傷ではないようだ。

     なお、今回の代表ウィークリヴァプール所属の離脱者はファン・ダイクで5人目となった。エジプト代表FWモハメド・サラースコットランド代表DFアンドリューロバートソンがそれぞれ足首の負傷により、代表合流直後に離脱が決定。MFジョーダン・ヘンダーソンは合流前からのウイルス感染で、DFジョーゴメスは15日の練習でひざを負傷して、ともに16日に離脱していた。

    主将ファン・ダイクの離脱が決まった [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【オランダ代表】EURO出場決めたオランダ代表、主将ファン・ダイクが「個人的な事情」で離脱】の続きを読む



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 Egg ★ :2019/10/28(月) 17:06:33.42 ID:H3K8o7aD9.net

    まさかの敗戦に、指揮官も動揺を隠せず

    ブラジルで開催されているU-17ワールドカップで、若き日本代表は10月28日に初戦に臨み、欧州王者のオランダを3-0で撃破し、幸先のいいスタートを切っている。

    【ハイライト動画】若月&西川の3ゴールで完勝! 日本対オランダ戦はこちら
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=65915

     若き日本代表の活躍に、主催のFIFAは「日本は“チャンピオン泣かせ”のようだ」と伝え、「アジア、そしてヨーロッパ王者同士の対戦は、より良いゴールを生み出した日本が勝利に値した」と称えている。

     一方、優勝候補にも挙げられるなど、大きな期待を背負っていたオランダ側は、敗北に沈痛な面持ちだ。オランダ全国紙『Algemeen Dagblad』は「タイトルを獲得する候補である17歳以下の“オレンジ軍団”は大きな印象を残すことなく初戦を終えた」と報じた。

    「若き選手たちはハーフタイムの直前に得点を許すと、その後は見せ場もなく敗れている。この予想外の敗北に対し、指揮官のピーター・ファンデルベンは、動揺を隠せなかった。

     試合後の会見では『我々はパスで非常に多くのミスを*た。だが、それ以上に選手たちはまるでピッチ上で麻痺しているかのようだった。自陣に戻ってくる動きさえ見せていなかった』と嘆き、選手たちへの懸念を露わにするほどだった」

     また、オランダのテレビ局『NU.nl』は「“オレンジ軍団”は日本に痛々しいほどにノックアウトされてしまった。ヤマト・ワカツキは日本の“ビッグスター”だ。17歳のアタッカーはチームに先制点と追加点をもたらした。日本の攻撃をジュン・ニシカワとワカツキのふたりが牽引し、オランダを苦しめた」と伝えている。

     日本は、現地時間10月30日に行なわれるグループリーグ第2戦でアメリカと対戦する。セネガルに初戦で4-1と完勝した強敵を相手に、再びサプライズを提供できるか。

    10/28(月) 16:34配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191028-00065915-sdigestw-socc


    【【日本代表】<日本に完敗したオランダのメディア>予想外の結果に驚愕!「ワカツキはビッグスター」「痛々しいノックアウト」】の続きを読む



    (出典 lifepicture.co.jp)



     オランダサッカー協会(KNVB)は12日、オランダ代表からFWメンフィス・デパイ(リヨン)が負傷離脱することを公式サイトで発表した。

     デパイは10日に行われたEURO2020予選の北アイルランド戦にフル出場し、2ゴールを挙げて3-1の劇的逆転勝利に貢献。だが、太ももの負傷により、13日に敵地で行われる同予選のベラルーシ戦は欠場が決まった。デパイの離脱による追加招集はないという。

     同選手は自身のTwitter@Memphis)を通じて、「ケガのせいで、日曜日(13日)のベラルーシ戦に向かうチームに帯同できないのが残念だ。でもチームが勝利すると信じているし、僕もすぐに復帰するよ!」とコメントした。

    オランダ代表から負傷離脱が決まったデパイ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【オランダ代表】デパイが負傷離脱…2得点で逆転勝利貢献も次戦は欠場】の続きを読む

    このページのトップヘ