Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イングランド



    (出典 f.image.geki.jp)



     イングランド代表のハリー・ケインは、ロシア・ワールドカップでここまで3試合6ゴールを記録し、得点ランキングのトップに立っている。コロンビアとの決勝トーナメント1回戦では、先制点となるPKを決めて勝利に貢献。母国に1966年大会以来、52年ぶりの優勝をもたらすべく、チームを牽引している。注目の準々決勝を前にイングランドのエースについて「知っておきたい4つのこと」を紹介する。

    ■他国の代表でプレーしていた可能性も?

     ユース時代からイングランド代表でプレーしていたが、父親の母国であるアイルランド代表選手としてプレーする資格を持っていた。当時、アイルランド代表を率いていたマーティン・オニール監督は実際に招集を試みたが、本人は引き続きイングランド代表でプレーすることを選択した。

    ■生まれながらのトッテナムサポーター

     トッテナムの本拠地ホワイト・ハート・レーンから、わずか5マイル(約8キロ)の距離にあるチングフォードで生まれ、幼い頃からトッテナムサポーターとして育った。ユースチームを経て2011年に、念願のトップチームデビューを果たした。

    ■“ライバルチーム”からスタートした選手キャリア

     生粋のトッテナムファンでありながら、キャリアをスタートさせたのは、同じノースロンドンを本拠地とする宿敵アーセナルだった。もっとも「太っていた」という理由でユースチームを追われ、2年後に愛するクラブへ加入した。

    ■世界で最も市場価値が高い選手

     2015-16シーズン、2016-17シーズンと2年連続でプレミアリーグ得点王を獲得するなど、プレミアリーグ屈指のストライカーに成長。スイスのスポーツ研究国際センター(CIES)が今年6月に発表した「サッカー選手の市場価値ランキング」でクリスティアーノ・ロナウド(約133億円)、リオネル・メッシ(約238億円)を抑えて、堂々の1位に輝いた(約260億円)。

    得点ランクトップに立つケイン [写真]=Icon Sport via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】得点ランク1位のケインについて「知っておきたい4つのこと」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/07/04(水) 07:34:03.13 ID:CAP_USER9.net

    7/4(水) 7:20配信
    デイリー新潮
    なぜイギリス代表ではなくイングランド代表なのか? にわかファンのためのW杯世界史談議

     連日の熱戦で楽しませてくれるW杯、寝不足気味で見過ごしがちだが、ふと立ち止まってみると素朴な疑問も湧いてくる。たとえば「イングランド代表」。なぜ「イギリス代表」ではないのか。イギリスはイングランドのほかは予選で敗退しているものの、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドと、あわせて4つの代表チームをW杯に送り込んでいる。

     これはW杯を主宰する国際サッカー連盟(FIFA)が誕生する前から英国4地域がそれぞれ独立してサッカー協会を持っていたことに因む。イギリスはひとつの国というよりは、複数の王国の連合と考えた方が正しいのだ。立命館アジア大平洋大学学長の出口治明さんの著書『全世界史』(新潮文庫刊)を紐解くと……

    〈スコットランド王がイングランド王を兼務することによって、両国は同君連合の関係になりました。この2国が一体化するのは100年少し後の1707年で、そのときからグレートブリテン王国と呼ばれます。さらにそれから100年近くが過ぎた1801年にアイルランドを加えて、連合王国となります〉

     ちなみにイングランド代表のユニフォームに入っている3頭のライオンとバラによるロゴマークはテューダー朝とプランタジネット朝の紋章を組み合わせたものだ。同じロゴマークでいえばフランス代表はニワトリでお馴染みだが、これはニワトリを意味するラテン語と、フランスの古名であるガリアが同じ言葉であることによる。独特な臭いで有名なフランスのタバコ「ゴロワーズ」も同じ言葉が語源だ。稀代の指導者ユリウス・カエサルはこのガリアを征服したことで政治的基盤を固めた。


     そのフランス代表のエース選手が今大会の新星となったキリアン・エムバペ(カメルーン)をはじめとして、ティエリ・アンリ(グアドループ系)やジネディーヌ・ジダン(アルジェリア系)などアフリカ系が多いのも不思議だ。これはフランスがかつてアフリカなどさまざまな地域を植民地化し、奴隷貿易に励んだ名残り。フランスの植民地政策を変えたのは第2次大戦後にフランスを率いたシャルル・ド・ゴール首相。出口さんは彼の決断をこう評する。

    〈ド・ゴールは、インドシナ半島で、ホー・チ・ミン相手にフランスが泥沼状態に陥ってしまったことをよく理解していました。そこで1959年9月に、アルジェリアの民族自決を認めます。(中略)国家と民族の行く末を冷静に見据えたド・ゴールの政治家としての決断は、賞賛に値すると思います。1962年、アルジェリアは独立を果たしました〉

     こうして第2次世界大戦後、多くの植民地は独立したが、働き口を求めて旧宗主国に移民した旧植民地出身者の子どもたちが、フランス代表を担っているのだ。

     このように、世界史の反映としてW杯をみるもの、また一興だろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180704-00544834-shincho-spo


    【【海外サッカー】なぜイギリス代表ではなくイングランド代表なのか? にわかファンのためのW杯世界史談議】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    決勝Tに進めば、当たる相手は欧州の強豪、V候補ベルギーかサッカーの母国イングランドか

     サッカー日本代表は、ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組でここまで1勝1分けの勝ち点4で1位。最終戦のポーランド戦で引き分け以上なら2大会ぶりの16強進出が決まる。決勝トーナメントで対戦する可能性があるのが、G組のベルギーもしくはイングランド。どちらも2連勝でグループリーグ通過を早々に決めた欧州の強豪だが、どんなチームなのだろうか。

     FIFAランク3位のベルギーは各ポジションに今大会屈指のタレントをそろえ、開幕前から非常に評価が高かった。実際に初戦のパナマ戦は191センチの体躯を誇る、世界屈指のFWルメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)の2ゴールなどで快勝。2戦目のチュニジア戦も攻撃の要、MFエデン・アザール(チェルシー)と、ルカクがそれぞれ2ゴールずつ叩き込み、5発のゴールラッシュ。ここまでの2試合は前評判通りの力を見せつけている。

     ルカク、アザール以外にもMFケビン・デブライネ(マンチェスター・シティ)や、DFヤン・ベルトンゲン(トッテナム)ら各ポジションに有数のタレントを揃えている。守備の要DFヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティ)こそ負傷で欠いているが、今のところは不安を感じさせていない。まず間違いなく、日本にとって高い壁になる。

     一方で日本にとっては決して相性の悪くない相手だ。昨年11月に対戦した際は0-1で敗れたが、あれが初黒星だった。2002年の日韓W杯でも1次リーグで対戦し、2-2で引き分けている。

    若き才能がそろうイングランドは得点トップのケインが大黒柱

     一方、FIFAランク12位のイングランドも好調。チュニジアには後半アディショナルタイムに決勝点が生まれる2-1の辛勝だったが、2戦目のパナマ戦は前半だけで5ゴールを挙げるなど、6-1と大勝した。

     大黒柱は世界屈指のストライカーFWハリー・ケイン(トッテナム)だ。パナマ戦でハットトリックを達成するなど、ここまで5得点は得点ランクのトップ。24歳の若きストライカーのパフォーマンスが、試合の行方を左右すると言っても過言ではない。10番を背負う23歳のFWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)、22歳のMFデレ・アリ(トッテナム)ら若い選手が中心を担い爆発力を兼ね備えている。サッカーの母国は近年は大舞台では大きな成果を残すことは出来ていないが、今大会は期待が高まっている。

     日本はイングランドとのW杯での対戦はないが、過去1分け2敗と未勝利。直近は2010年に対戦し、1-2で敗れている。

     もちろん日本にとって先を見る余裕などなく、まずはポーランド戦に全力投球する。そしてその先に待つ世界トップクラスとの対戦が実現するなら、こんなに楽しみなことはない。(THE ANSWER編集部)

    ルメル・ルカク(左)とハリー・ケイン【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】日本代表、16強進出なら待ち構える相手は タレント軍団ベルギーに、才能揃うイングランド】の続きを読む



    (出典 www.football-jerseys.co)



    反則ポイントが首位を決める要素になる可能性も 決勝Tでは日本のいるH組と対戦

     ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグG組は、ベルギーとイングランドが2連勝で順当に決勝トーナメント進出を決めた。しかし、1位通過を懸けた争いは熾烈を極め、順位決定に“レアケース”が用いられる可能性がある。

     ベルギーとイングランドはそれぞれパナマとチュニジアを相手に難なく2連勝。2試合終了時点で勝ち点6、得失点差プラス6、総得点8と全ての数字が並んだ。

     28日の第3戦はこの両者の直接対決となるが、引き分けに終わった場合は当然ながらこの全ての数字が並んだまま。その際は反則ポイントで1位通過が決まることになる。警告がマイナス1、警告2回の退場がマイナス3、一発退場がマイナス4、警告と一発退場の組み合わせがマイナス5と計算されて比較される。

     2試合終了時点で両者はともに退場者を出していないが、警告の回数はベルギーが3回、イングランドが2回とわずかな差がついている。もちろん、勝敗がつけば勝ったチームが1位通過になるが、引き分けとなれば試合中のカードの枚数によって順位が変動することになる。そして、仮に試合が引き分けで終わった時に反則ポイントの数まで並んでいた場合には、抽選で1位通過チームが決まる。

     G組は決勝トーナメント1回戦で日本の入るH組の通過チームと対戦するが、W杯の大舞台で珍しい光景が繰り広げられることになるのだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    イングランド代表・ケイン(左)、ベルギー代表・ルカク(右)【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】熾烈なG組首位争い イングランドとベルギー、直接対決で引き分けた際の順位決定法は?】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    前半だけで5点を奪う、“史上5度目の猛攻”で一気に勝負を決める

     ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦で、“フットボールの母国”イングランドが前半だけで5得点を奪うなど一方的な展開で初出場のパナマに6-1で圧勝。主将FWハリー・ケインはハットトリックを達成し、今大会の得点ランキングでもトップに躍り出た。

     イングランドは前半8分にコーナキックからDFジョン・ストーンズがヘディングシュートを決めて先制。さらに続く22分には初戦チュニジア戦で2得点のケインがPKを成功させてリードを広げた。

     前半36分にはパス交換から持ち込んだMFジェシー・リンガードがミドルシュートをゴール右隅に蹴り込んで3点目。イングランドにとってはこれが今大会オープンプレーから奪った最初のゴールとなった。その後も同40分にはセットプレーからストーンズがこの日2点目をゲット。アディショナルタイム1分にはケインが再びPKを決めて前半だけで5点のリードを奪った。

     データ分析会社「オプタ」によれば、イングランドがW杯本大会で前半に5得点を決めたのは史上初。W杯の歴史上でも2014年ブラジル大会の準決勝でドイツがブラジルを7-1で粉砕した「ミネイロンの惨劇」などを含む史上5度目の珍事となった。


    初出場のパナマはW杯初ゴールが生まれる

     後半も17分に右サイドからカットインしたMFルベン・ロフタス=チークのシュートがケインに当たってコースが変わり、パナマのゴールネットを揺らした。ケインは今大会5得点となり、得点ランキングトップに浮上。また、イングランド人選手がW杯でハットトリックを達成したのは1966年大会のジェフ・ハースト、1986年大会のギャリー・リネカー以来史上3人目となった。

     後半33分にはパナマDFフェリペ・バロイがセットプレーからゴールを挙げ、同国のW杯史上初ゴールが生まれたが、試合はそのまま6-1で終了した。

     今大会の最多得点で勝利したイングランドはこれで2連勝を飾った。グループGは同じく連勝で勝ち点6を積み上げたベルギーとともに決勝トーナメント進出が決定。第3戦では勝ち点、総得点、失点全てで並ぶベルギーとグループ首位の座を懸けて戦うことになった。


    (Football ZONE web編集部)

    主将ケインが同国史上3人目のハットトリック達成【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】主将ケインが同国史上3人目のハットトリック達成!】の続きを読む

    このページのトップヘ