Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イングランド



    (出典 image.news.livedoor.com)



    11日は準決勝1試合、フランスが待つファイナルに進むのは

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は11日、準決勝が行われ、イングランドとクロアチアが対戦する。勝てば優勝した1966年以来、52年ぶりの決勝進出をかけるイングランドと、初の決勝進出を目指すクロアチア。フランスが待ち構える決勝に進むのはどちらの国だろうか。

     イングランドは若きチームが、試合を重ねるごとに成熟してきたような印象。ハリー・ケインは得点ランクトップの6得点。スウェーデン戦で初ゴールの22歳デレ・アリとのコンビネーションの精度も上がってきた。セットプレーにも絶対の自信をもち、ここまでの11得点のうち8得点をたたき出している。得点パターンを確立しているのは、大きなアドバンテージだ。

     一方のクロアチアは決勝トーナメント1回戦、準々決勝と共にPK戦の末の勝利。2試合連続120分を戦い抜いただけに体力面での不安は否めない。中3日で迎えるこの試合までにどれだけ回復できるか。後半になれば足が動かなく可能性もあるだけに、やはり先制点が欲しい。大黒柱のルカ・モドリッチを中心に歴史を動かせるか。

    準決勝での対戦となるイングランドとクロアチア【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】52年ぶりのイングランドか、初のクロアチアか、両エースにも注目…】の続きを読む



    (出典 bettingtop10-rswblznrheq6hezffrzu.netdna-ssl.com)



    1 金魚 ★ :2018/07/09(月) 18:49:23.46 ID:CAP_USER9.net

    今しがた終わったばかりのクロアチア対ロシア戦の興奮が冷めやらぬ私に、彼の言葉は冷水を浴びせかけたといってもよかった。
    クロアチアの準決勝進出をオシムも純粋に喜んでいるだろうと思いこんだのは、あまりにシンプルでナイーブであるといえた。
     自分の立ち位置を常に確認し、言及すべきことに言及する。 サッカーに関しても、適切な距離感と客観性を決して失わない。
     彼の言葉を聞いて、私も冷静さを取り戻すことができたのだった。次のイングランドとの準決勝について……。 

    ――次のイングランド戦ですが……。

    「イングランドは常にイングランドだ。そう変わるものではない。日本がアジアでそうであるように、
    彼らはヨーロッパで常にトップの位置にいる。没することのないサッカー大国だ。彼らには経験のアドバンテージがある。
    サッカーの母国であり、彼らを凌駕するのは容易ではない。

     私が疑問に感じるのは、前線に本当にクオリティの高い選手が揃っているのかということだ。
    かつてのボビー・チャールトンのような選手は今のチームにはいない。
    レベルは高いが、一度すべてをシャッフルし直した方がいいかも知れない。
    というのも国内には代表選手たちと同等の力を持った選手が数多く残っているからだ(笑)」

    ――スターリングを別にすれば、下馬評ではそれほど良い選手がいる、強いチームとは言われていませんでした。

    「それでも強さを発揮するのがイングランドのメリットだ。
     彼らに戦術はあまり意味を持たない。サッカーはサッカーであって、それを突き詰めていけばいいと考えているからだ。
    フィジカルが強く戦闘能力が高い。戦を好むスタイルだ。
     彼らを相手に戦いに勝つのは難しい。身体が頑強だから空中戦でも強さを発揮する」

    ――どんな試合になるでしょうか?

    「素晴らしい試合になって欲しい。どちらのチームも、もの凄く魅力的なチームとはいえないが……
    素晴らしい試合を演じられる力は持っている。
     そしてどちらがこれから先のサッカーのトレンドとなっていくか見たい。 攻撃的かつ芸術的なスタイルだ。

     チームにアーティストがいればそれだけで輝きが増すが、美しくプレーができるアーティストがいなくとも
    、屈強で戦いに強くよく走れる選手が、スピードと運動量で違いを作り出す。彼らが構築するサッカーもまた美しい。
     サッカーがこれからどこに向かっていくか、この試合からわかるだろう」

    http://number.bunshun.jp/articles/-/831294
    http://number.bunshun.jp/articles/-/831294?page=3
    http://number.bunshun.jp/articles/-/831294?page=4


    【【W杯】クロアチアvsイングランド「どちらが未来のサッカートレンドとなるか」「イングランドに戦術はあまり意味を持たない」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    客席に入り込んでファンサービスする姿を海外メディアが公開「ケイン=大衆の味方」

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は7日、決勝トーナメント準々決勝でイングランドがスウェーデンを2-0で破り、28年ぶりの4強進出。得点ランク首位のエースFWハリー・ケインは不発に終わったが、試合後に客席まで入り込んでファン対応を披露。サインはもちろん、スマホ自撮りに応じるなど“客席の神対応”の様子を海外メディアが画像で紹介し、「大衆の味方」「素晴らしい男」「一流の行いだ」と称賛の嵐となっている。

     一流のストライカーは、ファンサービスも一流だった。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」が公式インスタグラムで公開したのは4枚の画像だった。

     客席に立った赤いユニホームの背番号9。試合を終えたばかりのケインだ。警備員を挟んでたくさんのファンからサインを求められ、それに応じようとまさに手を伸ばしている瞬間だった。2、3枚目は実際にやってきた選手に興奮を隠せず、自撮りで一緒に収まろうとするファンたち。4枚目に至ってはケインがちびっ子のファンと仲良く肩を組んで2ショットに応じている。

     また、英公共放送「BBC」の人気番組「マッチ・オブ・ザ・デイ」が公式ツイッターで公開した1枚は、関係者席だろうか、警備員も不在で普通に客席に馴染み、若い男性2人と自撮りで3ショットに応じている。ノックアウト形式の試合を終えたばかりとは思えない、自然な光景はなんとも微笑ましいものになっている。

    海外ファン称賛「彼の名の前にサー(Sir)を付けるべきだ」

     FOXスポーツは「ハリー・ケイン=大衆の味方」、マッチ・オブ・ザ・デイは「キャプテン」とハートの絵文字付きで紹介。それぞれの画像を見た海外ファンからコメント欄で称賛が送られている。

    「彼の名の前にサー(Sir)を付けるべきだ」
    「だからスポーツが大好きなんだ」
    「このファンたちは彼に愛のシャワーを浴びせたことだろう」
    「一流の行いだ」
    「本当にアメージング」
    「リスペクト」
    「素晴らしい男」

     このように反響が相次ぎ、またケイン自身も同様の画像とともに「試合後にファンと過ごせて本当に良かった。ロシアや故郷からの映像は本当に素晴らしい」と感謝のメッセージをつづっている。

     この日は不発に終わったが、今大会は6得点を挙げ、得点王ランク首位を快走しているケイン。心優しき背番号9は、優勝というプレゼントをファンに贈れるか。準決勝ではクロアチアと激突する。(THE ANSWER編集部)

    スウェーデン戦に出場したハリー・ケイン【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】えっ、そんな場所で… ケイン、試合直後の“神対応”に海外称賛の嵐「一流の行いだ」】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



     イングランド代表のGKジョーダン・ピックフォードがスウェーデン戦後、インタビューに応じた。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

     イングランドは2018 FIFA ワールドカップ ロシア・準々決勝でスウェーデンと対戦。2-0で勝利し、準決勝進出を決めた。イングランドの守護神ピックフォードは同試合でビッグセーブを連発。チームの危機を何度も救い、母国の28年ぶり4強入りに貢献した。マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出されたピックフォードはスウェーデン戦を次のように振り返っている。

    「僕はプレッシャーに負けない。一瞬一瞬をプレーしているんだ。試合に集中しているからだれも気にしないし、自分らしくプレーしているよ」

    「毎日の練習を頑張っているおかげで今夜はクリーンシートを達成できたんだ。全てのセーブが練習での賜物だよ。嬉しいし、良いシーズンを送れている」

    「僕はいつも自分のサッカーを楽しんでいる。毎日ジムやピッチで頑張って練習をする。批評は僕には影響しない。各試合でいつも通りプレーするだけだ」

    「僕たちは僕たちの能力を知っている。ピッチでの能力をコントロールし、チームとしてハードワークしているよ」

     イングランド代表は、7月11日に準決勝でクロアチアと対戦する。

    好セーブ連発のピックフォード [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】イングランドの守護神ピックフォード、好セーブ連発は「練習の賜物」】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    準々決勝2試合、クロアチアは20年ぶり4強

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は7日、決勝トーナメント準々決勝2試合が行われ、イングランドがスウェーデンを2-0で下し、28年ぶりの4強進出を決めた。

     欧州対決となった一戦はスウェーデンが持ち前の堅守を発揮し、堅い展開に。しかし、前半30分にDFハリー・マグワイアがCKから豪快なヘディング弾を叩き込み、均衡を破った。後半14分にはMFデレ・アリも頭で追加点。そのまま逃げ切った。

     クロアチアは開催国ロシアに先制点を奪われながら、前半39分にFWアンドレイ・クラマリッチが同点弾。そのまま延長戦に突入したが1点を取り合い、PK戦へ。1本外したが、4-3で制し、20年ぶりの準決勝進出。決勝進出をかけ、イングランドと激突する。

     4強はすべて欧州勢となった。(THE ANSWER編集部)

    スウェーデンを下したイングランド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】4強はすべて欧州勢! イングランドは28年ぶり、クロアチアも…W杯決勝T勝ち上がり】の続きを読む

    このページのトップヘ