Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イングランド



    (出典 portal.st-img.jp)



    客席に入り込んでファンサービスする姿を海外メディアが公開「ケイン=大衆の味方」

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は7日、決勝トーナメント準々決勝でイングランドがスウェーデンを2-0で破り、28年ぶりの4強進出。得点ランク首位のエースFWハリー・ケインは不発に終わったが、試合後に客席まで入り込んでファン対応を披露。サインはもちろん、スマホ自撮りに応じるなど“客席の神対応”の様子を海外メディアが画像で紹介し、「大衆の味方」「素晴らしい男」「一流の行いだ」と称賛の嵐となっている。

     一流のストライカーは、ファンサービスも一流だった。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」が公式インスタグラムで公開したのは4枚の画像だった。

     客席に立った赤いユニホームの背番号9。試合を終えたばかりのケインだ。警備員を挟んでたくさんのファンからサインを求められ、それに応じようとまさに手を伸ばしている瞬間だった。2、3枚目は実際にやってきた選手に興奮を隠せず、自撮りで一緒に収まろうとするファンたち。4枚目に至ってはケインがちびっ子のファンと仲良く肩を組んで2ショットに応じている。

     また、英公共放送「BBC」の人気番組「マッチ・オブ・ザ・デイ」が公式ツイッターで公開した1枚は、関係者席だろうか、警備員も不在で普通に客席に馴染み、若い男性2人と自撮りで3ショットに応じている。ノックアウト形式の試合を終えたばかりとは思えない、自然な光景はなんとも微笑ましいものになっている。

    海外ファン称賛「彼の名の前にサー(Sir)を付けるべきだ」

     FOXスポーツは「ハリー・ケイン=大衆の味方」、マッチ・オブ・ザ・デイは「キャプテン」とハートの絵文字付きで紹介。それぞれの画像を見た海外ファンからコメント欄で称賛が送られている。

    「彼の名の前にサー(Sir)を付けるべきだ」
    「だからスポーツが大好きなんだ」
    「このファンたちは彼に愛のシャワーを浴びせたことだろう」
    「一流の行いだ」
    「本当にアメージング」
    「リスペクト」
    「素晴らしい男」

     このように反響が相次ぎ、またケイン自身も同様の画像とともに「試合後にファンと過ごせて本当に良かった。ロシアや故郷からの映像は本当に素晴らしい」と感謝のメッセージをつづっている。

     この日は不発に終わったが、今大会は6得点を挙げ、得点王ランク首位を快走しているケイン。心優しき背番号9は、優勝というプレゼントをファンに贈れるか。準決勝ではクロアチアと激突する。(THE ANSWER編集部)

    スウェーデン戦に出場したハリー・ケイン【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】えっ、そんな場所で… ケイン、試合直後の“神対応”に海外称賛の嵐「一流の行いだ」】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



     イングランド代表のGKジョーダン・ピックフォードがスウェーデン戦後、インタビューに応じた。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

     イングランドは2018 FIFA ワールドカップ ロシア・準々決勝でスウェーデンと対戦。2-0で勝利し、準決勝進出を決めた。イングランドの守護神ピックフォードは同試合でビッグセーブを連発。チームの危機を何度も救い、母国の28年ぶり4強入りに貢献した。マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出されたピックフォードはスウェーデン戦を次のように振り返っている。

    「僕はプレッシャーに負けない。一瞬一瞬をプレーしているんだ。試合に集中しているからだれも気にしないし、自分らしくプレーしているよ」

    「毎日の練習を頑張っているおかげで今夜はクリーンシートを達成できたんだ。全てのセーブが練習での賜物だよ。嬉しいし、良いシーズンを送れている」

    「僕はいつも自分のサッカーを楽しんでいる。毎日ジムやピッチで頑張って練習をする。批評は僕には影響しない。各試合でいつも通りプレーするだけだ」

    「僕たちは僕たちの能力を知っている。ピッチでの能力をコントロールし、チームとしてハードワークしているよ」

     イングランド代表は、7月11日に準決勝でクロアチアと対戦する。

    好セーブ連発のピックフォード [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】イングランドの守護神ピックフォード、好セーブ連発は「練習の賜物」】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    準々決勝2試合、クロアチアは20年ぶり4強

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は7日、決勝トーナメント準々決勝2試合が行われ、イングランドがスウェーデンを2-0で下し、28年ぶりの4強進出を決めた。

     欧州対決となった一戦はスウェーデンが持ち前の堅守を発揮し、堅い展開に。しかし、前半30分にDFハリー・マグワイアがCKから豪快なヘディング弾を叩き込み、均衡を破った。後半14分にはMFデレ・アリも頭で追加点。そのまま逃げ切った。

     クロアチアは開催国ロシアに先制点を奪われながら、前半39分にFWアンドレイ・クラマリッチが同点弾。そのまま延長戦に突入したが1点を取り合い、PK戦へ。1本外したが、4-3で制し、20年ぶりの準決勝進出。決勝進出をかけ、イングランドと激突する。

     4強はすべて欧州勢となった。(THE ANSWER編集部)

    スウェーデンを下したイングランド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】4強はすべて欧州勢! イングランドは28年ぶり、クロアチアも…W杯決勝T勝ち上がり】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     イングランド代表のハリー・ケインは、ロシア・ワールドカップでここまで3試合6ゴールを記録し、得点ランキングのトップに立っている。コロンビアとの決勝トーナメント1回戦では、先制点となるPKを決めて勝利に貢献。母国に1966年大会以来、52年ぶりの優勝をもたらすべく、チームを牽引している。注目の準々決勝を前にイングランドのエースについて「知っておきたい4つのこと」を紹介する。

    ■他国の代表でプレーしていた可能性も?

     ユース時代からイングランド代表でプレーしていたが、父親の母国であるアイルランド代表選手としてプレーする資格を持っていた。当時、アイルランド代表を率いていたマーティン・オニール監督は実際に招集を試みたが、本人は引き続きイングランド代表でプレーすることを選択した。

    ■生まれながらのトッテナムサポーター

     トッテナムの本拠地ホワイト・ハート・レーンから、わずか5マイル(約8キロ)の距離にあるチングフォードで生まれ、幼い頃からトッテナムサポーターとして育った。ユースチームを経て2011年に、念願のトップチームデビューを果たした。

    ■“ライバルチーム”からスタートした選手キャリア

     生粋のトッテナムファンでありながら、キャリアをスタートさせたのは、同じノースロンドンを本拠地とする宿敵アーセナルだった。もっとも「太っていた」という理由でユースチームを追われ、2年後に愛するクラブへ加入した。

    ■世界で最も市場価値が高い選手

     2015-16シーズン、2016-17シーズンと2年連続でプレミアリーグ得点王を獲得するなど、プレミアリーグ屈指のストライカーに成長。スイスのスポーツ研究国際センター(CIES)が今年6月に発表した「サッカー選手の市場価値ランキング」でクリスティアーノ・ロナウド(約133億円)、リオネル・メッシ(約238億円)を抑えて、堂々の1位に輝いた(約260億円)。

    得点ランクトップに立つケイン [写真]=Icon Sport via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】得点ランク1位のケインについて「知っておきたい4つのこと」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/07/04(水) 07:34:03.13 ID:CAP_USER9.net

    7/4(水) 7:20配信
    デイリー新潮
    なぜイギリス代表ではなくイングランド代表なのか? にわかファンのためのW杯世界史談議

     連日の熱戦で楽しませてくれるW杯、寝不足気味で見過ごしがちだが、ふと立ち止まってみると素朴な疑問も湧いてくる。たとえば「イングランド代表」。なぜ「イギリス代表」ではないのか。イギリスはイングランドのほかは予選で敗退しているものの、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドと、あわせて4つの代表チームをW杯に送り込んでいる。

     これはW杯を主宰する国際サッカー連盟(FIFA)が誕生する前から英国4地域がそれぞれ独立してサッカー協会を持っていたことに因む。イギリスはひとつの国というよりは、複数の王国の連合と考えた方が正しいのだ。立命館アジア大平洋大学学長の出口治明さんの著書『全世界史』(新潮文庫刊)を紐解くと……

    〈スコットランド王がイングランド王を兼務することによって、両国は同君連合の関係になりました。この2国が一体化するのは100年少し後の1707年で、そのときからグレートブリテン王国と呼ばれます。さらにそれから100年近くが過ぎた1801年にアイルランドを加えて、連合王国となります〉

     ちなみにイングランド代表のユニフォームに入っている3頭のライオンとバラによるロゴマークはテューダー朝とプランタジネット朝の紋章を組み合わせたものだ。同じロゴマークでいえばフランス代表はニワトリでお馴染みだが、これはニワトリを意味するラテン語と、フランスの古名であるガリアが同じ言葉であることによる。独特な臭いで有名なフランスのタバコ「ゴロワーズ」も同じ言葉が語源だ。稀代の指導者ユリウス・カエサルはこのガリアを征服したことで政治的基盤を固めた。


     そのフランス代表のエース選手が今大会の新星となったキリアン・エムバペ(カメルーン)をはじめとして、ティエリ・アンリ(グアドループ系)やジネディーヌ・ジダン(アルジェリア系)などアフリカ系が多いのも不思議だ。これはフランスがかつてアフリカなどさまざまな地域を植民地化し、奴隷貿易に励んだ名残り。フランスの植民地政策を変えたのは第2次大戦後にフランスを率いたシャルル・ド・ゴール首相。出口さんは彼の決断をこう評する。

    〈ド・ゴールは、インドシナ半島で、ホー・チ・ミン相手にフランスが泥沼状態に陥ってしまったことをよく理解していました。そこで1959年9月に、アルジェリアの民族自決を認めます。(中略)国家と民族の行く末を冷静に見据えたド・ゴールの政治家としての決断は、賞賛に値すると思います。1962年、アルジェリアは独立を果たしました〉

     こうして第2次世界大戦後、多くの植民地は独立したが、働き口を求めて旧宗主国に移民した旧植民地出身者の子どもたちが、フランス代表を担っているのだ。

     このように、世界史の反映としてW杯をみるもの、また一興だろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180704-00544834-shincho-spo


    【【海外サッカー】なぜイギリス代表ではなくイングランド代表なのか? にわかファンのためのW杯世界史談議】の続きを読む

    このページのトップヘ