Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イングランド



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 Egg ★ :2018/10/16(火) 06:01:00.65 ID:CAP_USER9.net

    UEFAネーションズリーグが15日に行われ、スペインがイングランドを相手に完敗を喫した。

    ネーションズリーグ・グループ4で連勝中のスペインはイングランドと対戦。両チームともにロシア・ワールドカップのメンバーが中心となった一方で、スペインはジョニー、イングランドはベン・チルウェル、ロス・バークリーなどが先発した。

    試合は前半から驚きの展開に。16分、マーカス・ラッシュフォードのアシストでラヒーム・スターリングが先制点を挙げると、29分にはラッシュフォード、38分にはスターリングと追加点を決め、前半だけで3点差に。

    それでも、後半スペインは反撃に。交代で入った絶好調のパコ・アルカセルが1点を返すと、アディショナルタイムにはセルヒオ・ラモスが決め、1点差に。しかし、同点に追いつくまでには至らず、2-3で敗れた。

    一方、グループ2ではスイスがアイスランドを2-1と下して、2勝目。3連敗となったアイスランドはリーグBへの降格が決まった。

    その他の試合結果は以下の通り。

    ■リーグA

    アイスランド 1-2 スイス

    スペイン 2-3 イングランド

    ■リーグB

    ボスニア・ヘルツェゴヴィナ 2-0 北アイルランド

    ■リーグC

    エストニア 3-3 ハンガリー

    フィンランド 2-0 ギリシャ

    ■リーグD

    ベラルーシ 0-0 モルドバ

    ルクセンブルク 3-0 サンマリノ

    10/16(火) 5:52配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000023-goal-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【海外サッカー】<UEFAネーションズリーグ>スペイン、前半だけで3失点…猛反撃も及ばずイングランドに敗戦...】の続きを読む



    (出典 number.ismcdn.jp)



     37歳の元イングランド代表DFジョン・テリーが7日、インスタグラムで現役引退を表明した。

     インスタグラム投稿された画像には、以下のようなメッセージられている。

    「フットボーラーとして素晴らしい23年間だった。今、引退することを決めた」

    「沢山の人にありがとうと言いたい。妻のトーニ、息子ジョージとサマーは、のキャリアで本当に大切なものだった。彼らなしにはここまで来ることはできなかっただろう。心から愛している」

    「また、両親のテッドスーにも感謝したい。の夢、サッカー選手になる機会を与えてくれた。兄弟ポールも、のキャリアなどについて相談にのってくれたね。助言もくれた。家族や友人らに本当に感謝を伝えたい」

    14歳の時、は最高で最大の決断を下した。チェルシーサインしたんだ。このクラブの人たちがにとってどういう存在だったが、言葉では言い表せない。ファンのみんなは特にね」

    ピッチ内外でサポートしてくれたし、サポーターとは本当に素晴らしいを築けた。そして、たちは多くの素晴らしい思い出を共有してきた。サポーターなしでは何もなし得なかっただろう。君たちは世界で最高のサポーターだ」

    素晴らしいチームメイトコーチ監督、そしてスタッフにも感謝したい。一緒に仕事できたことを光栄に思う。彼らがいたから、するクラブ717試合も出ることが出来たと思う。そこでキャプテンを務めることが出来たのは、の特権だった」

    「みんながいたから子供の頃からの夢をえることが出来たよ。イングランドキャプテンを務めることも出来た。本当に誇りに思う」

    フットボール人生とこの心はいつもチェルシーと共にある」

    「また、1999年ローン移籍したノッティガム・フォレストにも感謝しているよ。ここでは選手として成長することが出来た。そしてもちろん、アストン・ヴィラにも大きな感謝をしないといけない。このようなビッグクラブキャプテンを務める機会をくれた。かけがえのない経験だった」

    「これから、人生の次の章に進めることと、次の挑戦を楽しみにしている」

     テリーチェルシーの下部組織育ち。1998年17歳トップチームデビューを果たして以降、21年間に渡ってチェルシーの第一線で活躍してきた。

     その間に獲得したタイトルは「15」にのぼり、プレミアリーグは5回優勝。また、チャンピオンズリーグヨーロッパリーグ優勝も経験してきた。

     イングランド代表としては、2003年セルビアモンテネグロ代表戦でデビューし、2006年からはキャプテンに就任。通算78キャップを誇っている。

     チェルシークラブ公式ツイッターで、「チェルシーでの21年間で15個のトロフィー歴史上、最も素晴らしいキャリアを築いたイギリス人の1人。これから最高の人生を、JT」と、テリー引退感謝の言葉を添えている。

     なお、テリー2017年チェルシーを退団し、昨季はアストン・ヴィラプレー。今契約満了後は所属の状態が続いていた。

    チェルシーのレジェンド、ジョン・テリー [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【引退】37歳の元英代表DFテリー、現役引退を発表「素晴らしい23年間だった」】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    イングランドサッカー協会(FA)は10日、トッテナムMFデレアリが負傷により離脱することを発表した。

    FAによると、デレアリ土曜日に行われたスペイン代表とのUEFAネイションズリーグ先発出場。その試合でで軽い離れを起こしており、チームから離脱したとのことだ。

    デレアリは、そのままトッテナムに戻り、復帰に向けて動くとのこと。また、イングランド代表は追加招集を行わないとしている。

    イングランド代表は、11日にキングパワー・スタジアムでスイス代表とフレンドリーマッチを行う。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】デレ・アリが肉離れによりイングランド代表を離脱《国際親善試合》】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/09/09(日) 01:40:02.81 ID:CAP_USER9.net

    イングランド代表FWのハリー・ケインは、ワールドカップ得点王に輝いたもののまだまだ成長できると語った。

    ロシアで行われたワールドカップでゴールデンブーツ(得点王)を獲得し、キャプテンとしてもイングランド代表の28年ぶりとなるベスト4進出に貢献したケイン。ベスト16までに6ゴールを挙げる活躍を見せたが、準々決勝以降、無得点に終わった同選手は、UEFAネーションズリーグ開幕戦のスペイン代表戦を前に『スカイスポーツ』でもっと成長できる可能性があると話した。

    「正直言って、ワールドカップで僕自身はもっと良い形で終われる可能性があった。もちろん最高の大会で、いくつかの良いゴールを決めたし、重要な得点も挙げた。でも、フィニッシュや特定の動きに関して言えばさらに良いプレーができる可能性もあったが、これは成長の過程の一部だ」

    また、スペイン戦前の会見では、世界最高の2選手リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドとの比較に関する質問に対しても回答した。

    「僕自身と彼ら2人を比べるなんてできない。あの2人は信じられないようなことを10年間やり続けた。2人は全ての選手が目標とする最高の存在だ。ワールドカップのトップスコアラーで終えられたことに本当に誇りを感じている。でもあのレベルにまで手が届いたとは思えない。僕はさらに成長することを目標にしている」

    なお、ケインはツイッターで8日のスペイン代表との一戦で、ナイキが作製した金色のスパイクを着用することを発表した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00000018-goal-socc


    【【プレミアリーグ】 ケイン、W杯得点王に輝くもさらなる飛躍を誓う「まだメッシとC・ロナウドのレベルには…」】の続きを読む



    (出典 userdisk.webry.biglobe.ne.jp)



    1 春の呪い ★ :2018/09/05(水) 21:43:51.10 ID:CAP_USER9.net

    元イングランド代表のデビッド・ベッカムがオーナーを務めるクラブの名前が正式に決まった。マイアミに新設されたクラブの名前は“インテル・マイアミCF”に決定した。

    2020年から参入予定となっているクラブの名前が決まったことにベッカムも喜びを表した。
    「4年前、私たちはサッカークラブを夢見ていました。今日、私たちは新しいチームであるインテル・マイアミの名前とエンブレムを発表で着て誇りに思ってます。THIS IS US.THIS IS MIAMI」
    ベッカムは自身のInstagramでこのように綴った。

    MLS参入はまだ先であるが、着々と発展しつつあるリーグでどのようなチームを作り上げるか、オーナーであるベッカムから目が離せない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00010016-sportes-socc


    【【海外サッカー】ベッカムがオーナー務めるクラブの名前が決定!】の続きを読む

    このページのトップヘ