Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イングランド



    (出典 img.footballchannel.jp)



    クリスタル・パレス戦で右足を負傷し交代

     6月に開催されるロシア・ワールドカップ(W杯)を前に、最近ではブラジル代表FWネイマールを筆頭に負傷者が続出している。そして3月31日には、リバプールのイングランド代表MFアダム・ララーナが悲劇に見舞われてしまった。

     その場面は、プレミアリーグ第32節の敵地クリスタル・パレス戦(2-1)で起こった。後半20分にオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムに代わり途中出場を果たしたララーナだったが、直後の同23分に相手のボールホルダーにプレッシャーをかけた際に右足を負傷。担架に乗らず歩いてピッチを後にしたが、状況が心配されていた。

     この負傷に対してリバプールの指揮官であるユルゲン・クロップ監督は、「深刻そうに見えた」と述べたものの、W杯出場を危うくするかどうかを判断するのは「時期尚早だ」と主張している。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じた。

     試合後、ララーナはハムストリングの負傷を受けて松葉杖姿でスタジアムを後にしたように、イングランド代表としてW杯に出場するチャンスが危惧されているが、会見でクロップ監督は「結果を早期に求めてしまうことはいいことではない」と、自身の見解を明かしている。

    診断結果は不透明も「間違いなく良くない状況」

    「これは間違いなく良くない状況です。しかし、それがどれほどのものかは正確には分からない。最初に見た瞬間は、正直本当に深刻なように見えました」

     加えて、診断結果についてはまだ分かっていない状況の中ではあるが、ララーナの負傷は代表だけでなく、リバプールにとっても大きな損失になるとクロップ監督は語っている。

    「私たちは彼が帰ってくるのを待っています。そして戻ってくるまで、一歩一歩前に進んでいかないといけません。これは私たちにとって大きな、大きな打撃です」

     リバプール、そしてイングランド代表の関係者すべてがララーナの復帰を待っている。軽傷か、重傷か。まだその答えは出ていないが、果たして今夏のW杯でララーナの姿は見られるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    クリスタル・パレス戦で右足を負傷したMFアダム・ララーナ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】W杯出場に暗雲? 英代表MFララーナが負傷、クロップ監督「深刻そうに見えた」】の続きを読む



    (出典 contents.gunosy.com)



     27日に行われるイタリア代表との親善試合に向けて調整中のイングランド代表だが、マンチェスター・Uに所属する同代表MFジェシー・リンガードが、26日、滞在しているホテルでのセキュリティの不備により、宿泊している部屋に一般のファンを招き入れてしまったことが明らかになった。同日付のイギリス紙『ザ・サン』が報じている。

     事件が起きたのは、イングランド代表がウェンブリー・スタジアムで試合を行う際、定期的に宿泊しているワトフォード近郊のホテル『ザ・グローブ』。厳しいセキュリティ体制を敷いていることで知られる同ホテルだが、今回はリンガードの部屋にファンの侵入を許してしまった。

     前日に自身が同ホテル内のプールで使用した水着を入れたビニールバッグを持ち歩いていたというこのファンが代表選手たちとの接触を試みたところ、ある代表コーチが誤って彼をホテル内に招き入れてしまったという。

     セキュリティを突破したファンがその後、リンガードの部屋のドアを叩いてルームサービスを名乗ると、同選手は予約していた散髪師が到着したものと勘違いし、そのファンを部屋に招き入れてしまった。

     部屋の侵入に成功したファンは、同室のFWマーカス・ラッシュフォードも交えて、3人で会話を交わすことに成功。およそ10分後に本物の散髪師が現れ、事態が発覚したという。

     幸い選手たちに危害が及ぶなどのトラブルはなかったとのことだが、イングランド代表のセキュリティ体制には大きな疑問が残ることとなった。

    (記事/Footmedia)

    代表コーチの手違いでリンガードの部屋にファンの侵入を許してしまったようだ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【事件?】イングランド代表MFリンガードが滞在するホテルにファンが侵入…】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 Egg ★ :2018/03/26(月) 19:01:07.43 ID:CAP_USER9.net

    イングランド代表は安定性に欠けるチームで、ワールドカップ本戦ではどっちに転ぶかわからないとハビエル・クレメンテ氏は考えているようだ。


    ガレス・サウスゲイト監督率いるイングランド代表は、8勝2分けと圧倒的な強さで欧州予選を勝ち抜き、ワールドカップ本戦の切符を獲得。

    しかし、2016年のユーロではベスト16でアイルランドに屈するなど、毎回のように大舞台で期待通りの成績を残せていない。

    ビッグトーナメントで優勝候補に挙げられながらも早々に敗退するイングランド代表の現状に、1994年と1998年のワールドカップでスペイン代表を率いたクレメンテ氏は「一貫性の欠如」が問題と指摘。優勝のチャンスがあるとするも、予期せぬ結果に出会う可能性もあると『オムニスポーツ』で話した。

    「ヨーロッパのベストチームはドイツ、フランス、そしてスペインだ。他のチームも良いフットボールをしているが、この3チームがベストだ。ただ、私はイングランドにもこの3チームの中に割って入るだけの力があると予想している。しかし、彼らはアップダウンの激しいチームだからどうなるか分からない」

    「イングランドは本当に素晴らしいプレーをする可能性もあるが、同時に全てのチームに負ける危険性もある。明確な理由はわからないが、その根幹はイングランドフットボール界の内部にあるのかもしれない。しかし、私は彼らのファンで、常に彼らの勝利を願っている。これは私の個人的な見解にすぎず、戦術面を分析したわけではない。本番を楽しみにしている」

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    3/26(月) 11:29配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000002-goal-socc


    【【海外サッカー】<イングランド>なぜ大舞台で勝てないのか?ビッグトーナメントで優勝候補に挙げられながらも早々に敗退する現状…】の続きを読む



    (出典 news.walkerplus.com)



    【サッカー英雄列伝|No.4】デイビッド・ベッカム(前編)――愛憎渦巻いた不世出の名キッカー

     イングランドが生んだ“貴公子”であり、鮮やかな放物線を描くアーリークロスとフリーキック――。デイビッド・ベッカムは、1990年代後半から2000年代前半のサッカーシーンにおいて、その美しい軌道とは対照的なまでに激動のキャリアを歩んだ。

     ベッカムは1975年にイギリスの首都ロンドンの近郊で生まれた。イングランドの、そして世界中を見渡しても名門として知られるマンチェスター・ユナイテッドとプロ契約をしたのが93年1月。ベッカムが18歳になる4カ月前のことだった。そして、95年4月にプレミアリーグでデビューを果たした。

     名将アレックス・ファーガソン監督は、ポール・インスなどの名選手がクラブを去っていったこの時期、ベッカムに加えてギャリーとフィリップのネビル兄弟やポール・スコールズ、ニッキー・バットといった次代を担う若手をチームの屋台骨に据えた。

     96年には、ベッカムは名門の背番号「10」をつける。開幕戦では、ハーフウェーライン付近からの超ロングシュートを決めてその名を轟かせた。しかし、その若武者が世界的に稀有な才能を持っていることが広まっていくのは、97年夏にエリック・カントナの引退を受けて、クラブにとって特別な背番号「7」を受け継いでからだった。


    98年W杯敗退で大バッシング 「10人のライオンと1人の愚か者」

     その頃のベッカムは、1996年の欧州選手権を終えたイングランド代表にもコンスタントに招集されるようになっていた。甘いマスクは女性ファンを惹きつけ、男性ファンからは妬みの対象にもなる。そうしたなか、ベッカムがイングランドにおいて決定的な“悪者”になったのが、98年のフランス・ワールドカップ(W杯)だった。

     決勝トーナメント1回戦でアルゼンチンと対戦したイングランドは、前半を2-2で終えた。しかし、後半開始直後に「事件」が起きる。

     ベッカムが中盤でパスを受けた時、相手のMFディエゴ・シメオネが激しいチャージでベッカムを倒した。そしてそのはずみを利用しベッカムの背中を手で押さえつけた。ホイッスルが鳴り、倒れ込んだままのベッカムが右足を跳ね上げてシメオネの太腿を蹴ると、百戦錬磨のシメオネは大袈裟に顔をしかめて転倒する。その全てが、イエローカードを手にシメオネに寄ってきた主審の目の前で起きた。直後、その手はレッドカードをベッカムへ向けた。

     結局、10人になったイングランドはこのゲームをPK戦の末に敗れる。ベッカムに待っていたのは、容赦ないバッシングの嵐だった。英紙「デイリー・ミラー」が記した有名な一節が「10人のライオンと1人の愚か者」というもの。“スリー・ライオンズ”の愛称を持つイングランド代表の中で、愚かと名指しされた対象は明らかだった。

     さらに翌年、ベッカムは有名グループ「スパイス・ガールズ」のヴィクトリア嬢との結婚を発表する。これによって、さらに多くのファンを敵に回した。華やかな芸能界との関係が深くなることは、後に批判から庇い続けてくれた名将との関係悪化を招くことにもつながっていく。


    CL決勝で奇跡の大逆転劇を呼び込んだ2本のCK

     とはいえ、この時期がユナイテッドのベッカムとしては最も輝かしい時期だったのも事実だ。前線にドワイト・ヨーク、アンディ・コールといった空中戦マスターがいるなかで、ベッカムのアーリークロスは幾多のゴールを生んだ。逆サイドのライアン・ギグスや、中央を締めるロイ・キーンとポール・スコールズといった陣容は、歴代でもベストの中盤との呼び声も高い。

     98年フランスW杯を終えてスタートしたシーズン、ユナイテッドはリーグ、FA杯、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の三冠を達成。そのなかでバイエルン・ミュンヘンと激突したCL決勝の大逆転劇は、今でも語り草となっている。

     バイエルンの1点リードで迎えた後半アディショナルタイム、ベッカムが蹴ったCKからテディ・シェリンガムが同点ゴール。さらに2分後、再びベッカムのCKをシェリンガムが頭でつなぐと、オーレ・グンナー・スールシャールが蹴り込んで劇的な逆転勝利になった。いずれもベッカムの正確なキックが導いたものとして、その名声もまた確かなものになった。

     そうした活躍が続くなか、イングランド代表での目標は2002年の日韓W杯。出場を決めたギリシャ戦では、後半アディショナルタイムに直接FKを決める印象的な活躍を見せた。しかし、大会を2カ月後に控えた時期に左足を骨折。大舞台に間に合わせるために、今ではポピュラーになった酸素カプセルを利用したリハビリを行った。これが後に「ベッカム・カプセル」として、日本での話題をさらうことになった。


    呪縛を解き放った2002年日韓W杯アルゼンチン戦の決勝PK

     そして迎えた本大会で、イングランドは因縁のアルゼンチンと同組になった。この試合の会場となった札幌ドームでは、フーリガン対策も含めた厳戒態勢が敷かれることになる。前半43分、オーウェンの突破でPKを得たイングランドは、ベッカムがボールを手にPKスポットへ。キックミスか、それともGKが動くことを狙ったのか、ボールはキッカーから見て中央のやや右下という危険なコースに飛んだ。しかし、ベッカムの気迫が乗り移ったかのようなボールは、相手GKの足に当たることなくゴールへ。これが決勝点になり、ベッカムはアルゼンチンへのリベンジを果たした。

     結局、イングランドは準々決勝で後に優勝を勝ち取るブラジルに敗れて大会を去った。しかし、イングランドの全5試合が日本で開催されたことにより、国内では空前の“ベッカム・フィーバー”が巻き起こっていた。

     その一方で、ベッカムとファーガソン監督の関係は修復不可能なところまでいっていた。関係の破綻が決定的になる出来事も起こることになり、ベッカムがユナイテッドに別れを告げる時はすぐそこに迫っていた。

    (後編へ続く)


    (Football ZONE web編集部)

    空前の“ベッカム・フィーバー”となった2002年日韓W杯。イングランド代表は全5試合を日本で戦った【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ベッカムが放つ稀有なスター性 奇跡を呼んだ“魔法の右足”と「愚か者」からの復活劇…】の続きを読む



    (出典 www.sun-hoken.com)



    1 Egg ★ :2018/03/18(日) 07:30:32.08 ID:CAP_USER9.net

    イギリスとのロシアとの外国関係悪化により、イングランド代表がロシア・ワールドカップ出場をボイコットすることになったとすれば、代替チームとしてイタリア代表が出場する可能性もあるという見方を伊紙『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。

     今月4日にイギリス国内で、ロシアの元スパイであるセルゲイ・スクリパリ氏とその娘が意識不明の重体で発見された。2人に対しては旧ソ連軍が開発した神経剤が用いられたと判明し、英国はロシアが関与したとして説明を求めているが、ロシア側は関与を否定している。

     これにより、両国間には緊張関係が漂っている。英国のテリーザ・メイ首相はロシア外交官に国外退去を要請するとともに、今年夏のロシア・ワールドカップには英国の閣僚および王室関係者が出席しないことも明らかにした。

     今後事態がさらに悪化した場合、イングランド代表が出場をボイコットするという話も再浮上してくるかもしれない。その場合、イタリア代表が代替出場することもあり得ると伊紙は伝えている。

     イタリア代表は昨年11月に行われた欧州予選プレーオフでスウェーデン代表に敗れ、ロシア大会出場を逃すことになった。だがその後、ペルー代表やスペイン代表などが政治問題により出場権を剥奪される可能性があるという話が出てくるたびに、代替出場の可能性が噂されていた。

     もしワールドカップ本大会に出場しないチームが出てきた場合は、国際サッカー連盟(FIFA)が代替チームを決定すると定められている。予選での成績やランキングなどによる明確な基準は定められてないため、FIFAの判断次第でどのチームが出場する可能性もあるということになる。

    3/18(日) 7:03配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180318-00261172-footballc-socc

    【サッカー】<イングランド>W杯ボイコットなら次のW杯から予選排除される可能性...
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1521284587/


    【【海外サッカー】<イタリア代表>またもW杯「代替出場」の噂…イングランドがボイコットなら…?】の続きを読む

    このページのトップヘ