Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イングランド



    (出典 f.image.geki.jp)



     FA(イングランドサッカー協会)は19日、2018年の同国年間最優秀選手を発表。ファン投票の結果、トッテナムイングランド代表FWハリーケインが2年連続で受賞した。

     ケインは昨年開催された2018 FIFA ワールドカップ ロシアでは、6ゴールを挙げて大会得点王(ゴールデンブーツ賞)に輝いた。イングランド代表の28年ぶりベスト4進出に大きく貢献。UEFAネーションズリーグでもグループステージ突破に貢献した。これらの大会を通じて、2018年は代表として公式戦計12試合に出場して8ゴールを記録。

     年間最優秀選手賞を受賞したケインは次のように喜びのコメントを残した。

    「2年連続で最優秀選手に選ばれ、とても誇りに思う。この賞はファンに認められたという証だ。僕は(イングランド代表)ガレス・サウスゲート監督やスタッフたちと、前向きな結果を実現するため一丸となって努力してきた。昨年が最高の年とならないよう、継続的に進歩していくよ」

    ロシアW杯でゴールデンブーツ賞を受賞したケイン [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】ケイン、2018年の英国最優秀選手に2年連続で輝く! ロシアW杯では得点王】の続きを読む



    (出典 www.manutd.com)



    1 Egg ★ :2019/01/07(月) 08:36:51.70 ID:C3I/v8cg9.net

    サッカーの元イングランド代表のスター選手で米プロリーグ、MLSのDCユナイテッドに所属するFWルーニーが昨年12月にワシントン郊外のダレス国際空港で酩酊により逮捕されていたことが分かった。AP通信が6日に伝えた。

     裁判所の文書によるとルーニーは公衆で酔っぱらった状態で悪態をついていたといい、既に25ドル(約2700円)の罰金を支払った。

     33歳のルーニーは2003年に17歳で代表デビューし、歴代最多53ゴールを挙げた名ストライカー。昨年からMLSでプレーしている。

    1/7(月) 7:46配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000017-kyodonews-socc


    【【海外サッカー】<元イングランド代表>ルーニーを逮捕!?】の続きを読む



    (出典 bettingtop10-rswblznrheq6hezffrzu.netdna-ssl.com)



    ロンドン 18日 ロイター] - 欧州サッカー連盟UEFA)が新設した各国代表によるリーグ戦「UEFAネーションズリーグ」は18日、各地で試合を行い、イングランドホームワールドカップ(W杯)ロシア大会準優勝のクロアチアを2─1で破り、準決勝進出を決めた。

    イングランドは後半12分、アンドレイ・クラマリッチに先制点を許すも、同33分にジェシー・リンガードゴールで同点とすると、同40分にはベン・チルウェルのFKからハリー・ケインが決勝弾を決めた。

    この結果、イングランドは全4試合を2勝1分け1敗の勝ち点7で終え、グループ首位で準決勝進出を決めた。スペインは2勝2敗の同6で2位。クロアチアは1勝1分け2敗の同4で降格となった。

    決勝トーナメントは来年6月にポルトガルで開催される。

     11月18日、欧州サッカー連盟(UEFA)が新設した各国代表によるリーグ戦「UEFAネーションズリーグ」で、イングランドはホームでクロアチアを2─1で破り、準決勝進出を決めた。写真は決勝弾を決めたハリー・ケイン(2018年 ロイター)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イングランドがクロアチア下し、準決勝へ】の続きを読む



    (出典 public0.potaufeu.asahi.com)



    ロンドン 15日 ロイター] - サッカーの国際親善試合が15日にロンドンで行われ、ウェイン・ルーニー(33)が1試合限りの代表復帰を果たしたイングランドは米国に3─0で勝利を収めた。

    かつてイングランドマンチェスター・ユナイテッドマンU)やエバートンで活躍したルーニーは、現在米メジャーリーグサッカーMLS)のDCユナイテッドプレーしている。代表では通算119試合で歴代最多53得点を記録し、2017年8月に引退したが、今試合で1試合限りの復帰を果たした。

    2─0のリードで迎えた後半13分からピッチに立った同選手は、ゴールこそ奪えなかったものの、パススキルなどを披露。イングランドは同32分にこの日が代表デビューだったカラムウィルソンネットを揺らして、完勝した。

    ルーニーは試合後に、「今夜は素晴らしかった。代表キャリアの最高の終わり方で、選手も非常にいいプレーをしたと思う。残念ながらゴールは決められなかったが、ずっと忘れない。今後はゆっくり座って彼らを見ることができる。今週私が見たことからすると、イングランドは安泰だ」と述べた。

     11月15日、サッカーの国際親善試合がロンドンで行われ、ウェイン・ルーニー(33)が1試合限りの代表復帰を果たしたイングランドは米国に3─0で勝利を収めた(2018年 ロイター/Toby Melville)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】ルーニー代表最終戦、イングランドが快勝】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    ロンドン 14日 ロイター] - サッカーイングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督は14日、15日に行う米国との国際親善試合でウェイン・ルーニー(33)が背番号10をつけ、キャプテンマークを巻いてプレーすると明らかにした。

    ルーニーはこの米国戦がイングランド代表として120試合目の出場となり、代表引退試合となることが決まっている。サウスゲート監督は、チームの主将はファビアン・デルフであるものの、ルーニーピッチに入る際にはキャプテンマークを渡す予定であることを明かした。

    サウスゲート監督は「私たちの誰もがルーニーに大きなリスペクトの念を持っており、彼のラストゲームは10番を着用すべきだと感じている」と述べた。

    ルーニーを1試合限定でプレーさせることには国内で批判もあったが、サウスゲート監督は「最も重要なのは、イングランド代表に彼がしてきたことや与えてくれたことに私たちがどのような価値を認めているかということだ」と述べた。

     11月14日、サッカーのイングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督は、15日に行う米国との国際親善試合でウェイン・ルーニー(写真)が背番号10をつけ、キャプテンマークを巻いてプレーすると明らかにした(2018年 ロイター)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】ルーニー、「10番」でラストマッチへ】の続きを読む

    このページのトップヘ