Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イングランド


    31歳ルーニー、イングランド代表引退を表明。歴代最多の53ゴールを記録 | ニコニコニュース



    イングランド代表を引退するウェイン・ルーニー【写真:Getty Images】
    フットボールチャンネル

     エバートンに所属する31歳のFWウェイン・ルーニーは23日、イングランド代表からの引退を表明した。

     昨季マンチェスター・ユナイテッドで出場機会の減少していたルーニーは、今年の3月と6月の代表招集から落選。だが今季から移籍した古巣エバートンでプレミアリーグ開幕からの2試合連続ゴールを決めるなど調子を取り戻したことで、代表復帰の可能性も見込まれていた。

     実際にイングランド代表のガレス・サウスゲート監督は、9月に行われるロシア・ワールドカップの2試合に向けてルーニーを招集しようとしたようだ。だがルーニーはそれを断ったとして、自身の公式ウェブサイトに代表引退を表明する声明を掲載した。

    「次の試合に向けてガレス・サウスゲートが声をかけてくれたのは素晴らしいことだ。だが、すでに考えていたように、国際サッカーから引退することを決めたとガレスに伝えた」とルーニーは述べている。

    「イングランド代表でのプレーは僕にとっていつも特別なものだった。招集を受け、キャプテンに選ばれるたびに本当に特別なことだと感じていた」とルーニー。「今後も熱心なイングランドのファンであり続ける」として、自身の成し遂げられなかった代表でのメジャータイトル獲得に向けて応援を続ける姿勢を示した。

     2003年に17歳でイングランド代表にデビューしたルーニーは、3度のワールドカップなどを含む119試合に出場して53ゴールを記録。キャップ数はフィールドプレーヤーで歴代1位(全体で2位)、ゴール数は歴代単独1位の記録を保持している。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【31歳ルーニー、イングランド代表引退を表明。歴代最多の53ゴールを記録 | ニコニコニュース】の続きを読む


    ルーニーがイングランド代表引退を表明「代表でのプレーは特別だった」 | ニコニコニュース



    ルーニーが代表引退を表明した [写真]=AMA/Getty Images
    サッカーキング

     エヴァートンに所属するFWウェイン・ルーニーが23日、イングランド代表引退を表明した。

     ルーニーは自身の公式サイトで、「今週、ガレス・サウスゲート監督と話し合い、またイングランド代表に招集したいと言ってくれたんだ。とても感謝しているよ。でも、長い間、真剣に考えた結果、ガレスには代表引退を決めたことを伝えたんだ」と発表。「本当に難しい決断だった。イングランド代表でプレーすることは特別だった。選手や主将として選ばれたことは、とても名誉なことだ。僕を支えてくれたみんなに感謝したい。でも今が引退のときだと信じている」とコメントした。

     さらに「マンチェスター・U退団は難しい選択だったが、エヴァートン復帰は正しい決断だった。今は全てのエネルギーをエヴァートンに貢献するために使いたい」と引退理由を説明。「これからもイングランド代表のファンでいるよ。少ない後悔のうち、イングランド代表の一員として大会で成功できなかったのは残念だ」とつづり、「夢はいつか必ず叶う。ファンとして、いや、どんな立場であれ、その瞬間に立ち会えることを楽しみにしている」と締めくくった。

     現在31歳のルーニーは、2003年2月17日にオーストラリア代表との国際親善試合でイングランド代表デビューを飾った。17歳111日での代表デビューは当時の最年少記録だった。同9月6日には、ユーロ2004予選のマケドニア戦で、17歳317日で初ゴールをマークし、代表最年少得点記録を更新した。

     その後、ユーロ2004、2006年ドイツ・ワールドカップ、2010年南アフリカ・ワールドカップ、ユーロ2012、2014年ブラジル・ワールドカップ、ユーロ2016に出場。2009年11月14日に行われた国際親善試合のブラジル代表戦で初めてキャプテンマークを巻いてプレーし、2014年8月にスティーヴン・ジェラード氏から主将を引き継いた。

     同年11月には史上最年少でイングランド代表100試合出場を達成。2015年9月に通算50得点をマークし、ボビー・チャールトン氏を抜いて代表歴代最多得点記録を更新した。約14年の代表キャリアで通算119試合に出場し、53ゴールを記録している。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ルーニーがイングランド代表引退を表明「代表でのプレーは特別だった」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    激化するイングランド代表の正GK争い…ハート落選も? 監督が若手起用を考慮 | ニコニコニュース



    守護神の世代交代を示唆したサウスゲート監督 [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     イングランド代表の指揮官を務めるガレス・サウスゲート監督が、新たに守護神としてストークに所属する同代表GKジャック・バトランドを据える考えのようだ。イギリス紙『テレグラフ』が21日付で報じた。

     ここ数年、イングランド代表ではウェストハムに所属するGKジョー・ハートが守護神としてゴールを守ってきた。しかし、今シーズンのプレミアリーグで2戦合計で7失点を喫している状況をみて、サウスゲート監督はストークで印象的なプレーを見せるバトランドを新たな正GKとして起用する考えを持っているようだ。

     さらに、イングランドには今夏エヴァートンへとステップアップしたGKジョーダン・ピックフォードやサウサンプトンのGKフレイザー・フォースター、バーンリーのGKトム・ヒートンなど有望な選手が数多く存在することもあり、ハートの代表落選も考慮しているという。

     また、ストークのマーク・ヒューズ監督も「ジャック(・バトランド)は世界最高のGkになりたいと考えている。彼は技術的に優れており、体格もトッププレーヤーになりうるものを備えている。負傷により一時的に彼は止まってしまったが、これからいいシーズンを経験してレベルアップすることができるよ」と、バトランドに対する期待を口にしている。

     かつては「優秀なGKがいない」という印象が強かったイングランドだが、サウスゲート監督は現在の嬉しい悩みに頭を抱えていることだろう。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【激化するイングランド代表の正GK争い…ハート落選も? 監督が若手起用を考慮 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ