Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 それ以外にも、芸能やネットニュース、ギャンブルetcなどまとめています。 覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イングランド


    イングランド代表が逆転勝利、監督は選手が経験を積めたと喜ぶ | ニコニコニュース



    同点ゴールを挙げたイングランド代表エリック・ダイアー(2017年9月4日)
    CYCLE

    サッカーイングランド代表は9月4日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選でスロバキア代表と対戦して2-1の勝利を収めた。逆転勝利にガレス・サウスゲート監督は「選手たちにとって良い経験になる」と話している。

    【大きい画像を見る】同点ゴールを挙げたイングランド代表エリック・ダイアー(2017年9月4日)


    イングランドは立ち上がりに先制を許すも、エリック・ダイアーのゴールで前半のうちに追いつき後半にはマーカス・ラッシュフォードが決めて逆転勝ちした。

    「選手たちにとって大きな1週間だ。金曜日の試合を経て、ここ数日は代表選手として称賛を受けていた。今日はここでビハインドを背負って観客は背を向けてもおかしくはなかった。だが実際にはそうしなかった。彼らの対応は素晴らしいものだった。我々もピッチ上でしっかりとしたリアクションを見せなければならなかった」

    若い選手も多く先発に起用して臨んだイングランド。「こういう経験が積めたことも良かったと思う。勝つことさえできれば自信を得るきっかけになるからだ」とサウスゲート監督は語る。【ほかの画像を見る】同点ゴールを挙げたイングランド代表エリック・ダイアー(2017年9月4日)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【イングランド代表が逆転勝利、監督は選手が経験を積めたと喜ぶ | ニコニコニュース】の続きを読む


    ハートがデレ・アリの行動に警告「世界中の人々が試合を見ている」 | ニコニコニュース



    ハート(画像左)がデレ・アリ(画像右)の試合中の行動に言及した [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     4日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選でイングランド代表は2-1でスロヴァキア代表に勝利した。この試合中にトッテナム所属のイングランド代表MFデレ・アリが審判に対して中指を立てるジェスチャーをしていたのではないかという疑惑が浮上し、物議を醸した。この行動に対して、イングランド代表の守護神を務めるウェストハム所属のGKジョー・ハートがコメントを残した。5日付のイギリス紙『ザ・サン』が伝えている。

     ハートはアリに対して「彼はまだ若い選手だ。試合中に感情が高ぶってしまうこともあるだろう。正直言って、この一件によって誰かがとても傷ついたわけではない。しかし、イングランド代表の試合は世界中の人々が見ている。もちろん、子供たちも試合を見ているんだ。彼は自分自身の行動が影響力を持っていることを自覚しなければならない」とコメント。アリの試合中の行動に対して、注意を促した。

     ハートは続けて「正しい方法で処分は決定されるべきだ」とコメント。今後FIFA(国際サッカー連盟)によってアリに対して出場停止などの処分が下される見込みとなっているが、ハートはやむを得ないと考えている模様だ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ハートがデレ・アリの行動に警告「世界中の人々が試合を見ている」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    中指疑惑のデレ・アリ…解説者たちは温かい目「成長していく過程」 | ニコニコニュース



    審判に中指を立てたと疑惑のデレ・アリ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     4日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選でイングランド代表は2-1でスロヴァキア代表に勝利した。この試合中にイングランド代表MFデレ・アリが審判に対して中指を立てるジェスチャーをしていたのではないかという疑惑が持ち上がり、試合を中継していたイギリス・メディア『ITV』に出演していた解説者たちが見解を述べている。同日付のイギリス紙『デイリー・メール』が報じている。

     問題のシーンが訪れたのは76分のこと。国際映像には、アリがスロヴァキア代表DFマルティン・シュクルテルのプレーでファールを取らなかったクレメン・トゥルピン主審に向けて中指を立てた場面がはっきりと映し出されていた。しかしアリは試合後にツイッター上で「あのジェスチャーは(主審の真後ろにいた)親友のカイル・ウォーカーとの間でのジョークだったんだ! 気分を悪くした方々に謝るよ!」と弁明し、謝罪を行っている。

     『ITV』の中継でこの件に話題が及ぶと、元イングランド代表FWのイアン・ライト氏は「今頃彼は『ああ、俺はなんてことをしてしまったんだ』と思っているだろうね。こういう行為は得てして高くつくものだから、誰かが彼に話をする必要がある」とコメント。

     元イングランド代表DFリー・ディクソン氏も「これも彼が成長していくための過程だ」と批判を避け、元ウェールズ代表MFライアン・ギグス氏は「こういった『悪童』な部分も彼の大きな魅力の一部だ」とアリを擁護している。

     解説陣からは温かい目で見守られているアリだが、仮にFIFAがこのジェスチャーを審判への侮辱行為と判断した場合、代表の公式戦で数試合の出場停止処分に課される可能性がある。

    (記事/Footmedia)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【中指疑惑のデレ・アリ…解説者たちは温かい目「成長していく過程」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    イングランド代表MFの中指を立てるジェスチャーが物議 「親友とのジョーク」と釈明 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    W杯に王手をかけたスロバキア戦でのアリの行動が波紋呼ぶ

     

     トットナムのイングランド代表MFデレ・アリは、現地時間4日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のスロバキア戦で中指ジェスチャーをしているところをテレビカメラに抜かれて物議を醸していたが、試合後に「友人のカイル・ウォーカーとのジョークだった」と釈明し、謝罪した。試合はイングランドが2-1と逆転勝利を収め、グループF首位をキープしてW杯出場に王手をかけている。

     

     問題のシーンは後半32分頃。アリはペナルティーエリア付近でスロバキアのDFマルティン・シュクルテルと接触して倒された。しかし、フランス人主審のクレメント・ターピンはノーファウルと判断し、プレーオンとした。ゆっくりと立ち上がったアリは自陣に向かって歩き出したが、そこで中指を立てている様子が中継のカメラにも映し出されていた。

     

     これがターピン主審に向けたものだったのではと憶測を呼んでいるが、アリは試合後に自身のツイッターを更新。「明確にしておきたい。あのジェスチャーは僕と親友カイル・ウォーカーの間でのジョークなんだ。気分を害したことを謝罪します」と綴った。

     

     また、英紙「インディペンデント」によれば、イングランド代表を率いるギャレス・サウスゲイト監督も「カイルとデレはふざけていた。デレはカイルに向かってジェスチャーをした。あの二人は奇妙な方法でコミュニケーションを取るんだ」と語っていたという。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【イングランド代表MFの中指を立てるジェスチャーが物議 「親友とのジョーク」と釈明 | ニコニコニュース】の続きを読む


    イングランド代表監督、エースのケインを絶賛「世界最高の選手に…」 | ニコニコニュース



    マルタ戦でも2ゴールを決めたケイン [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     イングランド代表の指揮官を務めるガレス・サウスゲート監督が、トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインを称賛した。3日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

     イングランド代表のエースとして活躍するケインはこれまで、代表戦20試合に出場し、10得点をマーク。同選手は、1日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選のマルタ戦でも2ゴールを決めている。

     イングランド代表のエースとして活躍している同選手についてサウスゲート監督は「彼はトップフォームにいる。だけど、さらに良くなろうという向上心がある。彼は自分がどの位置にいるのかを理解している。私は彼に何試合で何点取ったか聞いたら、それを知っていたよ。さらに、(クリスティアーノ)ロナウドや(リオネル)メッシなど、他の選手たちが現時点で何点記録していたかも知っていた。彼は世界最高の選手になろうとしているんだよ」と語った。

     続けて「私はいつもハリーを信用している。U-21の時からもう長い間、ずっと一緒に仕事をしている。彼のキャリアはまだ始まったばかりだけど、すでに2度もプレミアリーグで得点王になっていて、素晴らしいね。信念が無ければ成功できないが、彼にはそれがある。私たちが、U-21に選出する前から彼にはそれがある」とケインを絶賛した。

     2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選のグループFで首位に立つイングランドは4日、スロヴァキアと対戦する。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【イングランド代表監督、エースのケインを絶賛「世界最高の選手に…」 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ