Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イングランド



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



     ボーンマスに所属するイングランド代表FWジャーメイン・デフォーが、2018 FIFAワールドカップ ロシア出場にし、チームを勝たせる自信があると語った。2日、イギリスのサッカー誌『FourFourTwo』が伝えている。

     現在35歳のデフォーは今シーズン、ここまで18試合に出場し3ゴールの記録にとどまっている。しかし、3月31日に行われたプレミアリーグ第32節のワトフォード戦では途中出場し、試合終了間際には同点弾を叩き込むなど得点感覚は衰えていない。

     デフォーは、昨年10月に行われたW杯欧州予選を最後に、負傷の影響もあり代表メンバーからは外れている。しかし、まだW杯出場を諦めていないことを明らかにした。

    「僕はW杯に出場してチームを勝たせることができる。とてもシンプルなことだ。1分でも2分でも出場して、チャンスが訪れたらゴールを決めることはできる。大会では、スタメンだけではなく、メンバー全員が重要となる」

    「誰もベンチに座りたいとは思っていない。ベンチに座ることを認めれば、プレーする資格はもうない。最近はメンバーを外れているが、それはプレーしていなかったからだ。プレーしてゴールを決めれば何も問題はない。何年もチームに貢献したからといって選ばれるわけではない」

    ワトフォード戦で同点弾を決めたデフォー [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】デフォー、ロシアW杯出場へ意欲「1分でも出場すれば得点できる」】の続きを読む



    NO.6249510 2018/04/03 10:15
    グアルディオラがトップ下もできる選手に変えた! イングランド代表に生まれる”新たな10番”
    グアルディオラがトップ下もできる選手に変えた! イングランド代表に生まれる”新たな10番”
    1日のチェルシー戦で2得点を挙げたトッテナムMFデル・アリは、イングランド代表でもトップ下を任されるチームのキーマンだ。恐らくは2018ロシアワールドカップでもハリー・ケインとデル・アリの縦関係コンビ...



    【日時】2018年04月03日 10:10
    【提供】theWORLD


    【【プレミアリーグ】グアルディオラがトップ下もできる選手に変えた! イングランド代表に生まれる”新たな10番”】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    クリスタル・パレス戦で右足を負傷し交代

     6月に開催されるロシア・ワールドカップ(W杯)を前に、最近ではブラジル代表FWネイマールを筆頭に負傷者が続出している。そして3月31日には、リバプールのイングランド代表MFアダム・ララーナが悲劇に見舞われてしまった。

     その場面は、プレミアリーグ第32節の敵地クリスタル・パレス戦(2-1)で起こった。後半20分にオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムに代わり途中出場を果たしたララーナだったが、直後の同23分に相手のボールホルダーにプレッシャーをかけた際に右足を負傷。担架に乗らず歩いてピッチを後にしたが、状況が心配されていた。

     この負傷に対してリバプールの指揮官であるユルゲン・クロップ監督は、「深刻そうに見えた」と述べたものの、W杯出場を危うくするかどうかを判断するのは「時期尚早だ」と主張している。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じた。

     試合後、ララーナはハムストリングの負傷を受けて松葉杖姿でスタジアムを後にしたように、イングランド代表としてW杯に出場するチャンスが危惧されているが、会見でクロップ監督は「結果を早期に求めてしまうことはいいことではない」と、自身の見解を明かしている。

    診断結果は不透明も「間違いなく良くない状況」

    「これは間違いなく良くない状況です。しかし、それがどれほどのものかは正確には分からない。最初に見た瞬間は、正直本当に深刻なように見えました」

     加えて、診断結果についてはまだ分かっていない状況の中ではあるが、ララーナの負傷は代表だけでなく、リバプールにとっても大きな損失になるとクロップ監督は語っている。

    「私たちは彼が帰ってくるのを待っています。そして戻ってくるまで、一歩一歩前に進んでいかないといけません。これは私たちにとって大きな、大きな打撃です」

     リバプール、そしてイングランド代表の関係者すべてがララーナの復帰を待っている。軽傷か、重傷か。まだその答えは出ていないが、果たして今夏のW杯でララーナの姿は見られるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    クリスタル・パレス戦で右足を負傷したMFアダム・ララーナ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】W杯出場に暗雲? 英代表MFララーナが負傷、クロップ監督「深刻そうに見えた」】の続きを読む



    (出典 contents.gunosy.com)



     27日に行われるイタリア代表との親善試合に向けて調整中のイングランド代表だが、マンチェスター・Uに所属する同代表MFジェシー・リンガードが、26日、滞在しているホテルでのセキュリティの不備により、宿泊している部屋に一般のファンを招き入れてしまったことが明らかになった。同日付のイギリス紙『ザ・サン』が報じている。

     事件が起きたのは、イングランド代表がウェンブリー・スタジアムで試合を行う際、定期的に宿泊しているワトフォード近郊のホテル『ザ・グローブ』。厳しいセキュリティ体制を敷いていることで知られる同ホテルだが、今回はリンガードの部屋にファンの侵入を許してしまった。

     前日に自身が同ホテル内のプールで使用した水着を入れたビニールバッグを持ち歩いていたというこのファンが代表選手たちとの接触を試みたところ、ある代表コーチが誤って彼をホテル内に招き入れてしまったという。

     セキュリティを突破したファンがその後、リンガードの部屋のドアを叩いてルームサービスを名乗ると、同選手は予約していた散髪師が到着したものと勘違いし、そのファンを部屋に招き入れてしまった。

     部屋の侵入に成功したファンは、同室のFWマーカス・ラッシュフォードも交えて、3人で会話を交わすことに成功。およそ10分後に本物の散髪師が現れ、事態が発覚したという。

     幸い選手たちに危害が及ぶなどのトラブルはなかったとのことだが、イングランド代表のセキュリティ体制には大きな疑問が残ることとなった。

    (記事/Footmedia)

    代表コーチの手違いでリンガードの部屋にファンの侵入を許してしまったようだ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【事件?】イングランド代表MFリンガードが滞在するホテルにファンが侵入…】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 Egg ★ :2018/03/26(月) 19:01:07.43 ID:CAP_USER9.net

    イングランド代表は安定性に欠けるチームで、ワールドカップ本戦ではどっちに転ぶかわからないとハビエル・クレメンテ氏は考えているようだ。


    ガレス・サウスゲイト監督率いるイングランド代表は、8勝2分けと圧倒的な強さで欧州予選を勝ち抜き、ワールドカップ本戦の切符を獲得。

    しかし、2016年のユーロではベスト16でアイルランドに屈するなど、毎回のように大舞台で期待通りの成績を残せていない。

    ビッグトーナメントで優勝候補に挙げられながらも早々に敗退するイングランド代表の現状に、1994年と1998年のワールドカップでスペイン代表を率いたクレメンテ氏は「一貫性の欠如」が問題と指摘。優勝のチャンスがあるとするも、予期せぬ結果に出会う可能性もあると『オムニスポーツ』で話した。

    「ヨーロッパのベストチームはドイツ、フランス、そしてスペインだ。他のチームも良いフットボールをしているが、この3チームがベストだ。ただ、私はイングランドにもこの3チームの中に割って入るだけの力があると予想している。しかし、彼らはアップダウンの激しいチームだからどうなるか分からない」

    「イングランドは本当に素晴らしいプレーをする可能性もあるが、同時に全てのチームに負ける危険性もある。明確な理由はわからないが、その根幹はイングランドフットボール界の内部にあるのかもしれない。しかし、私は彼らのファンで、常に彼らの勝利を願っている。これは私の個人的な見解にすぎず、戦術面を分析したわけではない。本番を楽しみにしている」

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    3/26(月) 11:29配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000002-goal-socc


    【【海外サッカー】<イングランド>なぜ大舞台で勝てないのか?ビッグトーナメントで優勝候補に挙げられながらも早々に敗退する現状…】の続きを読む

    このページのトップヘ