Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イングランド



    (出典 scdn.line-apps.com)



    2006年ドイツW杯のエクアドル戦で決勝FK弾を叩き込む

     2000年代初期のサッカー界で、世界的スーパースターの地位を築いていた1人が、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカムだろう。多くの日本人にとっては、02年日韓ワールドカップ(W杯)時の“貴公子”ぶりが印象深いかもしれないが、イングランド代表として通算115試合17得点を記録し、主将も務めるなど輝かしい足跡を残した。そんなベッカムが、自身3度目の出場となった06年ドイツW杯で決めた芸術的なFK弾に、W杯公式インスタグラムが最注目。動画を公開すると、コメント欄には「フリーキックの達人」「ウルトラレジェンド」などの賛辞が並んだ。

     ベッカム1992年に、マンチェスター・ユナイテッドトップデビュー。名将アレックス・ファーガソンの下で右足の高精度キックを武器に頭角を現すと、20歳で迎えた95-96シーズンブレイクを果たし主力の座をつかんだ。その後はスターへの階段を駆け上がり、イングランド代表にも定着。2003年には“銀河系軍団”レアル・マドリードへ移籍するなど、サッカー界の話題の中心にいた。

     そんなベッカムが母国のキャプテンとして挑んだのが、06年ドイツW杯だ。グループリーグを首位通過したイングランドは、決勝トーナメント1回戦でエクアドルと対戦。相手の守備を思うように崩せず、0-0のまま迎えた後半15分だった。ゴールまで約25メートルの距離で得たFKのチャンスベッカムが独特のフォームから右足を振り抜くと、ボール美しい弧を描きながらゴール左隅に吸い込まれ、これが決勝点となってチームは8強進出を果たした。

     13年前に生まれたこの芸術的なFKの動画が、15日にW杯公式インスタグラムで公開されると、多くのファンが反応。「フリーキックの達人」「最高のFKキッカー」「フットボール史上最高のFKの一つ」「ウルトラレジェンド」「なんて美しい一撃だ」など称賛の声が上がった一方、FWウェイン・ルーニー(現D.C.ユナイテッド)やMFフランク・ランパード(現チェルシー監督)、MFスティーブン・ジェラード(現レンジャーズ監督)らと共闘していた当時を懐かしむコメントもあった。

     豪華な陣容を誇ったイングランドは結局、準々決勝でポルトガルPK戦の末に敗れた。ベッカムは代表でメジャータイトルを手にすることはできなかったが、13年前に決めた一撃は人々の記憶に深く刻まれているようだ。(Football ZONE web編集部)

    ドイツW杯のエクアドル戦で決勝FK弾を叩き込んだ元イングランド代表MFベッカム【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】“貴公子”ベッカム、W杯での芸術FK弾に再注目 「史上最高」「ウルトラ・レジェンド」】の続きを読む

    no title


    今季のプレミアリーグで最も活躍した選手といえば、オランダ代表DFフィルヒル・ファン・ダイクとイングランド代表FWラヒーム・スターリングだろう。

    その2人が7日に行われたUEFAネーションズリーグファイナルズ準決勝で激突。こんな激しいぶつかり合いが話題になっているぞ!

    これは熱いオランダが同点に追いついた直後の後半28分の場面。

    この映像だと途中からになっているが、最終ラインから持ち上がろうとしたファン・ダイクからスターリングボール奪取。

    実に見事な“狩り方”だったのだが、ファン・ダイクはあっという間に追いつくと強引に潰し返した(判定はノーファウル)。

    170cm69kgと華奢なスターリングだが、リヴァプール時代にはヴァンサン・コンパニを弾き飛ばしたこともあった。193cm92kgのファン・ダイクとは圧倒的な体格差があるが、体幹やボディバランスが優れているゆえのプレーだっただろうか。

    【関連記事】「ふとももがヤバい、8人のサッカー選手」

    なお、試合は1-3でオランダが勝利している。

    ファン・ダイクvsスターリング!体格差23cmの「ガチバトル」 がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ファン・ダイクvsスターリング!体格差23cmの「ガチバトル」 がこれ】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    先月8日に飲酒運転の疑いで逮捕されていたチェルシーの元イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターに判決が下された。イギリススカイスポーツ』が伝えている。

    リンクウォーターは4月7日マンチスター弁護士たちのパーティーに参加。しかし、8日の早朝にマンチスターのヘイルで事故を起こしており、その際に基準値を上回るアルコールが検知され、“飲酒運転”を疑われ逮捕された。

    このたび、ストックポートの治安裁判所に出廷したドリンクウォーターは飲酒運転を認め、20カ月の運転禁止処分と共に70時間の地域奉仕活動を科せられたという。

    裁判所によると、ドリンクウォーターは逮捕時の呼吸検査で、100ml中のアルコールレベルが87マイクログラムもあったとのこと。イングランド飲酒運転の限度は、35マイクログラムであり、基準値の約2.5倍であったことが明かされた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】飲酒運転で事故を起こしたドリンクウォーターの処分が決定…20カ月間の運転禁止など】の続きを読む

    no title


    エバートンイングランド代表GKジョーダンピックフォードが、ここ数試合ミスが散見されるマンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアを擁護している。イギリススカイスポーツ』が伝えた。

    長年に渡って世界最高GKの一人として数えられてきたデ・ヘアだが、クラブの不調と共に、ここ最近は本人も調子を落としてきている。

    16日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝のバルセロナとのセカンドレグでは、FWリオネル・メッシの何でもない右足のシュートポロリ。続く21日のプレミアリーグ第35節のエバートン戦では4失点。さらに直近のマンチェスター・シティ戦でも、FWレロイ・ザネの左足のシュートを成す術もなく許してしまった。

    だが、「誰だってそんな試合はある」とピックフォードコメント。「彼は世界最高のGKの1人だよ」とスペイン代表GKを擁護している。

    「たった1試合だけでGKを批判することはできない。シーズンを通して、彼がどれだけ優れたGKであるか評価することが出来ると思う」

    マンチェスター・ユナイテッドは28日にチェルシーとの大一番を迎える。デ・ヘアは果たして名誉挽回できるだろうか。同胞のGKケパ・アリサバラガとの対決にも注目だ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】ピックフォードがデ・ヘアを擁護「どんなGKも1試合で判断することはできない」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    イングランドフットボール界でふたたび問題になっている人種差別。

    BAME(黒人やアジア人、マイノリティ)が標的になっているとも伝えられておりトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンも差別を受けたことがあると口にしている。 

    そうした中、ラヒーム・スターリングがこの件について言及したようだ。『FourFourTwo』によれば、こう述べたという。

    ラヒーム・スターリング

    「この数か月で注目を集める様々な人種差別事件について見聞きすることになるだろう。

    でも、残念なことにそれは氷山の一角にすぎない。

    世界中で黒人やアジア人の選手、ファンコーチは人種差別の対象になっている。

    毎日(それは起きている)、公園での草サッカーからチャンピオンズリーグに至るまで。

    自分からすれば、試合の運営側がこの問題を解決するためにやっていることは全くもって不十分だ」

    「変えるのにどれほど時間がかかるのか分からない。でも、いま始めなければいけない。

    次世代の黒人選手たちにこの悪に我慢を強いることはさせたくない」
    スターリング、「アジア人差別」 について言及


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外リーグ】スターリング、「アジア人差別」 について言及】の続きを読む

    このページのトップヘ