Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イングランド

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


     クリスタル・パレスに所属する元イングランド代表DFガリー・ケーヒルが、13日のプレミアリーグ第12節で対戦するトッテナムの同国代表FWハリー・ケインについてコメントした。12日、イギリスメディアスカイスポーツ』が伝えた。

     ケインライバルクラブの一部のファンから、「相手を背負った状態で空中のボールを競り合う際、ジャンプを行わずに空中を飛ぶ相手の下へと体を入れ、相手の安全な着地を妨げている」とSNS上で批判されている。ケインは第7節のブライトン戦、相手MFアダム・ララーナに対して上記のようなプレーを行ったが、この際はララーナがケインの背中にひざからぶつかったとジャッジされ、PKを獲得することに成功していた。

     そんななか、ケインへの批判について訊ねられたケーヒルは、「単にサッカーの一部分だと思うよ」とコメント。続けて次のように語り、ケインプレーを擁護している。

    「賢くて、経験があり、いつ相手のファウルを誘えるかを知っているということだと思う。イングランド代表でハリーと一緒にトレーニングしているとき、彼が自分の体をうまく使うのを何度も見たよ。(トッテナムの韓国代表FW)ソン・フンミンも似たような体の使い方をしていると思うし、彼らはとても上手に自分の体を使えていると思う。彼らはペナルティボックスの中や周りで潜在的にファウルがあることを理解しているんだ」

     また、ケーヒルはチェルシー時代に指導を受けたトッテナムジョゼ・モウリーニョ監督についてもコメント。「彼らには非常に優れた監督がいる。彼は堅牢なシステムを作り上げ、一貫したパフォーマンスを発揮させている。僕にとっては驚くことじゃない。彼は“勝者”であり、彼らには素晴らしい選手がいる。彼は選手自身に考えさせ、最終的には選手が自らの能力を最大限生かせるように選手を駆り立てる。彼の管理能力は本当にクレバーなものだったよ」と、“スペシャル・ワン”の手腕を称賛している。

    G・ケーヒルがハリー・ケインの競り方を擁護 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】ケインの競り方は危険? パレスDFケーヒルは擁護「体の使い方が上手い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督は若いチームの成長に手応えを感じているようだ。イングランドサッカー協会(FA)が伝えた。

    イングランドは18日に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ2最終節でアイスランド代表と対戦。ベルギー代表との前節を落としたことでベスト4入りを逃したため、やや消化試合感のあったこの試合だが、サウスゲイト監督はMFフィルフォーデンやMFメイソン・マウント、FWブカヨ・サカ、MFデクラン・ライスら若手を積極起用した。

    この起用が当たり、フォーデンは2ゴール1アシストマウントライスはそれぞれ1ゴール。後半にアイスランドに退場者が出たこともあり、1本の枠内シュートも許さなかったイングランドは終始試合を支配し4-0のスコアで圧勝を収めた。

    サウスゲイト監督は試合後のインタビューで、若い選手たちが期待どおりのパフォーマンスを披露した点に満足感を示しており、未来に向けたチーム作りの最中だと語っている。

    「今日は特に若い選手に良いチャンスがあったが、シニアの選手もいた。我々はまだ、構築と改善を続けているよ。今日は素晴らしいサッカーができたから見ていて楽しかったし、若い選手のゴールは格別だね」

    「この3カ月間で招集した多くの選手は、3年〜5年後にピークを迎えるだろう。そのとき、彼らはより多くのキャップ数を積み上げ、国際的な経験を多く積み、クラブでの経験も積んでいるはずだ。我々は彼らに時間を投資する価値があると考えているし、彼らも今、とても優れたシニアプレーヤーたちから、多くを学んでいると思うよ」

    「我々はまだ選手のプロフィールを確認しながら、システムの中でバランスをどう構築できるか、模索している最中なんだ」

    また、サウスゲイト監督はこの試合でプレーしたサカやフォーデンらについても言及している。特に9月の初招集時に規律違反を犯し、代表追放の処分を受けていたフォーデンの活躍には、喜びもひとしおのようだ。

    「ブカヨ(・サカ)に再び会えたことは、本当にプラスだった。彼はこの1週間で3回も素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたね。我々にバランスをもたらしてくれるし、あのポジションで攻撃的な志向を持ってくれるのは本当に助かるよ」

    フィル(・フォーデン)の活躍は本当に嬉しいよ。彼はとてもエキサイティングな選手だ。この1週間は、彼にとって大きかったと思う。あのような形で去った選手が再びチームに戻ってくるのは、簡単ではなかった」

    「ただ、我々にとってはもう終わったことだ。フォーデンに何ができるかは分かっているし、彼を(国際親善試合の)アイルランド戦に出場させられたのは良かった。今日の2ゴールで、彼の能力を垣間見ることができたね」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】ベスト4逃すも若手の成長を誇るイングランド代表指揮官「多くの選手は3年〜5年後にピーク」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    イングランド代表のレジェンドジェフ・ハースト氏がトッテナムに所属する同代表FWハリー・ケインについて言及した。イギリスデイリーミラー』が伝えている。

    ケインは今シーズン公式戦14試合に出場し、13ゴール10アシストを記録。驚異的なスタッツを残し、現在プレミアリーグ2位と好調のトッテナムの攻撃陣を牽引している。

    1966年ワールドカップイングランド大会の決勝でハットトリックを記録し、イングランド代表を初優勝に導いた伝説のストライカー、ハースト氏はそんなケインを絶賛。15日のベルギー代表戦を例に挙げ、その万能性を高く評価した。

    「彼が完全なプレーヤーになったことには同意するよ。ただのゴールスコアラーやストライカーを超えた存在だ。最近のスパーズの試合を見ても、彼のアシスト素晴らしいものがある」

    日曜日(15日)のベルギー戦後半での彼のプレーで気に入ったのは、イングランドゲームコントロールしながらも、常に囲まれていた時のことだ。狭い状況でも彼はボールを持ってプレー出来ていたし、失うこともほとんどなかった」

    「特にピッチの半分に21人の選手がいて、前線にスペースがあまりない時にこそ、信じられないようなプレーをした。彼はボールを受け取るたびに何か可能性を感じた」

    また、ハースト氏はベルギー戦でケインが代表50キャップに到達したことについても言及。50キャップに僅かに届かなかった自らの記録と比較した。

    「もちろん私が達成できなかった50キャップに到達したことは祝福すべきだ。私は49キャップだから少し羨ましいよ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イングランド代表の伝説的ストライカーがケインを絶賛「完璧なプレーヤーになった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 japan.bettingtop10.com)



    マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが、今度はイギリス国内の子供たちのためにブッククラブを立ち上げた。イギリススカイニュース』が伝えている。

    ラッシュフォードは、新型コロナウイルスの感染拡大時期にイギリス国内の貧困家庭の子供たちを救うため、無料の学校給食制度の期間継続などを訴え、これにより国内の130万人の子供たちが夏休み中も無料で給食を受け取ることができるようになった。

    こういった慈善活動が高く評価され、先日には大英帝国勲章を受勲。また、以降も引き続き貧困家庭を救うため、国内企業やプロアスリートからの支援を求める活動を継続している。

    そして、ラッシュフォードは今回、貧困家庭の子供たちの識字率の向上、読書による“逃避”体験を促す目的でブッククラブを立ち上げた。

    今回の活動はマクミランチルドレンズ・ブックス(MCB)との提携事業で、MCBは恵まれない環境にある人や恵まれない人たちに本を届けることに活動の重点を置くという。

    また、ラッシュフォードはMCBと共同で自身の経験などを基にした11歳から16歳を対象としたノンフィクションの本を来年5月に出版予定で、さらに2つのタイトルを発売する予定だという。

    23歳のイングランド代表FWは今回の活動のキッカケについて、無料の学校給食継続の際と同様に自身の幼少期の経験を挙げている。同選手は幼少期に多くの本を読むことを希望していたものの、家族は限られた生活費の中で本を与えることよりも、食費を優先していたという。

    「僕が本格的に読書をスタートしたのは17歳のときだった。それが自分の考え方やメンタリティを完全に変えたんだ」

    「子供の頃にもっとたくさんの本を読む機会があれば良かったと思っているけど、家族が食事をするだけで精一杯だったし、本を買う予算はなかったよ」

    「個人的に読書という“逃避”が自分を助けてくれたことが何度もあったんだ。だから、すべての子供たちにこの逃避を経験してほしいと思っている。余裕のある子供たちだけではなくね」

    「僕らは現在、イギリス全土でおよそ38万人の子供たちが自分の所有する本を持っていないことを知っている。それは主に貧困にいる子供たちなんだ。だから、それを変える必要があるんだ」

    「僕の本はいつでもすべての子供たちのためにある。たとえ、僕自身で届けることが必要になったとしても、僕らは彼らの元に届けるよ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】ラッシュフォードが新たな活動開始! 子供たちのためブッククラブを立ち上げ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


     イングランドサッカー協会(FA)は16日、代表メンバーに招集されていたジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)とラヒーム・スターリングマンチェスター・C)がチームから離脱することを発表した。

     ヘンダーソンは15日に行われたUEFAネーションズリーグリーグAグループ2の第5節ベルギー代表戦にスタメン出場していたものの、ハーフタイムピッチを後にしていた。イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督は「筋肉に張りがあった」と説明しており、交代が負傷によるものだったことが明らかになっている。一方、スターリングベルギー代表戦でメンバー外となっており、状態が懸念されていた。両選手は代表チームを離脱し、クラブでさらなる検査を受けることなる。

     イングランド代表は18日にUEFAネーションズリーグリーグAグループ2の第6節でアイスランド代表と対戦する。ヘンダーソンとスターリングに代わるメンバーの追加招集は行われず、22名でこの一戦に臨むこととなる。チームベルギーでの軽いトレーニングを終え、ホームで行われる一戦に備えて既に本拠地に戻ってきている。

     ヘンダーソン、スターリング離脱後のイングランド代表メンバーは以下の通り。

    ▼GK
    ディーン・ヘンダーソン(マンチェスター・U
    ジョーダンピックフォードエヴァートン
    ニック・ポープ(バーンリー)

    ▼DF
    ベン・チルウェル(チェルシー
    エリックダイアートッテナム
    マイケル・キーン(エヴァートン
    ハリー・マグワイア(マンチェスター・U
    エインズリー・メイトランド・ナイルズ(アーセナル
    タイロン・ミングス(アストン・ヴィラ
    ブカヨ・サカ(アーセナル
    キーラン・トリッピアー(アトレティコ・マドリードスペイン
    カイルウォーカーマンチェスター・C

    ▼MF
    ジュード・ベリンガム(ドルトムントドイツ
    フィルフォーデン(マンチェスター・C
    メイソン・マウントチェルシー
    デクラン・ライスウェストハム)
    ハリーウィンクストッテナム

    ▼FW
    タミー・アブラハムチェルシー
    ドミニク・カルヴァート・ルーウィンエヴァートン
    ジャックグリーリッシュ(アストン・ヴィラ
    ハリー・ケイントッテナム
    ジェイドン・サンチョドルトムントドイツ

    ヘンダーソン(左)、スターリング(右)の離脱が決定 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】ヘンダーソン、スターリングがイングランド代表を離脱…追加招集は行われず】の続きを読む

    このページのトップヘ