Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イングランド



    (出典 img.footballchannel.jp)



    4季連続20得点超えのケイン

     イングランド代表FWハリー・ケイン(トットナム)が、サッカー界に君臨する二大スーパースターに挑戦状を叩きつけた。プレミアリーグで4季連続20得点超えのストライカーが、世界最高の選手になりたいという理想を語った。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」は、「ハリー・ケインがクリスティアーノ・ロナウドと、リオネル・メッシへのチャレンジに照準を合わせる」というタイトルで本人の力強いコメントを伝えた。

    「世界最高の選手になるためには目標を高く持たなければいけない。下を向いている暇はない」

     イングランドの新たなキャプテンとしてロシア・ワールドカップ(W杯)を戦うケインは、遥かなる高みを目指している。2014-15シーズン以降、4季連続でリーグ20得点以上を挙げている。今季は、得点王こそ32得点のエジプト代表FWモハメド・サラーに譲ったが、ついに30得点の大台に到達。ロシアW杯初戦のチュニジア戦でも2得点を決めた。

     今、世界で最もコンスタントにゴールを重ねる男は、大舞台での活躍をステップに、世界最高の選手になりたいという願望を隠さなかった。

    「メジャートーナメントで自分はさらに成長したいと思っている。世界最高の選手に肩を並べたい。そうなるための唯一の方法は、大きなステージでいいパフォーマンスをすることなんだ」


    52年ぶりのW杯王者へ

     世界最高の選手を目指す上で外せないのは、過去10年間に渡ってバロンドールを分け合ってきた二人のスター選手だ。ケインは「ロナウドは世界最高だ。メッシと肩を並べている」と、ポルトガルとアルゼンチンの両エースと比肩するために意識を極限まで高めるという。

    「自分自身に限界は定めていない。それは誰もすべきではない。僕は今いる場所から抜け出し、大きなステージで自分というものを披露したいんだ」

     イングランドを代表する点取り屋は、世界最高の選手を目指してサッカーの母国を52年ぶりのW杯王者へと導くことができるのか。現地時間の24日、グループリーグ第2戦でパナマと対戦する。


    (Football ZONE web編集部)

    ケインが、サッカー界に君臨する二大スーパースターに挑戦状を叩きつけた【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イングランド新主将が二大スターに挑戦状 「世界最高のロナウドとメッシに肩を並べたい」】の続きを読む



    (出典 www.bettingtop10.com)



     2018 FIFAワールドカップ ロシアを戦うイングランド代表のMFファビアン・デルフが、同代表のキャプテンを務めるFWハリー・ケインについて言及した。

     ケインは、5月22日にロシアW杯でイングランドのキャプテンを務めることが決定した。ただ、デルフはケインの大きな変化を感じていない様子だ。

    「キャプテンマークを巻いていても巻いていなくても、ケインは常にキャプテンなんだ。キャプテンマークをもらったことで彼が変わったことなどなかった。今でも全くパスしないしね(笑)。全てのチャンスでシュートを打つんだ」

    「でも彼は素晴らしい人間だ。良いリーダーであり、とても才能ある選手だ。絶対的な点取り屋で、周囲の人間に息を吹き返させてくれる」

     デルフはこのように語り、ケインへの信頼を表した。そのケイン率いるイングランドは18日、グループステージ初戦でチュニジア代表と対戦する。

    デルフ(左)がイングランドの主将を務めるケイン(右)について語った [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】「今でも全くパスしない(笑)」…英代表MFが“変わらない”主将への信頼語る…】の続きを読む



    (出典 imgc.eximg.jp)



    06年ドイツ大会から初戦で勝利できていない現実を乗り越えられるか

     イングランド代表は現地時間18日、ロシア・ワールドカップ(W杯)初戦のチュニジア戦を迎える。主将のFWハリー・ケイン(トットナム)は、「我々がしたいのは、国を誇りに思えるようにすることだ」と今大会でサポーターの信頼を取り戻す必要性を主張した。英紙「デイリー・メール」が報じている。

     W杯欧州予選を無敗で勝ち抜いて本大会に進んだイングランドだが、振り返れば2016年にフランスで行われた欧州選手権では決勝トーナメント1回戦で小国アイスランドに敗戦。大きな期待を寄せていたサポーターは失望を隠し切れなかった。

    「EUROの失望後、国民の信頼を取り戻す必要がある。2年前にフランスで起きたことは、誰もがつらい気持ちを抱いている。僕らがしたいのは、国を誇りに思えるようにすることだ」

     ケインは過去の悪夢を今大会で払拭することを宣言。また2006年大会以来、初戦で勝利できていない状況を踏まえ、チュニジア戦の必勝を口にした。

    「どんな試合でも最初の試合は大きな意味を持つ。勝利できれば勢いは増す。チュニジアはこの試合でアップセットを狙ってくるだろうが、我々は彼らが良いチームだと分かっているので、彼らを過小評価しない。良いポジションにつけるために、しっかりと地に足をつけて戦っていかなければならない」

     チームのエース兼主将として、「ゴールを決める責任がある」と語ったケイン。2016年に失った信頼を取り戻すためには、この男の働きが鍵を握ることは間違いない。


    (Football ZONE web編集部)

    イングランド代表主将のケインはチームのエースとして、「ゴールを決める責任がある」と語った【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】「国民の信頼を取り戻す」 イングランド代表主将ケイン、16年EUROの失望からの決意…】の続きを読む



    (出典 rpr.c.yimg.jp)



     2018 FIFAワールドカップ ロシアを戦うイングランド代表のFWジェイミー・ヴァ―デイが、同代表の雰囲気などについて語った。

     ヴァーディは、現在のチームについて「僕らには自信がある」と強気のコメント。さらに「とにかく勝ちたいという気持ちがある」と続け、モチベーションの高さをうかがわせている。

     また、ヴァーディは所属するレスターで2015-16シーズンにプレミアリーグ優勝を経験した。当時のレスターと現在のイングランド代表の“共通点”についても、同選手は言及している。

    「今のイングランドは(優勝時の)レスターと全く同じだ。全員が一緒にやろうとしている。練習中にはジョークを言い合っているが、白いラインを一歩超えれば全く違う。最近2回の親善試合に勝ち、間違いなく僕らには勢いがある」

    「自分だけで完結することなく、全員が一緒に楽しんでいる。何をするとしてもグループ全体だ。それが大事なことだと思う。その方が楽しむことができるし、個人的には楽しくやれる時の方が自分たちの最高のサッカーができると思うね」

     イングランド代表はグループステージで18日にチュニジア代表と、24日にパナマ代表と、28日にベルギー代表と対戦する。

    ヴァーディが現在のイングランド代表のチーム状況を語った [写真]=Offside/Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】ヴァーディ、英代表には「自信がある」…レスター優勝時との共通点も!】の続きを読む



    (出典 i1.wp.com)



     2018 FIFAワールドカップ ロシアにイングランド代表チームのキャプテンとして挑むハリー・ケイン(トッテナム)が、思いを語った。イギリス紙『テレグラフ』が12日に伝えている。

     ケインは、「僕は、イギリス人であることを誇りに思っている。国のためになることはなんでもしたい。代表チームのバッジを着けている以上、すべての試合で120パーセントの力を出す必要がある」と、コメントした。

     また、「ピッチ上でキャプテンマークを巻くからには、すべての試合でハードワークをし、誇りと情熱を持ってプレーする」と、キャプテンとしてプレーでチームを引っ張る姿勢を明らかにした。

     24歳のケインは代表通算23試合出場で12得点を挙げている。イングランドは18日にグループリーグ第1戦でチュニジア代表、24日に第2戦でパナマ代表、そして28日に第3戦でベルギー代表と対戦する。

    キャプテンとしてW杯に挑むハリー・ケイン [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】キャプテンとしてW杯に挑むケイン「誇りと情熱を持ってプレーする」】の続きを読む

    このページのトップヘ