Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > イングランド



    (出典 img.footballchannel.jp)



     イングランド代表DFハリー・マグワイア(マンチェスター・U)が、同代表の不振はクラブチームの影響がある可能性を認めた。13日、イギリスメディアスカイスポーツ』が伝えている。

     11日に行われたEURO2020予選でチェコ代表と対戦したイングランド代表は、ハリー・ケインがPKを決め先制したものの、1ー2で敗れ、EUROおよびワールドカップの予選では10年ぶりの黒星となった。

     マグワイアはキーラン・トリッピアー、マイケル・キーン、ダニーローズとともに最終ラインの一人としてフル出場。トリッピアーが所属するアトレティコ・マドリードリーグ3位ではあるものの、ローズの所属するトッテナムは9位、マグワイアの所属するマンチェスター・Uは12位、キーンの所属するエヴァートンは18位とそれぞれ低調なシーズンを送ってしまっている。

     試合後、最終ラインに自信が欠けていたかと聞かれたマグワイアは、「そうかもしれないね」と認め、次のように続けた。

    「僕たちはクラブサッカーを代表に持ち込んでいる。誤解しないでもらいたいが、僕たちはだらだらと試合を始めてしまった。先制には成功したけど、それには値しなかったと思う。後半は前半よりも支配することはできたが、残念な失点を与えてしまい敗れてしまった。その辺りは改善していかないといけない」

    「選手同士の関係性を発展させていきたいけど、それは難しいことでもある。クラブプレーしていないから選ばれない選手がいたり、ケガをしてしまう選手もいる。でもそれに適応していかなければならない。代表でのプレーは基本的に毎キャンプごとに違う選手とプレーすることになる。そして新しい連携を築いていかなければならない。でも、それを言い訳にしている訳ではない。前回の試合よりもいプレーをしなければならないし、前に進んでいきたい」

     イングランドは次戦、14日にアウェイブルガリア代表と対戦する。

    敗戦を振り返ったマグワイア [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】クラブでの不振が代表にも影響? マグワイア「言い訳ではないが…」】の続きを読む

    no title


    アイルランド代表のキーン氏が酷評 「少しの傲慢さがあったように感じられた」

     元アイルランド代表の“闘将”ロイ・キーン氏が、主要大会の欧州予選で10年ぶりに黒星を喫したイングランド代表を「ミスから学んでいない」と厳しく批判している。英衛星放送「スカイスポーツ」が報じた。

     イングランドは現地時間11日に欧州選手権(UEFA)予選に臨み、敵地でチェコに1-2で敗れた。前半4分に先制するも、その後に2失点。主要大会での欧州予選(EUROワールドカップ)で敗れたのは2009年10月10日ウクライナ戦(0-1)以来、10年と1日ぶりで、43試合続いていた無敗記録が途絶えた。

     英テレビ局ITV」で解説を務めた元アイルランド代表のキーン氏は、「この試合のイングランドスタートから適切に戦えていたとは思えない」「私から見れば、イングランドには少しの傲慢さがあったように感じられた」とイングランドの戦いぶりを痛烈に批判した。

     前半4分に主将FWハリー・ケインのPKで幸先良く先制したイングランドだが、その4分後にはセットプレーから失点し、あっという間にアドバンテージを失った。「スカイスポーツ」によれば、ギャレス・サウスゲイト監督体制では失点の36%がセットプレーによるもので、キーン氏は「これは間違いなく大きな問題だ」と守備の課題も指摘している。

    「そこから学ぶことができるのであれば、時には負けることも必要だ。だが、私は昨年からこのチームを見ているが、彼らはそういっただらしのないミスから学ぶことができていないようだ。より強いチームと戦う時に苦しむことになるだろう」

     キーン氏は「パニックになる必要はない。ギャレスの記録は素晴らしい」とサウスゲイト監督の手腕を称えている。その一方で、「私の心配は選手たちだ。選手たちが学んでいないと感じることがある」とコメントしている。プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドレジェンドであるキーン氏は、ピッチ上で戦うイングランド代表選手たちのパフォーマンスに疑問を呈していた。(Football ZONE web編集部)

    欧州予選で10年ぶりに黒星を喫したイングランド代表【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】「ミスから学んでいない」 欧州予選“10年ぶり黒星”のイングランド、“闘将”が痛烈批判】の続きを読む

    no title


    通算53得点の英雄ルーニー、41試合26得点のケインにいずれ“抜かれる”と断言

     イングランド代表の歴代最多得点記録を保持し、現在はMLSメジャーリーグサッカー)のD.C.ユナイテッドプレー、来年1月からは英2部ダービー・カウンティの選手兼監督を務めることが決まっているFWウェイン・ルーニーが、トットナムの同代表FWハリー・ケインを「ファンタスティックゴールスコアラー」と称賛。あと2、3年で自身の記録も塗り替えられると語ったと、英ラジオ局「talkSPORT」が報じた。

     マンチェスター・ユナイテッドレジェンドであるルーニーは、イングランド代表で通算53得点を積み上げ、サー・ボビー・チャールトン氏が保持していた歴代最多得点記録を更新。歴代2位となる120キャップを数え、2017年に代表引退を表明した。

     しかし、ルーニーは自身の持つポッドキャスト番組で、すでに代表戦41試合で26得点を記録し、2018年ロシアワールドカップ(W杯)では6得点で得点王に輝いたケインが、あと数年で自らの記録を上回るだろうとの見解を示している。

    ゴールを決めるのは好きだけど、それを当たり前だと考えたことは一度もない。イングランドで35得点を記録した時、最多記録が近づいていることを感じたよ。でも、ボビー・チャールトンの時のように、あと50年もトップでいることはないだろう。おそらく2、3年もすれば、ハリー・ケインが塗り替える。彼はファンタスティックゴールスコアラーで、代表での成績も素晴らしい

     さらに「ボビー・チャールトンが私にゴールデンブーツを渡してくれたように、私も彼(ケイン)にできたら光栄だ。きっと、その日はそう遠くはないよ」とも述べ、後輩の今後の活躍に期待を寄せていた。

    「talkSPORT」調べのイングランド代表「最多得点ランキングTOP10」は以下のとおり。

    1位 ウェイン・ルーニー 53得点
    2位 サー・ボビー・チャールトン 49得点
    3位 ギャリー・リネカー 48得点
    4位 ジミー・グリーブス 44得点
    5位 マイケル・オーウェン 40得点
    6位 ナット・ロフトハウス 30得点
    6位 アラン・シアラー 30得点
    6位 サー・トム・フィニー 30得点
    9位 ビビアン・ウッドワード 29得点
    9位 フランク・ランパード 29得点(Football ZONE web編集部)

    イングランド代表の歴代最多得点記録を保持するFWルーニー、FWケインに塗り替えられると断言【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】“歴代最多得点”のルーニー、現エースFW称賛 「あと2、3年で塗り替える」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     トッテナム所属のイングランド代表FWハリー・ケインが、自身のペナルティキック成功率の高さについてコメントした。7日、イギリスメディアBBC』が報じている。

     7日に行われたEURO2020予選グループA第5節・ブルガリア戦でも、ケインのペナルティキックは高い決定率を誇った。90分間で2度ペナルティキックを託されると、いずれもゴールに結びつけている。

    BBC』によると、ケイン2017-18シーズン以降にクラブと代表で10回ペナルティキックを担当し、9回を成功させているという(成功率90%)。ケイン自身も、ペナルティキックが勝利を得るための重要な要素であることを理解しているようだ。

    「ペナルティキックの練習はかなりしているよ。トッテナムでもイングランド代表でも、ペナルティキックの場面はとても多いからね。ブルガリア戦の前日にも、僕たちは20~30分をペナルティキックの練習に費やした。フィーリングは良かったし、おかけで試合では幸運にもキックを成功させることができたんだ」

     ケインの高いペナルティキック成功率の秘訣は、普段の地道な努力だった。

    ケインはペナルティキックの“名手”だ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】成功率は脅威の90%! PKの“名手” ケイン「練習はかなりしている」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    イングランドサッカー協会(FA)は7日、マンチェスター・ユナイテッドのMFジェシー・リンガードが病気のためイングランド代表を離脱したことを発表した。

    2試合を消化したユーロ2020予選で2連勝としている首位イングランドは、同日にブルガリア代表と、10日にコソボ代表といずれもホームで対戦する。

    ユナテッドは代表ウィーク明け後の14日、プレミアリーグ第5節でレスター・シティホームで対戦する。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】リンガードが病気のため代表を離脱】の続きを読む

    このページのトップヘ