Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ベルギー



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



     いよいよ、ベスト4が出揃ったサッカーW杯――。

     今大会は、1次リーグで前回優勝国のドイツが敗退し、ラウンド16でスペイン、アルゼンチンが姿を消した。そして、準々決勝ではブラジル、ウルグアイが破れ、過去の優勝国が5か国もロシアを去っているように、かつてないほど番狂わせが多い大会となっている。

     ベスト4に勝ち残ったのは、優勝経験のあるフランスとイングランド。そして、「史上最強」の呼び声も高いベルギーと、経験とテクニックを備えたタレントが豊富なクロアチア。果たして、栄冠をつかむのはどの国か? 

     ’98年フランス大会からW杯を取材するスポーツライター・栗原正夫氏に、栄冠の行方を予想してもらった。ちなみに、栗原氏は大会前、「本命フランス、対抗イングランド、穴がクロアチア」と、今のところ予想をすべて的中させている。まずは、4強の総評をしてもらった。

    【ベルギー】
    「最強の呼び声高いベルギーは個が抜群に強く、ブラジル戦のようにハマれば確かに強いが、安定感には疑問符がつきます。勝っているときはいいが、先制されると意外に脆く、日本戦は逆転勝ちを収めたものの、リードされたまま試合終了というゲームも多い。つまり、ブラジル戦のときの戦い方を、残り2試合で続けられるか疑わしいのです。

    また、チームに多いアフリカ系の選手は、爆発力はあるが、ムラッ気があるので安定感に欠ける。チームがちょっと崩れると一緒に崩れてしまうことが多い……。ワールドクラスのタレントが揃うが、チームとしてはまとまりに欠けるのも懸念材料ですね」

    【フランス】
    「何といっても、今大会の主役になりつつある19歳の超新星・FWエムバペが躍動すれば、フランスの優勝は固い。チームバランスがよく経験値が高いうえに、若手も活躍しており、FWグリーズマンなど欧州のビッグクラブに所属するタレントも豊富で選手層も厚い。

    意外なポイントになるのが、フランスにはW杯やEUROなど大きなタイトルを獲得した選手がいないことです。ドイツやスペインはW杯など、何度もタイトルを手にしている国に比べれば、モチベーションは非常に大きい」

    【イングランド】
    「若手中心のチームは4年後のW杯に照準を絞っており、今大会はあまり期待されていなかったが、その分、プレッシャーを受けることもなく、のびのびとプレーする若手の勢いがいい方向に作用している。チームの調整も肌寒いくらいのサンクトペテルブルク近郊にキャンプを張り、選手のコンディションはいい。

    ただ、有名な選手はCFのハリー・ケインくらいで、そのケインもイングランドでは名が通っているが、クロアチアのMFモドリッチやフランスのFWグリーズマンに比べるとやや見劣りする。ケイン以外の選手を見ても、所属チームの主役というわけではない。とはいえ、チーム全体としてコンディションがいいのは好材料ですね。若いチームだけに、調子に乗ると一気に勢いが出るかもしれない」

    【クロアチア】
    「やはり、MFのモドリッチ、ラキティッチ、コバチッチを擁する中盤は、ベスト4の4か国ではもっとも強力です。さらに、前線のFWマンジュキッチ、左サイドに張るFWペリシッチとタレントが豊富。中盤を制してゲームを支配すれば、クロアチアは強い。ロシア相手にPK戦までもつれたのは、地元の応援を正面から受ける格好にしてしまったからで、拙い戦い方でしたね。

    弱点は、最終ラインにスピードがなく、イングランド戦では快足FWのスターリングや2列目から飛び出してくるMFリンガードに対応できるか、ちょっと心配ですね」

     4か国の特徴やチーム事情を頭に入れたうえで、栗原氏の予想を聞いてみよう。

    ◎準決勝
    【フランス×ベルギー】

    「ここへきて急にベルギーの評価が高まっているが、総合力ではフランスが上回る。また、ベルギーの3バックに対して、フランスは4-2-3-1なので、ベルギーがどう対応するのか、戦術面でもフランスに分がある」

    【イングランド×クロアチア】
    「クロアチアはデンマーク戦、ロシア戦と2試合続けて120分戦っているのに対して、イングランドは準々決勝を90分で勝利と、比較的ラクに勝っている。クロアチアの蓄積された披露が、イングランド戦では影響してしまう可能性が高いうえに、ケガをしている選手も多い……。本来の実力では、クロアチアのほうが少し上でしょうが、準決勝はイングランドが有利と見ていい」

    ◎決勝
    【フランス×イングランド】

    「フランスがボールを保持する時間が長い展開になりそうですね。驚異的なスピードで得点を重ねているように、FWのエムバペは非常に体がキレている。彼が活躍すれば、フランスの優勝は固いでしょうね。仮に、エムバペが抑えられたとしても、彼に気を取られている隙にMFのグリーズマンやポグバが攻撃に顔を出し、攻め手は多い。

    これに対して、イングランドの攻撃はどうしてもCFのケイン頼みになりがちで、ここを抑えられると攻め手がない。さらに、若いイングランドに比べ、経験値でも大きくリードするフランスが優勝するのではないでしょうか」

     世界中を熱狂に誘ったW杯も、残すところ4試合。いよいよ本日7月10日27時、準決勝第1試合が行われる。

    準々決勝のベルギー・ブラジル戦。前半にベルギーが2点目を決め喜ぶケビン・デブルイネら 写真/時事通信社


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【サッカーW杯】4強激突!「評価急上昇」のベルギーが勝てない意外な理由…】の続きを読む



    (出典 kruf468c.user.webaccel.jp)



     ベルギー代表DFトーマス・ヴェルマーレン(バルセロナ)が、同代表のアシスタントコーチを務める元フランス代表FWティエリ・アンリ氏を称えた。イタリア・メディア『tuttomercatoweb.com』が9日付で伝えている。

     2018 FIFAワールドカップ ロシア大会準決勝でフランス代表と対戦するヴェルマーレンは、記者会見の場で、アンリ氏を称賛している。

    「コーチのアンリは、このグループに経験をもたらした。とりわけ、今大会で、その経験が生きている。彼は、ヨーロッパ選手権を制し、またW杯でも優勝した。多くの選手たちが、彼をモデルとしている」

    「アンリは、サッカー界のレジェンド。それが見て取れる存在だ。彼から多くのアドバイスを受けている。彼の経験は、僕らにとって必要不可欠なものだ」

     今大会のベルギー代表の躍進は、コーチのアンリ氏の存在が大きいとの認識を示している。

    アンリコーチについて語ったヴェルマーレン [写真]= Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ベルギー代表】ヴェルマーレン、コーチのアンリを称賛「このグループに経験をもたらした」】の続きを読む


    タレント軍団を一つのチームにまとめ上げたマルティネス監督

     躍進を続ける“レッドデビルズ(赤い悪魔)”ことベルギー代表は、ロシア・ワールドカップ(W杯)では過去最高成績に並ぶベスト4進出を果たし、初の決勝進出が懸かる準決勝では優勝経験国のフランスと激突する。指揮を執るロベルト・マルティネス監督は成功を支えたのは就任から一貫した「2年間のプロセス」を選手がやりきったことだと語った。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

     ベルギーは今大会、イングランドと同居したグループGを3連勝で首位通過。決勝トーナメントでは日本とブラジルを立て続けに撃破し、FIFAランキング3位で優勝候補に推される実力を示した。

     2016年8月に就任したマルティネス監督は、「我々は個人が集まっただけのグループではなく、これこそチームだという疑問に答えることができたと思っている」と話し、結束した代表チームを作り上げたと自信を示している。就任から一貫した仕事ぶりが実った結果であることを強調した。

    「彼らは、お互いにハイパフォーマンスを出せるように助け合い、国際レベルでも団結できるように、2年間のプロセスを続けていくことを約束していた。ベルギーサッカーを誇りにしようというビジョンを共有したいというグループが、それをやり遂げたんだ」

    デ・ブライネも手腕を絶賛「勝利への信念を植え付けた」

     ベルギーは主将のFWエデン・アザールやMFケビン・デ・ブライネ、FWロメル・ルカク、DFヴァンサン・コンパニ、GKティボー・クルトワと各ポジションにタレントを揃える。個の力に頼りきりだったチームにマルティネス監督が豊富な戦術バリエーションを植え付け、チームとして成熟させた。

     優勝候補筆頭と言われた王国ブラジルを撃破しての4強進出。マルティネス監督は「ブラジル戦の勝利は代表監督として最大の喜び」と語っている。それまでの3バックから4バックへシステムを変え、中盤で起用していたデ・ブライネを前線へと配置転換する采配も見事に的中。「このレベルではこうしたインテリジェンスや適応力が不可欠なんだ」と自らの采配と期待に応えた選手を称えた。

     デ・ブライネも「彼はチームに厳しさをもたらし、勝利への信念を植え付けた」と指揮官の手腕を絶賛している。また、1998年W杯優勝メンバーの元フランス代表FWティエリー・アンリ氏がコーチとして入閣してる影響も計り知れない。

     厚い信頼で結ばれた“赤い悪魔”がW杯初制覇に向けて邁進している。(Football ZONE web編集部)

    ロシアW杯での大躍進の秘訣をマルティネス監督が告白【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】ベルギー代表監督、ロシアW杯での大躍進の秘訣を告白 「2年のプロセスの賜物」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    準決勝でのムバッペ対策についてマルティネス監督が本音

     ベルギーは現地時間の10日、ロシア・ワールドカップ(W杯)準決勝でフランスと対戦する。1986年のメキシコW杯以来の大舞台に導いた、ロベルト・マルティネス監督は、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」の取材に応じ、フランスを相手に「恐れずにプレーすることが必要不可欠」と語った。

     “赤い悪魔”は、16強で日本を相手に0-2の危機的状況から逆転勝利を収め、準々決勝では5度のW杯覇者のブラジルを2-1で下して32年ぶりの4強へと勝ち上がった。マルティネス監督は、大一番となるフランス戦に向け、「絶対に恐れずに臨まなければならない」と断言し、「もし恐怖心を持ってプレーすれば、実際の力が発揮できない。恐れずに戦うことが、我々に最も必要なことの一つかもしれない」と語った。

     また、「選手たちの“団結力”が大事だ」とも話し、「この大会を制するにはチームとして、コレクティブなプレーが不可欠だと考えている」と続ける。ベルギーは育成に力を入れ、10年以上かけて若い才能を育ててきた。この“黄金世代”がどこまで頑張れるかと問われると、「今の世代は偶然の産物ではない。ベルギーサッカーが非常に明確なシステムを作ったんだ。若いタレントを育てることにフォーカスし、すでに新たな世代がこのW杯に利益をもたらしている」と胸を張った。

     マルティネス監督は、フランスとの準決勝を「似た者同士の戦い」になると予想。その一方で、強豪アルゼンチン戦でフランス勝利の立役者となったFWキリアン・ムバッペを止めることは「かなり難しい。簡単な答えはないと思う。なぜなら、ムバッペは特にカウンターアタックの場面で、非常に優れた選手だ」と、警戒を強めていた。


    (Football ZONE web編集部)

    準決勝フランス戦のムバッペ対策について、ベルギー代表のマルティネス監督が本音を吐露した【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】ベルギー監督、難敵フランスに「恐れずに戦う」も… ムバッペ封じは「かなり難しい」】の続きを読む



    (出典 img.qoly.jp)



     2018 FIFAワールドカップ ロシア・準々決勝が6日に行われ、ベルギー代表がブラジル代表に2-1で勝利した。優勝候補を破ったベルギー代表のパフォーマンスには多くの称賛が集まっているが、勝敗を分けたポイントはどこにあったのか。イギリスメディア『スカイスポーツ』がこの試合を振り返り、ベルギーを勝利に導いた5つの要因を記している。

    ①戦術変更

     マルアン・フェライニとナセル・シャドリが先発メンバーに名を連ねたことは驚きをもって迎えられたが、より攻撃的なヤニック・フェレイラ・カラスコとドリース・メルテンスに代わってこの2選手が出場したことは、チーム全体のアプローチの変更を示唆していた。

     ロベルト・マルティネス監督は大胆なフォーメーション変更を行い、4-3-3の右ウイングにロメル・ルカクを動かした。そしてエデン・アザールが左に回り、ケヴィン・デ・ブライネは中央に位置して「偽9番」となった。

     前線の3人は対戦相手に対して本物の脅威を与え、フェライニはシャドリ、アクセル・ヴィツェルと共に守備陣をプロテクトした。この変更はデ・ブライネが日本戦よりも前の位置でプレーできることも意味しており、これまでの試合よりもゴールに直結するプレーが増加していたことも同メディアは指摘している。

    ②チームの論理と統一

     試合後にマルティネス監督は以下のように語り、戦術変更に対応して会心の勝利を収めた選手たちを称賛している。

    「これは重要な戦術の変更で、大事なのは実行力だった。監督の指示を選手たちが受け入れるのには勇気が必要だ。だが、彼らは2日でポジションとアプローチを変えた。それを実現させたいという欲求があったんだ」

     同メディアによると、より個々の才能に優れたブラジルを倒すためにはチーム全体の協力が必要だと主張した主将ヴァンサン・コンパニの元でチームが団結したことが、わずか2日で新戦術へと適応してみせた高いモチベーションにもつながっていたようだ。

    ③目標の共有

     同メディアはこの項目においてはルカクが非常に良い例であったとし、手放しで称賛を贈っている。マンチェスター・Uでもエースとして活躍している同選手は、自身が得点を決めることを脇に置き、ブラジルのサイドバックをくぎ付けにするというタスクを実行することに専念。チームメイトのためにグラウンドに飛び込み、技術を活かしてボールをキープし、ベルギーの攻撃を引き締めたとして、その献身ぶりを高く評価した。

    ④個々の輝き

     チームワークの中にも傑出した個人のパフォーマンスがあったとして、マン・オブ・ザ・マッチに選出されたデ・ブライネや、10度のドリブルを成功させて7度ファウルを受けたアザールの名前を挙げ、その個人能力の高さと勝利につながる働きぶりを称賛した。

     さらにはネイマールとのマッチアップで負けなかったトーマス・ムニエ、10度のクリアを記録したトビー・アルデルヴァイレルト、勝敗を分けるビッグセーブを見せたティボー・クルトワらの名前も列挙している。

    ⑤幸運

     ベルギーは上述のように多くの素晴らしい仕事をこなしていたが、それでもブラジルを倒すにあたっては運に恵まれた面もあったことは間違いないと同メディアは指摘。

     ブラジルが試合を通じて3つの決定機を逃したことや、エリア内でコンパニが犯した微妙なプレーがPKとならなかったこと、ブラジルにとって核のひとりだったカゼミーロの出場停止、そのカゼミーロの代役だったフェルナンジーニョのオウンゴールといった要素にも助けられたとしている。

     会心の勝利を収めたベルギーが10日の準決勝で対戦する相手は、絶好調のFWキリアン・ムバッペらを擁するフランス代表。悲願の初優勝に向けて、ベルギー代表は次の試合でも緻密な戦略を用意して難敵との対決を制し、決勝へと駒を進めることができるだろうか。

    会心の勝利を喜ぶベルギー代表 [写真]=Photonews via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】ベルギーはなぜ“王国”ブラジルを倒せたのか…英紙が5つのポイントを解説】の続きを読む

    このページのトップヘ