Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ベルギー



    (出典 www.soccer-king.jp)



    チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(28)が現役最後の地を語った。イギリス『Tribal Football』が報じた。

    チェルシーの絶対的スターに君臨するアザール。今夏、レアル・マドリー移籍の可能性が取り沙汰されており、今後の動向に注目が集まっているところだ。そのアザールは今年1月、28歳の誕生日を迎えた。年齢的にキャリアの絶頂期にあるが、引退先がメジャーリーグサッカー(MLS)になる可能性について問われると、次のように返答した。

    「(MLS?)ないね。物事は常に変わるものだけど、それは疑問だね」

    「僕はずっとベルギーで辞めたいと言ってきた」

    「今はそれについて考えられないけどね」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】キャリア最後を語るアザール…「ベルギーで辞めたい」】の続きを読む



    (出典 staticx.antenna.jp)



    ジダン監督復帰でナバスに正GKを奪われ、EURO予選ロシア戦でもミスから失点

     次代の世界最強の守護神候補に、大きな試練が訪れている。レアル・マドリードベルギー代表GKティボー・クルトワは雄大な体格と足元の技術を兼備した安定感が特徴だが、レアルでのレギュラー剥奪危機に加え、ベルギー代表でのミスが続いたことでピンチに陥っていると、スペイン紙「マルカ」が伝えている。

     クルトワはロシアワールドカップ(W杯)で3位に入ったベルギーを最後方から支え、199センチの長身と長い手足でのセーブ、そしてカウンターの起点としても機能。その力を買ったレアルが昨夏に呼び寄せ、白い巨人の一員となった。

     ただレアルフレン・ロペテギ、サンティアゴ・ソラーリ両監督の下で振るわず、ジネディーヌ・ジダン監督が再就任。その再出発の一戦となったリーガ・エスパニョーラ第28節セルタ戦(2-0)ではコスタリカ代表GKケイラー・ナバスにスタメンを譲った。悪い流れは現地時間21日の欧州選手権(EURO2020予選のロシア戦(3-1)でも続き、相手のプレスでボールを奪われ、失点に直接絡んでしまった。

    「僕は接触され、ボールクリアできなかった。それは小さなエラーだけど、それはGKにとっての人生のようなものだ。とはいえ、僕は落ち着いていたよ。いつもミスから学ばないといけないからね」

     ロシア戦後、クルトワはこのように語っている。

     しかしここ最近の逆風とプレッシャーは、クルトワにとって初めて経験する状況だろう。レアルポジションを争うナバスはUEFAチャンピオンズリーグ3連覇を果たした正守護神として、ファンチームメートのいるロッカールームで愛されている存在でもある。

     またジダン監督は来季に向けて所属選手の“見極め”に入っており、今後もナバスとクルトワの併用が予想される。序列が絶対ではない状況で、クルトワは意地を見せることができるか。(Football ZONE web編集部)

    代表のミス連発で苦境に直面しているGKクルトワ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】クルトワを襲う“負のサイクル” レアルの正GK剥奪危機、代表のミス連発で苦境に直面】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督がフットボールを始める切っ掛けになったことを明かした。スペインマルカ』が伝えている。

    チェルシーエースとして、今シーズンも公式戦39試合16ゴール11アシストを記録しているアザール。現在ではベルギー代表のキャプテンも務めており、昨年のロシアワールドカップ(W杯)では同国史上最高位の3位フィニッシュに大きく貢献する出色のパフォーマンスを見せた。

    今やフットボール界を代表する選手の1人となった同選手だが、その原点には一人の伝説的な人物がいるようだ。「ジダンマルティネスのどちかを選ぶとしたら? 」と問われ、以下のように返答している。

    「(ジネディーヌ・)ジダンをとても尊敬している」

    「彼は僕のアイドルだ。彼のおかげで(フットボールを)プレーし始めた」

    「でも、一緒に勝ち取ってきたのは(ロベルト・)マルティネスだから、彼を選ぶよ」

    指揮官として、マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げたジダン監督は、現役時代にも世代No.1のプレーヤーとしてユベントスやマドリー、フランス代表で活躍。W杯やユーロ、CLなどあらゆるタイトルを獲得し尽くしていた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】アザール、フットボールキャリア原点の人物を明かす】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    [10日 ロイター] - サッカーイングランドプレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドマンU)のFWロメル・ルカク(25)は、筋肉を増加したことがシーズン序盤の不調の原因だったと明かした。

    ルカクは昨シーズン、公式戦でチームトップの27得点をマークワールドカップ(W杯)ロシア大会ではベルギーの準決勝進出に貢献した。しかし今シーズンマンUでは20試合で6得点にとどまっている。

    ルカクは「問題を特定するために、メディカルスタッフとともに数々のテストを行った」とコメント。「W杯のために筋肉をつけたが、プレミアリーグでは代表戦と同じ筋肉量ではプレーできない。筋肉を落とすために、ウエイトトレーニングを控えた」と述べた。

    同選手はマンUでの過去3試合で2得点を挙げている。

     12月10日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドのFWロメル・ルカク(写真)は、筋肉を増加したことがシーズン序盤の不調の原因だったと明かした。英マンチェスターで8日撮影(2018年 ロイター/Phil Noble)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】マンUのルカク、「不調の原因は筋肉増加」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    マルティネス監督はレアルの新指揮官に任命されることを拒否する意向を示す

     レアル・マドリードフレン・ロペテギ監督を解任し、サンティアゴ・ソラーリ暫定監督が指揮を執っている。次期監督候補にはベルギー代表のロベルトマルティネス監督の名前が挙がっていたが、本人はレアル行きを望んでいないようだ。英紙「エキスプレス」が報じている。

     成績不振でロペテギ監督を解任したレアルは、下部組織を率いていたソラーリ氏を暫定監督に任命。初陣となった10月31日スペイン国王杯4回戦では3部のメリリャ相手に4-0で勝利を飾り、白星スタートを切った。しかし、チームは新たな正指揮官を積極的に探しており、多くの候補者が挙がっている。

     そんななか、ベルギー代表のマルティネス監督は地元テレビ局「VTM」のニュース番組に出演。レアルの一件について尋ねられると、「我々は時間を無駄にするつもりはない」と一蹴した。監督に任命されることを拒否したと伝えられている。

     また、ベルギーサッカー連盟のスポークスマンであるステファン・ファンルーク氏も声明を発表。マルティネス監督を招聘したいのならば、レアルがまず我々に近づかなければならないと語った。

    「連盟は個人的な問題や監督との契約に関してコメントしていない。もしクラブマルティネス監督と契約したければ、最初に連盟と合意に達しなければならないだろう」

     レアルマルティネス監督の他に、元チェルシーのアントニオ・コンテ氏や現在トットナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督、元アーセナルのアーセン・ヴェンゲル氏らをターゲットとしていると報じられている。果たして“白い巨人”の次期監督には誰が任命されるのだろうか。


    Football ZONE web編集部)

    ベルギー代表のマルティネス監督【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ベルギー代表監督、レアル新指揮官就任の噂を一蹴 「時間を無駄にするつもりはない」】の続きを読む

    このページのトップヘ