Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ベルギー


    ベルギーが9発圧勝! アザール復帰弾、ルカク&ムニエがハット達成…W杯出場に王手 | ニコニコニュース



    大量得点を奪って勝利したベルギー [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     31日、2018 FIFAワールドカップ ロシア欧州予選の第9節が行われ、グループHの首位に立つベルギー代表はホームにジブラルタル代表を迎えた。9得点を奪って圧勝し、次節にも本大会出場を決める可能性がある。

     ベルギー代表はエデン・アザールが足首を手術後、所属先のチェルシーではまだ公式戦に出場していなかったものの、この試合では先発出場。マンチェスター・Uに加入したロメル・ルカクもスタメンに名を連ねた。

     15分、ベルギー代表はドリース・メルテンスの得点で幸先よく先制すると、18分にはトーマス・ムニエ、21分にはルカク、27分にはアクセル・ヴィツェル、38分には再びルカクと得点を量産。40分、ヴィツェルが相手選手への足元のファウルで一発退場となるアクシデントに見舞われたものの、45分にはアザールが復帰戦を飾るゴールを決め、前半だけで大量6得点を奪った。

     後半に入ってもベルギーペースで試合は続き、60分、67分にはムニエが再び得点してハットトリックを達成。80分には相手選手がペナルティエリア内で背後から足をかけて退場となり、PKを得たベルギーはルカクが冷静に決め、この日の3点目を奪った。

     2選手がハットトリックを達成し、大量9得点をマークしたベルギーが勝ち点を「19」に伸ばしている。グループHで2位につけるギリシャは、ホームにエストニア代表を迎えたもののスコアレスドローに終わったため、首位ベルギーとの勝ち点差は「6」に広がった。ベルギーは9月3日に行われる次節、そのギリシャ代表とアウェイで戦うが、結果次第で1位通過が決定する可能性がある。

    【スコア】
    ベルギー代表 9-0 ジブラルタル代表

    【得点者】
    1-0 15分 ドリース・メルテンス(ベルギー代表)
    2-0 18分 トーマス・ムニエ(ベルギー代表)
    3-0 21分 ロメル・ルカク(ベルギー代表)
    4-0 27分 アクセル・ヴィツェル(ベルギー代表)
    5-0 38分 ロメル・ルカク(ベルギー代表)
    6-0 45分 エデン・アザール(ベルギー代表)
    7-0 60分 トーマス・ムニエ(ベルギー代表)
    8-0 67分 トーマス・ムニエ(ベルギー代表)
    9-0 80分 ロメル・ルカク(ベルギー代表)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ベルギーが9発圧勝! アザール復帰弾、ルカク&ムニエがハット達成…W杯出場に王手 | ニコニコニュース】の続きを読む


    監督と対立しベルギー代表引退宣言のナインゴラン 「常に招集されるべき」と同僚は翻意願う | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    マルティネス監督との関係悪化も、デ・ブライネは不可欠な戦力と主張

     

     イタリア・セリエAのローマに所属するベルギー代表MFラジャ・ナインゴランは、チームを率いるロベルト・マルティネス監督から招集外とされたことへの怒りから代表引退騒動に発展しているが、チームメイトは必要な戦力として翻意を求めている。

     

     ベルギーメディア「sporza」の取材に応じたマンチェスター・シティ所属の同代表MFケビン・デ・ブライネは「おそらく個人的な理由だ」としつつ、ナインゴランがチームにとって欠かせない戦力であると強調している。

     

    「ラジャはローマでとてもハイレベルなプレーをしている。彼は現時点で、常に招集されるべきレベルの選手だよ。ロッカールームの外で、彼個人にとってどのようなことが起こったのかは分からないし、監督の選択について抗議をすることはできないけど」

     

     デ・ブライネは言葉を濁しつつも、ナインゴランは招集されて然るべきだとの認識を示している。強豪ローマの心臓部としてプレーするナインゴランは、プレミアリーグ王者チェルシーのアントニオ・コンテ監督が獲得を熱望したが、イタリアでの生活が気に入っているとしてローマに残留してプレーを続けている。しかし、代表チームの指揮官との関係は最悪なものになっている。

     

     果たして、チームメイトが求めるナインゴランの代表復帰は実現するのか。来年のロシア・ワールドカップ本大会でもダークホースの一角として注目を集めそうなベルギーのダイナモだけに、その動向には注目が集まる。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【監督と対立しベルギー代表引退宣言のナインゴラン 「常に招集されるべき」と同僚は翻意願う | ニコニコニュース】の続きを読む


    「意味がない」招集外に激怒のナインゴランがベルギー代表引退か | ニコニコニュース



    W杯予選に臨むベルギー代表に招集されなかったナインゴランが激怒し、代表引退を明言した [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     ローマに所属するベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが代表チームからの引退を決意したようだ。ベルギーメディア『Nieuwsblad』が26日付で報じた。

     ナインゴランは2018 ワールドカップロシア欧州予選のジブラルタル、ギリシャとの2連戦に臨む、ロベルト・マルティネス監督率いる代表チームに招集されなかった。

     これを受け、ナインゴランは同メディアのインタビューで「彼から11時(メンバー発表の1時間前)に電話がかかってきて、『6月のワールドカップ予選の時、代表チームでプレーすることに十分に集中していないという印象を持った』と言われたんだ。僕はそれを聞いて(怒りが)爆発しそうになったね」と、怒りをあらわにした。

     今回の招集外は、ワールドカップ予選の対エストニア戦を前にしたミーティングにナインゴランが遅れてきたことが理由の一つだとも言われているが、「彼はそれについては触れなかった。電話では1分も話さなかったしね。エストニア戦の時のことについては、僕はわずかに遅れただけだし、他にも僕と同じように遅刻している選手もいたよ」と、説明。

     さらに怒りが収まらない様子のナインゴランは、「僕は代表チームから引退するつもりだ。意味がないからね。彼はモナコでベンチに座って数分しかプレーしていないユーリ・ティーレマンスを招集するんだ」と、国際試合からの引退を明言した。

    「マルティネスは監督に就任した時、『レッド・デビルズ(ベルギー代表の愛称)は最高のプレーをしなければならない』と言った。アクセル・ヴィツェルは中国でプレーしているね。あの言葉はもはや適用されていない。いい加減にしてほしいね。僕はイビサ島でマルティネスと同じレストランにいたことがあったんだけど、どちらも挨拶はしなかった」

    「国際試合に出続ける事は理にかなっていない。僕は昨シーズン、セリエAで2位だったローマで52試合に出場した。僕は常にベストを尽くし、チームと共に仕事をする。あそこで何かを残したいんだ。もう代表ではプレーしないよ。僕は29歳だ。申し訳ないが、僕が今している事は全てローマのためだ」



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「意味がない」招集外に激怒のナインゴランがベルギー代表引退か | ニコニコニュース】の続きを読む


    ベルギー代表、W杯予選へ28名招集…アザールやデ・ブライネら選出 | ニコニコニュース



    ベルギー代表28名が発表 [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     ベルギーサッカー協会(KBVB)は25日、2018 FIFAワールドカップロシア 欧州予選の2試合に臨むベルギー代表メンバー28名を発表した。

     ロベルト・マルティネス監督は、GKティボー・クルトワ(チェルシー/イングランド)やMFケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C/イングランド)、MFエデン・アザール(チェルシー/イングランド)ら、主力メンバーを招集した。

     ベルギー代表はW杯欧州予選6試合を終えて5勝1分け、24得点2失点と圧倒的な強さを見せている。8月31日にジブラルタル代表をホームに迎え、9月3日にはギリシャ代表とのアウェイゲームに臨む。

     ベルギー代表メンバー28名は以下の通り。

    ▼GK
    ティボー・クルトワ(チェルシー/イングランド)
    シモン・ミニョレ(リヴァプール/イングランド)
    クーン・カステールス(ヴォルフスブルク/ドイツ)
    マッツ・セルス(アンデルレヒト)

    ▼DF
    レアンデル・デンドンケル(アンデルレヒト)
    ローラン・シマン(モントリオール・インパクト)
    ヤン・ヴェルトンゲン(トッテナム/イングランド)
    トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム/イングランド)
    ヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・C/イングランド)
    ジョルダン・ルカク(ラツィオ/イタリア)
    トーマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン/フランス)
    トーマス・ヴェルマーレン(バルセロナ/スペイン)

    ▼MF
    アクセル・ヴィツェル(天津権健/中国)
    ユーリ・ティーレマンス(モナコ/フランス)
    スティーブン・デフール(バーンリー/イングランド)
    ムサ・デンベレ(トッテナム/イングランド)
    マルアン・フェライニ(マンチェスター・U/イングランド)
    ナセル・シャドリ(ウェスト・ブロムウィッチ/イングランド)
    ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C/イングランド)

    ▼FW
    エデン・アザール(チェルシー/イングランド)
    ミシー・バチュアイ(チェルシー/イングランド)
    ロメル・ルカク(マンチェスター・U/イングランド)
    ディヴォック・オリジ(リヴァプール/イングランド)
    クリスティアン・ベンテケ(クリスタル・パレス/イングランド)
    ケヴィン・ミララス(エヴァートン/イングランド)
    ヤニック・フェレイラ・カラスコ(アトレティコ・マドリード/スペイン)
    ドリース・メルテンス(ナポリ/イタリア)
    トルガン・アザール(ボルシアMG/ドイツ)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ベルギー代表、W杯予選へ28名招集…アザールやデ・ブライネら選出 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ