Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ベルギー

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 3倍理論 ★ :2018/07/02(月) 08:23:36.34 ID:CAP_USER9.net

    ベルギー代表FWエデン・アザールは、ロシア・ワールドカップで輝く順番が回ってきたと考えているようだ。

    グループリーグを3連勝で終え、首位で決勝トーナメントに進んだベルギー。ベスト8進出をかけ、日本代表と対戦することになる。

    30日からスタートした決勝トーナメントでは、前回準優勝のアルゼンチン、そして欧州王者ポルトガルが1回戦で敗退。リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウドという長きに渡りフットボール界をけん引してきた2大スターが、大会から姿を消した。

    “メッシロナウド時代”の終わりとも言われる中、アザールは「自分の番が来た」と新たな主役になると意気込んでいる。

    「そうなればいいね。彼らはW杯から去ってしまったので、僕が輝く番だ。そうだね、準々決勝、準決勝、そして決勝まで勝ち進みたい。僕らはベルギーのために戦う。良い選手がたくさんいるし、もちろん決勝まで進みたい。メッシとロナウドは去ってしまったが、他にも優秀な選手は数多くいる。最後に、それが証明されるだろう」

    「それは僕らの手中にある。全員で戦う必要がある。すべてを尽くした後、何が起こるかみてみよう」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00000045-goal-socc


    【【ベルギー代表】新たな時代の主役へ…アザールが意気込む「メッシ、ロナウドが去った。僕が輝く番だ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 3倍理論 ★ :2018/07/02(月) 06:41:40.54 ID:CAP_USER9.net

    <Russia 2018 WorldCup>

     【ロストフナドヌー(ロシア)大島祥平】サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で1次リーグH組を2位通過した日本代表は2日午後9時(日本時間3日午前3時)から、決勝トーナメント1回戦でG組1位のベルギーと対戦する。6大会連続6度目のW杯出場の日本は過去2度の16強が最高で、初の8強入りに挑む。1日は当地でベルギー、日本の順に公式記者会見を行い、続いて調整。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本61位、ベルギー3位。対戦成績は日本の2勝2分け1敗。昨年11月に国際親善試合で対戦した時は0-1で敗れている。

    ベルギーは1次リーグで出場32チーム中最多の9得点。破壊力がある攻撃に、日本がどこまで耐えて接戦に持ち込めるか。

     エースFWルカクが出場2試合で4ゴールをマーク。190センチ、93キロの巨漢は強いだけでなく、速い。パナマ戦ではダッシュの最高速度32・83キロを記録した。日本のDF陣では長友の31・50キロ、吉田の31・03キロを上回る。ゴールへの嗅覚も抜群で、シュート5本のうち4本を決めている。

     日本はルカクとゴール前でまともに戦う勝負になると苦しい。針の穴を通すパスを供給するデブルイネ、E・アザールら超一流のタレントがそろう相手に対し、日本も強みの中盤で主導権を握り続けられないようコンパクトに連動し、選手が互いにカバーに入りながら組織で対抗したい。

     昨年11月にベルギーでの国際親善試合で対戦した際は0-1の接戦で日本が敗れたが、長谷部(アイントラハト・フランクフルト)は「正直、あの時の彼らにやる気があったのか、プレーしながら疑問だった」と振り返る。当時はE・アザールも出場しておらず、全く別のチームだろう。

     28日のポーランド戦で第1、2戦から先発を6人入れ替えた日本は原口(ハノーバー)、香川(ドルトムント)ら一部主力を休ませることができた一方で、守備陣の吉田(サウサンプトン)、長友(ガラタサライ)、酒井宏(マルセイユ)は3試合フル出場。攻守で欠かせない存在の柴崎(ヘタフェ)もほぼフル稼働だ。要となる選手たちの蓄積疲労の回復も鍵となる。

     日本の布陣はベストメンバーである第1、2戦に戻すと予想される。今の全力がどこまで通用するか。舞台は整った。【大島祥平】

    https://mainichi.jp/articles/20180702/ddm/035/050/121000c


    【【W杯】決勝T1回戦 日本、運命の死闘へ 今夜ベルギー戦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sanspo.com)



    1 Egg ★ :2018/07/02(月) 10:08:20.35 ID:CAP_USER9.net

    日本代表は現地時間2日にロストフで行われるロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で、ベルギーと対戦する。日本にとっては史上初となるW杯ベスト8を懸けた運命の一戦を前に、英紙「テレグラフ」が独自の展望と結果予想を報じた

     まず同紙は両チームのスタメンを予想。

     日本はグループリーグ最終戦のポーランド戦では先発から外れたMF香川真司、MF乾貴士、MF長谷部誠らが復帰するとし、第1戦コロンビア戦と第2戦セネガルと同じ11人による4-2-3-1と予想された。

     一方のベルギーは3-4-2-1で、こちらも第3戦では先発を外れたFWエデン・アザール、FWロメル・ルカク、MFケビン・デ・ブライネがスタメン復帰。GKティボー・クルトワ、MFヤニック・カラスコ、FWドリース・メルテンスら錚々たる顔ぶれが並ぶ。

     オッズも紹介されており、ベルギー勝利は1.4倍、日本勝利は10倍、引き分けが4.5倍と圧倒的にベルギー優勢となっており、結果予想も4-0でベルギーの完勝とされた。

     強さ、ビジョンなどすべてを兼ね備える“黄金世代”のベルギーに対し、日本はまだ「答えを見出せていない」とされ、「今大会ではここまで悪くないパフォーマンスを見せているが、素晴らしいとまではいかない」と評価。白星を飾ったグループリーグ初戦のコロンビア戦も、試合のほとんどを数的優位で戦った結果で、それ以降の2試合では“特別”なプレーは見せられていないとした。

    「我々が間違っていることを証明してほしい」と述べながらも、ベルギーが難なくベスト8に進むと予想した。

    7/2(月) 8:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180702-00118128-soccermzw-socc


    【【W杯】<英紙>日本はW杯16強も...「答えを見出せていない」ベルギーの“4-0”完勝と予想】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 3倍理論 ★ :2018/07/02(月) 06:52:02.37 ID:CAP_USER9.net

    ベルギーのカウンターを防げるか

    ロシア・ワールドカップ 決勝トーナメント1回戦
    ベルギーー日本
    7月2日(月)21:00(日本時間27:00)キックオフ/ロストフ・アレーナ

     戦前はグループHで最弱と目された日本がポーランドとセネガルを押しのけ、コロンビアに続く2位で決勝トーナメントに進出。最後は“他力本願”で8年ぶりのグループリーグ突破を決めたが、ベスト16で対戦するのはベルギー。グループリーグはパナマに3-0、チュニジアに5-2、イングランドに1-0と無傷の3連勝で首位通過と、まさに絶好調だ。「ベルギー圧倒優位」と目される一戦の行方は?

    ◇グループステージ成績
    ベルギー
    グループG1位:3勝・9得点2失点
    ○3-0 パナマ
    得点者:メルテンス、ルカク②
    〇5-2 チュニジア
    得点者:アザール②、ルカク②、バチュアイ
    〇1-0 イングランド
    得点者:ヤヌザイ
     
    日本
    グループH2位:1勝1分け1敗・4得点4失点
    〇2-1 コロンビア
    得点者:香川、大迫
    △2-2 セネガル
    得点者:乾、本田
    ●0-1 ポーランド

     
    「笑っちゃうぐらい強い」とベルギーの実力をそう評したのはDFの酒井宏樹。確かにロメル・ルカク(マンチェスター・U)、エデン・アザール(チェルシー)、ケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・C)をはじめ世界的なスター選手が揃っており、個の能力だけで判断すればベルギーは優勝候補の一角だろう。
     
     その個を活かした破壊力抜群のカウンターを防げるか。日本が勝機を見出すにはそこがポイントのひとつになる。理想を言えば、ファウルを与えず(今大会もセットプレーからの失点がここまで2つ)、どうにか耐え忍びたい。

    ベルギーに“違和感”を与えることが大事

    おそらくベルギーは日本になんて負けるとは思っていないはずだ。前半で何点か奪って、後半の早いうちに交代選手を有効できればと、そんなシナリオを描いているかもしれない。
     
     仮にそうならば、日本はベルギーの焦りを誘うためにできれば前半を0-0で終えたい。ベルギーに「なぜか攻め切れない」という違和感を与え、プレーのリズムを乱すことができれば接戦に持ち込める可能性はある。要するに、心理的な揺さぶりをかけられるか、ということだ。いずれにしても、相手の攻撃を封じるうえでルカクなどプレミア勢の特徴を知る吉田麻也がキーマンのひとりになるだろう。
     
     ただ、グループリーグでどの試合も失点しているように、どれだけ警戒してもクリーンシート(完封試合)を達成するのは極めて困難なミッションだ。やはり、奇跡のアップセットを起こすためにはゴールが不可欠になる。
     
     ベルギーは豪華絢爛な攻撃陣に比べると、守備陣がやや心許ない。故障がちなヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・C)もベストコンディションで臨めるか分からない状況だけに、日本が付け入る隙はありそうだ。
     
     さすがに1対1では分が悪いので、CFの大迫勇也、2列目の原口元気、香川真司、乾貴士、ボランチの柴崎岳らのコンビネーションでの崩しに期待したい。
     
     長友佑都が「ワクワクする」というように、世界屈指の強豪とワールドカップでガチ勝負ができることは幸せなこと。選手たちには「遊び心」(本田)も持って挑んでもらいたい。これまでベスト16の壁に阻まれてきたが、限界突破なるか。日本にとって、大きなチャレンジが間もなく始まる。
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180702-00043219-sdigestw-socc


    【【W杯】<日本×ベルギー展望>限界突破なるか? “赤い悪魔”を心理的に揺さぶるには…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.daily.jp)



    1 3倍理論 ★ :2018/07/02(月) 06:54:27.12 ID:CAP_USER9.net

    本田が世界を驚かせる準備はできた。常に対戦国を分析しており、ベルギーも「弱点はいくつかピックアップしていますし、それを選手と共有はしています」と話す。

     ポーランド戦は戦術的な理由から出場はなかったが、8強入りをかけた大一番は「途中から出るのが有力」とスーパーサブとして得点に絡むつもりだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00000102-sph-socc


    【【日本代表】本田、ベルギー戦は「途中から出るのが有力」相手弱点をイレブンで共有】の続きを読む

    このページのトップヘ