Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ベルギー

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 pbs.twimg.com)



    アジア勢で唯一の決勝T進出を達成「日本はシンデレラチームの一つ」

     日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギー代表と対戦する。FIFAランキング3位につけるなど、近年目覚ましい躍進を遂げる格上に挑む一戦となるが、スペインメディアは「タカシ・イヌイがサムライをベスト8へ」と今大会のシンデレラボーイをキーマンに挙げている。

     日本はグループHでセネガルと勝ち点、得失点差、総得点、直接対決の結果で並ぶも、警告・退場の数を含めたフェアプレーポイントでわずかに上回り、2位通過を決めた。決勝トーナメント1回戦では3連勝でグループGを首位通過したベルギーと対戦する。

     過去の直接対決は日本の2勝2分1敗。ベルギーが低迷期だった時の対戦もあるが、FWロメル・ルカクやFWエデン・アザール、FWドリース・メルテンスら現在の主力が出場していた2013年11月の一戦では、FW本田圭佑やFW岡崎慎司などのゴールで3-2と競り勝っている。唯一の黒星(0-1)が、直近の昨年11月の一戦だが日本はMF長谷部誠やMF香川真司(未招集)らが出場していなかった。

     世界各国メディアのプレビューでも、ベルギー優勢の論調が強いなか、スペインのサッカーメディア「VAVEL」は西野ジャパン、そしてリーガ・エスパニョーラでプレーするMF乾貴士に着目している。

    「日本はロシア・ワールドカップのシンデレラチームの一つ。アキラ・ニシノ率いる東洋のチームはアジアで唯一グループリーグを突破した。ベスト16進出の原動力はイヌイのクオリティーだ」

    「予期せぬことが起きるのがW杯だ」

     1得点1アシストを挙げたグループリーグ第2戦のセネガル戦(2-2)など今大会の活躍に触れつつ、「タカシ・イヌイがサムライをベスト8へ」と記している。

    「東洋のチームが優勝のトロフィーを掲げることは容易ではない。ただ、ドイツが敗退したように予期せぬことが起きるのがワールドカップだ。日本は初めてベスト8に勝ち進み、歴史を作ることができる」

     期待も込めて、ベスト8進出のキーマンに挙げられた乾。30歳で迎えた大舞台で、日本の切り込み隊長は歴史を塗り替える瞬間を演出できるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    スペインメディアが日本のキーマンに乾を挙げている【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】好調の乾、スペインメディアがベルギー戦のキーマンに指名 「クオリティーが原動力」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 endia.net)



    1 Egg ★ :2018/06/30(土) 19:44:27.89 ID:CAP_USER9.net


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ズバリ、セネガル戦のスタメンで戦うべきだろう。そこから先発6人を入れ替えて臨んだポーランド戦の日本はお世辞にも良いパフォーマンスを披露できなかった。攻守ともにチグハグで、その6人の中でスタメン奪取に向けて大きくアピールした選手はほぼ見当たらなかった。
     
     ポーランドに勝っていればよりポジション争いが激しくなり、どんなスタメンになるかは予想が難しかった。しかし、そういう状況にならなかったわけで、ならばベルギー戦のスターティングメンバ―は自然と見えてくる。
     
     GKはポーランド戦で“若林源三クラス”のスーパーセーブを披露した川島永嗣。ポーランド戦でグッドセーブが出たことで、失点が続いているとはいえ多少なりとも落ち着きを取り戻した可能性はある。
     
     4バックの最終ラインは、右サイドバックの酒井宏樹、CBの吉田麻也、左サイドバックの長友佑都の“グループリーグ・フル出場3人組”に加えて、昌子源というカルテットになる。
     
     2ボランチは柴崎岳と長谷部誠。司令塔的な役割をこなす柴崎は今や西野ジャパンのキーマンで、このタイミングで大島僚太に切り替わる可能性は低い。
     
     守備の強度を高めるうえでは長谷部の役割も重要。吉田と昌子の間におりてリベロ的にも振る舞うキャプテンのパフォーマンスも、ベルギー戦においてはポイントのひとつになる。
     
     2列目の右と中央はポーランド戦を“完全休養”した原口元気、香川真司に任せるべき。また左サイドも乾貴士で問題ないだろう。グループリーグ3試合すべてスタメンの酒井宏、長友、柴崎の負担を多少なりとも軽減する意味でも、この3人の働きは肝になる。
     
     CFは大迫勇也。岡崎はポーランド戦で負傷交代しており、武藤嘉紀もスタメンに強く推せる理由が現時点で見当たらない。質の高いポストプレーなども踏まえれば、大迫が依然としてファーストチョイスであり、コロンビア戦以来のゴールを期待したい。

    「次の試合を勝つために来た」(原口)

    世界屈指のタレント集団であるベルギーを相手にどこまで戦えるか。原口は改めて気を引き締めている。
     
    「本当のワールドカップはここからだと思うし、なんのためにロシアに来たかというと、次の試合(ベスト16)を勝つために来たので」
     
     
     日本史上初のワールドカップでのベスト8。強大な“赤い壁”を打ち破り悲願成就なるか、決戦の舞台はロストフ・アレーナ、キックオフは7月2日21時(現地時間。日本時間は27時)だ。
     
    取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

    サッカーダイジェスト6/30(土) 17:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180630-00043207-sdigestw-socc


    【【日本代表】ベルギー戦はこのスタメンで戦え!柴崎岳らの負担を軽減する意味で肝となるのは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 cdn.mainichi.jp)



     サッカー・W杯ロシア大会で決勝トーナメント進出を果たした日本。30日の練習後、西野朗監督は決勝トーナメント1回戦のベルギー戦を見据え、意気込みを語った。西野監督は「(ポーランド戦はボール回しで)走行距離は10分間無かったので、(ベルギー戦は)その分走る。いろんな方にその分をお返ししたい」と語った。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    30日の練習前、選手たちに語りかける西野監督(中央)=ロシア・カザンで2018年6月30日午前11時8分、大島祥平撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】西野監督ベルギー戦で「お返ししたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.nippon.com)



     4万2189人の観客が入ったヴォルゴグラード・アリーナに大ブーイングが響く。日本が最終ラインでボールを回し始めると、ポーランドもそれに応じて攻撃の手を止める。日本がワールドカップの舞台でこれほどまでにブーイングを浴びた記憶はない。

     28日のポーランド戦で日本は先制点を許し、自力でのグループステージ突破が厳しくなると、他会場のセネガル対コロンビアの結果に運命を委ねた。コロンビアがセネガルにリードしたことで、日本は0-1のまま逃げ切ることを選択した。リスクを冒して1点を奪いにいくのではなく、現状をキープする。もしセネガルが同点に追いついていれば、敗退したのは日本だった。だからこそ、危険な賭けに出た西野朗監督の度胸には感心する。

     これもサッカーだ。一発勝負のトーナメントとは違い、グループステージは3試合トータルの勝ち点や得失点差が重要で、そこには当然、駆け引きが生じる。1点をリードするポーランドに勝負を仕掛けて再び失点してしまえば、日本がここまで積み上げた勝ち点4はすべて水の泡になってしまう。イエローカードをもらわずに、失点もしないようにするには、ああするよりほかない。という監督の考えは十分に理解できるが、観客から、そして選手からも“モヤモヤ感”が伝わってきた。

     そもそも、私たちは“したたかな戦い”をする日本代表を見慣れていない。これが戦略の一つだと知ってはいても、「それって強いチームがやることでしょう?」という感覚がどこかにある。なぜなら、いつも応援している日本代表はガムシャラに走って、食らいついて、泥臭く戦うチームだから。コロンビア戦やセネガル戦のように闘志をむき出しにして戦う姿勢に多くの人が心を打たれ、誇らしくも感じていたはずだ。だからこそ、ポーランドに負けたことよりも、日本が勝ちにいくという姿勢を放棄したことに腹が立ち、同時に残念な気持ちを抱いたのだろう。

    「サッカーはエンターテインメントでしょう?」とはポーランド戦後の本田圭佑の言葉だ。「そういう意味では、結果主義ではダメなんですよ。本当は良いサッカーをしてなんぼなんですよ」。まったくそのとおりだと思う。W杯であれば、なおさらその色は濃くなる。初戦で勝ち越しのヘディングシュートを叩き込んだ大迫勇也の執念には興奮したし、セネガルを相手に2度も追いついた粘り強さには感動すら覚えた。勝負の世界である以上、結果にこだわるのは当然のこと。しかし、サッカーの面白さは勝ち負けだけで語れるほど単純なものではない。最後までファイティングポーズを取る選手たちにどこか人間臭さを感じたり、魅了されたりするのもまたサッカーの面白さだ。

     日本がベスト16で戦う相手はベルギーに決まった。それこそ死に物狂いで戦わなければ勝てない。だからポーランド戦のラスト10分は、ベルギー戦への「序章」だったと考えてみるのはどうだろう。連続ドラマのラスト10分が「え、これで続くの?」という終わり方をしたせいで、次回が気になって仕方がないことはよくある。苛立ちやもどかしさもエンターテインメントの大事な要素の一つで、それらが作品の面白さを引き立てる。ポーランド戦の“モヤモヤ感”は、ベルギー戦で日本を再び熱狂へと導く“前振り”だった。そう思わせてくれるような試合を期待している。

    取材・文=高尾太恵子

    選手もどこか浮かない表情をしていたのは事実。覚悟を持ってベルギー戦に挑むしかない [写真]=ムツカワモリ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】日本代表に抱いた“モヤモヤ感”…あの10分間をベルギー戦の「序章」に変えろ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.sankei.com)



     【カザン時事】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、1次リーグ突破を果たした日本代表はポーランド戦から一夜明けた29日、ベースキャンプ地のカザンで7月2日(日本時間3日)のベルギーとの決勝トーナメント1回戦に備え、調整を開始した。

     日本は28日の1次リーグH組最終戦でポーランドに0-1で敗れたが、勝ち点4で同組2位に滑り込んだ。セネガルと勝ち点、総得失点差、総得点などで並びながらも、警告数が少ないことが決め手となった際どい進出だった。

     日本の決勝トーナメント進出は2大会ぶり3度目。過去2度は1回戦で敗退しており、初の8強入りが懸かる。 

    〔写真説明〕ポーランド戦後、歓声に応える長友(左から2人目)ら日本代表=28日、ボルゴグラード

    ポーランド戦後、歓声に応える長友(左から2人目)ら日本代表=28日、ボルゴグラード


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】ベルギー戦へ調整開始=初の8強目指す!】の続きを読む

    このページのトップヘ