Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ベルギー

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    ベルギー代表との決戦を控える日本代表
    ベルギー代表との決戦を控える日本代表

    ソチ駅を出発し、日本代表がベルギー代表と戦うロストフ行きの寝台列車に乗って、この原稿を書いている。窓からは強い西日が降り注いでくる。列車は黒海沿いを走り続けている。

    ギリギリで決勝トーナメントに進出した日本は、ベルギーと対戦する。

    「卑怯な戦い方だった」

    日本国内ではいまも、こうした見方があるそうだ。グループリーグ第3戦、ポーランド戦でリードされながらFWを下げ、ボールを回し続け、露骨な時間稼ぎをした。もうひとつのカード、コロンビア対セネガルで前者が1点リードし、「イエローカードの枚数の少なさ(フェアプレーポイントの差)で日本が勝ち上がれる」という条件になったからだ。

    「セネガルが追いついていたら、どうしていたんだ」という声もある。

    しかし、勝負は博打である。セネガルが追いついていたら賭けに負けた、それだけのことである。勝負というものに対し、あまりにナイーブすぎはしないか。

    韓国メディアは、「恥ずべき戦い」などと書き立てているらしい。それは的外れというものだろう。

    「我々は大会最低のチームだった」

    ポーランドの選手たちは日本に勝った後、いみじくもそう語っていた。勝ち残れるかどうか。それがW杯なのだ。

    W杯を勝ち上がることがいかに難しいか。それはイタリア、オランダ、チリが出場すら叶わず、世界王者ドイツがグループリーグで沈んだことでもわかるだろう。ベスト16ではクリスティアーノ・ロナウドも、リオネル・メッシも消えた。

    では、日本はベルギーを撃破し、ベスト8に進めるのか。

    ベスト8は未知の領域である。過去、日本はベスト16に2度、進んでいるが、その先にはたどり着けていない。

    しかし気運のようなものはあるし、なにより選手たちの質は悪くはないはずだ。

    そもそも大会前に受けていた批判は、選手個々の能力をまともに取り上げていたものではなかった。ヴァイッド・ハリルホジッチが率いたチームへの不信感、監督が唐突に解任されてからは痛烈な協会批判など、取り巻くものに対してのマイナス感情が、「おっさん集団」と選手の実力や現状を無視して非難へとつながった。

    主将である長谷部誠はドイツカップ王者、長友佑都はトルコリーグ王者、酒井宏樹はヨーロッパリーグのファイナリスト、乾貴士は世界最高峰のラ・リーガで主力を張る。さらに本田圭佑、岡崎慎司、香川真司、吉田麻也、川島永嗣は、欧州各国で経験を積んできた猛者だ。また、大迫勇也、原口元気、武藤嘉紀もヨーロッパでの評価は低くない。

    「勝てない」

    そうあきらめて、身をすくませる必要はないだろう。厳しいが、必ず活路はあるはずだ。

    ベルギーは優勝のダークホースだろう。スペイン人監督のロベルト・マルティネスに率いられ、攻守に整然としたプレーを見せる。3―4―2―1というシステムで、各ポジションに人材が揃う。

    ケビン・デ・ブルイネは、イニエスタ、モドリッチとこれから肩を並べる「フットボールの申し子」といえる。ロメル・ルカクはすでに大会で4得点し、190センチオーバーの巨躯に似合わぬスピードと繊細を持ち、欧州のトップストライカーのひとりだ。GKティボ・クルトワはチェルシーの守護神で、やはり同ポジションで欧州屈指だろう。そしてエデン・アザールはプレミアリーグのベストプレーヤーのひとりで、高速プレーの中で精度が落ちない。

    選手層は厚く、控え組中心でイングランドを1―0で下している。グループリーグは3連勝で、9得点2失点。得点力は高く、失点も少ない。

    しかし、彼らも盤石ではないだろう。たとえば、3バックは横で幅を取る動きに弱く、受け身に回ると綻(ほころ)びは出やすい。タイトルを獲ったことがないだけに、常勝チームとはいえず、どこか勝負脆さを抱える。

    昨年11月、日本はベルギーと対戦し、0―1と敗れている。しかしブラジル戦と違い、完膚なきまでに叩きのめされたわけではなかった。

    ひとつだけ焦点を探すとすれば、ベルギーの左サイドか。突破力のあるカラスコを酒井宏樹が封じ、その小さな局面の勝利を全体の勝利に結びつけることができたら──。逆サイドの乾もアドバンテージを取れるはずだ。

    まずは、長谷部を中心にハイプレスとリトリートを適時に用い、守備を固める。サイドは攻守の切り替えで優位に立ち、中盤を安定させつつ、香川、大迫、柴崎岳がプレーの渦を広げる。そして本田圭佑、岡崎慎司、武藤嘉紀のいずれかを切り札に使えるか。

    「毎試合失点しているので、満足できないですね」

    ポーランド戦後、そう語っていた吉田麻也はベスト16に甘んじていなかった。

    列車は黒海沿いを走り続けている。所要は14時間。日はだいぶ落ちてきた。朝7時、起きたら決戦の地、ロストフに到着している。

    ベルギー代表との決戦を控える日本代表


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】活路はある! 日本が突くべきベルギーの弱点はサイドにあり!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    海外メディアは軒並みベルギーの圧倒的優位を予想

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日(日本時間3日)、日本代表は決勝トーナメント1回戦で優勝候補のベルギーと対戦する。海外メディアの論調は軒並み、優勝候補であるベルギーの圧倒的優位を予想。一方で、日本が勝てば「ドイツ敗退よりも驚くべき」と今大会最大のサプライズだとする論調もある。

     タレント軍団のベルギーを相手に番狂わせを狙う日本。海外メディアは軒並み、FIFAランク3位の“赤い悪魔”の勝利を予想している

     米放送局「FOXスポーツアジア」は日本についてこう言及している。

    「この対決は考えられる組み合わせとしては最もタフなものの一つだが、ここまで既に予測を上回ってきており、ケイスケ・ホンダはチームの結束と精神面が違いを生み出すと語った」

     同メディアは、日本が大番狂わせを起こせば、アジア勢にとっては、1966年の北朝鮮、2002年の韓国に続き3度目のベスト8進出となることも紹介。「これは日本にとってもアジアの旗を掲げる上で明確なゴールであるだろう」としている。

    「もし日本が勝てば、ドイツ敗退よりも驚くべきことだ」

     AP通信は「計画は日本らしくプレーすること。願いはベルギーを破ること。日本は月曜日にベルギーと対決する。アンダードッグが、優勝候補に挑むのだ」と伝えている。

     英紙「テレグラフ」電子版は「日本はここまで良い流れできている」と快進撃を伝えつつ、「ただし突出はしていない。コロンビアに勝利しているが、数的有利な状況であった。願わくば、私は日本代表に我々の考えが間違えであったと証明してもらいたいが、ベルギーは万全である」とベルギー優位の見立て。「4-0」でのベルギー勝利を予想している。

     米誌「スポーツイラストレイテッド」電子版は「日本はここまで予想外によくやっている。たとえ相手が10人であったとしても、コロンビアを破ったことは素晴らしい偉業だ。しかしながら、もし日本がFIFAランク3位の相手を破るようなことがあれば、ここまでで一番の衝撃となるだろう。ドイツ敗退よりも驚くべきことだ」として、日本が勝てば、韓国がドイツを撃破した試合を上回る、今大会最大のサプライズになると断言している。

     日本は今大会最高のサプライズを引き起こせるだろうか。もし実現できれば、サッカーの枠にとどまらない歴史的な快挙となることは間違いない。(THE ANSWER編集部)

    日本代表は決勝トーナメント1回戦で優勝候補のベルギーと対戦する【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】日本が勝てば、今大会最大の衝撃!? 海外メディア「ドイツ敗退よりも驚くべきこと」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 rpr.c.yimg.jp)



    ベルギーは22戦無敗中、マルティネス政権で20試合23得点と量産中のルカクを止めろ!

     日本代表は現地時間7月2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギー代表と対戦する。ベルギーとの過去対戦成績は2勝2分1敗で、今回が6回目の顔合わせとなるが、データ分析会社「オプタ」は大一番を前に両チームのデータを公開。22戦無敗と約2年間黒星のない“レッドデビルズ”(赤い悪魔)を打ち破り、日本史上初のベスト8への道を切り開けるかに注目が集まる。

     日本は過去5大会でクロアチア(1998、2006年)、ベルギー(2002年)、トルコ(2002年)、デンマーク(2010年)、ギリシャ(2014年)と欧州のチームと計6回対戦。このうち得点したのは日韓大会のベルギー戦(2-2)と南アフリカ大会のデンマーク戦(3-1)で、残り4試合はノーゴールに終わっている。攻撃陣がいかに得点を奪えるかがカギとなるだろう。

     対するベルギーは、2016年9月にスペインに0-2で敗れて以降、22戦試合で17勝5分と無敗を続けている。今大会トップの9得点を誇る攻撃は強力で、なかでもエースのFWロメル・ルカクはロベルト・マルティネス監督政権下で出場した20試合で23ゴールと荒稼ぎしている。

     ただその一方で、オプタによれば、ベルギーは過去のW杯決勝トーナメント11試合中、無失点に抑えたのはゼロ。直近9試合中5試合はアディショナルタイムに失点しているという。日本にとっては、前後半の試合の終わり目も得点を狙う一つのチャンスになるかもしれない。

     オプタ公式ツイッターは独自のデータを基にした予測として、日本のベルギー戦の勝率を44.9%と弾き出している。数字上、そして戦力的にもベルギー優勢のなか、西野ジャパンは日本サッカー界に「W杯ベスト8進出」という新たな歴史を刻むことができるだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    オプタ公式ツイッターは、独自のデータを基にした予測として、日本のベルギー戦の勝率を44.9%と弾き出している【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本vsベルギー】アディショナルタイムが狙い目? データ会社がベルギー戦分析、日本の勝率は「44.9%」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 bettingtop10-rswblznrheq6hezffrzu.netdna-ssl.com)



    「本当のワールドカップはここから」。大会が決勝トーナメントに入るといつもそう思わされる。壮絶な死闘となったフランス対アルゼンチンやウルグアイ対ポルトガルを例に挙げるまでもなく、どの国もグループステージとは打って変わって一段階も、二段階もギアを上げてくる。ここまで9ゴールを挙げているベルギーはすでに脅威だが、彼らも同じようにギアを切り替えてくる。選手たちの“目の色が変わる”のが決勝トーナメントの怖さだ。

     日本はその決勝トーナメントでまだ一度も勝ったことがない。さらに言うと、ゴールを決めたことさえない。2002年の日韓大会はトルコに0-1で屈し、2010年の南アフリカ大会ではスコアレスのままPK戦の末にパラグアイに敗れた。

     一発勝負の決勝トーナメントでは常に波乱が起こり得るが、波乱を起こすためにはゴールが必要だ。そのゴールを奪うためには何が必要か。W杯初戦を前に本田圭佑はこう言っていた。

    「究極、サッカーは個。戦術でゴールは決められない。誰かの一振りがゴールに入るか入らないか。その意見は初めてW杯を経験した時から変わっていない」

     セネガルとのグループステージ第2戦が終わった頃から、日本の選手たちは「犠牲心」という言葉を口にし始めた。誰かのミスは全員でカバーする。足が動かなくなるまで走り切る。そんなフォア・ザ・チームの精神だ。それは日本に大きな成果をもたらしたが、一方でグループステージでは11人の相手に一度も勝ち切っていないという事実も横たわる。勝ち切ることが求められる今後の戦いでは、時に「エゴ」も必要なのではないか。

     フランス対アルゼンチンで勝敗を分けたのは、ベンジャマン・パヴァールの“一振り”と、キリアン・ムバッペの「俺が試合を決めてやる」という強い気持ちだった。ウルグアイ対ポルトガルではルイス・スアレスとエディンソン・カバーニの「ゴール欲」がクリスティアーノ・ロナウドのそれを上回った。勝つために献身的なプレーは必要だが、重要なのはエゴとのバランス。どちらが欠けてもベスト8への道は開かれない。

    取材・文=高尾太恵子

    ポストプレーで貢献する大迫。初戦のように試合を決定付けるゴールが求められる [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【運命の一戦】「犠牲心」だけでは勝てない、大事なのは「エゴ」とのバランス…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 news.nifty.com)



    1 Egg ★ :2018/07/02(月) 19:55:41.36 ID:CAP_USER9.net

    現地時間2日に行われるロシアワールドカップの決勝トーナメント1回戦で日本代表と対戦するベルギー代表だが、その試合でプレーできない選手がいるようだ。

     ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督は、1日に行われた記者会見で、FWアドナン・ヤヌザイについて「彼は外れる。(30日の)トレーニングで膝を打った」と明かした。なお「休息をとって、他の選手たちは全員フィットしている」と、ヤヌザイ以外の選手の状態が良好であることも強調している。

     かつてマンチェスター・ユナイテッドやボルシア・ドルトムントで香川真司とともにプレーした経験を持つ23歳のウィンガーは、グループリーグ第3戦のイングランド戦に先発出場し、初出場&初ゴールでベルギーを勝利に導いていた。

     今季から在籍しているレアル・ソシエダでプレーの切れ味を取り戻し、リーグ戦28試合出場3ゴール5アシストという成績を残してワールドカップ出場を勝ち取ったが、大一番への出場は微妙な状況となっている。

     もちろんヤヌザイ負傷の情報は、マルティネス監督による“ハッタリ”かもしれない。日本戦では前線のトリオにロメル・ルカクやエデン・アザール、ドリース・メルテンスといった本来の主力選手たちの起用が予想されており、ヤヌザイはこれまで通りスーパーサブ的な役割を担うと見られていた。

     日本にとって初めてのベスト8進出に挑むベルギー戦は、日本時間3日3時キックオフ予定となっている。

    7/2(月) 19:46配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180702-00279326-footballc-socc


    【【W杯】<ヤヌザイ>日本戦欠場へ。2日前に負傷とベルギー指揮官明かす...香川の元同僚】の続きを読む

    このページのトップヘ