Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ベルギー



    (出典 images.performgroup.com)



     2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が23日に行われ、ベルギー代表チュニジア代表が対戦した。

     前半5分、エデン・アザールがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。これをアザールが自ら冷静に決め、ベルギーが幸先良く先制に成功する。続く16分にはドリース・メルテンスがボールを奪ってそのまま持ち上がり、ゴール前に走り込むロメル・ルカクへとラストパス。このボールを受けたルカクが鮮やかにシュートを流し込み、ベルギーが序盤からリードを2点に広げた。

     ビハインドを背負ったチュニジアも18分に反撃を見せる。左サイドで得たFKからワフビ・ハズリがクロスを供給すると、このボールにディラン・ブロンが合わせてゴールネットを揺らす。失点直後にすぐさま反撃を見せたチュニジアが、1点差へと詰め寄った。

     そのまま折り返すかと思われた前半アディショナルタイム、トーマス・ムニエがゴール正面から巧みにスルーパスを供給。裏に抜け出してこのボールを受けたルカクが冷静に軽く浮かせてGKを破り、今日2点目となるゴールを決めてチームに再び2点のリードをもたらした。

     後半に入り51分、ベルギーがさらに相手を突き放しにかかる。ロングパスを受けたアザールがディフェンスラインの裏を取り、見事なテクニックでGKをかわしてシュートをゴールに突き刺した。ルカクに続いてアザールにもこの試合2得点目が生まれ、ベルギーがさらにリードを広げてみせた。

     後半終了間際には途中出場のミシー・バチュアイがダメ押しのゴールを決め、チュニジアも後半アディショナルタイムにハズリが意地の得点を記録。数多くのゴールが生まれた試合は5-2で終了し、大勝を収めたベルギーが2連勝を飾る形となった。グループGの第3戦は28日に行われ、ベルギーはイングランド代表、チュニジアはパナマ代表と対戦する。

    【スコア】
    ベルギー代表 5-2 チュニジア代表

    【得点者】
    1-0 6分 エデン・アザール(ベルギー)
    2-0 16分 ロメル・ルカク(ベルギー)
    2-1 18分 ディラン・ブロン(チュニジア)
    3-1 45+3分 ロメル・ルカク(ベルギー)
    4-1 51分 エデン・アザール(ベルギー)
    5-1 90分 ミシー・バチュアイ(ベルギー)
    5-2 90+3分 ワフビ・ハズリ(チュニジア)

    アザール(中央右)らの活躍でベルギーが快勝を収めた [写真]=Icon Sport via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】ベルギーが圧巻5得点でチュニジアに大勝!ルカク、アザール共に2ゴールの活躍!】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



     サッカーのW杯ロシア大会1次リーグG組で18日、ベルギーがパナマに3-0で勝利。優勝候補の一角に挙がっている「赤い悪魔」ベルギーが予想外に苦しんだ。前半はパスミスを繰り返し、連係も乱れ、自らの首を絞めているかのようだった。それでも次第に相手の守備を切り崩し、尻上がりの得点ラッシュを導いた。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ロシアW杯】「赤い悪魔」ベルギー 予想外の苦戦…】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニとDFトーマス・ヴェルマーレンが、18日に行われる2018 FIFA ワールドカップ ロシアのグループG初戦パナマ戦を欠場するようだ。イギリスメディア『デイリー・メール』や『スポーティングニュース』など複数メディアが伝えている。

     エデン・アザール、ケヴィン・デ・ブライネ、ロメル・ルカクなど豪華攻撃陣を擁するベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督は16日、アメリカ代表を打ち破りW杯本戦に出場しているパナマ代表との試合に向けた練習を実施。その後、メディアからのインタビューに応じた。

     まず、ハムストリングの負傷で5月中旬から戦列を離れているヴェルマーレンについては次のようにコメントした。

    「トーマスはパナマ戦には出場しないだろう。残り2試合には間に合うものとみている」

     また、2週間前に行われたポルトガルとの国際親善試合でそけい部を負傷したコンパニについても言及した。

    「ヴァンサンは3試合目には出場できる状態になることを確信している」

     最後に、グループステージ突破の意気込みを語った。

    「全員が非常に集中していて、とても良い雰囲気だ。そしてグループステージの戦い方を知っている。選手の多くが最初のワールドカップだったら、経験が足りないと言われたかもしれないね。今回、このグループGで私たちがグループステージ突破の筆頭候補だ」

     ベルギー代表は、18日の第1戦でパナマ代表、23日の第2戦でチュニジア代表、そして28日の第3戦ではイングランド代表と対戦する。

    ヴァンサン・コンパニ(左)とトーマス・ヴェルマーレン(右) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】ヴェルマーレンとコンパニが初戦欠場か…ベルギー代表監督が言及】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    「ベルギー代表はマンUよりも良いチームか?」 ルカクの回答は…

     FIFAランキング3位のベルギー代表は、12日にコスタリカと親善試合を行い、ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグに挑む。近年、躍進を遂げてきた“レッドデビルズ”(赤い悪魔)は優勝候補の一角とも言われるが、エースのFWロメル・ルカクは、所属するマンチェスター・ユナイテッドとどちらが良い陣容か問われ、そのユニークな反応が話題を呼んでいる。

     ベルギーはW杯連覇を目指すドイツ、王国ブラジルに次いでFIFAランキングで3位につける強豪国。ルカクのほか、MFエデン・アザール(チェルシー)やMFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)、FWドリース・メルテンス(ナポリ)など欧州5大リーグのビッグクラブでプレーする選手を多数擁する。ロシアW杯ではさらなる飛躍が期待されるなか、思わぬ質問がルカクに投げかけられていた。

    「今のベルギー代表は、マンチェスター・ユナイテッドよりも良いチームですか?」

     3日にポルトガル戦(0-0)、7日のエジプト戦(3-0)を行ったなか、あるジャーナリストが「我々のフォロワーからの質問」としてエースに問いかけたのだ。

     それまで静かに笑顔で回答していたルカクも、この質問には「フー」と大きく口をとがらせた後、声を上げて会見のテーブルを叩き、笑いながら回答した。

    「Yeah(ああ)」

     米スポーツ専門テレビ局「ESPN」のサッカー専用公式ツイッターは、一連のやり取りの動画とともに「彼の反応はプライスレス」と投稿。「ハハハハ、ナイスリアクションだ」「最高だぜ」とルカクの表情に対するコメントのほか、「なんて馬鹿げている質問なんだ」「シャレた真実だ」「そこに嘘はない」など、質問や回答についての反応も多く寄せられた。

     ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督とは確執が噂されたこともあり、今回の一件はより注目を集めることになったが、ルカクは自らの発言が正しいことをロシアW杯で証明できるだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    ベルギー代表FWルカクが仰天質問に見せた笑撃リアクションが話題を呼んでいる【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ベルギー代表】FWルカク、仰天質問に見せた笑撃リアクションが話題 「プライスレス」】の続きを読む

    このページのトップヘ