Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ベルギー

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督はベルギー代表戦からポジティブなものを感じているようだ。

    3位のイングランド(勝ち点7)はUEFAネーションズリーグ(UNL)2020-21リーグA・グループ2第5節で首位に立つベルギー(勝ち点9)とのアウェイ戦に臨み、0-2の敗北。上位対決だったが、ベルギーとの一戦を落として、4強入りの可能性が消滅した。

    最終節を残して敗退が決定したサウスゲイト監督は試合後、「大会から去るのも、試合に負けるのも嫌だが、パフォーマンスの質は素晴らしかった」とコメント。結果こそ伴わなかったものの、今月の代表活動に一定の満足感を示した。

    「この秋の間、フルメンバーを選べなかったが、それを除けば多くを学び、11人ををデビューさせ、この先も長く我々と一緒に戦うであろう選手を何人か見つけることができた」

    また、このベルギー戦で2シャドーの一角として代表初先発を果たしたアストン・ビラのMFジャックグリーリッシュにも言及。チームの攻撃は無得点に終わってしまったが、グリーリッシュの出来を評価している。

    「彼のパフォーマンスは素晴らしく、本当にトップレベルだった。チームの戦いに慣れ、我々が求める戦術を理解して、クラブでの調子をそのままこのチームに持ち込んでくれた。大きな信念とキャラクターをもってプレーしてくれたよ」

    なお、前半途中でベンチに下がったチェルシーのDFベン・チルウェルやハーフタイムピッチを退いたリバプールのMFジョーダン・ヘンダーソン、欠場したマンチェスター・シティラヒーム・スターリングにも触れ、説明した。

    ジョーダンハーフタイムに少し筋緊張がみられ、続けられないと感じた。ラヒームはふくらはぎにちょっとした問題があり、13日のトレーニングを欠席したんだ。チルウェルは背中の問題で不快な感じがあり、続行できなかった」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【イングランド代表】「敗退するのも、負けるのも嫌だが…」 ベルギーに負けたイングランド、指揮官はポジティブに振り返る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    ベルギー代表のロベルトマルティネス監督が強敵撃破に満足感を示した。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』が伝えている。

    首位に立つベルギー(勝ち点9)は15日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)2020-21リーグA・グループ2第5節で3位のイングランド(勝ち点7)とホームで対戦。上位対決を2-0で制して、ベスト4進出に王手をかけた。

    18日に予定する最終節のデンマーク代表戦で引き分け以上の結果を手にできれば、準決勝進出となるベルギーマルティネス監督は試合後、指揮50試合目の一戦でもあったイングランド戦の勝利を喜び、次戦に気を引き締めた。

    ベルギー代表の監督として50試合目を迎えた私にとって、完璧なプレゼントだ。この試合で非常に良いスタートが切れたが、後半にいくつかの難しい局面もあった」

    「2点リードの状況だと、良いプレーを続けるのが難しくなることがある。来週水曜日にルーベンで3ポイントを掴み取り、もうひとつのハードルクリアしないとね」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ベルギー代表】指揮官、指揮50試合目のイングランド戦を勝利! 「完璧なプレゼント」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 news.nifty.com)



    レアル・マドリーエデン・アザールとカゼミロが新型コロナウイルスの検査で陽性になったと発表した。

    そうしたなか、ベルギーメディア『HLN』が気になる話を伝えている。

    アザールは10日間は隔離しなければならず、代表戦は欠場する見通しそれについて、ベルギーサッカー協会はある疑念を抱いているという。

    フィットネスに問題を抱えていたアザールは実戦に復帰したばかり。レアルはそんな彼の代表招集を疑問視していたという。また、ベルギー国内でのコロナの不安定な状況についても把握していたとも。

    そうしたことから、アザールチームに留めるためのレアル側の策略だと協会関係者の一部は疑っているとか。

    『AS』でも、これまでもレアルベルギー代表はアザールの招集を巡って軋轢があったとしている。ただ、レアルの策略というのは、さすがに突飛すぎる話に思えるが…。

    今季のアザールはここまで3試合で1ゴールを記録。ウエスカ戦での今季初ゴールはとんでもないシュートだった(以下動画1分35秒~)。

    これは正真正銘のスーパーゴール

    アザールは9月にも代表招集されたが、コンディション不良のために1分もプレーせず。最後に代表戦でプレーしたのは昨年11月キプロス戦で、代表でのプレーから1年間も遠ざかっている。

    アザールのコロナ陽性はレアルの“策略”!? ベルギー代表が疑う


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】アザールのコロナ陽性はレアルの“策略”!? ベルギー代表が疑う】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    ベルギーサッカー協会(KBVB)は6日、国際親善試合とUEFAネーションズリーグ2020-21に向けたベルギー代表メンバー32名を発表した。

    ロベルトマルティネス監督は、MFケビンデ・ブライネ(マンチェスター・シティ)やFWロメル・ルカク(インテル)、FWエデン・アザール(レアル・マドリー)ら主力を順当に選出。また、ヴィッセル神戸のDFトーマスフェルマーレンも招集した。


    その他、FWシャルル・デ・ケテラエル(クラブブルージュ)を初招集。10月は負傷のため招集外となったトルガン・アザール(ドルトムント)が復帰した。

    ベルギー代表は11日にスイス代表と国際親善試合を戦い、15日にホームUEFAネーションズリーグ2020-21・リーグA・グループ2のイングランド代表戦、18日にホームデンマーク代表戦を行う。今回発表されたベルギー代表は以下の通り。

    ベルギー代表メンバー32名
    GK
    ティボー・クルトワ(レアル・マドリー/スペイン)
    シモン・ミニョレ(クラブブルージュ)
    コーエン・カスティールス(ヴォルフスブルク/ドイツ)
    ヘンドリク・ヴァンクロムブルッヘ(アンデルレヒト)

    DF
    ブランドン・メシェレ(クラブブルージュ)
    トーマスフェルマーレン(ヴィッセル神戸/日本)
    ヤン・ヴェルトンゲン(ベンフィカ/ポルトガル)
    ジェイソン・デナイヤー(リヨン/フランス)
    セバスティアン・ボルナウ(ケルン/ドイツ)※
    デドリック・ボヤタ(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
    トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム/イングランド)
    レアンデル・デンドンケル(ウォルバーハンプトン/イングランド)

    MF
    ジョリス・カイエンベ(シャルルロワ)
    ハンス・ヴァナケン(クラブブルージュ)
    ナセル・シャドリ(イスタンブール・バシャクシェヒル/トルコ)
    アレクシス・サレマーカーズ(ミラン/イタリア)
    アクセル・ヴィツェル(ドルトムント/ドイツ)
    トーマス・ムニエ(ドルトムント/ドイツ)
    トルガン・アザール(ドルトムント/ドイツ)
    デニス・プラート(レスター・シティ/イングランド)
    ユーリ・ティーレマンス(レスター・シティ/イングランド)
    ケビンデ・ブライネ(マンチェスター・シティ/イングランド)

    FW
    エデン・アザール(レアル・マドリー/スペイン)
    ロメル・ルカク(インテル/イタリア)
    ドリエス・メルテンス(ナポリ/イタリア)
    レアンドロ・トロサール(ブライトン/イングランド)
    ヤリ・ヴェルスハーレン(アンデルレヒト)
    ジェレミー・ドク(スタッド・レンヌ/フランス)
    ジェレミー・ドク(アンデルレヒト)
    ミッチー・バチュアイ(クリスタル・パレス/イングランド)
    クリスティアン・ベンテケ(クリスタル・パレス/イングランド)
    ドディ・ルケバキオ(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
    シャルル・デ・ケテラエル(クラブブルージュ)

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ベルギー代表】神戸DFフェルマーレンも招集!ベルギー代表32名が発表《UEFAネーションズリーグ》】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.soccer-king.jp)



    デ・ブライネイングランド戦で見せた“アシスト未遂”シーンEURO公式が注目

     FIFAランキング1位のベルギー代表は現地時間10日、UEFAネーションズリーグリーグAグループ2第3節でイングランド代表と対戦し、1-2で敗れた。敵地ウェンブリーで今大会初黒星を喫したなか、司令塔のMFケビンデ・ブライネマンチェスター・シティ)が相手守備網を破壊するアウトサイドクロスを供給。そのシーンの動画がEURO2020公式インスタグラムで公開されると、ファンから「輝かしいパス」「魔法!!!」など絶賛の声が上がっている。

     2連勝で同グループ最大のライバルとのアウェーゲームに臨んだベルギー。試合は前半16分にFWロメル・ルカクインテル)のPKで先制するも、同39分にイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードマンチェスター・ユナイテッド)にPKを決められ同点とされると、後半19分には21歳のMFメイソン・マウントチェルシー)に決勝ゴールを許し、1-2と逆転負けを喫した。

     手痛い黒星となったベルギーだが、キャプテンマークを巻いたデ・ブライネは圧巻のパフォーマンスを見せていた。驚きのプレーが生まれたのは1点を追う後半27分、敵陣左サイドでパスを受けたデ・ブライネがルックアップ。相手MFマウントが距離を詰めてきており、イングランドの最終ラインには6人が並んでいる状況だった。

     ここでデ・ブライネは華麗なる“閃き”を見せる。イングランド代表MFエリックダイアートッテナム)と同DFハリー・マグワイア(マンチェスター・ユナイテッド)の間に立つ同僚FWヤニックカラスコアトレティコ・マドリード)の姿を見つけると、目の前に立つマウントとDFトレントアレクサンダー=アーノルドリバプール)の間を通す右足アウトサイドパスを選択。相手最終ラインとGKの間に絶妙なグラウンダークロスを通し、抜け出したカラスコが右足インサイドで合わせるも、シュートはわずかにゴール右へと逸れた。

     “アシスト未遂”になったものの、デ・ブライネの超絶パスは海外メディアでも話題となり、EURO2020公式インスタグラムも15日に「このケビンデ・ブライネのパスについて話してもらえますか???」と綴り映像を投稿。コメント欄では海外ファンから「魔法!!!」「話すことは何もない。輝かしいパスだ」「マスタークラス」「世界最高のMF」「天才」など感嘆の声が上がっていた。

     昨季のPFA年間最優秀選手賞に輝くなど、キャリアの絶頂期を迎えている29歳の司令塔。来年に延期となったEURO本大会では、母国の命運を握る存在になりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    ベルギー代表MFデ・ブライネ【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ベルギー代表】7人の守備網を破壊! ベルギーの“天才”MF、超絶アウトサイドパスに海外驚愕「魔法!!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ