Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ベルギー



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    セットプレーから失点してフランスに準決勝で敗退

     ベルギー代表は現地時間10日のロシア・ワールドカップ(W杯)準決勝でフランス代表に0-1で敗れ、史上初の決勝進出を逃した。フランスの守備的な戦術に苦言を呈する選手もいるなか、MFケビン・デ・ブライネは「後悔はない。全てを出し切った」と語り、潔く敗戦を認めている。ベルギー公共放送「RTFB」がコメントを報じた。

     試合は攻守が激しく入れ替わる熱戦となるなか、後半6分にFWアントワーヌ・グリーズマンのCKからDFサムエル・ウムティティがヘディングシュートを叩き込んで、フランスが均衡を破った。結局、この1点が決勝点となってフランスが最少得点差で勝利を収めた。

     1点を追うなかで期待されたのはデ・ブライネの覚醒だった。決勝トーナメント1回戦の日本戦では後半アディショナルタイムにロングカウンターの起点として決勝点をお膳立てし、準々決勝のブラジル戦(2-1)でも目の覚めるような強烈なミドルシュートを叩き込むなど出色の働きを見せている。

     この日は右のシャドーアタッカーとして先発し、試合の中で臨機応変にポジションを変えた。失点してからはより攻撃的なスタイルのため、中盤センターにポジションを移してタクトを揮ったが、フランスの堅い守備を崩すには至らなかった。

    「僕らは自分たちが成し遂げたことを誇りに思っていい」

     主将のFWエデン・アザールや守護神GKティボー・クルトワは、FWオリビエ・ジルーやグリーズマンまでもが自陣まで引いて戦うフランスの守備的戦術について、「あんなフランスの一員として勝つのであれば、ベルギーの一員として負けたほうがマシ」「アンチ・フットボール」などと痛烈に批判したが、対象的にデ・ブライネは潔く敗戦を認めている。

    「後悔はないよ。僕らは必要なことを全て出し切った。違いがあったのはコーナーキックだけだ。僕らにも最後までチャンスはあった。フランスは得点し、僕らにはそれができなかったというだけだ」

     両チームの力の差は「わずかだった」とし、セットプレーでの決定力が試合を分けたと振り返った。

     そして、プレミアリーグ王者マンチェスター・シティを牽引する司令塔は「僕らは自分たちが成し遂げたことを誇りに思っていい。土曜日(3位決定戦)は勝ちたい」と語った。これまでベルギーのW杯での最高成績は1986年大会の4位。優勝は叶わなかったが、国の歴史を塗り替えることに気持ちを切り替えていた。(Football ZONE web編集部)

    デ・ブライネは「全てを出し切った」と語り、潔く敗戦を認めた【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】ベルギー司令塔デ・ブライネ「後悔はない」 フランスに力負けも“嘆き節”なし】の続きを読む



    (出典 i2.wp.com)



    1 Egg ★ :2018/07/11(水) 17:45:09.85 ID:CAP_USER9.net

    ●フランスに0-1で惜敗、初の決勝進出を逃す

    ベルギー代表は現地時間10日、ロシア・ワールドカップ(W杯)準決勝でフランス代表と対戦し、0-1で敗戦。

    決勝進出を逃す結果となったが、守護神GKティボー・クルトワと主将FWエデン・アザールは、フランスの戦い方に怒りを滲ませている。ベルギーメディア「Het Nieuwsblad」が試合後のコメントを報じた。

     ベルギーは立ち上がりから攻勢に出るも、守備に人数をかけるフランスの牙城を崩し切れずにいた。すると後半6分、フランスのCKからDFサムエル・ウムティティにヘディング弾を許し、この1点が決勝ゴールとなった。

     フランスはこの試合、守備的な戦術を徹底してベルギーを攻略。FWオリビエ・ジルーやFWアントワーヌ・グリーズマンも、自陣で守備に奔走する時間を増やしていた。それもあって、ベルギーはFWロメル・ルカクやMFケビン・デ・ブライネにボールが収まらず、得意のカウンターも鳴りを潜めた。

     試合後、クルトワは開口一番に「フランスはアンチ・フットボールで臨んできた」と、相手の戦術を批判する言葉を口にした。

    「悪いが、僕はゴールからあれほど離れてストライカーがプレーする試合をこれまで経験したことがなかった。彼らにとっては正解なのかもしれないね。そのスタイルは僕たちにとって厄介な時間になることを分かっていたんだから。だが、見ていて心地良いものではない。

    あのチームが僕たちよりも良かったと言うのは無理があるだろう。フランスは確かに上手く守っていたよ。ただ、それだけだ。僕はあんなフランスが勝ち進むんであれば、ブラジルに進んでほしかったと思うくらいだ」

    アザールは静かな怒り「あんなフランスの一員として勝つなら…」

     クルトワが感情を爆発させるかのように怒りの言葉を羅列した一方、アザールは言葉少なめにフランスへの落胆を見せた。

    「僕は、あんなフランスの一員として勝つんであれば、ベルギーの一員として負けたほうがマシだ」

     優勝候補の筆頭であったブラジルを撃破して準決勝に臨んだベルギーだったが、破壊力抜群の攻撃陣を封じるために敷いてきたフランスの守備的な“プラン”には不満を隠し切れないようだった。

    フットボールZONE 7/11(水) 7:35
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180711-00120919-soccermzw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【サッカー】<長友佑都>「ここまで応援できるとは…」敗退した“好敵手”ベルギーに熱いエール!
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531260047/

    2018/07/11(水) 08:20
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531285182/


    【【W杯】<ベルギー代表のクルトワ&アザール>フランスの戦術に怒り「アンチ・フットボール」「負けた方がマシ」】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



     FIFA(国際サッカー連盟)は、10日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア準決勝のフランス代表対ベルギー代表の試合におけるマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)を発表。サポーターの投票などにより、ヘディングゴールで勝利の立役者となったフランス代表DFサミュエル・ユムティティが選ばれた。

     先発出場したユムティティは、守備面ではセンターバックのラファエル・ヴァランと共にベルギー代表の攻撃を食い止める活躍をみせると、51分にはCKを頭で合わせゴール。攻撃面でもチームに大きく貢献し、フランスを3大会ぶりの決勝戦進出に導いた。なお、今大会初のMOM選出となっている。

     決勝戦に挑むフランスは、15日にクロアチア代表とイングランド代表の勝者と対戦する。

    フランスを決勝戦に導くヘディングゴールを決めたユムティティ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】MOMはユムティティ! ワンチャンスを決めてフランスを決勝に導く】の続きを読む



    (出典 images.performgroup.com)



     サッカーW杯ロシア大会は10日(日本時間11日)、サンクトペテルブルクで準決勝のフランス対ベルギー戦が行われ、フランスが1-0でベルギーを破って決勝に進出した。フランスは準優勝した06年独大会以来3大会ぶり3回目の決勝進出となった。初優勝を狙ったベルギー(同3位)は準決勝で力尽きた。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    【フランス-ベルギー】後半、フランスのウンティティ(左から2人目)が先制ゴールを決めてチームメートに祝福される=ロシア・サンクトペテルブルクで2018年7月10日、長谷川直亮撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ロシアW杯】フランスが3大会ぶり決勝 1-0でベルギー破る!】の続きを読む



    (出典 images.performgroup.com)



    10日は準決勝1試合、フランスがベルギーと対戦

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は10日、準決勝が行われ、フランスとベルギーが対戦する。事実上の決勝戦との呼び声も高い両雄の激突は、予測不能、目が離せない一戦になりそうだ。

     準Vだった2006年大会以来、3大会ぶりの決勝進出を目指すフランス。1次リーグのパフォーマンスは抜きんでたものではなかったが、決勝T1回戦ではアルゼンチンとの壮絶な打ち合いの末に4-3で破ると、堅守のウルグアイを相手にした準々決勝では2-0快勝。試合を重ねながら、状態を挙げている。

     一方のベルギーは史上初の決勝進出がかかる。決勝トーナメント1回戦で日本に大逆転した後、8強で対戦したブラジルには2-1で勝利。変幻自在なフォーメーションチェンジで、王国を相手に金星を挙げた。ルカク、アザール、デブライネで構成される前線は大会屈指。カウンターの切れ味も抜群で、フランスの堅い守りを崩しきれるかが見どころになりそう。

     海外メディアによると、国境を接する両国はこれまで73回対戦し、ベルギーから見て30勝24敗で引き分けが19回。ただW杯に限定すれば、2度対戦しいずれもフランスが勝利している。(THE ANSWER編集部)

    フランスのムバッペ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】事実上の決勝戦!? フランスとベルギーの1戦は予測不能…】の続きを読む

    このページのトップヘ