Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ベルギー

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 image.news.livedoor.com)



    18年W杯決勝トーナメント1回戦、ベルギー相手に2-0とリードするも逆転負けを喫する

     FIFA国際サッカー連盟)公式ツイッターは2日、「2年前の今日、ベルギー代表がワールドカップで信じられないカムバック」と綴り、激闘となった2018年ロシアワールドカップ(W杯)決勝トーナメントの日本対ベルギー戦を回顧。伝説の高速カウンターベルギーの選手やサッカー連盟が反応するなか、「日本がリードしていたことを忘れてはならない」という声も上がっている。

     予選H組を2位で通過した日本に対して、FIFAランク3位(当時)のベルギーは同G組を全勝で首位通過。下馬評ではベルギーが圧倒的に優位とされていたが、日本はベルギーの攻勢に耐えて前半を0-0で折り返すと、後半3分にMF原口元気、同7分にMF乾貴士ネットを揺らして2-0とリードし、ベルギーを窮地に追い込む。

     しかし、そこからギアを一段階上げたベルギーが猛攻を仕掛け、DFヤン・フェルトンゲン(同24分)とMFマルアンフェライニ(同29分)のゴールで試合を振り出しに。そのまま延長戦に突入するかと思われた後半アディショナルタイム4分、日本のMF本田圭佑ゴール前に上げたコーナーキックボールを、GKティボー・クルトワがキャッチしカウンター攻撃を発動。最後はMFナセル・シャドリが決勝ゴールを流し込み、ベルギーが劇的な逆転勝ちを収めた。

     白熱の一戦からちょうど2年が経過し、FIFA公式ツイッターが決勝カウンター弾の映像を公開。ベルギーサッカー連盟公式ツイッターが「2年後も鳥肌もの?」、起点となったGKティボー・クルトワは「90+4分でも試合の流れを変えられる」と綴った。一方で、FIFAの投稿には「史上最高のカウンター」「オーマイガー。ベルギーが0-2で負けていたところから3-2で勝利するまでの過程を見て驚いた」とベルギーを称賛する声だけでなく、「日本は勝利を手にしかけていたが、ベルギー代表を目覚めさせてしまった」「日本が2-0とリードしていたことを忘れてはならない」と日本に関するコメントも見受けられた。

     2年が経過しても、日本の奮闘はしっかりと世界のサッカーファンの心に刻まれているようだ。(Football ZONE web編集部)

    W杯ベルギー戦の激闘をFIFAが回想【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】W杯ベルギー戦の激闘から2年 FIFAが当時回想でファン反応「日本は勝利を手に…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 kotoba-chikara.com)



    FAカップ準々決勝のニューカッスル戦を終えたマンチェスター・シティベルギー代表MFケビン・デ・ブライネのインタビュー中に、相手指揮官スティーブブルース監督が乱入する珍しいシーンが起こった。イギリスデイリーメール』が伝えている。

    28日に行われたFAカップ準々決勝。シティはデ・ブライネのPKとFWラヒーム・スターリングゴールで、敵地セント・ジェームズパークニューカッスルを破った。

    試合後、取材を受けていたデ・ブライネのもとにブルース監督が乱入。15年ぶりの準決勝進出を阻んだ相手に、冗談でこんなことを言ったようだ。

    「こいつはこのままここに残る。今夜のニューカッスルからの独占リリースだ」

    「もうシティで十分やっただろう。そろそろニューカッスルのためにプレーしないかね」

    なお、ニューカッスルでは、サウジアラビアベースとする合同ファンドによるクラブ買収が進められており、その暁にはデ・ブライネ獲得のチャンスが巡ってくるかもしれない。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】デ・ブライネの取材中にニューカッスル指揮官が乱入?!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



     ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネは、今夏マンチェスター・シティを去る可能性があるようだ。5日、イギリス紙『デイリーメール』が報じている。

     ファイナンシャルフェアプレー(FFP)の違反が指摘され、欧州サッカー連盟(UEFA)によって今後2シーズンUEFA主催大会への参加禁止を言い渡されたマンチェスター・Cクラブスポーツ仲裁裁判所に訴え、そのヒアリング6月8日から10日にかけて行われるようだが、もしこれが却下された場合多くの主力選手を失ってしまうこととなりそうだ。

     ベルギー代表でデ・ブライネを指導するロベルトマルティネス監督は、稀代のチャンスメーカーが今夏マンチェスター・Cからの退団を選択する可能性に言及した。

    「みんなが想像できるように、今はケヴィン・デ・ブライネがキャリア絶頂期を楽しんでいる時で、それをマンチェスター・Cに捧げている。でも『4、5年後には何が起こっている?』と考えれば、誰も彼には良いアドバイスなど送ることはできない」

    「もちろんシティがチャンピオンズリーグ出場権を失えば、彼はそれを考慮に入れるだろう。彼はここ何年かで、自身が幸せで、タイトルも取れる場所にいるということを示してきた。だから私は、出場禁止のペナルティーが下されるかどうかが大きなポイントになると思う」

    デ・ブライネの去就について語ったマルティネス監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】代表指揮官がデ・ブライネのシティ退団を示唆?…CL出場権が分かれ目に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.nikkansports.com)



    【歴代名手の“私的”技術論|No.9】原口元気日本代表MF):日本代表を機能させるサイドのキーマン

     いちおう原口元気の回としているが、技術論というより日本代表の守備に焦点を当ててみたい。

     森保一監督は、2018年ロシアワールドカップ(W杯)の戦術を引き継いでいる。4-4-2のミドルゾーンでのプレスが基本である。守備の鉄則として3ラインコンパクトであること。その守備ブロックをどの場所に置くか、どこで守るかについてはハイプレス、ミドルプレス、ロープレスと3つに分けられるが、日本はミドルプレスがメインになる。もちろん、状況に応じてハイプレスも行うし、押し込まれれば低い位置での守備になるが、ミドルプレスが理想的だ。

     なぜミドルプレスなのかという前に、なぜハイプレスでないのか。

     少し古い話だが、当時のバルセロナのハイプレスの図を見ていただきたい(図1参照)。3ラインコンパクトにするのが鉄則と書いておいてあれなのだが、バルサのハイプレスは2ラインしかない。ここでメッシは、守備の勘定には入っていない。第一ラインは右からペドロ、シャビチャビ)、ブスケッツ(ブスケツ)、イニエスタビジャの5人。第二ラインがダニ・アウベス、プジョル、ピケ、アビダルの4人だ。

     ポイントは第一ラインが5レーンをすべて埋めていること。ここではボールを持っている相手の右センターバック(CB)に対して、バルサの左ハーフスペース担当のイニエスタがプレスをかけている。イニエスタの担当レーンには相手のMFがフリーになってしまっているが、イニエスタ自身がコースを塞いでいるので直接パスは通らない。通ってしまった場合はブスケッツか、高い位置を取っているDF(アビダル)がカバーする。

     第一ラインが5レーンをすべて埋めていて、自分のレーンにいる相手に対しては前進してプレッシャーをかけていくので、相手にしてみればパスワークバルサの第一ラインを通過するのは難しい。コンパクトでディフェンスラインが高いので、ロングボールで裏を突くことはできるが、ピケ、プジョルスペースカバーに長けていて、GKも高いポジションカバーしている。

     つまり、ハイプレスをメインにするには5人でフィールドの横幅を埋めきって圧力をかける必要がある。5人の壁でプレスして、抜けて来たボールを第二ラインが拾う。ハイプレスに適した守り方だが、逆にこれでミドルゾーンメインにするとブスケッツの脇が空きやすくなるので得策ではない。

    バルサが持つ条件を満たさない日本、ミドルプレスに見出す活路

     次にロシアW杯の日本の守り方を見てみよう(図2参照)。

     2トップの位置、プレスの開始点がバルセロナに比べてかなり低い。そもそも4-4-2は、ハイプレスに向いていない。FWの第一ラインが2人、MFの第二ラインが4人なので、5レーンのどこかは空いてしまう。例えば、相手のMFがハーフスペースに引いて3人でパスを回す形になった時点で、前進してプレスを続けるのは難しくなる。サイドハーフは1人で相手2人への守備をすることになり、そうなったら引き込むしかないわけだ。もちろん、日本はミドルゾーンに相手を引き込む前提で守っている。

     なぜミドルプレスなのか。まず、ロープレスではゴール前での高さ、パワーの勝負に持ち込まれやすく、その場合の劣勢が予想される。しかし、ハイプレスに4-4-2は向いていないうえ、バルサが持っている条件を満たしていない。

    1 ボール支配力=相手を深く下げる
    2 DFのスピードと1対1の対応
    3 GKの守備範囲と足下の技術

     この3つのうち1つが欠けても成立しない。ロシアW杯の日本(および現在までの日本)は、3つの条件の1つも満たしていないので、ハイプレスは無理であり、そもそもそうするつもりもなかったわけだ。

     吉田麻也昌子源のCBは広大なスペースで競走するのは厳しいが、ある程度限定されたスペースならば対応できる。横からのクロスボールでなく、縦のロングボールなら競り勝つ強さもあった。下がりすぎず、上がりすぎずのライン設定には適していた。

     日本の守備のストロンポイントは、サイドへの追い込みと囲い込みの速さだ。原口、乾貴士サイドハーフスピードと運動量があり、サイドへ追い込んだらサイドバック(SB)と挟み込む。さらにボランチが内側を封鎖。あっという間に出口を塞ぐ。このポジション移動の迅速と運動量が、ミドルプレスで生きていた。大迫勇也香川真司の第一ラインの方向付けも上手かった。

     この日本の守り方はサイドハーフの負担が大きい。守備でハードワークしたうえで、攻撃では前へ出て行かなくてはならない。原口はその点で素晴らしい仕事ぶりだった。ベルギー戦の長いランニングで柴崎岳のパスを呼び込み、そのままゴールしたシーンは原口ならではのプレーだった。

     守備に難があると言われていた乾は、エイバルで守備力を身につけて過酷な上下動をこなし、香川との息の合ったコンビネーションは攻撃のエンジンになっていた。

    森保ジャパンの“日本式ミドルプレス”、今後の問題点

     森保監督になってからは堂安律、南野拓実中島翔哉の2列目が攻撃面でロシアW杯を上回るものを披露している。ただ、基本的に上下動だった乾と違って、中島は広範囲に動く。攻撃面ではプラスだが、中島が守備に入れない問題も出てきた。

     図3は中島が攻め残りになった場合の最悪に近い事態を表したものだが、5レーンは全く埋まっていないうえ、大迫、南野、原口、遠藤航、柴崎がポジション修正を余儀なくされる。5人の第一ラインを形成して強引にハイプレスにすることもできないではないが、それをやるにはラインが深すぎる。しかもロシアW杯を継承したチームは、ハイプレスの3条件を依然として満たしていない。かといって、ミドルプレスに整えるには全体に負荷がかかりすぎバランスが悪い。これは目下の問題点だろう。

     中島を最初から中央に置く、五輪世代で使っている3-4-2-1を採用するなど、いくつかの対策はある。いずれにしろ、なんらかの修正は必要だと思う。(西部謙司 / Kenji Nishibe)

    ロシアW杯でアザールと対峙するの原口元気(左)【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】原口元気はロシアW杯日本代表の“生命線” 献身的な上下動で「ミドルプレス」を機能させた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 prtimes.jp)



    Jリーグの再開が決定、神戸DFフェルマーレンの動向を母国ベルギー紙が注視

     Jリーグの再開が決まったなか、J1ヴィッセル神戸ベルギー代表DFトーマスフェルマーレンの動向を注視していた母国紙「Het Nieuwsblad」は「フェルマーレンに朗報」と報じている。

     新型コロナウイルスの影響でJリーグは2月の開幕節後に一時中断。当初、4月下旬から5月上旬に順次再開するプランだったが、感染拡大を受けて白紙に戻っていた。日本政府の緊急事態宣言5月25日に解除され、同月29日にJリーグが臨時実行委員会を開催。同日、6月27日からJ2とJ3、7月4日からJ1を段階的に再開させると発表した。

     ベルギー紙「Het Nieuwsblad」は「トーマスフェルマーレンとって朗報:日本のサッカーリーグ(J1)が7月4日に再開」と報道。代表戦士の動向を追いつつ、「日本のJリーグ無観客のなかで再開する」と記している。

     記事では「安全面ではまだ注意すべき点はあるものの、サッカーが再び可能になった」と言及。「一般人は入れない。しかしリーグは、状況が許せばファンが再びスタジアムに入れるように準備をするとしている」と伝えた。

     現在34歳のヴェルマーレンは、2019年夏に名門バルセロナから神戸に加入し、Jリーグ1年目はリーグ戦8試合でプレー。元日の天皇杯決勝・鹿島アントラーズ戦(2-0)でフル出場し、クラブ初のタイトル獲得に大きく貢献した。さらなる活躍が期待されるベルギー代表DFに母国紙も注目を寄せていた。(Football ZONE web編集部)

    ヴィッセル神戸のベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン【写真:高橋学】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】「日本サッカー再開」 ベルギー代表DFに母国紙注目「フェルマーレンにとって朗報」】の続きを読む

    このページのトップヘ