Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ベルギー



    (出典 www.football-zone.net)



    Mirror』は11日、「ヴァンサン・コンパニは、ベルギーでの大規模な八百長事件に驚いていないと話した」と報じた。

    先日ベルギーで発覚したサッカーにおける詐欺事件は、すでに5名が起訴、29名が身柄を拘束され、さらに内で44件の強制捜が行われるという大規模なものとなった。

    ヘレン会長、また森岡亮太の古巣であるワースラント・ベフェレンの関係者も告発されており、今後もさらなる波紋を広げていく可性が示唆されている。

    ベルギー代表としてプレーしているDFコンパニは事件について以下のように話し、このようなことが起こっても驚きではないと摘したという。

    ヴァンサン・コンパニ

    八百長事件には全く驚いていないよ。

    これらの関係は、人身売買、物取引、そして売や買世界に近い。そこには多くのお金が蠢いている。

    隠された取引が可な場合、そこにも多くの良い人がいる一方で、多くの悪い人もいるものだ」
    サッカー界は人身売買や薬物取引のようだ…コンパニ、母国の八百長事件に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】サッカー界は人身売買や薬物取引のようだ…コンパニ、母国の八百長事件に】の続きを読む



    (出典 papimaro.velvet.jp)



    は受賞しないと思う」とアザール レアルMFモドリッチを最有補に

     チェルシーベルギー代表MFエデン・アザールは今年度のバロンドール行方について、自身も補の一人であることを認めたうえで、レアル・マドリードクロアチア代表MFルカ・モドリッチが受賞すると予想している。英誌「フォーフォー・トゥー」が報じた。

     バロンドールは「フランスフットボール」誌が催する年間最優秀選手賞だ。サッカー記者による投票で決定し、これまではバルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの二人が最多タイの5度受賞を誇る。

     栄誉ある賞の行方について、アザールは「は受賞しないと思う。の意見ではモドリッチが相応しい」とロシアワールドカップMVPクロアチア代表MFルカ・モドリッチを最有補に挙げた。

     33歳のモドリッチはレアルUEFAチャンピオンズリーグCL)優勝も果たし、国際サッカー連盟FIFA)の選ぶ年間最優秀選手賞「ザ・ベスト」を受賞している。バロンドールとの二冠達成も有視されてる。

    補は3、4人いる。(ラファエル・)ヴァランも補だと言えるね。彼は多くのタイトルを勝ち取った。もふさわしい一人だとは思うよ。ではない。でも、まじめな話、モドリッチが受賞すると思う。チャンピオンズリーグ優勝とW杯で決勝を戦った素晴らしいシーズンを祝う賞になるだろう」

     アザールは自身も補の一人だとっている。レアル・マドリードCLフランス代表でW杯を制したDFラファエルヴァランも含めた争いになると予想したが、その中でもモドリッチが一つ抜けていると考えているようだ。


    Football ZONE web編集部)

    チェルシーのMFエデン・アザール【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】チェルシーMFアザール、年間最優秀選手賞の受賞者を予想 「相応しい」と指名したのは?】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 アルテミス@ ★ :2018/09/29(土) 10:55:01.08 ID:CAP_USER9.net

    チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールは、自身のゴールパフォーマンスについて言及した。イギリス誌『FourFourTwo』が29日に報じている。

     26日、チェルシーはカラバオ・カップでリヴァプールと対戦。この試合で決勝弾を決めたアザールは、ひざから滑り込むゴールパフォーマンスを見せた。
    しかし、アザールはこのゴールパフォーマンス時の痛さを「ひざが燃えるようだ」と表現。
    同選手はこの場面を、映像で見ながら次のように振り返った。

    「このスライディングしているパフォーマンスを見てくれ。まるでひざが燃えているみたいなんだ! これはやめなければならないね。もうこれ以上このゴールパフォーマンスはやらないよ」

     ひざからのスライディングを封印宣言したアザール。今後のゴールパフォーマンスに注目していきたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00839813-soccerk-socc


    【【プレミアリーグ】「ひざが燃える」アザール、ひざから滑り込むゴールパフォを封印か】の続きを読む



    (出典 imgcp.aacdn.jp)



    1 ばーど ★ :2018/09/25(火) 16:41:33.33 ID:CAP_USER9.net


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    日本サッカー協会は20日、日本代表が11月20日に愛知の豊田スタジアムでキルギス代表と対戦すると発表した。中央アジアに位置するキルギスのFIFAランクは91位で、両国の対戦は初めて。来年1月に初の公式戦となるアジア杯(UAE)を控える森保ジャパンにとっては貴重なテストマッチとなる。

    7月末に就任した森保一監督は、9月7日のチリ戦は北海道で発生した地震の影響で中止となり、同11日に初陣のコスタリカ戦に挑みMF南野拓実(23)=ザルツブルク=、中島翔哉(24)=ポルティモネンセ=、堂安律(20)=フローニンゲン=ら若手が躍動して3―0で快勝。10月12日にはパナマ、同16日の世界最強2トップのスアレス、カバニを擁するウルグアイとの対戦が決まっている。

    9/25(火) 16:30
    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000169-sph-socc


    【【日本代表】森保ジャパン 11月にキルギス代表(FIFAランク91位)と対戦】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    6歳で見つけた生きると、始まったプロ入りへの闘い

     ロシアワールドカップW杯)後に、スポーツ専門サイト「The Players’ Tribune」に出ていたロメル・ルカクインタビューは衝撃的だった。

     ベルギー代表のエースストライカープロになると決意したのは6歳の時だったそうだ。母親いつもの食(パンミルク)を用意している時に、奇妙な行為に気づいた。牛乳を混ぜていたのだ。牛乳を買うお金が足りないため、でかさ増ししていたという。それに気づいた間、「パチンとを鳴らされたように」少年ルカクを覚まし、自分の生きるを見つけた。

     サッカーを観るのが楽しみだったのに、倹約のためにケーブルテレビ契約っ先に切られた。やがてテレビそのものが映らなくなり、電気のない部屋でを過ごした。UEFAチャンピオンズリーグもない、プレイステーションもない、電気もない……6歳のルカクプロ選手だった父親に聞いた。

    プロになったのは何歳だった?」

     父親16歳と答えると、ルカク少年16歳プロになり、アンデルレヒトで活躍し、この生活から抜け出すことを決意する。

    それからはどの試合も「決勝戦」だった。幼稚園サッカー公園ゲームも、すべて全で敵を叩き潰しにいった。少年期の遠征試合、同世代より大きなルカクの体格を見た相手チームの親たちからクレームがついた。本当に同年齢なのか? そもそもベルギー人なのか? ルカクは身分明書をつきつけた。ルカク父親を持っておらず、アウェーまで応援には来ていない。一人で大人たちに立ち向かわなければならなかった。そして、「こいつらのガキを殺す。潰す。お前らは泣いている子供に乗せて帰宅することになる」と心に決めたという。

     記事ではこの後もルカクの壮絶な告白が続くのだが、日本代表はよくこんな男とW杯で戦っていたものだと思った。

     ヨーロッパや南には、ルカクと似た環境からのし上がった選手は少なくない。日本にもそういう選手はいる。少年期の逆や屈辱をエネルギーに変え、サッカーにぶつけて上り詰めていく。


    ルカクを突き動かしたサッカーが大好きな気持ち

    「リバウンド・メンタリティー」という言葉をにするようになった。日本代表選手の多くが挫折を経験していて、そこから立ち上がる精を持っていたという。

     リバウンド・メンタリティーは傾聴合体したものだそうだ。人の意見にを傾けるのと、自分の考えを強く押し出すのは矛盾しているようだが、自己を客観視できる冷静さと、大いなる情熱はどちらも欠かせない要素なのだろう。自分の中で会話し、状況を整理して進むべきを見出すと言えるかもしれない。

     ルカクの場合、情熱の根本に怒りがあった。けれども、怒りだけが情熱を形成していたとは思わない。なぜなら、サッカーボクシングなど個人の格闘技とは異なるチームゲームだからだ。情熱だけで突っ走ってもたぶん上手くいかない。

     ルカクゴールゲッターだが、周囲を使うことも上手い。意外と「が」というタイプではないのだ。エゴの強いストライカーという人種の中では、むしろエゴイストではない方かもしれない。

     怒りとともにプロになると決意する前から、ルカクサッカーが大好きだった。6歳から大好きなサッカーへの向き合い方は変わったかもしれないが、もともとサッカーが好きという気持ちがある。それも原動に違いなく、上手くなりたいという気持ちがサッカーへの理解を深め、チームメイトと協調する大切さも学んでいったに違いない。

     プロアスリートにとって、気持ちの強さは才以上の財産だ。その根が楽しさであっても怒りであっても。


    西部 / Kenji Nishibe)

    ロシアW杯では、日本代表の前に立ちはだかったベルギー代表FWルカク(右)【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ルカクの告白と「リバウンド・メンタリティー」 気持ちの強さは才能以上の財産】の続きを読む

    このページのトップヘ