Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ベルギー

    no title


    18年のロシアW杯、日本戦で生まれた「最も美しく、最も重要なゴールの一つ」

     ワールドカップ史に残る一撃が日本戦で生まれた。1年前の2018年7月2日(現地時間)、ロシアワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で日本とベルギーが対戦。2-2で迎えた後半アディショナルタイムベルギーが見せた“高速カウンター”をベルギーメディアが回想。「ベルギーサッカー史において、最も美しく、最も重要なゴールの一つ」と絶賛し、選手らも劇的な一撃を振り返っている。

     試合は後半3分にMF原口元気、同7分にMF乾貴士ゴールを奪い、日本が2点のリード。しかし、ベルギーも反撃に打って出ると後半24分、29分と立て続けにネットを揺らして同点に追いつく。そして迎えた後半アディショナルタイム4分、衝撃のゴールに会場が騒然となった。

     日本のMF本田圭佑が蹴ったCKを相手GKティボー・クルトワがキャッチすると、自陣に構えていたMFケビン・デ・ブライネにボールを渡す。デ・ブライネは一気にギアを上げてドリブルを開始し、右サイドを駆け上がったDFトーマス・ムニエへ展開。最後は中央へラストパスを送り、途中出場のMFナセル・シャドリが劇的な決勝ゴールを決めた。

     自陣ゴール前から日本のゴール前まで、9.94秒のカウンターアタック弾は当時称賛の的となったが、ベルギーサッカー協会の公式ツイッターは「1年前、9.94秒」と記してゴール映像を公開した。

     ベルギーメディア「7sur7」は「ベルギーサッカー史において、最も美しく、最も重要なゴールの一つ」と言及。また、ゴールアシストしたムニエも公式ツイッターで「1年前、1000年に一度のゴール」と自賛している。

     GKクルトワもツイッターで振り返っており、当事者たちにとっても日本戦の一撃は記憶に残るゴールだったようだ。(Football ZONE web編集部)

    ベルギーが見せた“高速カウンター”をベルギーメディアが回想している【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【サッカー】「1000年に一度のゴール」 W杯日本戦、衝撃の“9.94秒高速カウンター弾”に再脚光】の続きを読む



    (出典 spread-sports.jp)



    Evening Standard』は12日、「マンチェスター・ユナイテッドベルギー代表FWロメル・ルカクは、クラブを離れる準備ができている」と報じた。

    オレ・グンナー・スールシャール新監督が就任した後、いくらかチーム内での序列が下がってしまったルカク。すでにエースの座はマーカス・ラッシュフォードに奪われている。

    ルカクにはイタリアセリエAインテルからオファーが舞い込んでいるとも言われており、退団の可能性が示唆されている。

    代表チームの一員として臨んだスコットランド戦で2ゴールを決めたルカクは、試合後に以下のように話したという。

    ロメル・ルカク

    「僕は自分のクラブと話すだろう。そして代理人のフェデリコ・パストレーロとともに最高の決断を探る。

    まずは家族との休暇を楽しむつもりだ。何をやるべきかはわかっているよ。しかし、それは言わない。様子を見ていこう。

    忙しい夏を期待しているか?YESだね。

    【関連記事】今季のプレミアリーグ「若手ベストイレブン」になるべき11名

    僕はクラブレベルで難しいシーズンを過ごしてきた。自分のポジションを失ったし、あまりプレーできなかった。

    かしこれは自分のキャリアの一場面だ。次のステップを踏むための助けになるだろうさ」
    ベルギー人はハッキリ言う。移籍噂のルカク「忙しい夏にしたいぜ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】ベルギー人はハッキリ言う。移籍噂のルカク「忙しい夏にしたいぜ」】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



    [ブリュッセル 7日 ロイター] - サッカーベルギー代表MFケビン・デブルイネが、今週末から来週にかけて行われる2020年欧州選手権(ユーロ2020)予選での新たな故障リスクを心配している。

    イングランドプレミアリーグマンチェスター・シティー(マンC)に所属するデブルイネは今季、ひざとハムストリングを相次いで故障。チームの国内3冠に限定的な貢献しかできなかった。

    5月のイングランド協会(FA)カップ決勝で後半10分から途中出場したデブルイネにとって、8日のカザフスタン戦は約3週間ぶりの実戦。「3週間の休み明けは理想的ではないと記者会見で語ったデブルイネは、「私たちは誰一人として故障することのないように注意し、休暇に行くなり来月のプレシーズンに備えるなりしなくてはならない」と続けた。

    なおベルギー代表はカザフスタン戦後、11日にスコットランドとも対戦予定となっている。

    サッカーのベルギー代表MFケビン・デブルイネが、今週末から来週にかけて行われる2020年欧州選手権(ユーロ2020)予選での新たな故障リスクを心配している(2019年 ロイター/Francois Lenoir)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】デブルイネ、3週間ぶり実戦に懸念「理想的でない」】の続きを読む

    no title

    ベルギー代表の公式SNSファンの質問に答え、メルテンスと冗談を飛ばす

     チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールレアル・マドリードへの完全移籍が、まもなく発表になりそうだ。両クラブは最大1億3000万ポンド(約179億円)に達する違約金で合意する見込みだと、英紙「メトロ」は報じている。

     正式発表が近日中にも両クラブから行われる見込みだが、現在、ベルギー代表に合流しているアザールについて、同代表の同僚二人がベルギーサッカー協会の公式インスタグラムで冗談を飛ばした。同SNSライブ配信に出演したマンチェスター・シティMFケビン・デ・ブライネとナポリFWドリース・メルテンスは、ファンから「アザールはどこ?」という質問を受ける。

     これに対して、かつてチェルシーにも所属したデ・ブライネは、「マドリードだね。間違いない」と答えてニヤリと笑うと、隣にいたメルテンスの顔からも笑みがこぼれた。

     アザールUEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝のアーセナル戦(4-1)で2ゴールを挙げ、チェルシークラブ史上2度目のEL制覇に大きく貢献。このトロフィーを置き土産にチェルシーを離れることになる。その試合直後にアザールは、「おそらく『サヨナラ』を言う時だ。どうなるか分からないけどね。僕の夢はプレミアリーグプレーすることだった。それを7年間実現したが、今度は新しい挑戦に出る時だと思う」とコメントしていた。

     なお、アザールは、デ・ブライネとメルテンスとともにベルギー代表に合流し、EURO2020予選のカザフスタン戦(現地時間8日)、スコットランド戦(現地時間11日)に向けて準備をしている。(Football ZONE web編集部)

    (左から)ベルギー代表MFアザール、MFデ・ブライネ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】アザールのレアル移籍をデ・ブライネが“暴露”? 「マドリードだね。間違いない」】の続きを読む

    no title


    現在チェルシーからレアル・マドリーへの移籍が近づいていると言われているエデン・アザール

    契約が残り1年、さらに彼自身が移籍を熱望していることから1億ユーロという額での取引になると言われ、公式発表の日も差し迫っている様子。

    彼がプレーしているベルギー代表は現在EURO2020予選のために合宿中で、試合に向けての準備を進めているところ。

    その同僚のドリース・メルテンスとケヴィン・デ・ブライネは、ベルギー代表の公式SNSに投稿されたビデオでこんなふうに話したとか。

    アザールはどこ?」とメルテンスが聞くと、デ・ブライネは「マドリッドにいるはずさ」と…。そして満面の笑みだ!

    アザールといいヴィツェルといいクルトワといい、ベルギー人のハッキリ口に出す性分は変わらないようだ…。ともかくアザールの移籍はほぼ外堀が埋まったという感じである。

    ベルギー人ハッキリ言う!「アザールはどこ?」デ・ブライネの答えとは


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ベルギー人ハッキリ言う!「アザールはどこ?」デ・ブライネの答えとは】の続きを読む

    このページのトップヘ