Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ベルギー

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.soccer-king.jp)



    デ・ブライネイングランド戦で見せた“アシスト未遂”シーンEURO公式が注目

     FIFAランキング1位のベルギー代表は現地時間10日、UEFAネーションズリーグリーグAグループ2第3節でイングランド代表と対戦し、1-2で敗れた。敵地ウェンブリーで今大会初黒星を喫したなか、司令塔のMFケビンデ・ブライネマンチェスター・シティ)が相手守備網を破壊するアウトサイドクロスを供給。そのシーンの動画がEURO2020公式インスタグラムで公開されると、ファンから「輝かしいパス」「魔法!!!」など絶賛の声が上がっている。

     2連勝で同グループ最大のライバルとのアウェーゲームに臨んだベルギー。試合は前半16分にFWロメル・ルカクインテル)のPKで先制するも、同39分にイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードマンチェスター・ユナイテッド)にPKを決められ同点とされると、後半19分には21歳のMFメイソン・マウントチェルシー)に決勝ゴールを許し、1-2と逆転負けを喫した。

     手痛い黒星となったベルギーだが、キャプテンマークを巻いたデ・ブライネは圧巻のパフォーマンスを見せていた。驚きのプレーが生まれたのは1点を追う後半27分、敵陣左サイドでパスを受けたデ・ブライネがルックアップ。相手MFマウントが距離を詰めてきており、イングランドの最終ラインには6人が並んでいる状況だった。

     ここでデ・ブライネは華麗なる“閃き”を見せる。イングランド代表MFエリックダイアートッテナム)と同DFハリー・マグワイア(マンチェスター・ユナイテッド)の間に立つ同僚FWヤニックカラスコアトレティコ・マドリード)の姿を見つけると、目の前に立つマウントとDFトレントアレクサンダー=アーノルドリバプール)の間を通す右足アウトサイドパスを選択。相手最終ラインとGKの間に絶妙なグラウンダークロスを通し、抜け出したカラスコが右足インサイドで合わせるも、シュートはわずかにゴール右へと逸れた。

     “アシスト未遂”になったものの、デ・ブライネの超絶パスは海外メディアでも話題となり、EURO2020公式インスタグラムも15日に「このケビンデ・ブライネのパスについて話してもらえますか???」と綴り映像を投稿。コメント欄では海外ファンから「魔法!!!」「話すことは何もない。輝かしいパスだ」「マスタークラス」「世界最高のMF」「天才」など感嘆の声が上がっていた。

     昨季のPFA年間最優秀選手賞に輝くなど、キャリアの絶頂期を迎えている29歳の司令塔。来年に延期となったEURO本大会では、母国の命運を握る存在になりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    ベルギー代表MFデ・ブライネ【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ベルギー代表】7人の守備網を破壊! ベルギーの“天才”MF、超絶アウトサイドパスに海外驚愕「魔法!!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.sportsbull.jp)



    ベルギーサッカー協会(KBVB)は13日、マンチェスター・シティのMFケビンデ・ブライネベルギー代表から離脱することを発表した。

    デ・ブライネは11日に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21 リーグAグループ2第3節のイングランド代表戦にスタメン出場。しかし、MFヤリ・ヴェルスハーレンとの交代で、73分にピッチを後にしていた。

    これを受けて、KBVBは公式ツイッターで「デ・ブライネクラブに戻った。アイスランド代表と対戦する十分なコンディションが整っていない」と、負傷離脱を発表。14日に行われるネーションズリーグ第4節のアイスランド代表戦の欠場が確定した。

    また、ロベルトマルティネス監督はデ・ブライネの負傷について「ケビンがケガをしたとは言えない。彼に何か違和感を感じたと言っていた。どこを負傷したのか知るには時期尚早だが、100%ではなかった。予防策の交代だった」と述べている。

    なお、イギリススカイスポーツ』によれば、17日に行われるプレミアリーグ第5節のアーセナル戦の出場は難しい可能性があるようだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ベルギー 代表】イングランド代表戦で負傷のデ・ブライネ、ベルギー代表から離脱…アーセナル戦の出場は微妙か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.wowow.co.jp)



    ベルギーサッカー協会(KBVB)は8日、レアル・マドリーGKティボー・クルトワがベルギー代表から離脱することを発表した。

    ベルギーは今回のインターナショナルマッチウィークで8日にコートジボワール代表と国際親善試合を戦い、その後イングランド代表(11日)、アイスランド代表(14日)とUEFAネーションズリーグを戦う。

    だが、KBVBはコートジボワール戦の当日、公式『ツイッター』を通じて、詳細は明かさなかったものの、クルトワがメディカルチェックの結果、プレーできるコンディションにないとして代表キャンプから離脱することを報告した。

    スペイン『アス』によると、クルトワは招集前の段階から腰筋に軽度のトラブルを抱えていたようで、選手本人、ベルギー代表を率いるロベルトマルティネス監督、マドリーの3者による話し合いの末、リスクを回避するため代表離脱という決断に至ったとのことだ。

    『アス』によると、クルトワのケガはあくまで軽傷であり、18日に行われるラ・リーガ第6節のカディス戦までに間に合う見込みだという。ただ、仮に間に合わない場合、マドリーにとって大きな問題になる可能性がある。

    マドリーではセカンドGKを務めるGKアンドリー・ルニンが、ウクライナ代表に招集中に新型コロナウイルス陽性反応を示したことで、現時点で自主隔離の状態にあり、今後の検査で陰性が確認されるまでプレーできない状況にある。

    そのため、ルニンに加え、クルトワも起用できない場合、カスティージャに所属するGKディエゴアルトゥーベ、GKトニ・フイディアスらをスクランブル起用することになる。

    なお、クルトワは9月のインターナショナルマッチウィークでもコンディション調整を理由に代表を離脱しており、2カ月連続の途中離脱となった。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ベルギー代表】クルトワ、ベルギー代表から負傷離脱…軽度の筋肉系トラブルでカディス戦起用は問題なしか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    ベルギー代表のロベルトマルティネス監督が、10月の招集メンバーについて言及。ヴィッセル神戸のDFトーマスフェルマーレンについてもコメントした。

    ベルギーサッカー協会(KBVB)は30日、10月に行われる親善試合とUEFAネーションズリーグ2020-21に向けたベルギー代表メンバーを発表した。

    ベルギーは、10月8日にコートジボワール代表と親善試合を行い、11日にUEFAネーションズリーグ第3節でイングランド代表、14日に第4節のアイスランド代表戦を行う。

    3連戦となる今回のメンバーには33名を招集。5名を初招集とした中、主力選手が複数名不在となっていた。

    今回発表されたメンバーには、フェルマーレンの他、ドルトムントのMFトルガン・アザールレアルソシエダのMFアドナン・ヤヌザイらが含まれていなかったが、マルティネス監督が招集外とした理由を説明した。

    トーマスフェルマーレンは、衛生的なプロトコルの理由だ。アドナン・ヤヌザイはフィジカル面が100%ではなく、トルガン・アザールはケガをしている」

    フェルマーレンに関しては、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響が大きく、招集したとしても日本へ帰国後2週間は隔離措置をとる必要がある。そのため、招集に踏み切れなかったようだ。

    ベルギー『Voetbal Belgie』によれば、なマルティネス監督は9月、10月フェルマーレンの招集を諦めたが、11月インターナショナルマッチウィークでは招集したい意向があるようだ。

    11月Jリーグのほか、神戸はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が控えている状況。現時点で日程は発表されているものの、この先また変更になる可能性がないわけではない。

    一方で、ACL外国人枠は3名+アジア枠1名となっており、現在の神戸のメンバーを考えると、フェルマーレンの他、MFアンドレス・イニエスタ、MFセルジ・サンペール、DFダンクレーが在籍。このうち1名は起用できないことになる。フェルマーレンが外れると考えればベルギー代表派遣も可能だが、神戸としては悩ましいところだろう。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】新型コロナの影響で招集外の神戸DFフェルマーレン、ベルギー代表監督は11月に招集希望もJリーグとACLに影響か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 image.news.livedoor.com)



    大きな期待とともにレアル・マドリー入りしたベルギー代表エデン・アザール

    7キロ増量してしまった昨夏に続き、今季もコンディション調整に失敗したとされている。 

    本人も太りやすい体質だと明かしているアザールのおなか遍歴を見てみよう。

    ぽよぽよだったチェルシー時代、鍛えられていたリール時代、そして、現在のお腹がこちら。

    ぷにぷにだ…。

    お腹周りが緩いのは、23歳だった2014年の様子。腹筋が割れているのは、20歳だった2011年の姿だ。脇腹にカタカナで彫ったタトゥーも確認できる。

    【関連記事】現役Jリーガーもいるぞ…「最悪のタトゥーを入れた11人のサッカー選手」

    来年1月で30歳になるアザールレアル2年目はどんなプレーを見せてくれるだろうか。

    また太ったアザール、23歳当時の「ぽよぽよお腹」がこちら


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】また太ったアザール、23歳当時の「ぽよぽよお腹」がこちら】の続きを読む

    このページのトップヘ