Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ベルギー



    (出典 f.image.geki.jp)



    [10日 ロイター] - サッカーイングランドプレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドマンU)のFWロメル・ルカク(25)は、筋肉を増加したことがシーズン序盤の不調の原因だったと明かした。

    ルカクは昨シーズン、公式戦でチームトップの27得点をマークワールドカップ(W杯)ロシア大会ではベルギーの準決勝進出に貢献した。しかし今シーズンマンUでは20試合で6得点にとどまっている。

    ルカクは「問題を特定するために、メディカルスタッフとともに数々のテストを行った」とコメント。「W杯のために筋肉をつけたが、プレミアリーグでは代表戦と同じ筋肉量ではプレーできない。筋肉を落とすために、ウエイトトレーニングを控えた」と述べた。

    同選手はマンUでの過去3試合で2得点を挙げている。

     12月10日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドのFWロメル・ルカク(写真)は、筋肉を増加したことがシーズン序盤の不調の原因だったと明かした。英マンチェスターで8日撮影(2018年 ロイター/Phil Noble)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】マンUのルカク、「不調の原因は筋肉増加」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    マルティネス監督はレアルの新指揮官に任命されることを拒否する意向を示す

     レアル・マドリードフレン・ロペテギ監督を解任し、サンティアゴ・ソラーリ暫定監督が指揮を執っている。次期監督候補にはベルギー代表のロベルトマルティネス監督の名前が挙がっていたが、本人はレアル行きを望んでいないようだ。英紙「エキスプレス」が報じている。

     成績不振でロペテギ監督を解任したレアルは、下部組織を率いていたソラーリ氏を暫定監督に任命。初陣となった10月31日スペイン国王杯4回戦では3部のメリリャ相手に4-0で勝利を飾り、白星スタートを切った。しかし、チームは新たな正指揮官を積極的に探しており、多くの候補者が挙がっている。

     そんななか、ベルギー代表のマルティネス監督は地元テレビ局「VTM」のニュース番組に出演。レアルの一件について尋ねられると、「我々は時間を無駄にするつもりはない」と一蹴した。監督に任命されることを拒否したと伝えられている。

     また、ベルギーサッカー連盟のスポークスマンであるステファン・ファンルーク氏も声明を発表。マルティネス監督を招聘したいのならば、レアルがまず我々に近づかなければならないと語った。

    「連盟は個人的な問題や監督との契約に関してコメントしていない。もしクラブマルティネス監督と契約したければ、最初に連盟と合意に達しなければならないだろう」

     レアルマルティネス監督の他に、元チェルシーのアントニオ・コンテ氏や現在トットナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督、元アーセナルのアーセン・ヴェンゲル氏らをターゲットとしていると報じられている。果たして“白い巨人”の次期監督には誰が任命されるのだろうか。


    Football ZONE web編集部)

    ベルギー代表のマルティネス監督【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ベルギー代表監督、レアル新指揮官就任の噂を一蹴 「時間を無駄にするつもりはない」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    Mirror』は24日、「解説者のクレイグ・ベラミー氏は、ロメル・ルカクターゲットマンに向いていないと話した」と報じた。

    マンチェスター・ユナイテッド23日に行われたユヴェントスとのホームゲームで0-1と敗北。かつて所属していたクリスティアーノ・ロナウドゴールを決められ、オールド・トラフォードに沈んだ。

    一方、ユナテッドワントップとして出場したルカク9月15日以来ゴールから遠ざかっており、チャンピオンズリーグではまだゼロとなっている。

    なぜ彼はそれほど苦しんでいるのか?かつてウェールズ代表として活躍した悪童FWクレイグ・ベラミー氏は、問題点として「体が大きいから雑でもやれてしまっていたこと」を摘したという。

    レイグ・ベラミー

    「強いチームに対してのルカクの記録は素晴らしいものじゃない。そして、強いチームと戦うときにマンチェスター・ユナイテッドがやるシステムにも合っていない。しばしば孤立することになる。

    信じられないかもしれないが、彼のような大きい選手はターゲットマンとしてよろしくない習慣を持っているんだよ。

    彼のタッチはひどい。いつもそうだ。体のポジションを正しく置かなければ、ボールは奪われてしまう。

    あの身長と体格があるから、彼は悪いタッチをしていてもボールを失わずに済んでいた。彼は速くて、大きくて、強かったからね。よりも。

    ところが、それならそこまでなんだ。

    彼は悪い習慣をまったく直していない。他の選手を引き出すためのターゲットマンとしては、彼の強さは信じるまでには至らないよ」
    ルカクが「雑魚専」になる理由とは…あの名FWが指摘する


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】ルカクが「雑魚専」になる理由とは…あの名FWが指摘する】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/10/25(木) 17:31:57.76 ID:CAP_USER9.net

    10/25(木) 17:27配信
    最新FIFAランキング発表…ベルギーが1位、日本は4つ上げ50位に

     FIFA(国際サッカー連盟)は25日、最新のFIFAランキングを発表した。

     前回、1位タイだったベルギーが単独1位となり、フランスは2位に後退。イングランドはウルグアイを抜いて5位となったが、トップ10の構成に変化はなかった。日本は前回の54位から50位にランクアップ。なお、アジア勢トップは30位のイランで、2番手に42位のオーストラリア、日本はアジアで3番手につけている。

    ■トップ10
    1位 ベルギー
    2位 フランス
    3位 ブラジル
    4位 クロアチア
    5位 イングランド
    6位 ウルグアイ
    7位 ポルトガル
    8位 スイス
    9位 スペイン
    10位 デンマーク

    ■ワールドカップ ロシア大会後の日本の順位推移
    2018年8月 55位
    2018年9月 54位
    2018年10月 50位

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00853440-soccerk-socc


    【【サッカー】最新FIFAランキング発表…ベルギーが1位、日本は4つ上げ50位に】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールの発言が大きな話題を呼んでいる。同選手は7日に行われたプレミアリーグ第8節サウサンプトン戦の試合後、「レアル・マドリードは世界で最高のクラブだ。今でもそう言うのは、僕は嘘を言いたくないから。レアル・マドリードに行くのは小さい頃からの夢だった」とコメント。以前から噂されていたレアル・マドリードへの移籍願望を口にした。

     これを受けて移籍報道が再熱するなか、スペイン紙『マルカ』は過去にレアル・マドリードへの憧れを語った選手たちをまとめて掲載。残念ながら移籍が実現しなかった、あるいは現時点では夢を叶えられていない選手たちが並んだが、果たしてアザールは有言実行となるのか。今後の動向が注目される。

    ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)

    2016年夏、ドルトムントに所属していたガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンは、レアル・マドリード以外のクラブには移籍しない意向を明かした。その理由について、「母方の父である僕の祖父は、自分がスペインでプレーすることをいつも望んでいた。彼が2年前に亡くなった時、僕は“いつかレアル・マドリードでプレーする”と約束した。その目標を果たすために、懸命にプレーしている」とコメント。さらに「僕がドルトムントを退団するのは、レアル・マドリードへ移籍する時だけだ。レアル・マドリードが唯一のクラブなんだ。彼らから声がかからない限り、僕はここを去らないよ」とまで語った。しかし、それから1年半後の今年1月、新天地に選んだのはアーセナルだった。

    ネイマール(パリ・サンジェルマン)&フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)

    同い年で、ユース年代からブラジル代表の常連メンバーだったFWネイマールとMFフィリペ・コウチーニョ。彼らがまだ10代半ばだった2008年に行われた『マルカ』紙のインタビューでは、こんなコメントを残している。「君たちの憧れのクラブはどこ?」と尋ねられると、コウチーニョは「レアル・マドリードだ。世界最高のクラブだからね」と返答。ネイマールも一言「レアル・マドリード」と返した。ところが、2013年にはネイマールが、そして今年に入ってコウチーニョが入団したのはバルセロナだった。『マルカ』紙がレアル・マドリード寄りのメディアであることを意識した発言だったのかもしれない。

    ラダメル・ファルカオ(モナコ)

    過去には、思いがけない形でレアル・マドリードへの想いが明らかになったケースもある。コロンビア代表FWラダメル・ファルカオの父ラダメル・ガルシア氏は2012年、息子がアトレティコ・マドリードのエースとして活躍していたにも関わらず、レアル行きの可能性について言及。「息子の夢は、レアル・マドリードでプレーすることだ。幼い頃から、ずっとね」、「彼の現在の目標は、マドリーに移籍することだ。それが無理だった場合、プレミアリーグでプレーすることになる。交渉は、クラブ次第となるだろうがね」とコメントした。地元ファンの反感を買ったのは言うまでもない。それから1年後、同選手が加入したのは、宿敵レアルでも、プレミアリーグのクラブでもなく、フランスのモナコ。意外すぎる移籍先は当時大きな話題となった。

    アルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)

    今夏、バイエルンからバルセロナに加入したチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルも、レアル・マドリード行きを夢見ていた選手の一人。2011年、レヴァークーゼンからユヴェントスへの移籍が決まった際に、「これはレアル・マドリードへ行くための一つのステップだ」と発言していた。また本人の自伝のなかでも、古巣コロコロのポペイロ(用具係)による「彼はずっとレアル・マドリードでプレーすることを夢見ていた」という発言が紹介されている。しかし、チャンピオンズリーグでレアルと対戦した際に何度も不利な判定を受けたとして、すっかり心変わりしてしまったようだ。今では“アンチ・レアル”の一人として知られている。

    ルーカス・モウラ(トッテナム)

    2012年当時、サンパウロに所属していたブラジル代表MFルーカス・モウラには複数の欧州クラブからラブコールが届いていた。レアル・マドリードもそのうちの一つで、彼の両親や代理人はスペインまで招待されて、スタジアムやクラブ施設を見て回ったという。そんな折、本人は「レアル・マドリードのユニフォームを着るのが夢だ。いつかあそこでプレーしたい」とのコメントを残した。しかし実際には、同胞のレオナルドがスポーツディレクターを務めていたパリ・サンジェルマンへ移籍。今年からはトッテナムへ活躍の場を移した。

    ホアキン・サンチェス(ベティス)

    ベティスの主将を務める元スペイン代表MFホアキン・サンチェスは、スペインのラジオ番組で過去にレアル・マドリードへの移籍が迫っていたことを明かした。同選手によると、レアルへの移籍にかなり前向きで、「メディカルチェックを受ける準備も出来ていた」という。しかし、当時会長を務めていたマヌエル・ルイス・デ・ロペラ氏が巨額の移籍金を要求したために、交渉は破談に終わったようだ。

    クリスティアン・プリシッチ(ドルトムント)

    「サッカー選手なら誰でも夢を持っているし、僕の夢の一つはレアル・マドリードでプレーすることだ。あのユニフォームを着ることができる選手はそうたくさんはいない」。そうコメントしたのは、ドルトムントでプレーするアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチだ。まだ20歳と若く、アザール獲得が失敗に終わった場合の代替案としてレアル・マドリードがリストアップしているとの報道もある。

    ロメル・ルカク(マンチェスター・U)

    ベルギー代表FWロメル・ルカクは、2010年に行われた『マルカ』紙のインタビューで、レアル・マドリードへの想いを語っていた。当時まだアンデルレヒトに在籍していた青年は、「僕の夢はベルナベウでプレーすること。マドリーはスペシャルなクラブだ」とコメント。以降、スペイン行きが噂されることもあったが、チェルシー、ウェスト・ブロムウィッチ、エヴァートン、マンチェスター・Uとプレミアリーグのクラブを渡り歩いている。

    (記事/Footmedia)

    レアル・マドリードへの移籍願望を口にした選手たち [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】アザールはどうなる…? 過去にレアルへの移籍願望を表明した選手たち…】の続きを読む

    このページのトップヘ