Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ベルギー



    (出典 img.footballchannel.jp)



     11月15日に発売となった雑誌『SOCCER KING12月号では、「異変だらけの序盤戦、36のなぜ?」と題し、各国の序盤戦で生まれた36の疑問に迫っている。そんな雑誌『SOCCER KING12月号から、一部コンテンツを公開! 今回はイタリアの名門・インテル復活のキーマン、ラウタロ・マルティネスインタビューをお届けする。

    インタビュー・文=セルヒオ・レビンスキー Text by Sergio Levinsky
    翻訳=井川洋一 Translation by Yoichi Igawa
    写真=ゲッティ イメージズ Photo by Getty Images

    ルカクとは「すぐに打ち解けることができた」


    ──君は今季のインテルの前線でコンビを組むルカクと、実に良い関係を築いているように見える。欧州でも屈指の破壊力を備えた2トップと言える。

    「ロメルが入団して、まずその大きくて頑丈な体に驚かされたよ(笑)。それは冗談として、彼はナイスガイでスペイン語も話すから、すぐに打ち解けることができた。いや、彼の言語力は本当にすごいんだ。もともとネイティブフランス語オランダ語のほかに、英語、ポルトガル語スペイン語スワヒリ語を話し、ミラノに来て3カ月でイタリア語を覚えたんだからね! プレーだけでなく、コミュニケーションに優れ、すでにチームでも重要な存在になっているよ」

    ──君のイタリア語は上達している?

    「仲間とは問題なく会話できるようになってきたけど、まだまだメディアと話せるレベルではないよ(笑)ガールフレンドは、『もうできるんじゃない?』と言ってくれるんだけど、自信がなくてね。年が明ける頃までには、実現できるといいんだけど」

    ──昨季途中までインテルキャプテンを務めていたマウロ・イカルディは、ローンパリ・サンジェルマンへ行った。彼は優れたストライカーである一方、多くの物議を醸してきた選手だ。彼がいなくなって、チームに変化はあったかい?

    「いなくなった選手の話をしても仕方がないよ。僕はただ、彼がパリで成功することを願っている。さっそく、新天地でゴールを重ねているようだね。彼は偉大なストライカーだから、これをきっかけにまた活躍してくれるといいね」

    ──今年6月から7月にかけて開催されたコパ・アメリカでは、(招集されなかった)イカルディら先達を差し置いて、君が見事な働きを披露したね。

    ありがとう。本当に素晴らしい経験になったよ。メッシや(セルヒオ)アグエロという2人の偉大なアタッカーと一緒にピッチに立てただけでなく、2度もゴールを揺らすことができた。自信がついたよ。またチームには僕と同年代の若手も何人かいたから、すんなりと順応できたんだと思う」

    ◆「ボール扱いに度肝を抜かされた」

    ──メッシと同じチームプレーしてみて、どうだった?

    「これ以上ないほど誇らしかったよ。彼のボール扱いには、度肝を抜かされた。特にブラジル戦はキレが抜群で、ファウル以外に止める方法がなさそうだった。この大会で何週間もともに過ごしたから、僕らの間柄も親密になったんだ。それはピッチ上でのプレーにも好影響を及ぼしている」

    ──メッシはこの大会で真のリーダーになったと評する人は多い。彼はチームを代表して、明確で強いメッセージを発したりもしていたね。

    「ああ、そんな発言を知って、僕らチームメートはとても興奮したよ。彼は真のリーダーであり、チームのことを考えて発してくれたんだ。若手が増えた今の代表に、彼のようなロールモデルがいてくれて、本当に助かっているよ」

    ──今の代表には、2014年ワールドカップで準優勝したチームメンバーが、ほとんど残っていない。生まれ変わったとも言えるけど、その経験を知る人が少なくなったとも言える。

    「僕はそんな風に考えないよ。日々、クラブハードワークを重ねて成長し、代表に呼ばれた時はそれを還元したいと思っている。今の代表は世代交代の最中にあり、来年3月から始まるワールドカップ予選に向けて、最善の形を模索しているところだ。優秀な指導陣とともに一致団結し、チーム力を向上させ、2014年チームが到達した場所を目指している」

    ──君のこれまでの代表での得点率は、ガブリエル・バティストゥータディエゴ・マラドーナさえ凌ぐものだ。リオネル・スカローニ監督も、君を前線の主軸の1人に数えているようだ。

    「うれしいかぎりだね。これからもそう考えてもらえるように、日々を大切にして、毎日少しでも上達できるように努力していくよ」

    ──実際、君を絶賛する人は少なくない。なかには、いずれ代表の主将となり、歴代得点記録を塗り替えるだろうと予想する人もいるくらいだ。

    「そんな風に言ってもらえて、誇らしいよ。彼らの期待を裏切らないように、精進するまでさ。いつか、それらを実現するためにもね」

    インタビューに応じたラウタロ・マルティネス [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】L・マルティネスが語るルカクとメッシ…「3カ月でイタリア語を覚えたんだ!」】の続きを読む

    no title


    今夏、チェルシーからレアル・マドリーに移籍したエデン・アザール。移籍当初は7キロも太っていたとされ、怪我もあり調子が上がらなかった。

    だが、すでにキレを取り戻しており、ベルギー代表戦ではさすがのプレーを連発。こんなスーパーテクも披露していたぞ!

    切り返しからのラボーナクロス!速さが足りずにGKにキャッチされてしまったが、コースは文句なし。ラボーナが咄嗟に出るのは体がキレている証拠だろうか。

    レアルでは久保建英とのグータッチも話題になったアザール。久保はMarcaインタビューで「アザールがとてもいい選手だとは知っていたけれど、実際に見るとちょっと感動した」と述べてる。

    アザール、キレッキレだ!代表で発動した「ラボーナクロス」見た?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ベルギー代表】アザール、キレッキレだ!代表で発動した「ラボーナクロス」見た?】の続きを読む

    no title


     ベルギー代表FWエデン・アザールは、レアル・マドリードでの批判をあまり気にしていないようだ。14日付けで、スペイン紙『アス』が報じている。

     今夏、チェルシーからレアル・マドリードへ移籍を果たした同選手だが、周囲の期待に見合う結果は残せておらず、批判を受けることも少なくない。ジネディーヌ・ジダン監督も、アザールには新しいチームに適応する時間が必要だと認めていたようだが、アザール自身はあまり気にしていないようだ。スペインでの生活について、以下のように語っている。

    「僕はマドリードで困難だと感じたことはない。ただ、世界中のあちこちでレアル・マドリードについて議論が行われているのは知っているよ。そしてそれが僕がここにいる理由でもあるね」

    「まあ、僕はまだスペイン語を上手く理解できていなんだ。批判は気にしていないよ」

     EURO2020の予選では、ベルギー背番号10またキャプテンとして活躍しているアザールスペインの地での活躍に、期待が集まっている。

    ベルギー代表として活躍するアザール [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】ベルギー代表として活躍するアザール、マドリードでの生活に言及「批判は気にしない」】の続きを読む

    no title


    欧州各地で行われているEURO2020予選。

    8連勝のベルギー代表は2試合を残して本戦出場を決めた。0-2で勝利したカザフスタン戦ではエデン・アザールも活躍。

    トマ・ムニエの2点目をアシストしたスーパーパス、そして、驚異的なヒールスキルがこれだ!

    この投稿をInstagramで見る
    Accuracy 💯 . Just look at this assist from Eden Hazard... . . . #EURO2020 #OptusSport
    Optus Sportさん(@optussport)がシェアした投稿 -

    裏に抜け出すムニエへのフィードはまさに完璧!そして、ライン間で縦パスを受けた瞬間にやったジャンピングヒールパスは凄すぎる…。

    そのアザールは、アグレッシブなカザフ相手に自分たちはよくやったとコメントしていたそう。

    今週末、アザール擁するレアル・マドリー久保建英が所属するマジョルカとの対戦が控えている。

    アザール、すげぇや!「天才にしかできない神タッチ」がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ベルギー代表】アザール、すげぇや!「天才にしかできない神タッチ」がこれ】の続きを読む

    no title


    カザフスタン戦で見せたワンプレーEURO2020公式SNSの“最優秀スキル”に選出

     ベルギー代表は現地時間12日、欧州選手権(EURO)予選第8節でカザフスタン代表と対戦し、2-0の勝利を収めた。8戦全勝でグループIの首位を快走しているが、EURO2020公式インスタグラムエースのMFエデン・アザールレアル・マドリード)が披露した反転ヒールパスを、この日の最優秀スキルに選出している。

     グループIで全勝をキープしているベルギーはこの日、敵地のカザフスタン戦に臨んだ。前半21分にFWミシー・バチュアイ(チェルシー)が先制点を奪うと、後半8分にDFトーマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン)が追加点を決め、手堅く無失点勝利をつかみ取った。連勝を「8」に伸ばし、2位ロシアに勝ち点3を離して首位を走っている。

     一方、EURO2020公式インスタグラムは、この日の最優秀スキルを決める「スキル・オブ・ザ・デイ」にアザールの華麗なワンプレーを選出し、動画を公開している。ハーフウェーライン付近からMFアクセル・ヴィツェル(ドルトムント)の鋭い縦パスに対し、ゴールに背を向けていたアザールが、反転しながら右足によるダイレクトヒールパスをFWドリース・メルテンス(ナポリ)へと供給した。

     コメント欄では「マスタークラス」「完璧だ」「ビッグアザール」「美しすぎる壮観プレー」とファンからも反響が寄せられている。今夏に移籍したレアルでもようやく本領を発揮し始めたアザールだが、エースとしての貫禄をワンプレーで示してみせた。(Football ZONE web編集部)

    ベルギー代表MFエデン・アザールが華麗なテクニックを披露【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ベルギー代表】「美しすぎる壮観プレー」 アザール、華麗な“反転ヒールパス”に称賛の声「完璧」】の続きを読む

    このページのトップヘ