Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ベルギー

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 football-action.info)



    FIFAロシアW杯の日本対ベルギー戦を配信、決勝弾にファン反応「悲しい瞬間」

     新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るうなか、FIFA国際サッカー連盟)は「#WorldCupAtHome」企画としてワールドカップ(W杯)の名勝負を配信している。公式インスタグラムでは、2018年ロシアW杯16強の日本対ベルギー戦のゴール映像を公開し、「日本人は本当に良い試合をした」「W杯最高の瞬間」との声が上がっている。

     4日にFIFAが公式インスタグラムを更新し、「最高にドラマチックだった! ワールドカップ準々決勝進出を決めた瞬間」と記して1本のゴール映像をアップした。ロシアW杯で日本とベルギーが激突し、会場が熱狂に包まれた瞬間をクローズアップしている。

     まさに天国と地獄だった。2-2で迎えた後半アディショナルタイム、日本のCKからMF本田圭佑ボールを入れるも、相手GKティボー・クルトワがキャッチしてすぐさまスローイング。そこからベルギーが高速カウンターを発動する。

     MFケビン・デ・ブライネがドリブルで持ち込み、右サイドを駆け上がったDFトーマス・ムニエを経由して中央にグラウンダーのクロスを送った。ゴール正面に飛び込んだFWロメル・ルカクがフィニッシュするかと思われたがスルーすると、背後から飛び込んだMFナセル・シャドリが逆転弾を叩き込み、最終的に3-2と日本を撃破している。

     ロシアW杯名場面の一つと言える高速カウンター弾にファンも反応。「W杯で最も悲しい瞬間」「W杯最高の瞬間」と異なる意見が上がれば、「劇的だったが日本に敬意を払う必要がある。日本に尊敬の念を抱いている」「日本人は本当に良い試合をした」と日本側の奮闘を称える声も並んだ。

     日本代表にとっては、史上初のベスト8進出を阻まれた失意のゴールとなったが、多くのファンにとっても記憶に残る一撃となったようだ。(Football ZONE web編集部)

    ロシアW杯の日本×ベルギー戦で生まれた「ドラマチック」弾の瞬間【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】「日本人は本当に…」 W杯で生まれた「ドラマチック」弾に世界反響「尊敬の念」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



     チェルシースペイン代表GKケパ・アリサバラガがインタビューに応えた。スペイン紙『マルカ』が1日に伝えている。

     ケパは昨シーズンまでチームメイトとしてプレーしたベルギー代表MFエデン・アザールについて言及。リオネル・メッシクリスティアーノ・ロナウドの領域に達するかという問いに対して「2人は何年も前からいるから彼がそのレベルかと言われると難しいけど、近いのは間違いないよね。本当に素晴らしい選手だ。最高のアザールはまだリーガで見られていないんだよ」とケガで棒に振るったアザールレアル1年目を嘆いた。「ケガは制御できない。昨シーズン、僕らとプレーした彼はケガしなかった。健康体を保てれば、来シーズン素晴らしい1年になるだろうね」

     また自身のリーガ・エスパニョーラへの復帰については「僕は今素晴らしいクラブにいてハッピーさ。プレミアリーグをエンジョイさせてくれるね」と語り、否定している。

    アザール(左)とケパ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ケパ、「最高のアザールはまだ見られてない」…来季の活躍に期待】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    FIFA公式ツイッターの投票でファンからの支持がコロンビアイングランド戦を上回る

     FIFA国際サッカー連盟)公式YouTubeチャンネルFIFATV」では、過去のワールドカップ(W杯)における名勝負をフルマッチ動画で公開している。これは新型コロナウイルスの感染拡大により、世界的に自宅待機が広がったことで「#WorldCupAtHome」と題して展開しているもので、その同チャンネルで新たにアップしてほしい試合についてW杯公式ツイッターアンケート調査を実施したところ、2018年ロシアW杯ラウンド16の日本対ベルギー戦に多くの支持が集まったようだ。

     アンケート調査は歴代の大会から2試合ずつを選び、それぞれどちらの試合を見たいかという形式で実施されている。今回はロシアW杯から日本対ベルギー戦、コロンビアイングランド戦の2試合を対象に投票が行われ、計1万421票のうち59%が日本対ベルギー戦に集まった。

     日本対ベルギー戦は、ロシアW杯決勝トーナメント1回戦で実現した。予選H組を2位で通過した日本に対して、FIFAランク3位(当時)のベルギーは同G組を全勝で首位通過。そのため、下馬評ではベルギーが圧倒的に優位とされていたが、日本はベルギーの攻勢に耐えて前半を0-0で折り返すと、後半3分にMF原口元気、同7分にMF乾貴士が決めて2-0とリードし、ベルギーを敗退の危機に追い込む。

     しかし、そこからギアを一段階上げたベルギーが猛攻を仕掛け、DFヤン・フェルトンゲン(同24分)とMFマルアンフェライニ(同29分)のゴールで試合を振り出しに。そしてこのまま延長戦に突入するかと思われた後半アディショナルタイム4分に、日本のMF本田圭佑ゴール前に上げたコーナーキックボールを、GKティボー・クルトワがキャッチしカウンター攻撃を発動。最後はMFナセル・シャドリが決勝ゴールを流し込み、ベルギーが劇的な逆転勝ちを収めた。

     W杯初のベスト8進出こそ逃したものの、日本が優勝候補ベルギーをあと一歩のところまで追いつめたこの試合は、日本人だけでなく世界の多くの人々にとって今でも強く印象に残っているようで、「クレイジーな試合だった。物凄いゴールが後半だけで5点も入るんだから」「おそらく大会のベストマッチだったと思う」「スペクタクルなゲーム」といった再放送を望むリプライが数多く寄せられている。再放送が正式に実現すれば、日本の奮闘に再び世界中のサッカーファンが熱狂するはずだ。(Football ZONE web編集部)

    日本は乾(中央)が追加点を奪うも、その後3失点を喫して敗戦【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】日本の“死闘”に支持率59%! W杯ベルギー戦がファン投票で“勝利”…「クレイジーな試合」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    2014年の日本対コロンビアプレーバック 「日本戦ではより多くの選手が起用された」

     新型コロナウイルスの影響により、日本代表2022年カタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選で予定されていた3月25日ミャンマー戦、同31日のモンゴル戦が延期された。そんななか、海外メディア2014年に行われた日本対コロンビアの試合を振り返っている。

     中国・武漢が発生源とされる新型コロナウイルスサッカー界にも大打撃を与えており、各国のリーグは中断を余儀なくされ、ナショナルチームの試合も延期に追いやられている。今年開催予定だった欧州選手権(EURO)と東京五輪も来年に持ち越されることになった。

     そんななか、コロンビアメディア「Futbolred」は「日本vsコロンビアを見るべき5つの理由」と見出しを打ち、2014年ブラジルW杯のグループリーグ第3節で行われた日本対コロンビアに注目。日本は1分1敗で迎えた最終節でコロンビアを相手に1-4の惨敗を喫していた。

     記事では、コロンビア代表が日本戦で達成した5つの記録を取り上げている。1つ目で、「マルティネスがW杯で1試合2ゴールを決めた最初のコロンビア人となった」と後半10分、37分にネットを揺らしたFWジャクソンマルティネスポルティモネンセ)を取り上げ、2つ目は「52年ぶりに獲得した通算2度目のPK」と、前半16分にDF今野泰幸ジュビロ磐田)が与えたPKを説明している。

     3つ目は、MFハメス・ロドリゲスレアル・マドリード)が日本戦の後半45分にゴールを奪ったことで、「グループリーグ3試合連続ゴールを決めた最初のコロンビア人となった」と指摘している。4つ目では「日本戦ではより多くの選手が起用された試合となった。おかげで招集された23名のうち、大会で22名をピッチに送り出した」と完全なローテーションを導入したと振り返っている。

     5つ目は、正守護神を務めるGKダビド・オスピナ(ナポリ)に代わってGKファリド・モンドラゴン(引退)が日本戦に出場し、「43歳3日でW杯史上最年長記録となった」と説明した。なお、2018年ロシアW杯でエジプト代表GKエサム・エル=ハダリが45歳で記録を塗り替えている。

     当時の日本は4失点の完敗でグループリーグ敗退を余儀なくされたが、2018年で再び対戦した際は、コロンビアを2-1で撃破。4年越しのリベンジを達成している。(Football ZONE web編集部)

    2014年の日本対コロンビア戦に再脚光【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】「日本vsコロンビアを見るべき5つの理由」 2014年W杯の“記録”に海外メディア再脚光】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



     レアル・マドリードに所属するベルギー代表FWエデン・アザールが、フランスの料理番組に出演して料理作りに励んだようだ。24日に、ベルギーメディア『HLN』が報じている。

     新型コロナウイルス感染拡大の影響により、世界各地ではリーグ戦が中断に追い込まれている。リーガ・エスパニョーラも例外ではなく、選手たちは自宅での自粛生活を余儀なくされている状態だ。

     そんななか、アザールフランス生放送料理番組『Tous en cuisine』に出演。自宅キッチンからリモートで番組に参加し、一流シェフのシリル・リニャック氏と料理を楽しんだ。

     アザールは、息子のヤニス君(9歳)とレオ君(7歳)と“共演”し、男3人でコルドン・ブルースイス料理で、ハム・プロシュートチーズを肉で包んだカツレツ)作りに挑戦。番組では、料理の熟練度を尋ねられると「そうだね、時間があればたまに料理をするよ」と回答。得意料理を聞かれると「何もない(笑)」と即答した。

     息子たちとの奮闘の結果、アザールは見た目も美味しそうなコルドン・ブルーを完成させた。ピッチ同様キッチンでも“魅せた”、ベルギー背番号10だった。

    料理番組で腕を振るった、レアルのアザール [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】アザール・クッキング! 仏料理番組で“美技”披露も「得意料理? 何もない!(笑)」】の続きを読む

    このページのトップヘ