Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ベルギー

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 trendy-trendy.net)



    マンチェスター・シティプレーするベルギー代表MFケヴィン・デブライネ。

    4歳と1歳の子供を持つパパでもある彼は、9月に3人目となる子供が誕生した。そのデブライネは『Sky Sports』のインタビューでこんな話をしていたぞ。

    ケヴィン・デブライネ

    「子供が2人から3人になったことに適応しているよ…。そうだね、家では数的不利だ(笑)

    (生活)リズムを見つ出そうとしている、最初はちょっと難しいね。

    家に妻ひとりで3人の子供を見ていることもある。夜眠れないことも少なくない。

    でも、よくなっているよ。赤ん坊も落ち着いてきて、僕らはリズムを見つけているところさ」

    海外のファンたちは「3vs2は守るのが難しいね」、「サッカー選手が多くの金を稼ぐスキルを持っているだけの普通の人に過ぎないってことは忘れられがち。彼らにも私生活はあるし、それがピッチ上にも影響する」などと反応していた。

    【動画】脚だけでキッズ2人をあやす!デブライネの子育てシーン

    家では夫婦より子供たちのほうが多くなったと笑顔で語ったデブライネ。眠れないこともあると述べていたものの、終始笑顔で幸せを感じている様子だった。

    3人目の子供誕生! デブライネ、家だと“数的不利”だと笑う


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】3人目の子供誕生! デブライネ、家だと“数的不利”だと笑う】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    FIFA(国際サッカー連盟)は10日、ベルギー代表が2020年チーム・オブ・ザ・イヤーに選出されたことを発表した。

    毎年12月に発表されるFIFAランキングに基づくチーム・オブ・ザ・イヤーに3年連続でベルギー代表が輝いた。昨年はトータルで1082試合の国際試合が行われ、1993年FIFAランキング導入以降、最多の試合数となったが、今年は新型コロナウイルスの影響で最少の352試合にとどまった。

    その中で8試合のうち6勝を挙げたベルギー代表は常にトップキープし、今回の受賞につながった。ベルギー代表の他にも2位のフランス代表や3位のブラジル代表、4位のイングランド代表も順位不動。トップ5で昨年から変更があったのは5位のポルトガル代表のみとなった。

    6位のスペイン代表や7位のアルゼンチン代表は昨年から2つ順位を上げた一方、ウルグアイ代表は8位に後退。9位と10位はメキシコ代表とイタリア代表となっている。

    2020年に最もポイントを稼いだチームハンガリー代表(+44pt)で、順位も52位から40位へジャンプアップ。また、ブルンジ代表(+29pt)は138位と下位ではあるものの、13位アップと最も大きく順位を上げたチームとなった。

    なお、日本代表は27位となっている。

    2020年FIFAランキングTOP10
    1.ベルギー
    2.フランス
    3.ブラジル
    4.イングランド
    5.ポルトガル
    6.スペイン
    7.アルゼンチン
    8.ウルグアイ
    9.メキシコ
    10.イタリア

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】2020年FIFAランキング、ベルギー代表が3年連続でチーム・オブ・ザ・イヤー受賞】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



     インテルに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクが、UEFAネーションズリーグについて語った。19日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

     18日に行われたUEFAネーションズリーググループステージ第6節デンマーク戦に出場したルカクは、同試合の57分と69分にゴールを決める活躍を見せ4ー2での勝利に貢献。“首位対決”を制したベルギーは、決勝ラウンド進出を決めた。自身が持つベルギー代表通算得点記録を57にまで伸ばしたルカクは試合後のインタビューに応じ、今後の代表チームに自信を示している。

    「我々は、難しい試合でも勝利できる力を証明した。ボールを握ることもできるし、必要なときには、強固なディフェンスとカウンター攻撃をベースサッカーを展開できる。今回は少ないチャンスでしっかりとゴールを重ね、効率的にプレーできたと思っているよ」

     イタリアフランススペインファイナルズの頂点を争うことになったベルギーは、果たして今後タイトルを獲得できるのだろうか。

    ベルギー代表のルカク [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ベルギー代表】ルカク、決勝ラウンド進出のベルギー代表に自信「我々は難しい試合でも勝利できる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 kuroshiba0511.com)



    ベルギー代表のロベルトマルティネス監督がレアル・マドリー所属のMFエデン・アザールについて言及した。

    アザールチェルシーで長年エースを務め、2019年夏にレアル・マドリーに移籍。しかし、それ以降は負傷やコンディション不良が重なり、まとまった出場機会が掴めず、今シーズンに至っては開幕前の負傷によって公式戦3試合出場に留まっている。

    そんなアザールに今月、またもや不運な出来事が起こった。クラブでの新型コロナウイルスの検査において陽性反応を示したのだ。これによりクラブでの数試合と11月の代表戦の欠場が決定。まさに踏んだり蹴ったりといったところだろう。

    マルティネス監督は、今回の代表活動に参加していないアザールについて言及。合流できなかったことを悲しんだ。

    「我々はこの数日、不運なことに(アザールの)欠場を余儀なくされている」

    「エデンはこのキャンプで皆に会うこと、2020年レッドデビルズ(ベルギー代表の愛称)でプレーすることを楽しみにしていた。残念ながら彼は多くの不運を抱えていた」

    しかし、マルティネス監督は、ユーロが開催される来年がアザールにとって素晴らしい年になると語り、復活を確信した。

    2021年エデン・アザールにとっても、レッドデビルズのファンにとっても、素晴らしい年になると思う」

    「彼が一刻も早く復帰して、再び元気にサッカープレーできるようになることを楽しみにしている。2021年にはエデン・アザールベストバージョンが見られると確信している」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ベルギー代表】「ベストバージョンが見られる」ベルギー代表指揮官、2021年のアザール完全復活を確信】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    欧州各地で行われているUEFAネーションズリーググループA2ではベルギー代表がイングランドを2-0で撃破した。

    得点を決めたのは、ユーリ・ティーレマンスとドリース・メルテンス。特にメルテンスが叩き込んだフリーキックは圧巻だった。

    鋭く曲がり落ちる完璧な一撃!

    海外のファンたちは「なんてフリーキックだ、GKジョーダンピックフォードはノーチャンスだった」などと反応。ただ、「凄いFKだけど、(実際にはイングランドに)ファウルはなかった」という突っ込みも…。

    【関連記事】 育ったクラブに「驚くべき電撃復帰」をした10名のスター

    この試合が行われたのは、メルテンスの故郷ルーヴェン。本人は「ゴールするのはいつでも楽しいけれど、故郷なら尚更だよ。ここでゴールを決めてから、相当な時間が経っているね。ルーヴェンのトップチームプレーしたことはないけれど、ユースではいくつかゴールを決めたんだ」と喜んでいた。

    イングランド粉砕!メルテンス 「故郷に恩返しFK」が美しい


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ベルギー代表】イングランド粉砕!メルテンス 「故郷に恩返しFK」が美しい】の続きを読む

    このページのトップヘ