Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ポルトガル



    (出典 gs-files.spaia.jp)



    国際サッカー連盟(FIFA)は23日、ミラノでザ・ベストFIFAワード2019を開催し、各賞受賞者を発表した。

    今年の表彰は、バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシUEFA欧州最優秀選手賞に輝いたDFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/オランダ)と5度同賞を獲得しているFWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス/ポルトガル)を退け、最多6度目となる受賞となった。

    全世界200以上のメディアFIFA加盟国の代表監督とキャプテンファンの投票で決定する今回の賞だが、各国のキャプテンや監督の投票内容も発表されている。

    最終候補に残っていたC・ロナウドは、1位に同僚のオランダ代表DFマタイス・デ・リフトを選出。2位にバルセロナオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング、3位にパリ・サンジェルマンフランス代表FWキリアン・ムバッペを選出し、ファイナリストの2名には投票しなかった。

    一方で、ファン・ダイクは1位にメッシ、2位にチームメイトエジプト代表FWモハメド・サラー、3位に同じく同僚のセネガル代表MFサディオ・マネを選出。見事に受賞したメッシは、1位にマネ、2位にC・ロナウド、3位に同僚のデ・ヨングを選出していた。

    また、日本代表キャプテンであるDF吉田麻也と森保一監督も投票。吉田は、サウサンプトン時代の同僚であるファン・ダイクを1位に、2位にC・ロナウド、3位にメッシを選出。森保監督はメッシC・ロナウド、ムバッペの順に選出していた。

    クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/キャプテン)
    1.マタイス・デ・リフト(アヤックスユベントス)
    2.フレンキー・デ・ヨング(アヤックスバルセロナ)
    3.キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)

    リオネル・メッシ(アルゼンチン/キャプテン)
    1.サディオ・マネ(リバプール)
    2.クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
    3.フレンキー・デ・ヨング(アヤックスバルセロナ)

    ヴィルヒル・ファン・ダイク(オランダ/キャプテン)
    1.リオネル・メッシ(バルセロナ)
    2.モハメド・サラー(リバプール)
    3.サディオ・マネ(リバプール)

    吉田麻也(日本/キャプテン)
    1.ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)
    2.クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
    3.リオネル・メッシ(バルセロナ)

    ◆森保一(日本/監督)
    1.リオネル・メッシ(バルセロナ)
    2.クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
    3.キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】C・ロナウドはファイナリストを選ばず…吉田麻也&森保一監督は誰に投票した?《ザ・ベストFIFAアワード2019》】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    テレビ局の番組内で自身の“スーパーカー・コレクション”について言及

     ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、世界で最も稼ぐアスリートでバルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに次ぐ2位にランクインしている。年収は117億円を超え、ピッチ外では“スーパーカー・コレクター”としても知られるが、英テレビ番組で高級車を17台所有しているとともに、そのなかの“お気に入り”も明かしている。英紙「デイリーミラー」が伝えた。

     母国ポルトガルの名門スポルティングCPでデビューを果たしたロナウドは、2003年マンチェスター・ユナイテッドへ加入。名将アレックス・ファーガソンの下で世界的スターへと成長を遂げ、数々のタイトルを獲得した。2009年に移籍したレアル・マドリードでもエースとして君臨し、計15個のタイトルを獲得している。

     昨夏にイタリアに拠点を移したロナウドセリエAでもその決定力を発揮し、初年度でチーム最多の21得点をマークUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇こそ逃したものの、前人未到のリーグ8連覇に大きく貢献した。

     ロナウドは、英テレビ局ITV」の番組「グッドモーニング・ブリテン」で、ピアーズ・モーガン氏がパーソナリティーを務めるドキュメンタリーに出演。父ディニス氏が2004年アルコール依存症で亡くなる1年前のインタビュー映像を見て涙したことが話題となったが、その際に自身の“スーパーカー・コレクション”についても触れている。

    12億円超のブガッティを筆頭に17台を所有するなか、ロールス・ロイスを“ベスト”認定

     モーガン氏から「(自分に)5億ドル(約538億円)の価値があるのは正しいか?」と尋ねられると、「そう願うよ。それは高すぎると思う。僕が言えるのは、銀行には高額のお金があるということ」と笑いを誘って回答。車の所有台数に関する質問に関しては「17台」と明かした。

     コレクション内ではブガッティのラ・ヴォワチュール・ノワール(約12億8000万円)、ブガッティ・シロン(約2億9000万円)、ブガッティ・ヴェイロン(約2億3000万円)、マクラーレン・セナ(約1億円)、ロールス・ロイス・カリナン(約3400万円)、UJNフェラーリ599 GTO(約4100万円)などがこれまでにメディアで取り上げられているが、「最も快適」という理由で“お気に入り”にはロールス・ロイスを挙げたという。

     毎年のように高級車を購入してコレクションを拡大しているロナウドだけに、今後ロールス・ロイスを超える“珠玉の一台”に巡り合うかもしれない。(Football ZONE web編集部)

    “スーパーカー・コレクター”としても知られるFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】C・ロナウド、“高級車コレクション”は全17台 「最も快適」な一番のお気に入りは?】の続きを読む

    no title


     プロサッカー選手クリスティアーノ・ロナウドが、英レポーターのピーアス・モーガンとのインタビューで、恋人のジョルジーナ・ロドリゲスと結婚する意思があることを明かしたという。そのロナウドとの間に娘のアラナちゃんを授かったジョルジーナは、ロナウドのほかの子どもたちともすでに家族ぐるみの付き合いだ。

    【写真】とっても仲良し! サイクリングを楽しむクリスティアーノ・ロナウド&恋人&子どもたち

     Mail Onlineによると、英ITVテレビ番組でモーガンにジョルジーナと結婚について尋ねられたロナウドは困った様子だったそうだが、ジョルジーナについて「彼女にはすごく助けられた。もちろん彼女に夢中だよ。僕たちはいつか、間違いなく結婚する。それは僕の母の夢でもあるしね。だからいつか、そうなるさ」とコメントしたという。「最高だよ。彼女は僕の親友なんだ」とロナウド。「よく会話する。僕は彼女に打ち解けているし、それは彼女も同じだ」と、ジョルジーナに対する称賛が止まらない様子だ。

     もうすでに家族のようなロナウドとジョルジーナは最近、ロナウドの長男で9歳のクリスティアーノ・ジュニアくん、2歳の双子のマテオくんとエヴァちゃん、そして22ヵ月のアラナちゃんを連れて、サイクリングを楽しんだようだ。ジョルジーナのインスタグラムには、田園風景の中で撮影した写真が数枚投稿されており、飾らない家族の姿にほんわかさせられる。

     インタビューではまた、ロナウドが涙を拭うひと幕もあった。2004年ポルトガルで開催された欧州選手権を前に、生前の父ジョゼ・ディニス・アヴェイロさんがロナウドを褒め称えている映像を見たロナウドは、その映像を初めて見たという。ジョゼさんはロナウドが20歳の時に52歳の若さで死去した。

    引用:「ジョルジーナ・ロドリゲスインスタグラム(@georginagio)

    恋人のジョルジーナと結婚する意思があることを語ったクリスティアーノ・ロナウド (C)Zeta Image


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】クリスティアーノ・ロナウド、結婚の意思明かす 恋人は子どもたちとの写真をシェア】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    ポルトガルラジオ局を通じて「本当に食事に呼んでくれたら、絶対に行く」とメッセージ

     ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、英テレビ局ITV」のインタビューを通して、幼少期の恩人を探していた。その恩人とは、スポルティング・リスボンのアカデミー時代、空腹時にハンバーガーを与えてくれていたマクドナルドの店員だったという。番組放送から数日が経ち、その店員が名乗り出たことを英紙「デイリーミラー」が報じている。

     マデイラ諸島出身のロナウドは「ITV」のドキュメンタリー番組で12歳だった頃を振り返り、練習場の隣にあったマクドナルドで余ったハンバーガーをもらいに行っていたことを告白。そして、「エドナという女性と、他の2人が、いつも僕たちにハンバーガーをくれていたんだ」と回想し、彼女たちを招いて食事に行きたいと話していた。

     これに反応したのが、「他の2人」のうちの1人であるパウラ・レカさんだった。ポルトガルラジオ局「Renascenca」を通じて、「彼ら(スポルティングのユース選手たち)が店の前に現れた時、『ハンバーガーが残っていたらあげていいよ』とマネジャーが許可をしてくれていたの」と当時を懐かしんだ。

    「そのうちの1人がクリスティアーノ・ロナウドで、一番内気な子でした。彼らはほぼ毎週来ていたわ。今でも当時のことを振り返って笑うことがあるんだけど、私の息子にその話をしても、彼は信じてくれなかったの。自分の母親がクリスティアーノ・ロナウドハンバーガーを与えたなんて、確かに想像できないわよね。あんなに昔のことを、今になって振り返ってくれるのは面白いこと。でも、彼の人間性が出ていると思う。少なくとも、みんなこれが作り話じゃなかったことを分かってくれたはずね」

     ロナウドからの食事の招待については「本当に呼んでくれたら、絶対に行く。最初に『ありがとう』と伝えて、食事の際には当時の思い出話をしたいわね」と、世界で最も有名なサッカー選手になった“少年”との再会を楽しみにしていた。(Football ZONE web編集部)

    恩人のマクドナルド店員を探していたユベントスFWロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】C・ロナウド、“ハンバーガーの恩人”が名乗り出る 「今でも当時を振り返ることがある」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    2009年の性的暴行疑惑で精神が消耗したことも吐露 「あれは辛かった」

     ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドアメリカ人女性に対する強姦疑惑で世間を賑わせたが、今年7月には検察側が証拠不十分として事態は収束に向かった。しかし、当時は騒動によって精神的にも相当消耗していたようだ。英テレビ番組でのインタビューで当時の家族の様子などを語り、「100%信頼しているのは4人だけ」と胸中を明かしている。

     ロナウドアメリカモデルキャサリン・マヨルガから2009年アメリカラスベガスホテルで性的暴行を受けたと訴えられた。警察による調査が再開されたが、ロナウドは一貫して疑惑を否定。結局、証拠不十分で不起訴となった。

     ロナウドは英テレビ局ITV」の番組「グッドモーニング・ブリテン」でピアースモーガンパーソナリティーを務めるドキュメンタリーに出演。そこで性的暴行疑惑が報道されていた当時のことを振り返っている。あらぬことテレビで報じられたことで、家族に対する後ろめたさもあったと明かした。

    「家で彼女とテレビを見ていた時、『クリスティアーノはこうだ、ああだ』という放送されていたんだ。すると息子が階段を降りてくる音が聞こえた。私はどうしたらいいか分からず、チャンネルを変えざるを得なかった。父親が悪いように言われているのを、息子に見せたくなかった。あれは辛かったよ」

     さらにロナウドは周囲との人間関係についても言及し、次のように話している。

    「僕が100%信頼していると言えるのは4人。たったの4人だ。親しい友人や家族はいるが、100%信頼しているのはおそらく4人だけ。それが誰かは言わないが、僕にとってはそれで十分だ」

     世界中にファンがいるロナウドとはいえ、メディアからネガティブな批判の標的とされるケースも珍しくない。それだけに、信頼できる人間はごくわずかしかいないとの本音を打ち明けていた。(Football ZONE web編集部)

    ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「100%信頼しているのは4人だけ」 C・ロナウド、自身の人間関係に言及「それで十分」】の続きを読む

    このページのトップヘ