Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ポルトガル



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 Egg ★ :2018/04/07(土) 20:11:41.75 ID:CAP_USER9.net

    ユヴェントスとのUEFAチャンピオンズリーグで、驚きのバイシクルを披露したクリスティアーノ・ロナウド。

    その打点はクロスバーほどの高さであり、人間離れした身体能力を見せつけた。

    そんなロナウドの肉体について、『Deportes Cope』のアランシャ・ロドリゲス氏が調査。

    一般的なサッカー選手の体脂肪が10%から11%なのに対し、ロナウドは7%。また、一般的にはどれだけ高くても46%ほどと言われる筋肉量もロナウドは50%を記録している。

    そして、先日のCLで見せた驚異的なジャンプを踏まえた結果、ロナウドの肉体年齢は実年齢より10歳も若い23歳であると判明したという。完全に化け物!

    2018/04/06 12:10
    https://qoly.jp/2018/04/06/cristiano-ronaldo-body-age-kwm-1

    写真
    https://img.qoly.jp/media/03f60768-e244-c6d6-d727-83b55afe4100

    【サッカー】<ジダンのボレーかC・ロナウドのオーバーヘッドか?>オンラインアンケートを実施!ファンが選んだのは…
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1522965393/

    伝説級のバイシクル弾に世界が衝撃!「滞空時間が人間のレベルにない」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1522830245/


    【【海外サッカー】<C・ロナウド>「肉体年齢」が判明、なんと23歳!一般的なサッカー選手の体脂肪が10%から11%なのに対し、ロナウドは7%…】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    SNSの影響力は世界トップクラスでスポンサードを申し出る企業も多数

     ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)は、23日の国際親善試合エジプト戦(2-1)で2ゴールを挙げ、代表通算得点数を「81」に伸ばした。英紙「デイリー・ミラー」は、サッカー界のみならず「世界で最も稼ぐスポーツ選手」と言われる男について、英スポーツデータメディア「Verdict」を参照に、これまでにスポンサー契約を結んだ会社の数々を紹介している。

     史上最多タイとなる5度のバロンドール受賞など数々の栄光を手にしてきたロナウドは、公式インスタグラムで世界3番目のフォロワー数(約1億2300万人)を記録し、公式フェイスブックも世界3番目(約1億2000万人)、ツイッターでは世界9番目となる3億人以上のフォロワーが存在するなど、そのSNSは世界各国から大きな注目を集めている。

     ロナウドとスポンサードすることで大きな宣伝効果を得られるのは間違いなく、高額を支払ってでも契約を望む企業は多く存在している。

     ロナウドはこれまで31社とスポンサー契約を締結。「コナミ」や「KFC」、Jリーグのスポンサーである「タグホイヤー」も、過去のスポンサーの一つである。


    日本の大手自動車メーカー「トヨタ」も契約

     ロナウドの最も大きなパートナーは、スポーツメーカーの「NIKE」だ。2003年に初めてスポンサー契約を結ぶと、今では年間2100万ポンド(約31億5000万円)を手にしていると言われている。さらに、最近では中国の通信会社「ZTE」と2017年に契約を締結し、年間300万ポンド(約4億5000万円)が支払われているという。

     今年33歳となったロナウドの影響力はとどまることを知らず、2018年に日本の自動車メーカー「トヨタ」が契約を結んだことを考えれば、しばらくアスリート界のトップを走り続けることは間違いなさそうだ。

    「デイリー・メール」紙調べのスポンサー契約を結んだ31社は以下のとおり。

    ナイキ(スポーツメーカー/2003~10)
    バンコ・エスピリト・サント(銀行/2003)
    カストロール(自動車用エンジンオイル/2009~11)
    エンポリオ・アルマーニ(ファッション/2009~13)
    サカレイド(スポーツドリンク/2009)
    ナイキ(スポーツメーカー/2010~14)
    カストロール(自動車用エンジンオイル/2011~13)
    コナミ(コンピューター&ソフトウェア/2011~13)
    KFC(飲食/2013~16)
    ハーバライフ(サプリメント/2013~18)
    JBS(衣料品/2013)
    サムスン(家電/2013)
    Jacob and Co.(ファッション/2013~14)
    ナイキ(スポーツメーカー/2014~16)
    タグホイヤー(時計/2014)
    クリアシャンプー(コスメティック/2014)
    スポーツロブスター(Web/2014)
    MTG(医療品/2014)
    エミレーツ航空(航空会社/2014)
    PokerStars.com(カジノ/2015)
    アボット・ラボラトリーズ(医療品/2015)
    Altice(通信会社/2015)
    Smaaash Entertainment(娯楽/2015~2020)
    ナイキ(スポーツメーカー/2016)
    ZTE(通信会社/2016~17)
    XTrade(金融サービス/2016)
    Exness(コンサルティング会社/2017~18)
    PanzerGlass(その他/2017~19)
    エジプト鉄鋼(重工業/2017)
    アメリカンツーリスター(家庭用品/2018)
    トヨタ(自動車メーカー)(Football ZONE web編集部)

    クリロナ、過去のスポンサー契約「31社」&宣伝効果に英紙が注目【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【仰天】“世界で最も稼ぐ男”クリロナ、過去のスポンサー契約「31社」&宣伝効果…】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    ポルトガル代表の絶対的エース、2018年に入りレアルでゴール量産中

     ポルトガル代表は今回の国際Aマッチウィークでエジプト代表、オランダ代表と対戦する。2016年の欧州選手権(EURO)王者としてロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むことになるが、チームの主将を務めるFWクリスティアーノ・ロナウドは代表でも自信満々の様子を漂わせている。

     18年に入ってロナウドはトップフォームを取り戻している。今季リーガ・エスパニョーラ序盤戦でゴールがなかなか奪えず、槍玉に挙がることが多かったが、3月18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第29節ジローナ戦での4ゴールを筆頭に、今年に入ってからリーガで18得点と驚異的なペースで量産している。

     2017年に自身5度目のバロンドールを獲得。衰えを知らぬゴールマシンは自身4度目のW杯に臨むことになるが、英衛星放送「スカイ・スポーツ」の取材にこのように話している。

    「僕らポルトガル代表はベストであるといつも信じなければいけないよね。大きく物事を考える必要があるんだ。僕はいつも『自分より優れているヤツはいないんだ』って信じているからね、少なくともオン・ザ・ピッチでね」


    「僕は夢のような1年を送った」

     自分こそが世界ナンバーワンプレーヤーだ――。このように言ってのけるあたりは実にロナウドらしいが、それに相応しい実績を残しているからこそだ。

    「個人レベルでもコレクティブなレベルでも、僕は夢のような1年を送った。5つのトロフィー(UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップ、クラブW杯、リーガ、スペインスーパーカップ)を勝ち取り、バロンドールとFIFA最優秀選手を勝ち取ったからね」

     自信を持ってプレーするからこそ、これだけの結果を残し得た。有言実行のロナウドらしいアプローチだ。このメンタルを母国代表にも浸透させて、EUROに続くメジャータイトル獲得へと導けるのか。“世界最高”を自負するロナウドにとって、大きなモチベーションとなるはずだ。


    (Football ZONE web編集部)

    ポルトガル代表、絶対的エースのロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ポルトガル代表】“世界最高”を自負するC・ロナウド、W杯制覇に照準…】の続きを読む



    (出典 the-ans.jp)



     レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが19日、母国の年間最優秀選手賞を獲得した。「常に自分がナンバーワンだと示している」という言葉の通りに、これまで数々のタイトルをクラブと自分にもたらしてきた。そこで、彼がこれまで達成してきた記録の中で、「今後破ることのできない4つの記録」を紹介する。

    ■2つのクラブでの成功

     これまでバロンドール(欧州年間最優秀選手)、世界年間最優秀選手、ゴールデンシュー(欧州最多得点記録)、チャンピオンズリーグ(CL)優勝、国内リーグ、国内カップ戦、クラブワールドカップを、レアル・マドリードとマンチェスター・Uで合計33個獲得。1つのクラブでも上記のタイトルを全て獲得できるのは困難であり、それを環境の違う2つのチームで実現したのは歴史的に見てもほとんどいない。今後どんな若い選手がこの記録に近づけるのか楽しみである。

    ■リーガ・エスパニョーラで286試合300ゴール

     2009年にレアル・マドリードへ加入して以降、数々のゴールをチームにもたらしてきた。そして、スペイン史上最速でリーグ戦300得点を達成したのだ。1試合あたり1.05ゴールを叩き出したC・ロナウドは、未だにトップフォームを維持しており、今シーズンは1月13日のビジャレアル戦までリーグ戦わずか4ゴールだったが、現在では得点数を22まで伸ばしており、得点ランキングトップのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの25ゴールに迫っている。

    ■トップリーグで6シーズン連続公式戦50ゴール越え

     300ゴール達成は世界最高峰のストライカーであることを証明したものの、6シーズン連続50ゴールという記録は、もしかしたら前者の記録より素晴らしいものかもしれない。“ライバル”のメッシが2010-11シーズンから3シーズン連続で50ゴールの記録が途絶えてしまったことを考えると、達成するのがいかに難しいかわかる。

    10-11:54試合53ゴール
    11-12:55試合60ゴール
    12-13:55試合55ゴール
    13-14:47試合51ゴール
    14-15:54試合61ゴール
    15-16:48試合51ゴール

    ■CLで7シーズン連続2桁得点

     C・ロナウドの類いまれな得点能力は、リーグ戦だけでなくCLの舞台でも発揮された。少ない試合数の中で、7シーズン連続で2桁ゴールを挙げることができたのは、同大会が始まってから60年以上ある歴史の中で彼だけである。今シーズンもすでに12ゴールを奪っており、13-14シーズンの17ゴールを上回る記録を残すかもしれない。

    11-12:10試合10ゴール
    12-13:12試合12ゴール
    13-14:11試合17ゴール
    14-15:12試合10ゴール
    15-16:12試合16ゴール
    16-17:13試合12ゴール
    17-18:8試合12ゴール ※今シーズンの成績

    圧倒的な成績を打ち立てているC・ロナウド [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】“キング”たる所以…C・ロナウドが達成した「破られない4つの記録」】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



     レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、注目する5人の選手を明かした。イギリスメディア『ミラー』が20日に伝えている。

     同メディアによると、現在33歳のC・ロナウドは公式戦429試合に出場し、443ゴールを記録。また、5度のバロンドール、4度のチャンピオンズリーグ制覇、2度リーガ・エスパニョーラ優勝、3回のプレミアリーグ優勝、そして欧州選手権(ユーロ)優勝を果たしており、名実ともに世界最高の選手の一人として君臨している。

     同選手は19日、ポルトガルの2017年度の年間最優秀選手賞を受賞。その後、取材に応じたC・ロナウドは「誰がC・ロナウド以上の選手になるか」という質問を受け、5人の注目選手を明かした。

    「世界中に多くの才能溢れる選手がいるよ。マルティン・ウーデゴーアは、若く非常に優れた選手で僕を超える可能性のある選手の一例だろう。(エデン・)アザールもまた別の一例だね。元マンチェスター・Uの(メンフィス・)デパイも良いプレーヤーだ。あと、(ポール・)ポグバとネイマールも素晴らしいね」

     現在19歳のノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーアは“神童”とも称され、レアル・マドリードでの将来を嘱望されている逸材。2017年1月にオランダのヘーレンフェーンへレンタル移籍し、現在は武者修行中。ヘーレンフェーンの主力選手として活躍している。レンタル移籍期間は2018年6月末まで。

     チェルシーのエースで現在27歳のベルギー代表MFエデン・アザールは、昨季同クラブをプレミアリーグ制覇に導く活躍をみせていた。現在24歳のオランダ代表FWメンフィス・デパイはマンチェスター・U在籍時にC・ロナウドも背負ったクラブの象徴ともいえる背番号7番を与えられ、期待されていたが、出場機会を得られず2017年1月にリヨンへ移籍している。

     2017年夏にユヴェントスから当時世界最高移籍金でマンチェスター・Uに渡った25歳のフランス代表MFポール・ポグバは現在苦戦しており、今後の活躍に期待がかかっている。また同メディアが、「C・ロナウドが名を挙げた5人の選手で、現在1番C・ロナウドに近い」とする26歳のブラジル代表FWネイマールは、昨夏バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)巨額の移籍金で加入。現在は負傷離脱しているが、出場した30試合では28ゴール、16アシストを生み出している。

    世界最高の選手の一人として活躍するクリスティアーノ・ロナウド [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】C・ロナウドが5人の注目選手をピックアップ! “神童”ウーデゴーアの名も…】の続きを読む

    このページのトップヘ