Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ポルトガル

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



     マンチェスター・Uに所属するポルトガル代表MFブルーノフェルナンデスが、ユヴェントスの同代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて語った。18日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

     9日に行われたUEFAネーションズリーグ第2節のスウェーデン戦で2ゴールを記録したC・ロナウドは代表通算ゴール数を101にまで伸ばし、元イラン代表FWアリ・ダエイ氏が保持する歴代記録109ゴールにまで8に迫った。ポルトガル代表でともにプレーするB・フェルナンデスは、C・ロナウドが新たな記録を樹立できると信じているようだ。以下のように語った。

    「彼がゴールを決めることは、今では多くの人にとって普通のことだ。もし彼が得点できなかったら、悪い試合だったと言うだろう。僕は彼とともにプレーできるチャンスを得られて本当に幸せだし、彼が望む記録を達成できることを願っているよ」

     またB・フェルナンデスは、新型コロナウイルスの影響により無観客で試合が行われる現状についても語った。どうやらC・ロナウドとも話し合っていたようだ。

    ファンがいないサッカーは、これまでのサッカーとは違う。これはクリスティアーノとも座って話していたが、車のないストリートのようなものだ。スタジアムにはファンが必要だと思っている。それは選手にとっても、ファンにとっても、試合にとっても、誰にとっても大事なことだ」

    「とはいえ、最も重要なことは誰もが健康であることだと思うし、今はできるだけ早くスタジアムにファンが戻ってくることを願っているよ」

    ポルトガル代表のB・フェルナンデス(左)とC・ロナウド(右) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ポルトガル代表】Bフェルナンデス、C・ロナウドとの共演に言及「ともにプレーできて本当に幸せ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 japan.bettingtop10.com)



    サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

    今回はポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが決めたゴールだ。


    マンチェスター・ユナイテッドで大ブレイクを果たし、その後移籍したレアル・マドリー、そして現在所属するユベントスでも驚異的な速度でゴールを量産しているC・ロナウド

    その活躍は代表チームでも変わらず、ヨーロッパの選手として初となる代表通算100ゴールを達成するなど、得点を量産している。特に2017年8月31日に行われた、ワールドカップ(W杯)ヨーロッパ予選のフェロー諸島戦では豪快なスーパーゴールを決めている。

    開始早々の3分、C・ロナウドがいきなり魅せる。ボックス右深部からMFベルナルド・シウバクロスを上げると、C・ロナウドがバイシクルキックを放つ。ゴール前で放たれた豪快かつ強烈なシュートは、GKの手を弾き、そのままゴールインした。

    いきなりの豪快なゴールポルトガル代表に勢いをつけたC・ロナウドは、その後ハットトリックの活躍を見せ、5-1の大勝を収めている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ポルトガル代表】代表でも変わらぬ怪物ぶり!C・ロナウドがポルトガル代表で決めた豪快なバイシクル弾】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    ウェールズ代表のライアン・ギグス監督が現役時代のマンチェスター・ユナイテッドチームメイトだったユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドコメントした。イギリス『talkSPORT』が報じている。

    来年2月に36歳の誕生日を迎えるものの、いまだフットボール界の第一線を走り続け、クラブと代表をあわせたキャリアで通算700ゴール以上を誇るC・ロナウド。今月の代表ウィークに行われたUEFAネーションズリーグスウェーデン代表戦で欧州初の代表100ゴール目を含む2得点を決め、自身の代表通算得点数も「101」に伸ばした。

    ギグス氏は元イラン代表FWのアリ・ダエイ氏が持つ代表最多109ゴールの記録まであと8得点のところまで迫るC・ロナウドについて訊かれると、「40歳までプレーできる」と太鼓判を押した。

    クリスティアーノはあの記録を破ると思う。そのためにも、適切なクラブプレーする必要がある。私自身、トップクラブで40歳までやった。彼も40歳までプレーできるだろう。彼は自分を大事にして、正しい食事、正しい休養を取り、試合に向けた生活ができている。一緒にプレーした選手のなかでも、最高のプロフェッショナルだ」

    そう語ると、2003〜2009年までユナイテッドで共闘したC・ロナウドの若かれし頃を振り返り、努力の賜物だと賛辞を送った。

    「私は彼が駆け出しの頃の一緒にやったが、あの当時から考えると、こんなにもゴールを量産する選手になるとは思ってもいなかった。彼には才能があり、周囲を興奮させるような素晴らしい選手だった。クリスティアーノは常に試合のなかで学び、私と同じように常に向上心を追い求めてもいた」

    「彼はいつもジムに通って、自分がどれだけ良い選手になれるかを考え続けてもいた。ユナイテッドシーズン40ゴールマークして以降、彼が成し遂げていく数々は驚くべきものばかりだ。イングレディブルだ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ポルトガル代表】ギグス「C・ロナウドも40歳までプレーできる」 「最高のプロフェッショナル」とも】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 cdn.ironna.jp)



    代表通算101得点は仏代表FWアンリオランダ代表FWファン・ペルシーの合計と匹敵

     ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間8日に行われたUEFAネーションズリーグスウェーデン戦(2-0)で、代表通算100ゴールを達成した。英メディアplanet football」は、「ロナウドの驚くべき11の記録」との特集を組んでいる。

     ロナウドスウェーデン戦の前半45分に直接FK弾で先制点を奪い、代表通算100ゴールを達成。さらに後半27分にもこの日2点目を決め、ポルトガルに勝利をもたらした。

     記事によると、ヨーロッパ人選手で代表通算100ゴールマークしたのはロナウドが初。最多記録である元イラン代表FWアリ・ダエイ氏の代表通算109ゴールまで、あと「8」に迫っている。

     ロナウドの通算101ゴールは、フランス代表の最多記録であるティエリ・アンリ氏の「51」ゴールと、オランダ代表の最多記録であるロビン・ファン・ペルシー氏の「50」ゴールを足した数字に匹敵するもの。ポルトガル代表の得点ランキングの2位パウレタ氏と3位エウゼビオ氏の通算ゴール数を足しても「88」で、ロナウドの記録には届かないという驚くべき数字だ。

     また、ロナウドは33歳を迎えて以降、代表戦47試合で49ゴールマークシーズン半ばに35歳となった2019-20シーズンには、ユベントスでの1シーズン最多得点数となる37ゴールを決めている。ちなみに、ロナウドは35歳166日でセリエAで30ゴールを記録していて、欧州5大リーグで1シーズンに30ゴール以上を挙げた選手としては、1948年のロニー・ルーク氏(当時アーセナル)以降、最年長での記録達成だった。

     昨年には、サッカー史上、元ブラジル代表のペレ氏とロマーリオ氏、元チェコ代表FWヨーゼフ・ビカン氏、元ハンガリー代表FWフェレンツ・プスカシュ氏、元ドイツ代表FWゲルト・ミュラー氏しか成し遂げたことのなかった「キャリア通算700ゴール」という大記録も達成している。

     2018年からプレーするユベントスでは61試合目にして、リーグ戦通算50ゴールに到達。ユベントスの選手としては最速で、リーグ歴代2位の早さだった。また、プレミアリーグリーガ・エスパニョーラセリエAのすべてで50ゴールを記録した史上初めての選手にもなり、「欧州5大リーグで15シーズン連続で二桁得点」も果たしており、並外れた記録の数々を「人間じゃない」と表現している。

     果たして、ロナウドはどこまで進化を続けていくのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    代表通算100ゴールを達成したクリスティアーノ・ロナウドが持つ11の記録とは【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ポルトガル代表】FWロナウド、“驚くべき11の記録”を英メディア特集 「人間じゃない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    スウェーデン戦の2ゴールで大台突破、ダエイ氏の歴代最多得点も射程圏内

     ポルトガル代表は現地時間8日、UEFAネーションズリーグリーグAグループ3第2節でスウェーデン代表と敵地で対戦し、2-0で勝利を収めた。この試合でエースポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは全2得点を叩き出し、代表通算ゴール数が「101」と大台に到達。これを受けて自身の公式インスタグラムに、ポルトガル代表で積み上げてきたゴールシーンを収めたスペシャル映像を投稿すると、公開から16時間で再生回数が1000万回を突破した。コメント欄では元同僚のほか、ファンが「唯一のフットボールの神」「史上最高」など祝福の声を寄せている。

     5日の前節クロアチア戦(4-1)を欠場していたロナウドは、スウェーデン戦に先発出場。0-0で迎えた前半45分、ゴール正面約25メートルの位置でFKを獲得すると、強烈な一撃をゴール左に突き刺して代表通算100ゴール目となる先制点を奪った。

     さらに後半27分、左サイドからボールを受けたロナウドは、ペナルティーエリア手前から右足を振り抜き、ループ気味のコントロールショットゴール右に流し込んで追加点。チームの全得点を叩き出し、35歳となった今も絶対的エースに君臨する貫禄を示した。

     代表通算ゴール数を100の大台に乗せ、「101得点」としたロナウドは、自身の公式インスタグラムを更新。2003年のA代表デビューから最新のスウェーデン戦での2ゴールまで、印象に残る得点シーンが収録された映像が公開された。強烈なヘディング弾や豪快なミドルシュートなど稀代のゴールマシンぶりが詰まった動画は、投稿からわずか16時間で再生1000万回を突破している。

     コメント欄ではレアル・マドリード時代の名パートナーだったブラジル代表DFマルセロが、100点満点の絵文字で祝福。マンチェスター・ユナイテッドで共闘した元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏も「信じられない」と綴って称えた。また海外ファンからも「キング」「史上最高」「ファンタスティック」「唯一のフットボールの神」など、多くの祝福コメントが殺到している。

     代表戦での歴代最多ゴール記録は元イラン代表FWアリ・ダエイ氏が持つ109ゴールだが、衰えを知らないどころか、30代に突入してなおストライカーとして“進化”しているロナウドにとっては、新記録樹立は十分射程圏内と言えるだろう。(Football ZONE web編集部)

    スウェーデン戦で2ゴールを決めたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ポルトガル代表】1000万再生突破の大反響! C・ロナウド、代表通算「100ゴール超え」の記念動画を公開】の続きを読む

    このページのトップヘ