Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ポルトガル

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    C・ロナウドが決めた一撃に海外メディア注目、ファンも衝撃「空中で停止していた」

     ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは今季リーグ戦で22試合21ゴールの結果を残しているなか、最高到達点は2.56メートルから放った超人的な一撃に再び注目が集まっている。海外メディアが映像を公開し、「クレイジーすぎる」「史上最高のヘディング弾」と称賛の嵐となっている。

     スーパーゴールが生まれたのは、19年12月18日セリエA第17節サンプドリア戦(2-1)だ。1-1で迎えた前半45分、左サイドのDFアレックスサンドロのクロスに対して、ファーサイドに走り込んだロナウドは相手DFよりも先にジャンプ。そのまま空中で一時停止したかのような滞空時間の長さを見せ、圧倒的な高打点のヘディンシュートを叩き込んだ。

     アメリカスペイン語スポーツメディア「ESPN Deportes」の公式インスタグラムが「ロナウドが宙に浮き、2.56メートルの高さから放った一撃」と記して動画をアップ。すると、コメント欄では「空中で停止していた」「とてつもないゴール」「スーパージャンプ」「クレイジーすぎる」「史上最高のヘディング弾」とファンが驚きの声を上げた。

     当時、英紙「デイリーメール」も滞空時間1.5秒と報じ、「重力をものともしないヘディング」と絶賛していた。新型コロナウイルス騒動後、驚異の身体能力を駆使して、再びスーパープレーファンを魅了してくれるはずだ。(Football ZONE web編集部)

    クリスティアーノ・ロナウドが去年決めた史上最高のヘディング弾に再脚光【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】「クレイジーすぎる」 C・ロナウド、2.56m到達…「史上最高のヘディング弾」に衝撃】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    1 久太郎 ★ :2020/04/14(火) 11:29:14 ID:v8TwP8XZ9.net

    「ロナウドは女々しい弱虫よ」と断じたのは?
     フットボール界きってのプレイボーイと言えば、やはりポルトガル代表の英雄クリスチアーノ・ロナウドの名が挙がるだろう。英紙『The Sun』が今回、その華麗なる“恋愛遍歴”(噂も含む)をフィーチャーした。

    【PHOTO】絶世の美女がずらり! C・ロナウドの“元恋人&パートナー”たちを年代順に一挙公開!

     現在はパートナーであるジョルジーナ・ロドリゲスさん、そして4人の子どもたちとともに仲睦まじい幸せな生活を送っているC・ロナウド。2016年、当時スペインでショップ店員をしていたジョルジーナさんを見初めて交際に発展。いまだ入籍こそしていないが、およそ4年半に渡って愛を育んでおり、これはC・ロナウドの交際遍歴で史上2番目の長さだという。

    『The Sun』紙が最初にキャッチしたロマンスは2002年、スポルティング・リスボン時代だ。お相手はポルトガル人モデルのカリーナ・フェロさんだった。さらに翌年には当時のチームメイトだったブラジル人FWマリオ・ジャルデウの妹・ジョルダーナさんとの交際がスタート。どちらも初々しい10代カップルである。

     活躍の場をマンチェスターに移した2007年には、英国のドラマ女優であるジェンマ・アトキンソンさんとの恋が発覚(わずか4か月で終焉)。次にゴシップ・メディアを騒がせたのが、世界的ホテルチェーンを有する名門・ヒルトン家の令嬢、パリス・ヒリトンさんとの熱愛だ。しかしながら、アメリカ西海岸のナイトクラブで始まったストーリーもたった3日間でジ・エンド。ヒルトンさんはのちに「ロナウドは女々しく、弱虫だった」と振り返っている。

     目下世界指折りのインフルエンサーであるキム・カーダシアンさんとは、2010年にマドリードで路上キスしているところをスクープされた。同紙は「いつくっついて別れたのかは定かでないが、第2の“ベッカム&ポッシュ”になっていた可能性があった」と綴る。

     C・ロナウドが過去にもっとも長く交際したのが、ロシア出身のスーパーモデル、イリーナ・シェイクさんだ。両者は同い年で、バロンドール授賞式などどこに行くにも常に同伴し、誰もが結婚秒読みと見ていたが……。2015年に5年間に及ぶ交際にピリオドを打ったと、C・ロナウド自身がメディアに明かした。5年間の間に選手本人の浮気が何度も報じられており、イリーナさんの堪忍袋の緒が切れたと見る向きが強い。

     *パーティーや*疑惑など、*・スキャンダルが浮かんでは消えた35歳。『The Sun』紙は「世の男性が羨やむようなセレブの美女がずらりと居並ぶ、輝かしい恋愛キャリアだ。史上最強のモテ男のひとりと認定して間違いない」と評し、「それでもいまは、献身的でマルチな才能を開花させているジョルジーナに首ったけのようだ」と付け加えている。

    >>2以降に続く

    https://imgur.com/XqESWF8

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200414-00010000-sdigestw-socc


    【【セリエA】C・ロナウドの華麗なる歴代恋人リストを英紙が公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



    自宅でのトレーニング風景を公開 「子供たちよ、お父さんトレーニングをさせて」

     世界中で感染拡大する新型コロナウイルスの影響で各国の公式戦は中断し、選手たちは在宅でのトレーニングを余儀なくされている。そんななか、ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは自宅での微笑ましいトレーニング風景を公開し、反響を呼んでいる。

     2018年夏にレアル・マドリードからユベントスに加入したロナウドは、今季リーグ戦22試合21ゴールを記録。首位を走るチームをけん引していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてリーグは中断となり、地元のポルトガル・マデイラ諸島に戻っている。

     そんななか、ロナウドは自身の公式インスタグラムを更新した。「子供たちよ、お父さんトレーニングをさせて」と綴って投稿された動画では、自宅でトレーニングを行うところを2人の子供たちに“妨害”されつつ、途中からは彼らを片手で持ち上げて一緒に楽しむ“良いお父さん”としての一面が収められていた。

     スーパースターが見せる父親としての側面にはファンから反響が寄せられており、コメント欄は「最高のトレーニングパートナー」「なんて良いお父さん」「すごくかわいい!」「これこそ本物のアイドル」と盛り上がりを見せている。前日には一家でイースターを祝う食事の様子もアップしており、ロナウドは“隔離生活”のなかで家族との絆をしっかりと深めているようだ。

     世界的に異例の状況となっているなか、日々の発信でファンを勇気付けているロナウド。日常にサッカーが戻ってきた際には、さらなる活躍を期待したい。(Football ZONE web編集部)

    ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドが自宅でのトレーニングを公開【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】「本物のアイドル」 C・ロナウド、子供たちとの“合同トレ”に反響「なんて良いお父さん」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



    新型コロナウイルスの流行を受けて、故郷マデイラ島で自己隔離中のクリスティアーノ・ロナウド

    彼のストイックさは狂気的であり、隔離中でもそのトレーニング精神が緩むことはない。

    この日の筋トレでは愛する子供たちがこんなことになっていたぞ。

    この投稿をInstagramで見る
    No one can stop @cristiano from his workout 🏋️‍♂️ 💪
    433(@433)がシェアした投稿 -

    アラナ・マルティナちゃんとマテオくんを手で担ぎ上げてガンガン筋トレ!遊んでもらう子供たちも嬉しそうなので一石二鳥かも?

    ロナウドキッズたちに頭を押さえつけられる姿も何とも愛らしい。

    ガチの筋トレ狂! 筋トレ中のロナウドに愛娘が近づくとこうなる


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ガチの筋トレ狂! 筋トレ中のロナウドに愛娘が近づくとこうなる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    新型コロナウイルスの流行によって、世界各国は大きな打撃を受けている。

    そのなかで、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも支援に動いているひとりだ。

    同胞であるベルナルド・シウヴァによれば、代表チームからの寄付は彼が主導したものだそう。『Bleacher Report』のInstagramライブ配信でこう明かした。

    ベルナルド・シウヴァ

    「2,3日前、彼は自分たちのボーナスを寄付するアイデアをくれた。

    EURO2020の予選突破のボーナスだ、2021年に行われることになったけどね。

    彼はボーナスの一部を寄付をしようという考えを僕らに伝えた。

    代表チームのことを考え、選手たちは予選突破ボーナスの50パーセントを寄付することにしたんだ。

    彼はとても行動的だよ、僕らにメッセージを送る」

    ロナウドポルトガル代表選手たちのWhatsAppグループEURO予選突破のボーナスを寄付しようと提案したそう。頼れる兄貴にそう言われたら、断る選手はいないだろう。

    そのロナウドとシウヴァが代表戦で開通させたホットラインがこれ!

    前回大会では望外の優勝を遂げたポルトガル。来年には36歳になるロナウドはどんなプレーを見せるだろうか。

    ロナウド兄貴、さすが…ボーナス寄付しようぜ!と代表選手たちを説得


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ポルトガル 代表】ロナウド兄貴、さすが…ボーナス寄付しようぜ!と代表選手たちを説得】の続きを読む

    このページのトップヘ