Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ポルトガル



    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 数の子 ★ :2018/10/11(木) 15:42:47.18 ID:CAP_USER9.net

    【AFP=時事】イタリア・セリエA、ユベントス(Juventus)のスター選手でポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)が10日、自身の代理人を通じて、2009年に米ラスベガスのホテルで出会った女性に性的暴行を加えたとされる疑惑を否定し、性行為は「完全に合意の上」だったと再度主張した。


     ロナウドの代理人を務めるピーター・クリスティアンセン(Peter Christiansen)氏は、同選手のマネジメントを行うジェスティフテ(Gestifute)社が出したコメント文で、「ロナウドは沈黙を破ることを余儀なくされている」と切り出すと、「2009年にラスベガスで起きたことに関するクリスティアーノ・ロナウドの立場は、これまで通り、そしてこれからも完全に合意の上だったというのを再度主張する」と述べた。

     ラスベガス警察は前週、元モデルのキャスリン・マヨーガ(Kathryn Mayorga)さんからの訴訟を受けて、2009年に起きた事件について捜査を再開したと発表。これを受けて33歳のロナウドは先日、性的暴行疑惑に関して「私への告発を断固として否定する」「*は憎むべき犯罪であり、私という人間と私が信じるすべてに反する行為だ」と完全否定した。

     一方、マヨーガさんは2010年にロナウド側から圧力を受けて性的暴行に関する秘密保持契約にサインをさせられたとして、罰金と損害賠償金20万ドル(約2200万円)の支払いを求めている。

     これについてもクリスティアンセン氏は、「クリスティアーノ・ロナウドは、示談したことについては否定していない」とすると、「この示談は罪を告白するものでは断じてない。示談したのは単に、クリスティアーノ・ロナウドが助言者のアドバイスに従ったからであり、自身にかけられる不名誉な疑惑を晴らし、懸命なトレーニング、競技に対する素晴らしい熱意、そして倫理的に非の打ちどころがない行動によって培ってきた名声が、現在こうして目の当たりにしているように台無しされるのを避けるためである」と主張した。

    「クリスティアーノ・ロナウドからのコメントが含まれているとされ、メディアによって複製された文書はまったくのねつ造である」 【翻訳編集】 AFPBB News
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00000010-jij_afp-socc


    【【海外サッカー】C・ロナウド、性行為は「完全に合意の上」 暴行疑惑を再度否定】の続きを読む



    (出典 hominis.media)



    1 春の呪い ★ :2018/10/09(火) 22:45:33.62 ID:CAP_USER9.net

    2009年に起きたとされている、クリスティアーノ・ロナウドによる*を訴えているキャサリン・マヨルガの弁護士は、C・ロナウドの不適切な行為を主張する新たな3人の女性が接触してきたことを明かしている。

    ■3人の被害者と17歳ダンサーを買春した過去
    英紙『The Sun』によれば、最初の女性は*されたと主張しており、2人目の女性はロナウドに怪我をさせられたと語っているということである。そして、3人目の女性はマヨルガ同様に訴訟を起こさないことで合意しているということである。

    また、同紙はC・ロナウドが当時17歳のモロッコ人ダンサー、カリマ・エル・マフルーグを4,000ユーロ(約52万円)で買春したとも報道している。

    なお、マヨルガの弁護士は「これらの情報の真偽を検証している」と語っている。

    ■C・ロナウド母が息子をサポート
    その一方で、C・ロナウドは母親からのサポートをSNS上で受けており「息子とチームの幸運を祈る。共に戦えば我々はより強くなれる」とインスタグラムに母親が投稿している。

    ■口止めの合意文書が公開される
    この*疑惑については様々な報道がされており、ドイツ誌『Der Spiegel』がC・ロナウドが*をしたとされる夜に起きたことを口止めするための合意文書を公開している。

    そして、マヨルガは「私は、報復を恐れていたため公にできなかった」と述べている。

    しかし、ロナウド本人は、これらの報道があくまでもフェイクニュースだと一貫して主張している。

    ■2005年にも訴えられている?
    C・ロナウドは、身の潔白を主張しているものの、今回の*疑惑の4年前、2005年にはロンドンのホテルで*されたと2人の女性が訴えている。なお、この時は、最終的に証拠不十分として警察も捜査を途中で打ち切っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00010011-sportes-socc


    【【海外サッカー】 C・ロナウドのレイプ疑惑 新たに被害者3人が名乗り出る】の続きを読む



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 Egg ★ :2018/10/09(火) 13:04:01.72 ID:CAP_USER9.net

    ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドの過去の*疑惑に、進展があった。最初に報道したドイツ『Der Spiegel』が、女性との選手本人のサインが入った文書を公開したという。スペイン『マルカ』が伝えた。

    先日から大きな話題となっているC・ロナウドの過去の*疑惑。『Der Spiegel』は9月末、2009年にロナウドがアメリカ・ラスベガスのホテルで、アメリカ人女性のキャサリン・マヨルガさんに強制的に性行為を迫り、同女性が訴えを起こしたと報じた。さらに、この告発を受け、ラスベガス警察はこの件の捜査を再開すると発表している。

    マヨルガさんの弁護士によると、当時C・ロナウドは和解と口止めを条件に37万5000ドル(約4300万円)を支払ったというが、女性は和解の無効を求めており、今回の訴訟に至ったという。選手サイドは「僕に対しての告発を強く否定する。*は僕の信念に反する忌々しい犯罪だ」と完全に否定しているが、スポンサーを務めるナイキが撤退を検討していると伝えられるなど、大きな騒動に発展している。

    そんな今回の騒動に、進展があったようだ。『Der Spiegel』は、C・ロナウドと女性のサインが入った文書を公開。そこには「マヨルガさんのHIV検査結果でリスクがないと証明したことに先立ち、37万5000ドルの支払いで合意した」と書かれているようだ。また、具体的な性交渉の内容についてC・ロナウドが謝罪したとの記載もあるという。

    今夏ユヴェントス加入後、セリエA8試合で4ゴール5アシストを記録するなど、その力を証明しているC・ロナウド。一貫して身の潔白を主張しているが、今回の騒動はしばらく続きそうだ。

    10/8(月) 17:10配信Goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00000016-goal-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【海外サッカー】<C・ロナウド>レイプ疑惑に新展開!ドイツ誌が女性との合意文書を公開】の続きを読む



    (出典 courrier.jp)



    1 Egg ★ :2018/10/07(日) 19:08:31.30 ID:CAP_USER9.net

    サッカーのイタリア1部ユベントスに所属するFWクリスチアーノ・ロナウド(33)が200億円の損失? 2009年に米ラスベガスで女性に性的暴行を加えたとし、警察当局が捜査を開始したと報道されて渦中にあるが、C・ロナウドの各種スポンサーが契約解除に踏み切る可能性が浮上している。

     スペイン紙「スポルト」によると、C・ロナウドと契約するゲームメーカー、EAスポーツは「われわれのアンバサダーたちには我が社の理念にふさわしい行動を望んでいる」とコメントした。スポーツメーカーのナイキも6日までに「今回の気がかりな疑惑について深く憂慮している。今後も状況を注意深く見守っていく」との声明を発表。世界的スターと総額10億ドル(約1130億円)にも及ぶ生涯スポンサー契約を結んでいるが、その関係に影響が出かねない状況だ。

     C・ロナウドは他にも下着、時計メーカーなど各種企業とスポンサー契約しており、騒動の行方次第では見直しを迫られる可能性もある。またイタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、所属するユベントスの株価が下落したと報道。疑惑が出る前は1・8ユーロ(約236円)の史上最高値だったが、1・19ユーロ(約156円)になったという。

     C・ロナウドに脱税疑惑が浮上した16年に公開した15年の申告年収は2億2500万ユーロ(約295億円)。選手年俸や賞金などサッカー活動での収入を除いても、200億円以上の所得をスポンサー契約で得ていた計算だ。それだけにスポンサーの“撤退”となれば、莫大な資金を失う。

     本人はSNSで「フェイクニュースだ」と疑惑を完全否定し、ユベントスも公式ツイッターでエースを擁護しているが、捜査の行方にますます注目が集まる。

    2018年10月7日 16時30分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15412374/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【セリエA】<C・ロナウド>レイプ疑惑にスポンサー撤退?200億円以上の莫大所得損失危機...】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    1 X_ファイル ★ :2018/10/05(金) 13:33:35.79 ID:CAP_USER9.net

    ユヴェントスに所属するクリスティアーノ・ロナウドの*疑惑にナイキなどのスポンサーが心配の声を上げている。

    先日から報道されているように、2009年の*疑惑への嫌疑がかけられているロナウド。被害者とされるアメリカ人女性のキャサリン・マヨルガさんが同選手からの被害を告発し、和解を無効にすると主張したことで、アメリカ・ラスベガス警察も捜査の再開を発表した。

    ロナウドはこの件を全面的に否定しているものの、2003年から15年間にわたりロナウドとスポンサーシップを結ぶナイキはこれを受け、AP通信に対して「この気がかりな申し立てに対して強く不安を募らせており、今後もこの状況を監視し続けるつもりだ」と声明を出した。

    また、この件を心配しているのはナイキだけではなく、『FIFA 19』でロナウドをパッケージに起用したEAスポーツも「クリスティアーノ・ロナウドに対する告発が詳細に記載されたレポートを注意深く見守っている」と言及し、捜査の結果次第では会社の名誉にも関わると心配の声を上げた。

    3日にロナウドは自信のツイッターで「全面的に否定する」と身の潔白を主張。所属先のユヴェントスも4日に「ロナウドはここ数カ月間多大なるプロフェッショナリズムや献身性を見せてくれている。10年程度も前のことを掘り起こした件によって、我々の考えは変わったりはしない。クラブに関わる全員も同じ考えを有している」と同選手を擁護するコメントを発表した。

    さまざまな波紋を呼ぶフットボール界のスター選手による*疑惑だが、どのような結末を迎えるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00000000-goal-socc


    【【セリエA】 C・ロナウドのレイプ疑惑に思わぬ波紋…ナイキなどのスポンサーが契約解消の可能性も】の続きを読む

    このページのトップヘ