Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ポルトガル



    (出典 prt.iza.ne.jp)



    W杯初戦のポルトガル戦に先発出場し、さすがのテクニックを披露

     スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは今季限りで下部組織から22年間在籍したバルセロナを退団し、J1ヴィッセル神戸加入を決めた。34歳のゲームメーカーは現地時間15日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)のポルトガル戦(3-3)に先発出場し、攻撃陣を牽引。そのハイパフォーマンスぶりから「ヨーロッパを離れるのは早すぎる」と惜しむ声が挙がっている。英紙「デイリー・メール」が報じた。

     左のインサイドハーフとして起用されたイニエスタ。得点に直接絡むことはなかったが、その技術の高さとパスでチャンスを演出した。後半25分にバルサで元同僚だったMFチアゴ・アルカンタラ(バイエルン)と交代でピッチを後にする際には、観客からスタンディングオベーションが送られた。

    「サイドに残った髪の毛はグレーになり、90分間プレーを続けるスタミナも失われた」

     記事では、そんなふうに表現されているイニエスタだが、その技術やプレーのキレに衰えは全く感じさせなかった。南アフリカ大会のW杯王者スペインと現欧州王者のポルトガルという世界トップレベルの戦いでも存在感を放った。


    元英代表MFも言及「なぜバルサでのキャリアを終えるのか」

     今季限りでイニエスタがバルセロナを退団し、日本へ渡るというニュースのインパクトはスペインと日本だけにはとどまらず、世界中に広がっている。

    「先月、Jリーグのヴィッセル神戸へ移籍が発表されたことは、多くの人を驚かせた。金曜日の夜(ポルトガル戦)で証明されたのは、イニエスタのような偉大な選手がヨーロッパのフットボールを離れるのはまだ早すぎる」

     記事ではこのように評し、英公共放送「BBC」の解説を務める元イングランド代表MFダニー・マーフィー氏も「(ポルトガル戦の)前半のパフォーマンスを見ると、なぜアンドレス・イニエスタがバルセロナでのキャリアを終えるのか理解に苦しむ」と語っている。

     イニエスタが欧州を離れるのは時期尚早なのでは、という声は今も根強く残っているようだ。


    (Football ZONE web編集部)

    ポルトガル戦に先発出場し、ハイパフォーマンスを見せたイニエスタ(右)【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】イニエスタは「欧州を離れるのは早すぎる」 ポルトガル戦のプレーに英紙が“惜別報道”】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



     △ポルトガル3-3スペイン△(15日)嵐の中の船出ながら、スペインは持ち前の流麗なパスワークを見せた。イニエスタが広い視野を生かして攻撃を引っ張り、くさびを打つように縦パスを通した。しかし、セルヒオラモス、ピケら世界的名手が並ぶ守備ラインの集中力の欠如は否めずポルトガルの攻撃に対して受けに回った。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    後半10分、ゴールを決め、祝福されるスペインのディエゴコスタ(左端)=ロシア・ソチで2018年6月15日、長谷川直亮撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ロシアW杯】スペイン、嵐の中の船出 集中力の欠如否めず…】の続きを読む



    (出典 tr.twipple.jp)



    前半4分にPKを決めた直後のゴールパフォーマンスに注目が集まっている

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会屈指の注目プレーヤー、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは15日に行われたスペインとのグループリーグ初戦でハットトリックを記録。屈指の注目対決で3-3のドローで終えたチームに大きく貢献した。先制点となった前半4分のPKの後には、ゴールパフォーマンスの最中に自身のアゴをなでるようなシーンがあり、これがツイッター上などで大きな話題を呼んでいた。海外メディアもこのシーンに注目。「なぜアゴをなでたのか」と特集している。

     前半の4分だ。ロナウドはドリブル突破から得たPKを自らが決めて先制に成功。喜びを爆発させながら、スーパースターは一瞬、しかしはっきりと自分のアゴをなでたのだ。これが何を意味しているのか、海外ファンはツイッター上で様々な意見を戦わせていたという。

     米紙「USAトゥデー」は「なぜクリスティアーノ・ロナウドは得点後にアゴをなでたのか、ツイッターによると」と見出し付けし記事を展開。「彼は全3得点後に、彼の典型的な反転に多くのバリエーションを加えたが、最初のパフォーマンスは際立っており、ツイッターでの興味を誘った」と続けている。

    「彼はPKを決めた後にアゴをなで、多くの者に対しその意味を想像に委ねたのだった」

     この行動の真意はどこにあるのか、ネット上で議論を呼んでいることを伝えている。

    「アゴをなでるのは自分が史上最高だとほのめかす行為」

     一方で“答え”を導き出しているのはAP通信だった。

    「アゴなではロナウドが自分を史上最高と考えていることをほのめかしている」

    「クリスティアーノ・ロナウドはW杯4大会連続で得点した4人目の選手となり、セレブレーションの合間にアゴをなでた。その自明なメッセージとは? 私が史上最高(GOAT)だ、リオネル・メッシではなく」

     こう報じている。GOAT(羊)はアゴ髭が特徴。そこから推測し、ロナウドにとってアゴをなでることは、史上最高を証明するための行為だったとしている。

     GOATは“史上最高(Greatest of all time)”の略語で、メッシが本物のヤギと一緒に広告に登場していることも紹介している。

     メッシとロナウドはNO1を争うライバルと言われ続けてきた。世界が注目したロナウドの「アゴなで」。それは強烈なプライドをのぞかせるパフォーマンスだったようだ。(THE ANSWER編集部=AP)

    ハットトリックを決めたクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【疑問】なぜC.ロナウドはアゴをなでたのか? 1点目後のパフォーマンスが世界で話題に!!】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



     脱税の疑いで訴追されたサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会のポルトガル代表クリスティアノ・ロナルドが、スペインの税務当局に対し、罰金1880万ユーロ(約24億円)を支払うことで合意をしたと15日、司法関係者が明らかにした。AFP通信が報じた。

     今回の合意は税務当局とロナルドの顧問会計士の間で交わされたもので、禁錮2年の刑という記述も含まれている。スペインでは初犯で2年以下の刑は執行猶予になることが多いため、収監される可能性は低いとみられる。

     スペイン1部リーグのレアル・マドリードに所属するロナルドは自らの肖像権に絡み、2011~14年の間に所得隠しをしたとして、同国の検察当局に訴追され、昨年7月末に裁判所に出廷した際には、その疑惑を否定していた。 

    〔写真説明〕スペイン戦の後半、同点ゴールとなるハットトリックを決め、喜ぶポルトガルのロナルド=15日、ソチ(時事)

    スペイン戦の後半、同点ゴールとなるハットトリックを決め、喜ぶポルトガルのロナルド=15日、ソチ(時事)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ポルトガル代表】C・ロナウド、罰金24億円で合意か=スペイン当局と脱税事件で-サッカーW杯】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



     マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督が、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについてコメントしている。14日、イギリスメディア『BBC』が報じている。

     モウリーニョ監督は「両者ともに最高のレベルに到達していて、今回のW杯が最後のW杯になるだろう」と2018 FIFAワールドカップ ロシアが33歳のC・ロナウドと30歳のメッシにとってラストになると予想している。

     レアル・マドリードに所属するC・ロナウドと、バルセロナに所属するメッシはクラブで両者合わせてチャンピオンズリーグを9回制し、リーガ・エスパニョーラのタイトルを11度獲得している。しかし、C・ロナウドはユーロ2016で優勝に貢献したものの、現在までメッシはアルゼンチン代表としてはタイトル獲得に至っていない。

     しかし、モウリーニョ監督は「誰もがC・ロナウドとメッシが過去10年間でこの惑星のベストプレイヤーということを知っている。彼らは国の為に、最善を尽くしてきた」と両者に賛辞を送っている。

    今大会が最後のW杯の可能性のあるC・ロナウドとメッシ [写真]=Real Madrid via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】C・ロナウドとメッシの「最後のW杯」…モウリーニョ監督が言及】の続きを読む

    このページのトップヘ