Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ポルトガル

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    レアル時代の2016年に購入した時速400km超のブガッティ・ヴェイロンを運転

     ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、フランス誌「フランスフットボール」の調査でサッカー界年収ランキング2位となる1億1800万ユーロ(約141億円)を稼ぎ出しているとされるスターだ。高級車を数多く所有する“スーパーカー・コレクター”としても知られるが、スペインメディアは2億円超の高級車に乗って颯爽と立ち去るロナウドの映像をリバイバルしている。

    クリスティアーノ・ロナウドの“バットモービル”」

     スーパーヒーローバットマン」の愛車バットボービルになぞらえ、このように綴ったのは、スペイン紙「AS」公式インスタグラムだった。

     レアル・マドリード在籍時代の2016年UEFAチャンピオンズリーグ優勝前にロナウド最高速度409km/hと、かつてはオープントップの生産車としては世界最速記録を保持したブガッティ・ヴェイロンを購入。170万ポンド(約2億3000万円)とも言われる高級車に乗り、ドヤ顔で自宅に入っていく映像を再び投稿した形だ。

     これには、「高級車が欲しい」「俺にくれ」「最も目立つのは彼の表情だ」という声のほか、新車ではなく過去のコレクションのものだと気づき、「別のブガッティ?」「これはスペインにいた時の物だ」「2016年と古い」と指摘する声も多く見受けられた。

     ロナウドは世界限定10台で850万ポンド(約11億3000万円)相当と言われる高級車ブガッティの最新モデルチェンディエチ」を購入したと報じられるほどの“スーパーカー・コレクター”としてメディアを賑わせてきただけに、ファンチェックも厳しいようだ。(Football ZONE web編集部)

    ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】C・ロナウド、ドヤ顔炸裂の“バットマン彷彿”2億円超スーパーカーに再脚光「俺にくれ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



     ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが18日、息子のクリスティアーノ・ロナウドジュニアくんとの2ショット写真を自身のインスタグラムに公開し話題となっている。

     C・ロナウドは、ジュニアくんと2人で写った写真をインスタグラムに掲載。10歳の誕生日を迎えた息子を祝う投稿の内容からは、C・ロナウドの父親としての愛があふれていた。

    「僕の息子がもう10歳だなんて、信じられない! 時が経つのは早いね……。きみのことをとても愛しているし、誇りに思っている。誕生日おめでとう! 幸せな一日を過ごしてくれ!」

     フォロワーからは「お父さんにそっくり!」「おめでとう!」など、祝福の言葉が相次いだ。そして、フォロワーのコメントの中には「ゴクウ&ゴハンだ!」「ドラゴンボール!」といったものも多数見受けられた。写真に写っていたジュニアくんが『ドラゴンボール超』のTシャツを着ていたため、2人を孫悟空&悟飯親子になぞらえるコメントが相次いだ模様だ。

     ジュニアくんも、孫悟飯のように“最強の遺伝子”を継いで偉大な存在に成長するのだろうか。

    ユーヴェのC・ロナウドと、息子のジュニアくん [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】C・ロナウドが10歳になった息子との2ショット投稿も…「ゴクウ&ゴハンだ!」とコメント殺到】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 hampoyo.com)



    お揃いのスパイクを履いて勝負 息子ロナウドJr.くんのほうが反応早く先にシュート

     ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、17日に自身の公式インスタグラムを更新。10歳となった愛息ロナウドJr.くんとの2ショットを投稿したが、“瞬発力勝負”で息子が勝利したことを受け、海外メディアも注目している。

     2010年6月に生まれ、父親と同じユベントスの下部組織に所属するロナウドJr.くんも早10歳。これまでも強烈なミドル弾などでその才能を示してきたが、誕生日に新しいシューズをプレゼントされたなかで迎えた“親子の勝負”で真価を発揮した。

     お揃いのスパイクを履いて庭に出た2人は、その場でステップを踏み、反転して置いてあるボールに向かってダッシュロナウドJr.くんのほうがわずかに反応が早く、そのまま左足で蹴り込んでネットを揺らすと、父親の代名詞となっている“仁王立ちポーズ”を決め、その後ハイタッチをかわした。

    「彼はいつも勝つ!」

     ロナウド親子の動画を受け、サッカー専門サイト「433」公式ツイッターは「クリスティアーノの子供を要チェックだ」と投稿。スペインテレビ番組「El Chiringuito」公式ツイッターも「この親にしてこの子あり」と綴ると、ファンからは「息子はフットボールの伝説になるだろう」「ロナウドJr.は生涯恐ろしいほどのプレッシャーを受けることになる」といった声のほか、世界的人気アニメドラゴンボール」の主人公親子になぞらえ、「悟空と悟天」という書き込みも見受けられた。

     ロナウドJr.くんはプレッシャーをはねのけ、どこまで父親に近づけるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    ユベントスFWロナウドが愛息と“瞬発力勝負”【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】C・ロナウド愛息、“ガチダッシュ”で父親撃破 海外メディア「この親にしてこの子あり」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、キャリア初の屈辱を経験することになった。『OptaPaolo』が伝えている。

    ユベントスは17日にコッパ・イタリア決勝でナポリと対戦。試合は一進一退の攻防が続く中、互いに90分でゴールを割ることができずにPK戦へ突入。

    そのPK戦では1人目のFWパウロ・ディバラがGKアレックス・メレトに防がれると、2人目のDFダニーロは枠を大きく外してしまう。対してナポリは4人全員が成功し、5人目のキッカーだったC・ロナウドに出番が回ることはなく2-4で敗れることになった。

    なお、ユベントスは今年1月に行われたスーペル・コッパ決勝でもラツィオに1-3で敗れており、マウリツィオ・サッリ体制での初タイトルを再び眼前で逃すことになった。

    また、この決勝戦での連敗は、フットボール界屈指の勝負強さを誇るC・ロナウドにとっても屈辱の記録に。

    OptaPaolo』が伝えるところによれば、C・ロナウドはプロキャリアを通じて決勝戦での連敗を一度も経験したことがなく、今回が初めての屈辱となったという。

    ちなみにC・ロナウドはスポルティング・リスボン、マンチェスター・ユナイテッドレアル・マドリーユベントスで通算23個のカップトロフィーを獲得しており、決勝戦に進んだ場合、ほぼ確実にタイトルを獲得してきた。

    そして、決勝戦での主だった敗戦は、ユナイテッド時代の2つのFAカップ2008-09シーズンチャンピオンズリーグ(対バルセロナ)、ポルトガル代表として臨んだユーロ2004(ギリシャ代表)など数えるぐらいだ。

    一方、ユベントスチャンピオンズリーグで最多7回の準優勝という記録を持つなど、やや決勝戦の戦いを苦手としており、C・ロナウドの勝負強さをもってしても、なかなか悪癖克服とはいかないようだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】C・ロナウド、キャリア初の決勝戦で連敗…ユーベでは神通力発揮できず?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     ポルトガル代表FWのクリスティアーノ・ロナウド6月17日、長男クリスティアーノ・ロナウドジュニア誕生日に親子2ショットを投稿。イケメン親子の1枚が、900万件以上の「いいね」を集めて話題です。

    【画像】クリスティアーノ・ロナウドと4人の子どもたち

     「息子がもう10歳だなんて信じられない!」とロナウドが公開した1枚は、髪を編んで大人っぽくキメた息子と写る2ショット。「そんなに時間がたったんだね。パパにとってきみはずっと誇りの源だよ」とこれまでを感慨深く振り返り「おちびちゃん、誕生日おめでとう! 大好きだよ!」と心温まるメッセージを贈りました。

     コメント欄には、現所属チームユヴェントスチームメイトドウグラス・コスタ・デ・ソウザ、ミラレム・ピャニッチ、ブレーズ・マテュイディら名だたるサッカー選手がずらり。他に前所属チームレアル・マドリードのマルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオル、さらに同郷のヴィトーリアFC所属選手ホセ・セメドなども、それぞれ絵文字や「おめでとう」のコメントジュニア誕生日をお祝いしています。

     また、ファンもこの投稿に「そっくり親子」「最高のファミリー」とコメント。「もうこんなに大きくなったの!」と驚いたファンや、「ジュニア、いいTシャツ着てるね」と「ドラゴンボール」のTシャツへの突っ込みも見られました。

     なお、6月はロナウド家にとって誕生日ラッシュのお祝い月。8日には双子の長女エヴァと次男マテオが3歳の誕生日を迎えたばかりで、このときロナウドは家族全員コスプレ姿のパーティー写真を「世界の終わりまで愛してるよ」と投稿していました。アラジン姿、様になってる……!

    仲良し親子(画像はクリスティアーノ・ロナウド公式Instagramから)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】理想のパパに「いいね」900万超え クリスティアーノ・ロナウド、イケメン息子との誕生日2ショットで「愛してるよ」】の続きを読む

    このページのトップヘ