Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ポルトガル




    (出典 img.footballchannel.jp)



    34歳となった今も衰えぬ肉体 「私のメンテナンスを成功させている90%は…」

     ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間28日に行われたセリエA第6節のSPAL戦で今季リーグ戦3ゴール目を決め、2-0の勝利に貢献した。イタリアで2年目を迎えたスーパースターは、34歳となった今も変わらぬペースゴールを量産しているが、自身の肉体を維持する秘訣を明かしたと英紙「デイリースター」が報じている。

     昨夏にレアル・マドリードからユベントスに移籍したロナウドは、昨季のリーグ戦でクラブ最多の21ゴールマーク。前人未到となるチームセリエA8連覇に大きく貢献した。

     ロナウド2002年にスポルティングCPでトップデビューを果たしてから、今季で18シーズン目。その間に6回のリーグ優勝、5回のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇など数々のタイトルを獲得し、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシバルセロナ)と並ぶ史上最多5回のバロンドールに輝いている。

     そんなロナウドも今年で34歳になったが、ユベントスドクターによれば同選手の体脂肪率はわずか7%だという。そしてYouTubeチャンネルChrisMD」に出演したロナウドは、「体脂肪は事実だ。私の人生の60〜70%はサッカーベースになっている」と述べ、その驚異の肉体を維持する秘訣を明かした。

    「私はトレーニングだけではなく、自分自身の準備にも専念している。そして私のメンテナンスを成功させている90%は、よく寝ること、しっかりトレーニングすること、そしてリカバリーだ。秘密でもなんでもない。自分で自分の体を大切にしなければ、誰も助けてはくれないんだ」

     日々サッカーを念頭に置き、自らの体に気を遣っているロナウドにも“オフの日”があるという。「毎日毎日、そうしているわけではない。たまには息子とピザを食べる時だってあるさ。もしそれをしなければ、退屈になってしまうからね」と語り、「重要なのはフィットネスを大切にし、きちんと食べることだ」と続けた。

     衰えを感じさせないロナウドの見事なフィジカルは、徹底した自己管理と程良い息抜きによって支えられているようだ。(Football ZONE web編集部)

    ユベントスFWのクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】C・ロナウド、体脂肪率7%は「事実」 驚異の“肉体美”を維持する秘訣とは?】の続きを読む



    (出典 ichef.bbci.co.uk)



    ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(34)が現役引退の時期を口にした。イギリスミラー』が報じた。

    C・ロナウドはスポルティング・リスボン、マンチェスター・ユナイテッドレアル・マドリーを渡り歩き、2018年夏からユベントスプレー。行く先々のクラブタイトルに導くだけでなく、個人としても5度のバロンドールに輝くなど、昨今のフットボール界を牽引し続けている。

    その一方で、フットボール選手として手にした世界的な知名度を生かして、自身が立ち上げたオリジナルブランドビジネス界にも進出しているC・ロナウドユベントスとの契約を2022年夏まで残すなか、『SportBible』のインタビューで自身の将来について、こう明かした。

    「今もフットボールが大好きだ。僕はファンクリスティアーノを愛する人たちを楽しませるのが大好き。年齢は関係ない。精神面が全てだ」

    「ここ5年間はフットボール以外の自分を見るプロセスも楽しむようになったよ。来年や2年後のことなんて誰も知る由もないからね」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】C・ロナウド、引退近し…!? 将来を語る】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



     ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、自身があと1、2年で現役を引退する可能性を示唆した。1日、イギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

     現在ユヴェントスに所属する34歳のC・ロナウドは、過去に5度バロンドールを受賞するなど、サッカー選手としてほとんど全てのものを勝ち取ってきたと言っても過言ではない。さらに近年では、自身のブランドを立ち上げるなど、ピッチ外でも精力的に活動している。稀代の点取り屋は、そうした引退後を視野に入れたビジネスと、自身の将来についてコメントした。

    「まだフットボールを愛しているよ」

    「僕はファンや、クリスティアーノを愛してくれる人々を楽しませるのが大好きなんだ。年齢は関係ないよ。精神的なものだからね」

    「ここ5年で、僕はこれをフットボール以外の面からも楽しむようになった。来年やその次の年に何が起きるかなんて誰もわからないよ」

     ユヴェントスC・ロナウドの契約は2022年までとなっているが、歴史に名を刻むビッグスターの動向に注目が集まる。

    数年後の引退の可能性を示唆したロナウド [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】あと1、2年で引退…? C・ロナウドが自身の将来に言及し「何が起きるかなんて…」】の続きを読む



    (出典 gs-files.spaia.jp)



    国際サッカー連盟(FIFA)は23日、ミラノでザ・ベストFIFAワード2019を開催し、各賞受賞者を発表した。

    今年の表彰は、バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシUEFA欧州最優秀選手賞に輝いたDFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/オランダ)と5度同賞を獲得しているFWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス/ポルトガル)を退け、最多6度目となる受賞となった。

    全世界200以上のメディアFIFA加盟国の代表監督とキャプテンファンの投票で決定する今回の賞だが、各国のキャプテンや監督の投票内容も発表されている。

    最終候補に残っていたC・ロナウドは、1位に同僚のオランダ代表DFマタイス・デ・リフトを選出。2位にバルセロナオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング、3位にパリ・サンジェルマンフランス代表FWキリアン・ムバッペを選出し、ファイナリストの2名には投票しなかった。

    一方で、ファン・ダイクは1位にメッシ、2位にチームメイトエジプト代表FWモハメド・サラー、3位に同じく同僚のセネガル代表MFサディオ・マネを選出。見事に受賞したメッシは、1位にマネ、2位にC・ロナウド、3位に同僚のデ・ヨングを選出していた。

    また、日本代表キャプテンであるDF吉田麻也と森保一監督も投票。吉田は、サウサンプトン時代の同僚であるファン・ダイクを1位に、2位にC・ロナウド、3位にメッシを選出。森保監督はメッシC・ロナウド、ムバッペの順に選出していた。

    クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/キャプテン)
    1.マタイス・デ・リフト(アヤックスユベントス)
    2.フレンキー・デ・ヨング(アヤックスバルセロナ)
    3.キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)

    リオネル・メッシ(アルゼンチン/キャプテン)
    1.サディオ・マネ(リバプール)
    2.クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
    3.フレンキー・デ・ヨング(アヤックスバルセロナ)

    ヴィルヒル・ファン・ダイク(オランダ/キャプテン)
    1.リオネル・メッシ(バルセロナ)
    2.モハメド・サラー(リバプール)
    3.サディオ・マネ(リバプール)

    吉田麻也(日本/キャプテン)
    1.ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)
    2.クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
    3.リオネル・メッシ(バルセロナ)

    ◆森保一(日本/監督)
    1.リオネル・メッシ(バルセロナ)
    2.クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
    3.キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】C・ロナウドはファイナリストを選ばず…吉田麻也&森保一監督は誰に投票した?《ザ・ベストFIFAアワード2019》】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    テレビ局の番組内で自身の“スーパーカー・コレクション”について言及

     ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、世界で最も稼ぐアスリートでバルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに次ぐ2位にランクインしている。年収は117億円を超え、ピッチ外では“スーパーカー・コレクター”としても知られるが、英テレビ番組で高級車を17台所有しているとともに、そのなかの“お気に入り”も明かしている。英紙「デイリーミラー」が伝えた。

     母国ポルトガルの名門スポルティングCPでデビューを果たしたロナウドは、2003年マンチェスター・ユナイテッドへ加入。名将アレックス・ファーガソンの下で世界的スターへと成長を遂げ、数々のタイトルを獲得した。2009年に移籍したレアル・マドリードでもエースとして君臨し、計15個のタイトルを獲得している。

     昨夏にイタリアに拠点を移したロナウドセリエAでもその決定力を発揮し、初年度でチーム最多の21得点をマークUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇こそ逃したものの、前人未到のリーグ8連覇に大きく貢献した。

     ロナウドは、英テレビ局ITV」の番組「グッドモーニング・ブリテン」で、ピアーズ・モーガン氏がパーソナリティーを務めるドキュメンタリーに出演。父ディニス氏が2004年アルコール依存症で亡くなる1年前のインタビュー映像を見て涙したことが話題となったが、その際に自身の“スーパーカー・コレクション”についても触れている。

    12億円超のブガッティを筆頭に17台を所有するなか、ロールス・ロイスを“ベスト”認定

     モーガン氏から「(自分に)5億ドル(約538億円)の価値があるのは正しいか?」と尋ねられると、「そう願うよ。それは高すぎると思う。僕が言えるのは、銀行には高額のお金があるということ」と笑いを誘って回答。車の所有台数に関する質問に関しては「17台」と明かした。

     コレクション内ではブガッティのラ・ヴォワチュール・ノワール(約12億8000万円)、ブガッティ・シロン(約2億9000万円)、ブガッティ・ヴェイロン(約2億3000万円)、マクラーレン・セナ(約1億円)、ロールス・ロイス・カリナン(約3400万円)、UJNフェラーリ599 GTO(約4100万円)などがこれまでにメディアで取り上げられているが、「最も快適」という理由で“お気に入り”にはロールス・ロイスを挙げたという。

     毎年のように高級車を購入してコレクションを拡大しているロナウドだけに、今後ロールス・ロイスを超える“珠玉の一台”に巡り合うかもしれない。(Football ZONE web編集部)

    “スーパーカー・コレクター”としても知られるFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】C・ロナウド、“高級車コレクション”は全17台 「最も快適」な一番のお気に入りは?】の続きを読む

    このページのトップヘ