Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ポルトガル



    (出典 portal.st-img.jp)



    ロナウドが射程圏に収める記録をスペイン紙が特集

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は30日、決勝トーナメント1回戦2試合が行わる。FWクリスティアーノ・ロナウド擁するポルトガルは、グループリーグを3戦全勝で突破したウルグアイと対戦する。

     今大会4得点で現在得点ランク2位につけるロナウド。トップのイングランドFWハリー・ケインとは1ゴール差で十分に射程圏。チャンピオンズリーグ(CL)とW杯でのダブル得点王獲得なら、史上3人目の快挙になるという。スペイン紙「AS」が伝えている。

    「クリスティアーノがエウゼビオとストイチコフの記録を射程圏内に」

    「AS」はこう見出しをつけて、ロナウドが大記録に迫っていることを紹介している。

    「クリスティアーノ・ロナウドは最初の3試合で4点を決め、チームを突破させ自身をゴールデン・ブーツの有力候補にした。ケインが5ゴールでリードし、クリスティアーノとルカクが4ゴールでそれに続いている。クリスティアーノはイラン戦でのPKを外さなければ英国人と並んでいた」

    CL&W杯のダブル得点王なら史上3人目快挙

     1次リーグ最終戦のイラン戦ではPKを外してしまったが、ここまで4得点はベルギー代表ルカクと並び、トップのケインと1点差。ゴールデン・ブーツ(得点王)の有力候補だと伝えている。

    「最多得点でロシアワールドカップを終えると、クリスティアーノはチャンピオンズリーグとワールドカップで、同じ年に得点王となる史上3番目の選手となる。1994年のストイチコフと1966年のエウゼビオしか達成したことがないものだ」

     CLでは6年連続で得点王に輝くロナウド。今季は15得点で2位のモハメド・サラー(リバプール)らに5点差をつけて頂点に立った。W杯でも得点王に輝けば、1994年アメリカ大会のブルガリアFWストイチコフ、そしてポルトガルの伝説的FWエウゼビオに並ぶ、史上3人目の快挙になる。

     数々の伝説を打ち立ててきたロナウド。グループリーグ無失点と堅守を誇る、ウルグアイゴールをこじ開けることはできるだろうか。(THE ANSWER編集部)

    クリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ポルトガル代表】C.ロナウド、CL&W杯ダブル得点王なら史上3人目快挙、母国の伝説的FWに並べるか!?】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    今大会すでに4ゴールを挙げているロナウドは堅守のウルグアイに挑む

     ロシア・ワールドカップ(W杯)はついにベスト16が出揃い、負ければ終わりのトーナメントがスタートする。この大舞台で注目されるのは、やはり世界最高という評価を二分するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだろう。ともに4大会連続出場となる両選手だが、実はW杯決勝トーナメントでは無得点が続いている。

     2006年ドイツ大会でW杯デビューを果たしたロナウド。背番号17を背負っていた若き日のカリスマは、グループリーグのイラン戦でPKによるW杯初ゴールを挙げ、ポルトガルもベスト4に躍進した。

     続く2010年南アフリカ大会では7-0で圧勝した北朝鮮戦でゴールを決めたが、ロナウドは2大会連続1ゴール。ポルトガルもベスト16で敗退した。2014年ブラジル大会ではグループリーグ第3戦のガーナ戦で決勝ゴールをマーク。しかし、初戦でドイツに0-4と大敗したのが響き、3位でグループリーグ敗退の屈辱を味わった。

     過去3大会で通算3得点だったロナウドだが、今大会では初戦のスペイン戦でいきなりハットトリックを達成。モロッコ戦でもダイビングヘッドで決勝ゴールを奪い、これまでの通算ゴール数を1大会で上回る活躍を見せている。

     ポルトガルは決勝トーナメント1回戦でここまで唯一、無失点を続ける堅守のウルグアイと対戦する。その鉄壁の守備を破り、自身の不名誉な記録をストップしたいところだ。


    決勝Tで666分間ノーゴール中のメッシはフランスと激突

     一方のメッシも06年のドイツ大会、セルビア・モンテネグロ戦でW杯デビュー&初ゴールを達成。18歳で経験した初の大舞台は3試合1得点だった。決勝トーナメント1回戦のメキシコ戦(2-1)は途中出場するもゴールなし。続くドイツ戦(1-1、PK2-4)は出番がなかった。

     10年南アフリカ大会はメッシにとって試練の大会で、チームがベスト8に進出しながらも、5試合無得点のまま再びベスト8でドイツに敗れて終戦。その苦しみを乗り越えて臨んだ14年ブラジル大会はグループリーグ3試合で4得点と大暴れ。チームはその勢いのまま決勝まで勝ち上がった。

     決勝では0-1で敗れ、3大会連続ドイツ相手に敗れるという結果に終わった。そして、メッシはグループリーグの好調が嘘のようにトーナメント戦では沈黙。ロナウド同様に無得点が継続しているなか、今大会は16強でフランスと対戦する。

     データ分析会社「オプタ」によれば、時間にしてメッシは666分間、ロナウドは424分間も決勝トーナメントで無得点が継続中だという。過去10年間、世界最高の選手に送られるバロンドール賞を5度ずつ分け合ってきたサッカー界の二大スターは、このロシアでジンクスを覆すことができるだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    C・ロナウド&メッシは、W杯「決勝トーナメント無得点」の不名誉なジンクス破れるか【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】C・ロナウド&メッシの二大スター W杯「決勝T無得点」の不名誉なジンクス破れるか!?】の続きを読む



    (出典 kruf468c.user.webaccel.jp)



    イラン戦のプレーに賛否の声「レッドカードにすべき」「イエローでも厳しい」

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は25日、1次リーグB組でポルトガルがイランに1-1で引き分け。勝ち点5の2位で決勝トーナメント進出を決めたが、波紋を呼んでいるのはFWクリスティアーノ・ロナウドの“肘打ち”だ。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってイエローカードが下されたが、英メディアは決定的瞬間の画像を公開している。

     波紋を呼んでいるのは、1-0で迎えた後半38分。ボールとは関係ない場面だった。ロナウドは体を寄せてきたDFモルテザ・プーラリガンジと競り合った際、相手を払いのけるような動作をすると、次の瞬間、プーラリガンジは顔を押さえ、ピッチに倒れ込んだ。これを受け、イラン側は抗議。主審はVARで確認の後、イエローカードを下した。

     決して強い当たりには見えず、ロナウドもこれには苦笑い。ファンの間でも「レッドカードにすべき」「イエローでも厳しい」と賛否が分かれているが、英紙「ザ・サン」のサッカー専用アカウントはツイッターでロナウドがプーラリガンジと接触する決定的瞬間の画像を公開している。

     確かにロナウドの腕がプーラリガンジの顔に触れてはいるが、肘が入っているかは微妙なところ。しかも、激しい接触ではなかっただけに通常の競り合いと捉えられてもおかしくはない。投稿では「クリスティアーノ・ロナウドがオフ・ザ・ボールのエルボーの後にレッドカードを劇的に脱出」とつづられている。

     ポルトガルが世界に誇るNO1ストライカーだけに、1つのプレーが大きな脚光を浴びている。(THE ANSWER編集部)

    イエローカードを受けて苦笑いするクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【🇵🇹ポルトガル代表】C.ロナウドの“肘打ち” 英紙が決定的瞬間の1枚を公開「レッドカードを劇的脱出」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     【サランスク時事】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会第12日は25日、各地で1次リーグの最終戦が始まり、B組では2010年大会優勝のスペインが1位、欧州王者のポルトガルは2位で決勝トーナメント進出を決めた。スペインはモロッコと2-2、ポルトガルはイランと1-1で引き分け。ともに1勝2分けの両チームは勝ち点5で並び、得失点差も同じだったが、スペインが総得点で上回り首位となった。勝ち点4のイランは敗退した。

     A組では既に16強を決めていたウルグアイがスアレス、カバニのゴールなどで開催国ロシアに3-0で快勝し、3連勝の勝ち点9で同組1位を決めた。同じく16強入りを決めていたロシアは勝ち点6(2勝1敗)で同組2位。決勝トーナメント1回戦2試合のカードが決まり、ウルグアイはポルトガルと、スペインはロシアと対戦する。

     1次リーグ敗退が決まっていたA組2チームの対戦は、サウジアラビアがエジプトを2-1で下して今大会初勝利を挙げた。 

    〔写真説明〕モロッコと引き分けて決勝トーナメント進出を決め喜ぶスペインのロドリゴ(右から2人目)ら=25日、カリーニングラード

    〔写真説明〕前半、ロシアのオウンゴールに喜ぶウルグアイイレブン=25日、サマラ(AFP時事)

    モロッコと引き分けて決勝トーナメント進出を決め喜ぶスペインのロドリゴ(右から2人目)ら=25日、カリーニングラード


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】スペインとポルトガルが決勝Tへ=ウルグアイはA組1位通過!】の続きを読む



    (出典 images.performgroup.com)



     スペイン代表MFセスク・ファブレガス(チェルシー)が、2018 FIFAワールドカップ ロシア(W杯)でのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)の活躍を疑問視しているようだ。23日、イギリス紙『BBC』が伝えている。

     C・ロナウドはグループステージ第2節を終えて4得点を決め、中でも強豪スペイン代表を相手にハットトリックを記録するなど、好調を維持している。しかし、今大会に選出されていないセスクは同紙のコラムに寄稿し、C・ロナウドのゴールが流れとは関係ないところで決まっていると指摘している。

    「彼はW杯で注目を集める選手の一人であることは間違いない。彼はここまで4ゴールと素晴らしい滑り出しだ。代表でC・ロナウドは、特殊な役割を務めている。前線にポジションを取り、ピッチ全体を走り回ることはない」

    「いうまでもなく彼は良いプレーを見せてはいる。もちろん彼は評価されるべきだ。しかし、彼のゴールはセットプレーやPK、ミスから生まれているということは指摘しなければならない。よく見てみると、ゴールはPK、直接FK、CK、そして最後は(マンチェスター・U所属スペイン代表GKダビド)デ・ヘアが防ぐべきだったシュートから生まれている。C・ロナウドとポルトガルが、ゴールを生み出すために素晴らしいコンビネーションやパス回しを見せているわけではない」

     これまでもセスクは度々”お騒がせ”してきたが、今回の発言もまた物議を醸す発言となりそうだ。

    活躍が疑問視されているC・ロナウド [写真]= Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】スペイン代表MFセスク、C・ロナウドの活躍に疑問視「評価されるべきだが…」】の続きを読む

    このページのトップヘ