Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ポルトガル



    (出典 portal.st-img.jp)



    EURO予選ウクライナ戦でPKを決めて達成 ポルトガル代表では95得点目

     ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、現地時間14日の欧州選手権(EURO)予選ウクライナ戦でPKによるゴールを決め、キャリア通算700得点の金字塔を達成した。この快挙に、多くの称賛の声が届けられている。

     11日のルクセンブルク戦でキャリア699得点目のゴールを決め、大台まであと「1」に迫っていたロナウドは、ウクライナ戦もスタメン出場でピッチに立った。そしてウクライナに2点をリードされて迎えた後半27分、PKを沈めてまた一つゴールを重ねた。

     チームは1-2で敗れたものの、ロナウドの快挙には祝福の声が届けられている。所属クラブユベントスロナウドの愛称である「CR7」と700得点にかけたハッシュタグを付け、「#CR700…これはまだ終わりではない」と投稿。34歳となった今も健在ぶりを示すロナウドと、その快挙を称えた。

     また、その投稿に対しては「GOAT(史上最高)」「この世界が存在して45億4300年、ロナウドと同じ時代に生きることができたのは幸運だ」「ゴール魔術師だ…」などと、称賛と感嘆の声が入り混じった返信が相次いでいる。

     データ会社「オプタ」によれば、得点の内訳はデビュークラブのスポルティングCPで5得点、マンチェスター・ユナイテッドで118得点、レアル・マドリードで450得点、ユベントスで32得点、ポルトガル代表で95得点となっている。

     また英紙「デイリーメール」によれば、1931年から50年までにキャリア通算800得点を挙げた元チェコ代表FWヨーゼフ・ビカン、772得点の元ブラジル代表FWロマーリオ、767得点の元ブラジル代表FWペレといった往年の名ストライカーたちの記録がロナウドの上に存在している。サッカー界の伝説として歴史を塗り替え続ける男は、彼らの記録に迫り、そして追い抜くことができるのか。(Football ZONE web編集部)

    ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがキャリア700得点達成【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ポルトガル代表】「ゴールの魔術師」「史上最高」 C・ロナウド、キャリア通算“700得点”に称賛の嵐】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    ルクセンブルク戦で決めたループ弾に世界が注目 「エキスパートチップキック

     ポルトガル代表は現地時間11日、欧州選手権(EURO2020予選第7節でルクセンブルク代表と対戦し、3-0の快勝を収めた。この日エースのFWクリスティアーノ・ロナウドが決めた華麗なループ弾の反響が「センセーショナルなループ」「エキスパートチップキック」と世界で拡大している。

     グループBで首位に立つウクライナを追走する2位ポルトガルは、ホームルクセンブルクを迎え、前半16分にMFベルナルド・シウバゴール前のこぼれ球を押し込み幸先良く先制点を奪う。その後はチャンスを演出するも追加点が奪えない中で迎えた後半20分、絶対的エースが貫禄のゴラッソでスタジアムを沸かせる。

     守備陣でポゼッションを高めるルクセンブルクに対し、最終ラインにパスが渡った瞬間、ロナウドが猛スピードでプレッシングをかけ、インターセプトボールを奪うと、一気にゴール前へと運ぶ。相手GKが前に出たことを確認すると、右足のチップキップで頭上に綺麗な弧を描くループシュートを流し込んだ。

     ロナウドの華麗な一撃の反響は世界で拡大している。ポルトガルメディア「O JOGO」は「センセーショナルなループ」と称えると、英メディア「プラネットフットボール」は「エキスパートチップキック」と表現している。

     ペルーメディアdepor.com」は「天才! 天才! 天才!」と見出しを打って報じ、「何度も何度も見たくなる」とロナウドスーパーゴールを興奮気味に伝えていた。今年で34歳とキャリアの晩年を迎えているロナウドだが、依然としてトップクラスのフィニッシュで世界を魅了し続けている。(Football ZONE web編集部)

    ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ポルトガル代表】C・ロナウド、“天才×3の超絶ループ弾”が世界で反響拡大 「何度も何度も見たくなる」】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    来年で35歳になるクリスティアーノ・ロナウドポルトガル代表では得点源として絶大な存在感を見せ続けている。

    ルクセンブルクとのEURO予選でも見事なゴールを奪い、3-0の勝利に貢献。その技ありループシュートがこれ!

    この投稿をInstagramで見る
    Oh, Cristiano Ronaldo 🤩 . A delightful chip to bring up his 6️⃣9️⃣9️⃣th career goal as Portugal cruised to victory over Luxembourg. . . . #Ronaldo #EURO2020 #OptusSport
    Optus Sportさん(@optussport)がシェアした投稿 -

    相手からボールをかっさらったロナウドは急加速であっという間にボールに追い付くと、GKをあざ笑う完璧なループシュートを鮮やかに沈めてみせた。

    キャリア通算706得点目を決めたのは、かつての古巣スポルティングの本拠地ジョゼ・アルヴァラーデ。本人も「特別なスタジアムで得点できたのは嬉しい」と喜んでいたとか。

    ロナウド、代表でキレッキレ!「鬼加速からの神ループ」がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ポルトガル代表】ロナウド、代表でキレッキレ!「鬼加速からの神ループ」がこれ】の続きを読む

    no title


    EUROに続き、UEFAネーションズリーグも制したポルトガル代表。マンチェスター・シティに所属するMFベルナルド・シウヴァも主軸として活躍している。

    ルクセンブルクとのEURO2020予選で先制点を叩き出したシウヴァはこんなプレーも披露していたぞ!

    相手がボールを奪いにきた瞬間、浮き球を巧みなタッチコントロールして抜き去ってみせたのだ。これはウマい!さすがはペップが惚れるだけの逸材だけはある。

    先日にはシティの同僚メンディへの人種差別騒動もあったシウヴァだが、フェルナンド・サントス代表監督も「ベルナルドは私が知る中で最も人間的かつ社会的な性格を持つ選手だ。彼はそんなもの(差別疑惑)には値しない」と擁護していたそう。

    ペップが惚れ込むシウヴァがやった!「超絶浮き球処理」がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ペップが惚れ込むシウヴァがやった!「超絶浮き球処理」がこれ】の続きを読む



    (出典 img.ellegirl.jp)



    クリスティアーノ・ロナウド 写真提供: Gettyimages

     スポルティング・リスボンはホームスタジアムに、同クラブ下部組織出身のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの名前を冠することを予定しているようだ。イタリア紙『トゥット・スポルト』が報じている。

     マンチェスター・ユナイテッドレアル・マドリード、そして現在はユベントスプレーするC・ロナウド。スポルティング下部組織出身の選手としては、最も成功した人物の1人と言えるだろう。どうやらスポルティングは同選手の引退後に、名前をスタジアム名に含めることを検討しているようだ。

     スタジアム名の変更を提案したのはスポーツ部門トップのフレデリコバランダス氏で、同氏は『トゥット・スポルト』に以下のように語っている。

    フレデリコバランダス

     

    「彼の名前が私たちと関連づくことになれば、それは私たちにとって誇り高いことです。

     クリスティアーノはクラブの歴史の中でも、象徴する選手の1人です。情熱、犠牲、規律、リーダーシップ、決意に焦点を当てているアカデミーには、彼の価値観がぴったりです。

     クリスティアーノは史上最高のポルトガル人選手であり、スポーツ史上最高のアスリートの1人です」

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】スポルティング、スタジアム名にCロナウドの名前を?】の続きを読む

    このページのトップヘ