Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ポルトガル



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 Egg ★ :2018/01/04(木) 00:16:42.34 ID:CAP_USER9.net

    『As』紙のインタビューでクリスティアーノ・ロナウドがこれまでのキャリアで成し遂げた功績を振り返り、臆面もなく自画自賛した。

    「僕は神によって才能を与えられ、祝福された。才能を生*ためにとてもハードな努力をしてきたよ。だが僕を助けてくれた多くの人々の協力なしには、不可能だっただろう。」

    スペイン国税庁に告発されている問題で、年末に裁判所に召喚されたことについて、CR7は次のようなコメントにとどまった。

    「今のこの時を家族に捧げたい。良い時も悪い時も僕と共にいてくれた家族と、友人たちの為に。」

    またCR7は若いころから自分を支え続けてくれた人々に対し感謝の言葉を述べた。「僕がまだ夢を胸に抱いた少年だったころから、僕の可能性を信じてくれた人々を忘れない。コーチや仲間たち、そしてマドリーやポルトガル代表の選手たちを。」

    CR7は自分の未来がこれほどまでに輝かしいものになるなど想像していなかったという。
    「マデイラの道端でボールを蹴っていた子供時代から、今までに成し遂げたことを思い出すとても感慨深い。」

    2017年全体を振り返っての感想として、CR7は「色んなレベルで信じられないくらい素晴らしかった」と語った。

    (文:SPORT)

    1/3(水) 18:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00010009-sportes-socc


    【【海外サッカー】<C・ロナウド>自らのキャリアを自画自賛!「僕は神によって才能を与えられ、祝福された」「とてもハードな努力した」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2017/12/31(日) 09:55:29.96 ID:CAP_USER9.net

    Cロナ、現役引退後は「映画作りを…」 第二の人生は「ビジネスマン」
    2017.12.30(Sat)
    https://www.daily.co.jp/soccer/2017/12/30/0010859778.shtml

    (出典 daily.c.yimg.jp)

    現役引退後のプランを明かしたCロナウド

     スペイン1部リーグ、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアノ・ロナウドが、ドバイで行われたグローブ・サッカー・アワードで、
    元イタリア代表FWアレッサンドロ・デルピエロ氏のインタビューに対して現役引退後のプランを語り、複数のビジネスを展開する会社経営に力を注ぐなどと明かした。
    30日のスペイン紙マルカ、アスなどが報じている。

     第二の人生を問われたロナウドは「映画作りをやってみたい。あとはホテル、スポーツジムを持っていてナイキとの関係もある。ビジネスマンとして学んで行きたいと思っている」と返答。
    さらに「27、8歳の頃に将来のことを計画し始め、僕のもとにはチームがあり、たくさんの人たちが僕の会社で働き、興味深いプロジェクトを動*手助けしてくれている」とも明かした。

     また、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)への移籍時には、同氏が長く在籍したユベントス(イタリア)など多数のクラブから誘いを受けていたことも告白。
    「自分自身がプレミア・リーグへの憧れがあり、マンチェスター・ユナイテッドが最大の確約をしてくれた。セリエAよりイングランドを愛していた」
    と、サッカー選手として大きな転機となった決断を振り返った。


    【【海外サッカー】{{ C・ロナウド }} 第二の人生は「ビジネスマン」…現役引退後は「映画作りを…」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 風吹けば名無し :2017/12/18(月) 02:28:12.51 ID:eZeIS3uLd.net

    なぜわらうん大


    【【海外サッカー】クリスティアーノ・ロナウドさんの最終学歴www】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 Egg ★ :2017/12/09(土) 20:11:48.90 ID:CAP_USER9.net

    レアル・マドリーのクリスティアーノ・ロナウドは、自身のことを歴代最高のフットボーラーと考えているようだ。

    7日、フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が主催するバロンドールを2年連続で受賞したロナウド。同賞を5度獲得するのはリオネル・メッシに続き史上2人目の快挙となる。

    バロンドールの歴代最多獲得回数に並んだロナウドは『フランス・フットボール』のインタビューで「良い時でも、悪い時でも、僕が歴史の中で最高の選手だ」と主張。

    続けて「みんなに好みがあるとは思うが、僕より優れた選手を見たことはないし、いつもそのように考えている。同じだけのプレーができる選手はいないし、匹敵するだけのプレーヤーもいない。僕は両足を起用に使え、スピードやパワーもある。ヘディングも上手く、ゴールもアシストも量産できる。もちろんネイマールやメッシのプレーを好きな人もいるとは思うが、僕以上に完成された選手はいない」

    「それに、僕よりも個人トロフィーを獲得した人間はいないはずだ。もちろん、バロンドールのことだけを話しているわけではない。ジムでの努力だけが実を結んだのではなく、多くのことの集大成だ。フロイド・メイウェザーやレブロン・ジェームスのようなレジェンドでもまぐれでそのレベルにたどり着いたわけではない。多くの要素が重なり合って、トップレベルまでたどり着いた」と世界最高と自負する所以を語った。

    また、4年連続でメッシに世界最高の称号を奪われた当時のことを「メッシよりも先にバロンドールを取ったのに、その後彼が4年連続で受賞した。あの時は悲しかったし、怒りを感じていた。モチベーションを失って、式に参加することも嫌だった」と振り返ったロナウドは「でも、人生では始まりがあれば終わりもある。僕は忍耐強くその時を待ち、そして、さらに4度のバロンドールを獲得した」と言及。

    さらに「チャンピオンズリーグで優勝できれば、5度目のバロンドール受賞に大きく近づくと分かっていた。そして僕たちは優勝して、僕も得点王に輝いた。さらにファイナルでは2点を奪ったから、これが最大の決め手になったと思う」と今回の受賞理由を話している。

    2018年のバロンドールについて問われたロナウドは「来年に6度目のバロンドールを取れるかはわからない。マドリーの一員として戦うべき大会も多数あって、ポルトガル代表としてもワールドカップを戦う。

    ワールドカップの成績が来年のバロンドールを左右すると思う。仮にチャンピオンズリーグで優勝して得点王になっても、ワールドカップで平凡な成績なら、他の人の手に渡るかもしれない。リーグ優勝だけなら不十分で、大きな代償を払うことになるだろう」とコメントを残した。

    12/9(土) 7:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00000029-goal-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【サッカー】<C・ロナウド>2年連続5度目のバロンドール獲得! メッシに並び歴代最多タイ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1512681501/


    【【海外サッカー】<C・ロナウド>「僕以上に完成された選手はいない」“歴代最高の選手”と自負】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    1 Egg ★ :2017/12/08(金) 06:18:21.11 ID:CAP_USER9.net

    フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は7日、2017年のバロンドールを発表。レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2年連続で選出された。

     クリスティアーノ・ロナウドは今年度のFIFA最優秀選手賞も獲得しており、バルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシらのライバルをおさえて二冠を達成。FIFAバロンドール時代も含め、通算5度目のバロンドール獲得となったクリスティアーノ・ロナウドは受賞回数でメッシに並び、歴代最多タイとなった。

     クリスティアーノ・ロナウドがエースとして君臨するレアル・マドリードは2016年末にFIFAクラブワールドカップを獲得すると、2016-17シーズンはリーガ・エスパニョーラを制覇。チャンピオンズリーグでは連覇を達成した。今シーズンに入ってからも夏に行われたスーペルコパとUEFAスーパーカップを制し、レアル・マドリードに2017年、多くのトロフィーをもたらしている。また、国の戦いにおいてもポルトガル代表の主将として2018年のロシア・ワールドカップ出場権を予選首位通過で獲得した。

     “世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設された。2010年から、FIFA(国際サッカー連盟)とのパートナーシップにより、名称を“FIFAバロンドール”(年間最優秀選手賞)と改めたが、契約満了に伴い、昨年からルールを改正。候補者は30名(旧制度では23名)で、最終候補者の発表は廃止され、受賞者、最終順位は年末に発表。投票はジャーナリストのみによって行われ、授賞式は2018年はじめに実施される予定。

     以下、最終候補者30選手の順位。(同順位あり。カッコ内は現在の所属クラブ)

    第01位 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
    第02位 リオネル・メッシ(バルセロナ)
    第03位 ネイマール(パリ・サンジェルマン)
    第04位 ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)
    第05位 ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)
    第06位 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
    第07位 キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
    第08位 エンゴロ・カンテ(チェルシー)
    第09位 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
    第10位 ハリー・ケイン(トッテナム)
    第11位 エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)
    第12位 イスコ(レアル・マドリード)
    第13位 ルイス・スアレス(バルセロナ)
    第14位 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)
    第15位 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
    第16位 マルセロ(レアル・マドリード)
    第17位 トニ・クロース(レアル・マドリード)
    第18位 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)
    第19位 エデン・アザール(チェルシー)
    第20位 ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)
    第21位 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    第21位 レオナルド・ボヌッチ(ミラン)
    第23位 サディオ・マネ(リヴァプール)
    第24位 ラダメル・ファルカオ(モナコ)
    第25位 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
    第26位 ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード)
    第27位 マッツ・フンメルス(バイエルン)
    第28位 エディン・ジェコ(ローマ)
    第29位 フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
    第29位 ドリース・メルテンス(ナポリ)

    12/8(金) 4:03配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00681097-soccerk-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【C・ロナウド】2年連続5度目のバロンドール獲得! メッシに並び歴代最多タイ】の続きを読む

    このページのトップヘ