Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ポルトガル

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    マンチェスター・シティとともに近年のサッカー界で強さを見せつけてきたリヴァプール

    だが、今季は公式戦9試合で3勝4分2敗と苦しんでいる。そうしたなか、ユルゲン・クロップ監督は、クリスティアーノ・ロナウドリオネル・メッシとを引き合いに出しつつ、こう述べていた。

    「いまのロナウドが自信満々だと思うかい?

    それは我々全員に起きることだ。昨季のメッシもほぼ同じだった。

    正しい方法に進む必要があり、準備が整えば、また戻る…。

    我々は正しいことをやるためにもう一度辛抱強くなる必要がある。そうすれば、またよくなるはずだ」

    ロナウドマンチェスター・ユナイテッドで控えに転落しており、メッシPSG1年目の昨季は適応に苦しんだ。クロップ監督は、彼らのような存在でも自信喪失しかけることがあり、いまの自分たちも同じような状況にあると説明していたようだ。

    【関連】メッシも…2022年バロンドール候補から除外された最強の11人

    また、今季のリヴァプールクリーンシートが2度しかなく、守備に苦しんでいる。クロップ監督はそのことについては、「守備は“アート”なんだ。ずっとうまくいっていた。だが、うまくいかなくなった時には基本に立ち返らなければいけないことに気付かされる」と話していた。

    「ロナウドとメッシも自信喪失するでしょ」クロップ監督がリヴァプール苦闘を説明


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「ロナウドとメッシも自信喪失するでしょ」クロップ監督がリヴァプール苦闘を説明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    マンチェスター・シティとともに近年のサッカー界で強さを見せつけてきたリヴァプール

    だが、今季は公式戦9試合で3勝4分2敗と苦しんでいる。そうしたなか、ユルゲン・クロップ監督は、クリスティアーノ・ロナウドリオネル・メッシとを引き合いに出しつつ、こう述べていた。

    「いまのロナウドが自信満々だと思うかい?

    それは我々全員に起きることだ。昨季のメッシもほぼ同じだった。

    正しい方法に進む必要があり、準備が整えば、また戻る…。

    我々は正しいことをやるためにもう一度辛抱強くなる必要がある。そうすれば、またよくなるはずだ」

    ロナウドマンチェスター・ユナイテッドで控えに転落しており、メッシPSG1年目の昨季は適応に苦しんだ。クロップ監督は、彼らのような存在でも自信喪失しかけることがあり、いまの自分たちも同じような状況にあると説明していたようだ。

    【関連】メッシも…2022年バロンドール候補から除外された最強の11人

    また、今季のリヴァプールクリーンシートが2度しかなく、守備に苦しんでいる。クロップ監督はそのことについては、「守備は“アート”なんだ。ずっとうまくいっていた。だが、うまくいかなくなった時には基本に立ち返らなければいけないことに気付かされる」と話していた。

    「ロナウドとメッシも自信喪失するでしょ」クロップ監督がリヴァプール苦闘を説明


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】「ロナウドとメッシも自信喪失するでしょ」クロップ監督がリヴァプール苦闘を説明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    今年37歳になったクリスティアーノ・ロナウド。ただこのところはマンチェスター・ユナイテッドでも苦しい状況にあり、代表でもゴールを量産できていない。

    先日行われたスペイン戦でのパフォーマンスも芳しいものではなく、態度の面でも批判を受けることになった。

    【動画】モラタが試合終了間際にゴール!スペインが大一番を勝利した

    スペイン戦で敗れたことによってポルトガル代表はUEFAネーションズリーグの決勝リーグ進出を逃すことになり、残念な結末を迎えてしまった。

    『AS』によれば、かつてレアル・マドリーでもプレーした悪童アントニオ・カッサーノが、ロナウドに対して以下のように話していたとのこと。

    アントニオ・カッサーノ

    サッカーの歴史上最高の選手の一人ではなかったね。

    クリスティアーノ・ロナウドのような男は、自分自身のことを考えなければならないよ。もしこれ以上のことができないのであれば、終わらせる必要がある。

    それがあらゆるスポーツにおけるルールだ。すなわち、引退というね。

    もう十分だ!彼はすべてを勝ち取ってきた。大金を稼いできた。しかし今はマンチェスター・ユナイテッドでもスターターではない。

    リオネル・メッシマラドーナのような存在だ。多くの犠牲を払ってきた。14歳アルゼンチンを離れ、多くの身体的な問題を克服した。彼はバルセロナで4年間一人ぼっちで過ごしたんだ」
    これぞ悪童!カッサーノ「ロナウドよ、そろそろ引退しろ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】これぞ悪童!カッサーノ「ロナウドよ、そろそろ引退しろ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    欧州各地で行われているUEFAネーションズリーグポルトガルは敵地でチェコと対戦したが、クリスティアーノ・ロナウドアクシデントが起きた。

    相手GKトマーシュ・ヴァツリークハイボールを競り合った際、相手の腕が顔面に直撃。鼻から大量に出血したのだ。

    ロナウドはこのプレーの前にも相手DFヤクブ・ブラベツに踏まれた右足首から出血していた。

    だが、鼻の応急処置を受けると、最後までプレーを続行し、試合もポルトガルが0-4で勝利している。ロナウドは4点目のゴールアシストしたが、得点はなし。

    Record』によれば、ポルトガルフェルナンド・サントス監督はこう述べていたそう。

    「これがサッカーだ。彼には3、4回の得点チャンスがあった。

    いくつかはシュートミスで、残りは相手ディフェンスに当たった。

    彼は自分の仕事をしたよ。チームのために大いにプレーしたし、適切なポジションにいた。

    そうでなければ、他のゴールも生まれなかっただろう。チームが勝ったので彼は満足しているよ」

    ロナウドチャンスを仕留められなかったものの、確かな貢献をしていたと評価していた。

    【関連】37歳ロナウドも!ユナイテッドで最もスピードが速い6人の男

    ポルトガルは28日にスペインと激突する。

    鼻と足首から流血のロナウド、不発…ポルトガル代表監督は「これがサッカー」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ポルトガル代表】鼻と足首から流血のロナウド、不発…ポルトガル代表監督は「これがサッカー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドマンチェスター・U)が、少なくとも2024年まで代表キャリアを続けるつもりであることを明かした。21日にフランスメディア『RMC』がコメントを伝えた。

     1985年2月5日まれのC・ロナウドは、2003年8月20日ポルトガル代表デビュー。欧州歴代最多の189試合出場と世界歴代最多の117ゴールを記録しており、EURO2016優勝や2019年UEFAネーションズリーグ優勝などに貢献してきた。

     そんなC・ロナウドは、20日にポルトガルサッカー連盟(FPF)が開催したイベントの中で、「あと数年間、代表チームの一員となれることを願っている」とコメント。「常にモチベーションを感じているし、野心もある。代表チームでの僕の旅はまだ終わっていない。僕は若い才能に恵まれた将来有望なチームにいるんだ。この(カタールワールドカップEURO2024でチームの一員になることを願っている」と言葉を続け、39歳となる2024年まで代表でのプレーを続ける意向を示した。

     C・ロナウドEURO2004から5大会連続で出場中。ドイツで行われる2024年大会にも出場すれば、元スペイン代表GKイケル・カシージャス氏を抜いて、6度の本戦に出場する唯一の選手となる。本戦での通算出場数「25」、本戦での通算得点数「14」、予選も含む通算出場数「60」、予選も含む通算得点数「45」はいずれも歴代トップとなっており、さらなる記録更新が期待できそうだ。

    C・ロナウドが39歳でのEURO出場に意欲 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ポルトガル代表】C・ロナウドが39歳でのEURO出場に意欲! 実現なら史上初の6大会連続】の続きを読む

    このページのトップヘ