Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ポルトガル

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ギネス世界記録も樹立した世界的スターであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、トップに立ち続ける秘訣はトレーニングだけではない。

    今夏12年ぶりに古巣のマンチェスター・ユナイテッドへと復帰したC・ロナウドアルコールを摂取しないことや、厳しいトレーニングを誰よりも行っていることは有名な話だ。

    今夏のユーロ2020では、記者会見時に自身が嫌っているコカ・コーラのボトルを退けたことが大きな話題に。株価にも多大なる影響を与えたとして、その影響力の高さを示した。

    そのC・ロナウドだが、最も気をつけていると言っても良いのが食事だ。

    C・ロナウドは、レアル・マドリーからユベントスへ移籍した際、1人のシェフを雇った。そのシェフは、ジョルジオ・バローネ氏。住み込みのシェフとして採用されたという。

    まるで彫刻のような鍛え抜かれた肉体。36歳という年齢を考えれば、驚異とも言えるその姿の秘訣は、トレーニングではなく食事制限だった。

    バローネ氏はイギリスミラー』でその秘密にてコメント。「高価な食べ物はない」と語り「健康食だ。私は有機食品と自然食品を使用している。魚、鶏肉、仔牛肉、卵、アボカドココナッツオイル、黒米などだ」と食材について明かした。

    また、その気の遣い方については「フェラーリのケアをするように、体のケアをしなければいけない」とコメント。どれだけ気を配っているかが分かる。

    C・ロナウドが好む食材は、魚、赤身のタンパク質料理、全粒穀物、サラダとのこと。タンパク質は筋肉の構築と修復の両方を助け、年齢による劣化を遅らせるという。

    またカロリーの燃焼にも役立つと言い、「私はココナッツオイルを使って料理します。たくさんの水を飲むことも重要ですが、浄化されている。そしてたくさん飲む」とコメント。ただ、トレーニングもあってのものだと言い「もちろん、それはすべてハードトレーニングと組み合わされています。しかし、休息は、午後を含め、トレーニングや栄養と同じくらい基本的です。そして、遅くではなく、夕方の早い時間に食事をします」とコメント。食事のタイミングや休むことも大事だとした。

    世界記録となる代表通算「111」ゴールを記録したのも、トレーニング以外で努力をしている賜物。12年ぶりのプレミアリーグでもキレキレのパフォーマンスを見せてくれるだろうか。



    ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】「高価な食べ物はない」ギネス記録樹立、C・ロナウドのあの肉体の秘訣を専属シェフが明かす】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    マンチェスター・ユナイテッドポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスがこれからクラブでもチームメイトになる同代表FWクリスティアーノ・ロナウドの復帰効果に期待した。

    今夏に3年間を過ごしたユベントスを離れ、12年ぶりのユナイテッド復帰を決めたC・ロナウドマンチェスター・シティ行きの情勢から一転の古巣復帰ということもあり、ユナイテッドファンのみならず、チームも大いに活気づく。

    背番号問題も愛着のある「7」の再着用で無事に解決。累積警告による出場停止処分で代表活動をひと足先に切り上げ、7日からユナイテッドの施設でトレーニングスタートさせ、再デビューを待つのみのところまできている。

    B・フェルナンデスは7日に行われたカタールワールドカップ(W杯)欧州予選グループA第6節のアゼルバイジャン代表戦後、『RTP3』でC・ロナウドのユナイテッド復帰を訊かれ、チームに大きな影響を与える移籍だと語った。

    「熱気が高まるのはわかっている。クリスティアーノのことは誰もが知るところで、彼の復帰をみんなが喜び、それが自信になる。僕ら選手たちにとっても自信になり、彼が僕らに何をもたらしてくれるのかも理解している」

    「僕らも、クリスティアーノもフォーカスする先は僕と彼がすでに話をしたように、何かを勝ち獲るために勝つということ。僕らの目標は変わらない。クリスティアーノがいれば、その目標に近づく助けとなるのは明らかだ」

    オーレ・グンナー・スールシャール監督の下で着実に再建の歩みを進めるユナイテッドだが、2016-17シーズンヨーロッパリーグ(EL)優勝が最後のタイトルプレミアリーグでも2012-2013シーズンを最後に遠ざかっている。

    かつて公式戦通算292試合出場で118得点69アシストの数字を収め、チャンピオンズリーグ(CL)制覇や3度のプレミアリーグ優勝などに寄与した期待のなかで古巣復帰となるC・ロナウドだが、愛するクラブを再び高みに導けるか。 

    ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】ブルーノ、C・ロナウドのユナイテッド復帰が「タイトルに近づく助けに」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    今夏のマーケットでユヴェントスからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したクリスティアーノ・ロナウド。36歳にしてまだトップレベルのフィジカルを保っている選手だ。

    ストイックなトレーニングで知られる一方、食事にも非常に厳格な取り組みをしていると伝えられており、イタリアではジョルジョ・バローネというシェフを住み込みで雇っていた。

    Mirror』によれば、バローネ氏はロナウドに提供した食事について以下のように話しているという。

    ジョルジョ・バローネ

    「高価な食べ物はなにもない。しかし健康なものだ。

    海鮮、鶏肉、仔牛肉、卵、アボカドココナッツオイル、黒米など有機食品、自然食品を使っている。

    あたかもフェラーリメンテナンスするかのように、体のケアをしなければならないんだ。

    ココナッツオイルを使って料理をするようにしている。水をたくさん飲むことも重要だ。清潔なものをね。

    もちろんハードトレーニングとの組み合わせが重要だ。そして休息も大切だ。トレーニングと栄養と同じくらいにね。また、遅い時間ではなく夕方の間にディナーを終えることだ」

    バローネはサーモンやタコ、エビなどを使い、糖質、脂肪、炭水化物を最小限にしながらタンパク質を豊富に含んだ料理を提供していたとのこと。

    クリスティアーノ・ロナウドはシーフードを好んでいるほか、牛肉も肩ロースを使って油を抑えているそうだ。

    【写真】ロナウドも来た!ユナイテッド、今世紀に「セリエAから獲得した7名」

    ただ、バローネはイタリアに自身の店も持っているため今夏でこのパートナーシップは終了。ロナウドイギリスで新たに料理の担当者を探すことになるという。

    ロナウドの住み込みシェフが明かす「筋肉食」、その内容は


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】ロナウドの住み込みシェフが明かす「筋肉食」、その内容は】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     ポルトガルサッカー連盟(FPF)は2日、FWクリスティアーノ・ロナウドマンチェスター・U)がポルトガル代表から離脱したことを発表した。

     C・ロナウドは、1日に行われたFIFAワールドカップカタール2022欧州予選・グループA第4節のアイルランド代表戦で終盤に2得点を挙げ、2-1での逆転勝利に貢献。この試合の得点で元イラン代表FWアリ・ダエイ氏と並んでいた代表通算得点数を「111」にまで伸ばし、新記録を樹立した。

     アイルランド戦の決勝点となった2得点目を決めた際にはユニフォームを脱ぎ、喜びを爆発させたC・ロナウドだが、このゴールパフォーマンスイエローカードをもらい、次戦のW杯欧州予選は累積警告により、出場停止となること決定していた。

     ポルトガル代表は4日にカタール代表との親善試合後、7日にW杯欧州予選のアゼルバイジャン戦に臨む。C・ロナウドカタール戦には出場可能なものの、アゼルバイジャン戦に出場できないことから、FPFは「C・ロナウド木曜日(2日)に代表チームから離脱した」ことを発表した。

     予定より早く代表離脱となったC・ロナウドは、今夏ユヴェントスから2009年以来となる復帰を果たしたマンチェスター・Uに早期合流することが可能となった。なお、同クラブ背番号「7」を着用することが2日に発表された同選手はインターナショナルマッチウィーク明けとなる9月11日ホームで行われるプレミアリーグ第4節のニューカッスル戦で再デビューすることが期待されている。

    ポルトガル代表から離脱したC・ロナウド [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ポルトガル代表】C・ロナウド、ポルトガル代表から離脱…復帰のマンUに早期合流へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    電撃的に古巣のマンチェスター・ユナイテッドへの復帰が決まったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドマンチスターに戻ってからやるのはサッカーだけではないようだ。

    イギリス『サン』によると、C・ロナウドは自身が手がけているホテル事業の拡大に取り組む予定があるとのことだ。

    C・ロナウドは、地元であるマデイラ島や、リスボンにホテルオープンさせ、2021年6月にはマドリッドにもオープンさせた。さらに7月にはニューヨークにも進出。サッカー選手としてはもちろんのこと、実業家としても結果を残しているようだ。

    そのC・ロナウドだが、『サン』によればマンチスターでのホテル経営にも精を出すことになるとのこと。2023年に進出するという報道は予てからあったが、今回の移籍によりその動きが加速するようだ。

    『サン』によると、C・ロナウドに近い情報筋からは、今回のイングランド復帰の理由にはサッカー以外の側面もあるとのことだ。

    クリスティアーノにとって、サッカーが最優先であり、それは常に変わらない。ただ、彼は今、キャリアの中で試合を超えて、次に何が起こるのかを見ている」

    「彼がイギリスに戻ってきたいと思っていたのは、フィールド外にも素晴らしい機会が存在するからだ」

    「彼はマンチスターホテルプロジェクトに積極的に参加し、最初のホテルを稼働させた後は、さらに多くの施設をオープンさせたいと考えている」

    ロナウドには世界的な魅力があり、彼のホテルは大成功を収める可能性が高く、彼はそのホテルを世界の羨望の的にしたいと考えている」

    「彼は、ライアン(・ギグス)、ギャリー(・ネビル)、ポール(・スコールズ)がどれだけうまくやっているかを見て、感心している」

    「ただ、彼は自身で大きな計画を持っており、92年組は肩身の狭い思いをしているかもしれない」

    マンチスターの計画担当者は、今年の初めにロナウドピカデリーガーデン地区を見下ろす屋上のバーを備えた、新たな高級ホテルオープンを許可している。



    ドイツブンデスリーガ全試合LIVE配信!月額888(税込)
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】ユナイテッド電撃復帰のC・ロナウド、マンチェスターでのホテル建設計画も影響】の続きを読む

    このページのトップヘ