Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ポルトガル



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    メッシファン・ダイクが有力候補と目されるなか「受賞に値する存在」と指摘

     2019年度のバロンドール授賞式が近づいている。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝の立役者であるリバプールオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク、バルセロナで圧倒的なスタッツを残すアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが有力候補と目されるなか、英スポーツ情報サイトSportskeeda」では「クリスティアーノ・ロナウドバロンドールに値する3つの理由」と題して特集されている。

     ポルトガル代表のロナウドはこれまで5回(2008、13、14、16、17年)のバロンドール受賞を誇り、これはメッシと並んで歴代最多タイ。今年も受賞となれば、単独トップとなる。

     19-20シーズンはコンディション不良で途中交代が続くなど苦戦しているが、受賞の評価対象となる18-19シーズンクラブ、代表ともにタイトル獲得に貢献する素晴らしい活躍を披露した。今年はメッシファン・ダイクといったライバルが有力候補として浮上しているが、やはりロナウドも受賞に値すべき存在だと同メディアでは指摘されている。

    「3つの理由」の1つ目は「輝かしいパフォーマンス」。ロナウドは昨季、レアル・マドリードからユベントスへ移籍し、セリエA初挑戦だったにもかかわらず、31試合で21得点をマークチームの8連覇に貢献。ロナウドプレミアリーグリーガ・エスパニョーラセリエAの3リーグを制覇した史上初の選手となった。記事では「大半のフットボーラーにとって、新しいチーム、新しいリーグ、異なるシステムに適応するには時間がかかる。だが、クリスティアーノ・ロナウドはそのケースには当てはまらなかった」と紹介されている。公式戦全体では、43試合で28得点10アシストと新天地でも素早く順応していた。

     2つ目の理由は「国内での成功」だ。個人として圧倒的な数字を残しただけでなく、スクデットに加えてスーペルコッパで優勝としっかりとタイトルも獲得。ロナウドミランと戦ったスーペルコッパでは、決勝ゴールマークした。

    ネーションズリーグ準決勝のハットトリックなど“勝負強さ”も光る

     3つ目は「UEFAネーションズリーグでの優勝」。バロンドール受賞では代表での活躍も重要なファクターの1つになるが、ロナウドポルトガル代表の一員としてネーションズリーグを制覇。大会の初代王者として歴史に名を刻んだのだ。準決勝のスイス戦ではハットトリックを決めるなど、ここ一番での勝負強さも光った。

     加入1年目のユベントスで結果を残し、母国のタイトル獲得にも貢献した34歳のロナウドUEFAチャンピオンズリーグにこそ手が届かなかったが、バロンドール候補者として申し分ない活躍を見せた。果たして、史上最多6度目の受賞はあるのか――。授賞式は2日にパリで行われる。(Football ZONE web編集部)

    ユベントスのC・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】バロンドールは「C・ロナウドがふさわしい」 英メディアが主張する“3つの理由”とは?】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    2016年大会の決勝フランス戦、負傷交代したC・ロナウドの“熱血指導”を回顧

     欧州選手権(EURO2020本大会の組み合わせ抽選会が現地時間11月30日ルーマニアのブカレストで行われ、前回大会王者のポルトガルは“死の組”と言われるグループFに入った。欧州の祭典が迫るなか、米メディア2016年大会での“名シーン”を回顧し、脚光を当てている。

     2016年フランスで開催されたEUROでは、開催国のフランスポルトガルが決勝に進出。フランス2000年大会以来の、ポルトガルは初の優勝を懸けて激突した。

     当時レアル・マドリードに所属していたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは先発出場したものの、前半のうちに負傷交代。決め手を欠いた両チームスコアレスのまま延長戦に突入した。

     ピッチ上での貢献は叶わなくなったロナウドだが、ここから驚きの振る舞いを見せる。負傷した足を引きずりながらテクニカルエリアに現れると、フェルナンド・サントス監督も顔負けの激しい身振り手振りでピッチ上の選手たちを鼓舞。まさに“ロナウド監督”と形容したくなる姿を見せていた。

     するとポルトガルは延長後半4分、FWエデルが決勝点となるゴールを奪い、EURO初優勝を達成。ピッチから退いてもチームとともに戦い続けたロナウドの姿は、世界中で話題となっていた。

     そして今回、EURO2020本大会の組み合わせが決定し、ポルトガルロシアワールドカップ(W杯)王者のフランス、前W杯王者のドイツと同居する“死の組”ことグループFに入ったことを受け、米スポーツ専門局「ESPN」公式ツイッターは前回大会のロナウドの写真3枚を公開した。

    フランスとの前回対戦では、ロナウドが監督になった! 次の6月はピッチで何をするか見てみよう」と綴り、興奮してサントス監督につかみかかる姿や、大きなジェスチャーで選手たちを鼓舞するロナウドを回顧。返信欄では「監督よりも試合に関わっていた」「無償のチアリーダー」「次はピッチでいいプレーを見せてほしい」と様々な声が寄せられた一方、「忘れ去られたエデル」「エデルはもっと称えられてしかるべき」と決勝点の英雄にスポットライトを当てるべきとのコメントもあった。

     ロナウドの例をはじめとして、過去には数々の激戦が生まれているEURO。来年の2020年大会でも新たなドラマが生まれることに期待したい。(Football ZONE web編集部)

    ポルトガル代表でエースを担うFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ポルトガル 代表】C・ロナウド、EURO2016決勝での“監督姿”に再脚光 「無償のチアリーダー」「次はピッチで…」】の続きを読む

    no title


    (出典 portal.st-img.jp)



    通算109ゴールの世界記録を持つダエイ氏の記録まであと「10」

     ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間17日に行われた欧州選手権(EURO)予選第10節のルクセンブルク戦(2-0)で代表通算99得点目を挙げた。チームの本大会出場権獲得に貢献するとともに、100ゴールの大台に王手となったが、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのほうが強豪国を相手により多くのゴールを決めていると持論を展開している。英メディアスポーツバイブル」が伝えた。

     14日のEURO予選リトアニア戦(6-0)でハットトリックを達成して健在ぶりをアピールしたロナウドは、ルクセンブルク戦でも1-0で迎えた後半41分に貴重な追加点をマークポルトガル代表通算ゴール数を「99」として、同国歴代最多記録を更新するとともに、世界記録である元イラン代表FWアリ・ダエイ氏の109得点まであと「10」に迫った。

     ただ、バルセロナ贔屓のスペイン紙「ムンド・デポルティーボ」によると、99ゴールのうち、トップ50の国を相手に決めたゴール数はわずか「28」で、通算ゴール数の29%のみ。一方でバルセロナが誇る天才メッシは、代表通算70ゴールのうち「57」で、通算ゴール数の82%が50位以上の国を相手に決めたものだった。

     ロナウドは今年リトアニア戦でハットトリックを2回達成し、通算では同国相手に7ゴールを記録しているが、このリトアニアFIFAランキング132位。また、オリバー・ケイ記者が米メディア「ジ・アスレチック」に投稿した記事によると、それぞれ5得点ずつをマークしている対戦相手も、ルクセンブルク(96位)、アルメニア(99位)、アンドラ136位)、ラトビア143位)だという。

    過去4年で43試合44ゴールマークも、得点を挙げた対戦国の半数はトップ50圏外

     さらに記事では、代表デビューから12年で122試合55ゴールを挙げたロナウドは、直近4年間で43試合44ゴールペースアップしているが、その大半が2016年EUROポルトガルが優勝して以降のものだと指摘。優勝後にゴールを決めた試合の対戦国は全部で12あるなかで、アンドラフェロー諸島110位)、ニュージーランド(121位)、ラトビアリトアニアルクセンブルクと半数がトップ50圏外のチームだ。

     ワールドカップ(W杯)で過去に世界一を経験している国との試合では、これまでに計4ゴールしか決められておらず、W杯の決勝トーナメントネットを揺らしたことはまだない。

     もっとも、代表通算99ゴール素晴らしい記録であり、ロナウドが代表ゴール数で歴代トップに到達する日もそう遠くはないだろう。どんな対戦国であっても、その国のトッププレーヤーたちが集まったチームに変わりなく、称えられるに値する功績に違いない。(Football ZONE web編集部)

    代表通算99得点のFWC・ロナウド(右)と強豪国相手にゴールするFWメッシ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】メッシのほうが凄い!? 代表通算100ゴール王手のC・ロナウドにスペイン紙が持論展開】の続きを読む

    no title


    EURO公式SNSが映像を公開、99ゴール到達のC・ロナウドに敬意

     ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間17日に行われた欧州選手権(EURO)予選のルクセンブルク戦(2-0)で代表通算99得点目を挙げた。チームの本大会出場権獲得に貢献するとともに、100ゴールの大台間近となった偉大なエースに対し、大会公式ツイッターもこれまでのゴラッソ動画を公開し敬意を表している。

     所属するユベントスでは直近の2試合で途中交代し、コンディション不良も伝えられていたロナウドだが、14日のリトアニア戦(6-0)でハットトリックマークして健在ぶりをアピールすると、17日のルクセンブルク戦でも1-0で迎えた後半41分に貴重な追加点をマーク。2-0と勝利したポルトガルは、これで予選グループBの2位の座を確保し、2016年大会王者として来年のEURO本大会への出場を決めた。

     ロナウド自身は2試合4得点の爆発で、ポルトガル代表通算ゴール数を「99」として、同国歴代最多記録を更新するとともに、世界記録である元イラン代表FWアリ・ダエイ氏の109得点まであと「10」に迫っている。この活躍を受けてEURO公式ツイッターは、拍手の絵文字とともに「ポルトガル代表で164試合99ゴール」と記すと、これまでの代表戦で決めたゴラッソ集を公開。2分16秒に編集された映像は華麗なバックヒール弾からスタートし、シザーズフェイントからの一撃や冷静なループ弾、アクロバティックなボレーシュート、弾丸ミドル、強烈FKなど稀代のゴールマシンの多彩なフィニッシュシーンが満載だ。

     EURO公式インスタグラムでも同じ内容の投稿で短縮版の動画を公開。両SNSコメント欄には「あなたは天才ですか、CR7」「彼は間違いなく世界最高」「サッカーの神」「並外れている」「キング」「エクセレント」といった称賛の声が多く並んだ。

     34歳となった今も、クラブと代表の両方でゴールを量産し続けるロナウド。衰えを知らないスーパースターは、来年6月に開幕するEURO本大会でも観る者を驚かせるプレーを見せてくれそうだ。(Football ZONE web編集部)

    ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ポルトガル 代表】「サッカーの神」 C・ロナウド、ポルトガル代表の“超絶ゴール集”公開に反響「天才」】の続きを読む


    no title

    EURO前回王者であるポルトガル代表は、グループB2位でEURO2020への出場権を掴み取った。

    エースFWクリスティアーノ・ロナウドは予選で大暴れ。ルクセンブルクとの最終戦でもこんなごっつぁんゴールを決めてみせた。

    この投稿をInstagramで見る
    We all have a friend who would do this... 🤦 . Champions League: Aaron Ramsey steals Ronaldo's goal Euro 2020 Qualifier: Ronaldo steals Diogo Jota's goal . . . #Ronaldo #Cristiano #Euro2020 #ChampionsLeague #FootballTime
    Optus Sport(@optussport)がシェアした投稿 -

    ユーヴェでも代表でもごっつぁん!これができるからこそ得点を量産できるのだ。

    ただ、ルクセンブルクの首都ルクセンブルクで行われた試合について苦言を呈したという。

    Reuters』によれば、「ああいうピッチプレーするのは難しい。あれはジャガイモ畑だ。自分たちのレベルのようなチームがああいうピッチでどうプレーするのか分からない」と批判していたという。

    ロナウド、「ジャガイモ畑」と相手国のピッチを酷評


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ポルトガル代表】ロナウド、「ジャガイモ畑」と相手国のピッチを酷評】の続きを読む

    このページのトップヘ