Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ポルトガル



    (出典 bookmaker-info.com)



     試合終盤に巡ってきたFKのチャンス。残り時間はあと数分で1点のビハインド。この切羽詰まったシチュエーションで、あれほど味方に期待感を、相手に恐怖を抱かせる選手がほかにいるだろうか。

     ワールドカップの独特の雰囲気も、初戦の緊張感も、エースとしての重圧も、今のクリスティアーノ・ロナウドは全く意に介していないようだ。グループステージ屈指の好カードとなったポルトガルスペインの大一番、ポルトガルのエースが今大会の初ゴールを挙げるのに5分とかからなかった。4分に自ら得たPKを決めてチームに先制点をもたらすと、追いつかれた後の44分に勝ち越し点をマーク。そして逆転を許して迎えた88分にFKを直接叩き込んでチームを敗戦の危機から救ってみせた。

     大会の主役候補として期待される選手が、期待どおりに主役を演じるのがどれだけ難しいかはこれまでの歴史が証明している。同じく主役候補と期待されたリオネル・メッシやネイマールがスロースタートを切ったことも、C・ロナウドのすごさをいっそう際立たせた。続くモロッコ戦でも豪快なヘディングシュートで決勝点を挙げて早くも通算4ゴール。とにかく「役者が違う」と言うしかない。

     レアル・マドリードでは前人未到のチャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げ、自身は6大会連続の得点王を獲得。9シーズンで公式戦438試合450得点と試合数を上回るペースでゴールを量産してきた選手にとっては、今回の活躍も“通常運転”なのかもしれない。

     ただし、ことW杯においては過去3大会の出場でわずか3ゴール。チームの成績も4位に食い込んだ2006年大会をピークに、2010年大会はベスト16、2014年大会はグループステージ敗退と右肩下がりだ。まだ若手だった12年前はともかく、直近2大会はエースとして大会に臨み、失意のまま大会を去った。C・ロナウドにとってW杯での活躍は、華々しいキャリアに唯一欠けているラストピースと言える。

     もっとも、成熟した今のC・ロナウドに過剰な気負いは感じられない。遮二無二ドリブルを仕掛けるわけでも、強引にシュートを打つわけでもない。あくまで自然体で、淡々と自分の役割を全うしているように見える。初戦のFKの場面で見せた驚異の集中力、おなじみのゴールセレブレーション、そしてプレーの合間で見せる何気ない笑顔。その一挙手一投足に心身の充実がうかがえる。「自然体」のC・ロナウドにけん引されたポルトガルが、このまま頂点に駆け上がったとしてもなんら不思議はない。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ポルトガル代表】心身ともに充実するC・ロナウド…「自然体」で世界一の高みへ !】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    明暗分かれた二大スターをマンチーニ監督が分析

     イタリアを率いるロベルト・マンチーニ監督が、ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場しているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの差について言及した。スペインメディア「ティキ・タカ」が報じた。

     マンチーニ監督は、ここまでのベストマッチにグループBの3-3で引き分けた、ポルトガル対スペイン戦を挙げた。そして、2試合連続ゴールで大会4得点としたロナウドと、初戦のアイスランド戦でPKを失敗したメッシの差についてこうコメントしている。

    「その話題となれば、我々はどの角度から見ても世界で最高のサッカー選手二人について話すことになる。ロナウドについて言えば、最も優れている部分はメンタル面とフィジカル的な要素の“準備”にある。若い頃から素晴らしい選手だったが、今ほどではなかった。一方でメッシは、まさに超一流の選手として生まれたようなものだ。ただ、時としてメッシは、ロナウドほどメンタル面での準備が整っていないことがある」

     ロナウドは若き日に比べて精神的な成長が顕著であるとした一方で、メッシは若い頃から選手としては超一流だったが、その点で不安定な部分があると指摘した。


    優勝候補筆頭はカナリア軍団

     とはいえ、マンチーニ監督の優勝予想はベストマッチに含んだスペインでも、ロナウド擁するポルトガルでも、メッシのアルゼンチンでもないと話している。

    「スペインはイランに苦戦しながら勝ったが、W杯はどの試合も難しい。特に、最初のうちはそうだ。どのチームも負けたくない思いが強く、試合は複雑なものになる。私の考える優勝候補の筆頭はブラジルだ。スペインも決勝まで行くポテンシャルはあると思うがね。ただ、予想そのものは困難だよ。現代サッカーでは、強豪と対戦する小国と見られる国は、恐ろしく守備を固めてくるから」

     優勝候補に挙げられたブラジルはグループリーグ初戦でスイスと引き分けたが、マンチーニ監督の予想通りに一気に調子を上げて世界の頂点まで駆け上がるのだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    ポルトガル代表のC・ロナウド(左)、アルゼンチン代表のメッシ(右)【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イタリア代表監督が語る二大スターの差 「時にメッシはロナウドほど精神面で整っていない」】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    1 豆次郎 ★ :2018/06/20(水) 19:26:47.48 ID:CAP_USER9.net

     アイスランド。W杯本大会は初出場ながら、前回のユーロ(2016年)では本大会出場を果たし、ベスト8に進出。グループリーグでは優勝国となるポルトガルに引き分け、そして、決勝トーナメント1回戦ではイングランドに2-1で競り勝ち、話題を集めた。その直後にスタートした今回の欧州予選でもその余勢を駆り、クロアチアに先着して1位通過。ウクライナ、トルコという実力国を予選敗退に追い込んでいる。

     人口わずか35万の小国。しかしながら、ただの弱者ではない。開幕戦でロシアに大敗したサウジアラビアのようなヘタな負け方はしない、成熟したチームなのだ。粘り強く、精神的にキレることはない。あるレベルに達していることは、この世界では承認済みなのである。

     モスクワのスパルタクスタジアムで行なわれた一戦。アイスランドがアルゼンチンに対して1-1で引き分けたことに特段、驚きはない。アイスランドの善戦、健闘を新鮮な気持ちで讃えるより、まず言及すべきはアルゼンチンの不甲斐なさだと思う。

     前回ブラジルW杯の準優勝チームだ。決勝でドイツと接戦を展開。延長で惜敗している。1978年アルゼンチン大会以来、26年ぶりに南米で開催されたW杯で、その意地とプライドを開催国ブラジルに代わり保った格好だった。

     しかし、チームの平均年齢は本大会出場した32カ国中、28.5歳と最も高く、その瞬間から4年後のロシア大会が心配されていた。案の定、南米予選では大苦戦。監督をホルヘ・サンパオリに代え、最後の最後でようやく出場圏内に滑り込むという、まさに薄氷を踏む戦いを演じた。

     予選と本大会は別物ではある。例えば、2002年日韓共催W杯で優勝したブラジルは、南米予選では大苦戦を強いられていた。苦戦がサクセスストーリーに組み込まれていた。しかしアイスランド戦のアルゼンチンに、予選と本大会との間に潜む”別物感覚”を抱くことはできない。予選との比較以前に、高齢チームで戦った4年前との違いが見られなかった。

     スタメンの平均年齢は29.6歳。30歳台が6人(メンバー23人の平均年齢は29.0歳で、30歳以上は13人)と、さらに上昇していた。今回もおそらく32チーム中、最高齢のチームになるだろう。代わり映えのしない顔ぶれを見ただけで苦戦が予想された。

     もうひとつ、アルゼンチンが抱える問題はリオネル・メッシのポジションだ。守備能力がゼロに近いこの選手をどこに置くか。ディエゴ・マラドーナが監督を務めた2010年大会では中盤で起用。準決勝のドイツ戦ではプレスを浴び、0-4で大敗する最大の要因になっていた。

     守備ができない10番タイプが激減していくなかで、2010年のアルゼンチン型は、現代サッカーへのアンチテーゼのようにも見えたが、それは甘い解釈だった。ドイツによってその旧式サッカーは、木っ端微塵に粉砕された。

     2014年のアルゼンチンは、その反省からか、メッシをできるだけ高い、リスクの低い場所に置く作戦をとった。アルゼンチンの決勝進出はそれが奏功したといってよかった。

     そして今回。サンパオリ監督は4-4-2の2トップを、セルヒオ・アグエロと組ませるスタイルを採用した。ところが1点先取した後、同点に追いつかれて1-1のスコアで後半に突入すると、メッシは中盤まで引いてきた。守備的MFの高さまで下がることも頻繁だった。

     この日はアイスランドにプレスを浴びて逆襲の餌食になることはなかったが、下がれば下がるほど、メッシの魅力=ペナルティエリア内での特別な才能は失われた。怖さは半減。メッシはメッシでなくなっていった。


    https://news.yahoo.co.jp/byline/sugiyamashigeki/20180620-00086669/


    【【W杯】アルゼンチン代表のメッシに、C・ロナウド級の活躍が望めない理由…】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



    前半4分にロナウドのダイビングヘッド弾で先制

     ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの勢いが止まらない。ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグB組第2戦、ポルトガル対モロッコが20日に行われ、試合開始4分に圧巻のダイビングヘッドで今大会4点目をゲット。ポルトガルが1-0で勝利した。

     初戦のスペイン戦ではW杯史上最年長(33歳130日)でのハットトリックを達成したロナウド。それも終了間際に直接FK弾を叩き込む圧倒的な勝負強さで、W杯史に残る3-3の打ち合いの主役となった。

     今大会初勝利を目指すこの日も前線に張ると、前半4分にいきなり仕事をする。右CKからショートコーナーからMFジョアン・モウチーニョがクロスを上げると、身体を投げ出したダイビングヘッド。ゴール右隅へと突き刺さるとお馴染みの仁王立ちポーズで屹立した。

     この一撃で代表通算85ゴールとなり、ヨーロッパ国籍の国際Aマッチ通算ゴール数で歴代最多に躍り出た。これで乗ったロナウドは、前半9分にも右45度から際どいシュートを放ち、ゴールへの意欲を満々と感じさせる。一方のモロッコも鋭いサイドアタックからゴール前に迫り、スリリングな展開となる。

     モロッコがペナルティーエリア内で倒れる場面が目立つなか、ポルトガルはカウンターからゴール正面約20メートルと絶好の位置で直接FKを得る。ここでキッカーを務めるのはロナウドだったが、壁にぶつけてしまいゴールは生まれなかった。前半40分にはロナウドからのパスからFWゴンサロ・グエデスがダイレクトシュートを放ったが、モロッコGKムニル・モハメディが片手一本で弾くファインセーブにあった。


    GKパトリシオがスーパーセーブを披露

     後半5分にはポルトガルが左サイドをえぐり、グエデスの落としをフリーで走り込んだロナウドが絶好機を迎えたが、力んだのかシュートは大きく枠外へと逸れた。

     モロッコは同12分にビッグチャンスを迎える。右サイドの直接FKからのクロスをMFユーネス・ベルハンダが頭で合わせる。しかし、ここでスーパーセーブを見せたのはポルトガルのGKルイ・パトリシオ。ゴールライン直前でバウンドする難しいボールをはじき出し、ゴールを許さなかった。

     その後も闘争心あふれるモロッコが攻め込む時間帯が続くも、フィニッシュの局面で精度が高まらない。またペナルティーエリア内でDFペペの手に当たったシーンもあったもののPK判定は下らず。結局ロナウドの虎の子の1点を守り切ったポルトガルが勝ち点3を確保。2連敗となったモロッコは今大会初のグループリーグ敗退となった。MOMにはロナウドが輝いている。


    ポルトガルがC・ロナウドのゴールで初勝利【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】ポルトガルがC・ロナウド弾で初勝利 敗れたモロッコは今大会グループリーグ敗退第1号 …】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    エブラが語る、ストイック過ぎるロナウド

     ポルトガルのFWクリスティアーノ・ロナウドは、初戦のスペイン戦(現地時間15日/3-3)でハットトリックを達成するなど会場を大いに沸かせた。元フランス代表のDFパトリス・エブラ(ウェストハム)が、英放送局「ITVスポーツ」のポッドキャストで、かつてのチームメイトに関する二つの仰天エピソードを明かした。

     2006年から14年までマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたエブラは、ロナウドと4年間をともにした。06年からのプレミアリーグ3連覇に大きく貢献するなど、チームメイトとして素晴らしい時期を過ごした。

     そんなエブラは、冗談交じりに「誰にでもアドバイスできることがある。クリスティアーノがあなたを家のランチに招待してきたら、ただノーと言ってください」と語り、過去に本当にあった話を告白した。

     エブラによると、「トレーニングの後に来てくれ」とランチに誘われ、疲れた体でロナウド邸に向かうと、そこに用意されていたのはサラダと普通の鶏肉のみで、ほかに何も出されることはなかった。さらに、食事を終えたロナウドは、すぐに立ち上がって2タッチでボールを返す練習をしようと言ってきたという。

     結果、断り切れず一緒に汗を流し、ロナウドはそこからプールへ泳ぎに行ったと話すエブラは、「みんなに助言しているけど、彼の家には行かない方がいい。彼はマシンだから、トレーニングをやめたくないんだよ」と、あまりにもストイック過ぎるロナウドのエピソードを明かした。


    負けず嫌い過ぎるポルトガルのエース

     また、もう一つの秘話として、ロナウドが元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏と卓球対決をした話も紹介している。チームメイトの前で、ファーディナンド氏に敗れたロナウドは、それから2週間、従兄弟に卓球台を買ってもらいトレーニングを積んだという。そして、今度はみんなの前でファーディナンド氏を相手にリベンジを果たした。

     エブラは、ロナウドについて「いま彼がW杯のゴールデンブーツや、優勝トロフィーを欲しがっていることに、僕は全く驚いていない。だって彼は負けず嫌いだからね」と、コメントした。ポルトガルは、現地時間の20日、モロッコとのグループリーグ第2戦を迎える。ストイックで、負けず嫌いなエースが、母国を勝利へと導く。


    (Football ZONE web編集部)

    マンチェスター・ユナイテッドの元同僚DFエブラが語るC・ロナウドの仰天エピソードとは?【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【仰天エピソード】C・ロナウドの家に誘われても行かない方がいい!?】の続きを読む

    このページのトップヘ