Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ドイツ



    (出典 contents.gunosy.com)



    マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネが、の誕生を報告している。8日に自身ツイッター公式アカウント(@LeroySane19)を更新した。

    ザネは、ツイッターに「昨晩(7日)、が誕生したと知らされて信じられないほど幸せだよ。母親子供も元気だ」と投稿。続けて、「の誕生のために離脱を許してくれたヨアヒム・レーブ監督ドイツ代表には、特に感謝する。もちろん、明日チームの為にお祈りするよ! 」と感謝を伝えた。

    ドイツサッカー協会(DFB)は7日、ザネが“個人的な理由”でドイツ代表から離脱したことを発表。レーブ監督下でロシアワールドカップ(W杯)のメンバーから漏れていたことから、確執などが噂されたが、どうやら相は幸せなものだったようだ。

    ドイツは、9日にペルー代表と際親善試合を戦う。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】離脱の真相が幸せ! ザネ「娘が誕生した」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    2022年までの現行契約を延長して、24年の欧州選手権まで揮するプランが浮上

     ドイツ代表は大会連覇を狙ったロシアワールドカップW杯)で1次リーグ敗退に終わり、現地時間9月6日のネーションズリーグフランス戦(0-0)で新たなスタートを切った。チーム揮するヨアヒム・レーブ監督の去就に関する噂は絶えないが、スポーツダイクターを務めるオリバー・ビアホフ氏は、指揮官の続投を明言している。スペインマルカ」が報じた。

     ドイツ代表はロシアW杯で同史上初の1次リーグ敗退を喫し、失意のまま大会を去った。MFメスト・エジルアーセナル)が代表引退を表明するなど、“変化の時”を迎えるなか、レーブ監督の去就は大きな注を集めてきた。かつてドイツ代表として通算92試合23得点を記録したスポーツダイクターのビアホフ氏は、2024年欧州選手権で開催となるためのアイデアを整理するドイツサッカー連盟(DFB)の会合で、現状を明かしている。

    レアル・マドリードからの連絡はなかった。レーブとはW杯前に契約更新されていなかったが、契約を結んだ後も彼はこのまま残留するだろうと確信している。多くのチームが彼のスタイル興味を持っているが、私が知る限り契約の話はなかった」

     また、記事ではDFBのラインハルト・グリンデル会長がレーブ監督契約2022年までだとし、さらに2年延長され、2024年欧州選手権まで揮を執る可性を示唆。レーブ監督め、06年の監督就任以降にチームで成し遂げてきたことを視してはいけないとした。

     6日に行われたW杯優勝フランスとのネーションズリーグ初戦はスコアレスドロー。9日にはペルーとの親善試合が控えており、レーブ監督の手腕に注が集まる。


    Football ZONE web編集部)

    ドイツ代表のレーブ監督【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】SDがレーブ監督の続投明言 レアルからの関心を否定「契約の話はなかった」】の続きを読む



    (出典 i0.wp.com)



    ロシアW杯にも出場した22歳のブラント、10番着用でとしての起用が濃厚

     ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督は現地時間29日、UEFA欧州サッカー連盟)が催するネーションズリーグフランス戦(9月6日)と際親善試合のペルー戦(9日)に臨むメンバー23人を発表。注背番号「10」も、新たな担い手が決まっている。

     ドイツメディアsport.de」などによると、MFメスト・エジルアーセナル)が代表引退を表明したため、背番号「10」はレバークーゼンのFWユリアンブラントが着けることになった。22歳のアタッカーはこれまでフル代表で19試合1得点の成績を残している。

     左サイド戦場とするブラントは、最も才ある若手の一人としてくから注され、U-15から各年代のドイツ代表でプレー20歳だった2016年5月際親善試合スロバキア戦でフル代表デビューを果たし、リオデジャネイロ五輪ではU-23ドイツ代表としてメダルいた。ロシアワールドカップW杯)の前戦として行われた2017年コンフェデレーションズカップでは、若手体のメンバーを牽引して見事王者にくと、今W杯では当確と思われていたMFレロイ・ザネ(マンチェスター・シティ)を押しのけてロシア行きを果たして話題を集めた。

     2016年にFWルーカス・ポドルスキ(J1ヴィッセル神戸)の代表引退に伴い、エジルが継承した背番号10。今回、そのエジルが代表引退を表明したことで、22歳と若いブラントがバトンを受け取る形になった。ロシアW杯ではほとんど出番がなく、ポテンシャルを生かせなかったが、6日のW杯王者フランスとの対戦ではとしての起用が予想される。重圧に負けず、伸び伸びとしたプレーを見せることができるだろうか。


    Football ZONE web編集部)

    レバークーゼンのFWユリアン・ブラント【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】エジル代表引退の“新生ドイツ”、9月シリーズで「10番」のバトンを託されたのは?】の続きを読む



    (出典 kicker.town)



     ドイツサッカー連盟(DFB)は29日、9月に行われる際親善試合に向けた招集メンバー23名を発表した。チームを率いるヨアヒム・レーヴ監督が、2018 FIFAワールドカップ ロシアメンバー入りを逃したものの、今回代表に復帰したマンチェスター・CMFレロイ・サネについてった。

     レーヴ監督はサネをロシアW杯メンバーに選ばなかった理由はパフォーマンスの問題だとコメント。しかし、レーヴ監督はサネに対し、大会後にはドイツ代表でプレーする機会がやって来ることを事前に知らせていたという。

    「サネには代表でプレーする時期はW杯後に来ると伝えていた。W杯前の彼のプレー々を納得させるものではなかった。だが、彼の素晴らしいポテンシャルクオリティは承知している。将来のドイツ代表にとってとてもとても重要な選手になることはW杯前に本人に伝えてある」

     ドイツ代表は9月6日フランス代表と、9日にペルー代表とホームで対戦する。

    ドイツ代表に復帰したサネ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】ロシア行きは逃すも…レーヴ監督、サネへの信頼を強調「重要な選手」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    『FourFourTwo』は22日、「リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、メスト・エジルの代表引退を巡る議論は偽善的だと話した」と報じた。

    今夏のワールドカップを終えたあと、電撃的にドイツ代表からの引退を表明したエジル。自身がルーツを持つトルコのエルドアン大統領と写真を撮ったことにより、多くの批判を受けたためであった。

    これによって多くの議論が巻き起こっており、ドイツのサッカー関係者にも賛否両論が渦巻いている。

    ユルゲン・クロップ監督は以下のように話し、エジルを巡る議論は偽善的だと批判した。

    ユルゲン・クロップ

    「これは古典的な例だね。絶対的な誤報の。もちろん完全にナンセンスなものだ。

    政治の中では常に些細なことが膨らまされ、大きなことが押しのけられる。通常、知的な人々は控えめになるものだ。正しいことを言うのは簡単ではないからね。

    私は自分自身もそのような人々だと思う。このような話の中では、何も知らない人が非常に声高になるものだ。

    イルカイ・ギュンドーアンのことはよく知っている。エムレ・ジャンやヌリ・シャヒンのことも。

    メストのことはよくわからないが、彼を故郷に返してやりたい。彼らの故郷に対する忠誠を疑うことはない。

    違うのは、彼らには故郷がもう一つあるということだ。それに問題があるのか?美しいことじゃないかね。

    偽善的な議論だと思う。正しい情報が伝わらなかったために悪いことが起こった。メディアも、このようなことの周りに毎日話題を作ろうとするべきではない。冷静になり、人々の背後に何があるかを見るべきだ」
    「偽善的な議論だ」クロップ監督、代表引退のエジルを擁護


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「偽善的な議論だ」クロップ監督、代表引退のエジルを擁護】の続きを読む

    このページのトップヘ