Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ドイツ



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 Egg ★ :2018/10/14(日) 06:30:36.00 ID:CAP_USER9.net

    3失点目ではドリブルでの中央突破を許す…


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    10月13日(現地時間)、UEFAネーションズ・リーグ(NL)が行なわれ、リーグAのグループ1では、オランダが3-0でドイツを下した。
     
     オランダが1敗、ドイツが1分けで迎えたアムステルダムでの一戦、開始3分でベルフバインのスルーパスにデパイが反応し、ホームチームがチャンスを掴みかけるが、ドイツは飛び出したGKノイアーが先にボールに追いついてこれを防ぐ。
     
     その後は互いにボールを回してチャンスを窺う時間が続いたが、15分、ドイツは左サイドの連係プレーからヴェルナーがDFラインの裏に抜け出す。しかし、GKシレッセンにコースを塞がれ、シュートはゴールマウスを捉えられない。
     
     これをきっかけにドイツは攻勢を強め、17分にもヴェルナーが左からペナルティーエリアに侵入し、その1分後にはCKからクロースの横パスを受けたミュラーが枠内へのダイレクトシュート、その直後にもウートがフィニッシュまで持ち込む。
     
     オランダは20分にFKからデリフトがファーストシュートを放つが、その直後にはDF陣がボールの処理にもたついてウートに奪われてシュートを許すという、危ない場面を迎えた。
     
     しかし、ホームチームはここから攻勢に転じ、30分、CKでバベルが競り勝ってヘディングシュート。これはクロスバーにはね返されるも、ファン・ダイクが詰めて先制ゴールを奪う。
     
     これで勢いを得たオランダは、選手の動きが良くなり、今ひとつプレーのスピードが上がらないドイツにプレッシャーをかけて奪い、良いかたちで次々に攻撃を仕掛ける。34分に右サイドを抜け出したダンフリーズが高速クロスでドイツDF陣を慌てさせ、38分にはベルフバインがきわどいミドルを放つ。
     
     さらに42、45分にもデパイが得点機を迎えたオランダは、攻勢のまま前半を終えた。
     
     一方のドイツは守備に難があり、前を向いてドリブルできるだけの時間とスペースをオランダに与え続け、多くのピンチを迎える羽目となった。攻撃では、38分にミュラーがエリア内でシュートチャンスを得るもボールはサイドネット外、42分のウートのヘディングシュートも力なくシレッセンにキャッチされた。
     
     後半、先に決定機を迎えたのはアウェーチーム。53分、左からのクロスがウートの頭に合うも、前にいたバベルにブロックされる。左サイドから攻撃を仕掛けるドイツは、その後も交代出場のドラクスラー、そしてウートがクロスからダイレクトシュートを放つも、ゴールネットを揺らすことはできない。
     
     57分にミュラーからザネが投入されたことで攻撃が活性化され、ドイツはオランダを押し込む。左から積極的にドリブルで勝負を仕掛けたり、ミドルを狙ったザネは65分、キミッヒのスルーパスを受けてエリアに侵入するが、決定的なシュートはゴール前を通過してしまう。
     
     70分にはエリア外でのパス回しから、キミッヒの浮き球のパスをドラクスラーがダイレクトボレーで叩くも、わずかにクロスバーの上。72分には、ザネが技巧的なドリブルで複数の相手DFを翻弄する。74分のクロースのFKは、ゴール左外に逸れていった。
     
     時折、オランダの高速ドリブルによるカウンターを受け、76分にはデパイに危ないシュートを浴びたドイツだが、これをしのぎながら、後半は大部分の時間をオランダ陣内で過ごす。78分にはブラントがエリア内でダイレクトシュートを放つも、DFにブロックされた。
     
     集中してドイツの攻撃をはね返し続けるオランダは80分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛け、ヴァイナルダムがフリーでの得点機を迎えたが、シュートは大きく浮いてしまい、ドイツを引き離す絶好のチャンスを逃す。
     
    つづく

    10/14(日) 6:07配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181014-00048660-sdigestw-socc


    【【サッカー】<ドイツ>オランダに3点差の敗北は史上初!ボールは保持するも守備の脆さを突かれて失点重ねる...】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    記者会見でバラック氏発言について問われ持論展開 「同じ監督の下でも新たな刺を得られる」

     現地時間13日に行われるUEFAネーションズリーグオランダ戦を前に、記者会見に臨んだドイツ代表MFトニ・クロース(レアル・マドリード)が、ヨアヒム・レーブ監督について「上をしていく心がけのあることを何年も明してきた」とコメント。退任が望ましかったというミヒャエルバラック氏の言葉に対し、恩師を擁護した。

     2006年から現職にあるレーブ監督は、ロシアワールドカップW杯)開幕前に、ドイツサッカー連盟(DFB)と2022年まで契約を延長。その後、チームW杯本大会で史上初の1次リーグ敗退という屈辱を味わったが、DFBは指揮官続投を決定した。

     これについて同代表OBのバラック氏は、ドイツ公共放送「ドイチェ・ヴェレ」(DW)のインタビューで、「他の多くの人と同じように、彼が続投すると聞いて驚いた。彼のようにこれほど長く一つのチームを率いていると、物事が機しなくなる。いつかはそれを認めなくてはならない」と、レーブ監督は退任すべきだったとの見解を示した。

     記者会見でバラック氏の発言について問われたクロースは、「常に様々な意見があると思う。数々の大きな成功を収めた後が去る時期だと言う人や、悪い時期を過ごしたから、もうこれ以上続けられないと言う人もいる」とコメント。長年同じ監督の下で取り組んできたので今度は新たな刺を、という意見もあるだろうとしつつ、「同じ監督の下でも新たな刺を得られることはあるよ。その監督が自を行っているならね。レーブ監督はそれをしてきたと思う。らはレーブ監督となら、正念場を乗り切っていけると確信している」とを込めた。


    「レーブ監督指揮官として、絶えずレベルアップしている」

     さらにクロースは、「バラックは(監督を)交代すべきだったと思っているようだけど、もしかしたら、自分が後任になりたかったのかも……。分からないけどね」と冗談を飛ばすと、「レーブ監督は上をしていく心がけのあることを何年も明してきた。それはいいことだと思う」と、指揮官に信頼を寄せた。

     バラック氏はレーブ監督による長期政権の危険を案じたが、クロースは異なる意見で「の初めての代表戦は2010年だったけど、レーブ監督指揮官としてどう変わってきたかを見てきた。絶えずレベルアップしている。練習方法も、がけも、チームの戦術についても、今では2010年とまったく違うレベルにある。それはポジティブなことだと思う」とし、一人の監督チームを長く揮していても停滞などないとっている。


    Football ZONE web編集部)

    (左から)ドイツ代表MFトニ・クロース、同代表OBのバラック氏【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】クロースが恩師レーブを擁護 続投“疑問視”の独代表OBを牽制「後任になりたかった?」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    ジャンの代表復帰投稿エジルが反応 独メディア「代表のことを今も気にかけている」

     7月ドイツ代表引退明を発表したアーセナルMFメスト・エジルだが、ドイツ代表のことを全に頭からシャットアウトしたわけではないようだ。ドイツメディアSPORT BUZZER」が報じている。

     ドイツUEFAネーションズリーグで現地時間13日にオランダと、16日にフランスと対戦するが、代表メンバーに選出されていたMFレオン・ゴレツカバイエルン)が負傷。これにより、MFエムレ・ジャンユベントス)が追加招集された。

     代表チームは9日に集合し、2試合に向けた調整に入った。ジャンは10日、練習中の自身を写した画像をインスタグラムアップし、「代表チームに戻れてハッピー」とのメッセージを加えた。すると、そこに「m10_official」からこぶの絵文字が。これはエジルのインスタグラムアカウントで、「SPORT BUZZER」は「エジルはジャンの選出を喜んでおり、代表チームのことを今も気にかけている」と伝えている。

     エジルはロシアワールドカップW杯)開幕前に、同じトルコドイツ人のMFイルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)とともにトルコレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と会合の場を持ち、批判を受けた。二人の忠心を疑い、代表から外すべきだというを上げた政治家もおり、この一件はを巻き込んでの大騒動に発展した。

     エジルはドイツW杯本大会で史上初の1次リーグ敗退を喫したのち、7月下旬に自身の公式ツイッター明を発表。ドイツサッカー連盟(DFB)のラインハルト・グリンデル会長を名しして、DFBからサポートを得られなかったことを告白し、「人種差別され、見下されているという感情を抱いたまま代表でプレーすることはもうない」と、代表引退を表明した。

     DFB、ヨアヒム・レーブ監督チームマネジャーオリバー・ビアホフ氏はエジルとの対話を模索するもここまで実現できておらず、“断絶”の状態が続いている。しかしエジルと元同僚との関係はそうではないようだ。以前、DFジェローム・ボアテング(バイエルン)がエジルを擁護するコメントを発した際、エジルはインスタグラムストーリー上でボアテングに「君の言葉に感謝しているよ、兄弟。君は代表で、苦しい時期もそこにいてくれたチームメイトだった」との言葉を送っている。今回のジャンへのエールを見る限り、共闘してきたドイツ代表の戦友たちの活躍を心から願っているようだ。(Football ZONE web編集部)

    7月にドイツ代表引退の声明を発表したエジル【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】エジルの心は今もドイツ代表に? 元同僚の追加招集にSNSで喜びと独メディア報道】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ロンドンで面会を試みるも実現せず 「理由は分からない」

     ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督チームマネジャーを務めるオリバー・ビアホフ氏が、ロシアワールドカップW杯)後にドイツ代表を引退したMFメスト・エジルアーセナル)との面会を予定していたものの、実現しなかったことが分かった。ドイツメディアSPORTBUZZER」が報じている。

     それによると、レーブ監督とビアホフ氏は、今週ロンドンで行われたFIFA年間最優秀選手賞の授賞式を契機にアーセナルを訪れ、エジルとの対話を試みようとしていたという。訪問については予告してあったようだが、レーブ監督は「メストは不在だった。そのことから、彼が現在々と話をするつもりがないのだということを受け入れなくてはならない。理由は分からない」とった。

     レーブ監督はさらに、「これほど長い間一緒に仕事をしてきたのに、私個人として残念に思っている。メストは最高の選手だった。直接り合えることを望んでいた」と、失望を口にした。

     W杯開幕前に、同じトルコドイツ人のMFイルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)とともにトルコレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と会合の場を持ち、批判を受けたエジル。二人の忠心を疑い、代表から外すべきだというを上げた政治家もおり、この一件はを巻き込んでの大騒動に発展した。

     エジルはドイツW杯本大会で史上初の1次リーグ敗退を喫したのち、7月下旬に自身の公式ツイッター明を発表。ドイツサッカー連盟(DFB)のラインハルト・グリンデル会長を名しして、DFBからサポートを得られなかったことを告白し、「人種差別され、見下されているという感情を抱いたまま代表でプレーすることはもうない」と、代表引退を表明した。レーブ監督に、エジル本人から電話などで直接引退が伝えられることはなかった。

    「彼もレーブ監督に大いに感謝すべきことがあるはずだ」

     そして渦中のグリンデル会長ドイツ第二テレビ放送(ZDF)に対し、レーブ監督電話SMSショートメッセージサービス)を使ってエジルとコンタクトを取ろうとし、さらにはロンドンで会うことを考えていたとコメントしている。

    メスト・エジルからの非難を前にして、対話が行われないというのは正しくないと思う。もちろん、々は(2014年の)W杯タイトルについて彼に感謝している。しかし、彼もレーブ監督に大いに感謝すべきことがあるはずだ。実際に会って話すのが礼儀というものだと思う」と話したうえで、エジルがレーブ監督との対話を拒否したことは「良いことではない」「礼儀にかなっていない」など苦言を呈している。(Football ZONE web編集部)

    レーブ監督(左)とエジル(右)の面会は実現せず...【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】レーブ監督、“独代表引退”エジルとの対話に失敗 DFB会長苦言「会って話すのが礼儀」】の続きを読む



    (出典 2.bp.blogspot.com)



    バイエルン時代に陶を受けた名将ペップを称賛「本当に優秀な人物」

     バイエルンドイツ代表の中心的な人物として、ドイツサッカー界を牽引したDFフィリップ・ラーム氏が、バイエルン時代に導を受けたジョゼップ・グアルディオラ監督を「彼はスーパーコーチだ」と絶賛した。スペインマルカ」が報じている。

     バイエルンドイツ代表の将を務め、サッカー史上でも世界最高のサイドバックの一人と称されるラームは、2017年に多くのサッカーファンに惜しまれながらも33歳の若さで現役引退。その後、ドイツ代表の名誉キャプテンにも選出されるなど、ドイツ代表のレジェンドと言ってもいい存在だ。

     ラームは今回、「マルカ」の独占インタビューに登場。ドイツ代表や導を受けた指揮官について持論を展開し、そのなかで現在マンチェスター・シティを率いるグアルディオラ監督を絶賛した。

    ペップスーパーコーチだよ。彼は本当に優秀な人物で、対戦相手と試合のコンセプトを分析するのがとても素晴らしいんだ。ドイツフットボールにどのようなインパクトを与えたのかは分からないけど、全てのバイエルンの選手の心に彼は残っていると思うよ。彼は分析することで各ポジションの選手を教育し、たちにプレーの仕方を教えてくれたからね。だからたちは、対戦相手がどういった状況でどんなことをやろうとしているのかを知っていたんだ」

     バイエルンラームを大きく成長させることにつながったグアルディオラ監督導。今後はどんな選手たちがグアルディオラ監督の下でトッププレーヤーになっていくのか楽しみだ。


    Football ZONE web編集部)

    (左から)グアルディオラ監督、ラーム氏【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「彼はスーパーコーチだ」 ドイツ代表名誉キャプテンの英雄ラームが絶賛した監督は?】の続きを読む

    このページのトップヘ