Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ドイツ



    (出典 img.mixi.net)



     ドイツ代表DFマッツ・フンメルス(バイエルン)が、2018 FIFAワールドカップ ロシア終了後も代表でのプレーを続行する意向を示した。ドイツ誌『Kicker』日本語版が6日に報じている。

     前回のブラジル大会でW杯優勝を経験したフンメルスは現在29歳。連覇が懸かるロシア大会のメンバーにも名を連ね、準備を進めている。同選手は「これが最後の大きな大会ということはないと思うよ。次のユーロ(2020)の時には31歳だ。それ(出場)は十分に可能なものだと思う」と、今大会終了後も代表でのプレーを続行する意向を示した。

     報道によれば、ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督が先日、今回のロシアW杯を一つの区切りとしてチームの世代交代を行っていく意向を示している。ただ、フンメルス自身は「今回が最後の大きな大会となる選手は、そこまで多くはないと思うよ、何人かはいるだろうけどね」とコメント。ただ、2022年のカタールW杯については「その時には34歳だ。今のようなレベルでプレーし続けているかどうかはわからないよ」と述べている。

     まずはロシアで、20代最後のW杯に臨むフンメルス。連覇を成し遂げることはできるだろうか。

    ドイツ代表のトレーニングキャンプに臨んでいるフンメルス [写真]=Bongarts/Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】フンメルス、W杯後もドイツ代表でのプレー続行へ「これが最後ではない」】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



     マンチェスター・Cに所属するFWレロイ・サネは6日、2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨むドイツ代表メンバーからの落選を受け、自身のInstagramに心境を綴った。

     サネは「失望を感じている」と率直な心境を明かした一方、「決断を受け入れなければいけない。逞しくなって戻ってくるために全力を尽くす」と前向きな言葉を残した。「成功を願っている。ぜひ優勝してほしい!」とドイツ代表メンバーへエールを送った。

     22歳のサネは、今シーズン32試合に出場し、10得点15アシストを記録。その活躍ぶりが認められ、イングランド・プロサッカー選手協会(PFA)が選ぶ最優秀若手賞に選出されていた。

    ドイツ代表から落選したマンC所属FWレロイ・サネ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「決断を受け入れなければ」…ドイツ代表から落選のサネが心境明かす…】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    “GKグローブをつけたメッシ”ことテア・シュテーゲンの台頭で…

     ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場する各国は、親善試合などで本大会開幕に向けた最終調整に入っている。そんななか、ジレンマを抱えているのがドイツだ。前回王者を率いるヨアヒム・レーブ監督は、GKマヌエル・ノイアー(バイエルン)をレギュラーに据えることを明言しているが、ベンチへと追いやられたGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)が無念さをにじませるコメントを発したという。スペイン紙「マルカ」が報じている。

     ドイツは、現地時間2日に行われたオーストリアとの親善試合で1-2と敗れた。調整の一面もあるとはいえ、この敗戦を不安視する声も生まれている。だが、それ以上に注目されたのは、ゴールマウスを守ったのがノイアーだったことだ。

     ノイアーは昨年、左足中足骨の骨折などのため戦線を離脱。所属するバイエルンでも、ほぼ出番がないまま今季を終えた。だが、4年前のブラジルW杯では、世界最高のシュートストップ技術と、ディフェンダー顔負けの守備範囲の広さで脅威の存在となり、ドイツの24年ぶりとなる世界一奪還に大きく貢献。レーブ監督もその実績を買い、ロシアW杯でも「ノイアーを先発で起用する」と明言した。

     ただし、4年前と異なるのは、そのノイアーを脅かすもう一人の守護神が台頭してきたことだ。26歳のテア・シュテーゲンは、2014年夏にバルサに加入すると、昨季から定位置を奪い取った。ノイアー顔負けの神セーブを見せると同時に、足元の技術はフィールドプレーヤー級で、今季も試合に出続けて国内二冠に貢献している。バルサでの存在感は、スペインでは“GKグローブをつけたメッシ”とも評されるほどだ。


    指揮官のノイアー起用発言に胸中を吐露

     そのテア・シュテーゲンは、実績重視のレーブ監督の判断には思うところがあるようだ。

    「シーズン通じてプレーし続けて、非常に高いレベルを保ち続けた時だけに、失望するシチュエーションであることは確かだよ」

     テア・シュテーゲンは、「もちろんマヌエルの助けになるように行動するよ」と続けている。とはいえ、一つしかない正守護神のポジションである。今回W杯に参戦するワールドクラスで、テア・シュテーゲンが最も複雑な思いをベンチで抱えることになるかもしれない。


    (Football ZONE web編集部)

    ドイツ代表GKのノイアー(左)、テア・シュテーゲン(右)【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】レーブ監督の“ノイアー起用明言”にバルサ守護神がジレンマ「失望は確か」】の続きを読む



    (出典 soccer10.info)



     GKマヌエル・ノイアー(バイエルン)が、4日に発表された2018 FIFAワールドカップ ロシアのドイツ代表メンバー選出を受けて心境を明かした。ドイツ誌『Kicker』日本語版が4日に報じている。

     実戦復帰後、初めて取材に応じたノイアーはまず、リハビリの日々を支え続けた人々に感謝の気持ちを伝えた。

    「ずっと、僕は信じ続けてくることができた。それが力の源になったんだ。もし、そういうように前向きに考えることができていなければ、きっと僕は今こうしてこの場に座っているようなことはなかっただろうね」

     ノイアーは2日に行われた国際親善試合のオーストリア代表戦で実戦復帰を果たし、翌3日にはMRI検査を受けた。「あの時は全ての関係者に自信が満ちていたね。僕自身も、きっといい結果が確認できると確信していた」と同選手は振り返り、ロシアW杯の代表メンバー進出を果たした。

     昨年9月以来、長期離脱を強いられていたノイアーだが、ロシアW杯に向けてコンディションは上々のようだ。同選手は「とてもいい感覚を覚えているよ」とコメント。再負傷のリスクについては「他の選手にもあるものと変わりはないよ」と強調している。

    ドイツ代表メンバー入りを果たしたノイアー [写真]=Bongarts/Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】長期離脱から復帰、W杯メンバー入り…ノイアーが心境明かす「信じ続けてきた」】の続きを読む



    (出典 qoly.jp)



    ドイツサッカー連盟が発表した23人にザネの名前はなし

     ワールドカップ(W杯)王者ドイツが4日、ロシア大会に臨む最終メンバー23人を発表。今季プレミアリーグの年間最優秀若手選手賞を受賞したマンチェスター・シティのMFレロイ・ザネが選外となった。このサプライズ決定に対し、世界各国でも驚きの声が上がっている。

     ドイツ紙「ディ・ヴェルト」は「ザネの招集外は特にサプライズをもたらした」と紹介。オーストリアのスポーツ専門サイト「Laola.1」も「ザネの落選に対するサプライズは相当なものだった」と報じ、英紙「デイリー・メール」でも「あまりに衝撃的な落選」と指摘していた。英紙「メトロ」も「愕然とさせる決断が下された」と伝えている。

     また、英紙「ザ・サン」はザネ落選を受けてファンの声を紹介。「完全に狂った決断だ!」「誰か僕になぜ彼ほどの存在が落ちたのか説明してくれ」「そんな馬鹿な話があるか?」など、SNS上でも騒然となっている様子だ。

    データ分析会社「オプタ」によると、ザネは今季公式戦で14ゴール19アシストと計33得点を生み出しており、欧州5大リーグでプレーするドイツ人選手の誰よりも高数値だという。

     サネは今大会でも主役にすらなりうるポテンシャルを秘めていた若武者だっただけに、この落選劇は世界中で波紋を呼んでいるようだ。


    故障明けの守護神ノイアーが滑り込みでメンバー入り

     ドイツサッカー連盟が発表したW杯最終23名は以下の通り。

    GK
    マヌエル・ノイアー(バイエルン)
    マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
    ケビン・トラップ(パリ・サンジェルマン)

    DF
    ジェローム・ボアテング(バイエルン)
    マティアス・ギンター(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
    ヨナス・ヘクター(ケルン)
    マッツ・フンメルス(バイエルン)
    ジョシュア・キミッヒ(バイエルン)
    マルヴィン・プラッテンハルト(ヘルタ・ベルリン)
    アントニオ・リュディガー(チェルシー)
    ニクラス・ジューレ(バイエルン)

    MF/FW
    ユリアン・ブラント(レバークーゼン)
    ユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)
    マリオ・ゴメス(シュツットガルト)
    レオン・ゴレツカ(シャルケ)
    イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)
    サミ・ケディラ(ユベントス)
    トニ・クロース(レアル・マドリー)
    トーマス・ミュラー(バイエルン)
    メスト・エジル(アーセナル)
    マルコ・ロイス(ドルトムント)
    セバスティアン・ルディ(バイエルン)
    ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)


    (Football ZONE web編集部)

    W杯最終メンバー23人を発表したドイツ代表だが、ザネが落選したことに世界各国でも驚きの声が上がっている【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「あまりに衝撃的」 前回W杯王者ドイツ、有望株ザネ落選の反響が世界に拡大…】の続きを読む

    このページのトップヘ