Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ドイツ



    (出典 portal.st-img.jp)



    ジャンの代表復帰投稿エジルが反応 独メディア「代表のことを今も気にかけている」

     7月ドイツ代表引退明を発表したアーセナルMFメスト・エジルだが、ドイツ代表のことを全に頭からシャットアウトしたわけではないようだ。ドイツメディアSPORT BUZZER」が報じている。

     ドイツUEFAネーションズリーグで現地時間13日にオランダと、16日にフランスと対戦するが、代表メンバーに選出されていたMFレオン・ゴレツカバイエルン)が負傷。これにより、MFエムレ・ジャンユベントス)が追加招集された。

     代表チームは9日に集合し、2試合に向けた調整に入った。ジャンは10日、練習中の自身を写した画像をインスタグラムアップし、「代表チームに戻れてハッピー」とのメッセージを加えた。すると、そこに「m10_official」からこぶの絵文字が。これはエジルのインスタグラムアカウントで、「SPORT BUZZER」は「エジルはジャンの選出を喜んでおり、代表チームのことを今も気にかけている」と伝えている。

     エジルはロシアワールドカップW杯)開幕前に、同じトルコドイツ人のMFイルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)とともにトルコレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と会合の場を持ち、批判を受けた。二人の忠心を疑い、代表から外すべきだというを上げた政治家もおり、この一件はを巻き込んでの大騒動に発展した。

     エジルはドイツW杯本大会で史上初の1次リーグ敗退を喫したのち、7月下旬に自身の公式ツイッター明を発表。ドイツサッカー連盟(DFB)のラインハルト・グリンデル会長を名しして、DFBからサポートを得られなかったことを告白し、「人種差別され、見下されているという感情を抱いたまま代表でプレーすることはもうない」と、代表引退を表明した。

     DFB、ヨアヒム・レーブ監督チームマネジャーオリバー・ビアホフ氏はエジルとの対話を模索するもここまで実現できておらず、“断絶”の状態が続いている。しかしエジルと元同僚との関係はそうではないようだ。以前、DFジェローム・ボアテング(バイエルン)がエジルを擁護するコメントを発した際、エジルはインスタグラムストーリー上でボアテングに「君の言葉に感謝しているよ、兄弟。君は代表で、苦しい時期もそこにいてくれたチームメイトだった」との言葉を送っている。今回のジャンへのエールを見る限り、共闘してきたドイツ代表の戦友たちの活躍を心から願っているようだ。(Football ZONE web編集部)

    7月にドイツ代表引退の声明を発表したエジル【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】エジルの心は今もドイツ代表に? 元同僚の追加招集にSNSで喜びと独メディア報道】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ロンドンで面会を試みるも実現せず 「理由は分からない」

     ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督チームマネジャーを務めるオリバー・ビアホフ氏が、ロシアワールドカップW杯)後にドイツ代表を引退したMFメスト・エジルアーセナル)との面会を予定していたものの、実現しなかったことが分かった。ドイツメディアSPORTBUZZER」が報じている。

     それによると、レーブ監督とビアホフ氏は、今週ロンドンで行われたFIFA年間最優秀選手賞の授賞式を契機にアーセナルを訪れ、エジルとの対話を試みようとしていたという。訪問については予告してあったようだが、レーブ監督は「メストは不在だった。そのことから、彼が現在々と話をするつもりがないのだということを受け入れなくてはならない。理由は分からない」とった。

     レーブ監督はさらに、「これほど長い間一緒に仕事をしてきたのに、私個人として残念に思っている。メストは最高の選手だった。直接り合えることを望んでいた」と、失望を口にした。

     W杯開幕前に、同じトルコドイツ人のMFイルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)とともにトルコレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と会合の場を持ち、批判を受けたエジル。二人の忠心を疑い、代表から外すべきだというを上げた政治家もおり、この一件はを巻き込んでの大騒動に発展した。

     エジルはドイツW杯本大会で史上初の1次リーグ敗退を喫したのち、7月下旬に自身の公式ツイッター明を発表。ドイツサッカー連盟(DFB)のラインハルト・グリンデル会長を名しして、DFBからサポートを得られなかったことを告白し、「人種差別され、見下されているという感情を抱いたまま代表でプレーすることはもうない」と、代表引退を表明した。レーブ監督に、エジル本人から電話などで直接引退が伝えられることはなかった。

    「彼もレーブ監督に大いに感謝すべきことがあるはずだ」

     そして渦中のグリンデル会長ドイツ第二テレビ放送(ZDF)に対し、レーブ監督電話SMSショートメッセージサービス)を使ってエジルとコンタクトを取ろうとし、さらにはロンドンで会うことを考えていたとコメントしている。

    メスト・エジルからの非難を前にして、対話が行われないというのは正しくないと思う。もちろん、々は(2014年の)W杯タイトルについて彼に感謝している。しかし、彼もレーブ監督に大いに感謝すべきことがあるはずだ。実際に会って話すのが礼儀というものだと思う」と話したうえで、エジルがレーブ監督との対話を拒否したことは「良いことではない」「礼儀にかなっていない」など苦言を呈している。(Football ZONE web編集部)

    レーブ監督(左)とエジル(右)の面会は実現せず...【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】レーブ監督、“独代表引退”エジルとの対話に失敗 DFB会長苦言「会って話すのが礼儀」】の続きを読む



    (出典 2.bp.blogspot.com)



    バイエルン時代に陶を受けた名将ペップを称賛「本当に優秀な人物」

     バイエルンドイツ代表の中心的な人物として、ドイツサッカー界を牽引したDFフィリップ・ラーム氏が、バイエルン時代に導を受けたジョゼップ・グアルディオラ監督を「彼はスーパーコーチだ」と絶賛した。スペインマルカ」が報じている。

     バイエルンドイツ代表の将を務め、サッカー史上でも世界最高のサイドバックの一人と称されるラームは、2017年に多くのサッカーファンに惜しまれながらも33歳の若さで現役引退。その後、ドイツ代表の名誉キャプテンにも選出されるなど、ドイツ代表のレジェンドと言ってもいい存在だ。

     ラームは今回、「マルカ」の独占インタビューに登場。ドイツ代表や導を受けた指揮官について持論を展開し、そのなかで現在マンチェスター・シティを率いるグアルディオラ監督を絶賛した。

    ペップスーパーコーチだよ。彼は本当に優秀な人物で、対戦相手と試合のコンセプトを分析するのがとても素晴らしいんだ。ドイツフットボールにどのようなインパクトを与えたのかは分からないけど、全てのバイエルンの選手の心に彼は残っていると思うよ。彼は分析することで各ポジションの選手を教育し、たちにプレーの仕方を教えてくれたからね。だからたちは、対戦相手がどういった状況でどんなことをやろうとしているのかを知っていたんだ」

     バイエルンラームを大きく成長させることにつながったグアルディオラ監督導。今後はどんな選手たちがグアルディオラ監督の下でトッププレーヤーになっていくのか楽しみだ。


    Football ZONE web編集部)

    (左から)グアルディオラ監督、ラーム氏【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「彼はスーパーコーチだ」 ドイツ代表名誉キャプテンの英雄ラームが絶賛した監督は?】の続きを読む



    (出典 contents.gunosy.com)



    マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネが、の誕生を報告している。8日に自身ツイッター公式アカウント(@LeroySane19)を更新した。

    ザネは、ツイッターに「昨晩(7日)、が誕生したと知らされて信じられないほど幸せだよ。母親子供も元気だ」と投稿。続けて、「の誕生のために離脱を許してくれたヨアヒム・レーブ監督ドイツ代表には、特に感謝する。もちろん、明日チームの為にお祈りするよ! 」と感謝を伝えた。

    ドイツサッカー協会(DFB)は7日、ザネが“個人的な理由”でドイツ代表から離脱したことを発表。レーブ監督下でロシアワールドカップ(W杯)のメンバーから漏れていたことから、確執などが噂されたが、どうやら相は幸せなものだったようだ。

    ドイツは、9日にペルー代表と際親善試合を戦う。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】離脱の真相が幸せ! ザネ「娘が誕生した」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    2022年までの現行契約を延長して、24年の欧州選手権まで揮するプランが浮上

     ドイツ代表は大会連覇を狙ったロシアワールドカップW杯)で1次リーグ敗退に終わり、現地時間9月6日のネーションズリーグフランス戦(0-0)で新たなスタートを切った。チーム揮するヨアヒム・レーブ監督の去就に関する噂は絶えないが、スポーツダイクターを務めるオリバー・ビアホフ氏は、指揮官の続投を明言している。スペインマルカ」が報じた。

     ドイツ代表はロシアW杯で同史上初の1次リーグ敗退を喫し、失意のまま大会を去った。MFメスト・エジルアーセナル)が代表引退を表明するなど、“変化の時”を迎えるなか、レーブ監督の去就は大きな注を集めてきた。かつてドイツ代表として通算92試合23得点を記録したスポーツダイクターのビアホフ氏は、2024年欧州選手権で開催となるためのアイデアを整理するドイツサッカー連盟(DFB)の会合で、現状を明かしている。

    レアル・マドリードからの連絡はなかった。レーブとはW杯前に契約更新されていなかったが、契約を結んだ後も彼はこのまま残留するだろうと確信している。多くのチームが彼のスタイル興味を持っているが、私が知る限り契約の話はなかった」

     また、記事ではDFBのラインハルト・グリンデル会長がレーブ監督契約2022年までだとし、さらに2年延長され、2024年欧州選手権まで揮を執る可性を示唆。レーブ監督め、06年の監督就任以降にチームで成し遂げてきたことを視してはいけないとした。

     6日に行われたW杯優勝フランスとのネーションズリーグ初戦はスコアレスドロー。9日にはペルーとの親善試合が控えており、レーブ監督の手腕に注が集まる。


    Football ZONE web編集部)

    ドイツ代表のレーブ監督【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】SDがレーブ監督の続投明言 レアルからの関心を否定「契約の話はなかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ