Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ドイツ



    (出典 contents.gunosy.com)



    アテングが自身の体験を告白 「猿のチャントはしょっちゅう聞こえてくるよ」

     バイエルンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテングが、自身の名を冠したライフスタイルマガジンBOA」を出版し、創刊号ロングインタビューで人種差別などについて語っている。ドイツメディアSPORT BUZZER」が報じた。

     ドイツ人の母親とガーナ人の父親を持つボアテングは、「ピッチの周りでウォーミングアップをしていると、スタンドから観客が猿のチャントをしているのがしょっちゅう聞こえてくる。ドイツ代表として、これだけ多くの試合をしているのにね」と、自身に向けられる人種差別について残念がる。

     ボアテングは子どもの頃からこうした問題に直面してきたという。同誌のインタビューでも「両親が長い間、肌の色について話してこなかったことは問題ではなかったけど、ある日誰かから『小さなニガーちゃん』と呼ばれたんだ。それで両親から、肌の色を問題にする人がいることを聞かされた。信じられなかった。子どもには全く意味が分からなかった」と当時を振り返っている。

     こうした経験をしてきたからこそ、ボアテングは人種差別という問題に対し世間に向けて声を上げているが、そこには「右派的な主張が社会に広まってしまったら、誰かが立ち上がり、立場を表明する必要があるのではないか」との思いがあるのだという。

    サッカー選手は多くの注目を集める。ここ数年、僕は多くの人々にとってメッセンジャーという立場にあるのではないかと、強く思うようになってきた」

     守備の重鎮としてバイエルンでもドイツ代表でも存在感を見せるボアテングは、今夏のロシアワールドカップに3大会連続出場。チームが史上初の1次リーグ敗退の屈辱を味わった後、トルコ系移民3世のMFメスト・エジルが人種差別などを理由に代表引退を表明した際には、大半のチームメートが沈黙するなかでボアテングだけは擁護していた。

     今年9月で30歳となった屈強なセンターバックは、世間から大きな注目を集めるプロサッカー選手の一人として、ピッチ外でも声を上げていく覚悟のようだ。


    Football ZONE web編集部)

    ドイツ代表DFジェローム・ボアテング【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】DFボアテングが自身の名を冠した雑誌を創刊 人種差別について持論を展開】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/08(木) 23:23:26.97 ID:CAP_USER9.net

    アーセナルのMFメスト・エジルは誹謗中傷をする人間に対して、ある考えを持っていると明かした。

    W杯日本代表の奥さんが登場!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【32枚】

    現在30歳の司令塔はドイツ代表としてブラジル・ワールドカップで優勝を果たし、所属するアーセナルでも毎年チームをけん引する活躍を見せている。そんなエジルだが、スポンサーやメディア、ファンの一部から人種差別的な扱いをされていると度々訴えてきた。そのような声に対し「興味がない」と『デイリーメール』のインタビューで語った。

    「僕のことを好きな人もいる。そして僕のことを嫌いな人がいることは知っている。人生においてこれは事実なんだ。僕にとっては身内の言葉が最も重要だよ。外にいる人間が何を言おうが関係ないね。それが僕に影響を与えることはない」

    「もし監督や身内の人間が『メスト、君はこれをしなければならない』と言えば、僕は話を聞く。その通りに動くよ。だけど他の誰かが何を言っても聞かないね。なんの影響もない」

    「個人的には、今うまくいっているよ。だけど最も大事なことはチームがうまくいっているかどうかだ。どの監督もそれぞれの戦略や哲学を持っている。僕たちはそれに順応することができる」

    プレミアリーグで5位につけているアーセナルは、今週末に11位のウォルバーハンプトン・ワンダラーズとホームで対戦する

    11/8(木) 22:00配信


    【【ドイツ代表】<エジル>批判する人間に興味なし!「僕にとっては身内の言葉が最も重要。外にいる人間が何を言おうが関係ないね」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジルは26日にイギリスメディアスカイスポーツ』の独占インタビューに応じた。同選手は自身に対する批判についてコメントを残している。

     エジルは22日に行われたプレミアリーグ第9節のレスター戦で同点ゴールを決めた。同選手にとってプレミアリーグ通算30得点となり、ドイツ人選手の歴代記録を更新。今シーズン4得点ゴールであった。

     アーセナル現在公式戦11連勝を記録しており、エジルはチームの勝利に大きく貢献している。各メディアファンから高く評価されており、全盛期パフォーマンスを取り戻したとも言われている。

     しかし、同選手は理不尽に批判の的となってしまうケースも少なくない。エジルは2018 FIFA ワールドカップ ロシアで、ドイツ代表の予選敗退の敗因を押し付けられた。それに加えて、ドイツサッカー連盟とは人種差別問題を巡って険悪となり、代表引退を発表した。

     エジルの試合中の態度や、運動量が批判に繋がる原因であることは確かだが、同選手は世界トップクラスのミッドフィールダーとして活躍を続けている。

     同選手は自身を批判する人々について次のようにった。

    プロとしてサッカー16歳17歳くらいの頃から続けている。基本的にみんなのことが好きか嫌いかに分かれるんだ。はそういった批判を続ける人の話にを傾けることはない。心の中で彼らを笑っているよ」

    「最も大切なことは監督チームメイトが自分の大きな助けになっているということだ。誰だって間違いを犯すことはあるが、その反点を明確に教えてくれる人が必要だ。批判されたら受け止めるべきだが、その批判を述べている人が自身の注の為に言っているのであれば、視するよ」

    エジルはプレミアリーグにてドイツ人選手歴代最多得点者となった [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】エジル、自身に対する批判について言及…「心の中で笑っているよ」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     16日に行われるUEFAネーションズリーグリーグA・グループ1第4節で、ドイツ代表はフランス代表とのアウェイゲームに臨む。13日にはオランダ代表に0-3と敗れ、リーグAグループ1の最下位に沈むドイツ。ドイツ誌『kicker』日本語版が予想先発メンバーを掲載した。

     ドイツUEFAネーションズリーグで1分け1敗、勝ち点「1」でリーグAグループ1の最下位。仮に今節で敗れると、リーグBへの降格危機することとなる。崖っぷちの状況で迎えるアウェイゲーム、意地を見せることはできるだろうか。

     ドイツ誌『kicker』日本語版のドイツ代表予想先発メンバーは以下の通り。

    ドイツ代表

    GK
    マヌエル・ノイアーバイエルン

    ▼DF
    ティアス・ギンター(ボルシアMG
    クラス・ズーレ(バイエルン
    マッツ・フンメルスバイエルン
    ニコ・シュルツ(ホッフェンハイム)

    MF
    ジョシュア・キミッヒ(バイエルン
    セバスティアン・ルディ(シャルケ
    トニ・クロース(バイエルン

    ▼FW
    ユリアンブラント(レヴァークーゼン
    ユリアンドラクスラーパリ・サンジェルマンフランス
    レロイ・サネ(マンチェスター・Cイングランド

    フランスとのアウェイゲームに臨むドイツ代表(写真はオランダ戦) [写真]=TF-Images via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】崖っぷちドイツ、W杯王者フランスと激突…独誌の予想スタメンは?】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ドイツ代表のレジェンド、ローター・マテウス氏が現代表の守護バルセロナGKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンが務めるべきだとした。イギリススカイスポーツ』が伝えている。

    ドイツ代表は、バイエルンGKマヌエル・ノイアーとテア・シュテーゲンという2人のハイレベルゴールキーパーを抱えている。現状ではノイアーの優先度が高く、テア・シュテーゲンの出番は限定的だが、ドイツレジェンドはその順序を逆にするべきだとした。

    マヌエル・ノイアー現在、重傷を負う前のフォームと自信を持っていない」

    「(サッカー歴史統計連盟が選ぶ)世界最高のゴールキーパーに4度もいた時のようには、まだ戻っていない」

    「(テア・シュテーゲンは)バルセロナで数年間に渡りワールドクラスだ。ノイアーが起用可だったとしても、徐々に重要な試合でチャンスが与えられていくと思う」

    ノイアーは昨年の9月に中足折したが、ロシアワールドカップ(W杯)直前に回復し本大会では正守護に。しかし、同大会に向けた予選ではGKテア・シュテーゲンが活躍しており、その時にも正守護論争が巻き起こっていた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】テア・シュテーゲンをドイツ代表正守護神に! マテウス氏主張】の続きを読む

    このページのトップヘ