Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ドイツ

    EF7D59C4-D998-4CA5-8662-E59EC9D52ED3


    1 久太郎 ★ :2018/11/17(土) 11:00:26.89 ID:CAP_USER9.net

    オランダが世界王者撃破! ドイツの降格決定…フランスはW杯制覇後初の黒星


    UEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ1第5節が16日に行われ、オランダ代表はホームでフランス代表に2-0で勝利した。

     試合はオランダが先に主導権を握り、2分にメンフィス・デパイがペナルティエリア右へ抜け出すと、折り返しを中央フリーのジョルジニオ・ワイナルドゥムが合わせるが、シュートはGKウーゴ・ロリスにセーブされる。一方のフランスは10分、左サイドのリュカ・ディニュのピンポイントクロスにアントワーヌ・グリーズマンが頭で合わせたが、GKヤスパー・シレッセンにキャッチされた。スコアが動いたのは44分、ライアン・バベルがクロスのこぼれ球をダイレクトで叩き、GKにセーブされたところをワイナルドゥムが押し込んで、オランダが先制に成功した。

     1点リードで折り返したオランダは62分、デイリー・ブリントのクロスにファーへ走り込んだデンゼル・ダンフリースが頭で叩きつけ、こぼれ球にも詰めたが、どちらもGKロリスに阻まれる。73分にはエリア手前中央のFKでデパイが右足で直接ゴール右下隅を狙うが、ここもGKロリスにセーブされた。フランスはその後も反撃できず、逆にオランダは後半アディショナルタイム6分にデパイがPKを沈め勝負を決めた。

     2位のオランダは2勝1敗で勝ち点「6」に伸ばしたため、ドイツ代表が1分2敗の勝ち点「1」で最下位が確定し、1試合を残してリーグBへの降格が決まった。なお、W杯王者のフランスは大会後初の黒星で、2勝1分1敗の勝ち点「7」で全4試合を消化。2位のオランダは最終節でドイツに引き分け以上で首位に浮上し決勝トーナメント進出が決まる。

     オランダは次節、19日にアウェイでドイツと対戦。フランス20日の国際親善試合でウルグアイ代表をホームに迎える。

    【スコア】
    オランダ代表 2-0 フランス代表

    【得点者】
    1-0 44分 ジョルジニオ・ワイナルドゥム(オランダ)
    2-0 90+6分 メンフィス・デパイ(オランダ)

    【スターティングメンバー】
    オランダ代表(4-3-3)
    シレッセン;ダンフリース、デ・リフト、ファン・ダイク、ブリント;デ・ローン、ワイナルドゥム(89分 ヴィリェナ)、F・デ・ヨング;ベルフワイン(86分 プロメス)、デパイ、バベル(90+2分 アケ)

    フランス代表(4-3-3)
    ロリス;パヴァール、ヴァラン、キンペンベ、ディニュ;カンテ、エンゾンジ(81分 エンドンベレ)、マテュイディ(65分 シソコ);グリーズマン、ジルー(65分 デンベレ)、ムバッペ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00864270-soccerk-socc


    【【海外サッカー】オランダ、世界王者フランスを撃破!ドイツのリーグB降格が決定!UEFAネーションズリーグ第5節】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ベルリン 14日 ロイター] - サッカードイツ代表を率いるヨアキム・レーウ監督は14日、マルコ・ロイスが15日の国際親善試合ロシア戦を負傷により欠場することを明言した。

    ドイツブンデスリーガ1部のドルトムントプレーするロイスは、今季のリーグ開幕11試合で8ゴールと好調なプレーを見せ、無敗のチームに大きく貢献している。

    しかし、レーウ監督はロイスが10日のバイエルン・ミュンヘン戦で軽い負傷があったことを明かし、「明日のゲームではプレーできないだろう」と報道陣に話した。

    レーウ監督はロイスが14日のトレーニング参加を見送ることを明らかにし、「月曜日(19日)に向けて調整していけるかを見極めなければいけない」と、UEFAネーションズリーグオランダ戦を欠場する可能性も示唆した。

     11月14日、サッカーのドイツ代表を率いるヨアキム・レーウ監督は、マルコ・ロイス(写真)が15日の国際親善試合ロシア戦を負傷により欠場することを明言した。10日にドイツのドルトムントで撮影(2018年 ロイター/Wolfgang Rattay)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】ロイス、負傷により2試合欠場も】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     ドイツサッカー連盟(DFB)は13日、同国代表メンバーに名を連ねているMFユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマンフランス)が家族の不幸により、15日の国際親善試合ロシア代表戦を欠場することが決まったと発表した。

     ドイツは15日にロシア代表との国際親善試合に臨んだ後、19日にはUEFAネーションズリーグ2018-19のオランダ代表戦に臨む。ドラクスラーはロシア戦を欠場することが決まったものの、オランダ戦の前にチームに合流するかどうか、そして同試合に出場できるかどうかは現時点では不明となっている。

     ドイツUEFAネーションズリーグリーグAのグループ1に所属しているが、3試合を終えて1分け2敗と未勝利。フランス代表、オランダ代表と同居するグループ1で最下位に沈み、リーグB降格危機に陥っている。

    ドイツ代表に名を連ねているドラクスラー [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【独代表】ドラクスラー、家庭の事情で親善試合欠場…オランダ戦出場可否は不明】の続きを読む



    (出典 contents.gunosy.com)



    アテングが自身の体験を告白 「猿のチャントはしょっちゅう聞こえてくるよ」

     バイエルンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテングが、自身の名を冠したライフスタイルマガジンBOA」を出版し、創刊号ロングインタビューで人種差別などについて語っている。ドイツメディアSPORT BUZZER」が報じた。

     ドイツ人の母親とガーナ人の父親を持つボアテングは、「ピッチの周りでウォーミングアップをしていると、スタンドから観客が猿のチャントをしているのがしょっちゅう聞こえてくる。ドイツ代表として、これだけ多くの試合をしているのにね」と、自身に向けられる人種差別について残念がる。

     ボアテングは子どもの頃からこうした問題に直面してきたという。同誌のインタビューでも「両親が長い間、肌の色について話してこなかったことは問題ではなかったけど、ある日誰かから『小さなニガーちゃん』と呼ばれたんだ。それで両親から、肌の色を問題にする人がいることを聞かされた。信じられなかった。子どもには全く意味が分からなかった」と当時を振り返っている。

     こうした経験をしてきたからこそ、ボアテングは人種差別という問題に対し世間に向けて声を上げているが、そこには「右派的な主張が社会に広まってしまったら、誰かが立ち上がり、立場を表明する必要があるのではないか」との思いがあるのだという。

    サッカー選手は多くの注目を集める。ここ数年、僕は多くの人々にとってメッセンジャーという立場にあるのではないかと、強く思うようになってきた」

     守備の重鎮としてバイエルンでもドイツ代表でも存在感を見せるボアテングは、今夏のロシアワールドカップに3大会連続出場。チームが史上初の1次リーグ敗退の屈辱を味わった後、トルコ系移民3世のMFメスト・エジルが人種差別などを理由に代表引退を表明した際には、大半のチームメートが沈黙するなかでボアテングだけは擁護していた。

     今年9月で30歳となった屈強なセンターバックは、世間から大きな注目を集めるプロサッカー選手の一人として、ピッチ外でも声を上げていく覚悟のようだ。


    Football ZONE web編集部)

    ドイツ代表DFジェローム・ボアテング【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】DFボアテングが自身の名を冠した雑誌を創刊 人種差別について持論を展開】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/08(木) 23:23:26.97 ID:CAP_USER9.net

    アーセナルのMFメスト・エジルは誹謗中傷をする人間に対して、ある考えを持っていると明かした。

    W杯日本代表の奥さんが登場!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【32枚】

    現在30歳の司令塔はドイツ代表としてブラジル・ワールドカップで優勝を果たし、所属するアーセナルでも毎年チームをけん引する活躍を見せている。そんなエジルだが、スポンサーやメディア、ファンの一部から人種差別的な扱いをされていると度々訴えてきた。そのような声に対し「興味がない」と『デイリーメール』のインタビューで語った。

    「僕のことを好きな人もいる。そして僕のことを嫌いな人がいることは知っている。人生においてこれは事実なんだ。僕にとっては身内の言葉が最も重要だよ。外にいる人間が何を言おうが関係ないね。それが僕に影響を与えることはない」

    「もし監督や身内の人間が『メスト、君はこれをしなければならない』と言えば、僕は話を聞く。その通りに動くよ。だけど他の誰かが何を言っても聞かないね。なんの影響もない」

    「個人的には、今うまくいっているよ。だけど最も大事なことはチームがうまくいっているかどうかだ。どの監督もそれぞれの戦略や哲学を持っている。僕たちはそれに順応することができる」

    プレミアリーグで5位につけているアーセナルは、今週末に11位のウォルバーハンプトン・ワンダラーズとホームで対戦する

    11/8(木) 22:00配信


    【【ドイツ代表】<エジル>批判する人間に興味なし!「僕にとっては身内の言葉が最も重要。外にいる人間が何を言おうが関係ないね」】の続きを読む

    このページのトップヘ