Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ドイツ



    (出典 f.image.geki.jp)



     バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーは昨年9月に左足中足骨を骨折し、現在はリハビリに専念している。実戦から遠ざかる日々が続いているが、ドイツ代表は2018 FIFAワールドカップ ロシアの登録メンバーに同選手を入れる方針をすでに固めているようだ。13日付のドイツ紙『ビルト』が伝えている。

     ノイアーは昨年12月から再生医療の一つであるPRP療法を取り入れるなど、復帰に向けて様々な治療法に取り組んでいる。また今月11日には、リハビリのためにタイを訪れていることをインスタグラムで報告。「今週は太陽の下でリハビリを行うつもりだ」と記し、近況を伝えている。

     ノイアーの復帰時期は現時点では未定のようだが、ドイツ代表でGKコーチを務めるアンドレアス・ケプケ氏は『ビルト』の取材に対して「今のところ、私はマヌエルがワールドカップでプレーすると確信している。前回大会の時も、彼は直前にDFBポカール準決勝で肩を負傷した。2週間、トレーニングをすることができなかったが、ブラジルでは全く問題ない状態になっていた。今回もワールドカップ開幕前にブンデスリーガかチャンピオンズリーグの試合に出ていると思うよ」と語り、同選手がW杯本大会までには復帰を果たすだろうと予想している。

     さらにケプケ氏は、ノイアーがロシアW杯に臨むドイツ代表の登録メンバーに入る可能性について「そのことについて、我々がプランBを検討することはないよ」とコメント。本大会のメンバーに招集する意向であることを明かした。

    (記事/Footmedia)

    負傷離脱からの復帰を目指しているノイアー [写真]=ullstein bild via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】離脱中のノイアー、W杯出場なるか…】の続きを読む



    (出典 img.cdn.nimg.jp)



    世界で台頭する、プロ選手としてトップレベルの経験を持たない若き指導者たち

     ユリアン・ナーゲルスマンが、ホッフェンハイムの監督に就任したのは28歳の時だった。縦横18メートルの巨大スクリーンを練習場のピッチ脇に置いてホワイトボードの代わりに使い、認知力を高めるための大がかりな装置(へリックス)を導入するなど、斬新な指導法で話題になった。同世代のドメニコ・テデスコ(シャルケ)ら、30歳台のブンデスリーガ監督たちは「ラップトップ監督」と揶揄されもしたが、ドイツの新しい流れを作りつつある。

     若くして指導者を志した監督たちに共通するのは、プロ選手としてトップレベルの経験がないことだ。アリゴ・サッキ(元ACミランほか)やジョゼ・モウリーニョ(マンチェスター・ユナイテッド)がその代表格と言えるが、アンドレ・ビラス=ボアス(元チェルシーほか)やレオナルド・ジャルディム(モナコ)も選手経験がない。

     ブラジルでは名選手が監督に就任するケースもあるが、体育大学を卒業してフィジカルコーチとなり後に監督になった人が多い。1994年アメリカ・ワールドカップ(W杯)でブラジル代表が優勝した時のカルロス・アルベルト・パレイラ監督がそうで、歴代のセレソンにフィジコ系の監督は珍しくない。Jリーグで指揮を執ったオズワルド・オリヴェイラ(元鹿島アントラーズ)、ジョアン・カルロス(元鹿島ほか)もフィジコから監督になった。

     ポルトガルとブラジルにプロ選手経験のない監督が多いのは、国情とも関係しているのだろう。かつては大卒のプロサッカー選手はほとんどいなかったし、新聞を読めない、自分の名前さえ正確に書けない選手すらいた。プレーヤーとしては素晴らしくても、監督は務まらないようなタイプが多かったのだ。大学で理論を学んだ指導者が重宝されたのは、そうした事情があったわけだ。

    “二頭体制”は抜擢への移行期にありがち

     ただ、そもそも選手としての能力と監督としての能力は、全く別と言っていい。たまたま両方を持っている人もいるけれども、むしろ例外かもしれない。有名選手でも監督として成功しないケースは多く、逆に有名監督における“無名選手率”は意外と高い。

     もちろん、素晴らしい選手が監督として上手くいかないと限ったわけではなく、単に選手と監督は違う仕事だというだけである。選手時代の実績は、監督としての能力にはあまり関係がない。

     イングランドやドイツでは、トップレベルの選手経験がない監督は信用されていなかった。2006年ドイツW杯のドイツ代表監督は名選手だったユルゲン・クリスマンだったが、戦術面で実質的な監督だったのはヨアヒム・レーブだった。レーブは現在のドイツ代表監督だが、いきなりレーブを監督に据えるのではなく、クリンスマンを表に立てた。似たような例はイングランドにもあり、一種のメディア対策とも言える。“二頭体制”は、無名選手の監督抜擢への移行期にありがちな手法だ。

     ドイツでは有名選手への優遇をやめて、無名選手にもトップリーグの監督への道を開放すると、「ラップトップ監督」たちが台頭した。日本はようやく、現役時代にJリーグやW杯でプレーした経験のある指導者が出てきたところだが、より優秀な監督を輩出するためには選手としての実績ではなく、監督としての能力を評価できるシステムを作らなくてはならない。

    西部謙司●文 text by Kenji Nishibe

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    ドイツ新時代の象徴「ラップトップ監督」 世界的名将でも意外と高い“無名選手率”


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ドイツ新時代の象徴 “無名選手”でも世界的名将になれる!!】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2017/12/21(木) 18:29:17.25 ID:CAP_USER9.net

    FIFA(国際サッカー連盟)は21日、最新のFIFAランキングを発表した。

    今回トップ10に変動はなく、ドイツが1位に入った。また、35位のウクライナまで順位の変動がなかった。

    日本は順位を2つ下げて57位となり、ロシア・ワールドカップで日本と対戦するポーランドは前回と変わらず7位、コロンビアも前回と同じく13位、セネガルも23位と変動はなかった。アジアトップはイランの32位、オーストラリアが次点に続き38位、日本はアジア3番目となった。なお、韓国は60位に入った。

    トップ10は以下の通り。
    1位 ドイツ
    2位 ブラジル
    3位 ポルトガル
    4位 アルゼンチン
    5位 ベルギー
    6位 スペイン
    7位 ポーランド
    8位 スイス
    9位 フランス
    10位 チリ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00010002-goal-socc


    【【FIFA】<最新FIFAランクが発表!>日本は57位!3位 ポルトガル、2位 ブラジル、1位は?】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 みつを ★ :2017/12/14(木) 18:14:21.48 ID:CAP_USER9.net

    http://www.afpbb.com/articles/-/3155418?cx_position=12

    【12月14日 AFP】ドイツサッカー連盟(DFB)は13日、2018年W杯ロシア大会(2018 World Cup)で連覇を果たした場合は、各選手に1人当たり35万ユーロ(約4700万円)のボーナスを支給すると発表した。前回の2014年ブラジル大会を制した際は30万ユーロ(約4000万円)が支払われており、それが増額された形。

     DFBのラインハルト・グリンデル(Reinhard Grindel)会長は「選手にとっては、ドイツサッカー史上初の連覇を果たすための大きなモチベーションになる」「(優勝すれば)永遠に語り継がれるタイトルになるだろうし、スペシャルボーナスに値することは間違いない」と語った。

     また、ボーナスの支給は準々決勝以上に勝ち残ってからとなっており、8強で7万5000ユーロ(約1000万円)、4強で12万5000ユーロ(約1665万円)、3位で15万ユーロ(約2000万円)、準優勝で20万ユーロ(約2665万円)となっている。

     ヨアヒム・レーブ(Joachim Loew)監督率いるドイツ代表は、メキシコ、スウェーデン、韓国と同じグループFに入っており、来年6月17日にモスクワで行われるメキシコとの初戦で通算5度目の大会制覇へ向けた船出を切る。(c)AFP

    2017年12月14日 15:23 発信地:ベルリン/ドイツ

    サッカー国際親善試合、イングランド対ドイツ。試合前の写真撮影に臨むドイツ代表(2017年11月10日撮影、資料写真)。(c)AFP/Glyn KIRK

    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    【【ドイツ代表】王者ドイツ、W杯連覇したらボーナス1人4700万円にアップ!前回から増額】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 みつを ★ :2017/12/13(水) 18:48:15.31 ID:CAP_USER9.net

    http://www.afpbb.com/articles/-/3155237?cx_position=19

    【12月13日 AFP】サッカードイツ代表で、W杯ブラジル大会(2014 World Cup)ではチームを優勝に導く決勝ゴールを決めたボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)のマリオ・ゲッツェ(Mario Goetze)が、12日に子供向けの絵本を出版した。タイトルは「マリオの大きな夢」で、売り上げは慈善団体に寄付するという。

     ゲッツェは独スポーツ通信社SIDに対して「サッカーに対する大きな感謝の気持ちを、何らかの形で別の人へ返し、みんなと何かを分かち合いたいと思っていた。子供は僕にとって非常に大切な存在。子供は未来だ。だから相手を尊重する気持ちや寛容さ、広い心をテーマに子供の本を書くことにした」と話した。

     現在けがで戦列を離れているゲッツェはこの日、ドルトムントにあるサッカーミュージアムへ赴き、決勝戦で履いていたスパイクが永久展示品として飾られている場所のそばで、絵本の読み聞かせを行った。

     本人は自伝的な内容ではないと言うが、物語はドイツ代表を夢見る「ちっちゃなマリオ」を主人公に進んでいき、ヨアヒム・レーブ(Joachim Loew)現ドイツ代表監督に酷似した元スター選手の教えで、名声や勝利だけがすべてではないことを学んでいく。

     本の売り上げは、障害のある子供や若者を支援する「キッズトゥーライフ(Kids to Life)」というミュンヘン(Munich)の慈善団体に寄付するという。ゲッツェは「彼らは若者が自立した、恐怖から解放された未来を送れるようにすることを使命としている。僕もそれはすごく重要だと考えているし、寄付という行動は、この本のテーマにもぴったり合うと思うんだ」と話した。(c)AFP

    2017年12月13日 15:23 発信地:ベルリン/ドイツ


    【【ドイツ代表】マリオ・ゲッツェが絵本出版 タイトルは「マリオの大きな夢」主人公はドイツ代表を夢見るちっちゃなマリオ】の続きを読む

    このページのトップヘ