Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ドイツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     バイエルンを率いるハンジ・フリック監督が、同クラブに退任の意向を伝えたことを明かした。17日、ドイツメディアスカイスポーツ』が報じている。

     バイエルンとの現行契約が2023年6月30日までとなっているフリック監督。昨季は前人未到のブンデスリーガ8連覇と7シーズンぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)制覇、2シーズン連続となるDFBポカール制覇の3冠を達成。今季はパリ・サンジェルマンに2戦合計3-3のアウェイゴール差でCL準々決勝敗退となったが、ブンデスリーガではここまで21勝5分け3敗という成績で首位に立つチームを牽引している。

     バイエルンのハサン・サリハミジッチSD(スポーツディレクター)との意見の相違なども報じられていたフリック監督は、17日に行われたブンデスリーガ第29節のヴォルフスブルク戦後、クラブに退団の意向を伝えた経緯について以下のように説明している。

    パリ・サンジェルマンとのアウェイでの試合の後、クラブに今シーズン終了後の契約解除の意向を伝えた。それを今日、チームに伝えた。今日の試合後にチームに伝えたいと思ったのは、クラブに伝えることがどれほど難しく、重要なことかを知っているからだ。私にとっては、チームが私から聞くことが重要だった。なぜなら、すでに噂のひとつやふたつがあるからだ」

    「我々は2年間、一緒にとてもよく働いてきた。私はこのチームスピリットクオリティに非常に感激していて、このチームとともに進めることに感謝している。そして、このようなチームを指導する機会を与えてくれたクラブにもとても感謝している」

     フリック監督は、EURO2020後の退団が決定しているヨアヒム・レーヴ監督の後任としてドイツ代表指揮官に就任する可能性が噂されているが、自身の将来については「まったくわからないし、オリバー・ビアホフ(ドイツ代表のマネージャー)との会話もない。最近は重要な局面を迎えていたからね。もちろん、DFB(ドイツサッカー連盟)はすべての監督が考えなければならない選択肢のひとつだが、私にとってはまず、すべてを消化することが重要だ」と話している。

     フリック監督は1965年まれの現在56歳。現役引退後に指導者としての道を歩み始めると、2006年から10年に渡ってドイツ代表のコーチや強化担当を務めた。その後、2019年夏にバイエルンコーチに就任すると、2019年11月からはニコ・コヴァチ前監督に代わってバイエルンを率いている。

    バイエルンを率いるハンジ・フリック監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】バイエルンのフリック監督、今季末で退任へ「契約解除の意向を伝えた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    バイエルンを指揮するハンジ・フリック監督(56)は今シーズン限りでクラブを去り、ドイツ代表の新指揮官に就任する可能性が高まっているようだ。

    2019年11月にニコ・コバチ前監督の後任としてバイエルンの新指揮官に就任したフリック監督。就任1年目にシーズントレブルを達成すると、今シーズンに入ってもDFLスーパーカップUEFAスーパーカップFIFAクラブワールドカップタイトルを獲得する圧巻の手腕を発揮した。

    シーズンブンデスリーガでRBライプツィヒと5ポイント差の首位をキープしており9連覇の可能性は濃厚だが、DFBポカールの早期敗退に加え、直近のパリ・サンジェルマン(PSG)戦の敗戦により、チャンピオンズリーグ(CL)連覇の可能性が潰えた。

    それでも、現行契約は2023年までとなっており、これまでの実績を考えれば、来シーズンの続投が既定路線と言える。その一方でスポーツディレクター(SD)を務めるハサン・サリハミジッチ氏との確執が噂されており、熱心な誘いを受けているとされるドイツ代表の新指揮官就任の可能性も指摘されている。

    そういった中、バイエルンドイツ代表の重鎮であるローター・マテウス氏は、ドイツスカイ』でフリック監督が今シーズン限りでクラブを去り、ユーロ2020終了後に退任するヨアヒム・レーブ監督の後釜としてディー・マンシャフトの新指揮官に就任する見込みであると主張している。

    「私はすでに2週間前に、私の中では今季がハンジ・フリックの最後のシーズンだと言ってきた。同じく彼がDFB(ドイツサッカー連盟)のリストの一番上にいると言ってきた。DFBからのオファーはあるはずだ」

    「したがって、彼らはハンジ・フリックをほしがっていて、個人的に彼が今シーズンを最後にバイエルンの監督ではなくなると思っている。いや、確信していると言ってもいい」

    「つまり、ホームで行われるアウグスブルクとの最終戦が、ハンジ・フリックにとってバイエルンの監督としての最後の試合になるということだ」

    さらに、ドイツフットボール界のご意見番はバイエルンがすでにフリック監督の後任としてライプツィヒユリアン・ナーゲルスマン監督(33)の招へいに向け、動きを見せているとも主張している。

    ミュンヘンはすでにナーゲルスマンと金銭的条件も含めて少し話をしている」

    なお、マテウス氏の一連の発言を受け、14日の公式会見の場でバイエルンとの交渉に関して質問を受けたナーゲルスマン監督は、「バイエルンとの交渉は過去にはあったが、今は何もない。ローターがどこからその情報を得たのかはわからないが、私自身、代理人にも含めて彼らとの間で話はなかったよ」と、同氏の主張を完全に否定している。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】フリック監督は今季限りでバイエルン退団でドイツ代表指揮官に? 重鎮マテウスが主張】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ドイツ代表DFジェローム・ボアテング(32)だが、バイエルンでのキャリアは終了を迎えることになるようだ。

    ヘルタ・ベルリンの下部組織で育ったボアテングは、ハンブルガーSVやマンチェスター・シティでもプレー2011年7月にバイエルンへと完全移籍で加入した。

    これまでバイエルンでは公式戦354試合に出場し10ゴール25アシストを記録。その間に8度のブンデスリーガ優勝や2度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝などに貢献。また、ドイツ代表にも定着しその名を挙げていた。

    アテングとバイエルンの契約は2021年6月末までとなっており、今シーズン限りで契約が満了を迎えるが、ドイツキッカー』によるとバイエルンのキャリアは10年間で終了となるようだ。

    報道によれば、バイエルン取締役会はボアテングと契約を延長しないという決定を下し、すでにボアテングの代理人に伝えているとのこと。これにより、バイエルンでのキャリアは終わりになることが決定した。

    ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督からは世代交代を理由に招集されていないボアテング。しかし、バイエルンのウリ・ヘーネス名誉会長は同様の理由で代表を離れているFWトーマス・ミュラーとともに代表に復帰させるべきだと主張していた。

    また、今回このような決定を明かしたことについては、カール=ハインツ・ルンメニゲ会長や幹部のオリバー・カーン氏、ハサン・サリハミジッチ氏を、この手の質問から解放したいと考えていたようだ。

    【動画】バイエルンで躍動するジェローム・ボアテン

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】元ドイツ代表DFボアテング、10年間でバイエルンのキャリア終了へ…契約延長せず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ドイツ代表のMFイルカイ・ギュンドアンが、北マケドニア代表戦の敗戦を振り返った。ドイツサッカー連盟が伝えた。

    ドイツ代表は3月31日カタールワールドカップ欧州予選グループJ第3節で北マケドニア代表とのホーム戦に臨んだ。

    3月25日に行われたアイスランド代表戦は3-0、同28日に行われたルーマニア代表戦でも1-0と勝利して2連勝スタートとしたドイツ。しかし、この試合では序盤からパフォーマンスが悪く、なかなかチャンスを作れない。

    すると前半アディショナルタイムゴラン・パンデフに先制を許し、1点ビハインドで後半へ。63分にギュンドアンがPKを決めて同点とするも、その後もパフォーマンスが上がらないと、85分にエリフ・エルマスに勝ち越しゴールを許す。

    結局これが決勝点となり、1-2で敗戦。北マケドニアに金星を与えることとなった。

    試合後ギュンドアンは敗戦を受けて「これは起こってはいけないことだ」とコメント。「北マケドニアは2つの門をゴール前に立てていたように感じた」と相手の堅い守備を語った。

    「それからは簡単すぎた。チャンスを作ろうとしたが、1点しか取ることができなかった」

    「2つのゴールを許したが、どちらも僕たちが良くなかった」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ギュンドアンも敗戦に失望「起こってはいけないこと」、2失点も悔やむ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督が、北マケドニア代表戦の敗戦を振り返った。ドイツサッカー連盟が伝えた。

    ドイツ代表は3月31日カタールワールドカップ欧州予選グループJ第3節で北マケドニア代表とのホーム戦に臨んだ。

    3月25日に行われたアイスランド代表戦は3-0、同28日に行われたルーマニア代表戦でも1-0と勝利して2連勝スタートとしたドイツ。しかし、この試合では序盤からパフォーマンスが悪く、なかなかチャンスを作れない。

    すると前半アディショナルタイムゴラン・パンデフに先制を許し、1点ビハインドで後半へ。63分にイルカイ・ギュンドアンがPKを決めて同点とするも、その後もパフォーマンスが上がらないと、85分にエリフ・エルマスに勝ち越しゴールを許す。

    結局これが決勝点となり、1-2で敗戦。北マケドニアに金星を与えることとなった。

    試合を振り返ったレーブ監督はチームパフォーマンスが良くなかったと指摘し、敗戦に失望感を露わにした。

    「試合後の我々の失望はとても大きい。今日は単純に疲れた。動きにはフレッシュさがなく、試合ではミスが多すぎた」

    「我々がスピーディにプレーするときはいつだって、我々は危険な存在だ」

    「しかし、相手は深く守っており、崩す手段が見つからなかった。全体的に残念だった」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ホームでまさかの敗戦のドイツ、レーブ監督は失望感「今日は単純に疲れた」】の続きを読む

    このページのトップヘ