Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ドイツ



    (出典 f.image.geki.jp)



    ボランチで輝きを放つキミッヒ、ドイツ代表の「リーダーの系譜を継ぐ男」

     2018年ロシアワールドカップ(W杯)から約1年が過ぎた。優勝国として臨みながらグループリーグ敗退となってしまったドイツ代表はその後痛みを伴いながらも、精力的にチームの若返り、活性化に努めている。先日行われた2020年欧州選手権(EURO)予選のベラルーシ戦(2-0)、エストニア戦(8-0)では、そんな彼らの成長ぶりが確かに見てとれた。

     新生ドイツの中で主軸として鍵を握る存在が、ヨシュア・キミッヒだ。元々はボランチの選手だが、代表チーム事情でこれまでは右サイドバックとしてプレーしていた。正確な技術、試合状況に適したプレーを選択できるプレーインテリジェンス、弛まぬ向上心。あっという間に順応したキミッヒは所属クラブバイエルンでも同ポジションで卓越したプレーを見せており、世界でもトップレベルの選手に上り詰めた。

     そんなキミッヒがこの1年間、代表ではボランチとしてプレーしている。かつてヨアヒム・レーブ監督は、元ドイツ代表キャプテンで同じくワールドクラスの右サイドバック(SB)だったフィリップ・ラームを、チーム事情でボランチ起用したことがあった。監督のイメージ通りに攻守でプレーできる選手が、どうしても必要だったからだ。生粋のSBだったラームと違い、キミッヒは本来ボランチでプレーしていた経験がある。代表で試合を重ねるごとにプレーの幅がどんどん広がり、攻守のどの局面でも貴重な働きを見せている。

     加えてリーダーとしての気質を備えているのも大きい。バスティアン・シュバインシュタイガー、トニ・クロースの系譜を継ぐ男だ。

     4月の代表戦前に、ベテラン選手であるトーマス・ミュラーマッツ・フンメルスジェローム・ボアテングの3人に対して、レーブ監督は「今後代表に招集しない」旨を発表。ドイツメディアが大騒ぎをし、選手、監督、関係者が口々にコメントを求められた。とはいえ、現役代表選手にとってはなかなかコメントしにくいところだ。キャプテンマヌエル・ノイアーは、あくまでもどちらをも立てる“大人の対応”で答えていた。

    スキャンダル狙いの地元記者にもスマートに対応 「何を言いたいの?(笑)

     そんななかキミッヒは、「代表功労者である彼らに対して今回のやり方は良くない」と、自分の意見をはっきりと口にした。代表監督が相手であっても、良くないことには良くないと言うべきだし、それがそのまま監督批判ということにはならないと主張する。レーブ監督も、そんなキミッヒの人間性を高く評価している。

     試合後のミックスゾーンでも、キミッヒの周りには必ず多くの記者が集まりマイクを差し出してコメントを求める。

    「特に前半は文句のつけようのない内容だったと思う。試合開始直後から全員が集中して100%の力でプレーできていた。スタジアムの雰囲気はとても良かったし、僕らは得点を重ねても気持ちを切らさずに次のゴールへ向けてプレーすることができた。もちろん、まだすべてがパーフェクトというわけではないし、スピードに欠けた局面もあった。でも素晴らしい試合だった。自分たちのアイデアをしっかりと実行することができた。

     大事なのは、自分たち選手が代表でサッカーができることの意欲、このチャンスをつかんでみせるという野心を見せていくことだ。代表選手の若返りという状況をチャンスと捉え、スタメンで出る選手も、途中から入ってくる選手も全力でアピールしようとしている。今日だったらユリアン・ドラクスラーやティモ・ヴェルナーがそうだったよね。どの選手も素晴らしいクオリティーを持っている」

     ドイツ人記者にもいろんな人がいる。サッカーのことを純粋に聞き出そうとする人がいれば、スキャンダルを狙う人だっている。「トニ・クロースが帯同していなかったこの2試合で、中盤はとても機能的でバリエーションがあって良かったと思うが?」という多少挑発的な質問に対しても、キミッヒは動じることなく「何を言いたいの?(笑)。自分たちがどんなプレーをしようというのはかなり細かく準備してきたし、それが大部分で上手くいったということだよ」と、スマートに対処してみせる。

     あるいは「マッツ・フンメルストーマス・ミュラージェローム・ボアテングがいなくなったことの影響はもうない?」と改めてコメントを求める人がいる。ちょっと考えてからキミッヒは、違う視点を提示した。

    ゴレツカら同世代の選手たちとともに「すごくハングリーだ」

    「『彼らがいなくなった』ということよりも、多くの若手選手はプレーできるチャンスをずっと待ち望んでいたんだ。僕は右サイドバックで上手くチャンスをもらうことができたけど、例えばレオン(ゴレツカ)、セルジュ(ニャブリ)、ニクラス(ジューレ)はコンフェデ杯以外ではなかなか起用してもらえなかった。みんな所属クラブで成長を続けて、今こうやって代表でプレーすることにすごくハングリーだ。

     今の代表には95、96年組が多くいる。みんな世代別代表で一緒にやってきた仲間だ。これまでにいろんな大会で結果を残してきたし、一緒に戦ってきた。ここにマルコ(ロイス)、イルカイ(ギュンドアン)、トニ(クロース)というちょっと上の世代の選手とのミックスがこのまま上手くいけば、今後いいチームになっていくはずだ」

     今すぐEUROやW杯で優勝争いできるというわけではない。そのことは監督も選手も分かっている。でも今の代表には、1年前の代表にはなかった躍動感がある。新たなことにどんどん取り組み、ミスを恐れずにチャレンジしていこうという疾走感がある。確かな手応えと飽くなき野心で、さらに成長していきたい。(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)

    ドイツ代表MFキミッヒ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】ロシアW杯の屈辱から1年… ドイツ代表“復活の鍵”を握る万能型「新リーダー」の姿】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジル(30)が7日、トルコイスタンブールでアミーネ・グルゼ(26)と結婚式を挙げ、既報通りトルコレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領が付添人として出席した。

    エルドアン大統領は対立者を厳しく取り締まり、軍、警察、裁判官を解任させるなど、独裁的な政治手法が国内外から多く批判される人物だ。

    一方、トルコルーツを持つエジルだが、生まれ育ったドイツでフル代表になる選択をしていた。しかし、そのエジルはロシアワールドカップ(W杯)前の昨年5月にロンドンを訪れたエルドアン大統領エバートントルコ代表FWジェンク・トスン、マンチェスター・シティドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンと共に面会。その際に撮られた記念写真が公となったことで、反エルドアン大統領派のドイツ国民やドイツサッカー連盟(DFB)から非難を浴びた。

    結局、ヨアヒム・レーブ監督は多くの批判を浴びたエジルとギュンドアンをロシアW杯に招集も、エジルは惨敗となった同大会後に、「民族差別と軽蔑を感じ、これ以上ドイツ代表でプレーしない」と、DFB幹部らを非難すると共に代表引退を発表していた。

    この代表引退によってエルドアン大統領との距離をさらに縮めたエジルは、2014年度のミス・トルコに輝いたアミーネさんとの結婚式に同大統領を招待することになった。

    すでにドイツ代表とは無関係のエジルだが、エルドアン大統領との蜜月の関係は、現役引退後を含め今後のドイツでの活動に大きな影響を与えることになりそうだ。

    なお、エルドアン大統領の出席で物議を醸す結婚式となった中、エジルとアミーネ夫妻は、今後1000人の子供たちの手術代を負担するチャリティー活動の計画を発表している。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】エジル、ドイツ代表引退の原因となったトルコ大統領が結婚式に出席】の続きを読む



    (出典 www.wowow.co.jp)



    ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督が入院していることが分かった。

    ドイツサッカー協会(DFB)は31日、レーブ監督が動脈圧迫により入院が必要となったことを明かした。同監督によると「体は回復したが4週間は安静にしないといけない」とのことで、6月のユーロ予選ではアシスタントコーチマルクス・ゾルグ氏がベンチに代役を務めることになるという。

    ドイツ代表は来月8日にアウェイベラルーシ代表と、同11日にホームエストニア代表とユーロ2020予選・グループCで対戦する。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】レーヴ監督が入院…ユーロ予選はアシスタントコーチが代行】の続きを読む



    (出典 public.potaufeu.asahi.com)



    Daily Mail』は19日、「アーセナルドイツ代表MFメスト・エジルは、レジェップ・エルドアン大統領との夕食会に出席した」と報じた。

    記事によれば、エジルと婚約者のアミヌ・ギュルシュは先日イスタンブールのドルマバフチェ宮殿で行われた夕食会に出席し、エルドアン大統領と対面したという。

    トルコで強権的な政治を行っていることでエルドアン大統領は欧州各国から批判を受けており、国境なき記者団は「トルコは最大のジャーナリスト逮捕国」と指摘している。

    エジルは昨年5月にそのエルドアン大統領と対面し、サイン入りのユニフォームを進呈。その写真がSNSで広まっていた。

    そしてドイツサッカー連盟などからも激しい批判を受けたことからエジルは代表からの引退を発表している。

    記事によればエジルは6月7日に行われる自身の結婚式エルドアン大統領を招待したとのことで、両者の関係が更に深まっていると示唆している。

    【関連記事】私で最後にしてください…国籍で色々あった選手たち

    エジルはアーセナルの一員として5月29日ヨーロッパリーグ決勝を戦う予定となっているが、この問題が再びフィーチャーされることになるかもしれない。

    エジル大丈夫か、代表引退のきっかけとなった人物と再び会う


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元ドイツ代表】エジル大丈夫か、代表引退のきっかけとなった人物と再び会う】の続きを読む



    (出典 japan.vserver1.sportsandbytes.de)



    『AFP』は27日、「元ドイツ代表DFマッツフメルスは、戦力外通告を受けたことを怒っていないと話した」と報じた。

    先日ドイツ代表監督のヨアヒム・レーフ氏はマッツフメルスジェローム・ボアテング、トーマス・ミュラーの3名を今後招集しないと宣言。戦力外通告という厳しい決断を下した。

    当初その処遇に不満を述べていたフメルスであるが、もはやそれを気にしてはいないようだ。彼は『Bild』に対して以下のように明かしたという。

    マッツフメルス

    「僕も他の人が満足できないようなことをするものだからね。こちらに影響を与えるような誰かの決断に憤慨することはない。

    ヨアヒム・レーフ監督にとっては、我々に完璧な形でそれを伝える方法を見出すのは不可能だったと思うよ。

    おそらくそれは難しいことだ。何の議論も巻き起こすことのない適切な方法を見つけることはね」
    「いくらか冷遇されているなとは感じたよ。トーマスミュラー)、ジェローム(ボアテング)と僕は、もう少し評価されてもいいのではないかと思った

    しかし、ドイツの代表選手としてプレーしてきたこの8年間は非常に素晴らしいものだったよ」

    「残念だったのは、昨年行われたロシアW杯の韓国戦だ」

    「僕は再三あの瞬間について友人と議論したよ。あのシュートが入るか入らないかは巨大な影響を持っていた。それはワールドカップの結果だけではなく、今起こっていること(戦力外通告)に対してもだ。

    もしあそこで得点を決められていれば、ドイツは決勝トーナメントに進むことができただろう。そして多くのことが変わっていたはずだ」

    【関連記事】超サイヤ人に進化?「突如金髪になったサッカー選手」

    「もう、ドイツ代表選手としてプレーしていたマッツフメルスはいない。僕の頭の中では、脇に置いておくつもりだ。これからのためにね」
    「もう怒ってない」代表から除外のフメルス、潔すぎるコメント


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元ドイツ代表】「もう怒ってない」代表から除外のフメルス、潔すぎるコメント】の続きを読む

    このページのトップヘ