Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ドイツ



    (出典 img.footballchannel.jp)



     16日に行われるUEFAネーションズリーグリーグA・グループ1第4節で、ドイツ代表はフランス代表とのアウェイゲームに臨む。13日にはオランダ代表に0-3と敗れ、リーグAグループ1の最下位に沈むドイツ。ドイツ誌『kicker』日本語版が予想先発メンバーを掲載した。

     ドイツUEFAネーションズリーグで1分け1敗、勝ち点「1」でリーグAグループ1の最下位。仮に今節で敗れると、リーグBへの降格危機することとなる。崖っぷちの状況で迎えるアウェイゲーム、意地を見せることはできるだろうか。

     ドイツ誌『kicker』日本語版のドイツ代表予想先発メンバーは以下の通り。

    ドイツ代表

    GK
    マヌエル・ノイアーバイエルン

    ▼DF
    ティアス・ギンター(ボルシアMG
    クラス・ズーレ(バイエルン
    マッツ・フンメルスバイエルン
    ニコ・シュルツ(ホッフェンハイム)

    MF
    ジョシュア・キミッヒ(バイエルン
    セバスティアン・ルディ(シャルケ
    トニ・クロース(バイエルン

    ▼FW
    ユリアンブラント(レヴァークーゼン
    ユリアンドラクスラーパリ・サンジェルマンフランス
    レロイ・サネ(マンチェスター・Cイングランド

    フランスとのアウェイゲームに臨むドイツ代表(写真はオランダ戦) [写真]=TF-Images via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】崖っぷちドイツ、W杯王者フランスと激突…独誌の予想スタメンは?】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ドイツ代表のレジェンド、ローター・マテウス氏が現代表の守護バルセロナGKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンが務めるべきだとした。イギリススカイスポーツ』が伝えている。

    ドイツ代表は、バイエルンGKマヌエル・ノイアーとテア・シュテーゲンという2人のハイレベルゴールキーパーを抱えている。現状ではノイアーの優先度が高く、テア・シュテーゲンの出番は限定的だが、ドイツレジェンドはその順序を逆にするべきだとした。

    マヌエル・ノイアー現在、重傷を負う前のフォームと自信を持っていない」

    「(サッカー歴史統計連盟が選ぶ)世界最高のゴールキーパーに4度もいた時のようには、まだ戻っていない」

    「(テア・シュテーゲンは)バルセロナで数年間に渡りワールドクラスだ。ノイアーが起用可だったとしても、徐々に重要な試合でチャンスが与えられていくと思う」

    ノイアーは昨年の9月に中足折したが、ロシアワールドカップ(W杯)直前に回復し本大会では正守護に。しかし、同大会に向けた予選ではGKテア・シュテーゲンが活躍しており、その時にも正守護論争が巻き起こっていた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】テア・シュテーゲンをドイツ代表正守護神に! マテウス氏主張】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    ドイツサッカー協会(DFB)は14日、ドイツ代表メンバーからバイエルンDFジェローム・ボアテングが負傷離脱したことを発表した。

    J・ボアテングは13日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)のオランダ代表にフル出場したが、試合後に行われた検ふくらはぎの負傷が見つかった。

    DFBによれば、J・ボアテングは16日にアウェイで行われるUNLフランス代表戦には帯同せず、所属先のバイエルンに戻るとのことだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】負傷者続出のドイツ代表、ジェローム・ボアテングがふくらはぎ負傷で離脱…《UEFAネーションズリーグ》】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 Egg ★ :2018/10/14(日) 06:30:36.00 ID:CAP_USER9.net

    3失点目ではドリブルでの中央突破を許す…


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    10月13日(現地時間)、UEFAネーションズ・リーグ(NL)が行なわれ、リーグAのグループ1では、オランダが3-0でドイツを下した。
     
     オランダが1敗、ドイツが1分けで迎えたアムステルダムでの一戦、開始3分でベルフバインのスルーパスにデパイが反応し、ホームチームがチャンスを掴みかけるが、ドイツは飛び出したGKノイアーが先にボールに追いついてこれを防ぐ。
     
     その後は互いにボールを回してチャンスを窺う時間が続いたが、15分、ドイツは左サイドの連係プレーからヴェルナーがDFラインの裏に抜け出す。しかし、GKシレッセンにコースを塞がれ、シュートはゴールマウスを捉えられない。
     
     これをきっかけにドイツは攻勢を強め、17分にもヴェルナーが左からペナルティーエリアに侵入し、その1分後にはCKからクロースの横パスを受けたミュラーが枠内へのダイレクトシュート、その直後にもウートがフィニッシュまで持ち込む。
     
     オランダは20分にFKからデリフトがファーストシュートを放つが、その直後にはDF陣がボールの処理にもたついてウートに奪われてシュートを許すという、危ない場面を迎えた。
     
     しかし、ホームチームはここから攻勢に転じ、30分、CKでバベルが競り勝ってヘディングシュート。これはクロスバーにはね返されるも、ファン・ダイクが詰めて先制ゴールを奪う。
     
     これで勢いを得たオランダは、選手の動きが良くなり、今ひとつプレーのスピードが上がらないドイツにプレッシャーをかけて奪い、良いかたちで次々に攻撃を仕掛ける。34分に右サイドを抜け出したダンフリーズが高速クロスでドイツDF陣を慌てさせ、38分にはベルフバインがきわどいミドルを放つ。
     
     さらに42、45分にもデパイが得点機を迎えたオランダは、攻勢のまま前半を終えた。
     
     一方のドイツは守備に難があり、前を向いてドリブルできるだけの時間とスペースをオランダに与え続け、多くのピンチを迎える羽目となった。攻撃では、38分にミュラーがエリア内でシュートチャンスを得るもボールはサイドネット外、42分のウートのヘディングシュートも力なくシレッセンにキャッチされた。
     
     後半、先に決定機を迎えたのはアウェーチーム。53分、左からのクロスがウートの頭に合うも、前にいたバベルにブロックされる。左サイドから攻撃を仕掛けるドイツは、その後も交代出場のドラクスラー、そしてウートがクロスからダイレクトシュートを放つも、ゴールネットを揺らすことはできない。
     
     57分にミュラーからザネが投入されたことで攻撃が活性化され、ドイツはオランダを押し込む。左から積極的にドリブルで勝負を仕掛けたり、ミドルを狙ったザネは65分、キミッヒのスルーパスを受けてエリアに侵入するが、決定的なシュートはゴール前を通過してしまう。
     
     70分にはエリア外でのパス回しから、キミッヒの浮き球のパスをドラクスラーがダイレクトボレーで叩くも、わずかにクロスバーの上。72分には、ザネが技巧的なドリブルで複数の相手DFを翻弄する。74分のクロースのFKは、ゴール左外に逸れていった。
     
     時折、オランダの高速ドリブルによるカウンターを受け、76分にはデパイに危ないシュートを浴びたドイツだが、これをしのぎながら、後半は大部分の時間をオランダ陣内で過ごす。78分にはブラントがエリア内でダイレクトシュートを放つも、DFにブロックされた。
     
     集中してドイツの攻撃をはね返し続けるオランダは80分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛け、ヴァイナルダムがフリーでの得点機を迎えたが、シュートは大きく浮いてしまい、ドイツを引き離す絶好のチャンスを逃す。
     
    つづく

    10/14(日) 6:07配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181014-00048660-sdigestw-socc


    【【サッカー】<ドイツ>オランダに3点差の敗北は史上初!ボールは保持するも守備の脆さを突かれて失点重ねる...】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    記者会見でバラック氏発言について問われ持論展開 「同じ監督の下でも新たな刺を得られる」

     現地時間13日に行われるUEFAネーションズリーグオランダ戦を前に、記者会見に臨んだドイツ代表MFトニ・クロース(レアル・マドリード)が、ヨアヒム・レーブ監督について「上をしていく心がけのあることを何年も明してきた」とコメント。退任が望ましかったというミヒャエルバラック氏の言葉に対し、恩師を擁護した。

     2006年から現職にあるレーブ監督は、ロシアワールドカップW杯)開幕前に、ドイツサッカー連盟(DFB)と2022年まで契約を延長。その後、チームW杯本大会で史上初の1次リーグ敗退という屈辱を味わったが、DFBは指揮官続投を決定した。

     これについて同代表OBのバラック氏は、ドイツ公共放送「ドイチェ・ヴェレ」(DW)のインタビューで、「他の多くの人と同じように、彼が続投すると聞いて驚いた。彼のようにこれほど長く一つのチームを率いていると、物事が機しなくなる。いつかはそれを認めなくてはならない」と、レーブ監督は退任すべきだったとの見解を示した。

     記者会見でバラック氏の発言について問われたクロースは、「常に様々な意見があると思う。数々の大きな成功を収めた後が去る時期だと言う人や、悪い時期を過ごしたから、もうこれ以上続けられないと言う人もいる」とコメント。長年同じ監督の下で取り組んできたので今度は新たな刺を、という意見もあるだろうとしつつ、「同じ監督の下でも新たな刺を得られることはあるよ。その監督が自を行っているならね。レーブ監督はそれをしてきたと思う。らはレーブ監督となら、正念場を乗り切っていけると確信している」とを込めた。


    「レーブ監督指揮官として、絶えずレベルアップしている」

     さらにクロースは、「バラックは(監督を)交代すべきだったと思っているようだけど、もしかしたら、自分が後任になりたかったのかも……。分からないけどね」と冗談を飛ばすと、「レーブ監督は上をしていく心がけのあることを何年も明してきた。それはいいことだと思う」と、指揮官に信頼を寄せた。

     バラック氏はレーブ監督による長期政権の危険を案じたが、クロースは異なる意見で「の初めての代表戦は2010年だったけど、レーブ監督指揮官としてどう変わってきたかを見てきた。絶えずレベルアップしている。練習方法も、がけも、チームの戦術についても、今では2010年とまったく違うレベルにある。それはポジティブなことだと思う」とし、一人の監督チームを長く揮していても停滞などないとっている。


    Football ZONE web編集部)

    (左から)ドイツ代表MFトニ・クロース、同代表OBのバラック氏【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】クロースが恩師レーブを擁護 続投“疑問視”の独代表OBを牽制「後任になりたかった?」】の続きを読む

    このページのトップヘ