Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 それ以外にも、芸能やネットニュース、ギャンブルetcなどまとめています。 覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ドイツ



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 カイキニッショク :2017/11/18(土) 16:05:14.40 ID:CAP_USER9.net

    デ・ロッシの“アップ拒否”は「偉大な振る舞い」 ドイツ代表監督が行動を讃える

    11/18(土) 15:10配信

    Football ZONE web


    W杯予選敗退が決まったスウェーデン戦の一幕について、レーブ監督が言及

     イタリア代表はロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフでスウェーデンに2戦合計0-1と敗れ、
    1958年スウェーデン大会以来となる予選落ちという屈辱を味わった。
    ミラノのサン・シーロで行われた第2戦はスコアレスドローに終わったが、ゴールが必要な状況で
    ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督からウォーミングアップを命じられたローマMFダニエレ・デ・ロッシが、これを拒否する一幕があった。

     百戦錬磨のベテランによる造反劇として報じられているが、ドイツ代表の名将は「偉大な振る舞い」と称賛している。
    英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」が報じている。

    「私は昨日、デ・ロッシがサブで入りたくないと言っていたという記事を読んだ。
    なぜなら、彼らにはストライカーが必要だったからだ。
    個人的には偉大な振る舞いだ」と語ったのは、ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督だった。
    2014年ブラジルW杯でドイツ代表を優勝に導いた名将は、デ・ロッシの行動を讃えた。

     0-0で推移した試合終盤、ヴェントゥーラ監督は本来守備的MFのデ・ロッシにウォーミングアップを命じた。
    だが、デ・ロッシはこれに対して「我々に必要なのは引き分けじゃない。勝利だ」と反論し、
    ナポリFWロレンツォ・インシーニェを指差し、投入を促した。
    だが、前線で違いを見せることができるインシーニェもデ・ロッシも結局投入されず、イタリアは第1戦の0-1敗戦を覆すことができなかった。

    「イタリアにとっては少し悲しい結末だ。イタリアがW杯に参加するのなら、私も幸せだったのに」

     母国のW杯出場を何よりも優先しようとしたデ・ロッシの男気を讃えたレーブ監督だが、伝統国のよもやの予選敗退には心を痛めている様子だ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171118-00010010-soccermzw-socc


    【独レーブ監督、“アップ拒否”デ・ロッシを賞賛「偉大な振る舞い」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2017/11/13(月) 12:56:57.60 ID:CAP_USER9.net

    ケディラは「VARは良いこと」と認めつつ、ルール設定の必要性を説く

     現在、サッカー界ではビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が急速に浸透し始めている。10日に行われた日本代表対ブラジル代表でも吉田麻也(パリ・サンジェルマン)がペナルティーエリア内で相手選手を倒したとして、VAR判定の末にPKを献上。決定的シーン以外にも用いられ、試合の流れを止まる点などが懸念されていた。世界を見渡しても、選手側には根強い反発の声はあるという。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じた。

     記事では、セリエAの絶対王者ユベントスでプレーするドイツ代表MFサミ・ケディラのコメントを紹介。イタリアでも今季からVARが導入されているが、“潰し屋”として知られる30歳は、「VARは良いことだが、使い方にルールを設けた方がいい」と提言するとともに、ビデオ判定による影響についても触れている。

    「サッカーとは情熱的なものだ。エラー(失敗)もまた、サッカーの一部であると言える。(VARによって)僕らが間違いを避けることができるようになる。それはOKだ。でも、今や選手たちのゴールの喜びやその表現が減っていると感じる。それはサッカーから情熱を奪うようなもので、塩を振りかけるようなものだ。もし、ルールにVARが明文化されているならいいだろう。だが、(ビデオ判定中の)その3分間に僕らはピッチでどうしていたらいい? 何もできないんだ。このような状況を招く使い方のVARは、サッカーを*と言わざるを得ない」

    “空白の時間”の解決策を見出すべきと主張

     実際、VAR導入以降は、主審がゴール判定をしても映像確認の担当からリクエストが入り、簡単にゴールが認められない場面が生まれるようになった。結果的に問題なくゴールが認められることもあれば、取り消されることもあるが、得点が認定された時にそのゴールへの興奮がだいぶ冷めてしまっているのは事実だろう。ケディラはこうした状況がサッカーの魅力を損なうと危機感を募らせたのだ。

     そして、VARでの確認中のピッチが完全に“停止する”問題点は、何度となく指摘されているものの、解決策は見出されていない。その「空白の時間」に対して、使用法のルール化などで対応すべきだという意見を述べた。

     来年のロシア・ワールドカップでも、FIFAはVAR採用を明言している。日頃サッカーに触れない層からも注目を集める一大イベントで、VARが導入されたサッカーはどのような評価を受けるだろうか。

    11/12(日) 14:10配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171112-00010014-soccermzw-socc


    【<ドイツ代表MFケディラ>ビデオ判定に警鐘!「ゴールの喜びが減る」「VARはサッカーをこ○す」】の続きを読む


    「僕はもう長髪じゃない…」ケディラが新作ゲームの仕上がりに物申す! 



    サッカーゲーム『FIFA』の新作での自身の仕上がりに不満の様子のケディラ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     ユヴェントスのドイツ代表MFサミ・ケディラが、サッカーゲームソフト『FIFA』の新作である『FIFA18』での自らの仕上がりに不満を示した。イタリア紙『トゥットメルカート』が12日に報じている。

     数年前までは長髪をなびかせピッチを走り回っていたケディラはだが、現在はすっきりとした短髪にしている。しかし、『FIFA18』では未だに同選手の髪型は長髪となっている模様だ。

     ケディラは自身のツイッターに「やあ。みんなが自分の長髪を気に入っていることを嬉しく思う。だけど、もうこの2年、僕は長髪ではないんだよ……」と投稿。

     『FIFA』を制作する『EA SPORTS』に向けて、ケディラは髪を切る女の子の絵文字を交え、最近は短髪であることをアピールしている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「僕はもう長髪じゃない…」ケディラが新作ゲームの仕上がりに物申す!】の続きを読む


    バイエルン、次なる“ウルトラC”画策 ドイツ代表監督を引き抜きか 



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    72歳のハインケス監督は今季終了までの契約 来季以降の指揮を執るのは…

     

     ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンは、解任したカルロ・アンチェロッティ前監督の後任として72歳のユップ・ハインケス監督を招聘した。今季終了時までの契約のため、来季以降の監督選びには再び注目が集まるが、ドイツメディアでは母国を世界一に導いたヨアヒム・レーブ代表監督就任の噂が報じられている。

     

     レーブ監督はドイツサッカー連盟と2020年まで契約を結んでいる。しかし、衛星放送「ユーロスポーツ」などの報道によれば、来夏のロシア・ワールドカップ後に代表監督を退任し、バイエルンの新監督に就任する可能性が報じられている。

     

     これに対し、ドイツ代表のチームマネージャーを務めるオリバー・ビアホフ氏は、ドイツ放送局「ARD」に対して「バイエルンが動くとしても、私はその前に立ちはだかる」と徹底抗戦の構えを示している。

     

     その上で、同氏は「サッカーの世界ではあらゆることが起こり得る。何一つ例外とすることはできない。彼なら世界中のどこへ行っても指揮を執ることができるだろう。そのクオリティーに疑いの余地はない。そうした関心があることも分かっている」とレーブ監督に触手を伸ばすチームが現れる可能性についても言及している。

     

     現役を退いていたハインケス監督の復帰という“ウルトラC”を実現させたバイエルン。問題はハインケス後の監督人事だが、そこでは世界一の称号を手にしたレーブ監督の引き抜きという大きなミッションを実現させようとしている。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【バイエルン、次なる“ウルトラC”画策 ドイツ代表監督を引き抜きか】の続きを読む


    凱旋ゴールのヴェルナー、地元ファンからは暖かい声援 | ニコニコニュース



    2ゴールを挙げたティモ・ヴェルナー(2017年9月4日)
    CYCLE

    サッカードイツ代表が9月4日にロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選でノルウェー代表と対戦した。試合は序盤からゴールを積み重ねたドイツが6-0で勝利している。

    【大きい画像を見る】ティモ・ヴェルナーを祝福するドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督(2017年9月4日)


    この試合で2ゴールしたティモ・ヴェルナーに対し、試合会場があるシュツットガルトの観客から大きな声援が浴びせられたことを、ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督は喜んだ。

    「ファンは良かったと思う。ティモ・ヴェルナーに対して1点目を決める前から好意的なチャントがあったのは嬉しい。彼がこういう歓迎を受けるのは完全に正しいことだと思う。シュツットガルトで3年間を過ごした選手だからだ。ブンデスリーガで100試合ほど戦い全力を出し切っていた」

    ヴェルナーは2013年から2016年までシュツットガルトに所属していたが、同クラブの2部降格によりRBライプツィヒへ移籍。昨季は21得点を挙げUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得にも貢献した。しかし、レッドブルの資本力を背景にリーグ5部から1部の上位まで駆け上がったライプツィヒにはドイツ国内でも賛否あり、前節のチェコ戦では心ないドイツファンからゴールを決めたにも関わらずブーイングを浴びせられていた。

    「シュツットガルトがまさかの降格となり、彼が別の場所を求めたのは単純に妥当なことだった。観客からのサポートが得られたのは嬉しく思った。ドイツ代表でプレーしていく以上、それは今後も必要なことだ」【ほかの画像を見る】2ゴールを挙げたティモ・ヴェルナー(2017年9月4日)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【凱旋ゴールのヴェルナー、地元ファンからは暖かい声援 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ