Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ドイツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ドイツ代表MFのローター・マテウス氏は、母国のカタールワールドカップ(W杯)決勝トーナメント進出を信じているようだ。

    20日から開催されたカタールW杯のグループE初戦で、日本代表相手にまさかの敗戦を喫したドイツ。試合後には痛烈な非難を浴びることになったが、続くスペイン代表戦では先制を許しながらもFWニクラス・フュルクルクのゴールで追いつき、1-1のドローに終わった。

    これにより、ドイツ12月1日に行われるグループE最終節のコスタリカ代表戦に勝利した場合、同時刻に開催される日本vsスペインの結果次第で決勝トーナメント進出が決定する状況となっている。

    運命の最終節を控えるチームだが、マテウス氏は選手たちがスペイン戦で復調したと確信している模様だ。ドイツスカイ』で同氏はハンジ・フリック監督の采配を称え、コスタリカ戦は必ず勝利を掴めるはずだと期待した。

    ドイツは序盤からカウンターで何度もスペインを困らせた。ゴール前でもゴールキーパーや守備陣が良いプレーを見せたね。ニクラス・ジューレも、失点までは良くやっていた。失点時はポジショニングを少し間違え、相手の前に入るのが間に合わなかったのだと思う。ただ、それ以外は良いパフォーマンスで、日本戦よりずっと存在感があった」

    スペイン戦の結果は、チームにこれからの課題に対する強さ、エネルギー、自信を与えてくれただろう。そして、選手たちに意欲をもたらしてくれたのだ」

    グループ内の状況はともかく、チームベスト16進出は必須だろう。コスタリカ戦でより質の高い勝利を収め、前進するための道筋をつけられるかどうかは、我々自身の手にかかっている」

    ドイツの実力は誰もが知っているはずだ。チームには経験があり、W杯王者やチャンピオンズリーグ優勝者がいる。そしてハンジ・フリックバイエルンで6つのタイトルを獲得した監督だ」

    サッカーの神様「ジーコ」が
    本格サッカーシミュレーションサカつくRTW」についに登場!
    >詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】「ドイツの実力は誰もが知っている」代表OBはW杯決勝T進出を確信】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    スペイン代表DFダニ・カルバハルが、レアル・マドリーで同僚のドイツ代表DFアントニオ・リュディガーからあるお願いをされているようだ。

    両選手は27日にグループE第2節で激突。ワールドカップ優勝経験のある強豪同士の対戦は、白熱した展開となった中で終盤にドイツが追いつく形で1-1のドローに終わった。この結果、同グループの順位は勝ち点4のスペインを筆頭に、日本とコスタリカが共に勝ち点3で並び、ドイツが勝ち点1という並びに。

    そして、運命の最終節は日本vsスペインコスタリカvsドイツという構図に。ここで崖っぷちのドイツ代表の最終ラインを守るリュディガーは、日本と対戦するスペインのカルバハルへ、クラブでのチームメイトのよしみから日本に絶対に勝つようお願いがあったようだ。カルバハルはドイツ戦を振り返りながら、リュディガーからの申し出を明かしている。

    「フェアな引き分けだったと言える。両チームともアイディアを出し合った結果だ。前半は非常にタイトな展開で、その後に僕たちが先制すると、ドイツは様々な変更を加えてリスクを負いながら前に出てくるようになった。それで僕らはタフな思いをすることになったんだ」

    「僕らが追加点を取れていれば試合は終わっていたけど、そうはいかずにボールロストから同点に追いつかれてしまった。今日の失敗を修正し、日本に勝たなければならないね」

    「リュディガーからは日本に勝ってくれと言われたよ。だけど、そんなこと言われなくても僕らが勝ちに行くことは間違いない。僕らは全ての試合に勝って首位で突破したいんだ」

    サッカーの神様「ジーコ」が
    本格サッカーシミュレーションサカつくRTW」についに登場!
    >詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】「日本に勝ってくれと言われた」崖っぷちのドイツ代表DFリュディガーがカルバハルに切望】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    ドイツ代表のGKマヌエル・ノイアーが、スペイン代表戦を振り返った。ドイツサッカー連盟(DFB)が伝えた。

    27日、ドイツカタールワールドカップ(W杯)グループE第2節でスペインと対戦した。

    初戦で日本代表に逆転負けを喫し、敗れれば敗退の可能性が高まる試合。スペインは初戦で7ゴールの大勝を収め、勝てばグループステージ突破をほぼ決められる試合となった。

    試合は強豪国同士の拮抗した展開となると、なかなかゴールが生まれずに後半へ。すると62分にアルバロ・モラタがネットを揺らしてスペインが先制する。

    敗れれば敗退の危機が高まるドイツ。すると83分にニクラス・フュルクルクがネットを揺らして同点に。その後は得点が動かず、1-1の引き分けに終わった。

    なんとか勝ち点1を獲得し、首の皮一枚つなげたドイツ。ノイアーは難しい試合だったと振り返りながらも、スペインを称賛した。

    ユーモアのあるスペインに対しては全てが難しかった。僕たちはこの戦いに挑み、90分間強を戦った」

    「ディフェンス面では、前から後ろまで全てを出し切ったと思う。このコンパクトさでは、僕たちからゴールを奪うのは難しいだろう」

    スペインは難しいゴールを見事に決めてきた。それでも、僕たちは自分たちを信じ続けた」

    最終戦はコスタリカ代表と戦うドイツ。勝利すれば、グループステージ突破の可能性がかなり高い状況だ。ノイアーは最後まで諦めず、とにかくコスタリカに勝つと語った。

    「一番大事なのは、僕たちがまだ生きているということ。今、僕たちが影響を与えられることは、コスタリカに勝つということだ」

    サッカーの神様「ジーコ」が
    本格サッカーシミュレーションサカつくRTW」についに登場!
    >詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】「まだ生きている」スペインとドローのドイツ、GKノイアーは逆転のGS突破へ意欲「コスタリカに勝つ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



     その衝撃はまさに世界を震撼させた。

     11月23日カタールワールドカップで、日本代表ドイツ代表と対戦。2-1で勝利し大金星を挙げた。前半にPKを献上し先制点を許すも、森保一監督は後半からシステム変更を決断。攻撃的布陣で攻め続け、後半30分に堂安律が、さらにその8分後には浅野拓磨ドイツゴールネットを揺らしている。


    【ゴール動画】日本がドイツに歴史的逆転劇!堂安律の同点弾、浅野拓磨の逆転弾のシーンをチェック!


     今季よりドイツフライブルクに加入した堂安、ボーフムで2シーズン目を過ごしている浅野、ブンデスリーガに籍を置く2人のゴールによりサッカー大国ドイツを撃破した。そのインパクトが大きかったことは、現在の海外メディアの反応を見ても明らかだ。

     モロッコニュースサイト『H24info』でも、試合翌日の11月24日日本代表の勝利や勝利の立役者となった堂安、浅野の活躍を伝えており「水曜日にドーハのカリファ・スタジアムで行われたワールドカップでは、ブンデスリーガの2人、リツ・ドウアンとタクマ・アサノがドイツを圧倒的に苦しめた」と絶賛している。

     また同メディアは浅野について「ボーフムのアサノは、僅かな時間で日本中の真のヒーローになった」と逆転ゴールを称え、さらに「今季、最下位に沈むボーフムでは苦難に直面しており、第6節のシャルケ戦は膝を負傷した。9月中旬から出番がなかったが、最も美しい舞台で最高の形で復活を遂げた」として、公式戦復帰となった試合でのパフォーマンスに賛辞を贈った。


     堂安に対しても「フライブルクで今季の開幕戦をゴールで飾ったドウアンは、アサノの8分前に日本の同点弾を決めていた。タクミ・ミナミノのシュートノイアーが精一杯押しとどめた後、彼は6メートルの距離から無人のネットボールを押し込む位置にいた」として同点ゴールを振り返った。

     同メディアは他にも「ワールドカップ終了後、この日の2人のストライカーにとって最も辛いことは、マンシャフトドイツ代表の愛称)にあれだけのプレーを見せつけた後、それぞれのクラブに戻ることかもしれない」として今後の所属リーグとの関係への懸念をジョーク交じりで述べている。

     下馬評を大きく覆し、劇的な日本の勝利を呼び込んだ堂安、浅野の両選手への評価は、カタール大会初戦で一気に高まることとなった。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    日本勝利の立役者、堂安&浅野の衝撃ゴールを海外メディアも絶賛!「最高の形で復活を遂げた」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】日本勝利の立役者、堂安&浅野の衝撃ゴールを海外メディアも絶賛!「最高の形で復活を遂げた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



     強豪撃破の快挙には、欧州の名将からもメッセージが送られている。

     カタールワールドカップグループステージ初戦で、日本代表ドイツ代表に2-1の逆転勝利を収めた。戦前には圧倒的不利が予想されていた中、W杯優勝4度のドイツを相手に見事なジャイアントキリングを成し遂げている。


    【ゴール動画】日本がドイツに歴史的逆転劇!堂安律の同点弾、浅野拓磨の逆転弾のシーンをチェック!


     この勝利には、スペインイタリアイングランドなどのビッグクラブの監督を歴任し、現在はセリエAローマを率いるジョゼ・モウリーニョ氏による、日本代表を称えるコメントが伝えられている。だが、その内容は、試合展開や日本代表へ評価など、意外ともとれる言葉が並んだ。

     英メディアDaily Mail』によると、モウリーニョ氏が日本の勝利について「クレイジーな驚きではない」と語ったと報じており、さらに「チェルシーマンチェスター・ユナイテッド、スパーズの元指揮官は、アジアの国々にとって『素晴らしい成果』であることを認めながらも、日本は過小評価されるべきではないと主張した」と綴っている。

     その理由としてモウリーニョ氏が「なぜなら彼らは、チームとして最高のプレーをする方法を知っているからだ」という。さらには「日本はいいチームであり、いい選手もいる。こういう大会でいい経験を積んでいて、選手の多くはヨーロッパプレーしている。そこではより早く成長し、高いレベルをよりよく理解している」と日本人プレーヤースキルを称賛した。


     加えて「そして、選手やチームのメンタリティーも違いを生むと思う。今のヨーロッパサッカー界は、個人へのフォーカスが強いように感じる」として、欧州選手の姿勢にも言及している。

     また、記事の中では他にもモウリーニョ氏が、韓国代表でもあるソン・フンミンを指導していた当時のエピソードを伝えており「私は日本人選手を指導したことはないが、アジア人選手を指導したことはある。チームが最も重要であり、彼らはチームのためにプレーする。自分のためにプレーするのではない」として、アジアプレーヤーへの見解も述べている。

     今もその余韻が続く日本代表ビッグサプライズだが、数々のタイトルを獲得しサッカー界にその名を轟かせる指揮官にとって予想外の出来事ではなかったようだ。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    【W杯】欧州名将も日本代表のドイツ戦勝利に賛辞!「クレイジーな驚きではない」意外な言葉のその理由!?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】欧州名将も日本代表のドイツ戦勝利に賛辞!「クレイジーな驚きではない」意外な言葉のその理由!?】の続きを読む

    このページのトップヘ