Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ドイツ



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2019/10/14(月) 21:04:00.91 ID:P0pzTyki9.net

    元ドイツ代表FWで、現在は古巣であるバイエルン・ミュンヘンの下部組織で監督を務めるミロスラフ・クローゼが、現代最強のストライカーについてコメントしている。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が報じた

    そのストライカーとはバイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキ。新シーズンは7試合ですでに11ゴールを挙げ、ブンデスリーガ通算213得点を記録する、世界を代表するストライカーだ。クローゼはレヴァンドフスキについて「私と少し似ている部分がある」としつつ、このように続けている。

    「私の現役時代より10倍優れた選手だと思う。完璧なストライカーで両足を使える。空中戦も強く、強烈なシュートも持っている」

    また、最もプレーしていて楽しかった選手についても言及。ドイツ代表でともにプレーしたトーマス・ミュラーを挙げ、「僕らはとんでもなく理解し合っていた。お互いが何をするのかがわかるんだ。本当に素晴らしいパートナーシップがあったね」と振り返っている。

    10/14(月) 19:40配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00010024-goal-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【海外サッカー】<クローゼ>「私の10倍優れている」認める現代最強のストライカーは?】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



     ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが、政治的な立場を表明したとして自身を批判するメディアに対し、怒りを露わにした。14日、スペイン紙『アス』が報じている。

     今月で29歳を迎えるギュンドアンは、トルコ人の両親を持つドイツ人。過去にはトルコエルドアン大統領と写真撮影をして物議を醸したこともあるが、今回再びある出来事をきっかけにメディアから批判を浴びている。

     それは11日、トルコ代表FWシェンク・トスンがアルバニア戦で決勝ゴールを決めた後、チームメイトとともに軍隊式の敬礼ポーズを見せたことが発端だ。このトスンらのパフォーマンスは、トルコ軍のクルド人に対する攻撃を支持するものだと解釈され、物議を醸した。そんな中、この写真を使用したトスンのSNS上の投稿に、ギュンドアンと、同じくトルコ系のドイツ人MFエムレ・ジャンが“いいね!”をすると、たちまち批判の先は彼らへと移っていったのだ。

     この批判に対しギュンドアンは怒りの言葉を口にした。

    「最近(のメディア)は、アクセス数を稼ぐために、露骨な書き方をする。僕はマンチスターで共に生活し、エヴァートンでほとんどプレーできずに苦しい時を過ごしていながら、得点でチームを勝利に導いた友達の写真を良いと思っただけだ」

    「次に、20万人の人々がこの写真に“いいね!”をしている。するとそこから私たち2人が取り上げられ、ストーリーを作り出されてしまう。残念なことだ」

    「絶対に今回のことに政治的な意図はない。エムレと僕は世界中のどこで起こる、どんな戦争やテロにも常に反対だ」

    「だから、あれはただ純粋に友達をサポートする意図だったんだ」

    メディアへの怒りを露わにしたギュンドアン [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】ギュンドアンがSNS上の“いいね!”に対する批判に怒り…「最近のメディアは…」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    8日に現役引退を表明した元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(35)が、ドイツ国営放送『ARD』で解説者を務めることになった。

    2002年バイエルンでプロデビューし、マンチェスター・ユナイテッドシカゴファイアーでプレーしてきたシュバインシュタイガードイツ代表としても121試合に出場し24ゴールを記録し、2014年ブラジルワールドカップでは優勝メンバーの一員として活躍。そして6日に行われたMLS(メジャーリーグサッカー)第31節のオーランドシティ戦を最後に、17年のキャリアに幕を下ろした。

    世界を代表するレジスタが第二の人生に選んだのは解説者。『ARD』によれば、シュバインシュタイガー2020年から2022年に行われるカタールワールドカップまで同局のサッカー専門チームに加わるとのこと。

    また、シュバインシュタイガーは『sportschau.de』で「選手としての活動は終わりを告げたが、これからもサッカーは僕の人生において大きな部分を占めていくだろう。『ARD』の解説者に加わることは大きな挑戦だが、自らの視点からゲームを見たり、プレースタイルフォーメーションを分析する機会を得られることは僕にとってとても魅力的だ」とコメントしている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元ドイツ代表】現役引退のシュバインシュタイガー、ドイツ国営放送の解説者に就任】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



     バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが、同代表の正GK争いについて言及した。

     ドイツ代表は9日に国際親善試合でアルゼンチン代表と、13日にEURO予選でエストニア代表と対戦する。その2試合に向け、DFB(ドイツサッカー協会)は4日に代表メンバーを発表。GKにはバイエルンに所属するマヌエル・ノイアーバルセロナマルクアンドレ・テア・シュテーゲン、さらにアーセナルのベルント・レノが招集された。

     近年、ドイツ代表の正守護神はノイアーが務めてきたが、ヨアヒム・レーヴ監督が「我々は2人のGKと話して、テア・シュテーゲンがアルゼンチン戦で、ノイアーエストニア戦でプレーすることを決めたよ」とコメントしたことで状況が一変。2人のGKを起用することを明言し、話題となっている。

     5日に行われたブンデスリーガ第7節ホッフェンハイム戦後、正GK争いについて何か対策などは?と問われたノイアーは、「全くないよ。(レーヴ監督は)そう明言したけど、自分のプレーのためにまずは集中して臨むだけだ。責任ある選択をしたのだと思う。良いことだね」と、あくまで自身のプレーに集中する姿勢を強調した。

    ドイツ代表の正GKを争うテア・シュテーゲン(左)とノイアー(右) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】ノイアーがドイツ代表正GK争いに言及…ポジション死守への対策は「全くないよ」】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    ドイツ代表としても活躍し、現在はMLS(メジャーリーグサッカー)のシカゴファイアーに所属するMFバスティアン・シュバインシュタイガー(35)が、現役引退を表明した。

    シュバインシュタイガーは8日、自身のツイッター(@BSchweinsteiger)とインスタグラム(bastianschweinsteiger)を通じて引退を発表。ファンやこれまで所属したチームへの感謝の気持ちを綴った。

    「親愛なるファンのみなさんへ。今こそ、その時がやってきた」

    「今シーズンの終わりに、僕の現役生活を終えることとなる」

    「僕のチームであるバイエルンマンチェスター・ユナイテッドシカゴファイアー、そしてドイツ代表のチームに感謝する」

    「このような信じられない時間を僕に与えてくれました!そしてもちろん、妻のアナ・イバノビッチと家族のサポートにも感謝したいと思う」

    「現役選手として別れを告げると、少し懐かしい気分にもなるけど、すぐに僕を待っているエキサイティングな頂点も楽しみにしている」

    「僕はサッカーに忠実であり続ける。僕たちが一緒に過ごした時間に感謝する。いつも僕の心には、みんなのための場所がある。ありがとう。バスティ」

    シュバインシュタイガーは、オーバーラウドルフ、ローゼンハイムの下部組織を経て、13歳でバイエルンの下部組織に入団。2001年にリザーブチームに昇格すると、2002年からトップチームプレー2002年11月13日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのRCランス戦で18歳ながらデビューを果たした。

    バイエルンでは様々な監督の下、常にレギュラーとしてプレーブンデスリーガを8回、DFBポカールを7回、チャンピオンズリーグを1回優勝していた。

    2015年を最後にバイエルンを退団すると、マンチェスター・ユナイテッドへと完全移籍。しかし、ケガの影響、そしてプレミアリーグに馴染めなかったことで出場機会が減ると、2016-17シーズン指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得られず。構想外に加え、リザーブチームに追いやられると、2017年3月にシカゴファイアーへと移籍した。

    アメリカでは、輝きを取り戻すと公式戦92試合に出場し8ゴール11アシストを記録。今シーズンも30試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。

    また、ドイツ代表としても121試合に出場し24ゴールを記録。2014年ブラジルワールドカップでは優勝メンバーの一員として活躍した。

    また、ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキとは親友の関係にある。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元ドイツ代表】2014年のW杯王者、元ドイツ代表MFシュバインシュタイガーが現役引退を表明】の続きを読む

    このページのトップヘ