Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ドイツ



    (出典 www.soccer-king.jp)



     元西ドイツ代表DFハンス・ペーター・ブリーゲル氏が、ドイツ代表の低迷はジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・C)に責任があると主張した。19日にスペイン紙『マルカ』が伝えている。

     ドイツ代表は今夏に開催されたロシアワールドカップで、優勝候補として期待されていたもののグループステージで敗退。その後もUEFAネーションズリーグで1部からの降格が決まるなど、苦戦を強いられている。

     この状況に対して、ブリーゲル氏は「(ドイツ代表の低迷は)グアルディオラの責任である。彼は、75パーセントの支配率は勝利に必要不可欠であると言って我々を騙したんだ」と、2013-14シーズンから15-16シーズンまでバイエルンを指揮し、ドイツ代表のスタイルにも影響を与えたグアルディオラ監督を批判した。

    フットボールにおいては、試合をコントロールするより結果のほうがずっと大切である。ボールを保持するのは勝つために必要不可欠なことではなく、それはフランスワールドカップで優勝したことで明らかにしてくれた」

    マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督 [写真]=Clive Brunskill/Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】元ドイツ代表DFがグアルディオラ監督を批判「彼は我々を騙した」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 数の子 ★ :2018/11/19(月) 21:14:15.33 ID:CAP_USER9.net

    元西ドイツ代表のハンス=ペーター・ブリーゲル氏は、ドイツ代表の凋落の原因は現在マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督にあると主張している。伊紙『レプッブリカ』が17日付でインタビューを伝えた。


     2006年以降のワールドカップとEUROの主要国際大会6大会連続で準決勝以上に進むなど、世界の強豪国の中でも最も安定した好成績を残していたドイツ代表。だが今夏のロシアワールドカップでは同国史上初となるまさかのグループステージ敗退に終わった。

     復権を期して臨んだUEFAネーションズリーグでも苦戦が続き、3試合を終えて1分け2敗と未勝利。フランス、オランダという強豪国が相手だったとはいえ、1試合を残して2部リーグにあたる「リーグB」への降格が決定してしまった。

     現役時代に2度のワールドカップ準優勝などに貢献したブリーゲル氏は、その原因が2013年から16年までバイエルン・ミュンヘンを率いたグアルディオラ監督にあると主張。同氏のもたらした新たな哲学が、ドイツの長所を消してしまったという考えを述べている。

    「サッカーにおいては試合を支配することよりも結果が何より重要だというシンプルな原則が失われてしまった。勝つためには75%のボール保持率が必要だという幻想を抱いてしまっている。だがボールを支配するだけではいつも結果を出せるとは限らない」とブリーゲル氏は語る。

    「近年の歴史を見ても、相手にボールを持たせて、50%未満の保持率でも勝てることが示されている。世界王者のフランスもそうだ」とブリーゲル氏。ポゼッションに重きを置くグアルディオラ氏のスタイルが、国内の強豪クラブであるバイエルンから代表チームにも影響してドイツのサッカーを変えてしまったと述べている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181119-00297870-footballc-socc


    【【海外サッカー】ドイツの凋落は“ペップのせい”? 元代表DFが批判「勝利には75%のポゼッションが必要だと勘違いさせた」】の続きを読む



    (出典 esquire.jp)



    ベルリン 18日 ロイター] - サッカードイツ代表を率いるヨアキム・レーウ監督は、チームが不振に陥ったことはスポーツにおいて特別なことではないとし、再建に向けて意欲を示した。

    ドイツは、2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で優勝を果たしたが、ことしのW杯ロシア大会ではここ80年間で最も早い日程の1次リーグ敗退。欧州サッカー連盟UEFA)ネーションズリーグでもグループ最下位で降格が決まり、2018年はここまで、1年間で最多となる6敗を喫している。

    19日のUEFAネーションズリーグ最終戦でオランダと対戦するレーウ監督は、記者会見で「トップに立つまで10年を費やし、時にはすべてがうまくいかない年だってある。いいパフォーマンスで、ファンに復活に向けて正しい道をたどっていることを見せて、(2018年)にさようならと言いたい」とし、「われわれは今、刷新する段階に来た。正しい結論とやり方を導き出す必要がある」と続けた。

     11月18日、サッカーのドイツ代表を率いるヨアキム・レーウ監督は、チームが不振に陥ったことはスポーツにおいて特別なことではないとし、再建に向けて意欲を示した。パリで10月撮影(2018年 ロイター/Benoit Tessier)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表監督】再建に意欲「刷新する段階に来た」】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    ロシアW杯惨敗後も苦戦のドイツ 監督批判巻き起こるも「僕らは信頼している」

     ドイツ代表は今夏のロシアワールドカップ(W杯)で史上初の1次リーグ敗退を喫し、9月からスタートしたUEFAネーションズリーグでも苦戦している。ヨアヒム・レーブ監督の続投に批判の声も上がるなか、FWマルコ・ロイスは同監督を擁護した。「南ドイツ新聞」の内容をドイツメディアSPORT BUZZER」が報じている。

     2014年ブラジルW杯で世界一に輝いたドイツは、今夏のロシアW杯でも優勝候補の一角に挙げられていたが、蓋を開ければ初戦でメキシコに0-1で敗れ、スウェーデンには2-1で辛勝したものの、第3戦で韓国に0-2で敗れ、グループリーグで姿を消した。

     W杯後、ドイツは歴史的惨敗からの復活を目指して新設のネーションズリーグに臨んだが、戦績は思わしくない。フランスとの初戦は0-0と新W杯王者に引き分け、その後オランダに0-3で完敗。第3節ではフランスに1-2で敗れ、勝ち点わずか1でグループ1の最下位に沈み、リーグAからリーグBへの降格危機に瀕している。

     レーブ監督はW杯前にドイツサッカー連盟(DFB)との契約を2022年まで延長したが、W杯での不名誉な結果を受け、その去就が注目を浴びた。結局DFBは続投を決定し、ドイツの未来を同監督に委ねたが、ネーションズリーグでの不振を受け、風当たりはますます強くなっている。

     しかしロイスは、「彼(レーブ監督)はこの10年間、ドイツサッカーを強化してきた。W杯は失敗に終わったけど、その功績は認めるべきだ。僕らは以前と変わらず彼を信頼している」とコメントチームのレーブ監督への信頼は揺らいでいないとし、同監督の近い将来の解任や辞任は「全く考えられない」と話した。さらに「僕の目には、彼はとてもリラックスしているように見える。でも、その緻密さは今までと変わらない」とも述べ、周囲の批判にもレーブ監督は動揺を見せていないと語っている。

     ドイツは現地時間15日のテストマッチロシアに3-0で勝利したが、ロイスは足に打撲を負ってこの試合を欠場。19日に行われるネーションズリーグオランダ戦に間に合うかも微妙な状況だ。なお、ドイツが2連敗を喫した10月のネーションズリーグでも、ロイスは膝の故障でいずれも不在だった。


    Football ZONE web編集部)

    レーブ監督(右)の続投に批判の声も上がるなか、ロイス(左)は同監督を擁護した【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】ロイス、“続投批判”のレーブ監督を擁護 解任や辞任は「全く考えられない」】の続きを読む

    EF7D59C4-D998-4CA5-8662-E59EC9D52ED3


    1 久太郎 ★ :2018/11/17(土) 11:00:26.89 ID:CAP_USER9.net

    オランダが世界王者撃破! ドイツの降格決定…フランスはW杯制覇後初の黒星


    UEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ1第5節が16日に行われ、オランダ代表はホームでフランス代表に2-0で勝利した。

     試合はオランダが先に主導権を握り、2分にメンフィス・デパイがペナルティエリア右へ抜け出すと、折り返しを中央フリーのジョルジニオ・ワイナルドゥムが合わせるが、シュートはGKウーゴ・ロリスにセーブされる。一方のフランスは10分、左サイドのリュカ・ディニュのピンポイントクロスにアントワーヌ・グリーズマンが頭で合わせたが、GKヤスパー・シレッセンにキャッチされた。スコアが動いたのは44分、ライアン・バベルがクロスのこぼれ球をダイレクトで叩き、GKにセーブされたところをワイナルドゥムが押し込んで、オランダが先制に成功した。

     1点リードで折り返したオランダは62分、デイリー・ブリントのクロスにファーへ走り込んだデンゼル・ダンフリースが頭で叩きつけ、こぼれ球にも詰めたが、どちらもGKロリスに阻まれる。73分にはエリア手前中央のFKでデパイが右足で直接ゴール右下隅を狙うが、ここもGKロリスにセーブされた。フランスはその後も反撃できず、逆にオランダは後半アディショナルタイム6分にデパイがPKを沈め勝負を決めた。

     2位のオランダは2勝1敗で勝ち点「6」に伸ばしたため、ドイツ代表が1分2敗の勝ち点「1」で最下位が確定し、1試合を残してリーグBへの降格が決まった。なお、W杯王者のフランスは大会後初の黒星で、2勝1分1敗の勝ち点「7」で全4試合を消化。2位のオランダは最終節でドイツに引き分け以上で首位に浮上し決勝トーナメント進出が決まる。

     オランダは次節、19日にアウェイでドイツと対戦。フランス20日の国際親善試合でウルグアイ代表をホームに迎える。

    【スコア】
    オランダ代表 2-0 フランス代表

    【得点者】
    1-0 44分 ジョルジニオ・ワイナルドゥム(オランダ)
    2-0 90+6分 メンフィス・デパイ(オランダ)

    【スターティングメンバー】
    オランダ代表(4-3-3)
    シレッセン;ダンフリース、デ・リフト、ファン・ダイク、ブリント;デ・ローン、ワイナルドゥム(89分 ヴィリェナ)、F・デ・ヨング;ベルフワイン(86分 プロメス)、デパイ、バベル(90+2分 アケ)

    フランス代表(4-3-3)
    ロリス;パヴァール、ヴァラン、キンペンベ、ディニュ;カンテ、エンゾンジ(81分 エンドンベレ)、マテュイディ(65分 シソコ);グリーズマン、ジルー(65分 デンベレ)、ムバッペ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00864270-soccerk-socc


    【【海外サッカー】オランダ、世界王者フランスを撃破!ドイツのリーグB降格が決定!UEFAネーションズリーグ第5節】の続きを読む

    このページのトップヘ