Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ドイツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



    サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

    今回はバイエルンの元ドイツ代表FWトーマス・ミュラーが決めたゴールだ。


    現在30歳のミュラーバイエルンの下部組織育ちで、2008年トップチームデビュー。公式戦通算531試合197得点192アシストを誇り、8度のブンデスリーガ優勝やチャンピオンズリーグ(CL)制覇などの複数タイトル獲得に貢献している。

    また、公式戦にはカウントされないものの、今シーズン開幕前の2019年7月30日に行われたアウディカップのフェネルバフチェ戦では圧巻のゴールを決めている。

    前半のうちに5-0と勝負を決めたバイエルンは58分、相手からボールを奪うと最終ラインのDFニクラス・ジューレが最前線めがけてロングボールを送る。

    カウンターで完璧に抜け出したミュラーは、後ろから来たボールを右足のアウトサイドで絶妙トラップ。かなり威力のあるボールだったが、難なく収める。

    そして、相手GKハルン・テキンが飛び出しているのを見ると、冷静に無人のゴールへと流し込んだ。

    親善試合とは言え、後ろからのロングボールアウトサイドで前に流す見事な技術にあっぱれだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】ミュラーの悪魔的アウトサイドトラップ炸裂で相手守備陣を翻弄】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

    今回は元西ドイツ代表FWのゲルト・ミュラー氏がバイエルン時代に決めたゴールだ。


    1963年にTSVネルトリンゲンでプロデビューし、1年後にはバイエルンへ移籍。15年間の在籍の中で、リーグでは7度の得点王に輝き、リーグ通算365ゴール(427試合)を奪った。1972年にはブンデスリーガで40得点を記録。この記録は現在でも破られていない。

    1976年10月20日に行われたヨーロピアン・カップのラウンド16、バニーク・オストラヴァ(チェコ)との1stレグでは見事なゴールを決めている。

    2点ビハインドの53分、バイエルンは右サイドを攻略すると、ゴール前へクロスボールを供給する。相手DFの方がボールの落下点には近かったように見えたものの、走りこんだゲルト・ミュラーは思い切り体を伸ばしてジャンプした。ゲルト・ミュラーは驚くほどの跳躍力と滞空時間で先にボールに触ると、見事なヘディンシュートゴール左に決めた。

    その得点力からゲルト・ミュラー氏についたあだ名は“デル・ボンバー(爆撃機)”。かつて最強を誇った西ドイツ代表でも、クラブ同様にゴールを量産。1970年1974年の2度の出場だけでワールドカップ通算14得点を奪い、2006年ドイツワールドカップで元ブラジル代表FWロナウド氏が塗り替えるまで32年間、記録を保持していた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】“爆撃機” こと史上最強FWゲルト・ミュラーの信じられない跳躍力】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.sportsbull.jp)



    日本代表MF遠藤航のチームメイトである、シュツットガルトの元ドイツ代表FWマリオゴメス(34)が現役引退を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

    28日、ブンデスリーガ2部は2019-20シーズンの最終節を行なった。シュツットガルトは1部への自動昇格圏の2位に位置し、ダルムシュタットと対戦。ゴメスゴールを記録するも1-3で敗戦。しかし、3位のハイデンハイムも敗れ、1年での1部復帰を果たした。

    試合後、この試合でゴールを記録していたゴメスが82分にピッチを後にすると、ベンチにいたスタッフらがゴメスユニフォームを着用し出迎え。試合後には胴上げが行われ、レジェンドの引退を見送った。

    ゴメスは、シュツットガルトの下部組織出身で、2005年7月にファーストチームに昇格。2009年7月にバイエルンへ移籍すると、フィオレンティーナ、ベシクタシュ、ヴォルフスブルクと渡り歩き、2018年1月にシュツットガルトへ復帰していた。

    シーズンブンデスリーガ2部で23試合に出場し7ゴール1アシストシュツットガルトの通算では230試合で110ゴール30アシストを記録していた。なお、ブンデスリーガでは通算328試合出場170ゴール45アシストを記録している。

    また、ドイツ代表としても78試合に出場し31ゴールを記録。2010年南アフリカワールドカップ2018年ロシアワールドカップに出場も、2014年ブラジルワールドカップには選ばれず優勝メンバーではなかった。

    シーズン限りで契約が切れることから、移籍先の候補にはアメリカメジャーリーグサッカーJリーグヴィッセル神戸なども挙がっていたが、現役引退の道を選んだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】Jリーグ入りも噂された元ドイツ代表FWマリオ・ゴメスが現役引退、1部昇格を置き土産に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    昨年3月にヨハヒム・レーヴ監督から構想外であることが伝えられて以降、ドイツ代表から遠ざかっているバイエルンのMFトーマス・ミュラーだが、現在でも復帰の可能性はほとんどゼロに近いようだ。

    ドイツ代表で通算100試合出場38ゴール36アシストの成績を持つミュラーだが、昨年3月に突如、レーヴ監督から構想外が宣告された。今夏に開催予定だったユーロ2020に向けて「今こそ、未来への新たな道を切り開く時だ」と指揮官が世代交代を目論んだためだ。

    それから1年以上が経過し、今年9月に31歳の誕生日を迎えるミュラーは、今シーズンブンデスリーガで29試合7ゴール18アシストリーグ最多アシスト数を更新中。それでも、ドイツサッカー協会(DFB)のディレクターを務めるオリヴァー・ビアホフ氏は、レーヴ政権下では復帰の可能性は極めて低いと、ドイツキッカー」の取材でコメントした。

    「今季のミュラー素晴らしい活躍をしている。レーヴ監督も認めなければならないだろう」

    「だが、彼は明瞭な決断を下し、若手への信頼を表明した。我々は今、若い選手へ目を向けている」

    なお、ミュラー同様にDFマッツ・フンメルス、DFジェローム・ボアテングの2人も今後招集されないことになっている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元ドイツ代表】ミュラー、代表復帰はなし! 代表関係者が改めて宣言】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    アンタルヤスポルに所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキがアーセナルドイツ代表MFメスト・エジルについて語った。イギリススカイスポーツ』が伝えている。

    ヴィッセル神戸でもプレーをしたポドルスキは、2012年から2014年までアーセナルプレー2013年レアル・マドリーからアーセナルに加入したエジルや今のアーセナルを指揮するミケル・アルテタ監督とも共にプレーしていた。

    エジルはアルテタ体制発足の昨年12月からプレミアリーグ全試合先発が続いているが、ウナイ・エメリ前監督の下で冷遇を受け続け、フェネルバフチェ移籍の噂もしきりに報じられていた。しかし、ポドルスキは、その能力に疑いはないと元同僚を評価した。

    「僕には何も議論することはない、彼は素晴らしい選手だ。監督と問題があったり、ケガをしたりということがフットボールでは起こるので、その状況に対処しなければならないことがある」

    「エジルとアルテタは、以前よりもフィットしていると思う。彼らは一緒にプレーし、互いを知っている。エジルはピッチに戻り、以前の監督の時よりもはるかにうまくやっているように見えた」

    「監督には対応できないこともある。彼は別の角度からをフットボールを見ることができる。アルテタがアーセナルに戻り、チームはるかに組織化され、より多くの勝負と規律を持っている」

    「彼らが今後数年間、良いチームを構築できることを願っている。彼らはそれを行うことができるが、一緒にやらなければならない」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】ポドルスキが元同僚エジルに言及「彼は素晴らしい選手だ」】の続きを読む

    このページのトップヘ