Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン



    (出典 www.newscafe.ne.jp)



    後半22分からイニエスタを投入もロシアに敗戦「こんな起用はふさわしくない」

     スペイン代表のフェルナンド・イエロ監督は、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でMFアンドレス・イニエスタを先発から外す大胆采配を見せたが、延長戦、PK戦の末に開催国ロシアに敗れてベスト16で姿を消した。2010年の南アフリカW杯をともに制した元スペイン代表MFセスク・ファブレガスは、指揮官の“ゲームメーカー外し”に「絶句した」と批判を浴びせた。英公共放送「BBC」が報じている。

     さすがの“無敵艦隊”も、11人で守りを固めるロシアに大苦戦した。イエロ監督がピッチに背番号6を送り出したのは、後半22分だった。攻撃の糸口を見出せないなか、イニエスタは決定機を演出しようと奮闘。しかし、ロシアの堅い壁は崩せず、相手の術中にはまってもつれ込んだPK戦に敗れて大会を去った。

     W杯王者となった8年前の同僚セスクは、指揮官の起用法に憤慨していた。

    「アンドレス・イニエスタにとってはおそらくスペイン代表で最後の試合だが、こんな起用法は相応しくない」


    イニエスタは試合後に代表引退を表明

     さらに、セスクはロシア戦を分析してこう続けた。

    「イエロは先発させるべきだったか? イエスだ。自分は絶句している。スペインはロシアよりも優れたチームだったと思う。ロシアはPK戦まで持ち込もうとしていた。そして、神頼み。それで彼らは報われたんだ」

     34歳となり全盛期を過ぎたが、この日もイニエスタは高い創造性を発揮していた。ほとんどスペースのない場面でも、チャンスを作り出すなど、チームにとって必要不可欠な存在だったことを証明した。

     そんなイニエスタは、試合後にスペイン代表から去ることを表明。大会後には、J1ヴィッセル神戸への加入も決まっている。盟友セスクは、元同僚のやるせない思いを代弁し、先発で送り出すべきだったと主張していた。


    (Football ZONE web編集部)

    元スペイン代表セスクが、イエロ監督の“イニエスタ先発外し”を非難している【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】元スペイン代表セスク、イエロ監督の“イニエスタ先発外し”を非難 「絶句している」】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 3倍理論 ★ :2018/07/02(月) 06:38:05.77 ID:CAP_USER9.net

    折り重なった悪いジンクスを打ち破れなかった。2010年大会王者のスペインはロシアW杯決勝トーナメント1回戦で、開催国ロシアに苦手のPK戦で敗退。過去のW杯では対ホスト国相手に未勝利が続いていたが、不名誉な記録はまたしても更新された。

     パス数はW杯史上最多の1137本。ロシアの285本の4倍を数えたが、驚異的なハードワークを見せた開催国のブロックを崩すことはできなかった。120分間を通じてネットを揺らしたのは、セットプレーからのオウンゴールのみ。1-1で迎えたPK戦、2人のキックが相手GKにストップされ、ベスト16で大会を去ることとなった。

     スペインにとってホストカントリーとの対戦は苦い思い出ばかりだ。古くは1934年のイタリア大会ではイタリアに1分1敗、そして1950年のブラジル大会では敗北。また記憶に新しいのは2002年の日韓大会。韓国相手に多くのチャンスをつくりながら、最後はPK戦で敗れた。

     またPK戦でも過去4戦3敗になったスペイン。イタリア、イングランドに並んで“最多敗退”記録に並んだ。唯一の勝利は2002年のアイルランド戦だが、直後に韓国に敗れたため苦手意識は深刻。このロシア戦では『2つの鬼門』を破ることができず、早期敗退に終わってしまった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-01655823-gekisaka-socc


    【【W杯】パス数4倍で敗れたスペイン、破れなかった『2つの鬼門』】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/07/02(月) 05:37:22.94 ID:CAP_USER9.net

    7/2(月) 5:21配信
    ◆W杯ロシア大会▽決勝トーナメント1回戦 ロシア1(PK4―3)1スペイン(1日・モスクワ)

     スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)は1日のロシアW杯決勝トーナメント1回戦のロシア戦後に代表引退を表明した。スペイン協会のホームページが報じた。

     同協会のホームページによると、ベスト16での敗退が決まった後にイニエスタは「代表チームでの最後の試合になるのは間違いない」「私のキャリアの中でも最も悲しい一日だ」とコメントした。

     イニエスタは代表131キャップを数え、10年W杯南アフリカ大会決勝オランダ戦では、0―0の延長後半に決勝ゴールを決めてスペインに初優勝をもたらした。

     バルセロナを17―18シーズン限りで退団したイニエスタは、今夏からJ1神戸でプレーする。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00000097-sph-socc


    【【注目】イニエスタ、スペイン代表引退を表明 今夏からはJ1神戸でプレー】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



     ワールドカップ史上初となる4人目の交代が行われた。2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント1回戦が7月1日に行われ、スペイン代表ロシア代表が対戦。試合は1-1のまま延長戦に突入すると、ロシアは97分にダレル・クズヤエフを下げてアレクサンドル・エロヒンを投入し、今大会から導入された4人目の交代枠を使った。

     ロシアは、46分にユーリ・ジルコフに代えてウラジミール・グラナトを送り出し、61分にアレクサンドル・サメドフをデニス・チェリシェフに、65分にはアルテム・ジュバをヒョードル・スモロフに代え、90分で行える3名の交代枠を使い切っていた。

     FIFA(国際サッカー連盟)は2016年3月の理事会で、延長戦に突入した際に4人目の選手交代を認める新ルールを試験的に導入することで合意。同年8月のリオデジャネイロ・オリンピックなどで試験導入されていた。W杯では今大会から新たにVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)などともに、延長戦での4人目の選手交代も導入された。

    延長戦に向けて円陣を組むロシア代表 [写真]=FIFA via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】史上初の4人目交代! 開催国ロシアが延長戦で“歴史的交代”】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    前半39分、ロシアFWジュバのヘッドを手で叩き落としてPK献上

     スペイン代表DFジェラール・ピケは、7月1日のロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦ロシア戦で前半39分にハンドでPKを献上。ペナルティーエリア内で片手を高く上げて相手のヘディングシュートを叩き落とす形になり、まるで「バレーボール」とSNS上を賑わせている。

     スペインは前半12分、セットプレーからDFセルヒオ・ラモスが相手ともつれこみ、これがゴールネット右に収まり、オウンゴールで1-0と先手を取った。

     しかし前半39分、右CKからロシアFWアルテム・ジュバのヘディングシュートをDFジェラール・ピケがペナルティーエリア内でハンド。イエローカードを受け、献上したPKも決められて同点に追いつかれた。

     データ分析会社「オプタ」によると、ピケは1966年以降でW杯において2つのPKを献上した初めてのスペイン人選手だという。同公式ツイッターではジャンプした際、後ろ向きのなかで片手を上げてボールを弾いた写真を用いて「バレー」と綴っており、ツイッター上でも「ピケはバレーボールをやっているのか?」「ピケはサッカーよりもバレーをやった方がいい」と“ツッコミ”が入っている。


    (Football ZONE web編集部)

    ピケの“片手上げハンド”がSNS上を賑わせている【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】まるでバレーボールのブロック? スペイン代表DFピケ、驚愕の“片手上げハンド”に騒然】の続きを読む

    このページのトップヘ