Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン



    (出典 f.image.geki.jp)



    スペインFWコスタ、ポルトガルDFペペと競り合ってドリブルからゴールも猛抗議

     ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦の最注目カード、現地時間15日のポルトガル対スペインは3-3のドローに終わったなか、両国のエースFWの疑惑プレーが物議を醸しそうな気配だ。今大会から初導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が“陰の主役”となった。

     最初のプレーは開始2分だった。ポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドがドリブルで持ち込み、レアル・マドリードの同僚DFナチョに倒されてPKを獲得。これをロナウドが沈めてポルトガルが先制した。ナチョは確かに足を出しているものの、ロナウドが大げさにダイブしているようにも見え、スペイン側はこの時に猛抗議したが、結局判定は覆らなかった。

     続く疑惑のシーンは、0-1とスペイン劣勢で迎えた前半24分に起きている。スペインが前線にボールを供給すると、これに競り合ったのがFWジエゴ・コスタとポルトガル代表のDFペペだった。コスタはジャンプしながらボールに飛び込んだが、その際に左肘付近がペペの顔から首にかけてヒット。ペペはそのまま地面に倒れ込んだ一方、コスタはドリブルで持ち込み同点ゴールを奪っている。ポルトガル側は猛抗議し、今大会初めてVARが適応されたが、判定は覆らなかった。

     VARはゴールやPKなどに関わるシーンを検証するもので、ロシアW杯から初導入が決定。この試合で始めて適応されるなど“歴史的瞬間”となったが、意見の分かれるプレーだったのも事実。今後、大きな反響を呼びそうだ。


    (大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki)

    スペイン代表FWジエゴ・コスタ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【スペイン代表】FWジエゴ・コスタ、相手吹き飛ばし豪快弾で物議も… W杯でVAR初適用の“歴史的瞬間”】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    スペイン-ポルトガルは壮絶な打ち合いの末、3-3でドロー

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会第2日は15日、3試合が行われ、グループリーグ屈指の注目カードのB組スペイン-ポルトガルは壮絶な打ち合いの末に3-3でドロー。勝ち点1を分け合った。同組ではイランが1-0でモロッコに勝利。同国にとっては20年ぶりの勝利、アジア勢としても2010年の日本以来の勝利で、B組の首位に立った。A組ではウルグアイが終了間際のゴールでエジプトを破り、勝ち点3を獲得した。

     ポルトガルはFWクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックと大車輪の活躍でマン・オブ・ザ・マッチに選出。監督が電撃交代したスペインは後半13分に3-2と逆転するも、終了間際にロナウドに直接FKを叩き込まれ追いつかれた。

     イラン-モロッコは開始直後から激しい展開になり、両チーム一歩も引かない好ゲームに。だが結末は意外な形で訪れた。後半アディショナルタイムにモロッコ選手がクリアにいったボールが自陣ゴールネットを揺らしてしまい、イランが劇的な勝利を収めた。

     ウルグアイも後半44分に決勝ゴールを挙げるなど、3試合とも土壇場で勝負の行方が決した格好となった。(THE ANSWER編集部)

    ハットトリックを達成したクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】屈指の注目カードは勝ち点1ずつ、イランは20年ぶり勝利でB組首位に!…W杯各組の順位】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    W杯開幕直前に起きた仁義なき強奪と異例の監督解任劇

     ワールドカップ(W杯)開幕の2カ月前に監督を解任した日本サッカー協会の決断には驚かされたが、上には上がいたものだ。スペイン協会はなんと開幕前日にフレン・ロペテギ監督の解任を発表したのだ。

     それに先だって、レアル・マドリードが新シーズンの監督としてロペテギを招聘すると発表した。もちろんW杯後の話なのだが、レアルの発表はスペインサッカー連盟には寝耳に水だった。5月にロペテギとの契約を2020年まで延長したばかりなのだから、まさか引き抜かれるとは思っていないし、この時期に発表されるとも考えていない。仁義を欠いたロペテギとレアルに連盟会長が激怒し、即日解任となった。

     代表チームがクラブの監督を「強奪」するケースは稀にある。それこそ2006年、川淵三郎会長(当時)の「オシムと言っちゃった」に端を発したイビチャ・オシム監督のジェフユナイテッド千葉からの強奪は、契約が残っているクラブチームの監督をシーズン中に引き抜くという禁じ手だった。

     ただ、オシムが旧ユーゴスラビア代表の監督に就任した時は、パルチザン・ベオグラードとの兼任だ。1974年W杯でオランダを率いていたリヌス・ミケルス監督もバルセロナとの兼任で、W杯期間中にスペインのカップ戦の指揮を執るために一時的にスペインに戻っていた。コロンビアとナショナル・メデジンを兼任したフランシスコ・マツラナ監督など、代表とクラブの掛け持ちはけっこうある。

     つまり06年の日本のようにクラブチームからの「強奪」も珍しいなか、今回はさらに珍しい代表チームからの監督引き抜きである。過去にこんな例があっただろうか。それもW杯開幕直前という事情を考えると異例中の異例だろう。

     UEFAチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成したジネディーヌ・ジダン監督が突然辞任したことで、レアルの監督は空席になっていた。ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督などが有力候補と噂されていて、ロペテギも候補の一人には挙げられていた。

     一番の問題は、この時期にレアルが一方的にロペテギの監督就任を発表してしまったことだろう。事前に連盟に連絡し、大会後に発表するならまだ穏便にすんだかもしれないのに、抜き打ちでこの時期に発表するというのは、スペイン代表の都合など微塵も考慮しないという態度にほかならない。さすがにスペイン連盟も怒るはずだ。


    新しい「ティキ・タカ」を作り上げた手腕は確かだった

     今大会のスペインは優勝候補だった。パスワークの素晴らしさは別格で、親善試合で対戦したドイツが「下手」に見えたぐらいである。スペインのパスワークはバックパスの決断が早く、ボールを下げて相手を釣り出すうちにすでに次のパスコースを確保し、相手のプレスを後手に回していく。形のうえではドイツやブラジルもやっているパスワークだが、スペインの方がずっとテンポが速い。新しい「ティキ・タカ」を作り上げたロペテギ監督の手腕は、確かなものがあった。

     後任はスポーツ・ディレクターのフェルナンド・イエロが務める。技術委員長が監督になった日本と同じパターンだが、おそらくロペテギとともにコーチングスタッフもいなくなるからだろう。

     もう開幕なので、ある意味スペイン代表の準備には大きな影響はないと思う。チームとしても完成品だ。ただ、ここから1カ月の大会を乗り切るための体制を整えるのは容易ではないだろう。これで上手くいかないとしたら、素晴らしいチームだっただけに残念としか言いようがない。

     レアルの横暴は非難されるだろうし、ロペテギ監督は最初から厳しい目で見られるに違いない。ただ、そうした結果を容易に予測できるにもかかわらず、傍若無人の振る舞いをしたレアルというクラブの大きさ、尊大なまでの自信には、ある種の凄みは感じる。


    (西部謙司 / Kenji Nishibe)

    W杯開幕直前に起きた仁義なき強奪により、異例の監督解任劇となった【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】スペイン代表とW杯をも恐れぬレアルの横暴ぶり 凄みすら感じたロペテギ“強奪”の衝撃…】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    サッカーW杯。ポルトガルとの初戦を前に記者会見に臨むスペインのイエロ新監督(左)。「過去2年間の歩みを続ける。われわれのサッカー概念は変わらない」と述べた。右はセルヒオラモス=14日、ロシア・ソチ 【時事通信社】



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【スペイン代表】新監督「過去の歩み続ける」】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    レアルの監督に就任するのに……

     2大会ぶりのワールドカップ(W杯)優勝を目指すスペイン代表に激震が走った。スペインサッカー連盟は、ロシアW杯開幕前日の13日、フレン・ロペテギ監督の電撃解任を決定した。ロペテギ監督は、12日にレアル・マドリードの新監督就任が発表されたばかりだったが、その事実を連盟側が知らされたのは電撃発表の5分前。手腕に定評は高かったが、あまりの配慮のない指揮官とクラブの対応に、連盟トップの堪忍袋の緒が切れた格好だ。そして、そのお騒がせ指揮官の5月に残した禁句が、このタイミングでクローズアップされている。

     ロペテギ監督は、5月にアルゼンチンテレビ局「TyC」のインタビューに登場すると、レアルの宿敵で、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを称賛し、「史上最高の選手」「彼のような選手を探すのは極めて困難」と賛辞を並べた。

     さらには、スペインメディア「20 Minutos」のインタビューでも「さまざまなシナリオでも継続的に違いを見せ続けている」「彼のプレーを見るのは幸せ」とまで絶賛している。

     これらの発言は、メッシに対抗意識を燃やすレアルのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのプライドを大いに傷つけるものだろう。レアルの関係者やOBは、絶対的なエースの気持ちを逆なでしないように公然とメッシを称える発言を控えてきた。だが、レアル監督就任発表直後にメッシを崇める発言が露見してしまった。

     お騒がせ指揮官のこの失言は、「スポルト」、「AS」といったスペイン地元各紙のみならず、アルゼンチン紙「ラ・ナシオン」も一斉に報道。「ムンド・デポルティーボ」に至っては、大々的に「ロペテギによる、メッシとクリスティアーノ・ロナウドの違い。マドリードの新監督はアルゼンチン人を史上最高と呼ぶ」と報じた。ロシアW杯後のレアル新監督と、ロナウドとの関係悪化が今から心配なところだ。


    (Football ZONE web編集部)

    スペイン代表のロペテギ前監督の失言が波紋を広げている【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【騒動】スペイン代表解任のお騒がせ監督、C・ロナウド傷つける失言発覚 「メッシが史上最高」】の続きを読む

    このページのトップヘ