Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 Egg ★ :2018/10/04(木) 20:54:53.21 ID:CAP_USER9.net

    スペインサッカー連盟は4日、10月の2試合に望むスペイン代表メンバーを発表した。

    ルイス・エンリケ監督新体制のもと、先月行われたUEFAネーションズリーグではロシア・ワールドカップ準優勝のクロアチアを6-0と粉砕するなど最高のスタートを切ったスペイン。10月にはウェールズとの親善試合の後、ネーションズリーグ初戦で2-1と下したイングランドと再び激突する。

    首位でのグループ突破を睨む今回の招集では、レアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーというリーガ3強の主力が順当に選出。また、プレミアリーグで好調を維持するチェルシーからは、4人が選ばれた。

    一方、L・エンリケ監督との確執が伝えられるバルセロナDFジョルディ・アルバは、またも招集外となった。

    スペイン代表は12日にウェールズと親善試合を行い、16日にホームのベニト・ビジャマリンでイングランドと対戦する。

    スペイン代表メンバーは以下の通り。

    GK
    ダビド・デ・ヘア/マンチェスター・U(イングランド)
    ケパ・アリサバガラ/チェルシー(イングランド)
    パウ・ロペス/レアル・ベティス

    DF
    セルヒオ・ラモス/レアル・マドリー
    ナチョ/レアル・マドリー
    セサル・アスピリクエタ/チェルシー(イングランド)
    ラウール・アルビオル/ナポリ(イタリア)
    マルク・バルトラ/レアル・ベティス
    ジョニー・カストロ/ウォルバーハンプトン(イングランド)
    マルコス・アロンソ/チェルシー(イングランド)
    ホセ・ガヤ/バレンシア

    MF
    セルヒオ・*ケツ/バルセロナ
    サウール・ニゲス/アトレティコ・マドリー
    ロドリゴ/アトレティコ・マドリー
    チアゴ・アルカンタラ/バイエルン(ドイツ)
    ダニ・セバージョス/レアル・マドリー
    コケ/アトレティコ・マドリー

    FW
    イアゴ・アスパス/セルタ
    マルコ・アセンシオ/レアル・マドリー
    アルバロ・モラタ/チェルシー(イングランド)
    スソ/ミラン(イタリア)
    ロドリゴ/バレンシア
    パコ・アルカセル/ドルトムント(ドイツ)

    10/4(木) 19:17配信GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00010011-goal-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【海外サッカー】<スペイン代表>メンバー発表!ルイス・エンリケ監督と確執報道のジョルディ・アルバはまたも選外に...】の続きを読む



    (出典 world-soccer-saikou08.xyz)



    1 Egg ★ :2018/09/13(木) 23:20:50.11 ID:CAP_USER9.net

    スペインにおいてFIFAワールドカップが行われた1982年から長い年月が過ぎた。次なる開催を目指して、マドリードのモンクロアにおいてスペインサッカー連盟(RFEF)会長ルイス・ルビアレス、スペイン首相ペドロ・サンチェス、FIFA会長ジャンニ・インファンティーノによる会談が行われた。

    会合の目的はスペインが2030年W杯の開催国として立候補するためだ。2つの可能性が検討されており、1つはスペイン単独開催、もう1つはポルトガル、モロッコとの共同開催だ。

    ルビアレスは後者の選択肢が他の立候補国を上回るための有効なプランだと考えている。

    インファンティーノにとってはここ2か月で2度目のスペイン公式訪問となった。前回は現会長のお披露目となったRFEFの全体総会だった。

    32年前、イタリアが西ドイツを3-1で下した82年大会決勝はサンティアゴ・ベルナベウで行われた。12か国で分散開催される次回2020年のユーロでは、ビルバオが開催地の一つとなっている。

    次回2020年W杯はカタール、2026年はアメリカ、メキシコ、カナダでの3か国共催が決まっている。

    9/13(木) 17:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00010012-sportes-socc


    【【注目】<スペイン>2030年W杯開催地に立候補へ!】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 shake it off ★ :2018/09/02(日) 17:43:19.39 ID:CAP_USER9.net

    バルセロナに所属する元スペイン代表DFジェラール・ピケが逮捕されたようだ。スペイン紙『マルカ』が報じている。

    ピケは、8月31日の午後3時頃にスペイン国内で車を運転。しかし、警察に車両を止められ、免許証の提示を求められたところ、以前の違反によって免許停止中だったため、有効な免許証を提示できなかったと同紙は報じている。

     また報道によるとピケは今後、裁判所で審議を受け、有罪となった場合、6か月間の懲役に加え、28万8000ユーロ(約3700万円)の罰金もしくは90日間の奉仕活動を科される可能性があるようだ。


    https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20180901/823695.html


    【【リーガエスパニョーラ】 免許停止中に運転か…バルセロナDFピケ、地元警察に逮捕される】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 Egg ★ :2018/09/02(日) 20:01:28.98 ID:CAP_USER9.net

    スペインサッカー連盟がUEFAネーションズリーグに臨むスペイン代表メンバー24人を発表した。

     ロシアW杯の優勝候補の一角と目されていたスペインは、大会直前でフレン・ロペテギ監督を解任。フェルナンド・イエロ氏のもと本大会に臨んだが、決勝トーナメント1回戦で開催地ロシアに敗れ、ベスト16で姿を消した。

     ルイス・エンリケ新監督を迎えた新たなスタートを切るスペイン。その初陣にW杯メンバー13人とともにDFセルジ・ロベルト(バルセロナ)、FWアルバロ・モラタ、DFマルコス・アロンソ(ともにチェルシー)らを選出。GKパウ・ロペス(ベティス)とDFホセ・ガヤ(バレンシア)、MFダニ・セバジョス(R・マドリー)を初招集した。

     一方でDFジョルディ・アルバ(バルセロナ)やMFルーカス・バスケス(R・マドリー)、MFダビド・シルバ(マンチェスター・C)らがメンバーから外れた。

     スペインはネーションズリーグで8日にイングランド、11日にクロアチアと対戦する。

     以下、スペイン代表メンバー(※はロシアW杯メンバー)

    ▽GK
    ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)※
    ケパ・アリサバラガ(チェルシー)※
    パウ・ロペス(ベティス)

    ▽DF
    セルヒオ・ラモス(R・マドリー)※
    マルコス・アロンソ(チェルシー)
    ダニエル・カルバハル(R・マドリー)※
    セサル・アスピリクエタ(チェルシー)※
    セルジ・ロベルト(バルセロナ)
    イニゴ・マルティネス(ビルバオ)
    ナチョ・フェルナンデス(R・マドリー)※
    ディエゴ・ジョレンテ(ソシエダ)
    ラウール・アルビオル(ナポリ)
    ホセ・ガヤ(バレンシア)

    ▽MF
    ロドリ(A・マドリー)
    ダニ・セバジョス(R・マドリー)
    セルヒオ・*ケツ(バルセロナ)※
    サウール・ニゲス(A・マドリー)※
    チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)※
    イスコ(R・マドリー)※
    スソ(ミラン)
    マルコ・アセンシオ(R・マドリー)※

    ▽FW
    ロドリゴ・モレノ(バレンシア)※
    アルバロ・モラタ(チェルシー)
    ジエゴ・コスタ(A・マドリー)※

    9/2(日) 18:37配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-01752824-gekisaka-socc

    【サッカー】< イタリア代表>メンバー発表!新たな血が続々!《UEFAネイションズリーグ》
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1535859096/


    【【海外サッカー】<ルイス・エンリケ新体制のスペイン代表>UEFAネーションズリーグに臨むメンバー24人を発表!】の続きを読む



    (出典 nordot-res.cloudinary.com)



    自身のSNSで代表引退を表明 「代表チームは僕に全てを与えてくれた」

     マンチェスター・シティのMFダビド・シルバがスペイン代表引退を表明した。ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタ、バルセロナDFジェラール・ピケに続き、また一人、黄金期を築いたスーパースターが“ラ・ロハ”に別れを告げた。“魔術師”の異名をとる司令塔に対して、労いと称賛のコメントが相次いでいる。

     シルバはスペインの強豪バレンシアでブレークし、2010年にマンチェスター・シティへ移籍。プレミアリーグ優勝3度など、近年のシティを象徴する選手の一人となった。スペイン代表としては125キャップで35得点を記録し、2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)と08年と12年の欧州選手権連覇を経験。スペイン代表の赤いユニフォームを着るのは、今夏のロシアW杯が最後となった。

     シルバは自身のSNSを通じて声明を発表。「数日、数週間をかけて考えた。代表チームは僕に全てを与えてくれ、選手として、人間としての成長を助けてくれた」などとメッセージを綴った。

     シルバの下には「ありがとう、エル・マゴ(魔術師)」「真のレジェンドだ」「スペイン代表があなたとイニエスタのいない中盤でプレーするのが想像できない」「彼もまたフェノーメノだ」と称賛の声が届けられている。

     メッセージはファンからだけではなく、シティの同僚であるフランス代表DFバンジャマン・メンディもハートの絵文字でシルバにメッセージを送った。SNSの使いすぎを指摘され、先日ジョゼップ・グアルディオラ監督から「メンディはメンディだ。時々殺したくなることもあるが、素晴らしい選手だと思うこともある。まだまだ改善すべきところはあるが、SNSのことは忘れて取り組んでほしい」と苦言を呈されていたが、さすがの“SNS狂”ぶりを発揮した。


    (Football ZONE web編集部)

    ダビド・シルバがスペイン代表引退を表明した【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【引退】「ありがとう魔術師」「真のレジェンド」 シルバのスペイン代表引退に労いの声殺到】の続きを読む

    このページのトップヘ