Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン


    スペイン戦大敗の伊代表を母国メディア糾弾 「最悪な存在」の監督が「迷宮入り招いた」 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web

     

    W杯欧州予選、イタリアがスペインに0-3敗戦 選手らに4点台、監督に3点と大酷評

     

     ワールドカップ(W杯)欧州予選の大一番、スペイン対イタリアは3-0という予想外の大差がつくゲーム展開でスペインが勝利した。敗れたイタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は、試合後の採点で選手たちには4点台を連発。ジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督には3点と大酷評を浴びせている。

     

     試合前の状況からは、勝ち点で並びつつも得失点差で下回る相手との最後の直接対決で、より勝利が必要だったのはイタリアだった。しかし、様子を見るように試合開始から時間が過ぎると、スペインの猛攻を受けて前半13分に早くも陥落。その後も試合の主導権を奪い返せず、得意のカウンターも不発続きで最終的には3点差がついた。

     

     その原因として大酷評されたのがヴェントゥーラ監督だった。厳しい試合結果でも滅多に見ることがない「3点」という落第点を与えられたうえに、寸評も滅多切りにされた。

     

    「ピッチの中で最悪な存在を指名するなら、疑いようなく彼だ。間違ったプレーモデルのうえに、間違った指示を与える。これはイタリアにとって致命的なコンボとなって襲い掛かった。難しいゲームだったのは確かだが、この監督がさらなる迷宮入りを招いた。残念ながらワールドカップへの道のりはまだ長い時間かかることが決まった」

     

     

     

    「大きいゲームの指揮に不安」を露呈

     

     最終ラインのリーダーであるDFレオナルド・ボヌッチ(ACミラン)など5人に「4点」を与えられたが、全ては監督の選択が大失敗であると糾弾している。この敗戦でスペインとの勝ち点差が3に広がり、1位での本大会行きには残り3試合中、2強状態のグループでスペインの敗戦を期待するという現実味のない状況に陥った。同メディアは、すでに2位でのプレーオフ行きを覚悟している模様だ。

     

     昨年の欧州選手権では、アントニオ・コンテ監督に率いられてベスト16でスペインに2-0の快勝を収めていた。ベスト8で敗退したものの完成度の高いサッカーは高く評価されたが、コンテ監督はプレミアリーグのチェルシーに去り、後任に指名されたのがヴェントゥーラ監督だった。

     

     就任当初から「若手の指導と育成には定評があるが、ビッグクラブを率いたこともなく大きいゲームの指揮に不安がある」と評されていたヴェントゥーラ監督だったが、この大一番でその不安要素が露呈してしまった。

     

     スペイン戦を前に2020年欧州選手権まで契約を延長したことでイタリアサッカー連盟には批判も集まっていたが、この大敗は今後もさらなる議論を呼ぶことになりそうだ。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【スペイン戦大敗の伊代表を母国メディア糾弾 「最悪な存在」の監督が「迷宮入り招いた」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    イタリア撃破の立役者、スペイン代表MFイスコが敵国メディアに語った両国の差とは? | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    芸術的FKと鮮やかなミドルシュートで2ゴールを決めたMFイスコ

     

     来年のロシア・ワールドカップ本大会出場を懸け大一番となった欧州予選スペイン対イタリアは、ホームのスペインが3-0と完勝した。前半に2ゴールと勝利の立役者になったスペイン代表MFイスコ(レアル・マドリード)は、試合後のイタリア国営放送「RAI」のインタビューに、この一戦における両チームの差を語った。

     

     イスコは「僕たちは、この素晴らしい夜を生み出すことに成功したね」と上機嫌で切り出した。レアルの本拠地でもあるサンチャゴ・ベルナベウで前半13分に壁の上を越えて落とす芸術的なフリーキックで先制点を奪うと、同40分には左足の鮮やかなミドルシュートを突き刺した。守備能力では世界最高峰のイタリアから2ゴールを奪い、前半のうちに試合の行方を大きく決定づけた。

     

     その差を生んだ要因について、イスコは相手国のメディアに言葉を選びつつもこう語った。

     

    「イタリアは僕たちを相手に危険性を生み出せなかったと思う。イタリアには素晴らしい選手たちが揃っているにも関わらず、ね。考えるに、両チームの間にあった差はこの試合への心構えの部分だと思う。僕らは、より良い精神状態でこのゲームに臨むことができていたと感じる」

     

     

     

    より勝利が必要なのはイタリアだったが…

     

     この試合前の時点で、スペインとイタリアは勝ち点16で並び、完全にグループの2強状態を築き上げていた。直接対決の成績より得失点差が優先されるこの予選で、その部分ではスペインが4点リードで迎えていた。

     

     より勝利が必要な状況にあったのはイタリアだったのにも関わらず、スペインが勢い良く立ち上がった時間帯にイタリアが耐えきれなかった。それは、試合前の時点から生み出された差なのではないかと、イスコは感想を話している。

     

     これにより、直接対決の終わったイタリアとの勝ち点差を3に広げたことで、残り3試合で勝ち点7を取れば本大会への自動出場を決める1位が決められる。状況からも本大会出場に大きく前進したスペインをけん引したイスコは、この試合に向けてチームが充実した準備を整えたことに胸を張った。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【イタリア撃破の立役者、スペイン代表MFイスコが敵国メディアに語った両国の差とは? | ニコニコニュース】の続きを読む


    G組の頂上決戦、スペインに軍配…イスコ2発とモラタ弾でイタリア撃破 | ニコニコニュース



    サッカーキング

     2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選の第7節が9月2日に行われ、グループGではスペイン代表とイタリア代表が対戦した。

     第6節を終えて5勝1分けと無敗を維持する強豪同士の激突は、今節屈指の好カード。ホームのスペインはGKダビド・デ・ヘアやセルヒオ・ラモス、ダビド・シルバらが先発メンバーに名を連ねた。ジエゴ・コスタが招集外のため、前線の構成に注目が集まっていたが、マルコ・アセンシオやイスコが先発出場した。

     対するイタリアは、GKジャンルイジ・ブッフォンやレオナルド・ボヌッチ、ダニエレ・デ・ロッシ、アンドレア・ベロッティといった面々が先発メンバーに名を連ねている。

     均衡を破ったのはホームのスペインだった。13分、アンドレス・イニエスタのスルーパスに抜け出したアセンシオがペナルティーエリア左手前でボヌッチに倒され、FKを獲得。イスコが直接蹴り込むと、壁を越えて鮮やかな軌道を描いたシュートがゴールネットを揺らした。GKブッフォンも及ばない一撃で、スペインが先制に成功した。

     ビハインドを負ったイタリアは22分、右サイドからのクロスにベロッティが反応。打点の高いヘディングシュートを枠に飛ばしたが、GKデ・ヘアのビッグセーブに阻まれてしまう。

     すると40分、スペインが追加点。イニエスタのパスを受けたイスコがペナルティーエリア手前で前を向くと、ドリブルで左側へ切り込み、左足を振り抜く。強烈なグラウンダーのシュートがゴール右隅へ決まり、スコアは2-0となった。

     2点差で迎えた後半は互いに得点を決められないまま推移。イタリアは70分にフェデリコ・ベルナルデスキやエデルを投入して打開を図る。対するスペインも72分にアルバロ・モラタをピッチに送り出した。

     結果を残したのはモラタだった。77分、自陣でボールを奪ったS・ラモスからの縦パスを受け、ハーフウェーラインを越えた位置からドリブルで縦へ突破。右側をオーバーラップしたS・ラモスへ預けてペナルティーエリアへ走り込むと、ファーサイドへのグラウンダーのクロスに反応。難なく押し込み、ゴールネットを揺らした。

     試合は3-0で終了。スペインがイタリアに完勝し、勝ち点を「19」に伸ばして首位を守り、予選突破へ前進した。次節は5日、リヒテンシュタイン代表とのアウェイゲームに臨む。一方のイタリアは同日、イスラエル代表をホームに迎える。

    【スコア】
    スペイン代表 3-0 イタリア代表

    【得点者】
    1-0 13分 イスコ(スペイン代表)
    1-0 40分 イスコ(スペイン代表)
    1-0 77分 アルバロ・モラタ(スペイン代表)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【G組の頂上決戦、スペインに軍配…イスコ2発とモラタ弾でイタリア撃破 | ニコニコニュース】の続きを読む


    スペインがW杯出場に大きく前進! 欧州予選、本拠地イタリア戦で3-0快勝 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    スペインMFイスコがFKで先制、その後に2点目 後半にFWモラタがダメ押し弾

     

     ワールドカップ出場へ向けたヨーロッパの大一番は、スペインの完勝に終わった。現地時間2日の欧州予選スペイン対イタリアは、ホームのスペインが3-0の勝利。本大会出場へ大きく前進した。

     

     レアル・マドリードの本拠地サンチャゴ・ベルナベウにイタリアを迎え撃ったスペインは、試合前の状況では勝ち点16で並び、得失点差で4点の優位がスペインにある状況だった。状況的に引き分けが許されるのはスペインという立場だったが、ゲームはスペインの攻勢でスタートした。

     

     そうしたなかで迎えた前半13分、FWアセンシオが倒されて得たペナルティーエリアすぐ外のフリーキックでキッカーはMFイスコ。これが壁の上を越えてイタリア代表守護神ジャンルイジ・ブッフォンの守るゴールを打ち破りスペインが先制に成功した。さらに同40分、ゴール正面で相手MFマルコ・ヴェラッティのプレッシャーを外したイスコは左足を一閃。これが相手選手同士の狭い隙間を抜けていくシュートとなり貴重な追加点となった。前半は2-0のスペインリードで折り返した。

     

     後半に入っても全体的にはスペインがゲームを支配。イタリアもサイド攻撃で数回ゴールに迫ったが、逆にスペインのカウンターに屈した。後半32分、DFセルヒオ・ラモスのラストパスを受けた途中出場のFWアルバロ・モラタが冷静にゴールを決めて3-0とダメ押し。そのままスペインが勝利を収めた。

     

     これにより、スペインは残り3試合を2勝1分以上で自力の本大会出場が決まる。実際には、スペインとイタリアの2強状態のグループだけに、この一戦の結果でスペインがグループ1位のみに与えられる本大会への自動出場に大きく前進。イタリアはグループ2位チームによるプレーオフに本大会行きを掛けることが濃厚な情勢になった。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【スペインがW杯出場に大きく前進! 欧州予選、本拠地イタリア戦で3-0快勝 | ニコニコニュース】の続きを読む


    スペイン、伊との頂上決戦へ秘策? モラタ「あまり言いたくはないけど…」 | ニコニコニュース



    スペインの前線を務めるのは、モラタ(左)かアセンシオ(右)か [写真]=NurPhoto via Getty Images
    サッカーキング

     佳境を迎えつつある2018 FIFAワールドカップ ロシア欧州予選。8月下旬から9月上旬にかけて行われる試合は注目の好カードが多いが、特に注目度が高いのは、9月2日に行われるスペイン代表とイタリア代表の一戦だろう。

     欧州屈指の強豪同士が激突する一戦であると同時に、5勝1分けで並ぶ両国によるグループGの頂上決戦でもある。2位のイタリアをサンティアゴ・ベルナベウに迎え撃つ首位のスペインでは、前線をどのような構成にするかが注目の的となっているようだ。

     スペイン代表は同予選で基本的に[4-3-3]システムを採用しており、チェルシーのFWジエゴ・コスタが、負傷欠場の1試合を除く5試合全てでセンターFWを務めてきた。だが、今回は同選手が招集外となったため、代役を誰が務めるかが課題となっている。

     D・コスタの不在に伴い、ニューヨーク・シティのFWダビド・ビジャが3年振りに招集されるというサプライズがあったスペイン代表。とはいえ、スタメン候補の筆頭となるのは、D・コスタが欠場した昨年11月のマケドニア代表戦で先発したチェルシーのFWアルバロ・モラタとなるだろう。

     前線の陣容に多くの選択肢を考えているフレン・ロペテギ監督は、「2人は一緒にプレーできる」とモラタとビジャの同時起用も示唆している。だが一方で、レアル・マドリードのMFマルコ・アセンシオを“偽9番”に置いたシステムも練習ではテストしている。

     モラタは、アセンシオのゼロトップが効果的な戦術であることを認め、チームのためには自身がベンチスタートとなってもやむを得ないとの態度を表している。

    「あまり言いたくはないけど、“偽9番”は良いアイデアだ。イタリアの守備陣はターゲットとなる選手が前線に1人いた方がやりやすいはずだからだね。これは自分がそういうことを言う唯一の試合だが、いずれにしても監督の最終的な判断を待ちたい」

     モラタはさらに、自身が今年夏に別れを告げたレアル・マドリードでゴールを量産しているアセンシオについて、昨シーズンはともにベンチから試合を見守ることが多かった仲間の成長を自分のことのように喜んだ。

    「マルコの活躍はとても嬉しい。その時が訪れることはわかっていた。一緒に多くの話をした彼には、特別な親しみを感じている。彼は自分が望めば、どこまでも限界を超えていける選手だ」

     スペインとイタリアは、10試合のうち6試合を消化したグループGで3位のアルバニア代表と4位のイスラエル代表に9ポイントの大差を付けている。従って、今回の直接対決を制した方が、プレーオフに回ることなく本大会への出場権を大きく手繰り寄せることとなる。

    「ワールドカップ出場を懸けて、この試合に挑む」との決意を語ったモラタは、「スペイン対イタリアは、ワールドカップやユーロの決勝と言っても過言ではないカードだ」とも強調している。その言葉通り、全世界が熱視線を寄せる大一番だ。スペインがどのようなメンバーで臨むのか、目が離せない。

    文=北村敦



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【スペイン、伊との頂上決戦へ秘策? モラタ「あまり言いたくはないけど…」 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ