Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン


    S・ラモス、ピケのツイートに苦言「最良のものとは言えない」 



    一部ファンから批判されているピケ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、バルセロナの同国代表DFジェラール・ピケの振る舞いに苦言を呈した。28日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

     スペイン国内で代表戦が開催される度に、スタジアムに集まった一部のファンからブーイングを浴びせられているピケ。その大きな要因となっているのが、同選手の出身であるカタルーニャ州の独立を支持していることや、宿敵であるレアル・マドリードに対する挑発的な発言が絶えないことにある。

     こうした状況はチームにとってマイナスにしかならないため、2日に行われた2018 FIFAワールドカップロシア 欧州予選のイタリア代表戦の前には、S・ラモスが代表の主将として、サポーターらにブーイングしないよう自制を求める一幕もあった。

     しかし、ピケは10月1日に実施が予定されているカタルーニャ州の独立を問う住民投票を前に、ツイッターを更新。「#投票しよう」というハッシュタグを付けて、「今日から(投票日の)日曜まで、平和的に意思表示をしよう。彼らに口実を与えてはいけない。それが彼らの望むことなんだ。声を高らかに、力強く叫ぼう」と、住民投票に向けたメッセージをカタルーニャ語で投稿した。

     この日、マドリード市内で開催されたイベントに参加していたS・ラモスは、ピケの行動について感想を求められると、「ブーイングを避けたいなら、ピケのツイートは最良のものとは言えない」とコメント。「それぞれに思ったことを口にする自由はあるけれどね」と一定の理解を示しながらも、苦言を呈している。

     なお29日には、10月のFIFAワールドカップ ロシア欧州予選に向けたスペイン代表メンバーが発表されるが、ツイッター上では「ピケを代表から外せ」というハッシュタグが作成され、ピケを代表に招集すべきではないというキャンペーンが展開されている。同選手を巡る問題が再び注目を集めることとなり、フレン・ロペテギ監督はまたしても難しい舵取りを強いられそうだ。

    (記事/Footmedia)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【S・ラモス、ピケのツイートに苦言「最良のものとは言えない」】の続きを読む


    名手ブッフォン、イタリアとスペインの違いに嘆き節 「100本のパスをつなげば…」 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    W杯予選でスペインに0-3完敗 「イタリアではポゼッションなんて誰も興味がない」

     

     イタリア代表は2日にロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループGの敵地スペイン戦で0-3と完敗を喫した。5日の本拠地イスラエル戦で1-0と辛勝したが、イタリア代表の名守護神でユベントスGKジャンルイジ・ブッフォンはイタリアとスペインのサッカー文化の決定的な違いを嘆き節で語っている。スペイン紙「マルカ」が報じた。

     

     レッジョ・エミリアで行われたイスラエル戦で、FWチロ・インモービレのゴールで勝利を飾ったアッズーリだが、サポーターからは酷い罵声やブーイングも浴びせられた。

     

    「相手のDFを攻略する術を見出せない時に、ブーイングも起きた。だが、それも我々の哲学のうちだろう。スペインが100本のパスをつなげば、偉大なフットボールだと誰もが称賛する。しかし、イタリアではポゼッションなんて誰も興味がない。ファンが事態を少し面倒にしている」

     

     こう語ったのはブッフォンだった。サポーターは敵地サンチャゴ・ベルナベウでの0-3負けを許していないことは重々承知している。だが、2018年のロシアW杯を最後に現役からの引退を明言している名手にとって、代表チームへのブーイングに思うところがあったようだ。

     

     ファンの姿勢に苦言を呈する形となったブッフォンだが、スペインとの文化的な違いを踏まえつつ、理解を求めていた。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【名手ブッフォン、イタリアとスペインの違いに嘆き節 「100本のパスをつなげば…」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    ネイマール、再びスペインに? 11月にスペイン代表vsブラジル代表を開催か | ニコニコニュース



    今回の対戦カードが実現すると、スペインでのネイマールのプレーが見られることとなる [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     ブラジル代表FWネイマールは今夏バルセロナからパリ・サンジェルマンへ移籍し、スペインからフランスに活躍の場を移した。しかし今年中にスペインの地でプレーをするネイマールの姿を再び目にすることになるかもしれない。今年11月にスペイン代表対ブラジル代表が開催される可能性について、7日付けのスペイン紙『マルカ』が伝えている。

     同紙によると、スペインサッカー連盟は、11月の代表ウィークにおけるスペイン代表の試合を、今月オープンとなるアトレティコ・マドリードの新スタジアム、ワンダ・メトロポリターノで開催することを検討している模様だ。

     新スタジアムで行われる初の国際試合の相手として筆頭候補に挙げられているのが、ブラジル代表だという。同代表は既に南米で唯一、ワールドカップ本大会への出場を決めている。『マルカ』は、ブラジルサッカー連盟の関係者の話として、スペイン代表との強化試合が「非常に良好な選択肢」として捉えられていることも伝えている。

     両者の対戦が実現するためには、スペイン代表が10月開催の2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選の2試合(アルバニア戦、イスラエル戦)で本大会出場を決定させ、11月の予選プレーオフ開催を回避する必要がある。ただ、スペイン代表は現在グループGで首位に立っており、2位のイタリア代表とは3ポイントの勝ち点差を付けている。実質的にあと1勝でW杯出場が決まる状況であり、ハードルはそこまで高くはないと言えるだろう。

     スペイン代表とブラジル代表が最後に対戦したのは2013年6月のコンフェデレーションズカップ決勝で、この時はネイマールのゴールなどによって、ブラジル代表が3‐0の大勝を飾った。スペイン代表にとっての“リベンジ”の機会が今年11月に訪れることになるのだろうか。

    (記事/Footmedia)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ネイマール、再びスペインに? 11月にスペイン代表vsブラジル代表を開催か | ニコニコニュース】の続きを読む


    スペイン代表、3バックと4バックを併用も「スタイルは変えない」 | ニコニコニュース



    スペイン代表を率いるロペテギ監督 [写真]=fotopress/Getty Images
    サッカーキング

     現地時間5日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア・欧州予選。スペイン代表はアウェイでリヒテンシュタイン代表に8-0で圧勝した。

     この試合、開始わずか3分で主将のDFセルヒオ・ラモスが先制点を叩き出すと、15分ならびに16分とFWアルバロ・モラタ、MFイスコが相次ぎ追加点を奪い、ここまで全敗の格下にあっさり引導を渡したスペイン代表。試合後の会見に臨んだフレン・ロペテギ監督は、「両チームの間には大きな差があった」としながらも、序盤の連続ゴールで楽に戦うことができたとの見解を示した。

    「今日はセルヒオのゴールにより落ち着いてプレーすることができた。我々は早い時間帯に勝負を決めたいと思っていたが、先制点からの流れで連続ゴールが生まれたことで、プラン通りの展開に持ち込むことができた」

     今回の予選では常に4-3-3のシステムを使用してきたスペイン代表だが、この試合では3-4-3のシステムを採用した。ロペテギ監督は、その意図について次のように説明している。

    「我々がこのシステムでプレーするのは、今回が初めてではない。また、今回で終わる訳でもない。我々には複数の選択肢があり、試合に応じて最も有効なものを選ぶことになる。つまり、今日は3バックが最適だと判断したということだ。チームには複数のシステムを使い分ける必要がある。ただし、スタイルを変えることなくね。それは選手の特性によって決まるものだからだ」

     一方、後半からの出場ながら2ゴールを決め、ロペテギ監督からも「プレー機会に恵まれない選手もチームを大いに助けてくれている。それこそが、私がクローズアップしたいこの代表の強みだ」との賛辞を受けたFWイアゴ・アスパスは、同じく2ゴールを挙げたモラタとの相性の良さを説明した。

    「モラタとはピッチの外でも非常に仲が良い。それがプレーの助けにもなっている。2人のどちらもハットトリックを達成できなかったのが、この試合で唯一の心残りだね」
     
     なお、この日で10試合中8試合を消化したグループGで、2日の頂上対決で撃破したイタリア代表に勝ち点で3ポイント差、得失点差で18ポイント差を付けたスペイン代表。10月6日にホームで行われる次節のアルバニア代表との試合に勝利すれば、本大会出場が事実上決定する運びとなっている。

    文=北村敦



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【スペイン代表、3バックと4バックを併用も「スタイルは変えない」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    スペイン、大量8ゴールでW杯出場に王手…指揮官は「まだ何も成し遂げていない」 | ニコニコニュース



    大量8ゴールで快勝のスペイン。W杯出場に王手をかけた [写真]= Chris Brunskill Ltd/Getty Images
    サッカーキング

     2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選が5日に行われ、グループGに所属するスペイン代表とリヒテンシュタイン代表が対戦した。

     スペイン代表は前半3分にセルヒオ・ラモスのゴールで先制すると、その後圧巻のゴールショーを披露。前半だけで4ゴールを奪い勝利を決定づけた。後半に入っても攻撃の手を緩めないスペイン代表は、51分にイアゴ・アスパスが決めたゴールを皮切りにその後再び4得点。合計スコアを8-0とし、リヒテンシュタイン代表相手に圧勝を収めた。

     スペイン紙『マルカ』は試合後の5日付で、指揮官であるフレン・ロペテギ監督のコメントを掲載。同監督は試合を振り返り「早い時間帯で先制点を取れたことが大きかった。私たちは相手チームにリスペクトを示し、敵のレベルに関係なく全力を尽くしている」とコメント。大量8ゴールを奪ったチームに満足感を示した。

     W杯欧州予選も残り2試合。グループGで2位に位置するイタリア代表とは勝ち点3差のままだが、得失点差は17もスペイン代表が上回るため、次節のアルバニア戦で勝利すればW杯出場が確実なものとなる。しかし、ロペテギ監督は「近づいただけではまだ何も成し遂げていない段階だ。10月の2試合で勝利し、しっかりとW杯出場を決めたい」と気を引き締めた。

    【スコア】
    スペイン8-0リヒテンシュタイン

    【得点者】
    1-0 3分 セルヒオ・ラモス(スペイン)
    2-0 15分 アルバロ・モラタ(スペイン)
    3-0 16分 イスコ(スペイン)
    4-0 39分 ダビド・シルバ(スペイン)
    5-0 51分 イアゴ・アスパス(スペイン)
    6-0 54分 アルバロ・モラタ(スペイン)
    7-0 63分 イアゴ・アスパス(スペイン)
    8-0 89分 マクシミリアン・ゴッペル(リヒテンシュタイン・OG)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【スペイン、大量8ゴールでW杯出場に王手…指揮官は「まだ何も成し遂げていない」 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ