Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン



    (出典 img.footballchannel.jp)



     マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、代表チームの監督を務めることに興味を示しているようだ。イギリスサッカー誌『FourFourTwo』が21日に伝えている。

     グアルディオラ監督は指導者としてのキャリアをバルセロナスタートさせると、2008年トップチームの監督に就任。リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)、チャンピオンズリーグ(CL)を制し、3冠を達成。その後、バイエルンマンチェスター・Cでもリーグ優勝を経験した。

     リヴァプール大学で講演を行ったグアルディオラ監督は、将来的に代表チームの監督を務めたいと語った。また、自身の経験を基にアドバイスを送った。

    「私は代表チームの監督になりたいと思っている。今は3日ごとに試合をしている。もっと穏やかに過ごしたいよ。ゴルフをする時間もできるからね。私のドアをノックしてもらえれば、遅かれ早かれそうなるだろう」

    「旅をするべきだ。素晴らしいものだからね。私はメキシコカタールに6カ月住んでいた。監督としてもドイツに住んでいたし、今はイングランドにいる。私の家族も英語は全く話せなかったけど、今ではペラペラさ。とにかく旅は素晴らしい。おすすめするよ。選手にも勧めている」

    好奇心を持たなければいけない。人生は短いからね。ある朝、起きたら『あぁ、終わっていた』なんてことがあるかもしれないからね。時間が進むのは早い」

    代表チームの監督になりたいと明かしたグアルディオラ監督 [写真]=Alex Dodd - CameraSport via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ペップ、将来的に代表チームの監督就任を希望と語る「遅かれ早かれ…」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの代表戦におけるパフォーマンスがおかしい。

    ▽安定感抜群のGKスキルで現フットボール界屈指の守護神として名を馳せるデ・ヘア。だが、ロシアワールドカップ(W杯)以降のパフォーマンスに懐疑的な見解が集中しており、15日に先発したUEFAネーションズリーグクロアチア代表戦でも3失点を喫した。

    データを扱う『OPta(@OptaJose)』によれば、ロシアW杯以降のセーブ率は45.8%。PKを除く24本の枠内シュートのうち11本しか止められていないという。相手からしてみると、枠内シュートを2本放つことができれば、その1本が得点に繋がる計算になる。

    ▽不振により、ポルトに所属する元スペイン代表GKイケル・カシージャスの復帰待望論が巻き起こるなど、周囲の風当たりが強まるデ・ヘア。今後、そういった雑音をかき消すことはできるのだろうか。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【スペイン代表】デ・ヘアがおかしい…W杯以降セーブ率5割以下】の続きを読む



    (出典 number.ismcdn.jp)



    レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの所有する“ユカタン・デ・ラモス”が2018年の世界で最も優れたスペイン産の馬に選出された。スペインマルカ』が伝えた。

    ▽以前からスペインサッカー界屈指の馬好きとして知られていたセルヒオ・ラモスは、これまで多くの地元アンダルシア産の馬を所有していた。そして、その所有馬のうちの一頭、“ユカタン・デ・ラモス”が、『サロンインターナショナル・デル・カバッロ』のセビリアでのイベント2018年の世界で最も優れたスペイン産の馬に選出された。

    ▽『サロンインターナショナル・デル・カバッロ』は種牡馬と母馬の優劣を決めるスペインコンテストの最高峰で、スペイン各地の予選を勝ち抜いた選りすぐりの名馬が集まる権威のある大会だ。

    ▽そのため、会場を訪れていたセルヒオ・ラモスと親族、友人は“ユカタン・デ・ラモス”の今回の受賞を聞いた際には、まるでチャンピオンリーグリーガタイトルを獲得したようなテンションで喜びを爆発させていた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】セルヒオ・ラモス、自身の所有馬が世界チャンピオンに!】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    スペインサッカー連盟(RFEF)は16日、レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの代表離脱を発表した。

    セルヒオ・ラモスは、15日にザグレブで行われたUEFAネーションズリーグクロアチア代表戦(2-3でスペイン代表が敗戦)にフル出場。だが、この試合でそけい部を痛めたため、18日にラス・パルマスで行われる国際親善試合のボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦を前にスペイン代表から離れるという。

    ▽現時点で負傷程度は不明。症状が悪ければ、DFラファエル・ヴァラン、DFダニエル・カルバハル、DFマルセロ、DFヘスス・バジェホ、DFレギロンといった多数の守備陣を負傷で欠くレアル・マドリーにまた1つ悩みの種が増えることになりそうだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【スペイン代表】セルヒオ・ラモスがスペイン代表を負傷離脱…レアル・マドリーにもダメージ】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/13(火) 22:35:23.05 ID:CAP_USER9.net

    ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが妻のアンナ・オルティスさんとの馴れ初めについて語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。

     下部組織を含めてバルセロナに22年間在籍し、今夏から神戸に加入したイニエスタ。妻アンナさんとの出会いは11年前に遡るという。その時の様子をスペインのテレビ局『クアトロ』の番組『プラネタ・カジェハ』で明かしている。

    「たまたま友達といる時に、レストランでウェイトレスとして働いている彼女に出会ったんだ」

    「すぐ恋に落ちたよ。一目惚れだった。だけど彼女はそっけなくて、最初は全然うまくいかなかったんだ」

    「口説き落とすのには本当に大変だった。いくつかのトリックも使わざるを得なかったくらいだよ」

     サッカーでは思い通りにボールを扱い、ピッチに魔法をかけるイニエスタだが、妻との恋の始まりはそう簡単ではなかったようだ。

    11/13(火) 21:28配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-05185317-gekisaka-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    つづく


    【【Jリーグ】<イニエスタ>妻との馴れ初め告白!「口説き落とすのには本当に大変だった」攻略した方法は日本に関係があったと明かす】の続きを読む

    このページのトップヘ