Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン



    (出典 www.football-zone.net)



    1 豆次郎 ★ :2018/06/20(水) 19:26:47.48 ID:CAP_USER9.net

     アイスランド。W杯本大会は初出場ながら、前回のユーロ(2016年)では本大会出場を果たし、ベスト8に進出。グループリーグでは優勝国となるポルトガルに引き分け、そして、決勝トーナメント1回戦ではイングランドに2-1で競り勝ち、話題を集めた。その直後にスタートした今回の欧州予選でもその余勢を駆り、クロアチアに先着して1位通過。ウクライナ、トルコという実力国を予選敗退に追い込んでいる。

     人口わずか35万の小国。しかしながら、ただの弱者ではない。開幕戦でロシアに大敗したサウジアラビアのようなヘタな負け方はしない、成熟したチームなのだ。粘り強く、精神的にキレることはない。あるレベルに達していることは、この世界では承認済みなのである。

     モスクワのスパルタクスタジアムで行なわれた一戦。アイスランドがアルゼンチンに対して1-1で引き分けたことに特段、驚きはない。アイスランドの善戦、健闘を新鮮な気持ちで讃えるより、まず言及すべきはアルゼンチンの不甲斐なさだと思う。

     前回ブラジルW杯の準優勝チームだ。決勝でドイツと接戦を展開。延長で惜敗している。1978年アルゼンチン大会以来、26年ぶりに南米で開催されたW杯で、その意地とプライドを開催国ブラジルに代わり保った格好だった。

     しかし、チームの平均年齢は本大会出場した32カ国中、28.5歳と最も高く、その瞬間から4年後のロシア大会が心配されていた。案の定、南米予選では大苦戦。監督をホルヘ・サンパオリに代え、最後の最後でようやく出場圏内に滑り込むという、まさに薄氷を踏む戦いを演じた。

     予選と本大会は別物ではある。例えば、2002年日韓共催W杯で優勝したブラジルは、南米予選では大苦戦を強いられていた。苦戦がサクセスストーリーに組み込まれていた。しかしアイスランド戦のアルゼンチンに、予選と本大会との間に潜む”別物感覚”を抱くことはできない。予選との比較以前に、高齢チームで戦った4年前との違いが見られなかった。

     スタメンの平均年齢は29.6歳。30歳台が6人(メンバー23人の平均年齢は29.0歳で、30歳以上は13人)と、さらに上昇していた。今回もおそらく32チーム中、最高齢のチームになるだろう。代わり映えのしない顔ぶれを見ただけで苦戦が予想された。

     もうひとつ、アルゼンチンが抱える問題はリオネル・メッシのポジションだ。守備能力がゼロに近いこの選手をどこに置くか。ディエゴ・マラドーナが監督を務めた2010年大会では中盤で起用。準決勝のドイツ戦ではプレスを浴び、0-4で大敗する最大の要因になっていた。

     守備ができない10番タイプが激減していくなかで、2010年のアルゼンチン型は、現代サッカーへのアンチテーゼのようにも見えたが、それは甘い解釈だった。ドイツによってその旧式サッカーは、木っ端微塵に粉砕された。

     2014年のアルゼンチンは、その反省からか、メッシをできるだけ高い、リスクの低い場所に置く作戦をとった。アルゼンチンの決勝進出はそれが奏功したといってよかった。

     そして今回。サンパオリ監督は4-4-2の2トップを、セルヒオ・アグエロと組ませるスタイルを採用した。ところが1点先取した後、同点に追いつかれて1-1のスコアで後半に突入すると、メッシは中盤まで引いてきた。守備的MFの高さまで下がることも頻繁だった。

     この日はアイスランドにプレスを浴びて逆襲の餌食になることはなかったが、下がれば下がるほど、メッシの魅力=ペナルティエリア内での特別な才能は失われた。怖さは半減。メッシはメッシでなくなっていった。


    https://news.yahoo.co.jp/byline/sugiyamashigeki/20180620-00086669/


    【【W杯】アルゼンチン代表のメッシに、C・ロナウド級の活躍が望めない理由…】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



     スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、フレン・ロペテギ前監督の電撃解任について自身の見解を語った。19日付のイタリアメディア『tuttomercatoweb.com』が伝えている。

     2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループステージ第2戦、イラン代表戦を20日に控えるイニエスタは「起こったこと全てを過去のものにしたい。自分たち全員にとって厳しい時間だったが、今はこれからの2試合に一体となって集中している」とコメント。ロペテギ前監督の電撃解任を受け入れるのは難しいものだったと明かした。

     続けて、イニエスタはイエロ新監督に全幅の信頼を寄せていることを強調した。

    「(フェルナンド・)イエロ監督について疑いはない。我々は彼を信頼している。前に進んでいけると確信している。内部からも外部からもこのようなプレッシャーを受けることに我々は慣れているからね」

    監督交代について語ったイニエスタ [写真]=AMA/Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【スペイン代表】イニエスタ、W杯直前の監督解任は「厳しい時間」…新監督への信頼も強調!】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)



     2018 FIFA ワールドカップ ロシアの初戦となったポルトガル代表とのグループステージ第1戦で、壮絶な打ち合いの末に3-3で引き分けたスペイン代表。開幕前日にフレン・ロペテギ監督からフェルナンド・イエロ監督へと衝撃の指揮官更迭劇が行われた中、強豪同士の対戦で勝ち点1を獲得したチームには一定の評価が下されている。

     しかしその一方で、痛恨のセーブミスを犯したGKダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)に対する風当たりは強くなっている。

     スペイン代表は、ポルトガル代表のエースであるFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)にハットトリックを許した。PKによる1点目とFKによる3点目はGKにはノーチャンスだったものの、ミドルシュートによる2点目はデ・ヘアのファンブルによるものだった。

     スペイン代表のファンはデ・ヘアのミスを極めて重く見ているようで、『マルカ』紙が公式サイトで実施したアンケートでは、それが顕著に現れる格好となった。4段階評価による各選手に対する採点で、デ・ヘアは落第点に当たる「不可」が87パーセントにも及んだ。また、及第点ぎりぎりに当たる「可」も10パーセントにとどまり、「良」と「最良」はそれぞれ2パーセントならびに1パーセントしか得られなかった。

     一方、2得点を挙げたアトレティコ・マドリードのFWジエゴ・コスタは、「最良」が84パーセント、「良」が13パーセント、「可」が2パーセント、「不可」が1パーセントと対照的な評価を受けた。また、スタメン出場した全てのフィールドプレーヤーが、「最良」から「可」までの評価の合計が90パーセント以上と、総じて及第点を得ているる。このことからも、いかに厳しい視線がデ・ヘアに向けられているかが見て取れる。

     また、アンケートの別の質問では、デ・ヘアに対する信頼の暴落が浮き彫りとなっている。「ゴールマウスには誰を起用するべきか?」との質問で、大会前は93パーセントという圧倒的な支持率を得ていたデ・ヘアだが、ポルトガル代表との第1戦を経て41パーセントへと急落した。逆にGKケパ・アリサバラガ(アスレティック・ビルバオ)の支持率が5パーセントから49パーセントへと跳ね上がり、GKホセ・マヌエル・レイナ(ナポリ)の支持率も2パーセントから10パーセントへと上昇。20日のイラン代表との第2戦では、スタメンを交代させるべきとの声が6割近くを占める結果となった。

     W杯開幕早々に窮地に陥ってしまったデ・ヘアだが、良くも悪くも簡単に手のひらを返すのがラテン系の人々。イエロ監督がファンの意見を鵜呑みにして守護神を変更するとは考え難いだけに、グループステージの残り2試合ではチームを決勝トーナメント進出に導く活躍を披露し、批判を称賛へと変えて欲しいものだ。

    文=北村敦

    痛恨ミスを含め、3失点を喫したスペイン代表GKデ・ヘア [写真]=AMA/Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【スペイン代表】GKデ・ヘア、痛恨ミスで評価が急落…ファンの支持が93%から41%に…】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    スペイン代表イニエスタが、ツイッターで被災地へメッセージ

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場中のスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが19日、自身のツイッターを更新。18日に最大震度6弱の地震が起きた大阪、関西に対し、メッセージを送っている。

     W杯後のヴィッセル神戸入団が決まっているイニエスタ。ロシアの地からも新天地で起きた災害を気にかけているようだ。神戸の「ヴィッセル神戸の選手・スタッフは全員無事と確認できております」というツイートを受ける形で、自身もツイートした。

    「全ての被災者にお見舞い申し上げます」

     スペイン語と英語でこうつづり、心配をつづっている。ファンからは「大阪のために祈ろう」「最も謙虚な選手」とコメントがつけられていた。

     自身は初戦のポルトガル戦に先発出場し、後半25分までプレー。次戦は現地時間20日に行われるイラン戦へ向けて調整している。(THE ANSWER編集部)

    アンドレス・イニエスタ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【スペイン代表】イニエスタ、ロシアから被災地気遣うメッセージ 「被災者にお見舞い申し上げます」】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    J2山口のGKコーチ・土肥洋一氏、歴史的名勝負で起きたGKデ・ヘアのミスを解説

     スペイン代表は現地時間15日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦で2016年の欧州選手権王者ポルトガルと対戦し、壮絶な打ち合いの末に3-3の引き分けに終わった。大会2日目にして生まれた名勝負で、世界的名手が痛恨のミスを犯した。06年ドイツW杯の日本代表メンバーで、現在J2レノファ山口でGKコーチを務める土肥洋一氏は、「二つのストーリーが存在した」と解説する。

     1-1で迎えた前半44分、プレミアリーグ屈指の名門マンチェスター・ユナイテッドで守護神として君臨するスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)が放ったミドルシュートに両手を出すも、手前でバウンドしたボールをまさかの後逸。2点目を献上し、試合後には「ピッチの上で報いたい」と悔やむ痛恨のワンプレーとなってしまった。

    「あの2失点目の場面までPK以外のシュートを受けていなかったことが、ミスが起こった大きな要因に挙げられると思います。(前半4分の)PK以降、彼のところにはほとんどボールは飛んでいなかった」

     1失点目以降、ロナウドのミドルシュートまで枠内シュートは0本。土肥氏は「GKとしてシュートが来ない時の難しさが、あの場面には集約されていた」と話す。

    「目が慣れていないところに、シュートの振りも速く、ブレて目の前でバウンドもするシュートがいきなり飛び込んできた。油断もあったのでしょうが、何よりその速さが予想を超えていたのだと思います。繰り返し、失点の場面を見ましたが、視界は確保されていたし、ブラインドにはなっていませんでした。GK(デ・ヘア)の位置からはハッキリとロナウドが見えていたと思います」


    「もっと早く準備し、もう10センチ右に軸が作れていたら…」

     土肥氏によれば、予想の範疇を超えたシュートにデ・ヘアは面食らい、シュートブロックに入れなかったDF(セルヒオ・ラモス、ジョルディ・アルバ)にも、W杯初戦の重圧があっただろうと見解を示す。

    「(デ・ヘアが)もっと早く準備し、あの場面でもう10センチ右に軸が作れていたら防げた失点でした。それに言うまでもなく、DFもシュートを打たせないということが大事。ただ、初戦ということも加味すれば、体が重くてDFもその一歩が出なかったのかもしれません」

     一方で、「あれはGKのミスですが、試合を通して見れば、ロナウドが奪った得点と言うのが正しいかもしれません」と、“もう一つの視点”について土肥氏は語る。

     ロナウドは、前半4分に先制PKを決めると、前線から降りてきてパスを散らし、リズムを作った。しかし、ここぞの場面では全速力でゴール前へと駆け込む姿が何度も見られた。デ・ヘアにとっては痛恨のミスだが、それを呼び込んだのは虎視眈々とチャンスを狙っていたゴールマシンの飽くなき執念だったと言えるだろう。

    「PKの場面もそうですが、高額な年俸を受け取るだけの価値がある選手。だからこそ、(シュートを)打たせてはいけない。何が起こるか分からないわけですから」

     国の威信を懸けて戦うW杯には、超一流の駆け引きが存在する。試合の機微を読んだロナウドに、この場面では軍配が挙がった。元日本代表GKも、ゴールに愛される男のワンプレーに「凄い」と感嘆の声をもらしていた。


    (Football ZONE web編集部)

    スペイン代表GKデ・ヘアはポルトガル戦で、痛恨のミスから失点を喫した【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】一流守護神が犯した痛恨ミス 失点生んだ「二つの視点」】の続きを読む

    このページのトップヘ