Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン



    (出典 www.soccer-king.jp)



    レアル新監督就任発表が引き金か

     2大会ぶりのワールドカップ(W杯)優勝を目指すスペイン代表に激震が走った。スペインサッカー連盟(RFEF)は13日、本大会開幕前日にフレン・ロペテギ監督の電撃解任が決定した。

     ロペテギ監督は12日、ロシアW杯終了後にレアル・マドリードの新監督になることが突如として発表されていた。5月22日にRFEFと2022年までの契約延長を果たしていたばかりだっただけに、衝撃の監督人事となった。

     スペイン「ラジオ・マルカ」によれば、RFEFのルイス・マヌエル・ルビアレス・ベハル会長はロペテギ監督とレアルの間で交渉があったことを認識していたものの、W杯直前というタイミングでの発表に対して怒りを示していたという。

     これにより、RFEFはロテペギ監督に対する不信感を募らせたようだ。

     日本時間13日の17時半から記者会見が予定されていたが、1時間半以上も遅れてロペテギ監督不在の中で会見がスタート。主将DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)ら選手たちはロペテギ監督の続投を希望して説得していたとも報じられたが、ルビアレス会長は解任を決断した。

     ルビアレス会長は会見で、「我々は代表監督と決別した。我々は彼の幸運を祈る。スペイン協会は彼の仕事をさらに向上させないといけない。スペイン代表はすべての国民にとってのものだ。W杯まで2、3日でこんなこと(レアル監督就任)はできない。我々はこの決断を強いられた」と説明している。


    (Football ZONE web編集部)

    W杯開幕前日にスペイン代表監督を解任されたロペテギ氏【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】W杯開幕前日にスペイン代表激震! 来季レアル就任のロペテギ監督を電撃解任「我々は決別した」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     ヴィッセル神戸は7日、スペイン語を通訳できる人物を募集していることを発表した。

     公式ホームページでは、スペイン語および日本語におけるサッカー関連の通訳業務経験のある人物を条件として、1名の募集をかけている。

     神戸は5月24日にスペイン代表MFアンドレス・イニエスタを獲得しており、今回の募集は同選手をサポートするためのものだと予想されている。

    神戸に加入したイニエスタ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】イニエスタを獲得した神戸、スペイン語通訳スタッフの募集を開始…】の続きを読む



    (出典 cimg.news.sp.findfriends.jp)



    W杯後の代表引退も囁かれるなか、国内最後の試合で観客も大拍手で別れを惜しむ

     スペイン代表は現地時間3日に行なわれた国際親善試合スイス戦で、1-1のドローに終わった。ロシア・ワールドカップ(W杯)前にJ1ヴィッセル神戸への移籍を決めたMFアンドレス・イニエスタにとって国内最後の代表マッチとなったが、スタジアムの観衆から惜しみない拍手を受けた。スペイン紙「マルカ」によるとフレン・ロペテギ監督もイニエスタの有終の美を飾りたいと話している。

     試合は予想通りスペインがゲームを支配する展開となり、前半29分にMFダビド・シルバ(マンチェスター・シティ)の浮き球パスにDFアルバロ・オドリオソラ(レアル・ソシエダ)がボレーシュートを決めて先制。イニエスタも中盤センターの位置でゲームを支配した。後半17分にMFリカルド・ロドリゲス(ACミラン)に同点弾を決められて勝利こそつかめなかったものの、同10分にイニエスタが交代する際には会場のエスタディオ・デ・ラ・セラミカから万雷の拍手を受けた。

     イニエスタは8年前の南アフリカW杯決勝で母国を初の世界一に導く優勝決定弾を決めて以降、スペイン中で愛されるプレーヤーとなった。そんな彼にとってロシアW杯をもって代表引退が濃厚とされるなか、スペインでの最後の試合ということもあり観客も別れを惜しんだ。このシーンについて、ロペテギ監督もこのように話している。

    「このオベーションは彼のキャリアを通じてのパフォーマンスによって贈られたものだった。私にとって最も重要なことは、彼がどんなプレーをしてきたかだ」


    “イニエスタを送り出すために”の思いで一致団結へ

     W杯制覇と欧州選手権2008と2012の連覇と、ここ10年間のスペイン代表の躍進はイニエスタによって支えられてきた。その偉大さを称えるとともに、再び栄光を手にして稀代のゲームメーカーの花道にしたいと考えているようだ。

    「我々は計画した通りに彼が去れるようにしたいし、彼が我々に与えてくれるものについて心に留めておくよ」

     前回ブラジルW杯ではグループリーグ敗退の憂き目にあった“無敵艦隊”だが、イニエスタを送り出すためにというモチベーションでロシアの地に乗り込んできそうだ。


    (Football ZONE web編集部)

    国内最後の試合で観客も大拍手でイニエスタとの別れを惜しんだ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イニエスタにスペイン国内で万雷の拍手 指揮官も“有終の美”約束「計画した通りに…」】の続きを読む



    (出典 img.qoly.jp)



     マンチェスター・Uに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘアは同クラブの一員であることに満足しているという。さらに10日ほどで開幕する2018 FIFA ワールドカップ ロシアに集中することが最も大切であると語った。

     デ・ヘアは過去数年間に渡り、レアル・マドリードへの移籍が噂されている。しかし、同選手はそんな噂をかき消すかのようにワールドカップへの意気込みについて語った。

    「僕らにとって最も重要なのはワールドカップだ。この大会が一番大事だし、それに向けて良い仕事ができている。チーム全員が上手くやろうとしている、その姿勢が一番大切なことなんだ」

    「僕はマンチェスター・Uで満足しているし今は代表に専念するだけだよ」

    ワールドカップに集中すると述べたデ・ヘア [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】スペイン守護神デ・ヘア、マンUで満足と提言「W杯に集中するだけ」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/05/29(火) 12:21:58.11 ID:CAP_USER9.net

    5/29(火) 10:54配信
    スペイン代表に朗報…CL決勝で涙の負傷交代のカルバハルが無事合流

     レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFダニ・カルバハルが2018 FIFAワールドカップ ロシアに向け、スペイン代表に合流した。28日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。


     カルバハルは26日に行われたリヴァプールとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝の37分にハムストリングを負傷し涙ながらにピッチを後にした。スペイン代表としてW杯出場が危ぶまれていたが、「テストの後に診査を受けたが、ケガは思っていたよりも軽かった」と負傷は予想より深刻ではないと明かした。

     また、「僕は以前ケガをしてユーロに行くことができず、悪夢のようだった。今は回復し、強くならなくてはいけない」と15-16シーズンのCL決勝においても負傷し、同年のユーロに出場することが叶わなかったカルバハルはW杯に向けて早期復活を誓っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00766030-soccerk-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【海外サッカー】スペイン代表に朗報…CL決勝で涙の負傷交代のカルバハルが無事合流!】の続きを読む

    このページのトップヘ