Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン



    (出典 sport-japanese.com)



     2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3節が25日に行われ、エジプト代表はサウジアラビア代表に1-2で敗れた。同試合でエジプト代表GKエッサム・エル・ハダリがW杯の最年長出場記録を更新。元コロンビア代表GKファリド・モンドラゴンが2014 年のブラジル大会・グループステージ第3節の日本代表戦で樹立した43歳3日を上回る、45歳161日での出場を果たした。

     そこで今回は、W杯で“ギネス世界記録”を打ち立てた選手たちを紹介する。ジャンルを問わず世界中で様々な記録を認定する『ギネスワールドレコーズ』が選出したイレブンには、各国のレジェンドたちが顔を揃えた。

    ▼GK
    ティム・ハワード(元アメリカ代表)
    2014年のブラジル大会決勝トーナメント1回戦で、歴代最多の1試合16セーブを記録した。延長戦に突入したベルギー代表戦で38本ものシュートを浴び、2失点を喫して敗れたものの、大会記録を樹立。試合後には「マン・オブ・ザ・マッチ」にも選出された。

    ▼DF
    カフー(元ブラジル代表)
    カナリア軍団で不動の地位を築き上げ、1994年のアメリカ大会から4大会連続でW杯に出場。2006年大会を除く3大会はいずれも決勝まで進んでおり、ファイナルの試合出場を3度経験した唯一の選手となっている。1994年大会と2002年の日韓大会で優勝を果たした。

    フランツ・ベッケンバウアー(元ドイツ代表)
    「皇帝」の愛称で知られ、1974年のドイツ大会でキャプテンとして優勝。さらに16年後のイタリア大会では、監督として母国を世界一に導いた。「キャプテン」と「監督」の双方で世界制覇を成し遂げた初めての人物である。

    ローラン・ブラン(元フランス代表)
    自国開催の1998年大会で最終ラインのリーダーを務め、母国に初のW杯トロフィーをもたらしただけでなく、ギネス世界記録も残した。パラグアイとの決勝トーナメント1回戦で、延長後半に決勝点をマーク。「ゴールデン・ゴール」を決めた初めてのW杯戦士となった。

    パオロ・マルディーニ(元イタリア代表)
    “史上最高の左サイドバック”と称され、1990年のイタリア大会を皮切りにW杯4大会連続出場を果たした。通算の出場時間は2217分で、W杯で最も長くプレーした選手となった。しかしタイトルには恵まれず、1994年大会の準優勝が最高成績だった。

    ▼MF
    アンドレス・イニエスタ(スペイン代表)
    2010年の南アフリカ大会で、スペインを初のW杯優勝に導いた。オランダ代表との決勝戦では、延長後半に値千金のゴールをマーク。116分に生まれた得点は「W杯史上最も遅い時間に生まれた決勝ゴール」としてギネス世界記録に認定されている。

    ミカエル・ラウドルップ(元デンマーク代表)
    イニエスタの“アイドル”として知られるラウドルップは、1986年大会と1998年大会の2度に渡ってW杯に出場。2得点を記録した。初ゴールは1986年6月8日のウルグアイ戦。そして、2得点目は1998年6月24日のフランス戦だった。12年16日ぶりのゴールは、W杯史上最も長い期間を経て生まれたものだった。

    デヤン・スタンコヴィッチ(元ユーゴスラヴィア、セルビア・モンテネグロ、セルビア代表)
    異なる3カ国の代表選手としてW杯に出場した初めての選手である。1998年大会はユーゴスラヴィア代表、2006年大会はセルビア・モンテネグロ代表、2010年大会はゼルビア代表としてW杯の舞台に立った。FIFA(国際サッカー連盟)は、A代表の公式戦デビュー後の国籍変更を認めていないが、バルカン半島の独立ラッシュが極めて珍しい記録を生んだ。

    ▼FW
    ミロスラフ・クローゼ(元ドイツ代表)
    ブラジル大会の準決勝で、開催国ブラジルを相手にW杯通算16得点目をマーク。元ブラジル代表FWロナウドが持っていた歴代最多得点記録を更新した。2006年のドイツ大会では5得点を挙げて得点王を獲得。前回大会は2得点で、自身初のW杯優勝を経験した。なお、ロシアW杯に参戦中のドイツ代表にコーチとしている。

    ペレ(元ブラジル代表)
    “サッカーの王様”は複数のギネス世界記録を持つ。1958年のスウェーデン大会では「W杯史上最年少得点(17歳239日)」を記録したほか、決勝での「史上最年少出場」と「史上最年少得点」(ともに17歳249日)を達成した。さらに選手として唯一、3度のW杯優勝を誇る。

    ハカン・シュクル(元トルコ代表)
    トルコの歴代最多得点記録を保持する。キャリアで唯一出場した2002年W杯は1ゴールに終わったが、これが大記録となった。韓国と対戦した3位決定戦で、試合開始11秒に先制点をマーク。W杯史上最速ゴールとなった。

    (記事/Footmedia)

    W杯で“ギネス世界記録”を樹立したペレ氏(左)やイニエスタ(右) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】ペレ、イニエスタも選出…W杯で“ギネス世界記録”樹立のベスト11とは?】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     【サランスク時事】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会第12日は25日、各地で1次リーグの最終戦が始まり、B組では2010年大会優勝のスペインが1位、欧州王者のポルトガルは2位で決勝トーナメント進出を決めた。スペインはモロッコと2-2、ポルトガルはイランと1-1で引き分け。ともに1勝2分けの両チームは勝ち点5で並び、得失点差も同じだったが、スペインが総得点で上回り首位となった。勝ち点4のイランは敗退した。

     A組では既に16強を決めていたウルグアイがスアレス、カバニのゴールなどで開催国ロシアに3-0で快勝し、3連勝の勝ち点9で同組1位を決めた。同じく16強入りを決めていたロシアは勝ち点6(2勝1敗)で同組2位。決勝トーナメント1回戦2試合のカードが決まり、ウルグアイはポルトガルと、スペインはロシアと対戦する。

     1次リーグ敗退が決まっていたA組2チームの対戦は、サウジアラビアがエジプトを2-1で下して今大会初勝利を挙げた。 

    〔写真説明〕モロッコと引き分けて決勝トーナメント進出を決め喜ぶスペインのロドリゴ(右から2人目)ら=25日、カリーニングラード

    〔写真説明〕前半、ロシアのオウンゴールに喜ぶウルグアイイレブン=25日、サマラ(AFP時事)

    モロッコと引き分けて決勝トーナメント進出を決め喜ぶスペインのロドリゴ(右から2人目)ら=25日、カリーニングラード


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】スペインとポルトガルが決勝Tへ=ウルグアイはA組1位通過!】の続きを読む



    (出典 images.performgroup.com)



     スペイン代表MFセスク・ファブレガス(チェルシー)が、2018 FIFAワールドカップ ロシア(W杯)でのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)の活躍を疑問視しているようだ。23日、イギリス紙『BBC』が伝えている。

     C・ロナウドはグループステージ第2節を終えて4得点を決め、中でも強豪スペイン代表を相手にハットトリックを記録するなど、好調を維持している。しかし、今大会に選出されていないセスクは同紙のコラムに寄稿し、C・ロナウドのゴールが流れとは関係ないところで決まっていると指摘している。

    「彼はW杯で注目を集める選手の一人であることは間違いない。彼はここまで4ゴールと素晴らしい滑り出しだ。代表でC・ロナウドは、特殊な役割を務めている。前線にポジションを取り、ピッチ全体を走り回ることはない」

    「いうまでもなく彼は良いプレーを見せてはいる。もちろん彼は評価されるべきだ。しかし、彼のゴールはセットプレーやPK、ミスから生まれているということは指摘しなければならない。よく見てみると、ゴールはPK、直接FK、CK、そして最後は(マンチェスター・U所属スペイン代表GKダビド)デ・ヘアが防ぐべきだったシュートから生まれている。C・ロナウドとポルトガルが、ゴールを生み出すために素晴らしいコンビネーションやパス回しを見せているわけではない」

     これまでもセスクは度々”お騒がせ”してきたが、今回の発言もまた物議を醸す発言となりそうだ。

    活躍が疑問視されているC・ロナウド [写真]= Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】スペイン代表MFセスク、C・ロナウドの活躍に疑問視「評価されるべきだが…」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    マンチェスター・シティが“シルバ包囲網”の写真をインスタグラムで公開

     スペインは現地時間20日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦でイランに1-0で勝利。勝ち点を4に伸ばし、決勝トーナメント進出へ前進した。この試合ではFWジエゴ・コスタ(アトレチコ・マドリード)が決勝点を挙げたが、一人のゲームメーカーにスポットライトが当てられている。

     イラン対スペイン戦のあるワンシーンを取り上げたのは、プレミアの強豪マンチェスター・シティだ。

     公式インスタグラムでクラブの所属選手であるMFダビド・シルバの写真を公開しているが、ゴール前でシュート体勢に入っているシルバは前後をイランの選手6人に囲まれている。投稿には「シルバを止めるには6人の選手が必要…」とメッセージが添えられた。

     コメント欄には「スペインを止めるうえで最も効率が良いのは、確かにシルバを封じることだ」「キャプテン翼の登場!」「メッシ以上の脅威」と賛辞が並んだ。

     スペインはW杯開幕前日にフレン・ロペテギ監督が電撃解任されるなど、波乱の船出となったが、2010年の南アフリカ大会以来となる世界一にたどり着くためには、シルバのような相手守備陣を引きつける存在は不可欠になるだろう。


    (Football ZONE web編集部)

    シティがダビド・シルバのあるシーンを取り上げた【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【🇪🇸スペイン代表】まるで漫画! 相手6人に囲まれるスペイン代表MFが話題 「キャプテン翼の登場」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    “ラモスはクラッキじゃない”発言に応戦 「マラドーナはクラッキだった。でも…」

     スペイン代表は現地時間20日のロシア・ワールドカツプ(W杯)グループリーグ第2戦でイランを1-0で下し、今大会初勝利を手にした。この試合後、主将のDFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)が元アルゼンチン代表MFディエゴ・マラドーナ氏に対し、FWリオネル・メッシ(バルセロナ)よりも「数万光年下」と独自の見解を述べている。スペイン紙「マルカ」が報じている。

    「マラドーナはクラッキ(名手)だった。でも、アルゼンチンでは、人々が史上最高のアルゼンチン選手から数万光年離れていることを分かっている。個人的にはそれはメッシなんだ」

     現役時代に天才的なプレーでW杯優勝にも貢献した天才マラドーナか、それでもメッシか。「史上最高の選手」という論争で常に登場するアルゼンチン代表の新旧エースだが、ラモスは「メッシが圧倒的に上」と断言した。

     今回の“舌戦”の発端は、マラドーナ氏のラモスに対する発言だった。

    「我々はクラッキについて話題にする。ラモスがクラッキだと言われているが、それは違う。クラッキはゴディンだ。守るし、パスもできる。ゴールも決められるじゃないか」

     レアルのライバルであるアトレチコ・マドリードの闘将、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンこそ「クラッキ」と呼ぶに相応しいとマラドーナ氏は主張していた。

     レアルではUEFAチャンピオンズリーグ3連覇、スペイン代表ではW杯、欧州選手権を制覇しているラモスはマラドーナ氏の見解に、バルサの宿敵メッシを称えることで反撃した格好となった。


    (Football ZONE web編集部)

    マラドーナ(左)とラモスが舌戦を繰り広げている【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】マラドーナはメッシの「数万光年下」 スペイン主将ラモス、アルゼンチン英雄に舌戦展開】の続きを読む

    このページのトップヘ