Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



     ワールドカップ史上初となる4人目の交代が行われた。2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント1回戦が7月1日に行われ、スペイン代表ロシア代表が対戦。試合は1-1のまま延長戦に突入すると、ロシアは97分にダレル・クズヤエフを下げてアレクサンドル・エロヒンを投入し、今大会から導入された4人目の交代枠を使った。

     ロシアは、46分にユーリ・ジルコフに代えてウラジミール・グラナトを送り出し、61分にアレクサンドル・サメドフをデニス・チェリシェフに、65分にはアルテム・ジュバをヒョードル・スモロフに代え、90分で行える3名の交代枠を使い切っていた。

     FIFA(国際サッカー連盟)は2016年3月の理事会で、延長戦に突入した際に4人目の選手交代を認める新ルールを試験的に導入することで合意。同年8月のリオデジャネイロ・オリンピックなどで試験導入されていた。W杯では今大会から新たにVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)などともに、延長戦での4人目の選手交代も導入された。

    延長戦に向けて円陣を組むロシア代表 [写真]=FIFA via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】史上初の4人目交代! 開催国ロシアが延長戦で“歴史的交代”】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    前半39分、ロシアFWジュバのヘッドを手で叩き落としてPK献上

     スペイン代表DFジェラール・ピケは、7月1日のロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦ロシア戦で前半39分にハンドでPKを献上。ペナルティーエリア内で片手を高く上げて相手のヘディングシュートを叩き落とす形になり、まるで「バレーボール」とSNS上を賑わせている。

     スペインは前半12分、セットプレーからDFセルヒオ・ラモスが相手ともつれこみ、これがゴールネット右に収まり、オウンゴールで1-0と先手を取った。

     しかし前半39分、右CKからロシアFWアルテム・ジュバのヘディングシュートをDFジェラール・ピケがペナルティーエリア内でハンド。イエローカードを受け、献上したPKも決められて同点に追いつかれた。

     データ分析会社「オプタ」によると、ピケは1966年以降でW杯において2つのPKを献上した初めてのスペイン人選手だという。同公式ツイッターではジャンプした際、後ろ向きのなかで片手を上げてボールを弾いた写真を用いて「バレー」と綴っており、ツイッター上でも「ピケはバレーボールをやっているのか?」「ピケはサッカーよりもバレーをやった方がいい」と“ツッコミ”が入っている。


    (Football ZONE web編集部)

    ピケの“片手上げハンド”がSNS上を賑わせている【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】まるでバレーボールのブロック? スペイン代表DFピケ、驚愕の“片手上げハンド”に騒然】の続きを読む



    (出典 kruf468c.user.webaccel.jp)



     クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチ(バルセロナ)が、代表で同僚のMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)とバルセロナで4シーズンに渡ってプレーしたスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)を称賛した。同日付のイギリスメディア『BBC』がラキティッチのコメントを伝えている。

     ラキティッチとモドリッチは共にクロアチア代表の一員として2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨んでおり、7月1日には決勝トーナメント1回戦でデンマーク代表と対戦する。代表で共に戦うモドリッチと、クラブで長きに渡って同じ中盤のポジションでプレーしてきたイニエスタについて、ラキティッチは「彼らはどちらともそのポジションにおけるベストな選手だ」とコメントし、どちらも世界トップレベルの選手であると考えていることを明かした。

    「彼らは別の惑星から来た選手たちだよ。アンドレスと4年間共にプレーできたことは光栄だった。ルカとはクロアチア代表で11年間一緒にプレーしている。もし僕がサッカーチームを作るなら、2人ともチームに欲しい選手たちだ」

    モドリッチとイニエスタを称賛したラキティッチ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ラキティッチ、モドリッチとイニエスタは「別の惑星から来た選手」】の続きを読む



    (出典 images.performgroup.com)



    1日は決勝トーナメント1回戦2試合、スペインは完全アウェーでロシアと

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は1日、決勝トーナメント1回戦2試合が行われ、スペインは開催国のロシアの挑戦を受ける。

     スペインは決して楽に1次リーグを突破したわけではない。ポルトガルと引き分け発進で、2戦目のイランには1-0の辛勝。モロッコにも後半アディショナルで同点に追いつく苦しい展開だった。3試合で6得点と攻撃陣は成果を上げているが、不安は守備陣。ロシアは1次リーグで8得点とアタッカーが好調なだけに、失点は覚悟する必要がありそうだ。完全アウェーの中でV候補にふさわしい戦いを見せられるか。

     下馬評では劣るロシアだが、ホームの声援を味方につけて、番狂わせを狙う。

     ダークホースから一躍V候補に名乗りを上げたクロアチア。MFモドリッチを中心とした攻撃陣は3試合で7得点。守備も堅実で、大きな綻びは想像できない。

     デンマークは1次リーグ3試合で2得点1失点。こちらも守備の堅さには定評がある。絶対的存在のMFエリクセンを軸に少ないチャンスをものにできるか。先制点が重くのしかかる展開になりそうだ。(THE ANSWER編集部)

    開催国のロシアは決勝トーナメント1回戦でスペインと対戦へ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】V候補スペインが開催国ロシアの挑戦を受ける…】の続きを読む



    (出典 iwiz-spo.c.yimg.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/27(水) 17:54:12.33 ID:CAP_USER9.net

    伊紙が決勝T左ブロックに強豪国の偏りを予想「スペインが微笑む」…日本に影響は?
    6/27(水) 12:08配信 GOAL
    http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E4%BC%8A%E7%B4%99%E3%81%8C%E6%B1%BA%E5%8B%9Dt%E5%B7%A6%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AB%E5%BC%B7%E8%B1%AA%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%81%8F%E3%82%8A%E3%82%92%E4%BA%88%E6%83%B3%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%8C%E5%BE%AE%E7%AC%91%E3%82%80%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AB%E5%BD%B1%E9%9F%BF%E3%81%AF/9f0ekl7hw1p118nkyqmngvezx
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000003-goal-socc

    決勝トーナメント

    (出典 www.hochi.co.jp)


    30日から始まるロシア・ワールドカップ決勝トーナメントについて、イタリア紙『ガッゼッタ・デロ・スポルト』は26日、スペインが有利であると結論付けている。

    大迫の奥さんも半端ないって!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【30枚】

    25日、W杯のグループAおよびグループBの最終節が終了し、決勝トーナメント1回戦でA組1位ウルグアイはB組2位ポルトガルと、B組1位スペインはA組2位の開催国ロシアと対戦することが決定した。
    そのほかのグループの行方を踏まえ、「左ブロックに偏り。スペインが微笑むだろう」との見解を示している。

    ■ブラジル、ドイツなどの強い“左ブロック”

    イタリア紙は、ウルグアイおよびポルトガルの入ったブロックを左ブロックとし、「ロシアW杯の決勝Tは、左ブロックに大きく偏る可能性がある」とし、強豪国が集中すると指摘している。左ブロックに入るC組1位にはフランスを予想。
    その対戦相手となるD組2位にはアルゼンチンまたはナイジェリアが入る。E組1位にはブラジルが有力視されており、F組2位と対戦する。こちらにはメキシコに敗れたドイツが予想されている。またG組1位のベルギーまたはイングランドは、H組2位のセネガルまたは日本と対戦することになる。

    ■スペインの弱い“右ブロック”

    一方、スペインおよびロシアの右ブロックでは、D組1位予想のクロアチアがC組2位予想のデンマークと対戦すると分析。さらにドイツに勝利し、F組1位と想定されるメキシコがE組2位予想のスイスと当たると予想した。
    最後にH組1位の可能性がある日本またはコロンビアは、G組2位のイングランドまたはベルギーと当たるとしている。日本もより上を目指すならば、最終節でポーランドに勝利し、1位を確保した方が良いかもしれない。

    このため「強い側」左ブロックでは、W杯優勝を狙う強豪国ブラジル、ドイツ、フランス、アルゼンチンがしのぎを削ること予想される。
    「弱い側」とされる右ブロックに入ったスペインについては、「ポルトガル戦でのイランのドローが本当に大きなプレゼントになったのかもしれない」として、より好条件で決勝トーナメントを戦えると分析している。


    【【W杯】伊紙がW杯決勝トーナメント、強い「左ブロック」、弱い「右ブロック」を予想「スペインが微笑む」…日本に影響は?】の続きを読む

    このページのトップヘ