Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン


    スペインに完敗のアッズーリ、元日本代表監督ザッケローニ氏の見立ては? | ニコニコニュース



    スペイン戦で完敗を喫したイタリア代表 [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     2018 FIFAワールドカップ ロシア・欧州予選、グループGのスペイン代表対イタリア代表が2日に行われ、マドリードに乗り込んだアッズーリは0-3と完敗した。4-2-4というフォーメーションで臨んだジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督の選択と采配に、疑問の声と批判が集まっている。この1位、2位の直接対決にあっさりと敗れたイタリアはグループリーグの2位以下が決定し、プレーオフで本大会出場を決めなければならないリスキーな状況に追い込まれた。“戦犯”探しに、チームの早急なテコ入れと修正はできるのか。識者はどのように見ているのだろう。

     試合を生中継していた『RAI1』の解説者で元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏は「中盤が機能していません。うまくいっていない」と繰り返していた。明らかに、中盤のマルコ・ヴェラッティ(パリ・サンジェルマン)が戸惑っていた。為す術もなかった。このゲームではシュート1本、パスは63本。ヴェントゥーラ監督は、ヴェラッティにより確実に自分の長所を生かしたポジションを用意した方がよいのでは、という声がある。

     そしてロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)は4トップの左サイドで消えていた。高い位置に上がれず苦しみ、ナポリでのプレーとは全く違っていた。GKジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)の代表戦での3失点は、2016年9月のフランス代表との親善試合以来。この日のドッピエッタ(2得点)のイスコのシュートのうち1本は、決して力のある激しいものではなく、普段のブッフォンなら止められていたかもしれない。

     イタリア代表監督経験のあるマルコ・タルデッリ氏は、イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じ、アッズーリに疑問を呈した。「一貫性のなさを感じる試合だった。クラブで素晴らしい活躍をしていても、代表でうまくいかないことはある。ヴェラッティとインシーニェにはまだ正しいポジション、配置がされていないと見た。中盤に“土地測量士”として数論幾何学にプレーできる選手が必要」と改善策を出した。そして「イタリアサッカーはまだまだ遅れている。W杯本戦出場を果たしても、我々の将来はバラ色ではない」と警告した。

     一方、解説者のアリゴ・サッキ氏は「ヴェントゥーラ監督に時間を与えてほしい」と言う。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポル』に「彼のやろうとしているダイナミックさと動きのあるサッカーは、将来的にイタリアの基礎となる。目指している方向性は間違っていない。ただインシニェとアントニオ・カンドレーヴァは、ダニエレ・デ・ロッシとヴェラッティと噛み合っていなかった」と指摘した。

     5日には、イタリアのレッジョ・エミリアでイスラエル代表戦が行われる。チームがどのように立ち直っているか、引き続き追いかけたい。

    文=赤星敬子



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【スペインに完敗のアッズーリ、元日本代表監督ザッケローニ氏の見立ては? | ニコニコニュース】の続きを読む


    伊代表DFがスペイン戦で3失点のブッフォンを擁護…W杯出場には自信 | ニコニコニュース



    バルザーリ(左)がブッフォン(右)を擁護した [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     イタリア代表DFアンドレア・バルザーリ(ユヴェントス)が、同代表GKジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)を擁護した。

     2日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選・スペイン代表戦で、0-3と完敗を喫したイタリア代表。同試合にフル出場したバルザーリは、ワールドカップ出場への自信や批判を浴びているブッフォンについて、イタリアメディア『Rai』のインタビュー内で語っている。

    「イタリア代表であれば、0-3と敗れることは、最大限を尽くしたということではない。しかし、我々はまだ成長できる」とコメントし、悔しさを覗かせたバルザーリ。「イタリア代表がワールドカップに出場できないということは、思いもよらないことだ」と続け、プレーオフに回ることが確実となったイタリア代表がワールドカップに出場できないことはないとの見解を示した。

     そして、ブッフォンについては「笑わせられるものだが、批判は起こりうるもの。こういう批判を浴びていることで、ジージ(ブッフォンの愛称)はもう一度彼の価値を示すことができるだろう。しかし、自分にとって、彼を非難することは常軌を逸するもの。冷静な判断が必要だ」と話し、ブッフォンへの非難は的を射ないものだと主張している。

     5日に行われる次節で、イタリア代表はイスラエル代表とホームで対戦する。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【伊代表DFがスペイン戦で3失点のブッフォンを擁護…W杯出場には自信 | ニコニコニュース】の続きを読む


    3年ぶり代表復帰のFWビジャ、負傷離脱…リヒテンシュタイン戦欠場 | ニコニコニュース



    スペイン代表復帰を果たしたビジャ、負傷離脱 [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     スペインサッカー連盟(RFEF)は3日、2018 FIFAワールドカップ(W杯)ロシア 欧州予選に臨んでいるスペイン代表からFWダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティ/アメリカ)が離脱すると発表した。

     約3年ぶりにスペイン代表復帰を果たしたビジャは、9月2日に行われたイタリア代表戦で途中出場。久々に代表の一員としてピッチに立った。しかし、3日午前のトレーニングで内転筋を負傷。メディカルチームが診察した結果、チームからの離脱が決まった。

     スペインは欧州予選7試合を終えて6勝1分けの勝ち点「19」で、グループGの首位を走っている。次戦は5日、リヒテンシュタイン代表とのアウェイゲーム。ビジャに代わる選手の招集は発表されていない。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【3年ぶり代表復帰のFWビジャ、負傷離脱…リヒテンシュタイン戦欠場 | ニコニコニュース】の続きを読む


    スペイン戦完敗のボヌッチ、悔しさを滲ませつつも「言い訳はない」 | ニコニコニュース



    3失点を喫したスペイン代表戦への悔しさを綴ったボヌッチ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

    0-3と完敗を喫した2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選の対スペイン代表戦にフル出場したミラン所属のイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、自身の想いをインスタグラムに綴った。

     スペイン代表相手に屈辱の3失点を喫したボヌッチは「議論の余地のないクオリティーを持つ相手に重い敗戦となった。しかし、言い訳はない。多くを学ばなければならないパフォーマンスだった。ワールドカップ出場という目標を見失ってはならない」と悔しい結果となった今回の敗戦を教訓としなければいけないと書き記した。

     さらに、「僕はイスラエル戦は欠場するが、チームメイトはベストを尽くすと確信している」と累積警告により出場停止となる、次節イスラエル戦でチームメイトの奮起に対する期待を綴っている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【スペイン戦完敗のボヌッチ、悔しさを滲ませつつも「言い訳はない」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    イスコがイタリア戦で躍動…シュート2本で2得点、パス成功率は驚異の95% | ニコニコニュース



    イタリア戦で2ゴールの活躍を見せたイスコ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     9月2日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選で、スペイン代表はイタリア代表に3-0で快勝した。勝ち点で並ぶ強豪同士が激突したグループGの頂上対決で、勝利の立役者となったのはMFイスコ(レアル・マドリード)だった。2ゴールを挙げた同選手に、続々と賛辞が寄せられている。

     レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウでの一戦で、先発メンバーに名を連ねたイスコ。14分に右足の鋭い直接FKを決めると、40分には深い切り返しから左足でグラウンダーのシュートをゴール右隅へ突き刺した。世界屈指の守護神であるイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンを相手に、ペナルティーエリア外から2つのゴールを記録。スペイン紙『アス』はイスコに対し、通常の最高評価である「3」を上回る「4」を与え、並外れたパフォーマンスを手放しで褒め称えた。

    「イスコがイタリアを爆破した。2つのゴラッソ(スーパーゴール)に優雅なプレーのコレクション、魔法によって芸術が奏でられた。今日はまさしく彼によるショーだった」

     イタリア戦での勝利により、勝ち点差「3」と得失点差「10」のリードを得たスペイン。5日に行われるグループ最下位のリヒテンシュタイン代表戦で勝利を収めれば、W杯出場に王手を掛ける。スペイン紙『マルカ』は「Russia ISCOming」との見出しを掲げ、イスコの芸術的なプレーを絶賛した。

    「イスコの両足によるボールタッチは、それだけで何百万ユーロもの価値がある。故ヨハン・クライフなら、『高貴な家柄から生まれた選手』と称していることであろう」

     なお、イタリア戦ではシュート決定率100パーセント(2ゴール/2本)にパス成功率95パーセント(53/59本)と、ほぼ完璧と言えるプレーが数字でも実証されているイスコ。試合後のインタビューでは、チームの勝利にも自身の活躍にも満足感を表している。

    「残り試合の中で最も重要な一戦だったけど、完璧な夜になった。僕たちはしかるべき勝者だった。スペインが一枚岩のチームであることを、僕たちはずっと前から証明し続けている。今日はまた、個人的にもシュート2本でゴールを2つ決めることができた。ベルナベウでのイタリア戦という特別な試合でチームに貢献することができて、本当に嬉しいね」

    文=北村敦



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【イスコがイタリア戦で躍動…シュート2本で2得点、パス成功率は驚異の95% | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ