Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 3倍理論 ★ :2018/07/02(月) 06:38:05.77 ID:CAP_USER9.net

    折り重なった悪いジンクスを打ち破れなかった。2010年大会王者のスペインはロシアW杯決勝トーナメント1回戦で、開催国ロシアに苦手のPK戦で敗退。過去のW杯では対ホスト国相手に未勝利が続いていたが、不名誉な記録はまたしても更新された。

     パス数はW杯史上最多の1137本。ロシアの285本の4倍を数えたが、驚異的なハードワークを見せた開催国のブロックを崩すことはできなかった。120分間を通じてネットを揺らしたのは、セットプレーからのオウンゴールのみ。1-1で迎えたPK戦、2人のキックが相手GKにストップされ、ベスト16で大会を去ることとなった。

     スペインにとってホストカントリーとの対戦は苦い思い出ばかりだ。古くは1934年のイタリア大会ではイタリアに1分1敗、そして1950年のブラジル大会では敗北。また記憶に新しいのは2002年の日韓大会。韓国相手に多くのチャンスをつくりながら、最後はPK戦で敗れた。

     またPK戦でも過去4戦3敗になったスペイン。イタリア、イングランドに並んで“最多敗退”記録に並んだ。唯一の勝利は2002年のアイルランド戦だが、直後に韓国に敗れたため苦手意識は深刻。このロシア戦では『2つの鬼門』を破ることができず、早期敗退に終わってしまった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-01655823-gekisaka-socc


    【【W杯】パス数4倍で敗れたスペイン、破れなかった『2つの鬼門』】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/07/02(月) 05:37:22.94 ID:CAP_USER9.net

    7/2(月) 5:21配信
    ◆W杯ロシア大会▽決勝トーナメント1回戦 ロシア1(PK4―3)1スペイン(1日・モスクワ)

     スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)は1日のロシアW杯決勝トーナメント1回戦のロシア戦後に代表引退を表明した。スペイン協会のホームページが報じた。

     同協会のホームページによると、ベスト16での敗退が決まった後にイニエスタは「代表チームでの最後の試合になるのは間違いない」「私のキャリアの中でも最も悲しい一日だ」とコメントした。

     イニエスタは代表131キャップを数え、10年W杯南アフリカ大会決勝オランダ戦では、0―0の延長後半に決勝ゴールを決めてスペインに初優勝をもたらした。

     バルセロナを17―18シーズン限りで退団したイニエスタは、今夏からJ1神戸でプレーする。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00000097-sph-socc


    【【注目】イニエスタ、スペイン代表引退を表明 今夏からはJ1神戸でプレー】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



     ワールドカップ史上初となる4人目の交代が行われた。2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント1回戦が7月1日に行われ、スペイン代表ロシア代表が対戦。試合は1-1のまま延長戦に突入すると、ロシアは97分にダレル・クズヤエフを下げてアレクサンドル・エロヒンを投入し、今大会から導入された4人目の交代枠を使った。

     ロシアは、46分にユーリ・ジルコフに代えてウラジミール・グラナトを送り出し、61分にアレクサンドル・サメドフをデニス・チェリシェフに、65分にはアルテム・ジュバをヒョードル・スモロフに代え、90分で行える3名の交代枠を使い切っていた。

     FIFA(国際サッカー連盟)は2016年3月の理事会で、延長戦に突入した際に4人目の選手交代を認める新ルールを試験的に導入することで合意。同年8月のリオデジャネイロ・オリンピックなどで試験導入されていた。W杯では今大会から新たにVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)などともに、延長戦での4人目の選手交代も導入された。

    延長戦に向けて円陣を組むロシア代表 [写真]=FIFA via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】史上初の4人目交代! 開催国ロシアが延長戦で“歴史的交代”】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    前半39分、ロシアFWジュバのヘッドを手で叩き落としてPK献上

     スペイン代表DFジェラール・ピケは、7月1日のロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦ロシア戦で前半39分にハンドでPKを献上。ペナルティーエリア内で片手を高く上げて相手のヘディングシュートを叩き落とす形になり、まるで「バレーボール」とSNS上を賑わせている。

     スペインは前半12分、セットプレーからDFセルヒオ・ラモスが相手ともつれこみ、これがゴールネット右に収まり、オウンゴールで1-0と先手を取った。

     しかし前半39分、右CKからロシアFWアルテム・ジュバのヘディングシュートをDFジェラール・ピケがペナルティーエリア内でハンド。イエローカードを受け、献上したPKも決められて同点に追いつかれた。

     データ分析会社「オプタ」によると、ピケは1966年以降でW杯において2つのPKを献上した初めてのスペイン人選手だという。同公式ツイッターではジャンプした際、後ろ向きのなかで片手を上げてボールを弾いた写真を用いて「バレー」と綴っており、ツイッター上でも「ピケはバレーボールをやっているのか?」「ピケはサッカーよりもバレーをやった方がいい」と“ツッコミ”が入っている。


    (Football ZONE web編集部)

    ピケの“片手上げハンド”がSNS上を賑わせている【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】まるでバレーボールのブロック? スペイン代表DFピケ、驚愕の“片手上げハンド”に騒然】の続きを読む



    (出典 kruf468c.user.webaccel.jp)



     クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチ(バルセロナ)が、代表で同僚のMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)とバルセロナで4シーズンに渡ってプレーしたスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)を称賛した。同日付のイギリスメディア『BBC』がラキティッチのコメントを伝えている。

     ラキティッチとモドリッチは共にクロアチア代表の一員として2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨んでおり、7月1日には決勝トーナメント1回戦でデンマーク代表と対戦する。代表で共に戦うモドリッチと、クラブで長きに渡って同じ中盤のポジションでプレーしてきたイニエスタについて、ラキティッチは「彼らはどちらともそのポジションにおけるベストな選手だ」とコメントし、どちらも世界トップレベルの選手であると考えていることを明かした。

    「彼らは別の惑星から来た選手たちだよ。アンドレスと4年間共にプレーできたことは光栄だった。ルカとはクロアチア代表で11年間一緒にプレーしている。もし僕がサッカーチームを作るなら、2人ともチームに欲しい選手たちだ」

    モドリッチとイニエスタを称賛したラキティッチ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ラキティッチ、モドリッチとイニエスタは「別の惑星から来た選手」】の続きを読む

    このページのトップヘ