Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン



    (出典 portal.st-img.jp)



    “ラモスはクラッキじゃない”発言に応戦 「マラドーナはクラッキだった。でも…」

     スペイン代表は現地時間20日のロシア・ワールドカツプ(W杯)グループリーグ第2戦でイランを1-0で下し、今大会初勝利を手にした。この試合後、主将のDFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)が元アルゼンチン代表MFディエゴ・マラドーナ氏に対し、FWリオネル・メッシ(バルセロナ)よりも「数万光年下」と独自の見解を述べている。スペイン紙「マルカ」が報じている。

    「マラドーナはクラッキ(名手)だった。でも、アルゼンチンでは、人々が史上最高のアルゼンチン選手から数万光年離れていることを分かっている。個人的にはそれはメッシなんだ」

     現役時代に天才的なプレーでW杯優勝にも貢献した天才マラドーナか、それでもメッシか。「史上最高の選手」という論争で常に登場するアルゼンチン代表の新旧エースだが、ラモスは「メッシが圧倒的に上」と断言した。

     今回の“舌戦”の発端は、マラドーナ氏のラモスに対する発言だった。

    「我々はクラッキについて話題にする。ラモスがクラッキだと言われているが、それは違う。クラッキはゴディンだ。守るし、パスもできる。ゴールも決められるじゃないか」

     レアルのライバルであるアトレチコ・マドリードの闘将、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンこそ「クラッキ」と呼ぶに相応しいとマラドーナ氏は主張していた。

     レアルではUEFAチャンピオンズリーグ3連覇、スペイン代表ではW杯、欧州選手権を制覇しているラモスはマラドーナ氏の見解に、バルサの宿敵メッシを称えることで反撃した格好となった。


    (Football ZONE web編集部)

    マラドーナ(左)とラモスが舌戦を繰り広げている【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】マラドーナはメッシの「数万光年下」 スペイン主将ラモス、アルゼンチン英雄に舌戦展開】の続きを読む



    (出典 soccer.sports.smt.docomo.ne.jp)



    前半16分、パスを受ける際に進路にいたクーニャ主審を背後から“襲撃”

     スペインは現地時間20日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦、イランを1-0で下し、今大会初勝利を手にした。この試合で、主将のDFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)に主審への“エルボー疑惑”が浮上。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝でリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーを負傷退場させるなど、激しいプレーで脚光を集めるファイターが波紋を広げている。

    「みんな見たか!? セルヒオ・ラモスがレフェリーを突き飛ばし、ファンは正気を失う」と特集したのは、衛星放送「ユーロスポーツ」だった。

     前半16分にその瞬間は訪れた。左サイドに侵入したMFアンドレス・イニエスタのパスを受けるために、ペナルティーエリアに近づいたセルヒオ・ラモスはトラップ直前に進路にいたアンドレス・クーニャ主審と交錯した際に左肘が接触。背後からの衝撃にクーニャ主審は思わずよろめいた。

    「セルヒオ・ラモスは誰にも邪魔されたことがない。一度もだ。審判だろうが、相手選手だろうが、自分の道を邪魔するものには一歩も引かない。スペインのキャプテンがイラン陣地でボールに近づいた際、レフェリーのアンドレス・クーニャが前に流れてくると、エルボーを見舞った。レフェリーを突き飛ばしたのだ」

     記事ではこう言及している。レアルのキャプテンとして世界屈指のディフェンダーとして知られるラモスだが、ラフプレーが多いことでも知られる。CL決勝でのサラーへの“脇固め”疑惑に続き、主審へのエルボー疑惑で波紋を広げている。


    (Football ZONE web編集部)

    スペイン代表のセルヒオ・ラモスにエルボー疑惑が浮上している【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】スペイン主将ラモスにエルボー疑惑 イラン戦の“主審襲撃”で海外騒然「みんな見たか!?」】の続きを読む



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 Egg ★ :2018/06/21(木) 23:22:02.46 ID:CAP_USER9.net

    【イラン 0-1 スペイン ロシアワールドカップ・グループリーグB組第2節】

     スペイン代表は現地時間20日、ロシアワールドカップのグループリーグ第2節でイラン代表に1-0の勝利を収めた。試合後の談話をスペイン紙『アス』などが伝えている。

     すでに初戦でモロッコを下して勝ち点3を得ていたイランは、序盤から超守備的戦術でスペインに対抗した。54分に先制されるまでの大半の時間、守備時は「6バック」とも言える“ドン引き”でゴール前を固めたのである。

     当然、この戦いに疑問を投げかける選手もいる。スペイン代表の右サイドバックとして先発出場したDFダニ・カルバハルは「あのような試合になることはわかっていたし、イランには明確なプランがあった」と述べた上で、カルロス・ケイロス監督が採用した守備的なアプローチに批判的な見方を示した。

    「あのようなやり方で戦い、攻撃を寸断することはサッカーの一部ではある。だが、すべての時間を無駄にし、怪我で痛んでいるふりをするような試合だよ。僕はこれをサッカーだとは思わない。これはこのスポーツのスピリットとは違う」

     ゴール前にフィールドプレーヤー全員が固まってスペインの攻撃を跳ね返し続け、時には痛んでピッチに倒れる選手もいた。カルバハルはこの姿勢が気に食わなかったようで「あいつらは理由もないのに繰り返し倒れた。痛くもないのに。ファウルを受けてもいないのに」と、度重なる“時間稼ぎ”を非難している。

     それでも「大事なのは試合に勝ったことで、グループのトップにいる必要があるのは確かだ」と勝利そのものの成果はあった。グループBはポルトガルとスペインが勝ち点4、イランが勝ち点3と、最終戦を残して混戦模様になっている。

     現地時間25日に行われるグループリーグ最終戦でポルトガルと対戦するイランは、確実に決勝トーナメント進出を決めるために勝利したいところ。スペイン戦ほどの守備的な戦いはもう見られないだろうが、今回はある意味でワールドカップを象徴する1試合が生まれたと言えそうだ。

    6/21(木) 13:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180621-00276504-footballc-socc

    2018/06/21(木) 19:28:45.29
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529576925/


    【【W杯】<あれはサッカーじゃない!>スペイン代表DF、イランの超守備的戦術を非難…】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    ベッカム、リケルメ、クライフら往年の名選手がズラリ

     スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、バルセロナからJ1ヴィッセル神戸への移籍を決断して世界で大きな話題を呼んだ。英メディア「HITC」は「欧州を去るのがあまりに早すぎた7人のフットボーラー」を選出。今夏、日本に降臨する希代のゲームメーカーも名を連ねている。

     今回選出された7人のうち、大半がすでに引退している。近年までプレーしていた選手では、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が32歳でレアル・マドリードからLAギャラクシー(MLS)へ、元アルゼンチン代表MFフアン・ロマン・リケルメ氏が29歳でビジャレアルからボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)へ完全移籍していた。

     歴代のレジェンドでは、28歳でマンチェスター・ユナイテッドを退団した元北アイルランド代表FWジョージ・ベスト氏(南アフリカへ)、31歳でアヤックスを退団した元オランダ代表DFルート・クロル氏(カナダへ)、29歳でバレンシアを退団した元ブラジル代表FWロマーリオ氏(ブラジルへ)、30歳でバルセロナを退団した元オランダ代表FWヨハン・クライフ氏(アメリカへ)が顔を揃えた。

     そして、現役から唯一選ばれたのがイニエスタだ。母国スペインから日本へ活躍の場を移すスーパースターに対し、同メディアは惜しみない賛辞を送っている。


    34歳と晩年に差しかかるも「もう1、2年は欧州で戦えたはず」

    「驚くほどインテリジェントなフットボーラーで、テクニックは限りなく完璧に近い。彼のボールタッチとコントロールにはただただ驚嘆させられる。パスの精密さには欠点がない」

     一方、34歳という年齢での移籍については、選出した7人の中でも最も高齢で妥当であるとしたうえで、「依然として世界で見ても10本の指に入るMFのため、もう1、2年は欧州で戦えたはず」と、まだまだ欧州サッカー界を引っ張るべき存在だったとも記している。

     そのイニエスタを、ロシア・ワールドカップ後にJリーグで目にできるのは、日本の選手、サッカーファンにとって貴重な経験になるだろう。


    (Football ZONE web編集部)

    現役では唯一の選出となったイニエスタを筆頭に、(左)ベッカムや(右)リケルメなど往年の名選手が名を連ねている【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「欧州離脱が早すぎたフットボーラー7傑」 神戸加入のイニエスタが現役唯一の選出…】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    1 豆次郎 ★ :2018/06/20(水) 19:26:47.48 ID:CAP_USER9.net

     アイスランド。W杯本大会は初出場ながら、前回のユーロ(2016年)では本大会出場を果たし、ベスト8に進出。グループリーグでは優勝国となるポルトガルに引き分け、そして、決勝トーナメント1回戦ではイングランドに2-1で競り勝ち、話題を集めた。その直後にスタートした今回の欧州予選でもその余勢を駆り、クロアチアに先着して1位通過。ウクライナ、トルコという実力国を予選敗退に追い込んでいる。

     人口わずか35万の小国。しかしながら、ただの弱者ではない。開幕戦でロシアに大敗したサウジアラビアのようなヘタな負け方はしない、成熟したチームなのだ。粘り強く、精神的にキレることはない。あるレベルに達していることは、この世界では承認済みなのである。

     モスクワのスパルタクスタジアムで行なわれた一戦。アイスランドがアルゼンチンに対して1-1で引き分けたことに特段、驚きはない。アイスランドの善戦、健闘を新鮮な気持ちで讃えるより、まず言及すべきはアルゼンチンの不甲斐なさだと思う。

     前回ブラジルW杯の準優勝チームだ。決勝でドイツと接戦を展開。延長で惜敗している。1978年アルゼンチン大会以来、26年ぶりに南米で開催されたW杯で、その意地とプライドを開催国ブラジルに代わり保った格好だった。

     しかし、チームの平均年齢は本大会出場した32カ国中、28.5歳と最も高く、その瞬間から4年後のロシア大会が心配されていた。案の定、南米予選では大苦戦。監督をホルヘ・サンパオリに代え、最後の最後でようやく出場圏内に滑り込むという、まさに薄氷を踏む戦いを演じた。

     予選と本大会は別物ではある。例えば、2002年日韓共催W杯で優勝したブラジルは、南米予選では大苦戦を強いられていた。苦戦がサクセスストーリーに組み込まれていた。しかしアイスランド戦のアルゼンチンに、予選と本大会との間に潜む”別物感覚”を抱くことはできない。予選との比較以前に、高齢チームで戦った4年前との違いが見られなかった。

     スタメンの平均年齢は29.6歳。30歳台が6人(メンバー23人の平均年齢は29.0歳で、30歳以上は13人)と、さらに上昇していた。今回もおそらく32チーム中、最高齢のチームになるだろう。代わり映えのしない顔ぶれを見ただけで苦戦が予想された。

     もうひとつ、アルゼンチンが抱える問題はリオネル・メッシのポジションだ。守備能力がゼロに近いこの選手をどこに置くか。ディエゴ・マラドーナが監督を務めた2010年大会では中盤で起用。準決勝のドイツ戦ではプレスを浴び、0-4で大敗する最大の要因になっていた。

     守備ができない10番タイプが激減していくなかで、2010年のアルゼンチン型は、現代サッカーへのアンチテーゼのようにも見えたが、それは甘い解釈だった。ドイツによってその旧式サッカーは、木っ端微塵に粉砕された。

     2014年のアルゼンチンは、その反省からか、メッシをできるだけ高い、リスクの低い場所に置く作戦をとった。アルゼンチンの決勝進出はそれが奏功したといってよかった。

     そして今回。サンパオリ監督は4-4-2の2トップを、セルヒオ・アグエロと組ませるスタイルを採用した。ところが1点先取した後、同点に追いつかれて1-1のスコアで後半に突入すると、メッシは中盤まで引いてきた。守備的MFの高さまで下がることも頻繁だった。

     この日はアイスランドにプレスを浴びて逆襲の餌食になることはなかったが、下がれば下がるほど、メッシの魅力=ペナルティエリア内での特別な才能は失われた。怖さは半減。メッシはメッシでなくなっていった。


    https://news.yahoo.co.jp/byline/sugiyamashigeki/20180620-00086669/


    【【W杯】アルゼンチン代表のメッシに、C・ロナウド級の活躍が望めない理由…】の続きを読む

    このページのトップヘ