Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン



    (出典 nordot-res.cloudinary.com)



    自身のSNSで代表引退を表明 「代表チームは僕に全てを与えてくれた」

     マンチェスター・シティのMFダビド・シルバがスペイン代表引退を表明した。ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタ、バルセロナDFジェラール・ピケに続き、また一人、黄金期を築いたスーパースターが“ラ・ロハ”に別れを告げた。“魔術師”の異名をとる司令塔に対して、労いと称賛のコメントが相次いでいる。

     シルバはスペインの強豪バレンシアでブレークし、2010年にマンチェスター・シティへ移籍。プレミアリーグ優勝3度など、近年のシティを象徴する選手の一人となった。スペイン代表としては125キャップで35得点を記録し、2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)と08年と12年の欧州選手権連覇を経験。スペイン代表の赤いユニフォームを着るのは、今夏のロシアW杯が最後となった。

     シルバは自身のSNSを通じて声明を発表。「数日、数週間をかけて考えた。代表チームは僕に全てを与えてくれ、選手として、人間としての成長を助けてくれた」などとメッセージを綴った。

     シルバの下には「ありがとう、エル・マゴ(魔術師)」「真のレジェンドだ」「スペイン代表があなたとイニエスタのいない中盤でプレーするのが想像できない」「彼もまたフェノーメノだ」と称賛の声が届けられている。

     メッセージはファンからだけではなく、シティの同僚であるフランス代表DFバンジャマン・メンディもハートの絵文字でシルバにメッセージを送った。SNSの使いすぎを指摘され、先日ジョゼップ・グアルディオラ監督から「メンディはメンディだ。時々殺したくなることもあるが、素晴らしい選手だと思うこともある。まだまだ改善すべきところはあるが、SNSのことは忘れて取り組んでほしい」と苦言を呈されていたが、さすがの“SNS狂”ぶりを発揮した。


    (Football ZONE web編集部)

    ダビド・シルバがスペイン代表引退を表明した【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【引退】「ありがとう魔術師」「真のレジェンド」 シルバのスペイン代表引退に労いの声殺到】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    ▽マンチェスター・シティのMFダビド・シルバ(32)が13日、スペイン代表からの引退を発表した。

    ▽2006年11月にスペイン代表デビューを飾ったシルバはこれまで129試合に出場して37ゴールを記録。ユーロ2008、2010年南アフリカ・ワールドカップ、ユーロ2012の優勝に貢献していた。また、先月行われていたロシアW杯では全4試合に先発していた。

    ▽そのシルバは自身のソーシャルメディアを通じて以下のようなコメントを掲載した。

    「スペイン代表で成し遂げたことをとても誇りに思っている。この決断を下すのは僕のキャリアにとって最も難しかった。僕は永遠に記憶されるチームでプレーし、夢を見ることができた。経験したことをここに全て書くのは難しい。ただ、代表は僕に全てを与えてくれ、選手として人として成長させてくれた。ルイス・アラゴネスのような偉大な監督と過ごしたことなど、誇りと幸せを感じながら、たくさんの思い出が詰まった代表でのプレーを終わらせようと思う」

    ▽スペイン代表ではロシアW杯後、MFアンドレス・イニエスタ、DFジェラール・ピケらが同代表からの引退を発表している。
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【引退】シルバがスペイン代表を引退、2010年W杯と2度のユーロ優勝に貢献】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



     MFダビド・シルバは13日、自身のSNSで「これまでの幸運に感謝」と述べ、スペイン代表引退を明らかにした。

    「代表でのキャリアを終えるかどうか、今までの自分のサッカー人生で最も難しい決断の一つとなった」

    「スペイン代表は僕にすべてのものを与えてくれたし、自分の成長を支えてくれた。125試合で35ゴールを決めることができたことを誇りに思っている。幸運にもワールドカップと、ユーロのトロフィーをこの手で掲げる機会にも恵まれた」

    「僕は永遠に記憶されるチームと共に夢を見ることができた。すべての経験に満足しているよ。特に、僕を最初に代表へと呼んでくれたルイス・アラゴネス元監督には感謝している。チームメイト、指導してくれたスタッフ、スペインサッカー協会のみんなにもお礼を言いたい」

    「ここ数年、家族のサポートにも感謝したい。彼らの助けがなければ、ナショナルチームでの偉大な歴史の一部はなかっただろう。そして、もちろん、スペイン代表のすべてのファンに感謝したい。ありがとう」

     現在32歳のD・シルバはバレンシアの下部組織育ち。レンタル移籍を経験した後、バレンシアのトップチームで活躍すると、2010年からマンチェスター・Cに加入。その左足から生み出される華麗なパス、創造性溢れるプレーで瞬く間に世界中に名をとどろかせた。

     スペイン代表には2006年に20歳で初招集され125試合に出場し35ゴールをマーク。2010年の南アフリカ・ワールドカップを優勝すると、続けてユーロ(欧州選手権)2008、2012で大会連覇を経験するなど、スペイン代表の黄金時代の一員として一時代を築いた。

     なお、先日同代表DFジェラール・ピケも代表引退を表明したばかり。スペイン代表の黄金時代の功労者が、立て続けに引退を決めている。

    代表引退を発表したダビド・シルバ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【引退】ピケに続き…D・シルバがスペイン代表を引退「みんなにお礼を言いたい」】の続きを読む



    (出典 the-ans.jp)



     バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケが同代表から引退することを明かした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が11日、選手のコメントなどを伝えている。

     12日に行われるスーペル・コパの前日記者会見に臨んだ31歳のピケ。スペイン代表のルイス・エンリケ新監督に、ワールドカップはロシア大会が最後の大会だとすでに話したことを明かした。

    「ユーロやワールドカップなど素晴らしい時間を過ごした。決定はすでに行われており、十分に検討した結果だ。もうルイス・エンリケ(代表監督)には話したよ」

     ピケは2009年に国際フレンドリーマッチでスペイン代表デビューし、通算102試合に出場。また5ゴールを決めており、2010年の南アフリカワールドカップ優勝と、2012年のユーロ(欧州選手権)初優勝に、主力選手の一人として大きく貢献していた。

     スペイン代表チームでの通算出場試合数が100以上の選手は他に12人しかおらず、ピケは多くの試合で同代表に尽力してきた選手の一人だ。

    代表引退を発表したジェラール・ピケ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【引退】ピケがスペイン代表引退を発表! 2010年W杯と2012年ユーロで優勝】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



     レアル・マドリードとマンチェスター・Uが対戦したインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2018の一戦で、両チームに所属するスペイン代表選手の間で面白いやり取りがあったようだ。

     7月31日にマイアミで行われたこの試合は、マンチェスター・Uが2−1でレアル・マドリードを下した。だがその一方で、マンチェスター・Uのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアがレアル・マドリードの同代表であるMFマルコ・アセンシオとFWルーカス・バスケスから茶化されていたという。

     試合前のプレイヤーズ・トンネルで顔を合わせた両チーム。デ・ヘアを見つけたアセンシオとL・バスケスは、「カリウス!」「カリウス!」「カリウス!」とにやけながら呼びかけた。

     これはもちろん、リヴァプールのドイツ人GKロリス・カリウスに他ならない。レアル・マドリードに1−3で敗れたチャンピオンズリーグ決勝で、スローイングをフランス人FWカリム・ベンゼマの足に当て、跳ね返ったボールが無人のゴールに飛び込むという世紀の大チョンボを犯した同選手の名を、この衝撃的なシーンを現場で目撃したアセンシオとL・バスケスはあえてデ・ヘアに対して使った。

     2018 FIFAワールドカップ ロシアにスペイン代表の正守護神として臨んだものの、大会を通じて精彩を欠いたデ・ヘア。特にポルトガル代表と3−3のドローに終わったグループステージ初戦では、体の正面に来たFWクリスティアーノ・ロナウドのシュートを後逸するという致命的なミスを犯したこともあり、1カ月以上経ってチームメイトからきついブラックジョークをかまされてしまった。

     このアセンシオとL・バスケスの行為は、傍から見れば度が過ぎた冗談にも捉えられかねない。だが、近付いて来た両選手としっかり抱擁を交わしたデ・ヘアは、笑顔を浮かべながら雑談を行った。カリウスの名を持ち出すのはいかがなものだが、これは仲の良い友人同士だからこそ取れる態度であり、喜びも悲しみも分かち合って来たチームメイト同士の友情や信頼が垣間見られた一瞬と言えるだろう。

    文=北村敦

    話し合うデ・ヘア、アセンシオ、L・バスケス [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】GKデ・ヘア、スペイン代表の同僚から「カリウス!」と茶化される…】の続きを読む

    このページのトップヘ