Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    PKで先制点奪取も、2つ目のPKはFWモラタに譲る

     レアル・マドリードスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは現地時間10日に行われた欧州選手権(EURO)予選のスウェーデン戦にキャプテンとして先発出場し、後半19分にPKで先制ゴールマークした。後半40分、試合2度目のPKのチャンスではキッカーの座をFWアルバロ・モラタに譲ったが、その理由を試合後に明かしている。スペイン紙「マルカ」が報じた。

     スペインスウェーデン相手の勝利で、今予選で開幕から4連勝を飾った。その立役者となったのがラモスだ。ディフェンスリーダーでありながら、チームの先制ゴールを記録するなど攻守両面での活躍が光っている。

     1-0で迎えた後半40分には、この試合2度目のPKのチャンスが訪れた。しかし、この場面でラモスはモラタにキッカーを譲っている。試合後には「ストライカーゴールのために生きているからね。モラタはキラーだ」とコメント。自身のゴール記録には関心を示さず、FWのモラタへの配慮を見せた。

     ラモスは「素晴らしい結果」と2位スウェーデンとの天王山での勝利で勝ったことに価値があるとしつつ、「守備での仕事にも満足している。クリーンシートを達成できたことが本当に重要なこと」と本職である守備でのパフォーマンスにも手応えを感じていたようだ。

     抜群のキャプテンシーを誇るラモスの活躍もあり、スペイン代表は来年のEUROに向けて、順調な航海を続けている。(Football ZONE web編集部)

    スペイン代表DFセルヒオ・ラモス【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【スペイン代表】主将ラモス、PKキッカー“譲渡”の配慮 「ストライカーはゴールのために…」】の続きを読む

    no title


     現地時間10日にEURO2020予選の第4節が各地で行われ、F組のスペインスウェーデンに3-0で勝利した。この試合に先発出場したGKケパ・アリサバラガが、先発の座を失ったダビド・デ・ヘアについてコメントした。11日、スペインスポーツ紙『マルカ』がが報じている。

     スウェーデン戦で3試合連続の先発出場を果たしたケパ。これまでスペインゴールマウスを守ってきたデ・ヘアからポジションを奪いつつあるが、24歳のGKは同僚への配慮を忘れなかった。

    「もちろん、僕はダビドが悲しんでいるであろうことは理解しているよ。僕たち選手は、誰もがプレーするために練習に励んでいるけど、最終的に誰が試合に出るのかを決めるのは監督さ。僕たちはいつも、様々な論争に囲まれている。でも、その状況を受け入れていかなければいけない」

     マンチェスター・Uに所属するデ・ヘアは、2018-19シーズンの終盤に差しかかるにつれてパフォーマンスが低下していった。対するケパは、移籍初年度のチェルシーで徐々に安定感を増していき、今や“絶対守護神”と言えるまでの存在となった。ゴールキーパーという一つのポジションを争うライバルではあるが、ケパはデ・ヘアを心配し、気遣っているようだ。

    ケパ(左)がデ・ヘア(右)についてコメントした [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】スペイン代表GKのケパが同僚へ配慮「デ・ヘアが悲しんでいることは理解している」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     現地時間10日にEURO2020予選の第4節が各地で行われ、F組のスペインスウェーデンに3-0で勝利した。スペインの主将であるセルヒオ・ラモスは64分にPKを成功させ、代表通算20ゴールの大台に乗せている。

     レアル・マドリードの本拠地である『エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ』で行われたこの一戦で、スペインスウェーデンの堅い守備をなかなか崩せないでいた。だが、相手のハンドで得たPKをS・ラモスがきっちりと決めてスペインに先制点をもたらすと、その後はアルバロ・モラタがPKを沈め、ミケル・オヤルサバルも追加点をマーク。最終的には3点差をつけてスペインスウェーデンを下し、EURO予選4連勝を記録した。

     通算165試合の代表戦出場で20ゴールに到達したS・ラモス。直近8試合でも7ゴールを挙げるなど、センターバックとは思えない得点力を見せつけている。なお、S・ラモススウェーデン戦のゴールにより、かつてスペイン代表でゴールを量産したテルモ・サラ氏の得点記録に並んでいる。“レジェンド”と肩を並べたS・ラモスは、果たしてどこまでゴール数を伸ばしていくのだろうか。

    スウェーデン戦でゴールを決めたS・ラモス [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【スペイン代表】本当にCB? S・ラモスの決定力が凄すぎる! 代表通算20ゴールをマークして“レジェンド”の得点数に並ぶ】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ピッチ内だけではなく、クレイジーなプライベートでの生活で有名なスペイン代表FWジエゴ・コスタ

    今季は怪我や出場停止などに苦しみ満足なシーズンにはならなかったが、生まれ故郷のブラジルに戻っての休暇では相変わらずクレイジーに楽しんでいるようだ。

    先日は崖から水の中に飛び込むところを映した動画を投稿し、「プロ選手としてそれはどうか」と批判を受けたものの、意に介していない様子。

    新たにInstagramに投稿した動画は、このダートでのハードラリー

    この投稿をInstagramで見る
    Diego Costaさん(@diego.costa)がシェアした投稿 -

    映像を見れば分かるが、この大迫力。さすがサッカー界のクレイジー王…!

    アトレティコ・マドリーは現在エディンソン・カバーニの獲得に動いており、それに成功した場合ジエゴ・コスタが売却されるとも言われている。

    【関連記事】今、サッカー界で最も優れたセンターバックTOP5

    グリーズマンが退団するとなれば、ジエゴ・コスタは重要な戦力になる気もするが…果たして彼の来季はどうなるだろうか。

    ジエゴ・コスタ、「超クレイジー」な休暇の模様が相変わらずすごい


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】ジエゴ・コスタ、「超クレイジー」な休暇の模様が相変わらずすごい】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    今月世界各地で行われる代表戦。スペインフェロー諸島スウェーデンとのEURO予選を戦う。

    注目は実に4年ぶりの代表復帰となったMFサンティ・カソルラ。

    今季アーセナルを退団して古巣ビジャレアルに戻った34歳のベテランは見事な復活を遂げた。

    Guardian』によれば、1299日ぶりの代表招集には本人も仰天していたそう。想像さえしていなかったため、そのショックが収まるまで数日かかるほどだったとか。

    【関連記事】足を失いかけたカソルラに毎日連絡していた2選手、今ではJリーガーに

    また、古巣アーセナルについてはこんな話もしていた。

    サンティ・カソルラ

    アーセナルの皆からのサポートは常に感じていたよ。

    もし自分が何にも増してあそこから持ち帰ったものがあるとすれば、それはファンの愛情さ。

    心に引っ掛かっている後悔はピッチ上でお別れを言えなかったこと。自分がやりかったものだ」
    電撃代表復帰のカソルラ、今もアーセナルを愛していた!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【スペイン代表】電撃代表復帰のカソルラ、今もアーセナルを愛していた!】の続きを読む

    このページのトップヘ