Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。

    2020年10月21日にご紹介するのは、元スペイン代表MFのホセ・マリア・グティエレス氏(通称:グティ)がレアル・マドリー時代に決めたゴールです。


    ◆ここがスカッと!
    カウンターチャンスで、グティ氏が走り込みながらのダイレクトボレーシュート。その類い稀なるサッカーセンスに脱帽です。

    ◆FW起用のグティがロベルトカルロスの絶妙クロスに合わせる
    その天才的なパスセンスチャンスメイクで主に中盤の選手として活躍を見せたグティ氏でしたが、2000-01シーズンチーム事情からFWとして起用されることが多くありました。

    2001年4月14日に行われた、ラ・リーガ第30節のビジャレアル戦にもグティはFWとして起用されますが、そこでとんでもないスキルを見せます。

    前半21分、中央でボールを持ったMFルイス・フィーゴが左サイドを猛スピードオーバーラップしたDFロベルトカルロスにパスを出すと、ロベルトカルロスはこれをダイレクトゴール前にクロスをあげます。

    これに走りこんだグティは、ボックス外でボールに合わせてジャンプし空中で左足をうまくミートさせると、シュートはややループ気味の軌道で相手GKの頭上を超え、鮮やかにネットに吸い込まれました。

    この試合でのグティ氏は、このファインゴールを口火に3ゴールを記録。自身にとってファーストチームで初めてのハットトリックを達成しています。

    史上初!?無観客での開催となる“伝統の一戦クラシコ
    バルセロナvsレアル・マドリードWOWOWで生中継!
    >詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】スカッとゴール!天才グティによる天才的なジャンピングボレーは爽快】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    カットインしてきたスイスMFバルガスのドリブルを“野生の勘”で阻止

     スペイン代表は現地時間10日、UEFAネーションズリーグ(NL)リーグA・グループ4のグループステージ第3節でスイス代表が対戦。1-0で完封勝利を飾ったなか、キャプテンのDFセルヒオ・ラモスレアル・マドリード)が見せた技ありの“ノールックカット”が反響を呼んでいる。

     スペインは2列目にFWアンス・ファティ(バルセロナ)、MFダニ・オルモ(RBライプツィヒ)、FWフェラン・トーレスマンチェスター・シティ)を並べ、1トップにFWミケル・オヤルサバル(レアルソシエダ)が入る陣容。前半14分にオヤルサバルが先制ゴールを決め、その1点を守り抜く形で2連勝を飾り、グループ首位をキープした。

     そのなかでクリーンシートに貢献したセンターバックのS・ラモスが、自身の公式インスタグラムに投稿した一本の動画が注目を集めている。

     映像では、スイス代表MFルベン・バルガス(アウクスブルク)がサイドからカットインを仕掛けてきたなか、コースに入っていたS・ラモスは、逆を突かれそうになった瞬間、右足ヒールを出してボールヒットサイドスペースに弾き、猛スピードでこぼれ球を回収した。

     S・ラモスは自ら投稿に「アクセス拒否」とメッセージを添えると、レアルOBの元ブラジル代表DFロベルトカルロスは拍手の絵文字で反応。海外ファンからも「史上最高のディフェンダー」「まさに砦」「(地獄の皇帝)ヘルカイザー」と称賛の声が上がった。

     また、ポルトガル紙「O JOGO」も「話題沸騰のラモスカット」と見出しを打ち、「ボールに触れられなかった場合、PK献上だったであろうなかで、大多数は魅了された」と反響を呼んでいることを伝えている。(Football ZONE web編集部)

    スペイン代表DFセルヒオ・ラモス【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【スペイン代表】「まさに砦」 スペイン主将ラモス、技ありの“ノールック・ヒールカット”が話題沸騰】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスゴールセレブレーションオートバイレースの世界まで浸透しているようだ。

    フランスオートバイレーサーファビオ・クアルタラロは、9月に行われたカタルーニャGPで見事優勝を果たすと、ウイニングランの際に右手でダイヤルを回した後に電話機を耳に持ってくるパフォーマンスを披露。このパフォーマンスラモスゴールを決めた際にセレブレーションで用いるものだ。


    クアルタラロはこのセレブレーションについて、ラモスの再現だと明かしたうえで、ラモス本人にメッセージを送っている。

    「セルヒオ、僕はカタルーニャグランプリで君のセレブレーションをやったよ。フットボーラーとしての君が好きなんだ!日曜日の朝に君のインスタグラムの投稿を見て、それが僕にアイデアをくれたんだ」

    スペイン代表の合宿中にこのメッセージを受け取ったラモスは、喜びの気持ちとともに、このパフォーマンスに込めた意味を明かしている。

    「とても驚いたよ。他のスポーツ選手のモチベーションの助けになったようで嬉しいね。ファビオが僕のジェスチャーを再現するのを見て、喜びを感じたよ」

    「ファビオ、僕のことを覚えてくれていてありがとう。僕にとっては名誉なことだ。君が残りのシーズンベストを尽くせるよう祈っている。君がフランスでのレースに臨むと聞いた。カタルーニャGPのようなレースをしてくれるよう願っている」

    「このセレブレーションは長いことやっている。息子のためのものだよ。いい試合の後は、いつも妻に電話するんだ。だから後で電話するという意味を込めているんだ」

    スペイン代表は10日にUEFAネーションズリーグ2020-21でスイス代表と、13日にウクライナ代表と対戦する。ラモスゴールセレブレーションを見ることは叶うだろうか。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】セルヒオ・ラモスの“後で電話するよ”ゴールパフォがオートバイレース界まで浸透】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    サッカー選手として超人的な肉体を持つことで知られるアダマ・トラオレがついにスペイン代表でのデビューを果たした。

    ポルトガルとの親善試合に後半途中から出場し、30分ほどプレーしたのだ。代表デビュー戦で見せた異次元スピード爆発シーンがこれだ!

    この投稿をInstagramで見る
    Adama Traore ⚡💪🏽💥 Traore menjalani debut bersama Spanyol saat menghadapi Portugal pada ajang uji coba internasional. Pemain yang memiliki badan kekar ini beberapa kali memamerkan kemampuannya dengan melakukan penetrasi dan duel menghadapi pemain Portugal. Saksikan UEFA Nations League hanya di Mola TV. Download aplikasi Mola TV di App Store dan Google Play sekarang juga untuk bisa menonton secara Resmi, Mudah, dan Hemat! Informasi lebih lanjut hubungi kami via live chat di aplikasi Mola TV. #NationsLeagueDiMolaTV
    Mola TV(@molatv.sport)がシェアした投稿 -

    バルセロナDFネウソン・セメドを圧倒的な加速でぶっちぎり置き去りに!

    それ以上に凄かったのが、現バルセロナFWフランシスコ・トリンカオンをブッ潰した守備。すさまじいスピードのランニングであっという間に追い付くと後方からタックル

    ひとりだけ早送りしているような速さはちょっと次元が違う…。トラオレ本人もかつてバルサで育成された選手であり、相手2人もバルサ関係というのもおもしろい

    【関連記事】驚くべき筋肉をつけたサッカー選手10名、その「変化」を見る

    なお、試合は0-0で終了。トラオレは「スペイン代表でのデビューはとても嬉しい。これを成し遂げるために僕を助けてくれた全ての人に感謝したい」とSNS上に喜びを綴っている。

    筋肉王トラオレ、スペイン代表でやった「超人スピードタックル」がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【スペイン代表】筋肉王トラオレ、スペイン代表でやった「超人スピードタックル」がこれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    ファティとトラオレが練習中にリフティング対決をした動画が拡散

     スペイン代表は現地時間7日、イベリア半島のライバルであるポルトガル代表と国際親善試合を戦い0-0の引き分けに終わった。この試合でFWアダマ・トラオレ(ウォルバーハンプトン)が待望のスペイン代表デビューを果たしたが、練習中に見せた17歳の“神童”FWアンス・ファティ(バルセロナ)とのリフティング対決が、海外メディアで話題となっている。

     サッカー界屈指の“筋肉男”として知られるトラオレは現在24歳で、名門バルセロナの下部組織出身。2016年プレミアリーグのミドルスブラで頭角を現すと、18年夏に移籍したウォルバーハンプトンでブレイク。爆発的なスピードと屈強なフィジカルを併せ持つサイドアタッカーとして輝きを放ち、チームの上位進出に大きく貢献した。

     その活躍はスペイン代表監督の目に留まり、昨年11月に初招集。だがこの時は負傷により辞退。また今年9月に招集された際には、今度は新型コロナウイルスの陽性反応によりプレーできなかった。そんな苦難を乗り越え、ポルトガル戦の後半17分から途中出場し、待望のA代表デビューを果たした。

     そんなトラオレが、今度は練習場でのワンシーンで話題となっている。スペイン代表公式ツイッターに投稿された1分21秒の動画は、トラオレが足もとに転がるボールを拾い軽快にリフティングを始めるシーンからスタート。回し技“アラウンド・ザ・ワールド”を披露して目の前に歩いてきたバルサの“後輩”ファティにパスをした。ファティも同じトリックを見せてボールを戻すと、ここから2人の“リフティング対決“が始まる。

     トラオレが軸足の後ろに右足を回してボールタッチすれば、ファティは両足でボールを挟んでリフトアップ。今度はトラオレが足の甲でボールを止めてから回し技を見せてネックキャッチを披露すれば、ファティもネックキャッチからのヒールキックを見せた。

     2人とも笑顔を絶やさない和やかな対決はエスカレートしていき、今度はトラオレがボールを右太ももと胸で挟みながら落とさずに前転。ファティも同様の技に挑戦したが、ボールを挟む際に一度左手で押さえており、対決はトラオレの“判定勝ち”のような格好となった。

    トラオレの前転に「なんて方法だ!!」と驚き

     その後も両者が軽快なトリックを続けたが、この映像に海外メディアも反応。スペイン紙「スポルト」公式ツイッターが「なんて素晴らしいデュオ」と綴れば、ポルトガル紙「レコルド」は「スペイン人を“クレイジー”にした」と報道。「ESPN Deportes」公式ツイッターが「トラオレとファティ、贅沢」と記せば、「TUDN」公式ツイッターも「ボールコントロールのなんて方法だ!!」と、トラオレの前転後の画像とともに驚きを示している。

     7歳差の2人が見せた華麗なリフティング対決は、スペインの新たな時代の幕開けを予感させるワンシーンになったようだ。(Football ZONE web編集部)

    FWアンス・ファティ(左)とFWアダマ・トラオレ【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】“神童vs筋肉男”…スペイン代表の“クレイジー”なリフティング対決が話題 「素晴らしいデュオ」】の続きを読む

    このページのトップヘ