Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    イニエスタが公式インスタグラムで家族とのオフショットを公開

     ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、公式インスタグラムを更新した。新型コロナウイルスの影響を受け4カ月中断していたJ1は7月4日に再開。超過密日程をこなしていくなかで、神戸の絶景が一望できる六甲山を訪れた様子を振り返っている。

     イニエスタバルセロナアカデミー、ラ・マシア出身で、2002年に当時のルイス・ファン・ハール監督によりトップチームに引き上げられ、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のクラブブルージュ戦でデビューを飾った。その後、18年夏まで所属したバルサで数々のタイトル獲得に尽力し、クラブレジェンドとして地位を築き上げ、惜しまれながら退団。新天地にはJリーグを選び、2年前に神戸への加入が決定した。昨年度の天皇杯では優勝に導き、クラブ史上初めてのタイトル獲得に貢献している。

     Jリーグ3年目を迎えたイニエスタ。今季は2月に行われた横浜FCとの開幕戦(1-1)後に新型コロナウイルスの感染が拡大し、リーグは中断していたが、活動休止期間を経て7月4日に再開を迎えた。新型コロナウイルスによる中断によって過密日程となったことから、第4節の大分トリニータ戦(1-1)はメンバー外だったものの、ここまで5試合連続で先発出場している。

     そんななか、イニエスタは公式インスタグラムを更新。家族とともに神戸の美しい眺望が開けるの標高932メートルの六甲山を訪れた様子を振り返っている。「Mi Familia. Mi vida.僕の家族、僕の人生」と愛の言葉を綴り、ハッシュタグでは「#MtRokko」「#Kobe」と、楽しかった思い出の地を明かしている。ファンからは「あの雲… 手が届きそう」「絶対に同じアングルで撮りたい」「美しい」と絶賛の声が相次いだ。

     まだまだ日本の暑い夏での厳しい日程が続くが、イニエスタにとっては家族の存在が支えとなっていることだろう。(Football ZONE web編集部)

    神戸MFイニエスタが家族との写真を投稿【写真:高橋学】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】イニエスタ、標高932mの名所・六甲山で絶景ショット公開 家族と貴重オフ回顧「僕の人生」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.mixi.net)



    たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。

    しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。



    今回は、元スペイン代表GKイケル・カシージャス氏が見せたスーパーストップだ。

    スター軍団が集まるレアル・マドリー生え抜きの選手として若くして正守護神の座を掴んだカシージャス1999年に19歳でトップチームデビューを飾って以来、世界最高峰のGKとして長く活躍したカシージャスだが、2009年10月4日に行われた、ラ・リーガ第6節のセビージャ戦では体を張った素晴らしいセーブを見せている。

    ホームセビージャに前半に先制を許し、0-1とリードを許して折り返した47分、再びセビージャに決定機が訪れる。

    マドリーの左サイドを崩したFWアルバロ・ネグレドはラインの裏に抜け出し、DFラウール・アルビオルと競り合いながら右サイドからボックス内に侵入。ボックス深部まで侵入すると、相手を引き付けてファーサイドで待つMFディエゴ・ペロッティへラストパス。完全にフリーボールを受けたペロッティは、至近距離からシュートを放つ。

    ニアポストを守っていたカシージャスゴールの反対側におり、絶体絶命かと思われたが、ここからカシージャスが驚異の俊敏さを見せて、ファーサイドへ向かうと、体を投げ出してシュートコースを塞ぎに行き、見事ペロッティのシュートブロックしてみせた。

    このセーブで何とか1点差に抑えたマドリーは直後に1-1の同点に追いつく。しかし、後半に勝ち越しを許し、試合には1-2で敗れている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】これぞ守護神!絶体絶命のピンチにカシージャスが捨て身のスーパーストップ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、引退を発表した元スペイン代表GKイケル・カシージャスメッセージを送った。スペイン『アス』が伝えている。

    4日、自身の公式SNSを通じて現役引退を発表したカシージャススペイン代表やレアル・マドリーで数々のタイトルを獲得し、晩年のポルトでは2017-18シーズンに5年ぶりのリーグ優勝に貢献していた。

    史上最も成功したGKと言っても過言ではないが、そのキャリアの中でカシージャスの頭を悩ませ続けたメッシが『アス』のインタビューの中で、名ライバルの引退に花を添えた。

    「イケルは今日引退するけど、彼はラ・リーガベンチマークだっただけでなく、全ての国際大会に勝ってきた。ずっと前からサッカーの歴史に刻まれていたんだ」

    「非常にスペクタクルなGKで、相手にするのは本当に困難だった。でも振り返ってみると、対戦するたびにお互いに自分たちを高め合うことができた素晴らしいライバルだったと思う」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】メッシが引退のカシージャスに別れ「最悪で最高のライバルだった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    スペイン代表の黄金時代をともに支えた両者 その絆を象徴する温かい言葉を送る

     ポルトガル1部ポルトの元スペイン代表GKイケル・カシージャスは現地時間4日、自身のSNSで現役引退を発表した。かつてスペイン代表で共闘したヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタも、「新たな舞台での活躍に幸運があらんことを」と惜別のメッセージを投稿している。

     カシージャスは若くして名門レアル・マドリードの正守護神に定着し、数々のスター選手たちが華麗な攻撃を織り成すチームを最後尾から長年にわたって支えてきた。スペイン代表としても長く正守護神に君臨。欧州選手権(EURO20082012の連覇、2010年南アフリカワールドカップ制覇など、栄光に彩られたキャリアを送ってきた。

     2015年には長く在籍したレアルを離れてポルトに移籍。ポルトでも正GKとして活躍してきたが、2019年5月にトレーニング中に心臓発作を起こして離脱。闘病の後に回復したものの、選手としてのキャリア続行は困難になっていた。そして2019-20シーズンポルトの国内2冠を受けて、「今日は競技人生で最も大事で最も難しい日の一つだよ。お別れを言う時が来たんだ」と自身のSNSで綴り、現役引退を正式に発表した。

     これを受けて、スペイン代表の一員として共闘し、黄金時代を支えたイニエスタも自身の公式インスタグラムを更新。スペイン代表時代にカシージャスハイタッチを交わす瞬間の写真とともに、「これからの人生、君と君の家族の新たな舞台での活躍に幸運があらんことを」と短いながらも温かい惜別のメッセージを投稿している。

     1981年まれのカシージャスと、1984年まれのイニエスタリーガ・エスパニョーラ時代はレアルバルセロナというライバルチームしのぎを削った両者だが、同じ時代を駆け抜けた“盟友”同士の絆が伝わるメッセージとなっていた。(Football ZONE web編集部)

    イニエスタ(左)が現役引退のカシージャスへメッセージ【写真:Getty Images & 高橋学】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元スペイン代表】イニエスタ、盟友カシージャスの現役引退に惜別メッセージ 「新たな舞台での活躍に…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



    カシージャスの引退表明にブッフォンが反応、公式SNS上で熱きメッセージを投稿

     ポルトガル1部FCポルト所属で元スペイン代表GKイケル・カシージャスは現地時間4日、自身のSNSで正式に現役引退を発表した。21世紀を代表する守護神の引退は大きな反響を呼んでいるが、“名ライバル”と言って過言ではないユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンSNS上で熱い惜別メッセージを発信している。

     カシージャスは若くしてレアル・マドリードの正守護神に定着すると、2000年代の“銀河系軍団”の最後方を支えるGKとしてビッグセーブを連発。スペイン代表としてもEURO20082012の連覇、南アフリカワールドカップ優勝に貢献するなど、栄光に満ちた足跡を歩んできた。

     2015年に移籍したポルトでも活躍したものの、2019年5月にトレーニング中に心臓発作を起こし、闘病の後に回復したものの現役選手としてのプレーは事実上難しくなっていた。そして2019-20シーズンポルトの国内2冠を受けて、「今日は競技人生で最も大事で最も難しい日のひとつだよ。お別れを言う時が来たんだ」と、正式にGKグローブを外す日が来たことを声明にて発表した。

     この引退発表に、同世代のレジェンドGKであるブッフォンもこのように反応している。

    「競争することは僕らをほかの選手たちよりもさらに良くしてくれるとともに、自分自身は完璧じゃないと教えてくれることだった。おそらくだけど、この完璧なほどに突き詰めた探求心が、僕たちにしてくれたのだと思うんだ。イケルに“グラシアス”と言いたいよ。君なしでは、すべてのことがそれほどの意味を持たなかった」

     ピッチの縦幅では最も離れたポジションにいるGK同士だが、チームピンチを救うビッグセーブを何度も繰り広げてきた2人である。それだけにカシージャスブッフォンにしか分からないライバル関係、そして友情があるからこそのメッセージだったのだろう。(Football ZONE web編集部)

    GKイケル・カシージャスとGKジャンルイジ・ブッフォン【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「君なしでは…」 名手ブッフォン、引退表明の“盟友”カシージャスへ惜別メッセージ投稿】の続きを読む

    このページのトップヘ