Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン



    (出典 www.football-zone.net)



    神戸からのオファーを受けた際、イニエスタと電話で「いろいろな話をした」

     ヴィッセル神戸は1日、J1リーグ第34節ベガルタ仙台戦(3-2)後、MLSメジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティFCから退団が決まったFWダビド・ビジャが、来季から加入することを発表。3日に37歳の誕生日を迎えるストライカーは、スペイン代表で長年共闘したMFアンドレス・イニエスタの存在が日本行きの決断を大きく後押ししたことを記者会見で明かした。

     神戸はリーグ最終節で仙台と対戦。前半34分にFW古橋亨梧のゴールで先制すると、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、MF郷家友太が追加点を挙げ、3-2で勝利した。試合後、神戸は「新加入選手に関する記者会見開催」と告知すると、会見場にビジャが登場し、三木谷浩史会長同席の元で契約書へのサインが行われた。

     ビジャ11月28日MLSニューヨーク・シティFCの退団が決定。2015年からの4年間で通算124試合出場80ゴールを記録していた。記者会見でビジャは神戸の熱意と温かい歓迎が日本行きを決断する一つの要因になったことを明かしたが、フアン・マヌエル・リージョ監督の下で追求しているポゼッションサッカーに魅力も感じたという。

    「神戸が目指しているサッカー、よりテクニカルボールを保持するサッカー、このチームにはそれを体現している世界最高のアンドレス・イニエスタというプレーヤーがいる。彼のそばで、このスタイルクラブに植え付けていくお手伝いができることにも魅力を感じた」

     移籍に際しては、スペイン代表で長年共闘してきた戦友のイニエスタからも神戸の情報を訊き、背中を押してもらったようだ。

    「このヴィッセル神戸の移籍の話が来た時、イニエスタに電話をしました。僕の妻もイニエスタの妻に電話して、いろいろな話をした。神戸の街の良さ、彼らが家族で素晴らしい時間を過ごしていること、クラブでの居心地の良さ、プロジェクトに関していろいろ話を聞かせてもらって良い印象を受けました。イニエスタチームメートでもありますけど、長年の友だちでもあり、また違った場所で新たなプロジェクトに挑戦できるのは本当に大きな魅力を感じています」

     ビジャイニエスタの元スペイン代表コンビに加え、2014年ブラジルワールドカップで優勝を果たしている元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキで形成する魅惑のトリオが、来季の神戸の大きな見どころになるのは間違いない。


    Football ZONE web編集部)

    神戸への入団が決まったビジャ【写真:Noriko NAGANO】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】神戸加入のビジャ、スペイン代表の盟友イニエスタの影響力に言及 「また違った場所で…」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/27(火) 16:31:31.35 ID:CAP_USER9.net

    ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは今夏のJリーグ移籍後も、ピッチで見せるビッグプレーが故郷スペインをはじめとした世界各国で注目を集めている。

    そんななかで、スペインのテレビ局「ラ・セクスタ」がイニエスタのインタビューを敢行。全国紙「マルカ」によると、バルセロナ時代、永遠の宿敵レアル・マドリード勢とスペイン代表で“亀裂危機”にあったと明かしている。その張本人とは――。

     イニエスタらが主力時のスペイン代表は、2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)制覇に欧州選手権2008、2012連覇など正真正銘の「無敵艦隊」として世界に君臨した。ただその時期、常に一枚岩だったわけではないようだ。「皆さんはバルセロナとレアル・マドリードが快くない状況であったことを知る必要はないんだけど」と切り出したイニエスタは、このように続けた。

    「その鍵となる要素はモウリーニョだったんだ」

     優勝請負人としてカリスマ指揮官となったジョゼ・モウリーニョがレアルの監督に就任したのは2010年夏のこと。当時ペップ・グアルディオラ監督の下で完成の域を迎えつつあったバルサのポゼッションサッカーに、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長が対抗するため、規律と闘争心、ショートカウンターで仕留めるポルトガル人指揮官を招聘した。

     実際、レアルは2011-12シーズンのリーガ優勝など競争力を取り戻した一方、当時助監督だったティト・ビラノバ助監督(故人)にモウリーニョ監督が“目つぶし”をするなど、バルサとのクラシコは荒れる展開となった。その当時のことについてイニエスタはこう回想する。

    「バルサとマドリー間の緊張感は、代表チームと同僚の間にも大きなダメージを与えた」

    「誰もがそれを理解できないほど、急進的だったんだ。人々はそれ以前までに常にあったライバル性ではなく、“憎悪”の感情を見たんだ」

     そしてイニエスタは、これがラ・ロハ(スペイン代表の愛称)にも悪影響を及ぼしていたと話している。

    「その雰囲気が渦巻くことで、耐えがたいものとなったんだ。モウリーニョが引き起こしたバルサとマドリー間の緊張感は、代表チームとチームメイトの間にも大きなダメージを与えたのだから」

     結果的に欧州選手権2012を制したものの、暗い影を起こしていた。テクニックとともに連係プレーを何より大事にするイニエスタだからこそ、この期間の葛藤は大きかったのだろう。

    11/27(火) 14:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181127-00150407-soccermzw-socc


    【【元スペイン代表】<イニエスタ>2010年無敵艦隊スペイン代表の“亀裂危機”を告白!「モウリーニョが引き起こした…】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/11/24(土) 17:04:29.28 ID:CAP_USER9.net

    元FCバルセロナで現在はヴィッセル神戸に所属するアンドレス・イニエスタは、スペイン番組『Salvados』に出演している。

    同インタビューでイニエスタは今夏にロシアで行われたワールドカップが満足のいくものではなかったという発言をした。

    イニエスタは監督フェルナンド・イエロのもと戦ったスペインの最後の試合となったロシア戦について「自分にとっては、あまり良い思い出ではない。スターティングメンバーを外れ、監督の判断が理解できなかった。とても残念だった。そして、監督の言っていることに聞く耳を持たなかった」と説明している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00010006-sportes-socc


    【【サッカー】 元スペイン代表MFイニエスタ、W杯でのイエロの采配に「理解できない」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、2018 FIFAワールドカップ ロシアを振り返った。スペイン紙『マルカ』が23日に報じている。

     スペイン代表は、2018 FIFAワールドカップ ロシア決勝トーナメント1回戦でロシア代表と対戦した。イニエスタグループステージでは3試合すべてに先発出場していたが、この試合ではベンチスタートとなった。67分から途中出場したが、PK戦の末敗北し、代表引退を宣言。

     イニエスタは「ロシアでのワールドカップに、良い思い出は無い」と振り返りロシア代表戦で途中出場した時の心境を明かした。

    「監督が僕をベンチからピッチに送り出した決断、そして監督がなぜそうしたのか理解できなかった。僕は動揺していたよ。彼の言っていたことなんてどうでもよかった」

     また、マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督についても言及。マンチェスター・Uは、現在リーグ戦8位に低迷し、モウリーニョ監督に批判が集中している。しかし、イニエスタは「モウリーニョレアル・マドリード指揮官を務めていた時、僕は一番レアル・マドリードライバル視していた」とバルセロナ時代を振り返り、「彼の存在が重要だと思わない人は、過激主義者にも程があるね」と同監督を擁護した。

    ロシアW杯を振り返るイニエスタ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元スペイン代表】イニエスタ、ロシアW杯を振り返る…「良い思い出は無い」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、代表チームの監督を務めることに興味を示しているようだ。イギリスサッカー誌『FourFourTwo』が21日に伝えている。

     グアルディオラ監督は指導者としてのキャリアをバルセロナスタートさせると、2008年トップチームの監督に就任。リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)、チャンピオンズリーグ(CL)を制し、3冠を達成。その後、バイエルンマンチェスター・Cでもリーグ優勝を経験した。

     リヴァプール大学で講演を行ったグアルディオラ監督は、将来的に代表チームの監督を務めたいと語った。また、自身の経験を基にアドバイスを送った。

    「私は代表チームの監督になりたいと思っている。今は3日ごとに試合をしている。もっと穏やかに過ごしたいよ。ゴルフをする時間もできるからね。私のドアをノックしてもらえれば、遅かれ早かれそうなるだろう」

    「旅をするべきだ。素晴らしいものだからね。私はメキシコカタールに6カ月住んでいた。監督としてもドイツに住んでいたし、今はイングランドにいる。私の家族も英語は全く話せなかったけど、今ではペラペラさ。とにかく旅は素晴らしい。おすすめするよ。選手にも勧めている」

    好奇心を持たなければいけない。人生は短いからね。ある朝、起きたら『あぁ、終わっていた』なんてことがあるかもしれないからね。時間が進むのは早い」

    代表チームの監督になりたいと明かしたグアルディオラ監督 [写真]=Alex Dodd - CameraSport via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ペップ、将来的に代表チームの監督就任を希望と語る「遅かれ早かれ…」】の続きを読む

    このページのトップヘ