Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン



    (出典 f.image.geki.jp)



     前レアル・マドリード監督のフレン・ロペテギ氏がインタビューに応え、激動の年となった2018年を振り返った。スペイン紙『マルカ』が14日に伝えている。

     2016年7月にスペイン代表監督に就任したロペテギ氏は、2020年ユーロまで指揮を執り続けることとなっていたが、6月12日レアル・マドリードが契約合意を発表すると事態は急転し、スペインサッカー連盟(RFEF)はワールドカップ開催直前にすでにロシア入りしていた同氏を電撃解任した。

     その後レアル・マドリードの監督に正式就任した同氏だったが、116年間にわたるクラブの歴史において最悪となる496分間連続無得点を記録。さらにリーガ・エスパニョーラ第10節では宿敵バルセロナに1-5と大敗するなど結果を残すことができず、10月29日に解任された。

     2つの解任を経験し監督としてのキャリアが暗転したロペテギ氏は、スペイン代表監督を解任された直後について「それは非常に困難な経験だった。モスクワからマドリードまでの5時間のフライトだったね。何も言わなかった。それが人生だ」とコメント。その24時間後にレアル・マドリード監督就任が発表されたが、「私は眠れなかったよ。自分の居場所がわからなかったね。ロシアトレーニングしていたかと思ったら、気がついた時にはサンティアゴ・ベルナベウにいたのだから」と振り返っている。

     またレアル・マドリード時代については「時間がなかった。それが私が説明できるベストの答えだ。私は今の監督をとても尊敬しているよ。 選手たちも素晴らしかった」と語っている。

    元レアル・マドリードのロペテギ監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ロペテギ氏、激動の2018年を振り返る「自分の居場所がわからなかった」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    日本での挑戦は「ワクワクした気分」 過去に最も印象深い試合はバルサでのデビュー

     元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ2018年夏にバルセロナを退団し、ヴィッセル神戸Jリーグに新たな挑戦の場を求めた。日本での1年目は数々のサッカーファンを虜にするマジカルテクニックを見せてくれたが、その一方で思慮深い性格にも人々は魅了されている。そんなイニエスタが自身のツイッターで同僚となったDF那須大亮が聞き手の“インタビュー”に答えている。

    Arigato @nasudaisuke02(※那須のツイッターアカウント)」。こんな言葉とともに添付されているのは、神戸の練習場で那須の質問に答える様子だ。まず那須に「神戸に来た時の気持ち」について尋ねられると、「違う国の違うリーグサッカーを続けられて、自分のキャリアを続けられることに凄く嬉しいし、ワクワクした気分なんだ」と日本の地を選んだことに後悔は全くないようだ。

     “インタビュアー”である那須の質問も、記者顔負けのものだ。「キャリアで35個のタイトルを獲ったと思うんですけど、一番印象深い試合ってなんですか?」と直撃。するとイニエスタは数々の栄光ではなく、意外な試合を挙げた。

    「一つ挙げるとすれば、私がバルセロナデビューした時の試合、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)だね」

     イニエスタが下部組織を経てトップチームで初陣を飾ったのは、2002年10月29日のCLグループステージクラブブルージュ戦でのこと。当時はルイス・ファン・ハール体制の中でバルササッカーが確立しきれず、“銀河系軍団”を誇った宿敵レアル・マドリードと対照的に苦しい時代でもあった。それでもタイトルよりもプロとしての一歩目を強く心にとどめているようだ。

     イニエスタは最後に「神戸に限らず、歓迎して下さった日本のファンの皆さんに感謝の念を伝えたいです。自分が今までやってきたことを伝え、日々向上するために練習一つ1つから学び取りたいです。これからも一緒に皆さんとの時間を楽しめることを願ってます」と話している。

     謙虚かつスキルフルなワールドクラスは、2019年も周囲と調和しつつ驚きのプレーを見せてくれるに違いない。(Football ZONE web編集部)

    イニエスタが自身のツイッターで同僚となったDF那須大亮が聞き手のインタビューに答えた【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】イニエスタ、“インタビュアー”那須の直撃に回答 キャリアで「一番印象深い試合」は?】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    バルセロナ 30日 ロイター] - サッカースペイン1部、バルセロナに所属するDFジェラール・ピケが、同国下部リーグアンドラを買収した。ピケが創設した投資グループコスモス」が29日に発表した。

    アンドラは1942年に創設され、3部に相当するスペインのセグンダディビジョンBで14シーズン戦った経験がある。現在は同国5部相当のリーグに所属。 コスモスはピケが会長兼最高経営責任者(CEO)を務め、男子テニスの国別対抗戦、デビスカップ(杯)のスポンサーを継いだことで大きく知られている。

     12月30日、サッカーのスペイン1部、バルセロナに所属するDFジェラール・ピケが、同国下部リーグのアンドラを買収した。ピケが創設した投資グループ「コスモス」が29日に発表。マドリードで10月撮影(2018年 ロイター/Sergio Perez)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】バルサDFピケ、スペイン下部クラブを買収】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 Egg ★ :2018/12/23(日) 18:58:32.46 ID:CAP_USER9.net

    ロシアワールドカップはフランス代表FWキリアム・ムバッペのスピードが大きな注目を集めたように、速攻の重要性が際立っていた大会だったと言えよう。優勝したフランスも得点を奪ってから巧みに守備を固めており、ポゼッションにこだわっていたチームは4年前に比べてかなり減ったように感じられた。

    それが時代の流れとも言えるが、元バルセロナMFシャビ・エルナンデスはその流れに納得しない。時代が変わろうとも、ポゼッションサッカーこそが最高のスタイルとの信念に変わりはないのだ。スペイン『MARCA』によると、シャビはワールドカップで多く見られたカウンターアタックにはあまり魅力を感じなかったと正直な考えを明かしている。

    「ワールドカップでは指揮官たちが現実的となる。なぜなら負けるのが怖いからだ。1つのミスでサヨウナラとなる。これは理解できるよ。リスクはかけず、得点の機会を待つ。残念なことだけどね。結果がみんなを納得させる言い分になるんだよ。僕は違うけどね。僕が絶対的な真実を掴んでいるわけではない。ただ、1つのスタイルを貫くだけさ。僕にとって良いプレイというのはボールを持っている時のことだ。ボールを持っていないと苦しむことになるんだ」

    シャビは優勝したフランスのクオリティを認めているが、あまりエキサイティングなものではなかったとも語っている。シャビとしてはEURO2008や2010南アフリカワールドカップを制したスペイン代表のスタイルこそ最強との考えがあるのだろう。

    今良いサッカーをしているチームは?との問いにもマウリツィオ・サッリ率いるチェルシーやアーセナル、レアル・ベティス、バルセロナ、トッテナム、マンチェスター・シティとボールを持つチームを選んでいる。シャビの哲学は全くブレていないようだ。

    2018年12月23日 5時30分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15780521/


    【【海外サッカー】<シャビ>やっぱりカウンター認めない?「W杯では指揮官たちが現実的となる。なぜなら負けるのが怖いからだ」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    バルセロナジェラール・ピケのFCアンドラの買収が進んでいる。

    ▽プロサッカー選手だけでなく、最近では投資ファンドを立ち上げテニスのデビスカップに3000億円以上の投資をするなど、ビジネスマンとしての幅も広げているピケ。サッカークラブの買収も目論んでいると語っていた元スペイン代表DFは、スペイン5部にあたるプリメーラカタルーニャに所属するアンドラの買収を着々と進めている模様だ。

    スペイン『TyC Sports』によると、アンドラ買収が決定的であるピケは、手始めに選手補強に着手。白羽の矢が立ったのはスペイン4部リーグ、テルセーラ・ディビシオンに所属するAEプラートのアルゼンチン人DFフェデリコ・ベッソーネ(34)だ。

    ▽左サイドバックのベッソーネはスウォンジーリーズ・ユナイテッドなどイングランドプレーした後、2016年にプラートに移籍。元々はバルセロナのカンテラ出身でエスパニョールBでのプレー経験もある。

    ▽また、スペイン『ムンド・デポルティボ』によれば、アンドラの新監督にはバルセロナのカンテラ出身のガブリ氏が就任予定。アシスタントコーチはこちらもバルセロナのカンテラ育ちのアルベルト・ジョルケラ氏が務めるという。両者ともバルセロナトップチームでの出場経験があり、ガブリ氏は公式戦100試合以上に出場していた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】ピケがスペイン5部のFCアンドラ買収へ…獲得第一号は元バルサのカンテラーノに】の続きを読む

    このページのトップヘ