Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > スペイン



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/ :2016/05/25(水) 19:03:44.27 ID:8DU3n7KL.net

    バルセロナの判定が怪しくなったのは正式にユニセフがスポンサーになった2006年頃からだ。
    05-06チャンピオンズリーグベスト4の2ndレグのカンプノウでのミラン戦でシェフチェンコのゴール取り消しは鮮明だった。
    それからワールドカップ誘致の際も金銭の受け渡しによって2022年カタールワールドカップに決定したと
    騒がれたこともあるFIFAとの怪しい繋がりのカタール財団もスポンサーになる。
    過去にモウリーニョなどもバルセロナの不可解な判定にたびたびこのスポンサーについては口にしている。
    2012年のFIFA年間最優秀監督賞の選出でもパンデフの告発により投票の不正操作が発覚した。
    つまりFIFAの賞レースであるバロンドールなど全て不正操作されている可能性がある。
    ユニセフ親善大使のメッシは怪しいバロンドールも何度も手にする。
    成人になった今も尚、スポーツ選手ということもあり禁止薬物のヒト成長ホルモンを使わざるを得ないが、
    メッシのドーピング問題は常に無視されメッシにはドーピング検査は行われない。
    ワールドカップでもバルセロナの広告塔達の所属チームは優遇されるようになる。
    最も恩恵を受けるのはスペイン代表だがメッシを擁するアルゼンチンも例外ではなかった。
    またバルセロナの価値を上げるために所属リーグもヨーロッパの大会で恩恵を受けている。
    そのため金銭的に厳しい低レベル化したリーガエスパニョーラがリーグランキング1位になるという不可解な現象が起きている。
    そして低レベル化したリーガのチームが負けないように怪しい判定がやたらと多くなり、近年のヨーロッパの大会は買収審判の独壇場と化してしまった。

    バルセロナやスペインは審判の判定だけに関わらずメディアにおいてもコントロール下に置いている。
    ユニセフとカタール財団の権力や財力は強大で、バルセロナやスペインのイメージ向上には余念がない。
    世界各国の広告代理店に金をばらまき、日本では電通に管理され徹底したイメージコントロールがなされている。
    イメージ戦略により二次的な収益もかなり出ているだろう。

    このように巨大化していく91-92チャンピオンズリーグしか実力で優勝していないバルセロナの買収について語ろう。

    前スレ
    2006年から始まったバルサの審判買収 3ヤオサ
    http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/football/1451678135/


    【【衝撃】2006年からのスペインサッカーの審判買収…】の続きを読む



    (出典 pds.exblog.jp)



     かつてリヴァプールやレアル・マドリード、バイエルンなどの強豪クラブで活躍した元スペイン代表MFシャビ・アロンソ氏が、古巣のチャンピオンズリーグの結果や、スペイン代表のロシア・ワールドカップでの展望について語った。5日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

     X・アロンソ氏はまず、マンチェスター・Cを3ー0で下したリヴァプールについて「正直結果には驚いたよ。私が見たいと思っていた内容の試合で、とても美しかった。楽しませてもらったよ」と話した。

     次にレアル・マドリードについては「彼らの準決勝進出はほぼ間違いないだろう。(クリスティアーノ・)ロナウドのシュートは本当に素晴らしかったね。(ルカ・)モドリッチは全てを持っている選手だ。彼はどのように試合を進めていくか分かっている」

     最後にX・アロンソ氏は、2カ月後に控えたロシアW杯に言及。母国・スペイン代表について以下のように語った。

    「今のスペイン代表には全てを勝ち取る可能性があると思う。選手のレベルはとても高く、経験豊富な選手から若手選手まで幅広い世代の選手が揃っている。特にベテランの選手が彼らの経験をチームに伝えていけば、優勝できるチームになると思っている」

    スペイン代表について話したX・アロンソ氏 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元スペイン代表】X・アロンソ、スペイン代表はロシアW杯で「全てを勝ち取る可能性がある」】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 久太郎 ★ :2018/03/30(金) 10:20:25.00 ID:CAP_USER9.net

    アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFコケが、レアル・マドリーの同代表MFイスコにメッセージを送っている。

    イスコは先日のアルゼンチン戦(6-1)でハットトリックを達成。フレン・ロペテギ監督率いるスペイン代表では、これまで13試合に出場して9得点と輝きを放っている。

    だが、マドリーではFWクリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイルとの厳しいポジション争いを強いられ、イスコに定位置は与えられていない。コケはスペイン代表のチームメートについて、次のように話している。スペイン『アス』がコメントを伝えた。

    「僕はイスコの調子が良いと見ている。彼とは長い時間を共に過ごしてきた。僕と同じチームでプレーしている時は、彼がいつも一番だった。彼のレベルはスペクタクルだ」

    「ただ、僕はレアル・マドリーで毎日イスコを見ているわけじゃない。(ジネディーヌ)ジダン監督が何を考えているかは分からないんだよ。だけど、僕はイスコのプレーが大好きだ。マドリーで継続的にプレーできないなら、アトレティコに来ればプレーできるかもしれないね」

    アルゼンチンに大勝したスペインだが、アトレティコのディエゴ・シメオネ監督はアルゼンチン人だ。コケは指揮官に関して以下のように語った。

    「それをネタにして監督と話すかは分からない。でも、僕はアルゼンチンに勝ちたいと思っていた。シメオネ監督が僕に何も言わないようにね」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000039-goal-socc


    【【海外サッカー】「イスコ、アトレティコに移籍すればプレーできるぞ...」コケがスペイン代表同僚を勧誘…】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     先週から今週にかけて行われた国際親善試合で、ドイツ代表とは1-1のドローを演じ、アルゼンチン代表には6-1と圧勝したスペイン代表。フレン・ロペテギ監督の就任から18戦無敗と、2018 FIFAワールドカップ ロシアへの期待が高まっている。そして、最終登録メンバー23名を巡る争いも大詰めを迎えつつある。

     そんな中、スペインの2大スポーツ紙である『アス』と『マルカ』が、「あなたなら誰をロシアW杯に連れていくか?」とのアンケートを同時に実施。『アス』が自由に23名を選ぶ形を採った一方、『マルカ』はGKに3選手、DFに8選手、MFに9選手、FWに3選手を選ぶ形を採ったこともあり、両紙の結果は微妙に異なるものとなった。

     最も順当な結果が出たのは、ロペテギ監督がここ1年近くメンバーを固定しているGKだった。マンチェスター・UのGKダビド・デ・ヘア、ナポリのGKホセ・マヌエル・レイナ、アスレティック・ビルバオのGKケパ・アリサバラガの順に、両紙のアンケートで支持を得た。

     DFでは、レアル・マドリードのDFダニエル・カルバハルとDFセルヒオ・ラモス、そしてバルセロナのDFジェラール・ピケとDFジョルディ・アルバと、レギュラー4選手がどちらのアンケートでもトップ4の得票を得た。また、レアル・マドリードのDFナチョ・フェルナンデス、チェルシーのDFセサル・アスピリクエタ、DFマルコス・アロンソの3選手も、揃ってメンバーに選ばれている。一方、バルセロナのDFセルジ・ロベルトは、『マルカ』では選出されたものの、『アス』では落選した。

     通常5選手がスタメンに起用されているMFは、バルセロナのMFアンドレス・イニエスタとMFセルヒオ・ブスケツに、レアル・マドリードのMFイスコとMFマルコ・アセンシオを加えた4選手が、両紙どちらにおいてもトップ4を占めた。これにマンチェスター・CのMFダビド・シルバとバイエルンのMFチアゴ・アルカンタラが僅差で続き、アトレティコ・マドリードのMFコケとMFサウール・ニゲス、レアル・マドリードのMFルーカス・バスケスも加えた9選手が、双方のアンケートでメンバーに選出された。その反面、マンチェスター・UのMFフアン・マタやチェルシーのMFペドロ・ロドリゲスといった実力者や、今回の国際親善試合で初招集を受けたバレンシアのMFダニエル・パレホやビジャレアルのMFロドリゴ・エルナンデスは選外となった。

     そして、最も激しいポジション争いが繰り広げられているFWでは、アトレティコ・マドリードのFWジエゴ・コスタ、バレンシアのFWロドリゴ、セルタのFWイアゴ・アスパスの3選手が、両紙のアンケートで揃ってメンバーに選ばれた。一方、今回の国際親善試合で招集を外れたチェルシーのFWアルバロ・モラタは『アス』では選出されたものの、『マルカ』では落選した。

     両紙のアンケートに基づくと、W杯登録メンバー23名のうち22名は確定しており、“最後の椅子”をモラタとセルジ・ロベルトが争う形となる。ファンの意向通りに収まるのか、それとも意外な選考が見られるのか。ロペテギ監督が最終的にどのような決断を下すのか楽しみだ。

    文=北村敦

    23日の国際親善試合・ドイツ戦に臨んだスペイン代表の先発メンバー [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】無敗街道を突き進むスペイン代表、ファンが選ぶW杯メンバー23名は?】の続きを読む



    (出典 sakatube.info)



     27日に行われたアルゼンチン代表との国際親善試合で、キャリア初のハットトリックを達成したスペイン代表MFイスコ。同代表では定位置を確保しているが、所属するレアル・マドリードでは直近の公式戦11試合でスタメン出場が5試合に留まるなど控えに甘んじることも多い。なぜ、代表とクラブでこれほど対照的な立場にあるのか。28日付のスペイン紙『アス』が3つの理由を挙げている。

    ■監督からの信頼
     同紙がまず挙げたのは、監督からの“信頼”の差だ。アルゼンチン戦後のイスコのコメントは象徴的である。同選手は「ロペテギ監督は僕に出場機会を与えることで信頼を示してくれる。レアル・マドリードでは選手が必要とする信頼が得られていない。それはおそらく、信頼を勝ち取れていない僕に問題があるだろう」と語った。

     2013年のU-21欧州選手権で優勝したスペイン代表を率いたのは、ロペテギ監督だった。イスコは当時の教え子に当たる。同監督はその頃からイスコを“お気に入りの選手”として扱い、A代表の監督就任以降も「彼は好きな選手」だと公言してきた。

     昨年9月に行われたイタリア代表とのW杯予選でも、ロペテギ監督はイスコを先発起用。すると、同選手は2ゴールを挙げて、3-0の勝利の立役者となった。「イニエスタとイスコは2人でとてもうまくプレーできる」。試合後に指揮官がそうコメントしたように、同タイプのバルセロナMFアンドレス・イニエスタとの共存も成立させた。

     一方、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督も、基本的にはイスコを気に入っているという。過去には「自分に似ている選手」と発言したこともある。しかし、昨シーズンの終盤に好パフォーマンスを見せ、チャンピオンズリーグ(CL)の連覇達成に貢献したにも関わらず、今シーズンはすでに23試合で途中交代を命じている。最近ではスタメン落ちも珍しくなく、イスコを全面的に信頼しているとは言い難い。

    ■4-3-3との相性
     同紙は次に、レアル・マドリードが採用する4-3-3との相性が悪いと指摘している。現状、中盤の3枚はブラジル代表MFカゼミーロ、ドイツ代表MFトニ・クロース、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの3選手が不動。そのため、前線3つのポジションを、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、フランス人FWカリム・ベンゼマ、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの“BBC”と争わなくてはならない。イスコにとっては高いハードルとなっている。

     昨シーズンの終盤、ベイルの負傷離脱によって中盤を1枚増やした4-4-2が採用されて以降、イスコが好パフォーマンスを見せたことは示唆に富む。ただし、今シーズンのCLパリ・サンジェルマン戦で4-4-2が採用された際には、スペイン代表FWルーカス・バスケスや同代表FWマルコ・アセンシオ、またクロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチらに先発出場のチャンスが与えられ、同選手はベンチスタートとなった。それだけポジション争いが激しいとも言えるが、レアル・マドリードでは絶対的存在のC・ロナウドに合わせた戦い方が優先されることも、イスコにはハンデになっていると、同紙は指摘している。

    ■プレースタイル
     そして最後に同紙が挙げた理由は、プレースタイルだ。スペイン代表は選手同士の流れるようなパスワークをベースにした連携プレーで相手陣内に攻め入るのに対し、レアル・マドリードはより選手個々の能力に頼った直線的なサッカーを志向している。そのため、スピードがあり縦への突破力に優れるL・バスケスが、クラブではイスコを一歩リードしているとされる。

     またスペイン代表には、相手の出方を“待つ”ことでプレーを選択する「ラ・パウサ」の使い手が多いことも、イスコにとってはプラスに働いていると、同紙は指摘する。アルゼンチン戦では45本のパスを試み、失敗したのはわずか2本だけ。ボールを奪われたのも5回だけだった。一方、レアル・マドリードでは、1試合平均12回のボールロストを記録しているという。一方的に仕掛けるのではなく、相手の動きの逆をとることでボールを奪われるリスクを軽減する。そのスタイルが、イスコの良さを引き出しているという。

     得点数にも違いが表れている。ロペテギ監督就任以降、イスコはスペイン代表で13試合に出場して9ゴールをマーク。出場75分につき1ゴールを奪っている。一方、レアル・マドリードでは今シーズン、1ゴールを奪うのに327分のプレー時間を必要としているという。

     代表とクラブで“2つの顔”を持つイスコ。今後、レアル・マドリードでも好パフォーマンスを見せることはできるのか、注目が集まる。

    (記事/Footmedia)

    スペイン代表では主軸となりつつあるイスコだが… [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【なぜ?】代表では絶好調のイスコ、なぜレアルでは控え?】の続きを読む

    このページのトップヘ