Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > メキシコ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    史上最強と謳われた東京オリンピックU-24日本代表。だが、メキシコとの3位決定戦に3-1で敗れ、メダルなしで大会を終えることになった。

    久保建英は試合後にピッチ上で号泣。味方や相手選手たちから慰められる様子はメキシコでも話題になっていた。

    『mediotiempo』は、「ショック!久保はメキシコ相手に銅メダルを失った後に号泣」とその光景を伝えている。日本選手たちは試合終了で倒れ込み、久保は感情を抑えきれなかったなどと紹介。スタッフチームメイトメキシコ選手たちが慰めようとしたが、久保の悲痛なシーンは止まらなかったとも。

    その一方、「メキシコ選手のなかには、自撮りにお祝いのほうに興味がある者もおり、セバスティアン・コルドバは髪形を気にしていた」とも指摘していた。

    【動画】あの久保がこんなに泣くなんて…メキシコ戦後の号泣シーン

    久保をピッチ上で慰めていたのは、ハイメ・ロサーノ監督、ルイス・ロモ(7番)やアレクシス・ベガ(11番)ら。

    オーバーエイジとして参戦した26歳のロモはクルス・アスルリーグ優勝に貢献した国内屈指の守備的MF。牡蠣漁師の息子として、家族に支えながらプロになった選手だ。

    『Azteca Sports』によれば、そのロモはこう語っていたそう。

    ルイス・ロモ(メキシコ五輪代表MF)

    「第2戦(グループステージでの日本戦)での失敗はよく分かっていた。

    今日は何も与えなかった。もっと大胆にやろうとしたし、チームメイトをより信頼した。それが鍵だった。

    もっと成し遂げられたはずという引っ掛かりはあるけれど、これはメキシコサッカー界に永遠に残るものだ。

    オリンピック素晴らしい思い出を作れたこと、喜んで持ち帰るこのメダルを勝ちとれたことはとても嬉しい。

    金メダルがほしかったけれど、これも嬉しいよ。

    ハイメ・ロサーノ監督とのお別れには感極まった。非常に長いプロセスだった。この3年間、彼は家族よりも長く過ごすこともあった。

    今日、彼は感動の涙とともに去る。このメダルによって彼はメキシコサッカー界に名を刻む」

    一方、日本戦でもゴールを決めたベガは23歳のアタッカー。

    歯にダイヤモンドを埋めこむなどクレイジーな一面を持つが、銅メダル獲得後には「やった!今日の勝利は長年の努力、取り組みとサポートのおかげだ。この夢を信じてサポートしてくれた家族と素晴らしいチームありがとう」と感謝のメッセージを出していた。

    久保建英、五輪終戦で号泣…慰めたメキシコ選手は誰だったのか


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【U-24日本代表】久保建英、五輪終戦で号泣…慰めたメキシコ選手は誰だったのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    東京五輪サッカー男子U-24代表にオーバーエイジ枠で参加したDF酒井宏樹(31)が2021年8月7日、大会を終えて代表選手・スタッフらの集合写真をインスタグラムに投稿し、MF久保建英の表情に一部ファンが反応している。

    6日の3位決定戦・メキシコ戦に1-3で敗れた直後、号泣した久保。写真では笑顔を見せており、「久保くんの明るい顔見て、安心しました」といった声も寄せられている。

    最前列には頬をほころばせる久保の姿

    インスタグラムで酒井は「全選手、全スタッフの皆さん本当に貴重な経験をありがとうございました。全員が同じ方向を向いていた良いチームでした!」と五輪を振り返る一方、「チームとしても個人としてもまだまだ多くの事が足りないとわかった大会でしたし結果を出せなかった責任を感じています」と課題をあげた。6月にマルセイユフランス)からJ1・浦和レッズへの完全移籍が発表されており、「必ず自分を成長させてくれるクラブと確信しているので更なる高みを目指して頑張っていきます!」としている。

    6試合を戦い抜いた日本代表。投稿には「みんなの雰囲気がとっても良くて、見ていて幸せな気持ちになるチームでした」「お疲れ様でした!!! 夢と感動をありがとうございました~」などと労いのコメントが続々と寄せられている。

    酒井はあわせて、選手、森保一監督、コーチスタッフら47人の集合写真を投稿。大会を終え、各々がリラックスした様子で肩を組んだり、笑顔を見せたりしている。最前列には頬をほころばせる久保の姿もあった。

    東京五輪は4位で終え、53年ぶりの五輪のメダルには惜しくも届かなかった。メキシコ戦終了の笛が吹かれた直後、久保はピッチに突っ伏し、人目をはばからず号泣。激しい嗚咽が漏れ、しばらく立ち上がれなかった。日本とメキシコ、両チームの選手・スタッフが久保のもとに駆け寄り、優しく肩を叩いていた。

    ピッチに突っ伏し、号泣した久保

    フラッシュインタビューではやや下を向きながらも落ち着きを取り戻していた。だが、「どんなチームだったか」と聞かれた久保は、「めちゃくちゃ楽しかったですけど、結果手ぶらで自分の家に帰ることになります」と振り返った後、目を赤くした。声を震わせ「今まで、サッカーだけやってきて、こんな悔しいことってないし...この気持ちを忘れないようにできればなと思います。ありがとうございました」と話しながら、涙をこらえられなかった。

    久保の姿はインターネット上でも強い印象を与えたようで、ツイッターでは「久保の涙でもらい泣き」「見てて胸が熱くなりました」といった声が続々とあがっていた。その試合翌日に酒井が投稿した集合写真で、笑顔を見せる久保の姿が写っていたことに一部ファンが反応。「久保くん、笑顔だ!」「お疲れ様 久保くんの明るい顔見て、安心しました」といったコメントが寄せられている。

    酒井の投稿から数時間後、久保もインスタグラムを更新し、同じカットの集合写真を投稿。「皆さんお疲れ様でした」とした後、次のとおり決意と感謝を伝えている。

    「このチームで六試合したいとずっと言ってきて、最後は望んだ形ではなかったけれど、すごく貴重な体験をさせて貰ったと思います。この悔しさはこの先何があっても忘れる事はないですが、個人としてもチームとしてももっともっと成長する事で、それに負けないくらいの喜びを今後の代表活動の中で作っていきたいと強く思います。ファンサポーター、関係者の方々、応援ありがとうございました!」

    MF久保建英(写真:森田直樹/アフロスポーツ)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【U-24日本代表】久保建英の表情に「笑顔だ!」「安心しました」 号泣から一夜、五輪サッカー代表の集合写真に反響】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    U-24日本代表は6日、東京オリンピックの3位決定戦でU-24メキシコ代表と対戦した。

    53年ぶり、1968年メキシコオリンピック以来のメダルを目指した日本だったが、メキシコに力の差を見せつけられ、試合序盤からペースを渡すことに。PK、FK、CKとセットプレーで3失点を喫し、3-1で敗れ、またしてもメダルを獲得できなかった。

    グループステージを3連勝で突破した日本だったが、決勝トーナメントに入ってからは我慢の試合に。U-24ニュージーランド代表戦はゴールレスドローでPK戦を勝利。準決勝のU-24スペイン代表戦は粘りの守備を見せていたが、延長後半10分にゴールを許し敗戦となっていた。

    金メダルを目標に掲げていた日本だが、最終的にはメダルを獲得できないまま終了。自国開催、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による開催是非の問題などがある中、大きなプレッシャーを感じながら選手たちはプレーしていたはずだ。

    試合終了後、ピッチに倒れ込み、うつむいて失意を隠せない日本の選手たち。その中でも、一際目を惹いたのがMF久保建英だ。

    普段は冷静な対応を見せ、20歳ながらもしっかりとしたメディア対応を見せ、毅然とした態度しか見たことがない人も多かった中、ピッチ上で号泣していたのだ。

    それだけメダルへの想いを持ってプレーしていたことがわかる久保だが、メキシコメディアもこの姿には心を打たれたようだ。

    FOX Sportsメキシコ版がツイッターで号泣する久保の写真を掲載。久保の叫びが響いたとキャプションをつけた。

    ホームで母国にメダルを与えられなかった選手の悲哀…」

    「日本のスター選手と言っても過言ではない久保建英の悲痛な叫びが響いた」

    久保2024年のパリ・オリンピック世代でもあるが、日本代表としての戦いも9月からまた始まる。この悔しさを新シーズンに、この先のキャリアにつなげてほしいものだ。



    8/13(金)ブンデスリーガ開幕!月額888(税込)で全試合LIVE配信!
    >>詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【U-24日本代表】「悲痛な叫びが響いた」メキシコメディアが敗戦後に号泣する久保建英を報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     U-24日本代表MF久保建英が、6日に行われた東京オリンピック男子サッカー3位決定戦のU-24メキシコ代表戦を振り返った。

     敗戦に終わった同試合で、フル出場して最後まで奮闘した久保は、試合を振り返り次のようにコメント。涙を見せながらも心境を口にし、悔しさをにじませた。

    「今日、勝つと決めてきて、グループリーグで勝っていた相手だったので、結果論ですが、どこかで気の緩みがあったかもしれないですし、このゲームの重みが自分たちに理解できなかったのかなと思います」

    「(ゴールへの姿勢を見せていたことは)そんなものは何もならないので。結果、相手も疲れているなかで3点取られ、こっちは1点しか取れず試合が終わって、こんな悔しいことはないです。ちょっとキツイですね」

    「負けたので、次のチャンスが自分にあれば、自分は今度こそ勝利に貢献したいですが、今日の負けは重いです」

    「(今大会のチームは)めちゃくちゃ楽しかったですが、手ぶらで家に帰ることになりますし、今までサッカーをやってきて、こんな悔しいことはないですし…。この気持ちを忘れないようにできればと思います。ありがとうございました

    メキシコに敗れ涙を見せた久保建英 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【U-24日本代表】メダルには届かず…久保が大粒の涙「今までサッカーをやってきて、こんな悔しいことはない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     東京オリンピック男子サッカー競技3位決定戦が6日に行われ、U-24日本代表U-24メキシコ代表に1-3で敗れた。

     試合後のインタビューに応じた堂安律は、「持てる力をすべて出したつもりですし、完敗だと思います」と試合を振り返り、「どこかでチャンスが来ると思っていましたけど、ベスト8から攻撃陣がノーゴールで今日も1点しか取れず、本当に大会を通じて責任を感じています」と悔しさを露わにした。

     それでも、「代表として戦った以上、負けていい試合はないですけど、この試合が自分のサッカーキャリアの分岐点になったと言われるようにやっていきたいです」と前を向いた。

    メキシコに敗れ悔しがる堂安律 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【U-24日本代表】責任痛感も前を向く堂安律「この試合がキャリアの分岐点になるように…」】の続きを読む

    このページのトップヘ